「非常に効果が強く、致死性が高いクスリを10錠も…」市川猿之助“一家心中事件” 両親が飲んだ“睡眠薬”のヤバすぎる成分 - 映画
げいのうまとめんぬ

「非常に効果が強く、致死性が高いクスリを10錠も…」市川猿之助“一家心中事件” 両親が飲んだ“睡眠薬”のヤバすぎる成分

2023/05/30
映画 0
  • 「非常に効果が強く、致死性が高いクスリを10錠も…」市川猿之助“一家心中事件” 両親が飲んだ“睡眠薬”のヤバすぎる成分《自殺ほう助で逮捕の可能性》 「文春オンライン」特集班 日本中が激震した、歌舞伎俳優・市川猿之助(47)の“一家心中騒動”。
  • 一家は「死んで生まれ変わろう」と合意し自殺を図ったとされる。
  • 警視庁は猿之助の事情聴取を続けているが、“猿之助逮捕”が現実味を帯びてきたという。
  • 社会部記者が解説する。
  • 「猿之助は、父親の段四郎さん(76)と母親の延子さん(75)が、猿之助が所持していた向精神薬を飲んで自殺したと供述していますが、司法解剖の結果、検出された成分は“フルニトラゼパム”だったといいます。
  • 『サイレース』という商品名で知られ、非常に効果が強く、致死性も高い。
  • 海外では持ち込みを禁止している国もあります。
  • “猿之助逮捕”のカウントダウン そんな睡眠薬を両親は10錠ほど飲んだようで、2人が意識を失ったあと、猿之助はビニール袋を顔に被せていったそうです。
  • こうした経緯から、警視庁は、両親の自殺行為を手助けしたとして、猿之助を自殺ほう助の疑いで逮捕する方針で捜査を進めています。
  • 時期は未定ですが、容疑が固まり次第、踏み切るでしょう」 “猿之助逮捕”のカウントダウンが始まるなか、猿之助が出演していた「市川猿之助奮闘歌舞伎公演」は5月28日に千秋楽を迎えた。

1:

「非常に効果が強く、致死性が高いクスリを10錠も…」市川猿之助“一家心中事件” 両親が飲んだ“睡眠薬”のヤバすぎる成分《自殺ほう助で逮捕の可能性》
「文春オンライン」特集班

 日本中が激震した、歌舞伎俳優・市川猿之助(47)の“一家心中騒動”。一家は「死んで生まれ変わろう」と合意し自殺を図ったとされる。警視庁は猿之助の事情聴取を続けているが、“猿之助逮捕”が現実味を帯びてきたという。社会部記者が解説する。

「猿之助は、父親の段四郎さん(76)と母親の延子さん(75)が、猿之助が所持していた向精神薬を飲んで自殺したと供述していますが、司法解剖の結果、検出された成分は“フルニトラゼパム”だったといいます。『サイレース』という商品名で知られ、非常に効果が強く、致死性も高い。海外では持ち込みを禁止している国もあります。

“猿之助逮捕”のカウントダウン

 そんな睡眠薬を両親は10錠ほど飲んだようで、2人が意識を失ったあと、猿之助はビニール袋を顔に被せていったそうです。こうした経緯から、警視庁は、両親の自殺行為を手助けしたとして、猿之助を自殺ほう助の疑いで逮捕する方針で捜査を進めています。時期は未定ですが、容疑が固まり次第、踏み切るでしょう」

 “猿之助逮捕”のカウントダウンが始まるなか、猿之助が出演していた「市川猿之助奮闘歌舞伎公演」は5月28日に千秋楽を迎えた。公演終了後には、「若手一同は猿之助兄さんに支えられて今がある。とにかく我々はずっと味方でいようと思っています」と主演の中村隼人が涙ぐむ姿が報じられたほか、梨園関係者の間では猿之助の“再起”を願う声も多かった。だが、期待の灯は消えつつある。テレビ局関係者が声を落としてこう語る。

続きはソースをご覧ください
https://bunshun.jp/articles/-/63219

103:

>>1 「非常に効果が強く、致死性が高いクスリを10錠も…」市川猿之助“一家心中事件” 両親が飲んだ“睡眠薬”のヤバすぎる成分《自殺ほう助で逮捕の可能性》
「文春オンライン」特集班

 日本中が激震した、歌舞伎俳優・市川猿之助(47)の“一家心中騒動”。一家は「死んで生まれ変わろう」と合意し自殺を図ったとされる。警視庁は猿之助の事情聴取を続けているが、“猿之助逮捕”が現実味を帯びてきたという。社会部記者が解説する。

「猿之助は、父親の段四郎さん(76)と母親の延子さん(75)が、猿之助が所持していた向精神薬を飲んで自殺したと供述していますが、司法解剖の結果、検出された成分は“フルニトラゼパム”だったといいます。『サイレース』という商品名で知られ、非常に効果が強く、致死性も高い。海外では持ち込みを禁止している国もあります。

