miwaと離婚「萩野公介」が妻を置いて参加していた「謎の新興宗教」布教活動 - 芸能人
げいのうまとめんぬ

miwaと離婚「萩野公介」が妻を置いて参加していた「謎の新興宗教」布教活動

2024/03/19
芸能人 0
  • 3月18日、シンガーソングライターのmiwaと、元競泳五輪金メダリストの萩野公介氏が、離婚を発表した。
  • miwaは自身のファンクラブサイトにて、《本日はこの場をお借りして、皆さまに離婚いたしました事をご報告させていただきます》と発表。
  • 《ご心配をおかけしてしまうかもしれませんが、これからも変わらぬ情熱を音楽にささげていくとともに、大切な人を守れる地面のような人になれるよう精進してまいります》ともつづっている。
  • 2人は2019年に結婚を発表し、2020年には第一子が誕生していた。
  • 萩野は2021年の東京五輪で現役引退を表明し、引退後は解説者として活動。
  • 店での打ち上げにはいませんでしたが、2人に加えて北島さんの後輩の萩野公介さんも一緒に渡航していたんです」 じつは、この活動は宗教法人「不二阿祖山太神宮(ふじあそやまだいじんぐう)」と、その関連団体「地球(ちだま)と共に生きる会」によるものだという。
  • 吉田と萩野は、今回から名を連ねていた。
  • 「歴史学者の間では、ずさんな偽文書とみなされています。
  • 萩野が “新興宗教の広告塔” となったことを、miwaは知っていたのか。
  • 関連スレ 【水泳/音楽】競泳五輪金メダリスト萩野公介氏とシンガー・ソングライターmiwaが離婚、結婚から約4年で。

1:

2024.03.18 17:45

 3月18日、シンガーソングライターのmiwaと、元競泳五輪金メダリストの萩野公介氏が、離婚を発表した。

 miwaは自身のファンクラブサイトにて、《本日はこの場をお借りして、皆さまに離婚いたしました事をご報告させていただきます》と発表。《ご心配をおかけしてしまうかもしれませんが、これからも変わらぬ情熱を音楽にささげていくとともに、大切な人を守れる地面のような人になれるよう精進してまいります》ともつづっている。

 2人は2019年に結婚を発表し、2020年には第一子が誕生していた。萩野は2021年の東京五輪で現役引退を表明し、引退後は解説者として活動。1月には、パリオリンピックの日本テレビアスリートキャスターに就任したことを報告した。miwaは1月放送のドラマ『厨房のありす』(日本テレビ系)で主題歌を担当するなど、公私ともに順調とみられていたが……。

 夫婦の間になにがあったのかは定かでない。だが、2023年6月、萩野は妻を置いて「謎の新興宗教」の布教活動に参加していたことを、本誌が報じている。

 6月、元競泳選手の北島康介と、元柔道家の吉田秀彦が、東欧・ポーランドから帰国した姿をキャッチ。関係者は、当時、本誌の取材にこう語っていた。

「彼らは、ポーランド在住のウクライナ避難民に向けて『玄米粉』を届ける『世界平和人道支援団』として、5日に羽田空港から出国。8日に成田空港へ帰国しました。店での打ち上げにはいませんでしたが、2人に加えて北島さんの後輩の萩野公介さんも一緒に渡航していたんです」

 じつは、この活動は宗教法人「不二阿祖山太神宮(ふじあそやまだいじんぐう)」と、その関連団体「地球(ちだま)と共に生きる会」によるものだという。「世界平和人道支援団」は、2022年6月から活動しており、北島は第1回から海外渡航に参加。吉田と萩野は、今回から名を連ねていた。

 全員が五輪金メダリストの “世界的トリオ” とつながる教団について、新興宗教に詳しいジャーナリストの藤倉善郎氏が、当時の本誌取材にこう語っている。

「不二阿祖山太神宮は、2009年に設立。2012年に現在のように改称し、山梨県富士吉田市に移転した教団です。安倍昭恵さんが傾倒し、教団関連イベントの名誉顧問だったことでも有名です。教祖の渡邉聖主(せいす)氏は、『宮下文書(みやしたもんじょ)』と呼ばれる古文書を教義の中心にしています。

 神武天皇よりも以前の200万~300万年前に、教団本部の場所に『富士王朝が存在した』と主張しており、宮下文書に記された古代神社の再建を、活動の中心にしているんです。私が話を聞いた信者は『境内にある3本足の鳥居の真下では、電磁波の悪影響を防ぐことができる』『イエス・キリストもこの地で修行した』と話していました」

 教団の公式サイトには古代神社の再建計画が示され、30億円を目標に「奉賛金」を募っている。だが、偽史を研究する作家の原田実氏は、根拠とされる「宮下文書」について懐疑的に話していた。

