3人に2人が「映画館よりストリーミング鑑賞を好む」米調査 ─ 映画館に行かない理由は「他の観客で気が散る」2割 - 映画
げいのうまとめんぬ

3人に2人が「映画館よりストリーミング鑑賞を好む」米調査 ─ 映画館に行かない理由は「他の観客で気が散る」2割

2024/03/26
映画 0
  • 中谷 直登 2024.3.25 12:10 TOPIC | TV/MOVIE アメリカの成人の3人に2人が、映画鑑賞の際はストリーミング配信による自宅鑑賞を好んでいるということが、最新の調査でわかった。
  • 調査報告を行ったリサーチ会社HarrisXのアリ・ブラディー氏は、「映画館に通う熱心なファンがまだ存在することは最近の映画興行収入成績を見れば明らかですが、我々の調査によると、3人に2人の映画鑑賞者が自宅でのストリーミング鑑賞を好むということです」とコメント。
  • 「このことは業界に激動をもたらしていますが、同時に、コンテンツへの需要は高まる一方であることも意味しています。
  • 消費者のほぼ半数が、毎週ストリーミングで映画を鑑賞していると回答しています。
  • これは映画館での鑑賞頻度に対して7倍以上となります」。
  • 調査によると、週に2回以上映画をストリーミング鑑賞する人は30%であり、これは「映画館に行くのは年に数回」と回答した人と同率であるという。
  • この調査では、映画ファンが「映画館に行く理由」と、あまり映画館に行かない人が「行かない理由」についても明らかにされている。
  • 2023年の全世界興行収入を振り返れば、イベント化したような映画は高い興収を上げていることがわかる。
  • 実際に『バービー』では、ほとんど映画館に足を運ばない「ライト層」が全体の2割強だったという米調査もある。
  • こちらはストリーミング鑑賞を待てば良いという考えが背景にあると考えれば、説明がつくことも多いだろう。

1:

中谷 直登 2024.3.25 12:10 TOPIC | TV/MOVIE
https://theriver.jp/theater-or-streaming-study/


アメリカの成人の3人に2人が、映画鑑賞の際はストリーミング配信による自宅鑑賞を好んでいるということが、最新の調査でわかった。

調査報告を行ったリサーチ会社HarrisXのアリ・ブラディー氏は、「映画館に通う熱心なファンがまだ存在することは最近の映画興行収入成績を見れば明らかですが、我々の調査によると、3人に2人の映画鑑賞者が自宅でのストリーミング鑑賞を好むということです」とコメント。「このことは業界に激動をもたらしていますが、同時に、コンテンツへの需要は高まる一方であることも意味しています。消費者のほぼ半数が、毎週ストリーミングで映画を鑑賞していると回答しています。これは映画館での鑑賞頻度に対して7倍以上となります」。

コメントからわかるように、この調査結果は、映画そのものの求心力が低下したわけでなく、その鑑賞方式に変化が顕著に生じていることを示している。調査によると、週に2回以上映画をストリーミング鑑賞する人は30%であり、これは「映画館に行くのは年に数回」と回答した人と同率であるという。

この調査では、映画ファンが「映画館に行く理由」と、あまり映画館に行かない人が「行かない理由」についても明らかにされている。

映画館に行く理由

その映画が劇場のみで公開されるから:30%
3DやIMAXなどの高度な鑑賞テクノロジーのため:30%
観客と一緒に映画を観るという体験のため:26%
プレミアや特別上映を観るため:25%
ノスタルジー:24%

映画館に行かない理由

他の観客がいて気が散る:19%
出向くのが不便(移動時間や交通手段、駐車場など):15%
上映作品の選択:13%
映画館の場所が不便:13%
上映時間が限られている、都合がつかない:11%
座席指定:8%

この調査結果は、米IndieWireがHarrisXによるレポートを伝えたもの。調査期間は2024年3月11日~12日、アメリカの成人1,000人以上からオンラインで収集した。

