芦原妃名子さん急死を受け小学館・第一コミック局編集者一同として声明発表「ご意向が伝わっていた状況は事実」 - アニメ
げいのうまとめんぬ

芦原妃名子さん急死を受け小学館・第一コミック局編集者一同として声明発表「ご意向が伝わっていた状況は事実」

2024/02/10
アニメ 0
  • 2024年02月08日 18:03 昨年10月期放送の日本テレビドラマ「セクシー田中さん」の原作者で漫画家の芦原妃名子さん(享年50)が急死したことに受け、8日に小学館の雑誌「プチコミック」の公式サイトが更新され、「作家の皆様読者の皆様関係者の皆様へ」として小学館・第一コミック局編集者一同名義で声明を発表した。
  • 声明は「芦原妃名子先生の訃報に接し、私たち第一コミック局編集者一同は、深い悲しみと共に、強い悔恨の中にいます」と書き出し、「本メッセージは、我々現場の編集者が書いているものです」と前置き。
  • 「芦原先生は、皆様が作品を読んでご想像されるとおり、とても誠実で優しい方でした。
  • 「ドラマの放送前に発売されました『セクシー田中さん』第7巻冒頭には、2023年8月31日付で先生のメッセージが掲載されています。
  • 〉」と芦原さんの言葉を添え、「原作者として、ごく当然かつ真っ当なことを綴られる中で、先生は〈恐らくめちゃくちゃうざかったと思います…。
  • 守られるべき権利を守りたいと声を上げることに、勇気が必要な状況であってはならない」とし、「私たち編集者がついていながら、このようなことを感じさせたことが悔やまれてなりません」と悔しさをにじませた。
  • 個人に責任を負わせるのではなく、組織として今回の検証を引き続き行って参ります。
  • そして今後の映像化において、原作者をお守りすることを第一として、ドラマ制作サイドと編集部の交渉の形を具体的に是正できる部分はないか、よりよい形を提案していきます」と再発防止への決意を記した。
  • さらに「著者である芦原先生のご意向を、ドラマ制作サイドに対し小学館がきちんと伝えられていたのかという疑念が一部上がっておりますことも承知しております」と一部で出ている推察についても言及。
  • 「その件について簡潔にご説明申し上げるならば、先の2023年8月31日付の芦原先生のコメントが、ドラマ放送開始日2023年10月22日よりも2か月近く前に書かれ、そしてドラマ放送開始前に7巻が発売されているという時系列からも、ドラマ制作にあたってくださっていたスタッフの皆様にはご意向が伝わっていた状況は事実かと思います」と説明。

1:

2024年02月08日 18:03

 昨年10月期放送の日本テレビドラマ「セクシー田中さん」の原作者で漫画家の芦原妃名子さん(享年50)が急死したことに受け、8日に小学館の雑誌「プチコミック」の公式サイトが更新され、「作家の皆様 読者の皆様 関係者の皆様へ」として小学館・第一コミック局 編集者一同名義で声明を発表した。

 声明は「芦原妃名子先生の訃報に接し、私たち第一コミック局編集者一同は、深い悲しみと共に、強い悔恨の中にいます」と書き出し、「本メッセージは、我々現場の編集者が書いているものです」と前置き。「芦原先生は、皆様が作品を読んでご想像されるとおり、とても誠実で優しい方でした。そして、常にフェアな方でもありました」と芦原さんの人柄に触れ、原作者の権利について説明したうえで「今回、その当然守られてしかるべき原作者の権利を主張された芦原先生が非業の死を遂げられました」と記した。

 「ドラマの放送前に発売されました『セクシー田中さん』第7巻冒頭には、2023年8月31日付で先生のメッセージが掲載されています。『原作の完結前に映像化されることに対してどのように向き合ったのか』について、こう言及されています。
〈まだまだ連載半ばの作品なので、賛否両論あると思いますが キャラやあらすじ等、原作から大きく逸れたと私が感じた箇所はしっかり修正させて頂いている〉〈物語終盤の原作にはまだないオリジナルの展開や、そこに向かう為の必要なアレンジについては、あらすじからセリフに至るまで全て私が書かせて頂いてます。恐らく8話以降に収録されるはず。〉」と芦原さんの言葉を添え、「原作者として、ごく当然かつ真っ当なことを綴られる中で、先生は〈恐らくめちゃくちゃうざかったと思います…。〉とも書いていらっしゃいました」とつづった。

 そのうえで「著者の意向が尊重されることは当たり前のことであり、断じて我が儘や鬱陶しい行為などではありません。守られるべき権利を守りたいと声を上げることに、勇気が必要な状況であってはならない」とし、「私たち編集者がついていながら、このようなことを感じさせたことが悔やまれてなりません」と悔しさをにじませた。

 「二度と原作者がこのような思いをしないためにも、『著作者人格権』という著者が持つ絶対的な権利について周知徹底し、著者の意向は必ず尊重され、意見を言うことは当然のことであるという認識を拡げることこそが、再発防止において核となる部分だと考えています」とコメント。
「勿論、これだけが原因だと事態を単純化させる気もありません。他に原因はなかったか。私たちにもっと出来たことはなかったか。個人に責任を負わせるのではなく、組織として今回の検証を引き続き行って参ります。そして今後の映像化において、原作者をお守りすることを第一として、ドラマ制作サイドと編集部の交渉の形を具体的に是正できる部分はないか、よりよい形を提案していきます」と再発防止への決意を記した。