“猿之助逮捕”のカウントダウン

 そんな睡眠薬を両親は10錠ほど飲んだようで、2人が意識を失ったあと、猿之助はビニール袋を顔に被せていったそうです。こうした経緯から、警視庁は、両親の自殺行為を手助けしたとして、猿之助を自殺ほう助の疑いで逮捕する方針で捜査を進めています。時期は未定ですが、容疑が固まり次第、踏み切るでしょう」

 “猿之助逮捕”のカウントダウンが始まるなか、猿之助が出演していた「市川猿之助奮闘歌舞伎公演」は5月28日に千秋楽を迎えた。公演終了後には、「若手一同は猿之助兄さんに支えられて今がある。とにかく我々はずっと味方でいようと思っています」と主演の中村隼人が涙ぐむ姿が報じられたほか、梨園関係者の間では猿之助の“再起”を願う声も多かった。だが、期待の灯は消えつつある。テレビ局関係者が声を落としてこう語る。

続きはソースをご覧ください
https://bunshun.jp/articles/-/63219


ビニール被せたのは殺人にはならんの?

151:

>>1 「非常に効果が強く、致死性が高いクスリを10錠も…」市川猿之助“一家心中事件” 両親が飲んだ“睡眠薬”のヤバすぎる成分《自殺ほう助で逮捕の可能性》
「文春オンライン」特集班

 日本中が激震した、歌舞伎俳優・市川猿之助(47)の“一家心中騒動”。一家は「死んで生まれ変わろう」と合意し自殺を図ったとされる。警視庁は猿之助の事情聴取を続けているが、“猿之助逮捕”が現実味を帯びてきたという。社会部記者が解説する。

「猿之助は、父親の段四郎さん(76)と母親の延子さん(75)が、猿之助が所持していた向精神薬を飲んで自殺したと供述していますが、司法解剖の結果、検出された成分は“フルニトラゼパム”だったといいます。『サイレース』という商品名で知られ、非常に効果が強く、致死性も高い。海外では持ち込みを禁止している国もあります。

“猿之助逮捕”のカウントダウン

 そんな睡眠薬を両親は10錠ほど飲んだようで、2人が意識を失ったあと、猿之助はビニール袋を顔に被せていったそうです。こうした経緯から、警視庁は、両親の自殺行為を手助けしたとして、猿之助を自殺ほう助の疑いで逮捕する方針で捜査を進めています。時期は未定ですが、容疑が固まり次第、踏み切るでしょう」

 “猿之助逮捕”のカウントダウンが始まるなか、猿之助が出演していた「市川猿之助奮闘歌舞伎公演」は5月28日に千秋楽を迎えた。公演終了後には、「若手一同は猿之助兄さんに支えられて今がある。とにかく我々はずっと味方でいようと思っています」と主演の中村隼人が涙ぐむ姿が報じられたほか、梨園関係者の間では猿之助の“再起”を願う声も多かった。だが、期待の灯は消えつつある。テレビ局関係者が声を落としてこう語る。

続きはソースをご覧ください
https://bunshun.jp/articles/-/63219


味方ってさぁ…なんの宣言だ
観客は感動しちゃってんの?

161:

>>1 「非常に効果が強く、致死性が高いクスリを10錠も…」市川猿之助“一家心中事件” 両親が飲んだ“睡眠薬”のヤバすぎる成分《自殺ほう助で逮捕の可能性》
「文春オンライン」特集班

 日本中が激震した、歌舞伎俳優・市川猿之助(47)の“一家心中騒動”。一家は「死んで生まれ変わろう」と合意し自殺を図ったとされる。警視庁は猿之助の事情聴取を続けているが、“猿之助逮捕”が現実味を帯びてきたという。社会部記者が解説する。

「猿之助は、父親の段四郎さん(76)と母親の延子さん(75)が、猿之助が所持していた向精神薬を飲んで自殺したと供述していますが、司法解剖の結果、検出された成分は“フルニトラゼパム”だったといいます。『サイレース』という商品名で知られ、非常に効果が強く、致死性も高い。海外では持ち込みを禁止している国もあります。

“猿之助逮捕”のカウントダウン

 そんな睡眠薬を両親は10錠ほど飲んだようで、2人が意識を失ったあと、猿之助はビニール袋を顔に被せていったそうです。こうした経緯から、警視庁は、両親の自殺行為を手助けしたとして、猿之助を自殺ほう助の疑いで逮捕する方針で捜査を進めています。時期は未定ですが、容疑が固まり次第、踏み切るでしょう」

 “猿之助逮捕”のカウントダウンが始まるなか、猿之助が出演していた「市川猿之助奮闘歌舞伎公演」は5月28日に千秋楽を迎えた。公演終了後には、「若手一同は猿之助兄さんに支えられて今がある。とにかく我々はずっと味方でいようと思っています」と主演の中村隼人が涙ぐむ姿が報じられたほか、梨園関係者の間では猿之助の“再起”を願う声も多かった。だが、期待の灯は消えつつある。テレビ局関係者が声を落としてこう語る。

続きはソースをご覧ください
https://bunshun.jp/articles/-/63219


数種類を混ぜて飲ませてる報道あったやん
単体じゃなく混ぜたことで危険度が増したんじゃね?

