「オオタニが知らないなんてあり得るだろうか?」大谷翔平、水原一平氏の窃盗トラブルが全米の注目を集めた“ニッポン人が知らない理由” - 芸能人
げいのうまとめんぬ

「オオタニが知らないなんてあり得るだろうか?」大谷翔平、水原一平氏の窃盗トラブルが全米の注目を集めた“ニッポン人が知らない理由”

2024/03/26
芸能人 0
  • 3月20日、ドジャースの大谷翔平選手(29)の元通訳・水原一平氏(39)が違法賭博に関与した疑いで解雇された問題は、アメリカではどのように報じられ、なぜこれほど注目を集めることになったのか。
  • そして日本時間26日に予定される大谷選手の記者会見では何が語られるのか…。
  • ロサンゼルス在住のジャーナリストが全米を揺るがす騒動の実態を追った。
  • (全2回の後編/前編を読む) ◇◇◇ 「話が変わったことは衝撃的な展開だ。
  • 隠蔽は犯罪よりも悪質だ」 テレビ番組「CBSモーニングス」では、元連邦検察官のジョシュア・ナフタリス氏が「オオタニは連邦犯罪であるマネーロンダリングに巻き込まれる可能性がある。
  • オオタニは最初は借金について知っていると報じられたが、その後、話が変わったことは衝撃的な展開だ。
  • 多くの場合、隠蔽は犯罪よりも悪質だ」と述べている。
  • 「違法な胴元に50万ドルの複数回の支払いが電信送金されていたことをオオタニが知らないなんてあり得るだろうか?オオタニは、野球からマーケティングの知識に至るまで、これまで会った中で最も聡明な人物の一人なのだ。
  • 「このような話は何年も生き続け、次の展開や次の新事実が出てくると蒸し返される可能性がある。
  • このようなことが2度と起きないようにする必要がある。

1:

 3月20日、ドジャースの大谷翔平選手(29)の元通訳・水原一平氏(39)が違法賭博に関与した疑いで解雇された問題は、アメリカではどのように報じられ、なぜこれほど注目を集めることになったのか。そして日本時間26日に予定される大谷選手の記者会見では何が語られるのか…。ロサンゼルス在住のジャーナリストが全米を揺るがす騒動の実態を追った。(全2回の後編/前編を読む)

◇◇◇

「話が変わったことは衝撃的な展開だ。隠蔽は犯罪よりも悪質だ」

 テレビ番組「CBSモーニングス」では、元連邦検察官のジョシュア・ナフタリス氏が「オオタニは連邦犯罪であるマネーロンダリングに巻き込まれる可能性がある。オオタニは最初は借金について知っていると報じられたが、その後、話が変わったことは衝撃的な展開だ。多くの場合、隠蔽は犯罪よりも悪質だ」と述べている。

 つまり、水原氏の作った450万ドルの借金を払うために、大谷選手が電信送金を承認したことが明らかになれば、マネーロンダリングの範疇に入る可能性があるというのだ。

 また、ナフタリス氏はこうも続けている。

「450万ドルという金額は、通訳にとっては高額だ。しかし、この金額は、プロのアスリートにとっては失っても許容できる金額だ。だから、彼は通訳を表の顔として使っていたのではないか? という疑問が生じる」

 FOXスポーツの司会者、クレイグ・カートン氏は、オオタニ陣営が話を変えたことを問題視している。ちなみに、同氏は、賭博の借金を返済するために、チケット詐欺をして逮捕され、懲役3年半と賠償金460万ドルの判決を言い渡された過去がある。

「オオタニ陣営は当初の話を変えるという大変な計算ミスを犯した。賭博の問題を抱えた友人をオオタニが助けるということは、とても信じられる話だ。しかし、彼らは話を変え、お金が盗まれたと主張することで、パンドラの箱を開けてしまった。

 今は、通訳の言うことを信じる必要が出てきている。今や、オオタニの友人が犯罪捜査の焦点になっている。今回の容疑は、詐欺、窃盗、横領だ。多くの人が調査を始めれば、もっと多くのことが明らかになるだろう。煙が立つばかりで火は出ないかもしれないものの、彼らが通訳を利用して、話を180度変えたことは少なくとも懸念を生む」

オオタニが知らないなんてあり得るだろうか?

 USA Today紙の野球コラムニストのボブ・ナイチンゲール氏は、同紙のコラムで、大谷選手が多額の電信送金を認識していなかったことにただ驚きを隠せない様子だ。

「違法な胴元に50万ドルの複数回の支払いが電信送金されていたことをオオタニが知らないなんてあり得るだろうか? オオタニは、野球からマーケティングの知識に至るまで、これまで会った中で最も聡明な人物の一人なのだ。エンゼルスの元チームメイトたちも、渡米以来、仲がいい水原のギャンブル癖にオオタニが気づいていなかったのは不可解だと話している」

 一方、ニューヨーク・ポスト紙の野球コラムニスト、ジョン・ヘイマン氏は同紙で、大谷選手は世間知らずで、経済面では能がないから通訳に騙されたとする皮肉を述べている。

オオタニと野球界にとって一番都合がいい“シナリオ”

「オオタニ陣営は、長年の元通訳兼友人はオオタニを騙してきた素晴らしい俳優であり、オオタニは騙されやすく、世間知らずで、また、親友についてはひどい趣味を持っているという話を作っている。不明点は数多くあるが、今のところ、彼は野球史上の天才だが、経済面ではウスノロであるという話が、オオタニや野球界にとっては一番都合がいい」

 大谷選手を見つめてきた、ロサンゼルス・タイムズ紙のスポーツコラムニスト、ディラン・ヘルナンデス氏は大谷選手に「大人になって、状況に対処しろ」とコラムの中で叱咤激励している。