 さらに「著者である芦原先生のご意向を、ドラマ制作サイドに対し小学館がきちんと伝えられていたのかという疑念が一部上がっておりますことも承知しております」と一部で出ている推察についても言及。
「その件について簡潔にご説明申し上げるならば、先の2023年8月31日付の芦原先生のコメントが、ドラマ放送開始日2023年10月22日よりも2か月近く前に書かれ、そしてドラマ放送開始前に7巻が発売されているという時系列からも、ドラマ制作にあたってくださっていたスタッフの皆様にはご意向が伝わっていた状況は事実かと思います」と説明。
「勿論、先生のご意向をドラマ制作サイドに伝え、交渉の場に立っていたのは、弊社の担当編集者とメディア担当者です」としたうえで「弊社からドラマ制作サイドに意向をお伝えし、原作者である先生にご納得いただけるまで脚本を修正していただき、ご意向が反映された内容で放送されたものがドラマ版『セクシー田中さん』です」とした。

続きはソースをご覧ください
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/02/08/kiji/20240208s00041000443000c.html

全文
https://petitcomic.com/news240208/
https://www.shogakukan.co.jp/news/476200


★1: 2024/02/08(木) 18:07:55.08
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1707449233/

10:

>>1 2024年02月08日 18:03

 昨年10月期放送の日本テレビドラマ「セクシー田中さん」の原作者で漫画家の芦原妃名子さん(享年50)が急死したことに受け、8日に小学館の雑誌「プチコミック」の公式サイトが更新され、「作家の皆様 読者の皆様 関係者の皆様へ」として小学館・第一コミック局 編集者一同名義で声明を発表した。

 声明は「芦原妃名子先生の訃報に接し、私たち第一コミック局編集者一同は、深い悲しみと共に、強い悔恨の中にいます」と書き出し、「本メッセージは、我々現場の編集者が書いているものです」と前置き。「芦原先生は、皆様が作品を読んでご想像されるとおり、とても誠実で優しい方でした。そして、常にフェアな方でもありました」と芦原さんの人柄に触れ、原作者の権利について説明したうえで「今回、その当然守られてしかるべき原作者の権利を主張された芦原先生が非業の死を遂げられました」と記した。

 「ドラマの放送前に発売されました『セクシー田中さん』第7巻冒頭には、2023年8月31日付で先生のメッセージが掲載されています。『原作の完結前に映像化されることに対してどのように向き合ったのか』について、こう言及されています。
〈まだまだ連載半ばの作品なので、賛否両論あると思いますが キャラやあらすじ等、原作から大きく逸れたと私が感じた箇所はしっかり修正させて頂いている〉〈物語終盤の原作にはまだないオリジナルの展開や、そこに向かう為の必要なアレンジについては、あらすじからセリフに至るまで全て私が書かせて頂いてます。恐らく8話以降に収録されるはず。〉」と芦原さんの言葉を添え、「原作者として、ごく当然かつ真っ当なことを綴られる中で、先生は〈恐らくめちゃくちゃうざかったと思います…。〉とも書いていらっしゃいました」とつづった。

 そのうえで「著者の意向が尊重されることは当たり前のことであり、断じて我が儘や鬱陶しい行為などではありません。守られるべき権利を守りたいと声を上げることに、勇気が必要な状況であってはならない」とし、「私たち編集者がついていながら、このようなことを感じさせたことが悔やまれてなりません」と悔しさをにじませた。

 「二度と原作者がこのような思いをしないためにも、『著作者人格権』という著者が持つ絶対的な権利について周知徹底し、著者の意向は必ず尊重され、意見を言うことは当然のことであるという認識を拡げることこそが、再発防止において核となる部分だと考えています」とコメント。
「勿論、これだけが原因だと事態を単純化させる気もありません。他に原因はなかったか。私たちにもっと出来たことはなかったか。個人に責任を負わせるのではなく、組織として今回の検証を引き続き行って参ります。そして今後の映像化において、原作者をお守りすることを第一として、ドラマ制作サイドと編集部の交渉の形を具体的に是正できる部分はないか、よりよい形を提案していきます」と再発防止への決意を記した。

 さらに「著者である芦原先生のご意向を、ドラマ制作サイドに対し小学館がきちんと伝えられていたのかという疑念が一部上がっておりますことも承知しております」と一部で出ている推察についても言及。
「その件について簡潔にご説明申し上げるならば、先の2023年8月31日付の芦原先生のコメントが、ドラマ放送開始日2023年10月22日よりも2か月近く前に書かれ、そしてドラマ放送開始前に7巻が発売されているという時系列からも、ドラマ制作にあたってくださっていたスタッフの皆様にはご意向が伝わっていた状況は事実かと思います」と説明。
「勿論、先生のご意向をドラマ制作サイドに伝え、交渉の場に立っていたのは、弊社の担当編集者とメディア担当者です」としたうえで「弊社からドラマ制作サイドに意向をお伝えし、原作者である先生にご納得いただけるまで脚本を修正していただき、ご意向が反映された内容で放送されたものがドラマ版『セクシー田中さん』です」とした。

続きはソースをご覧ください
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/02/08/kiji/20240208s00041000443000c.html

全文
https://petitcomic.com/news240208/
https://www.shogakukan.co.jp/news/476200


★1: 2024/02/08(木) 18:07:55.08
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1707449233/


おかしい。
「先生の意向通りのドラマ」? だったら、なぜ原作者さんは、
約束を反故されたって言って、9話と10話は自分で脚本かく羽目になって、その後自殺してしまったの?
どっちからが嘘ついてるって事になるけど。どっち?