「歴史学者の間では、ずさんな偽文書とみなされています。文書内に書かれている神社や王朝の実在はありえないというのが、現在の歴史学の認識です。ただ、富士山を中心にしたオカルトは昔から人気があり、オウム真理教の麻原彰晃も、宮下文書の影響で富士山麓にサティアンを造ったといわれています。

 分別のある大人が、偽書の内容をオカルト的に楽しむのはまだいいですが、それを未成年などに史実と信じ込ませるのは問題だといえるでしょう」(教団は真偽について「有識者の判断に委ねている」と回答)

 当時、北島らは出発と到着時に、子どもも含む多くの教団関係者から、見送りと出迎えを受けていた。教団名が記された小旗とTシャツを着て、信者は熱狂的な反応を見せていた。北島らと教祖の渡邉氏を信者が囲うように、写真撮影までおこなっていた。

 萩野も所属し、北島が社長を務めるマネジメント会社と、吉田が柔道部総監督を務める「パーク24」に、渡航と不二阿祖山太神宮について尋ねたが、どちらも「回答を控えます」と言うのみだった。

 萩野が “新興宗教の広告塔” となったことを、miwaは知っていたのか。萩野のSNSからは、離婚に対するコメントはいまだ確認できない。

https://smart-flash.jp/entame/278196/

関連スレ
【水泳/音楽】競泳五輪金メダリスト萩野公介氏とシンガー・ソングライターmiwaが離婚、結婚から約4年で ★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1710748816/

238:

>>1 2024.03.18 17:45

 3月18日、シンガーソングライターのmiwaと、元競泳五輪金メダリストの萩野公介氏が、離婚を発表した。

 miwaは自身のファンクラブサイトにて、《本日はこの場をお借りして、皆さまに離婚いたしました事をご報告させていただきます》と発表。《ご心配をおかけしてしまうかもしれませんが、これからも変わらぬ情熱を音楽にささげていくとともに、大切な人を守れる地面のような人になれるよう精進してまいります》ともつづっている。

 2人は2019年に結婚を発表し、2020年には第一子が誕生していた。萩野は2021年の東京五輪で現役引退を表明し、引退後は解説者として活動。1月には、パリオリンピックの日本テレビアスリートキャスターに就任したことを報告した。miwaは1月放送のドラマ『厨房のありす』(日本テレビ系)で主題歌を担当するなど、公私ともに順調とみられていたが……。

 夫婦の間になにがあったのかは定かでない。だが、2023年6月、萩野は妻を置いて「謎の新興宗教」の布教活動に参加していたことを、本誌が報じている。

 6月、元競泳選手の北島康介と、元柔道家の吉田秀彦が、東欧・ポーランドから帰国した姿をキャッチ。関係者は、当時、本誌の取材にこう語っていた。

「彼らは、ポーランド在住のウクライナ避難民に向けて『玄米粉』を届ける『世界平和人道支援団』として、5日に羽田空港から出国。8日に成田空港へ帰国しました。店での打ち上げにはいませんでしたが、2人に加えて北島さんの後輩の萩野公介さんも一緒に渡航していたんです」

 じつは、この活動は宗教法人「不二阿祖山太神宮(ふじあそやまだいじんぐう)」と、その関連団体「地球(ちだま)と共に生きる会」によるものだという。「世界平和人道支援団」は、2022年6月から活動しており、北島は第1回から海外渡航に参加。吉田と萩野は、今回から名を連ねていた。

 全員が五輪金メダリストの “世界的トリオ” とつながる教団について、新興宗教に詳しいジャーナリストの藤倉善郎氏が、当時の本誌取材にこう語っている。

「不二阿祖山太神宮は、2009年に設立。2012年に現在のように改称し、山梨県富士吉田市に移転した教団です。安倍昭恵さんが傾倒し、教団関連イベントの名誉顧問だったことでも有名です。教祖の渡邉聖主(せいす)氏は、『宮下文書(みやしたもんじょ)』と呼ばれる古文書を教義の中心にしています。

 神武天皇よりも以前の200万~300万年前に、教団本部の場所に『富士王朝が存在した』と主張しており、宮下文書に記された古代神社の再建を、活動の中心にしているんです。私が話を聞いた信者は『境内にある3本足の鳥居の真下では、電磁波の悪影響を防ぐことができる』『イエス・キリストもこの地で修行した』と話していました」

 教団の公式サイトには古代神社の再建計画が示され、30億円を目標に「奉賛金」を募っている。だが、偽史を研究する作家の原田実氏は、根拠とされる「宮下文書」について懐疑的に話していた。

「歴史学者の間では、ずさんな偽文書とみなされています。文書内に書かれている神社や王朝の実在はありえないというのが、現在の歴史学の認識です。ただ、富士山を中心にしたオカルトは昔から人気があり、オウム真理教の麻原彰晃も、宮下文書の影響で富士山麓にサティアンを造ったといわれています。

 分別のある大人が、偽書の内容をオカルト的に楽しむのはまだいいですが、それを未成年などに史実と信じ込ませるのは問題だといえるでしょう」(教団は真偽について「有識者の判断に委ねている」と回答)