2023年の全世界興行収入を振り返れば、イベント化したような映画は高い興収を上げていることがわかる。『バービー』(同年1位)と『ザ・スーパーマリオ・ブラザーズ・ムービー』(2位)は共に13億ドル超えの特大ヒットとなっており、アメリカでは「バーベンハイマー」が社会現象化した『オッペンハイマー』(3位)も9億ドル超えの成功を収めた。その裏には、「(当時)劇場のみでしか鑑賞できない」「観客(=世間)と一緒に映画を観る」といった動機があることだろう。実際に『バービー』では、ほとんど映画館に足を運ばない「ライト層」が全体の2割強だったという米調査もある。

一方で、マーベルやDCなどのスーパーヒーロー映画やディズニー映画は、ほんの数年前までの快調に対して苦戦を強いられた。こちらはストリーミング鑑賞を待てば良いという考えが背景にあると考えれば、説明がつくことも多いだろう。

41:

>>1 中谷 直登 2024.3.25 12:10 TOPIC | TV/MOVIE
https://theriver.jp/theater-or-streaming-study/


アメリカの成人の3人に2人が、映画鑑賞の際はストリーミング配信による自宅鑑賞を好んでいるということが、最新の調査でわかった。

調査報告を行ったリサーチ会社HarrisXのアリ・ブラディー氏は、「映画館に通う熱心なファンがまだ存在することは最近の映画興行収入成績を見れば明らかですが、我々の調査によると、3人に2人の映画鑑賞者が自宅でのストリーミング鑑賞を好むということです」とコメント。「このことは業界に激動をもたらしていますが、同時に、コンテンツへの需要は高まる一方であることも意味しています。消費者のほぼ半数が、毎週ストリーミングで映画を鑑賞していると回答しています。これは映画館での鑑賞頻度に対して7倍以上となります」。

コメントからわかるように、この調査結果は、映画そのものの求心力が低下したわけでなく、その鑑賞方式に変化が顕著に生じていることを示している。調査によると、週に2回以上映画をストリーミング鑑賞する人は30%であり、これは「映画館に行くのは年に数回」と回答した人と同率であるという。

この調査では、映画ファンが「映画館に行く理由」と、あまり映画館に行かない人が「行かない理由」についても明らかにされている。

映画館に行く理由

その映画が劇場のみで公開されるから:30%
3DやIMAXなどの高度な鑑賞テクノロジーのため:30%
観客と一緒に映画を観るという体験のため:26%
プレミアや特別上映を観るため:25%
ノスタルジー:24%

映画館に行かない理由

他の観客がいて気が散る:19%
出向くのが不便(移動時間や交通手段、駐車場など):15%
上映作品の選択:13%
映画館の場所が不便:13%
上映時間が限られている、都合がつかない:11%
座席指定:8%

この調査結果は、米IndieWireがHarrisXによるレポートを伝えたもの。調査期間は2024年3月11日~12日、アメリカの成人1,000人以上からオンラインで収集した。

2023年の全世界興行収入を振り返れば、イベント化したような映画は高い興収を上げていることがわかる。『バービー』(同年1位)と『ザ・スーパーマリオ・ブラザーズ・ムービー』(2位)は共に13億ドル超えの特大ヒットとなっており、アメリカでは「バーベンハイマー」が社会現象化した『オッペンハイマー』(3位)も9億ドル超えの成功を収めた。その裏には、「(当時)劇場のみでしか鑑賞できない」「観客(=世間)と一緒に映画を観る」といった動機があることだろう。実際に『バービー』では、ほとんど映画館に足を運ばない「ライト層」が全体の2割強だったという米調査もある。

一方で、マーベルやDCなどのスーパーヒーロー映画やディズニー映画は、ほんの数年前までの快調に対して苦戦を強いられた。こちらはストリーミング鑑賞を待てば良いという考えが背景にあると考えれば、説明がつくことも多いだろう。


途中でオシッコ行きたいし、お菓子やお酒追加もしたいからなぁ

264:

>>1 中谷 直登 2024.3.25 12:10 TOPIC | TV/MOVIE
https://theriver.jp/theater-or-streaming-study/