「このような話は何年も生き続け、次の展開や次の新事実が出てくると蒸し返される可能性がある。オオタニはこの状況に対処しなければならない。このようなことが2度と起きないようにする必要がある。 彼は付き合う人々についてもっと注意深くならねばならない。

 自身が人々にどう映るのかもコントロールする必要がある。スキャンダルはパフォーマンスに影響を与える可能性があるからだ。 フィールドで子供であり続けるためには(同氏は、大谷選手はフィールドでは試合を遊びのように楽しむ子供のようだと見ている)、フィールドから離れたら大人にならなければならない」

続きはソースをご覧ください
https://bunshun.jp/articles/-/69809

39:

>>1  3月20日、ドジャースの大谷翔平選手(29)の元通訳・水原一平氏(39)が違法賭博に関与した疑いで解雇された問題は、アメリカではどのように報じられ、なぜこれほど注目を集めることになったのか。そして日本時間26日に予定される大谷選手の記者会見では何が語られるのか…。ロサンゼルス在住のジャーナリストが全米を揺るがす騒動の実態を追った。(全2回の後編/前編を読む)

◇◇◇

「話が変わったことは衝撃的な展開だ。隠蔽は犯罪よりも悪質だ」

 テレビ番組「CBSモーニングス」では、元連邦検察官のジョシュア・ナフタリス氏が「オオタニは連邦犯罪であるマネーロンダリングに巻き込まれる可能性がある。オオタニは最初は借金について知っていると報じられたが、その後、話が変わったことは衝撃的な展開だ。多くの場合、隠蔽は犯罪よりも悪質だ」と述べている。

 つまり、水原氏の作った450万ドルの借金を払うために、大谷選手が電信送金を承認したことが明らかになれば、マネーロンダリングの範疇に入る可能性があるというのだ。

 また、ナフタリス氏はこうも続けている。

「450万ドルという金額は、通訳にとっては高額だ。しかし、この金額は、プロのアスリートにとっては失っても許容できる金額だ。だから、彼は通訳を表の顔として使っていたのではないか? という疑問が生じる」

 FOXスポーツの司会者、クレイグ・カートン氏は、オオタニ陣営が話を変えたことを問題視している。ちなみに、同氏は、賭博の借金を返済するために、チケット詐欺をして逮捕され、懲役3年半と賠償金460万ドルの判決を言い渡された過去がある。

「オオタニ陣営は当初の話を変えるという大変な計算ミスを犯した。賭博の問題を抱えた友人をオオタニが助けるということは、とても信じられる話だ。しかし、彼らは話を変え、お金が盗まれたと主張することで、パンドラの箱を開けてしまった。

 今は、通訳の言うことを信じる必要が出てきている。今や、オオタニの友人が犯罪捜査の焦点になっている。今回の容疑は、詐欺、窃盗、横領だ。多くの人が調査を始めれば、もっと多くのことが明らかになるだろう。煙が立つばかりで火は出ないかもしれないものの、彼らが通訳を利用して、話を180度変えたことは少なくとも懸念を生む」

オオタニが知らないなんてあり得るだろうか?

 USA Today紙の野球コラムニストのボブ・ナイチンゲール氏は、同紙のコラムで、大谷選手が多額の電信送金を認識していなかったことにただ驚きを隠せない様子だ。

「違法な胴元に50万ドルの複数回の支払いが電信送金されていたことをオオタニが知らないなんてあり得るだろうか? オオタニは、野球からマーケティングの知識に至るまで、これまで会った中で最も聡明な人物の一人なのだ。エンゼルスの元チームメイトたちも、渡米以来、仲がいい水原のギャンブル癖にオオタニが気づいていなかったのは不可解だと話している」

 一方、ニューヨーク・ポスト紙の野球コラムニスト、ジョン・ヘイマン氏は同紙で、大谷選手は世間知らずで、経済面では能がないから通訳に騙されたとする皮肉を述べている。

オオタニと野球界にとって一番都合がいい“シナリオ”

「オオタニ陣営は、長年の元通訳兼友人はオオタニを騙してきた素晴らしい俳優であり、オオタニは騙されやすく、世間知らずで、また、親友についてはひどい趣味を持っているという話を作っている。不明点は数多くあるが、今のところ、彼は野球史上の天才だが、経済面ではウスノロであるという話が、オオタニや野球界にとっては一番都合がいい」

 大谷選手を見つめてきた、ロサンゼルス・タイムズ紙のスポーツコラムニスト、ディラン・ヘルナンデス氏は大谷選手に「大人になって、状況に対処しろ」とコラムの中で叱咤激励している。

「このような話は何年も生き続け、次の展開や次の新事実が出てくると蒸し返される可能性がある。オオタニはこの状況に対処しなければならない。このようなことが2度と起きないようにする必要がある。 彼は付き合う人々についてもっと注意深くならねばならない。

 自身が人々にどう映るのかもコントロールする必要がある。スキャンダルはパフォーマンスに影響を与える可能性があるからだ。 フィールドで子供であり続けるためには(同氏は、大谷選手はフィールドでは試合を遊びのように楽しむ子供のようだと見ている)、フィールドから離れたら大人にならなければならない」

続きはソースをご覧ください
https://bunshun.jp/articles/-/69809


これまで親日記事ばかり書いてきたボブ・ナイチンゲールが
諦めるしかないようなことを書いてるのは
本当に崖っぷち

52:

>>39 これまで親日記事ばかり書いてきたボブ・ナイチンゲールが
諦めるしかないようなことを書いてるのは
本当に崖っぷち


あの人1,2試合の出場停止で済むあとは元通りだって言ってたよw
もうイメージは元通りにはならないけどw

112:

>>1  3月20日、ドジャースの大谷翔平選手(29)の元通訳・水原一平氏(39)が違法賭博に関与した疑いで解雇された問題は、アメリカではどのように報じられ、なぜこれほど注目を集めることになったのか。そして日本時間26日に予定される大谷選手の記者会見では何が語られるのか…。ロサンゼルス在住のジャーナリストが全米を揺るがす騒動の実態を追った。(全2回の後編/前編を読む)

◇◇◇

「話が変わったことは衝撃的な展開だ。隠蔽は犯罪よりも悪質だ」

 テレビ番組「CBSモーニングス」では、元連邦検察官のジョシュア・ナフタリス氏が「オオタニは連邦犯罪であるマネーロンダリングに巻き込まれる可能性がある。オオタニは最初は借金について知っていると報じられたが、その後、話が変わったことは衝撃的な展開だ。多くの場合、隠蔽は犯罪よりも悪質だ」と述べている。

 つまり、水原氏の作った450万ドルの借金を払うために、大谷選手が電信送金を承認したことが明らかになれば、マネーロンダリングの範疇に入る可能性があるというのだ。

 また、ナフタリス氏はこうも続けている。

「450万ドルという金額は、通訳にとっては高額だ。しかし、この金額は、プロのアスリートにとっては失っても許容できる金額だ。だから、彼は通訳を表の顔として使っていたのではないか? という疑問が生じる」

 FOXスポーツの司会者、クレイグ・カートン氏は、オオタニ陣営が話を変えたことを問題視している。ちなみに、同氏は、賭博の借金を返済するために、チケット詐欺をして逮捕され、懲役3年半と賠償金460万ドルの判決を言い渡された過去がある。

「オオタニ陣営は当初の話を変えるという大変な計算ミスを犯した。賭博の問題を抱えた友人をオオタニが助けるということは、とても信じられる話だ。しかし、彼らは話を変え、お金が盗まれたと主張することで、パンドラの箱を開けてしまった。

 今は、通訳の言うことを信じる必要が出てきている。今や、オオタニの友人が犯罪捜査の焦点になっている。今回の容疑は、詐欺、窃盗、横領だ。多くの人が調査を始めれば、もっと多くのことが明らかになるだろう。煙が立つばかりで火は出ないかもしれないものの、彼らが通訳を利用して、話を180度変えたことは少なくとも懸念を生む」

オオタニが知らないなんてあり得るだろうか?

 USA Today紙の野球コラムニストのボブ・ナイチンゲール氏は、同紙のコラムで、大谷選手が多額の電信送金を認識していなかったことにただ驚きを隠せない様子だ。

「違法な胴元に50万ドルの複数回の支払いが電信送金されていたことをオオタニが知らないなんてあり得るだろうか? オオタニは、野球からマーケティングの知識に至るまで、これまで会った中で最も聡明な人物の一人なのだ。エンゼルスの元チームメイトたちも、渡米以来、仲がいい水原のギャンブル癖にオオタニが気づいていなかったのは不可解だと話している」

 一方、ニューヨーク・ポスト紙の野球コラムニスト、ジョン・ヘイマン氏は同紙で、大谷選手は世間知らずで、経済面では能がないから通訳に騙されたとする皮肉を述べている。

オオタニと野球界にとって一番都合がいい“シナリオ”

「オオタニ陣営は、長年の元通訳兼友人はオオタニを騙してきた素晴らしい俳優であり、オオタニは騙されやすく、世間知らずで、また、親友についてはひどい趣味を持っているという話を作っている。不明点は数多くあるが、今のところ、彼は野球史上の天才だが、経済面ではウスノロであるという話が、オオタニや野球界にとっては一番都合がいい」

 大谷選手を見つめてきた、ロサンゼルス・タイムズ紙のスポーツコラムニスト、ディラン・ヘルナンデス氏は大谷選手に「大人になって、状況に対処しろ」とコラムの中で叱咤激励している。

「このような話は何年も生き続け、次の展開や次の新事実が出てくると蒸し返される可能性がある。オオタニはこの状況に対処しなければならない。このようなことが2度と起きないようにする必要がある。 彼は付き合う人々についてもっと注意深くならねばならない。

 自身が人々にどう映るのかもコントロールする必要がある。スキャンダルはパフォーマンスに影響を与える可能性があるからだ。 フィールドで子供であり続けるためには(同氏は、大谷選手はフィールドでは試合を遊びのように楽しむ子供のようだと見ている)、フィールドから離れたら大人にならなければならない」

続きはソースをご覧ください
https://bunshun.jp/articles/-/69809


今朝の文化放送で指摘されていたこと

・大谷選手側の管理や会計報告はどうなっていたのか?
・大谷選手側は申告したうえで贈与税を払っていたのか?
・ボーナスという形で7億円余を支払われていたならば水原側は所得税を払っていたのか?
・ボウヤー氏は本当に賭博をしていたのか?連邦政府が動いているということは、テロ組織やテロ国家等にその振り込まれた資金が流れていたりしないだろうか?
そうなったらとんでも無い話になってくる。

122:

>>112 今朝の文化放送で指摘されていたこと

・大谷選手側の管理や会計報告はどうなっていたのか?
・大谷選手側は申告したうえで贈与税を払っていたのか?
・ボーナスという形で7億円余を支払われていたならば水原側は所得税を払っていたのか?
・ボウヤー氏は本当に賭博をしていたのか?連邦政府が動いているということは、テロ組織やテロ国家等にその振り込まれた資金が流れていたりしないだろうか?
そうなったらとんでも無い話になってくる。


一番下が大谷的には一番下ヤバい展開ってことか

162:

>>112 今朝の文化放送で指摘されていたこと

・大谷選手側の管理や会計報告はどうなっていたのか?
・大谷選手側は申告したうえで贈与税を払っていたのか?
・ボーナスという形で7億円余を支払われていたならば水原側は所得税を払っていたのか?
・ボウヤー氏は本当に賭博をしていたのか?連邦政府が動いているということは、テロ組織やテロ国家等にその振り込まれた資金が流れていたりしないだろうか?
そうなったらとんでも無い話になってくる。