 当時、北島らは出発と到着時に、子どもも含む多くの教団関係者から、見送りと出迎えを受けていた。教団名が記された小旗とTシャツを着て、信者は熱狂的な反応を見せていた。北島らと教祖の渡邉氏を信者が囲うように、写真撮影までおこなっていた。

 萩野も所属し、北島が社長を務めるマネジメント会社と、吉田が柔道部総監督を務める「パーク24」に、渡航と不二阿祖山太神宮について尋ねたが、どちらも「回答を控えます」と言うのみだった。

 萩野が “新興宗教の広告塔” となったことを、miwaは知っていたのか。萩野のSNSからは、離婚に対するコメントはいまだ確認できない。

https://smart-flash.jp/entame/278196/

関連スレ
【水泳/音楽】競泳五輪金メダリスト萩野公介氏とシンガー・ソングライターmiwaが離婚、結婚から約4年で ★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1710748816/



吉田秀彦やら北島でも
怪しい宗教に手出さないと
食ってけないわけ?

517:

>>1 2024.03.18 17:45

 3月18日、シンガーソングライターのmiwaと、元競泳五輪金メダリストの萩野公介氏が、離婚を発表した。

 miwaは自身のファンクラブサイトにて、《本日はこの場をお借りして、皆さまに離婚いたしました事をご報告させていただきます》と発表。《ご心配をおかけしてしまうかもしれませんが、これからも変わらぬ情熱を音楽にささげていくとともに、大切な人を守れる地面のような人になれるよう精進してまいります》ともつづっている。

 2人は2019年に結婚を発表し、2020年には第一子が誕生していた。萩野は2021年の東京五輪で現役引退を表明し、引退後は解説者として活動。1月には、パリオリンピックの日本テレビアスリートキャスターに就任したことを報告した。miwaは1月放送のドラマ『厨房のありす』(日本テレビ系)で主題歌を担当するなど、公私ともに順調とみられていたが……。

 夫婦の間になにがあったのかは定かでない。だが、2023年6月、萩野は妻を置いて「謎の新興宗教」の布教活動に参加していたことを、本誌が報じている。

 6月、元競泳選手の北島康介と、元柔道家の吉田秀彦が、東欧・ポーランドから帰国した姿をキャッチ。関係者は、当時、本誌の取材にこう語っていた。

「彼らは、ポーランド在住のウクライナ避難民に向けて『玄米粉』を届ける『世界平和人道支援団』として、5日に羽田空港から出国。8日に成田空港へ帰国しました。店での打ち上げにはいませんでしたが、2人に加えて北島さんの後輩の萩野公介さんも一緒に渡航していたんです」

 じつは、この活動は宗教法人「不二阿祖山太神宮(ふじあそやまだいじんぐう)」と、その関連団体「地球(ちだま)と共に生きる会」によるものだという。「世界平和人道支援団」は、2022年6月から活動しており、北島は第1回から海外渡航に参加。吉田と萩野は、今回から名を連ねていた。

 全員が五輪金メダリストの “世界的トリオ” とつながる教団について、新興宗教に詳しいジャーナリストの藤倉善郎氏が、当時の本誌取材にこう語っている。

「不二阿祖山太神宮は、2009年に設立。2012年に現在のように改称し、山梨県富士吉田市に移転した教団です。安倍昭恵さんが傾倒し、教団関連イベントの名誉顧問だったことでも有名です。教祖の渡邉聖主(せいす)氏は、『宮下文書(みやしたもんじょ)』と呼ばれる古文書を教義の中心にしています。

 神武天皇よりも以前の200万~300万年前に、教団本部の場所に『富士王朝が存在した』と主張しており、宮下文書に記された古代神社の再建を、活動の中心にしているんです。私が話を聞いた信者は『境内にある3本足の鳥居の真下では、電磁波の悪影響を防ぐことができる』『イエス・キリストもこの地で修行した』と話していました」

 教団の公式サイトには古代神社の再建計画が示され、30億円を目標に「奉賛金」を募っている。だが、偽史を研究する作家の原田実氏は、根拠とされる「宮下文書」について懐疑的に話していた。

「歴史学者の間では、ずさんな偽文書とみなされています。文書内に書かれている神社や王朝の実在はありえないというのが、現在の歴史学の認識です。ただ、富士山を中心にしたオカルトは昔から人気があり、オウム真理教の麻原彰晃も、宮下文書の影響で富士山麓にサティアンを造ったといわれています。

 分別のある大人が、偽書の内容をオカルト的に楽しむのはまだいいですが、それを未成年などに史実と信じ込ませるのは問題だといえるでしょう」(教団は真偽について「有識者の判断に委ねている」と回答)

 当時、北島らは出発と到着時に、子どもも含む多くの教団関係者から、見送りと出迎えを受けていた。教団名が記された小旗とTシャツを着て、信者は熱狂的な反応を見せていた。北島らと教祖の渡邉氏を信者が囲うように、写真撮影までおこなっていた。