アメリカの成人の3人に2人が、映画鑑賞の際はストリーミング配信による自宅鑑賞を好んでいるということが、最新の調査でわかった。

調査報告を行ったリサーチ会社HarrisXのアリ・ブラディー氏は、「映画館に通う熱心なファンがまだ存在することは最近の映画興行収入成績を見れば明らかですが、我々の調査によると、3人に2人の映画鑑賞者が自宅でのストリーミング鑑賞を好むということです」とコメント。「このことは業界に激動をもたらしていますが、同時に、コンテンツへの需要は高まる一方であることも意味しています。消費者のほぼ半数が、毎週ストリーミングで映画を鑑賞していると回答しています。これは映画館での鑑賞頻度に対して7倍以上となります」。

コメントからわかるように、この調査結果は、映画そのものの求心力が低下したわけでなく、その鑑賞方式に変化が顕著に生じていることを示している。調査によると、週に2回以上映画をストリーミング鑑賞する人は30%であり、これは「映画館に行くのは年に数回」と回答した人と同率であるという。

この調査では、映画ファンが「映画館に行く理由」と、あまり映画館に行かない人が「行かない理由」についても明らかにされている。

映画館に行く理由

その映画が劇場のみで公開されるから:30%
3DやIMAXなどの高度な鑑賞テクノロジーのため:30%
観客と一緒に映画を観るという体験のため:26%
プレミアや特別上映を観るため:25%
ノスタルジー:24%

映画館に行かない理由

他の観客がいて気が散る:19%
出向くのが不便(移動時間や交通手段、駐車場など):15%
上映作品の選択:13%
映画館の場所が不便:13%
上映時間が限られている、都合がつかない:11%
座席指定:8%

この調査結果は、米IndieWireがHarrisXによるレポートを伝えたもの。調査期間は2024年3月11日~12日、アメリカの成人1,000人以上からオンラインで収集した。

2023年の全世界興行収入を振り返れば、イベント化したような映画は高い興収を上げていることがわかる。『バービー』(同年1位)と『ザ・スーパーマリオ・ブラザーズ・ムービー』(2位)は共に13億ドル超えの特大ヒットとなっており、アメリカでは「バーベンハイマー」が社会現象化した『オッペンハイマー』(3位)も9億ドル超えの成功を収めた。その裏には、「(当時)劇場のみでしか鑑賞できない」「観客(=世間)と一緒に映画を観る」といった動機があることだろう。実際に『バービー』では、ほとんど映画館に足を運ばない「ライト層」が全体の2割強だったという米調査もある。

一方で、マーベルやDCなどのスーパーヒーロー映画やディズニー映画は、ほんの数年前までの快調に対して苦戦を強いられた。こちらはストリーミング鑑賞を待てば良いという考えが背景にあると考えれば、説明がつくことも多いだろう。



逆に家だと誘惑が多くて
集中しないんだけどね

365:

>>1 中谷 直登 2024.3.25 12:10 TOPIC | TV/MOVIE
https://theriver.jp/theater-or-streaming-study/


アメリカの成人の3人に2人が、映画鑑賞の際はストリーミング配信による自宅鑑賞を好んでいるということが、最新の調査でわかった。

調査報告を行ったリサーチ会社HarrisXのアリ・ブラディー氏は、「映画館に通う熱心なファンがまだ存在することは最近の映画興行収入成績を見れば明らかですが、我々の調査によると、3人に2人の映画鑑賞者が自宅でのストリーミング鑑賞を好むということです」とコメント。「このことは業界に激動をもたらしていますが、同時に、コンテンツへの需要は高まる一方であることも意味しています。消費者のほぼ半数が、毎週ストリーミングで映画を鑑賞していると回答しています。これは映画館での鑑賞頻度に対して7倍以上となります」。

コメントからわかるように、この調査結果は、映画そのものの求心力が低下したわけでなく、その鑑賞方式に変化が顕著に生じていることを示している。調査によると、週に2回以上映画をストリーミング鑑賞する人は30%であり、これは「映画館に行くのは年に数回」と回答した人と同率であるという。