アメリカの確定申告期限は4月15日。
今の段階で表に出ていなくても、
確定申告後にバレていただろうね。

ボウヤーが何で目をつけられていたのか。
水原が賭博で大負けしたというのも
本当なのかまだ分からない。

178:

>>162 アメリカの確定申告期限は4月15日。
今の段階で表に出ていなくても、
確定申告後にバレていただろうね。

ボウヤーが何で目をつけられていたのか。
水原が賭博で大負けしたというのも
本当なのかまだ分からない。


どちらにせよ、この金額だと
確定申告で引っかかると考えなかったのかね
だとしたら大谷は社会人としてヤバすぎる

197:

>>162 アメリカの確定申告期限は4月15日。
今の段階で表に出ていなくても、
確定申告後にバレていただろうね。

ボウヤーが何で目をつけられていたのか。
水原が賭博で大負けしたというのも
本当なのかまだ分からない。


一平は胴元に大谷の名前で振り込めって言われて
やった見たいだよ
大谷が顧客
大谷から情報がもらえると

こう言う事だよ

361:

>>1  3月20日、ドジャースの大谷翔平選手(29)の元通訳・水原一平氏(39)が違法賭博に関与した疑いで解雇された問題は、アメリカではどのように報じられ、なぜこれほど注目を集めることになったのか。そして日本時間26日に予定される大谷選手の記者会見では何が語られるのか…。ロサンゼルス在住のジャーナリストが全米を揺るがす騒動の実態を追った。(全2回の後編/前編を読む)

◇◇◇

「話が変わったことは衝撃的な展開だ。隠蔽は犯罪よりも悪質だ」

 テレビ番組「CBSモーニングス」では、元連邦検察官のジョシュア・ナフタリス氏が「オオタニは連邦犯罪であるマネーロンダリングに巻き込まれる可能性がある。オオタニは最初は借金について知っていると報じられたが、その後、話が変わったことは衝撃的な展開だ。多くの場合、隠蔽は犯罪よりも悪質だ」と述べている。

 つまり、水原氏の作った450万ドルの借金を払うために、大谷選手が電信送金を承認したことが明らかになれば、マネーロンダリングの範疇に入る可能性があるというのだ。

 また、ナフタリス氏はこうも続けている。

「450万ドルという金額は、通訳にとっては高額だ。しかし、この金額は、プロのアスリートにとっては失っても許容できる金額だ。だから、彼は通訳を表の顔として使っていたのではないか? という疑問が生じる」

 FOXスポーツの司会者、クレイグ・カートン氏は、オオタニ陣営が話を変えたことを問題視している。ちなみに、同氏は、賭博の借金を返済するために、チケット詐欺をして逮捕され、懲役3年半と賠償金460万ドルの判決を言い渡された過去がある。

「オオタニ陣営は当初の話を変えるという大変な計算ミスを犯した。賭博の問題を抱えた友人をオオタニが助けるということは、とても信じられる話だ。しかし、彼らは話を変え、お金が盗まれたと主張することで、パンドラの箱を開けてしまった。

 今は、通訳の言うことを信じる必要が出てきている。今や、オオタニの友人が犯罪捜査の焦点になっている。今回の容疑は、詐欺、窃盗、横領だ。多くの人が調査を始めれば、もっと多くのことが明らかになるだろう。煙が立つばかりで火は出ないかもしれないものの、彼らが通訳を利用して、話を180度変えたことは少なくとも懸念を生む」

オオタニが知らないなんてあり得るだろうか?

 USA Today紙の野球コラムニストのボブ・ナイチンゲール氏は、同紙のコラムで、大谷選手が多額の電信送金を認識していなかったことにただ驚きを隠せない様子だ。

「違法な胴元に50万ドルの複数回の支払いが電信送金されていたことをオオタニが知らないなんてあり得るだろうか? オオタニは、野球からマーケティングの知識に至るまで、これまで会った中で最も聡明な人物の一人なのだ。エンゼルスの元チームメイトたちも、渡米以来、仲がいい水原のギャンブル癖にオオタニが気づいていなかったのは不可解だと話している」

 一方、ニューヨーク・ポスト紙の野球コラムニスト、ジョン・ヘイマン氏は同紙で、大谷選手は世間知らずで、経済面では能がないから通訳に騙されたとする皮肉を述べている。

オオタニと野球界にとって一番都合がいい“シナリオ”

「オオタニ陣営は、長年の元通訳兼友人はオオタニを騙してきた素晴らしい俳優であり、オオタニは騙されやすく、世間知らずで、また、親友についてはひどい趣味を持っているという話を作っている。不明点は数多くあるが、今のところ、彼は野球史上の天才だが、経済面ではウスノロであるという話が、オオタニや野球界にとっては一番都合がいい」

 大谷選手を見つめてきた、ロサンゼルス・タイムズ紙のスポーツコラムニスト、ディラン・ヘルナンデス氏は大谷選手に「大人になって、状況に対処しろ」とコラムの中で叱咤激励している。

「このような話は何年も生き続け、次の展開や次の新事実が出てくると蒸し返される可能性がある。オオタニはこの状況に対処しなければならない。このようなことが2度と起きないようにする必要がある。 彼は付き合う人々についてもっと注意深くならねばならない。

 自身が人々にどう映るのかもコントロールする必要がある。スキャンダルはパフォーマンスに影響を与える可能性があるからだ。 フィールドで子供であり続けるためには(同氏は、大谷選手はフィールドでは試合を遊びのように楽しむ子供のようだと見ている)、フィールドから離れたら大人にならなければならない」

続きはソースをご覧ください
https://bunshun.jp/articles/-/69809


俳優水原一平爆誕

656:

>>1  3月20日、ドジャースの大谷翔平選手(29)の元通訳・水原一平氏(39)が違法賭博に関与した疑いで解雇された問題は、アメリカではどのように報じられ、なぜこれほど注目を集めることになったのか。そして日本時間26日に予定される大谷選手の記者会見では何が語られるのか…。ロサンゼルス在住のジャーナリストが全米を揺るがす騒動の実態を追った。(全2回の後編/前編を読む)

◇◇◇

「話が変わったことは衝撃的な展開だ。隠蔽は犯罪よりも悪質だ」

 テレビ番組「CBSモーニングス」では、元連邦検察官のジョシュア・ナフタリス氏が「オオタニは連邦犯罪であるマネーロンダリングに巻き込まれる可能性がある。オオタニは最初は借金について知っていると報じられたが、その後、話が変わったことは衝撃的な展開だ。多くの場合、隠蔽は犯罪よりも悪質だ」と述べている。

 つまり、水原氏の作った450万ドルの借金を払うために、大谷選手が電信送金を承認したことが明らかになれば、マネーロンダリングの範疇に入る可能性があるというのだ。

 また、ナフタリス氏はこうも続けている。

「450万ドルという金額は、通訳にとっては高額だ。しかし、この金額は、プロのアスリートにとっては失っても許容できる金額だ。だから、彼は通訳を表の顔として使っていたのではないか? という疑問が生じる」

 FOXスポーツの司会者、クレイグ・カートン氏は、オオタニ陣営が話を変えたことを問題視している。ちなみに、同氏は、賭博の借金を返済するために、チケット詐欺をして逮捕され、懲役3年半と賠償金460万ドルの判決を言い渡された過去がある。

「オオタニ陣営は当初の話を変えるという大変な計算ミスを犯した。賭博の問題を抱えた友人をオオタニが助けるということは、とても信じられる話だ。しかし、彼らは話を変え、お金が盗まれたと主張することで、パンドラの箱を開けてしまった。

 今は、通訳の言うことを信じる必要が出てきている。今や、オオタニの友人が犯罪捜査の焦点になっている。今回の容疑は、詐欺、窃盗、横領だ。多くの人が調査を始めれば、もっと多くのことが明らかになるだろう。煙が立つばかりで火は出ないかもしれないものの、彼らが通訳を利用して、話を180度変えたことは少なくとも懸念を生む」

オオタニが知らないなんてあり得るだろうか?

 USA Today紙の野球コラムニストのボブ・ナイチンゲール氏は、同紙のコラムで、大谷選手が多額の電信送金を認識していなかったことにただ驚きを隠せない様子だ。

「違法な胴元に50万ドルの複数回の支払いが電信送金されていたことをオオタニが知らないなんてあり得るだろうか? オオタニは、野球からマーケティングの知識に至るまで、これまで会った中で最も聡明な人物の一人なのだ。エンゼルスの元チームメイトたちも、渡米以来、仲がいい水原のギャンブル癖にオオタニが気づいていなかったのは不可解だと話している」

 一方、ニューヨーク・ポスト紙の野球コラムニスト、ジョン・ヘイマン氏は同紙で、大谷選手は世間知らずで、経済面では能がないから通訳に騙されたとする皮肉を述べている。

オオタニと野球界にとって一番都合がいい“シナリオ”

「オオタニ陣営は、長年の元通訳兼友人はオオタニを騙してきた素晴らしい俳優であり、オオタニは騙されやすく、世間知らずで、また、親友についてはひどい趣味を持っているという話を作っている。不明点は数多くあるが、今のところ、彼は野球史上の天才だが、経済面ではウスノロであるという話が、オオタニや野球界にとっては一番都合がいい」

 大谷選手を見つめてきた、ロサンゼルス・タイムズ紙のスポーツコラムニスト、ディラン・ヘルナンデス氏は大谷選手に「大人になって、状況に対処しろ」とコラムの中で叱咤激励している。

「このような話は何年も生き続け、次の展開や次の新事実が出てくると蒸し返される可能性がある。オオタニはこの状況に対処しなければならない。このようなことが2度と起きないようにする必要がある。 彼は付き合う人々についてもっと注意深くならねばならない。

 自身が人々にどう映るのかもコントロールする必要がある。スキャンダルはパフォーマンスに影響を与える可能性があるからだ。 フィールドで子供であり続けるためには(同氏は、大谷選手はフィールドでは試合を遊びのように楽しむ子供のようだと見ている)、フィールドから離れたら大人にならなければならない」

続きはソースをご覧ください
https://bunshun.jp/articles/-/69809


付き合い人を選べ
これ、某男子テニスプレーヤーにも言ってやれよ

813:

>>1  3月20日、ドジャースの大谷翔平選手(29)の元通訳・水原一平氏(39)が違法賭博に関与した疑いで解雇された問題は、アメリカではどのように報じられ、なぜこれほど注目を集めることになったのか。そして日本時間26日に予定される大谷選手の記者会見では何が語られるのか…。ロサンゼルス在住のジャーナリストが全米を揺るがす騒動の実態を追った。(全2回の後編/前編を読む)

◇◇◇

「話が変わったことは衝撃的な展開だ。隠蔽は犯罪よりも悪質だ」

 テレビ番組「CBSモーニングス」では、元連邦検察官のジョシュア・ナフタリス氏が「オオタニは連邦犯罪であるマネーロンダリングに巻き込まれる可能性がある。オオタニは最初は借金について知っていると報じられたが、その後、話が変わったことは衝撃的な展開だ。多くの場合、隠蔽は犯罪よりも悪質だ」と述べている。