63:

>>10 おかしい。
「先生の意向通りのドラマ」? だったら、なぜ原作者さんは、
約束を反故されたって言って、9話と10話は自分で脚本かく羽目になって、その後自殺してしまったの?
どっちからが嘘ついてるって事になるけど。どっち?


「意向通り」は言い過ぎじゃないの
不本意だったけどok出すしかなかったんじゃ

201:

>>63 「意向通り」は言い過ぎじゃないの
不本意だったけどok出すしかなかったんじゃ


なんとか認められるところまで先生が引き上げたドラマまで叩かれる事態にはしたくないんだろ
結果的に遺作になってしまったんだから

87:

>>1 2024年02月08日 18:03

 昨年10月期放送の日本テレビドラマ「セクシー田中さん」の原作者で漫画家の芦原妃名子さん(享年50)が急死したことに受け、8日に小学館の雑誌「プチコミック」の公式サイトが更新され、「作家の皆様 読者の皆様 関係者の皆様へ」として小学館・第一コミック局 編集者一同名義で声明を発表した。

 声明は「芦原妃名子先生の訃報に接し、私たち第一コミック局編集者一同は、深い悲しみと共に、強い悔恨の中にいます」と書き出し、「本メッセージは、我々現場の編集者が書いているものです」と前置き。「芦原先生は、皆様が作品を読んでご想像されるとおり、とても誠実で優しい方でした。そして、常にフェアな方でもありました」と芦原さんの人柄に触れ、原作者の権利について説明したうえで「今回、その当然守られてしかるべき原作者の権利を主張された芦原先生が非業の死を遂げられました」と記した。

 「ドラマの放送前に発売されました『セクシー田中さん』第7巻冒頭には、2023年8月31日付で先生のメッセージが掲載されています。『原作の完結前に映像化されることに対してどのように向き合ったのか』について、こう言及されています。
〈まだまだ連載半ばの作品なので、賛否両論あると思いますが キャラやあらすじ等、原作から大きく逸れたと私が感じた箇所はしっかり修正させて頂いている〉〈物語終盤の原作にはまだないオリジナルの展開や、そこに向かう為の必要なアレンジについては、あらすじからセリフに至るまで全て私が書かせて頂いてます。恐らく8話以降に収録されるはず。〉」と芦原さんの言葉を添え、「原作者として、ごく当然かつ真っ当なことを綴られる中で、先生は〈恐らくめちゃくちゃうざかったと思います…。〉とも書いていらっしゃいました」とつづった。

 そのうえで「著者の意向が尊重されることは当たり前のことであり、断じて我が儘や鬱陶しい行為などではありません。守られるべき権利を守りたいと声を上げることに、勇気が必要な状況であってはならない」とし、「私たち編集者がついていながら、このようなことを感じさせたことが悔やまれてなりません」と悔しさをにじませた。

 「二度と原作者がこのような思いをしないためにも、『著作者人格権』という著者が持つ絶対的な権利について周知徹底し、著者の意向は必ず尊重され、意見を言うことは当然のことであるという認識を拡げることこそが、再発防止において核となる部分だと考えています」とコメント。
「勿論、これだけが原因だと事態を単純化させる気もありません。他に原因はなかったか。私たちにもっと出来たことはなかったか。個人に責任を負わせるのではなく、組織として今回の検証を引き続き行って参ります。そして今後の映像化において、原作者をお守りすることを第一として、ドラマ制作サイドと編集部の交渉の形を具体的に是正できる部分はないか、よりよい形を提案していきます」と再発防止への決意を記した。

 さらに「著者である芦原先生のご意向を、ドラマ制作サイドに対し小学館がきちんと伝えられていたのかという疑念が一部上がっておりますことも承知しております」と一部で出ている推察についても言及。
「その件について簡潔にご説明申し上げるならば、先の2023年8月31日付の芦原先生のコメントが、ドラマ放送開始日2023年10月22日よりも2か月近く前に書かれ、そしてドラマ放送開始前に7巻が発売されているという時系列からも、ドラマ制作にあたってくださっていたスタッフの皆様にはご意向が伝わっていた状況は事実かと思います」と説明。
「勿論、先生のご意向をドラマ制作サイドに伝え、交渉の場に立っていたのは、弊社の担当編集者とメディア担当者です」としたうえで「弊社からドラマ制作サイドに意向をお伝えし、原作者である先生にご納得いただけるまで脚本を修正していただき、ご意向が反映された内容で放送されたものがドラマ版『セクシー田中さん』です」とした。

続きはソースをご覧ください
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/02/08/kiji/20240208s00041000443000c.html

全文
https://petitcomic.com/news240208/
https://www.shogakukan.co.jp/news/476200


★1: 2024/02/08(木) 18:07:55.08
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1707449233/

まともだったのは芦原せんせいだけw

i.imgur.com/5QfXHQu.jpeg

124:

>>1 2024年02月08日 18:03

 昨年10月期放送の日本テレビドラマ「セクシー田中さん」の原作者で漫画家の芦原妃名子さん(享年50)が急死したことに受け、8日に小学館の雑誌「プチコミック」の公式サイトが更新され、「作家の皆様 読者の皆様 関係者の皆様へ」として小学館・第一コミック局 編集者一同名義で声明を発表した。