この調査では、映画ファンが「映画館に行く理由」と、あまり映画館に行かない人が「行かない理由」についても明らかにされている。

映画館に行く理由

その映画が劇場のみで公開されるから:30%
3DやIMAXなどの高度な鑑賞テクノロジーのため:30%
観客と一緒に映画を観るという体験のため:26%
プレミアや特別上映を観るため:25%
ノスタルジー:24%

映画館に行かない理由

他の観客がいて気が散る:19%
出向くのが不便(移動時間や交通手段、駐車場など):15%
上映作品の選択:13%
映画館の場所が不便:13%
上映時間が限られている、都合がつかない:11%
座席指定:8%

この調査結果は、米IndieWireがHarrisXによるレポートを伝えたもの。調査期間は2024年3月11日~12日、アメリカの成人1,000人以上からオンラインで収集した。

2023年の全世界興行収入を振り返れば、イベント化したような映画は高い興収を上げていることがわかる。『バービー』(同年1位)と『ザ・スーパーマリオ・ブラザーズ・ムービー』(2位)は共に13億ドル超えの特大ヒットとなっており、アメリカでは「バーベンハイマー」が社会現象化した『オッペンハイマー』(3位)も9億ドル超えの成功を収めた。その裏には、「(当時)劇場のみでしか鑑賞できない」「観客(=世間)と一緒に映画を観る」といった動機があることだろう。実際に『バービー』では、ほとんど映画館に足を運ばない「ライト層」が全体の2割強だったという米調査もある。

一方で、マーベルやDCなどのスーパーヒーロー映画やディズニー映画は、ほんの数年前までの快調に対して苦戦を強いられた。こちらはストリーミング鑑賞を待てば良いという考えが背景にあると考えれば、説明がつくことも多いだろう。


前に隣で抜いてる奴がいたからな
確かに気になるわな

454:

>>365 前に隣で抜いてる奴がいたからな
確かに気になるわな


ストリップ小屋ではそんなことがあったな
映画館でそれはないだろw

441:

>>1 中谷 直登 2024.3.25 12:10 TOPIC | TV/MOVIE
https://theriver.jp/theater-or-streaming-study/


アメリカの成人の3人に2人が、映画鑑賞の際はストリーミング配信による自宅鑑賞を好んでいるということが、最新の調査でわかった。

調査報告を行ったリサーチ会社HarrisXのアリ・ブラディー氏は、「映画館に通う熱心なファンがまだ存在することは最近の映画興行収入成績を見れば明らかですが、我々の調査によると、3人に2人の映画鑑賞者が自宅でのストリーミング鑑賞を好むということです」とコメント。「このことは業界に激動をもたらしていますが、同時に、コンテンツへの需要は高まる一方であることも意味しています。消費者のほぼ半数が、毎週ストリーミングで映画を鑑賞していると回答しています。これは映画館での鑑賞頻度に対して7倍以上となります」。

コメントからわかるように、この調査結果は、映画そのものの求心力が低下したわけでなく、その鑑賞方式に変化が顕著に生じていることを示している。調査によると、週に2回以上映画をストリーミング鑑賞する人は30%であり、これは「映画館に行くのは年に数回」と回答した人と同率であるという。

この調査では、映画ファンが「映画館に行く理由」と、あまり映画館に行かない人が「行かない理由」についても明らかにされている。

映画館に行く理由

その映画が劇場のみで公開されるから:30%
3DやIMAXなどの高度な鑑賞テクノロジーのため:30%
観客と一緒に映画を観るという体験のため:26%
プレミアや特別上映を観るため:25%
ノスタルジー:24%

映画館に行かない理由

他の観客がいて気が散る:19%
出向くのが不便(移動時間や交通手段、駐車場など):15%
上映作品の選択:13%
映画館の場所が不便:13%
上映時間が限られている、都合がつかない:11%
座席指定:8%

この調査結果は、米IndieWireがHarrisXによるレポートを伝えたもの。調査期間は2024年3月11日~12日、アメリカの成人1,000人以上からオンラインで収集した。