 つまり、水原氏の作った450万ドルの借金を払うために、大谷選手が電信送金を承認したことが明らかになれば、マネーロンダリングの範疇に入る可能性があるというのだ。

 また、ナフタリス氏はこうも続けている。

「450万ドルという金額は、通訳にとっては高額だ。しかし、この金額は、プロのアスリートにとっては失っても許容できる金額だ。だから、彼は通訳を表の顔として使っていたのではないか? という疑問が生じる」

 FOXスポーツの司会者、クレイグ・カートン氏は、オオタニ陣営が話を変えたことを問題視している。ちなみに、同氏は、賭博の借金を返済するために、チケット詐欺をして逮捕され、懲役3年半と賠償金460万ドルの判決を言い渡された過去がある。

「オオタニ陣営は当初の話を変えるという大変な計算ミスを犯した。賭博の問題を抱えた友人をオオタニが助けるということは、とても信じられる話だ。しかし、彼らは話を変え、お金が盗まれたと主張することで、パンドラの箱を開けてしまった。

 今は、通訳の言うことを信じる必要が出てきている。今や、オオタニの友人が犯罪捜査の焦点になっている。今回の容疑は、詐欺、窃盗、横領だ。多くの人が調査を始めれば、もっと多くのことが明らかになるだろう。煙が立つばかりで火は出ないかもしれないものの、彼らが通訳を利用して、話を180度変えたことは少なくとも懸念を生む」

オオタニが知らないなんてあり得るだろうか?

 USA Today紙の野球コラムニストのボブ・ナイチンゲール氏は、同紙のコラムで、大谷選手が多額の電信送金を認識していなかったことにただ驚きを隠せない様子だ。

「違法な胴元に50万ドルの複数回の支払いが電信送金されていたことをオオタニが知らないなんてあり得るだろうか? オオタニは、野球からマーケティングの知識に至るまで、これまで会った中で最も聡明な人物の一人なのだ。エンゼルスの元チームメイトたちも、渡米以来、仲がいい水原のギャンブル癖にオオタニが気づいていなかったのは不可解だと話している」

 一方、ニューヨーク・ポスト紙の野球コラムニスト、ジョン・ヘイマン氏は同紙で、大谷選手は世間知らずで、経済面では能がないから通訳に騙されたとする皮肉を述べている。

オオタニと野球界にとって一番都合がいい“シナリオ”

「オオタニ陣営は、長年の元通訳兼友人はオオタニを騙してきた素晴らしい俳優であり、オオタニは騙されやすく、世間知らずで、また、親友についてはひどい趣味を持っているという話を作っている。不明点は数多くあるが、今のところ、彼は野球史上の天才だが、経済面ではウスノロであるという話が、オオタニや野球界にとっては一番都合がいい」

 大谷選手を見つめてきた、ロサンゼルス・タイムズ紙のスポーツコラムニスト、ディラン・ヘルナンデス氏は大谷選手に「大人になって、状況に対処しろ」とコラムの中で叱咤激励している。

「このような話は何年も生き続け、次の展開や次の新事実が出てくると蒸し返される可能性がある。オオタニはこの状況に対処しなければならない。このようなことが2度と起きないようにする必要がある。 彼は付き合う人々についてもっと注意深くならねばならない。

 自身が人々にどう映るのかもコントロールする必要がある。スキャンダルはパフォーマンスに影響を与える可能性があるからだ。 フィールドで子供であり続けるためには(同氏は、大谷選手はフィールドでは試合を遊びのように楽しむ子供のようだと見ている)、フィールドから離れたら大人にならなければならない」

続きはソースをご覧ください
https://bunshun.jp/articles/-/69809


そりゃアメリカ人から見ればこんな超お人好しはありえんだろ

無実であってもフォレストガンプ級のアホだよw

954:

>>1  3月20日、ドジャースの大谷翔平選手(29)の元通訳・水原一平氏(39)が違法賭博に関与した疑いで解雇された問題は、アメリカではどのように報じられ、なぜこれほど注目を集めることになったのか。そして日本時間26日に予定される大谷選手の記者会見では何が語られるのか…。ロサンゼルス在住のジャーナリストが全米を揺るがす騒動の実態を追った。(全2回の後編/前編を読む)

◇◇◇

「話が変わったことは衝撃的な展開だ。隠蔽は犯罪よりも悪質だ」

 テレビ番組「CBSモーニングス」では、元連邦検察官のジョシュア・ナフタリス氏が「オオタニは連邦犯罪であるマネーロンダリングに巻き込まれる可能性がある。オオタニは最初は借金について知っていると報じられたが、その後、話が変わったことは衝撃的な展開だ。多くの場合、隠蔽は犯罪よりも悪質だ」と述べている。

 つまり、水原氏の作った450万ドルの借金を払うために、大谷選手が電信送金を承認したことが明らかになれば、マネーロンダリングの範疇に入る可能性があるというのだ。

 また、ナフタリス氏はこうも続けている。

「450万ドルという金額は、通訳にとっては高額だ。しかし、この金額は、プロのアスリートにとっては失っても許容できる金額だ。だから、彼は通訳を表の顔として使っていたのではないか? という疑問が生じる」

 FOXスポーツの司会者、クレイグ・カートン氏は、オオタニ陣営が話を変えたことを問題視している。ちなみに、同氏は、賭博の借金を返済するために、チケット詐欺をして逮捕され、懲役3年半と賠償金460万ドルの判決を言い渡された過去がある。

「オオタニ陣営は当初の話を変えるという大変な計算ミスを犯した。賭博の問題を抱えた友人をオオタニが助けるということは、とても信じられる話だ。しかし、彼らは話を変え、お金が盗まれたと主張することで、パンドラの箱を開けてしまった。

 今は、通訳の言うことを信じる必要が出てきている。今や、オオタニの友人が犯罪捜査の焦点になっている。今回の容疑は、詐欺、窃盗、横領だ。多くの人が調査を始めれば、もっと多くのことが明らかになるだろう。煙が立つばかりで火は出ないかもしれないものの、彼らが通訳を利用して、話を180度変えたことは少なくとも懸念を生む」

オオタニが知らないなんてあり得るだろうか?