 声明は「芦原妃名子先生の訃報に接し、私たち第一コミック局編集者一同は、深い悲しみと共に、強い悔恨の中にいます」と書き出し、「本メッセージは、我々現場の編集者が書いているものです」と前置き。「芦原先生は、皆様が作品を読んでご想像されるとおり、とても誠実で優しい方でした。そして、常にフェアな方でもありました」と芦原さんの人柄に触れ、原作者の権利について説明したうえで「今回、その当然守られてしかるべき原作者の権利を主張された芦原先生が非業の死を遂げられました」と記した。

 「ドラマの放送前に発売されました『セクシー田中さん』第7巻冒頭には、2023年8月31日付で先生のメッセージが掲載されています。『原作の完結前に映像化されることに対してどのように向き合ったのか』について、こう言及されています。
〈まだまだ連載半ばの作品なので、賛否両論あると思いますが キャラやあらすじ等、原作から大きく逸れたと私が感じた箇所はしっかり修正させて頂いている〉〈物語終盤の原作にはまだないオリジナルの展開や、そこに向かう為の必要なアレンジについては、あらすじからセリフに至るまで全て私が書かせて頂いてます。恐らく8話以降に収録されるはず。〉」と芦原さんの言葉を添え、「原作者として、ごく当然かつ真っ当なことを綴られる中で、先生は〈恐らくめちゃくちゃうざかったと思います…。〉とも書いていらっしゃいました」とつづった。

 そのうえで「著者の意向が尊重されることは当たり前のことであり、断じて我が儘や鬱陶しい行為などではありません。守られるべき権利を守りたいと声を上げることに、勇気が必要な状況であってはならない」とし、「私たち編集者がついていながら、このようなことを感じさせたことが悔やまれてなりません」と悔しさをにじませた。

 「二度と原作者がこのような思いをしないためにも、『著作者人格権』という著者が持つ絶対的な権利について周知徹底し、著者の意向は必ず尊重され、意見を言うことは当然のことであるという認識を拡げることこそが、再発防止において核となる部分だと考えています」とコメント。
「勿論、これだけが原因だと事態を単純化させる気もありません。他に原因はなかったか。私たちにもっと出来たことはなかったか。個人に責任を負わせるのではなく、組織として今回の検証を引き続き行って参ります。そして今後の映像化において、原作者をお守りすることを第一として、ドラマ制作サイドと編集部の交渉の形を具体的に是正できる部分はないか、よりよい形を提案していきます」と再発防止への決意を記した。

 さらに「著者である芦原先生のご意向を、ドラマ制作サイドに対し小学館がきちんと伝えられていたのかという疑念が一部上がっておりますことも承知しております」と一部で出ている推察についても言及。
「その件について簡潔にご説明申し上げるならば、先の2023年8月31日付の芦原先生のコメントが、ドラマ放送開始日2023年10月22日よりも2か月近く前に書かれ、そしてドラマ放送開始前に7巻が発売されているという時系列からも、ドラマ制作にあたってくださっていたスタッフの皆様にはご意向が伝わっていた状況は事実かと思います」と説明。
「勿論、先生のご意向をドラマ制作サイドに伝え、交渉の場に立っていたのは、弊社の担当編集者とメディア担当者です」としたうえで「弊社からドラマ制作サイドに意向をお伝えし、原作者である先生にご納得いただけるまで脚本を修正していただき、ご意向が反映された内容で放送されたものがドラマ版『セクシー田中さん』です」とした。

続きはソースをご覧ください
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/02/08/kiji/20240208s00041000443000c.html

全文
https://petitcomic.com/news240208/
https://www.shogakukan.co.jp/news/476200


★1: 2024/02/08(木) 18:07:55.08
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1707449233/


原作者が納得して進めてたのなら、なんで自殺したんだよ

182:

>>1 2024年02月08日 18:03

 昨年10月期放送の日本テレビドラマ「セクシー田中さん」の原作者で漫画家の芦原妃名子さん(享年50)が急死したことに受け、8日に小学館の雑誌「プチコミック」の公式サイトが更新され、「作家の皆様 読者の皆様 関係者の皆様へ」として小学館・第一コミック局 編集者一同名義で声明を発表した。

 声明は「芦原妃名子先生の訃報に接し、私たち第一コミック局編集者一同は、深い悲しみと共に、強い悔恨の中にいます」と書き出し、「本メッセージは、我々現場の編集者が書いているものです」と前置き。「芦原先生は、皆様が作品を読んでご想像されるとおり、とても誠実で優しい方でした。そして、常にフェアな方でもありました」と芦原さんの人柄に触れ、原作者の権利について説明したうえで「今回、その当然守られてしかるべき原作者の権利を主張された芦原先生が非業の死を遂げられました」と記した。

 「ドラマの放送前に発売されました『セクシー田中さん』第7巻冒頭には、2023年8月31日付で先生のメッセージが掲載されています。『原作の完結前に映像化されることに対してどのように向き合ったのか』について、こう言及されています。
〈まだまだ連載半ばの作品なので、賛否両論あると思いますが キャラやあらすじ等、原作から大きく逸れたと私が感じた箇所はしっかり修正させて頂いている〉〈物語終盤の原作にはまだないオリジナルの展開や、そこに向かう為の必要なアレンジについては、あらすじからセリフに至るまで全て私が書かせて頂いてます。恐らく8話以降に収録されるはず。〉」と芦原さんの言葉を添え、「原作者として、ごく当然かつ真っ当なことを綴られる中で、先生は〈恐らくめちゃくちゃうざかったと思います…。〉とも書いていらっしゃいました」とつづった。