 萩野も所属し、北島が社長を務めるマネジメント会社と、吉田が柔道部総監督を務める「パーク24」に、渡航と不二阿祖山太神宮について尋ねたが、どちらも「回答を控えます」と言うのみだった。

 萩野が “新興宗教の広告塔” となったことを、miwaは知っていたのか。萩野のSNSからは、離婚に対するコメントはいまだ確認できない。

https://smart-flash.jp/entame/278196/

関連スレ
【水泳/音楽】競泳五輪金メダリスト萩野公介氏とシンガー・ソングライターmiwaが離婚、結婚から約4年で ★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1710748816/


HAHAHAHAHA

545:

>>1 2024.03.18 17:45

 3月18日、シンガーソングライターのmiwaと、元競泳五輪金メダリストの萩野公介氏が、離婚を発表した。

 miwaは自身のファンクラブサイトにて、《本日はこの場をお借りして、皆さまに離婚いたしました事をご報告させていただきます》と発表。《ご心配をおかけしてしまうかもしれませんが、これからも変わらぬ情熱を音楽にささげていくとともに、大切な人を守れる地面のような人になれるよう精進してまいります》ともつづっている。

 2人は2019年に結婚を発表し、2020年には第一子が誕生していた。萩野は2021年の東京五輪で現役引退を表明し、引退後は解説者として活動。1月には、パリオリンピックの日本テレビアスリートキャスターに就任したことを報告した。miwaは1月放送のドラマ『厨房のありす』(日本テレビ系)で主題歌を担当するなど、公私ともに順調とみられていたが……。

 夫婦の間になにがあったのかは定かでない。だが、2023年6月、萩野は妻を置いて「謎の新興宗教」の布教活動に参加していたことを、本誌が報じている。

 6月、元競泳選手の北島康介と、元柔道家の吉田秀彦が、東欧・ポーランドから帰国した姿をキャッチ。関係者は、当時、本誌の取材にこう語っていた。

「彼らは、ポーランド在住のウクライナ避難民に向けて『玄米粉』を届ける『世界平和人道支援団』として、5日に羽田空港から出国。8日に成田空港へ帰国しました。店での打ち上げにはいませんでしたが、2人に加えて北島さんの後輩の萩野公介さんも一緒に渡航していたんです」

 じつは、この活動は宗教法人「不二阿祖山太神宮(ふじあそやまだいじんぐう)」と、その関連団体「地球(ちだま)と共に生きる会」によるものだという。「世界平和人道支援団」は、2022年6月から活動しており、北島は第1回から海外渡航に参加。吉田と萩野は、今回から名を連ねていた。

 全員が五輪金メダリストの “世界的トリオ” とつながる教団について、新興宗教に詳しいジャーナリストの藤倉善郎氏が、当時の本誌取材にこう語っている。

「不二阿祖山太神宮は、2009年に設立。2012年に現在のように改称し、山梨県富士吉田市に移転した教団です。安倍昭恵さんが傾倒し、教団関連イベントの名誉顧問だったことでも有名です。教祖の渡邉聖主(せいす)氏は、『宮下文書(みやしたもんじょ)』と呼ばれる古文書を教義の中心にしています。

 神武天皇よりも以前の200万~300万年前に、教団本部の場所に『富士王朝が存在した』と主張しており、宮下文書に記された古代神社の再建を、活動の中心にしているんです。私が話を聞いた信者は『境内にある3本足の鳥居の真下では、電磁波の悪影響を防ぐことができる』『イエス・キリストもこの地で修行した』と話していました」

 教団の公式サイトには古代神社の再建計画が示され、30億円を目標に「奉賛金」を募っている。だが、偽史を研究する作家の原田実氏は、根拠とされる「宮下文書」について懐疑的に話していた。

「歴史学者の間では、ずさんな偽文書とみなされています。文書内に書かれている神社や王朝の実在はありえないというのが、現在の歴史学の認識です。ただ、富士山を中心にしたオカルトは昔から人気があり、オウム真理教の麻原彰晃も、宮下文書の影響で富士山麓にサティアンを造ったといわれています。

 分別のある大人が、偽書の内容をオカルト的に楽しむのはまだいいですが、それを未成年などに史実と信じ込ませるのは問題だといえるでしょう」(教団は真偽について「有識者の判断に委ねている」と回答)

 当時、北島らは出発と到着時に、子どもも含む多くの教団関係者から、見送りと出迎えを受けていた。教団名が記された小旗とTシャツを着て、信者は熱狂的な反応を見せていた。北島らと教祖の渡邉氏を信者が囲うように、写真撮影までおこなっていた。

 萩野も所属し、北島が社長を務めるマネジメント会社と、吉田が柔道部総監督を務める「パーク24」に、渡航と不二阿祖山太神宮について尋ねたが、どちらも「回答を控えます」と言うのみだった。