 USA Today紙の野球コラムニストのボブ・ナイチンゲール氏は、同紙のコラムで、大谷選手が多額の電信送金を認識していなかったことにただ驚きを隠せない様子だ。

「違法な胴元に50万ドルの複数回の支払いが電信送金されていたことをオオタニが知らないなんてあり得るだろうか? オオタニは、野球からマーケティングの知識に至るまで、これまで会った中で最も聡明な人物の一人なのだ。エンゼルスの元チームメイトたちも、渡米以来、仲がいい水原のギャンブル癖にオオタニが気づいていなかったのは不可解だと話している」

 一方、ニューヨーク・ポスト紙の野球コラムニスト、ジョン・ヘイマン氏は同紙で、大谷選手は世間知らずで、経済面では能がないから通訳に騙されたとする皮肉を述べている。

オオタニと野球界にとって一番都合がいい“シナリオ”

「オオタニ陣営は、長年の元通訳兼友人はオオタニを騙してきた素晴らしい俳優であり、オオタニは騙されやすく、世間知らずで、また、親友についてはひどい趣味を持っているという話を作っている。不明点は数多くあるが、今のところ、彼は野球史上の天才だが、経済面ではウスノロであるという話が、オオタニや野球界にとっては一番都合がいい」

 大谷選手を見つめてきた、ロサンゼルス・タイムズ紙のスポーツコラムニスト、ディラン・ヘルナンデス氏は大谷選手に「大人になって、状況に対処しろ」とコラムの中で叱咤激励している。

「このような話は何年も生き続け、次の展開や次の新事実が出てくると蒸し返される可能性がある。オオタニはこの状況に対処しなければならない。このようなことが2度と起きないようにする必要がある。 彼は付き合う人々についてもっと注意深くならねばならない。

 自身が人々にどう映るのかもコントロールする必要がある。スキャンダルはパフォーマンスに影響を与える可能性があるからだ。 フィールドで子供であり続けるためには(同氏は、大谷選手はフィールドでは試合を遊びのように楽しむ子供のようだと見ている)、フィールドから離れたら大人にならなければならない」

続きはソースをご覧ください
https://bunshun.jp/articles/-/69809


そもそも大谷の名前で振り込んだなら誤送金だろ
取り返せ

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

111:

大谷がビジネスに関して無頓着とは思えないよ
去年FTXの広告塔で騙されたばかりだし
あれだけのスポンサー収入を得てるなら勝手に知識はつくでしょ
ましてや今まで特にスキャンダルがなかったのは物事の善し悪しがつくからであってアタオカの設定にするのは無理がある

773:

>>111 大谷がビジネスに関して無頓着とは思えないよ
去年FTXの広告塔で騙されたばかりだし
あれだけのスポンサー収入を得てるなら勝手に知識はつくでしょ
ましてや今まで特にスキャンダルがなかったのは物事の善し悪しがつくからであってアタオカの設定にするのは無理がある


金に執着してるよな
グローブ寄付もアシックスからニューバランスにスポンサー切り替えたのと関係あるだろ

143:

明日の会見で他人のギャンブルの尻拭いの為に50万㌦の送金を9回も、大谷さんは金払いもスケールが違うぜと全米も納得するだろ

144:

>オオタニは、野球からマーケティングの知識に至るまで、これまで会った中で最も聡明な人物の一人なのだ。
こういうキャラ付けはトラブルの時に足引っ張るよなあ
間抜けまでの落差がありすぎる

341:

通訳が単独でやった説が有力っぽいけど
とりあえず大谷のギャンブルに関与した、違法賭博ディーラーに金を払った悪いイメージは今後も付きまとう
破綻したFTXのCMもやってたのでさすがに金に関しては大金もらってるし、ダーティーなイメージはあったからな、米では
だから金融大手の三菱UFJ銀行は急遽の対応で広告から大谷削除(契約破棄まではいってない)
関係ないSEIKOは大谷を広告で採用継続、新しいCMも打っている

487:

大谷を知ってる人達は今日のエンゼルスファンのように
大谷への好印象は変わらない
大谷が処罰される可能性があるかのごとく
編集している動画サイトはもともと大谷や野球に興味がない
ニュースでこんなに話題になってるから
話題に乗り遅れまいと参入したけど
野球の事はわからないから危機を煽るような動画を
作って目立とうとしているのがよくわかる

561:

>>487 大谷を知ってる人達は今日のエンゼルスファンのように
大谷への好印象は変わらない
大谷が処罰される可能性があるかのごとく
編集している動画サイトはもともと大谷や野球に興味がない
ニュースでこんなに話題になってるから
話題に乗り遅れまいと参入したけど
野球の事はわからないから危機を煽るような動画を
作って目立とうとしているのがよくわかる


野球の事なんか分からなくていいんだよ
法を犯した人間がどうなるかだけの話なんだから

546:

肩代わり説なんか美談でもなんでも無いからな。

トラブルを金で解決しようとした大富豪が自分に実刑のリスクが及びかねないと見るや長年のパートナーを窃盗で訴えた。

そういうストーリーでしか無いからな

611:

カタコトの日本語を話す外人選手が胡散臭い仮想通貨の広告塔で荒稼ぎw
その業者が倒産夜逃げw
金萬球団から1000億円も貰えるのに、更に欲張り節税疑惑のグレールールで入団w
その後、違法賭博で反社に給料の一部が渡ってると発覚w
最初は「通訳の肩代わりした」と広報も言っていたのに、翌日に「あれ嘘。やっぱ窃盗されたことにする」と主張w
普通の日本人はどう反応する?
「彼は競技以外に興味がない。お金にも興味がない聖人なんだ」と擁護するのか?w