2023年の全世界興行収入を振り返れば、イベント化したような映画は高い興収を上げていることがわかる。『バービー』(同年1位)と『ザ・スーパーマリオ・ブラザーズ・ムービー』(2位)は共に13億ドル超えの特大ヒットとなっており、アメリカでは「バーベンハイマー」が社会現象化した『オッペンハイマー』(3位)も9億ドル超えの成功を収めた。その裏には、「(当時)劇場のみでしか鑑賞できない」「観客(=世間)と一緒に映画を観る」といった動機があることだろう。実際に『バービー』では、ほとんど映画館に足を運ばない「ライト層」が全体の2割強だったという米調査もある。

一方で、マーベルやDCなどのスーパーヒーロー映画やディズニー映画は、ほんの数年前までの快調に対して苦戦を強いられた。こちらはストリーミング鑑賞を待てば良いという考えが背景にあると考えれば、説明がつくことも多いだろう。


正直それはある
それはわかる

969:

>>441 正直それはある
それはわかる


ようは変えたくないんだろうな
こんな安易なもんはない

580:

>>1 中谷 直登 2024.3.25 12:10 TOPIC | TV/MOVIE
https://theriver.jp/theater-or-streaming-study/


アメリカの成人の3人に2人が、映画鑑賞の際はストリーミング配信による自宅鑑賞を好んでいるということが、最新の調査でわかった。

調査報告を行ったリサーチ会社HarrisXのアリ・ブラディー氏は、「映画館に通う熱心なファンがまだ存在することは最近の映画興行収入成績を見れば明らかですが、我々の調査によると、3人に2人の映画鑑賞者が自宅でのストリーミング鑑賞を好むということです」とコメント。「このことは業界に激動をもたらしていますが、同時に、コンテンツへの需要は高まる一方であることも意味しています。消費者のほぼ半数が、毎週ストリーミングで映画を鑑賞していると回答しています。これは映画館での鑑賞頻度に対して7倍以上となります」。

コメントからわかるように、この調査結果は、映画そのものの求心力が低下したわけでなく、その鑑賞方式に変化が顕著に生じていることを示している。調査によると、週に2回以上映画をストリーミング鑑賞する人は30%であり、これは「映画館に行くのは年に数回」と回答した人と同率であるという。

この調査では、映画ファンが「映画館に行く理由」と、あまり映画館に行かない人が「行かない理由」についても明らかにされている。

映画館に行く理由

その映画が劇場のみで公開されるから:30%
3DやIMAXなどの高度な鑑賞テクノロジーのため:30%
観客と一緒に映画を観るという体験のため:26%
プレミアや特別上映を観るため:25%
ノスタルジー:24%

映画館に行かない理由

他の観客がいて気が散る:19%
出向くのが不便(移動時間や交通手段、駐車場など):15%
上映作品の選択:13%
映画館の場所が不便:13%
上映時間が限られている、都合がつかない:11%
座席指定:8%

この調査結果は、米IndieWireがHarrisXによるレポートを伝えたもの。調査期間は2024年3月11日~12日、アメリカの成人1,000人以上からオンラインで収集した。

2023年の全世界興行収入を振り返れば、イベント化したような映画は高い興収を上げていることがわかる。『バービー』(同年1位)と『ザ・スーパーマリオ・ブラザーズ・ムービー』(2位)は共に13億ドル超えの特大ヒットとなっており、アメリカでは「バーベンハイマー」が社会現象化した『オッペンハイマー』(3位)も9億ドル超えの成功を収めた。その裏には、「(当時)劇場のみでしか鑑賞できない」「観客(=世間)と一緒に映画を観る」といった動機があることだろう。実際に『バービー』では、ほとんど映画館に足を運ばない「ライト層」が全体の2割強だったという米調査もある。

一方で、マーベルやDCなどのスーパーヒーロー映画やディズニー映画は、ほんの数年前までの快調に対して苦戦を強いられた。こちらはストリーミング鑑賞を待てば良いという考えが背景にあると考えれば、説明がつくことも多いだろう。