 萩野が “新興宗教の広告塔” となったことを、miwaは知っていたのか。萩野のSNSからは、離婚に対するコメントはいまだ確認できない。

https://smart-flash.jp/entame/278196/

関連スレ
【水泳/音楽】競泳五輪金メダリスト萩野公介氏とシンガー・ソングライターmiwaが離婚、結婚から約4年で ★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1710748816/


安倍が出てきて草

夫婦そろってカルト宗教に傾倒www

818:

>>545 安倍が出てきて草

夫婦そろってカルト宗教に傾倒www


このダイエット法
最も先鋭的な実力で無双して全ての記録を勝ち取ったね
課金が必要になるだけだろ

673:

>>1 2024.03.18 17:45

 3月18日、シンガーソングライターのmiwaと、元競泳五輪金メダリストの萩野公介氏が、離婚を発表した。

 miwaは自身のファンクラブサイトにて、《本日はこの場をお借りして、皆さまに離婚いたしました事をご報告させていただきます》と発表。《ご心配をおかけしてしまうかもしれませんが、これからも変わらぬ情熱を音楽にささげていくとともに、大切な人を守れる地面のような人になれるよう精進してまいります》ともつづっている。

 2人は2019年に結婚を発表し、2020年には第一子が誕生していた。萩野は2021年の東京五輪で現役引退を表明し、引退後は解説者として活動。1月には、パリオリンピックの日本テレビアスリートキャスターに就任したことを報告した。miwaは1月放送のドラマ『厨房のありす』(日本テレビ系)で主題歌を担当するなど、公私ともに順調とみられていたが……。

 夫婦の間になにがあったのかは定かでない。だが、2023年6月、萩野は妻を置いて「謎の新興宗教」の布教活動に参加していたことを、本誌が報じている。

 6月、元競泳選手の北島康介と、元柔道家の吉田秀彦が、東欧・ポーランドから帰国した姿をキャッチ。関係者は、当時、本誌の取材にこう語っていた。

「彼らは、ポーランド在住のウクライナ避難民に向けて『玄米粉』を届ける『世界平和人道支援団』として、5日に羽田空港から出国。8日に成田空港へ帰国しました。店での打ち上げにはいませんでしたが、2人に加えて北島さんの後輩の萩野公介さんも一緒に渡航していたんです」

 じつは、この活動は宗教法人「不二阿祖山太神宮(ふじあそやまだいじんぐう)」と、その関連団体「地球(ちだま)と共に生きる会」によるものだという。「世界平和人道支援団」は、2022年6月から活動しており、北島は第1回から海外渡航に参加。吉田と萩野は、今回から名を連ねていた。

 全員が五輪金メダリストの “世界的トリオ” とつながる教団について、新興宗教に詳しいジャーナリストの藤倉善郎氏が、当時の本誌取材にこう語っている。

「不二阿祖山太神宮は、2009年に設立。2012年に現在のように改称し、山梨県富士吉田市に移転した教団です。安倍昭恵さんが傾倒し、教団関連イベントの名誉顧問だったことでも有名です。教祖の渡邉聖主(せいす)氏は、『宮下文書(みやしたもんじょ)』と呼ばれる古文書を教義の中心にしています。

 神武天皇よりも以前の200万~300万年前に、教団本部の場所に『富士王朝が存在した』と主張しており、宮下文書に記された古代神社の再建を、活動の中心にしているんです。私が話を聞いた信者は『境内にある3本足の鳥居の真下では、電磁波の悪影響を防ぐことができる』『イエス・キリストもこの地で修行した』と話していました」

 教団の公式サイトには古代神社の再建計画が示され、30億円を目標に「奉賛金」を募っている。だが、偽史を研究する作家の原田実氏は、根拠とされる「宮下文書」について懐疑的に話していた。

「歴史学者の間では、ずさんな偽文書とみなされています。文書内に書かれている神社や王朝の実在はありえないというのが、現在の歴史学の認識です。ただ、富士山を中心にしたオカルトは昔から人気があり、オウム真理教の麻原彰晃も、宮下文書の影響で富士山麓にサティアンを造ったといわれています。

 分別のある大人が、偽書の内容をオカルト的に楽しむのはまだいいですが、それを未成年などに史実と信じ込ませるのは問題だといえるでしょう」(教団は真偽について「有識者の判断に委ねている」と回答)

 当時、北島らは出発と到着時に、子どもも含む多くの教団関係者から、見送りと出迎えを受けていた。教団名が記された小旗とTシャツを着て、信者は熱狂的な反応を見せていた。北島らと教祖の渡邉氏を信者が囲うように、写真撮影までおこなっていた。

 萩野も所属し、北島が社長を務めるマネジメント会社と、吉田が柔道部総監督を務める「パーク24」に、渡航と不二阿祖山太神宮について尋ねたが、どちらも「回答を控えます」と言うのみだった。