 そのうえで「著者の意向が尊重されることは当たり前のことであり、断じて我が儘や鬱陶しい行為などではありません。守られるべき権利を守りたいと声を上げることに、勇気が必要な状況であってはならない」とし、「私たち編集者がついていながら、このようなことを感じさせたことが悔やまれてなりません」と悔しさをにじませた。

 「二度と原作者がこのような思いをしないためにも、『著作者人格権』という著者が持つ絶対的な権利について周知徹底し、著者の意向は必ず尊重され、意見を言うことは当然のことであるという認識を拡げることこそが、再発防止において核となる部分だと考えています」とコメント。
「勿論、これだけが原因だと事態を単純化させる気もありません。他に原因はなかったか。私たちにもっと出来たことはなかったか。個人に責任を負わせるのではなく、組織として今回の検証を引き続き行って参ります。そして今後の映像化において、原作者をお守りすることを第一として、ドラマ制作サイドと編集部の交渉の形を具体的に是正できる部分はないか、よりよい形を提案していきます」と再発防止への決意を記した。

 さらに「著者である芦原先生のご意向を、ドラマ制作サイドに対し小学館がきちんと伝えられていたのかという疑念が一部上がっておりますことも承知しております」と一部で出ている推察についても言及。
「その件について簡潔にご説明申し上げるならば、先の2023年8月31日付の芦原先生のコメントが、ドラマ放送開始日2023年10月22日よりも2か月近く前に書かれ、そしてドラマ放送開始前に7巻が発売されているという時系列からも、ドラマ制作にあたってくださっていたスタッフの皆様にはご意向が伝わっていた状況は事実かと思います」と説明。
「勿論、先生のご意向をドラマ制作サイドに伝え、交渉の場に立っていたのは、弊社の担当編集者とメディア担当者です」としたうえで「弊社からドラマ制作サイドに意向をお伝えし、原作者である先生にご納得いただけるまで脚本を修正していただき、ご意向が反映された内容で放送されたものがドラマ版『セクシー田中さん』です」とした。

続きはソースをご覧ください
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/02/08/kiji/20240208s00041000443000c.html

全文
https://petitcomic.com/news240208/
https://www.shogakukan.co.jp/news/476200


★1: 2024/02/08(木) 18:07:55.08
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1707449233/


グッドモーニングの特集では脚本家は正反対のこと言っていると報道してるけど…
どっちかがウソついてるよね?

326:

>>1 2024年02月08日 18:03

 昨年10月期放送の日本テレビドラマ「セクシー田中さん」の原作者で漫画家の芦原妃名子さん(享年50)が急死したことに受け、8日に小学館の雑誌「プチコミック」の公式サイトが更新され、「作家の皆様 読者の皆様 関係者の皆様へ」として小学館・第一コミック局 編集者一同名義で声明を発表した。

 声明は「芦原妃名子先生の訃報に接し、私たち第一コミック局編集者一同は、深い悲しみと共に、強い悔恨の中にいます」と書き出し、「本メッセージは、我々現場の編集者が書いているものです」と前置き。「芦原先生は、皆様が作品を読んでご想像されるとおり、とても誠実で優しい方でした。そして、常にフェアな方でもありました」と芦原さんの人柄に触れ、原作者の権利について説明したうえで「今回、その当然守られてしかるべき原作者の権利を主張された芦原先生が非業の死を遂げられました」と記した。

 「ドラマの放送前に発売されました『セクシー田中さん』第7巻冒頭には、2023年8月31日付で先生のメッセージが掲載されています。『原作の完結前に映像化されることに対してどのように向き合ったのか』について、こう言及されています。
〈まだまだ連載半ばの作品なので、賛否両論あると思いますが キャラやあらすじ等、原作から大きく逸れたと私が感じた箇所はしっかり修正させて頂いている〉〈物語終盤の原作にはまだないオリジナルの展開や、そこに向かう為の必要なアレンジについては、あらすじからセリフに至るまで全て私が書かせて頂いてます。恐らく8話以降に収録されるはず。〉」と芦原さんの言葉を添え、「原作者として、ごく当然かつ真っ当なことを綴られる中で、先生は〈恐らくめちゃくちゃうざかったと思います…。〉とも書いていらっしゃいました」とつづった。

 そのうえで「著者の意向が尊重されることは当たり前のことであり、断じて我が儘や鬱陶しい行為などではありません。守られるべき権利を守りたいと声を上げることに、勇気が必要な状況であってはならない」とし、「私たち編集者がついていながら、このようなことを感じさせたことが悔やまれてなりません」と悔しさをにじませた。

 「二度と原作者がこのような思いをしないためにも、『著作者人格権』という著者が持つ絶対的な権利について周知徹底し、著者の意向は必ず尊重され、意見を言うことは当然のことであるという認識を拡げることこそが、再発防止において核となる部分だと考えています」とコメント。
「勿論、これだけが原因だと事態を単純化させる気もありません。他に原因はなかったか。私たちにもっと出来たことはなかったか。個人に責任を負わせるのではなく、組織として今回の検証を引き続き行って参ります。そして今後の映像化において、原作者をお守りすることを第一として、ドラマ制作サイドと編集部の交渉の形を具体的に是正できる部分はないか、よりよい形を提案していきます」と再発防止への決意を記した。