640:

>>611 カタコトの日本語を話す外人選手が胡散臭い仮想通貨の広告塔で荒稼ぎw
その業者が倒産夜逃げw
金萬球団から1000億円も貰えるのに、更に欲張り節税疑惑のグレールールで入団w
その後、違法賭博で反社に給料の一部が渡ってると発覚w
最初は「通訳の肩代わりした」と広報も言っていたのに、翌日に「あれ嘘。やっぱ窃盗されたことにする」と主張w
普通の日本人はどう反応する?
「彼は競技以外に興味がない。お金にも興味がない聖人なんだ」と擁護するのか?w


なんか揺らいできたよね

704:

>>611 カタコトの日本語を話す外人選手が胡散臭い仮想通貨の広告塔で荒稼ぎw
その業者が倒産夜逃げw
金萬球団から1000億円も貰えるのに、更に欲張り節税疑惑のグレールールで入団w
その後、違法賭博で反社に給料の一部が渡ってると発覚w
最初は「通訳の肩代わりした」と広報も言っていたのに、翌日に「あれ嘘。やっぱ窃盗されたことにする」と主張w
普通の日本人はどう反応する?
「彼は競技以外に興味がない。お金にも興味がない聖人なんだ」と擁護するのか?w


アメちゃから見たら金に執着してる印象しかないな
しかも全部問題になってるし
大谷ルールとか言って調子にのり過ぎた

628:

そりゃ学歴詐称詐欺師の通訳を最初はみんな信じてたし
バレロ、広報担当者も、大谷、尻拭い説を信じちゃったようだからな

しかし、水原には新婚旅行プレゼントぐらいで、新車買ってあげたとかの話もないようなのに
ギャンブルの尻拭いしてくれてーとか
堅実派のやつにはいやいや、しませんから!てなるわ

668:

「友人である一平が助けを求めてきた。とにかくまずは身綺麗にして話はそれからだと思った。額が大きすぎて慎重さを欠いてしまった。」だと納得も同情も出来るけど今のストーリーだと大谷って普通の社会生活も危ういレベルで糸井とか島内より数百倍パッパラパーってイメージだわ

669:

初回だけは50万ドル借金肩代わり
残り8回は一平が窃盗してたって線が濃厚じゃね?

全額肩代わり→大谷がバカ過ぎて嘘臭い
全額窃盗→とっくに公式発表されてる筈、大谷がダンマリするのも奇妙

焦点は一平が8回もどうやってばれずに窃盗横領出来たのか?
パスワードの壁だけは突破出来てるが、本人認証とか複数ある秘密の質問だったら難しい

会計チェックの問題は当初2年の期間という話だったが数ヶ月の期間という話も出てきたのでチェックされてなかった可能性も十分あり得る

713:

>>669 初回だけは50万ドル借金肩代わり
残り8回は一平が窃盗してたって線が濃厚じゃね?

全額肩代わり→大谷がバカ過ぎて嘘臭い
全額窃盗→とっくに公式発表されてる筈、大谷がダンマリするのも奇妙

焦点は一平が8回もどうやってばれずに窃盗横領出来たのか?
パスワードの壁だけは突破出来てるが、本人認証とか複数ある秘密の質問だったら難しい

会計チェックの問題は当初2年の期間という話だったが数ヶ月の期間という話も出てきたのでチェックされてなかった可能性も十分あり得る


大谷が違法賭博していた、と考えると全ての不整合がなくなるんだがなw

751:

>>713 大谷が違法賭博していた、と考えると全ての不整合がなくなるんだがなw


もしそうなら、今日の試合であんなにニコニコ野球できねぇよw

809:

>>751 もしそうなら、今日の試合であんなにニコニコ野球できねぇよw


野球人形だから社会常識感覚マヒ?

934:

>>809 野球人形だから社会常識感覚マヒ?


それはあるかも、中村元先生は奥さんから買い物に出るから裸電球を新しいのに代えといてって手渡されたけど何をどうやっていいのか奥さんが帰るまで2時間近く考えてとうとうわからなったらしい
専門外に疎いのが天才の証

680:

大谷陣営のミスはもう取り返せないので、どれだけダメージが少ない落とし所を見つけるかよね
要するに大谷がプレーで結果を出せる状況があればいいだけ
パーフェクトオオタニで日本国の広報宣伝マンとしてのボランティア活動ができなくなっても、プレーできればそれでいい
日本人にはそういう人の方が多いと思う

745:

まあ一平が誰にも相談をせず最初にインタビューでぺらぺら喋っちゃったのが失敗だな
ひるおびで八代も言ってたけど、そのインタビュー内容はマズいってんで前言撤回して嘘でした、って証言したら、
今度はそれの証言を元にして大谷たちは動かなきゃならなくなる
アホがよかれと思ってやったことが、結果的により傷口を深くしてしまうパターン
まあそもそも、大谷も下手な親切心で一平の借金肩代わりで自分の口座から送金したのもアホだが

853:

総年俸の97%を11年目以降に支払う契約だって普通誰も
やらないのに大谷はやったのだから、一般人の物差しで
考えても意味はないのに

923:

>>853 総年俸の97%を11年目以降に支払う契約だって普通誰も
やらないのに大谷はやったのだから、一般人の物差しで
考えても意味はないのに


ああそれ、スポンサー収入当てにしてるだけやでw

人気で大幅に上下するスポンサー料を当てにするなんて、とても博打な契約の仕方
根っからの博打うちなんだよ大谷さーんw

974:

>「オオタニ陣営は当初の話を変えるという大変な計算ミスを犯した。賭博の問題を抱えた友人をオオタニが助けるということは、とても信じられる話だ。

アメリカ人でもこう思える人いるのに焦り過ぎたな
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1711351518

Comments 0

コメントはまだありません。