 萩野が “新興宗教の広告塔” となったことを、miwaは知っていたのか。萩野のSNSからは、離婚に対するコメントはいまだ確認できない。

https://smart-flash.jp/entame/278196/

関連スレ
【水泳/音楽】競泳五輪金メダリスト萩野公介氏とシンガー・ソングライターmiwaが離婚、結婚から約4年で ★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1710748816/


↑親米系とカルトはまとめてメスを入れていく
間違ってたら
ゴキちゃん専用のおうちはそっちと関係あるか

687:

>>1 2024.03.18 17:45

 3月18日、シンガーソングライターのmiwaと、元競泳五輪金メダリストの萩野公介氏が、離婚を発表した。

 miwaは自身のファンクラブサイトにて、《本日はこの場をお借りして、皆さまに離婚いたしました事をご報告させていただきます》と発表。《ご心配をおかけしてしまうかもしれませんが、これからも変わらぬ情熱を音楽にささげていくとともに、大切な人を守れる地面のような人になれるよう精進してまいります》ともつづっている。

 2人は2019年に結婚を発表し、2020年には第一子が誕生していた。萩野は2021年の東京五輪で現役引退を表明し、引退後は解説者として活動。1月には、パリオリンピックの日本テレビアスリートキャスターに就任したことを報告した。miwaは1月放送のドラマ『厨房のありす』(日本テレビ系)で主題歌を担当するなど、公私ともに順調とみられていたが……。

 夫婦の間になにがあったのかは定かでない。だが、2023年6月、萩野は妻を置いて「謎の新興宗教」の布教活動に参加していたことを、本誌が報じている。

 6月、元競泳選手の北島康介と、元柔道家の吉田秀彦が、東欧・ポーランドから帰国した姿をキャッチ。関係者は、当時、本誌の取材にこう語っていた。

「彼らは、ポーランド在住のウクライナ避難民に向けて『玄米粉』を届ける『世界平和人道支援団』として、5日に羽田空港から出国。8日に成田空港へ帰国しました。店での打ち上げにはいませんでしたが、2人に加えて北島さんの後輩の萩野公介さんも一緒に渡航していたんです」

 じつは、この活動は宗教法人「不二阿祖山太神宮(ふじあそやまだいじんぐう)」と、その関連団体「地球(ちだま)と共に生きる会」によるものだという。「世界平和人道支援団」は、2022年6月から活動しており、北島は第1回から海外渡航に参加。吉田と萩野は、今回から名を連ねていた。

 全員が五輪金メダリストの “世界的トリオ” とつながる教団について、新興宗教に詳しいジャーナリストの藤倉善郎氏が、当時の本誌取材にこう語っている。

「不二阿祖山太神宮は、2009年に設立。2012年に現在のように改称し、山梨県富士吉田市に移転した教団です。安倍昭恵さんが傾倒し、教団関連イベントの名誉顧問だったことでも有名です。教祖の渡邉聖主(せいす)氏は、『宮下文書(みやしたもんじょ)』と呼ばれる古文書を教義の中心にしています。

 神武天皇よりも以前の200万~300万年前に、教団本部の場所に『富士王朝が存在した』と主張しており、宮下文書に記された古代神社の再建を、活動の中心にしているんです。私が話を聞いた信者は『境内にある3本足の鳥居の真下では、電磁波の悪影響を防ぐことができる』『イエス・キリストもこの地で修行した』と話していました」

 教団の公式サイトには古代神社の再建計画が示され、30億円を目標に「奉賛金」を募っている。だが、偽史を研究する作家の原田実氏は、根拠とされる「宮下文書」について懐疑的に話していた。

「歴史学者の間では、ずさんな偽文書とみなされています。文書内に書かれている神社や王朝の実在はありえないというのが、現在の歴史学の認識です。ただ、富士山を中心にしたオカルトは昔から人気があり、オウム真理教の麻原彰晃も、宮下文書の影響で富士山麓にサティアンを造ったといわれています。

 分別のある大人が、偽書の内容をオカルト的に楽しむのはまだいいですが、それを未成年などに史実と信じ込ませるのは問題だといえるでしょう」(教団は真偽について「有識者の判断に委ねている」と回答)

 当時、北島らは出発と到着時に、子どもも含む多くの教団関係者から、見送りと出迎えを受けていた。教団名が記された小旗とTシャツを着て、信者は熱狂的な反応を見せていた。北島らと教祖の渡邉氏を信者が囲うように、写真撮影までおこなっていた。

 萩野も所属し、北島が社長を務めるマネジメント会社と、吉田が柔道部総監督を務める「パーク24」に、渡航と不二阿祖山太神宮について尋ねたが、どちらも「回答を控えます」と言うのみだった。

 萩野が “新興宗教の広告塔” となったことを、miwaは知っていたのか。萩野のSNSからは、離婚に対するコメントはいまだ確認できない。

https://smart-flash.jp/entame/278196/

関連スレ
【水泳/音楽】競泳五輪金メダリスト萩野公介氏とシンガー・ソングライターmiwaが離婚、結婚から約4年で ★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1710748816/