 さらに「著者である芦原先生のご意向を、ドラマ制作サイドに対し小学館がきちんと伝えられていたのかという疑念が一部上がっておりますことも承知しております」と一部で出ている推察についても言及。
「その件について簡潔にご説明申し上げるならば、先の2023年8月31日付の芦原先生のコメントが、ドラマ放送開始日2023年10月22日よりも2か月近く前に書かれ、そしてドラマ放送開始前に7巻が発売されているという時系列からも、ドラマ制作にあたってくださっていたスタッフの皆様にはご意向が伝わっていた状況は事実かと思います」と説明。
「勿論、先生のご意向をドラマ制作サイドに伝え、交渉の場に立っていたのは、弊社の担当編集者とメディア担当者です」としたうえで「弊社からドラマ制作サイドに意向をお伝えし、原作者である先生にご納得いただけるまで脚本を修正していただき、ご意向が反映された内容で放送されたものがドラマ版『セクシー田中さん』です」とした。

続きはソースをご覧ください
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/02/08/kiji/20240208s00041000443000c.html

全文
https://petitcomic.com/news240208/
https://www.shogakukan.co.jp/news/476200


★1: 2024/02/08(木) 18:07:55.08
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1707449233/


でも編集者が何もしてなかったから、原作者だけが孤軍奮闘して絶望する事になったんじゃないの?今更こんな声明出したって自分達の保身としか取れない

613:

>>1 2024年02月08日 18:03

 昨年10月期放送の日本テレビドラマ「セクシー田中さん」の原作者で漫画家の芦原妃名子さん(享年50)が急死したことに受け、8日に小学館の雑誌「プチコミック」の公式サイトが更新され、「作家の皆様 読者の皆様 関係者の皆様へ」として小学館・第一コミック局 編集者一同名義で声明を発表した。

 声明は「芦原妃名子先生の訃報に接し、私たち第一コミック局編集者一同は、深い悲しみと共に、強い悔恨の中にいます」と書き出し、「本メッセージは、我々現場の編集者が書いているものです」と前置き。「芦原先生は、皆様が作品を読んでご想像されるとおり、とても誠実で優しい方でした。そして、常にフェアな方でもありました」と芦原さんの人柄に触れ、原作者の権利について説明したうえで「今回、その当然守られてしかるべき原作者の権利を主張された芦原先生が非業の死を遂げられました」と記した。

 「ドラマの放送前に発売されました『セクシー田中さん』第7巻冒頭には、2023年8月31日付で先生のメッセージが掲載されています。『原作の完結前に映像化されることに対してどのように向き合ったのか』について、こう言及されています。
〈まだまだ連載半ばの作品なので、賛否両論あると思いますが キャラやあらすじ等、原作から大きく逸れたと私が感じた箇所はしっかり修正させて頂いている〉〈物語終盤の原作にはまだないオリジナルの展開や、そこに向かう為の必要なアレンジについては、あらすじからセリフに至るまで全て私が書かせて頂いてます。恐らく8話以降に収録されるはず。〉」と芦原さんの言葉を添え、「原作者として、ごく当然かつ真っ当なことを綴られる中で、先生は〈恐らくめちゃくちゃうざかったと思います…。〉とも書いていらっしゃいました」とつづった。

 そのうえで「著者の意向が尊重されることは当たり前のことであり、断じて我が儘や鬱陶しい行為などではありません。守られるべき権利を守りたいと声を上げることに、勇気が必要な状況であってはならない」とし、「私たち編集者がついていながら、このようなことを感じさせたことが悔やまれてなりません」と悔しさをにじませた。

 「二度と原作者がこのような思いをしないためにも、『著作者人格権』という著者が持つ絶対的な権利について周知徹底し、著者の意向は必ず尊重され、意見を言うことは当然のことであるという認識を拡げることこそが、再発防止において核となる部分だと考えています」とコメント。
「勿論、これだけが原因だと事態を単純化させる気もありません。他に原因はなかったか。私たちにもっと出来たことはなかったか。個人に責任を負わせるのではなく、組織として今回の検証を引き続き行って参ります。そして今後の映像化において、原作者をお守りすることを第一として、ドラマ制作サイドと編集部の交渉の形を具体的に是正できる部分はないか、よりよい形を提案していきます」と再発防止への決意を記した。

 さらに「著者である芦原先生のご意向を、ドラマ制作サイドに対し小学館がきちんと伝えられていたのかという疑念が一部上がっておりますことも承知しております」と一部で出ている推察についても言及。
「その件について簡潔にご説明申し上げるならば、先の2023年8月31日付の芦原先生のコメントが、ドラマ放送開始日2023年10月22日よりも2か月近く前に書かれ、そしてドラマ放送開始前に7巻が発売されているという時系列からも、ドラマ制作にあたってくださっていたスタッフの皆様にはご意向が伝わっていた状況は事実かと思います」と説明。
「勿論、先生のご意向をドラマ制作サイドに伝え、交渉の場に立っていたのは、弊社の担当編集者とメディア担当者です」としたうえで「弊社からドラマ制作サイドに意向をお伝えし、原作者である先生にご納得いただけるまで脚本を修正していただき、ご意向が反映された内容で放送されたものがドラマ版『セクシー田中さん』です」とした。

続きはソースをご覧ください
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/02/08/kiji/20240208s00041000443000c.html

全文
https://petitcomic.com/news240208/
https://www.shogakukan.co.jp/news/476200


★1: 2024/02/08(木) 18:07:55.08
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1707449233/


スクリプト荒らしして恥ずかしくないんか?マスゴミ?

