「国民的RPG」も過去の話…? 『ファイナルファンタジー』最新作がシリーズ前作比“60%減”の衝撃的売上になってしまった“納得の理由” - アニメ
げいのうまとめんぬ

「国民的RPG」も過去の話…? 『ファイナルファンタジー』最新作がシリーズ前作比“60%減”の衝撃的売上になってしまった“納得の理由”

2024/03/21
アニメ 0
  • このリメイクは3部作として制作されており、「リバース」はその2作目にあたる。
  • 原作は非常に人気の高い作品なので注目度は高かった。
  • ファミ通の国内パッケージ版集計によると、シリーズ前作となる『ファイナルファンタジーVII リメイク』は初週で約70万本が売れているが、「リバース」は約26万本に留まっており、60%以上売上が減少しているのだ。
  • 「リバース」は世界的に評価も高く、さまざまなレビューを集積するサイト「Metacritic」では93点のメタスコア(平均点/3月17日時点)を記録している。
  • にもかかわらず売上は芳しくない。
  • 『ファイナルファンタジーVII リメイク』がリリースされたとき、PS4はすでに世界販売台数1億台を越えていた。
  • 一方、PS5は2023年12月時点で約5000万台の売上となっている。
  • もちろん、DL版のみに対応しているデジタルエディションを購入し、集計に換算されない形でゲームを楽しんでいる人も少なくないと考えられる。
  • ただし、2023年に発売されたPS5専用ソフト『ファイナルファンタジーXVI』(以下「FF16」)はファミ通の集計によると国内パッケージ版だけで初週に約33万本売れている。
  • つまり、「リバース」は同じゲーム機で出たシリーズ作品よりも売上本数が低いのである。

1:

 このリメイクは3部作として制作されており、「リバース」はその2作目にあたる。原作は非常に人気の高い作品なので注目度は高かった。しかし……。

 ファミ通の国内パッケージ版集計によると、シリーズ前作となる『ファイナルファンタジーVII リメイク』は初週で約70万本が売れているが、「リバース」は約26万本に留まっており、60%以上売上が減少しているのだ。

「リバース」は世界的に評価も高く、さまざまなレビューを集積するサイト「Metacritic」では93点のメタスコア(平均点/3月17日時点)を記録している。にもかかわらず売上は芳しくない。なぜなのだろうか?

最も大きい要因は「ハードの変化」だが……
 理由としてまず考えられるのが、ゲームをプレイできるハードとして、PlayStation 4(以下PS4)を切り捨て、PS5のみの対応にしたことだろう。

『ファイナルファンタジーVII リメイク』がリリースされたとき、PS4はすでに世界販売台数1億台を越えていた。一方、PS5は2023年12月時点で約5000万台の売上となっている。当然ながら、日本でもPS5を持っている人よりPS4を持っている人が多いだろう。

 ゲーム機を持っていない人が多いのであれば、ソフトを買う人が減るのは至極当然だ。

 もちろん、DL版のみに対応しているデジタルエディションを購入し、集計に換算されない形でゲームを楽しんでいる人も少なくないと考えられる。

 ただし、2023年に発売されたPS5専用ソフト『ファイナルファンタジーXVI』(以下「FF16」)はファミ通の集計によると国内パッケージ版だけで初週に約33万本売れている。

 つまり、「リバース」は同じゲーム機で出たシリーズ作品よりも売上本数が低いのである。対応ハード以外にも要因が考えられるわけだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f4e5d1603e33405ba1d57d7ceeb4f4237e971f28

135:

>>1  このリメイクは3部作として制作されており、「リバース」はその2作目にあたる。原作は非常に人気の高い作品なので注目度は高かった。しかし……。

 ファミ通の国内パッケージ版集計によると、シリーズ前作となる『ファイナルファンタジーVII リメイク』は初週で約70万本が売れているが、「リバース」は約26万本に留まっており、60%以上売上が減少しているのだ。

「リバース」は世界的に評価も高く、さまざまなレビューを集積するサイト「Metacritic」では93点のメタスコア(平均点/3月17日時点)を記録している。にもかかわらず売上は芳しくない。なぜなのだろうか?

最も大きい要因は「ハードの変化」だが……
 理由としてまず考えられるのが、ゲームをプレイできるハードとして、PlayStation 4(以下PS4)を切り捨て、PS5のみの対応にしたことだろう。

『ファイナルファンタジーVII リメイク』がリリースされたとき、PS4はすでに世界販売台数1億台を越えていた。一方、PS5は2023年12月時点で約5000万台の売上となっている。当然ながら、日本でもPS5を持っている人よりPS4を持っている人が多いだろう。

 ゲーム機を持っていない人が多いのであれば、ソフトを買う人が減るのは至極当然だ。

 もちろん、DL版のみに対応しているデジタルエディションを購入し、集計に換算されない形でゲームを楽しんでいる人も少なくないと考えられる。

 ただし、2023年に発売されたPS5専用ソフト『ファイナルファンタジーXVI』(以下「FF16」)はファミ通の集計によると国内パッケージ版だけで初週に約33万本売れている。

 つまり、「リバース」は同じゲーム機で出たシリーズ作品よりも売上本数が低いのである。対応ハード以外にも要因が考えられるわけだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f4e5d1603e33405ba1d57d7ceeb4f4237e971f28


起死回生策はドラクエ含めWindowsで歴代作品をリメイクすること。

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

8:

遅くとも10ぐらいでファイナルにしとけば良かったw

FF6までは面白かった
変革した7も良かったが

18:

YouTubeで全部見れるからそれで我慢してる
PS5高いからFF7のためだけに買うのは躊躇する

19:

FF7を3分割した上にハード分けるってひでーな
何があるか分からんから全部出てからやる方が良さそう

40:

PS4+5で売ってたものをPS5オンリーにしたんだから半減するの当たり前だろ

41:

前作7リメイクはコロナの緊急事態宣言の中に発売されてて、7リバースよりも確実にDL率高いので言い訳できないわけよ

66:

三部作の最後はPS6でって事になりかねないし様子見が正解だわな

67:

新作なら3回に分けてもいいけどな
20年以上前のレトロゲーのリメイクを数年越しの3部作にするとかバカだろ、割とマジで

80:

ヒット作が出ていない20歳以下くらいにFFが国民的RPGって感覚あるのかね
父親世代の頃流行っていたって感覚でしかないと思うが

83:

3本目の完結が出るのps6やんどう見ても
日本だとps5ユーザーがまずレア枠やし

85:

前作を買って、クリアした人しか基本的に買わないから60%減は想定内だろ

98:

前作は普及してたPS4で発売だったからな
減るのも仕方ないと思う

101:

普通にff10以来の傑作だったのにな…
まあ分作とか商業的な方向に舵をとったからこうなる
負け戦決定の完結篇どんなモチベで作ればいいんだろうな制作チームw

143:

ようやく買ったプレステ5で最近16をクリアしたよ。クリアしてしばらくは放心状態…
リバースは面白いけど、やっぱり若い時にやるもんだねあれは

157:

分作が最大の敗因だろうシナリオリメイクで新鮮味ないのに
一作に4、5年と時間かけ過ぎ、しょうもない改変にエロ同人化でウンコー
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1710973704

Comments 0

コメントはまだありません。