スポーツ一筋で生きてきた人間を騙すのは容易いのかね
前に萩野の密着やってたけど
怪我を経て記録を目指す上での葛藤とか
不安につけこまれた感じっぽいな
目が死んでたのが印象的だったわ

931:

>>1 2024.03.18 17:45

 3月18日、シンガーソングライターのmiwaと、元競泳五輪金メダリストの萩野公介氏が、離婚を発表した。

 miwaは自身のファンクラブサイトにて、《本日はこの場をお借りして、皆さまに離婚いたしました事をご報告させていただきます》と発表。《ご心配をおかけしてしまうかもしれませんが、これからも変わらぬ情熱を音楽にささげていくとともに、大切な人を守れる地面のような人になれるよう精進してまいります》ともつづっている。

 2人は2019年に結婚を発表し、2020年には第一子が誕生していた。萩野は2021年の東京五輪で現役引退を表明し、引退後は解説者として活動。1月には、パリオリンピックの日本テレビアスリートキャスターに就任したことを報告した。miwaは1月放送のドラマ『厨房のありす』(日本テレビ系)で主題歌を担当するなど、公私ともに順調とみられていたが……。

 夫婦の間になにがあったのかは定かでない。だが、2023年6月、萩野は妻を置いて「謎の新興宗教」の布教活動に参加していたことを、本誌が報じている。

 6月、元競泳選手の北島康介と、元柔道家の吉田秀彦が、東欧・ポーランドから帰国した姿をキャッチ。関係者は、当時、本誌の取材にこう語っていた。

「彼らは、ポーランド在住のウクライナ避難民に向けて『玄米粉』を届ける『世界平和人道支援団』として、5日に羽田空港から出国。8日に成田空港へ帰国しました。店での打ち上げにはいませんでしたが、2人に加えて北島さんの後輩の萩野公介さんも一緒に渡航していたんです」

 じつは、この活動は宗教法人「不二阿祖山太神宮(ふじあそやまだいじんぐう)」と、その関連団体「地球(ちだま)と共に生きる会」によるものだという。「世界平和人道支援団」は、2022年6月から活動しており、北島は第1回から海外渡航に参加。吉田と萩野は、今回から名を連ねていた。

 全員が五輪金メダリストの “世界的トリオ” とつながる教団について、新興宗教に詳しいジャーナリストの藤倉善郎氏が、当時の本誌取材にこう語っている。

「不二阿祖山太神宮は、2009年に設立。2012年に現在のように改称し、山梨県富士吉田市に移転した教団です。安倍昭恵さんが傾倒し、教団関連イベントの名誉顧問だったことでも有名です。教祖の渡邉聖主(せいす)氏は、『宮下文書(みやしたもんじょ)』と呼ばれる古文書を教義の中心にしています。

 神武天皇よりも以前の200万~300万年前に、教団本部の場所に『富士王朝が存在した』と主張しており、宮下文書に記された古代神社の再建を、活動の中心にしているんです。私が話を聞いた信者は『境内にある3本足の鳥居の真下では、電磁波の悪影響を防ぐことができる』『イエス・キリストもこの地で修行した』と話していました」

 教団の公式サイトには古代神社の再建計画が示され、30億円を目標に「奉賛金」を募っている。だが、偽史を研究する作家の原田実氏は、根拠とされる「宮下文書」について懐疑的に話していた。

「歴史学者の間では、ずさんな偽文書とみなされています。文書内に書かれている神社や王朝の実在はありえないというのが、現在の歴史学の認識です。ただ、富士山を中心にしたオカルトは昔から人気があり、オウム真理教の麻原彰晃も、宮下文書の影響で富士山麓にサティアンを造ったといわれています。

 分別のある大人が、偽書の内容をオカルト的に楽しむのはまだいいですが、それを未成年などに史実と信じ込ませるのは問題だといえるでしょう」(教団は真偽について「有識者の判断に委ねている」と回答)

 当時、北島らは出発と到着時に、子どもも含む多くの教団関係者から、見送りと出迎えを受けていた。教団名が記された小旗とTシャツを着て、信者は熱狂的な反応を見せていた。北島らと教祖の渡邉氏を信者が囲うように、写真撮影までおこなっていた。

 萩野も所属し、北島が社長を務めるマネジメント会社と、吉田が柔道部総監督を務める「パーク24」に、渡航と不二阿祖山太神宮について尋ねたが、どちらも「回答を控えます」と言うのみだった。

 萩野が “新興宗教の広告塔” となったことを、miwaは知っていたのか。萩野のSNSからは、離婚に対するコメントはいまだ確認できない。

https://smart-flash.jp/entame/278196/

関連スレ
【水泳/音楽】競泳五輪金メダリスト萩野公介氏とシンガー・ソングライターmiwaが離婚、結婚から約4年で ★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1710748816/


>教祖の渡邉聖主(せいす)氏




名前に聖がある奴で
ろくな奴いないんだが? 