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

25:

なんでこの編集声明が称賛されてんの
以降が伝わってないから原作者さんが何度も修正する羽目になってたのに伝わってたのは事実「と思う」とか「先生が納得頂くまで修正反映先生の言葉が確かにドラマに」とか呑気なこと言ってんのか
まず最初にどこまで同意得たのか原作者さんが疲弊するほどの状況でどうサポートしたのか日テレに「約束が違う」と抗議はしなかったのか
そういう経緯はっきり言わないと

397:

>>25 なんでこの編集声明が称賛されてんの
以降が伝わってないから原作者さんが何度も修正する羽目になってたのに伝わってたのは事実「と思う」とか「先生が納得頂くまで修正反映先生の言葉が確かにドラマに」とか呑気なこと言ってんのか
まず最初にどこまで同意得たのか原作者さんが疲弊するほどの状況でどうサポートしたのか日テレに「約束が違う」と抗議はしなかったのか
そういう経緯はっきり言わないと


それな
数回の書き直し時点で
厳重に日テレに抗議してやれよ
原作者の仕事増やすなやし
なぜ矢面に立たせてんだよ

575:

>>25 なんでこの編集声明が称賛されてんの
以降が伝わってないから原作者さんが何度も修正する羽目になってたのに伝わってたのは事実「と思う」とか「先生が納得頂くまで修正反映先生の言葉が確かにドラマに」とか呑気なこと言ってんのか
まず最初にどこまで同意得たのか原作者さんが疲弊するほどの状況でどうサポートしたのか日テレに「約束が違う」と抗議はしなかったのか
そういう経緯はっきり言わないと


それかもっともよく用いられる薬

59:

澱んだ物言いへの清涼剤として再掲

惣領冬実先生「実写化について思うこと」
https://fuyumis.com/970/

先生の経験と今回の事件のポイントが的確かつ簡潔に記されている

239:

>>59 澱んだ物言いへの清涼剤として再掲

惣領冬実先生「実写化について思うこと」
https://fuyumis.com/970/

先生の経験と今回の事件のポイントが的確かつ簡潔に記されている


「本題は今回の実写化に対して原作者である芦原さんが原作に忠実であることを望んでいたことであり、その拘りをテレビ局が承諾したことに大きな問題があると思います。
原作者の芦原さんがどれだけ切実であったかということを、日本テレビ、小学館、脚本家の誰もが理解していなかった、もしくは理解する気がなかったということでしょうか。」

わかりやすい
逆に今まで漫画家の多くは改変ありきで承諾していたってことか
それでいいの?てな感じも受けるが

380:

>>59 澱んだ物言いへの清涼剤として再掲

惣領冬実先生「実写化について思うこと」
https://fuyumis.com/970/

先生の経験と今回の事件のポイントが的確かつ簡潔に記されている


本日一番頭悪いレスやな。

690:

>>380 本日一番頭悪いレスやな。


TPOもわきまえずステマかけてくるからな。
民度が低すぎる。

109:

意向が伝わってなかったから脚本と揉めたんだろうにドラマは先生の意向が反映されたものと他人事
時系列から制作側は意向が「伝わってたんじゃないか」と他人事
冷たい編集部だね、原作者を守るのが編集の役目じゃないの
まるで原作者が死んだからもはや責任を負う人もいないだろうとばかりに全てを濁してるように見える
原作者を失った怒りの声明ならわかるが編集としてこの声明を出した意味がわからん
編集といっても所詮は組織の一部なんだねという印象

134:

編集のコメントに感動してる人がいる事にびっくり
「ウザかったと思います」とまで書かせて先生の不満を熟知していながら、毎話大幅修正が必要な脚本を渡すだけ渡して過重労働を引き起こしたわけでしょ
小学館として日テレに脚本直すよう訴えたり、脚本家も交えた話し合いの申し入れ等の調整はしたのか
ただ単にご意向を伝えるだけなら小学生でもできる
そのあたりの経緯の記載なくて、感情論だけなのに

449:

>>134 編集のコメントに感動してる人がいる事にびっくり
「ウザかったと思います」とまで書かせて先生の不満を熟知していながら、毎話大幅修正が必要な脚本を渡すだけ渡して過重労働を引き起こしたわけでしょ
小学館として日テレに脚本直すよう訴えたり、脚本家も交えた話し合いの申し入れ等の調整はしたのか
ただ単にご意向を伝えるだけなら小学生でもできる
そのあたりの経緯の記載なくて、感情論だけなのに


ご意向を伝える

って天皇に何かを伝える
侍従みたいな表現だよな
伝えたら終わりなのかい?

461:

>>449 ご意向を伝える

って天皇に何かを伝える
侍従みたいな表現だよな
伝えたら終わりなのかい?