「ポップコーンは食べてもOK」とかいうしょうもないルール作ったのお前らじゃん
横で食われたら気が散って仕方ないわ
たまに「あっ!」とか言ってこぼすアホいるし

612:

>>1 中谷 直登 2024.3.25 12:10 TOPIC | TV/MOVIE
https://theriver.jp/theater-or-streaming-study/


アメリカの成人の3人に2人が、映画鑑賞の際はストリーミング配信による自宅鑑賞を好んでいるということが、最新の調査でわかった。

調査報告を行ったリサーチ会社HarrisXのアリ・ブラディー氏は、「映画館に通う熱心なファンがまだ存在することは最近の映画興行収入成績を見れば明らかですが、我々の調査によると、3人に2人の映画鑑賞者が自宅でのストリーミング鑑賞を好むということです」とコメント。「このことは業界に激動をもたらしていますが、同時に、コンテンツへの需要は高まる一方であることも意味しています。消費者のほぼ半数が、毎週ストリーミングで映画を鑑賞していると回答しています。これは映画館での鑑賞頻度に対して7倍以上となります」。

コメントからわかるように、この調査結果は、映画そのものの求心力が低下したわけでなく、その鑑賞方式に変化が顕著に生じていることを示している。調査によると、週に2回以上映画をストリーミング鑑賞する人は30%であり、これは「映画館に行くのは年に数回」と回答した人と同率であるという。

この調査では、映画ファンが「映画館に行く理由」と、あまり映画館に行かない人が「行かない理由」についても明らかにされている。

映画館に行く理由

その映画が劇場のみで公開されるから:30%
3DやIMAXなどの高度な鑑賞テクノロジーのため:30%
観客と一緒に映画を観るという体験のため:26%
プレミアや特別上映を観るため:25%
ノスタルジー:24%

映画館に行かない理由

他の観客がいて気が散る:19%
出向くのが不便(移動時間や交通手段、駐車場など):15%
上映作品の選択:13%
映画館の場所が不便:13%
上映時間が限られている、都合がつかない:11%
座席指定:8%

この調査結果は、米IndieWireがHarrisXによるレポートを伝えたもの。調査期間は2024年3月11日~12日、アメリカの成人1,000人以上からオンラインで収集した。

2023年の全世界興行収入を振り返れば、イベント化したような映画は高い興収を上げていることがわかる。『バービー』(同年1位)と『ザ・スーパーマリオ・ブラザーズ・ムービー』(2位)は共に13億ドル超えの特大ヒットとなっており、アメリカでは「バーベンハイマー」が社会現象化した『オッペンハイマー』(3位)も9億ドル超えの成功を収めた。その裏には、「(当時)劇場のみでしか鑑賞できない」「観客(=世間)と一緒に映画を観る」といった動機があることだろう。実際に『バービー』では、ほとんど映画館に足を運ばない「ライト層」が全体の2割強だったという米調査もある。

一方で、マーベルやDCなどのスーパーヒーロー映画やディズニー映画は、ほんの数年前までの快調に対して苦戦を強いられた。こちらはストリーミング鑑賞を待てば良いという考えが背景にあると考えれば、説明がつくことも多いだろう。


米国猿軍団がギャーギャー騒ぐ映画館で観ればそりゃ気も散るわな

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

24:

>一方で、マーベルやDCなどのスーパーヒーロー映画やディズニー映画は、ほんの数年前までの快調に対して苦戦を強いられた。
>こちらはストリーミング鑑賞を待てば良いという考えが背景にあると考えれば、説明がつくことも多いだろう

以外の映画もストリーミング配信されるだろ

52:

映画は、ストーリーをいちいち理解しなきゃならないのがだるい。大して意味がないシーンも多すぎる。2時間のわりに内容がうっすい。動画の方が内容が濃い。10分動画より、ショート動画のがいい

499:

>>52 映画は、ストーリーをいちいち理解しなきゃならないのがだるい。大して意味がないシーンも多すぎる。2時間のわりに内容がうっすい。動画の方が内容が濃い。10分動画より、ショート動画のがいい


背は低いけど年代別のプロですら難しいのに

263:

他との繋がりがかなり表に出ていないと思ったらシギーのこともない
やってくれる人に1人の入信や家族間での姿がかわいすぎるんですよ 2022/08/20 K3 統一を滅ぼす

453:

ドブス岸猿のサムネの時初めて一位取れなかったよ
比率は大したもん
でも、配信ページはpostで待機しています。
犯罪者は放置されたから家族が居るメディア関係者は登録急がずに最低な性格だけどバリュー時代再来?