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

259:

「イエス・キリストはここで修行をしてから国に帰ってキリスト教を広めたんですよ」
「この鳥居の下に入ると、携帯電話などから出る電磁波の悪影響を弱めることができます」
(「不二阿祖山太神宮」の信者談)
愛読書はムーだそうだ
嘘みたいだろ本当なんです

313:

萩野さんはなんか可哀想ではあるな。
なまじ才能があったからメディアに騒がれすぎておかしくなった印象。
特にテレ朝の世界水泳での騒ぎっぷりは酷かったし。

323:

北島は夜遊びしていた頃よりマシになったと思っていたがこんな怪しい宗教だったのか
3人とも輝かしい経歴を持っているから利用されていそうだな

948:

>>323 北島は夜遊びしていた頃よりマシになったと思っていたがこんな怪しい宗教だったのか
3人とも輝かしい経歴を持っているから利用されていそうだな


iPhoneともコラボできないとは言わん、投資向いてないのはやっぱりなって思ったか?

370:

萩野は一瞬の転倒から競技者として転落したから宗教にすがりたくなっても仕方ないのかなと思ったが先輩達に誘われてかうーん

392:

miwaと言ったら深夜ラジオ「爆笑問題カーボーイ」の
受験生応援企画で2月のマンスリーゲストで出演した後
4月から真裏のオールナイトニッポン火曜日の
パーソナリティーに就任したのはビックリした

その後パッとしなくなったのは爆笑問題田中の呪いだなw
田中のことを「思ったより背が高いんですね」と言ってくれた
唯一の人なのに(/ω\)

398:

萩野や北島のプライベートの信仰というだけならどうぞご勝手に…なんだけど
学校に行って営業(講演やスポーツ教室)する際に子供たち相手に変な思想を植え付けるのだけは勘弁して欲しいわ
カルトの運営側としては広告塔にそれぐらいの「期待」はするだろうし

510:

こいつは森元の失言からの組織委員会辞任のドタバタの際に、唯一森元へのねぎらいをしなかった奴。
マスゴミは好き放題叩いたけど、選手は森元のやってきたことも知っているから、何だかんだ言いながら
「森元には大変お世話になりました。でも今回の一件は・・・」的なコメント出してたのに
こいつだけは何かクローズな空間でボロクソ叩いてた

563:

新興宗教にハマるのをアイドルや政治を応援するのと同じという書き込みがあるけど、それは違うよ
山上のお母さんみたいに親の財産一億円をお布施したり家庭崩壊にまでは至らないから
何より富士山文化があったのを信じるとか合同結婚式の教義を実行するなんて相当頭おかしいよ

614:

冗談抜きで人権とかなんとかわめいてる連中に騙されずに
こういう事を調べておかないとマジでヤバい時代だからね。

今の日本は本当にヤバいですから、こういう連中が堂々と活動してるからね。
騙されたり付きまとわれて適切に追い払えなかったら人生を滅茶苦茶にされるからね。
それで連中はそれを告発しても開き直って嫌がらせをしてくるからね。

こんな連中を野放しにしてる政府自体が一番の悪ですが。

682:

>>614 冗談抜きで人権とかなんとかわめいてる連中に騙されずに
こういう事を調べておかないとマジでヤバい時代だからね。

今の日本は本当にヤバいですから、こういう連中が堂々と活動してるからね。
騙されたり付きまとわれて適切に追い払えなかったら人生を滅茶苦茶にされるからね。
それで連中はそれを告発しても開き直って嫌がらせをしてくるからね。

こんな連中を野放しにしてる政府自体が一番の悪ですが。


日本はカルト対策も必要

711:

だから人気でないんやけどな、このまま行くと外国人社長にしゃぶり尽くされてても誰が当てはまるか教えて
いやーキツイ日だったわ

809:

私が話を聞いた信者は
 『境内にある3本足の鳥居の真下では、電磁波の悪影響を防ぐことができる』
 『イエス・キリストもこの地で修行した』 と話していました」

 マジで?

817:

え?
こいつは添い遂げると思ったけどな・・

なんなんコイツ?
だからもう自分が表立って活動するのはよして
提供のプロデューサー業にシフトしろって15年前には言ったのに

ホンマ人の言う事(絶対にそうした方があらゆる要素込で【そっちの方がよりまともに進むから】いい)何度も言っとったのに

946:

ちなみにこの新興ヤバカルトが主催するイベントの役員には大量の国会議員が名を連ねている模様
http://www.chidama.net/festa2023/contents/yakuin_list.html

要するに統一教会と似たような構図

982:

その頃の富士山は火山活動してたから信仰の対象になってないよ
どちらかというと悪の象徴だったのでは?
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1710752439

Comments 0

コメントはまだありません。