先生の代理人弁護士から内容証明郵便が届いているとしか思えないのよね、関係各位の対応が。

294:

感動おくやみ文よりも、なぜ芦原さんがSNSを削除するに至ったか、
その前後、編集部はどう対応していたのか、
そこをはぐらかしている限り、何の意味もないよ
芦原さんが本当にかわいそうだ

497:

「セクシー田中さんと同じプロデューサーで」
批判殺到の日本テレビと小学館、"逃げ対応"のウラに4月の大人気マンガドラマ化

日テレとの関係を円満に続けたい小学館が
原作者を脅してSNS消させた可能性が高くなったんじゃないか

小学館は違うなら違うと正直に言わないとね

524:

小学館編集部「俺らは伝えたもん! 漫画家に敬意を持って接してるし頑張ったも ん!」

→敬意を持っていてちゃんと伝えていたなら、
伝わってないとする日テレと脚本家の言 い分にちゃんと抗議して訂正させれば?
漫画家を追い詰めた作品であるドラマを楽しめとファンに言える精神なに?
自分たちがちゃんと守らなかったことが原因の一つであるのに
「寂しいです」って何目線? 結局全部他人事じゃねえか

571:

>先生は〈恐らくめちゃくちゃうざかったと思います…。〉とも書いていらっしゃいました。
実際担当者がそんな対応しているからの感想やろ
なに綺麗事並べてごまかすや‼

619:

脚本家が書いた最初のやつ、原作者が手直した部分、最終稿
この3つを早く出せ
これで原作者の意向に大きく逸れていたものなのか、ブログでの原作者の訴えが大袈裟なものなのか分かる
原作のイメージに大きく逸れた脚本だったとすればそれの経緯もはっきりとしろ

697:

感情の問題もあるだろうな
海猿の作者がいまだに伊藤英明をボロッカス言ってるし、アポなしでフジに取材に来られた事などが揉めた引き金になってる
逆に菅田は原作者に神対応をしたから、家族ぐるみでファンになってる
打ち上げにも呼ばず、勝手にTシャツを作って配ったり、インスタで悪口を言われたり…
そりゃ、芦原さんも落ちこむわ
芦原さんを打ち上げに呼んで、俳優やスタッフが感謝の言葉の一つでも述べていたら、こうはならなかったと思うね

706:

>>697 感情の問題もあるだろうな
海猿の作者がいまだに伊藤英明をボロッカス言ってるし、アポなしでフジに取材に来られた事などが揉めた引き金になってる
逆に菅田は原作者に神対応をしたから、家族ぐるみでファンになってる
打ち上げにも呼ばず、勝手にTシャツを作って配ったり、インスタで悪口を言われたり…
そりゃ、芦原さんも落ちこむわ
芦原さんを打ち上げに呼んで、俳優やスタッフが感謝の言葉の一つでも述べていたら、こうはならなかったと思うね


打ち上げ呼ばれてたら行ってたんかよw

702:

編集部的にあの最初の脚本家のインスタに対してはどういうスタンスなんだ?
作者に単独で説明文出させるのではなくまず編集部が脚本家と連絡を取って説明文と同じ説明を脚本家にして理解を得られたら投稿の訂正なりしてもらうように立ち回ればよかったんじゃないの
むこうが素直に聞くかどうかはわからないけど
そして必要に応じて編集部からあの説明文出したら良かったのではと思うんだけど

872:

最後の2行がすべてなんだろう
編集のプロが考えた渾身の2行だ
先生の訃報だけに対してではなく、会社の対応、サラリーマンとして真実が言えない自分達、同じ立場の脚本家、
最後に日テレを動かせない事
これについて述べてんだろう

902:

報道「現時点で小学館が今回の件に関する経緯などを社外発信する予定はない」
脚本家「初めて聞くことばかり」
小学館の現場の編集者「先生のご意向をドラマ制作サイドに伝え、交渉の場に立っていたのは、弊社の担当編集者とメディア担当者です」

どういうこと?

912:

小学館本体はうやむやにしたかったしそういう方向で時が経つのを待ってた。
しかし実際動いていた第一コミック局の連中は怒り狂っていて、ふざけんじゃねーぞと本体の意に返して蜂起した。

916:

>>912 小学館本体はうやむやにしたかったしそういう方向で時が経つのを待ってた。
しかし実際動いていた第一コミック局の連中は怒り狂っていて、ふざけんじゃねーぞと本体の意に返して蜂起した。


全然蜂起してない
何も暴露してない

921:

>>916 全然蜂起してない
何も暴露してない


完全に暴露しようとしたら掲載できない
ギリギリのラインを見定めた結果だろ

927:

>>921 完全に暴露しようとしたら掲載できない
ギリギリのラインを見定めた結果だろ


ぎりぎりラインってどこがよ
作家先生を大事にしていきますという決意表明だけで具体性ゼロ
漫画家の反発にびびって懐柔してるだけだろ
お前はバカ代表だよ

928:

>>927 ぎりぎりラインってどこがよ
作家先生を大事にしていきますという決意表明だけで具体性ゼロ
漫画家の反発にびびって懐柔してるだけだろ
お前はバカ代表だよ


漫画家も見事に懐柔されてるしな

940:

>>927 ぎりぎりラインってどこがよ
作家先生を大事にしていきますという決意表明だけで具体性ゼロ
漫画家の反発にびびって懐柔してるだけだろ
お前はバカ代表だよ


少なくとも後は日テレだけ何も表明してない状態にまではした
俺も小学館が白とは思ってないよ
最期の攻撃のつもりはなかったは小学館の何処かからの圧力のせいだと思ってるから

926:

>>916 全然蜂起してない
何も暴露してない


小学館とすり合わせての内容だよね
てか編集部は小学館そのものだし

934:

>>926 小学館とすり合わせての内容だよね
てか編集部は小学館そのものだし


経営上得策だと思って出した文章だよね
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1707468516

Comments 0

コメントはまだありません。