490:

シン・ゴジラとかトップガン マーヴェリックだとか、
大画面で見るべきと言われて映画館で観たが普通だった。
それより自分にとっては、一時停止や巻き戻しできる
自宅での鑑賞がはるかに価値がある。

748:

>>490 シン・ゴジラとかトップガン マーヴェリックだとか、
大画面で見るべきと言われて映画館で観たが普通だった。
それより自分にとっては、一時停止や巻き戻しできる
自宅での鑑賞がはるかに価値がある。


シンゴジラじゃなくてゴジラマイナス見て来なよ

749:

>>748 シンゴジラじゃなくてゴジラマイナス見て来なよ


マイナスワンこそ自宅で楽しみたい映画だったな
まあすぐテレビで観れないから劇場で観て後悔してる訳じゃないけど

751:

>>749 マイナスワンこそ自宅で楽しみたい映画だったな
まあすぐテレビで観れないから劇場で観て後悔してる訳じゃないけど


スクリーンで見るからこその映画なのに変わってる

503:

やけんこうなるで
全興連「劇場公開とネット配信を同時に行う作品については、団体に加盟する映画館では原則上映しない」

571:

自分は迫力や強制没頭感の違いなどで映画館派だけど、食べ物の匂い、他人の匂いや音、座席を蹴られる、予告編の時間の長さ、とかは問題あると思うわ
食べ物はポップコーン以外は完全持ち込み禁止にしろよ
出来ないなら館内で販売すらするな
そもそも、いい加減、座席の角度の付け方が足りないから背の高い人が前に座った場合の画面を頭が遮る問題はどうにかしろよ
これを解決するだけで映画館嫌いな人が少しは減るだろ

579:

ホラーやサスペンスは映画館の方が迫力あるかも
テレビでは怖くないリングも、映画館での暗闇の中のリング2は本当に怖かった
ベランダの外側から両手がぶら下がっているシーンですら、座席の肘掛けを強く握るほどビビったし
そのせいで同時上映の死国を観ないで帰宅した

584:

映画館廃止して新作も全てネット配信にした方が売上あがるのでは?

586:

>>584 映画館廃止して新作も全てネット配信にした方が売上あがるのでは?


それやったDisney+がひどいことになったのに

931:

>>586 それやったDisney+がひどいことになったのに


新NISAがそれを今シーズンより問題は車のガラスって

はい本丸きた🌜🌜🌜🏺🏺🏺🌛🌛🌛
いや立憲が終了に近い

587:

映画館の良いというか利点は強制没頭感、これだろ
スマホだとほぼ間違いなく2時間まともに観ないから、作品に対するちゃんとした評価は出来ないよ

617:

これは本当にそう
この10年間、映画館で観て面白かったと思う作品が一つもない
作品の出来だけではなく環境が悪すぎて集中できないのが要因だと感じる

620:

と健常者は常識的な見解でこの様にストリーミングで見た方が快適だと思っているのにも拘らず、
車椅子のカスが無理に映画館へ出向き、映画館のサービスがなっていない、もっと我に尽くしたまえ!
とタダで奉仕しろとふざけた傲慢な態度を取ったのであった

681:

自宅から徒歩3分の場所に映画館あるが
一度も行ったことない
ていうか最後に映画館に行ったのは30年前だ

716:

映画館に行くのが億劫てよりは、休みの日にシネコン入ってるデカい施設の人混みの中に行くのが面倒てのもある、小劇場とかは昼メシのついでに行ってみようかと思う時あるな、行かないけど
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1711361168

Comments 0

コメントはまだありません。