504:

>>1 「非常に効果が強く、致死性が高いクスリを10錠も…」市川猿之助“一家心中事件” 両親が飲んだ“睡眠薬”のヤバすぎる成分《自殺ほう助で逮捕の可能性》
「文春オンライン」特集班

 日本中が激震した、歌舞伎俳優・市川猿之助(47)の“一家心中騒動”。一家は「死んで生まれ変わろう」と合意し自殺を図ったとされる。警視庁は猿之助の事情聴取を続けているが、“猿之助逮捕”が現実味を帯びてきたという。社会部記者が解説する。

「猿之助は、父親の段四郎さん(76)と母親の延子さん(75)が、猿之助が所持していた向精神薬を飲んで自殺したと供述していますが、司法解剖の結果、検出された成分は“フルニトラゼパム”だったといいます。『サイレース』という商品名で知られ、非常に効果が強く、致死性も高い。海外では持ち込みを禁止している国もあります。

“猿之助逮捕”のカウントダウン

 そんな睡眠薬を両親は10錠ほど飲んだようで、2人が意識を失ったあと、猿之助はビニール袋を顔に被せていったそうです。こうした経緯から、警視庁は、両親の自殺行為を手助けしたとして、猿之助を自殺ほう助の疑いで逮捕する方針で捜査を進めています。時期は未定ですが、容疑が固まり次第、踏み切るでしょう」

 “猿之助逮捕”のカウントダウンが始まるなか、猿之助が出演していた「市川猿之助奮闘歌舞伎公演」は5月28日に千秋楽を迎えた。公演終了後には、「若手一同は猿之助兄さんに支えられて今がある。とにかく我々はずっと味方でいようと思っています」と主演の中村隼人が涙ぐむ姿が報じられたほか、梨園関係者の間では猿之助の“再起”を願う声も多かった。だが、期待の灯は消えつつある。テレビ局関係者が声を落としてこう語る。

続きはソースをご覧ください
https://bunshun.jp/articles/-/63219


サイレース
それはアカンやつや

513:

>>1 「非常に効果が強く、致死性が高いクスリを10錠も…」市川猿之助“一家心中事件” 両親が飲んだ“睡眠薬”のヤバすぎる成分《自殺ほう助で逮捕の可能性》
「文春オンライン」特集班

 日本中が激震した、歌舞伎俳優・市川猿之助(47)の“一家心中騒動”。一家は「死んで生まれ変わろう」と合意し自殺を図ったとされる。警視庁は猿之助の事情聴取を続けているが、“猿之助逮捕”が現実味を帯びてきたという。社会部記者が解説する。

「猿之助は、父親の段四郎さん(76)と母親の延子さん(75)が、猿之助が所持していた向精神薬を飲んで自殺したと供述していますが、司法解剖の結果、検出された成分は“フルニトラゼパム”だったといいます。『サイレース』という商品名で知られ、非常に効果が強く、致死性も高い。海外では持ち込みを禁止している国もあります。

“猿之助逮捕”のカウントダウン

 そんな睡眠薬を両親は10錠ほど飲んだようで、2人が意識を失ったあと、猿之助はビニール袋を顔に被せていったそうです。こうした経緯から、警視庁は、両親の自殺行為を手助けしたとして、猿之助を自殺ほう助の疑いで逮捕する方針で捜査を進めています。時期は未定ですが、容疑が固まり次第、踏み切るでしょう」

 “猿之助逮捕”のカウントダウンが始まるなか、猿之助が出演していた「市川猿之助奮闘歌舞伎公演」は5月28日に千秋楽を迎えた。公演終了後には、「若手一同は猿之助兄さんに支えられて今がある。とにかく我々はずっと味方でいようと思っています」と主演の中村隼人が涙ぐむ姿が報じられたほか、梨園関係者の間では猿之助の“再起”を願う声も多かった。だが、期待の灯は消えつつある。テレビ局関係者が声を落としてこう語る。

続きはソースをご覧ください
https://bunshun.jp/articles/-/63219

の記事から
>松竹は告発者を探す“犯人捜し”を行い、目を付けた人物から事情を聞いていたのです。

これで告発潰しみたいなことはやめてくれよ…

602:

>>1 「非常に効果が強く、致死性が高いクスリを10錠も…」市川猿之助“一家心中事件” 両親が飲んだ“睡眠薬”のヤバすぎる成分《自殺ほう助で逮捕の可能性》
「文春オンライン」特集班

 日本中が激震した、歌舞伎俳優・市川猿之助(47)の“一家心中騒動”。一家は「死んで生まれ変わろう」と合意し自殺を図ったとされる。警視庁は猿之助の事情聴取を続けているが、“猿之助逮捕”が現実味を帯びてきたという。社会部記者が解説する。

「猿之助は、父親の段四郎さん(76)と母親の延子さん(75)が、猿之助が所持していた向精神薬を飲んで自殺したと供述していますが、司法解剖の結果、検出された成分は“フルニトラゼパム”だったといいます。『サイレース』という商品名で知られ、非常に効果が強く、致死性も高い。海外では持ち込みを禁止している国もあります。

“猿之助逮捕”のカウントダウン

 そんな睡眠薬を両親は10錠ほど飲んだようで、2人が意識を失ったあと、猿之助はビニール袋を顔に被せていったそうです。こうした経緯から、警視庁は、両親の自殺行為を手助けしたとして、猿之助を自殺ほう助の疑いで逮捕する方針で捜査を進めています。時期は未定ですが、容疑が固まり次第、踏み切るでしょう」

 “猿之助逮捕”のカウントダウンが始まるなか、猿之助が出演していた「市川猿之助奮闘歌舞伎公演」は5月28日に千秋楽を迎えた。公演終了後には、「若手一同は猿之助兄さんに支えられて今がある。とにかく我々はずっと味方でいようと思っています」と主演の中村隼人が涙ぐむ姿が報じられたほか、梨園関係者の間では猿之助の“再起”を願う声も多かった。だが、期待の灯は消えつつある。テレビ局関係者が声を落としてこう語る。

続きはソースをご覧ください
https://bunshun.jp/articles/-/63219


「ビニール袋を頭に被せていったようです」ってwwww

まるでメロン栽培で未成熟のメロンに次々とビニール被せていくみたいに言うなよwwwww

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

177:

本当にサイレースごときの薬なら、ビニール袋による窒息が死因ということにしかなり得ないが、
本当に合意の上なら、じゃあ猿之助自身は、どうやって死ぬのか?
生き残っちゃう場合もあり得るぞって話になって、両親が遺書残しとかないとってことになると思うんだがw

190:

>>177 本当にサイレースごときの薬なら、ビニール袋による窒息が死因ということにしかなり得ないが、
本当に合意の上なら、じゃあ猿之助自身は、どうやって死ぬのか?
生き残っちゃう場合もあり得るぞって話になって、両親が遺書残しとかないとってことになると思うんだがw


遺書がなかったら、実際に無理心中を疑われてるわけだし
こうなることを見越して一筆書いてもらうよ普通なら

215:

「何故こんなことで自殺?」ってのは
薬の影響かな?とは思うけど、
直接の死因はこの薬のせいとは思えないけど。

301:

じゃあその致死率の高い薬物所持しといてなんで猿之助は死にきれてなかったんだよ
心中する気なら両親含め3人分の薬を用意しとくだろって話になるわけでな

369:

新潮ではこうなってる

>数種類の向精神薬を混ぜ合わせて1人あたり50~60錠ほど飲み込んだとされ、
>両親の遺体には消化しきれない薬が食道の部分に残っていたという。

601:

>>369 新潮ではこうなってる

>数種類の向精神薬を混ぜ合わせて1人あたり50~60錠ほど飲み込んだとされ、
>両親の遺体には消化しきれない薬が食道の部分に残っていたという。


どちらかが嘘ってことになるじゃん
信用に関わってくるけど、情報の入手先どこなんだろうね

483:

一般人ならとっくに逮捕されててもおかしくないのに歌舞伎俳優だから忖度
今現在薬を服用してる人たちにもいい迷惑になるから早く薬物死じゃないことを確定させろよ

527:

wikiによると「アルコールとの併用で、比較的高い確率で健忘を引き起こすことがあるため、
アメリカ、イギリスなどでデートレイプドラッグとして強姦等に利用された」とあるな。
もともと、悪用目的で入手してたのかもな。

531:

>>527 wikiによると「アルコールとの併用で、比較的高い確率で健忘を引き起こすことがあるため、
アメリカ、イギリスなどでデートレイプドラッグとして強姦等に利用された」とあるな。
もともと、悪用目的で入手してたのかもな。


最近は酒に入れると青くなるはず
防犯の為にね

593:

> 検出された成分は“フルニトラゼパム”だったといいます。『サイレース』という商品名で知られ、非常に効果が強く、致死性も高い。海外では持ち込みを禁止している国もあります。

嘘。
致死性高いなら袋被せて窒息死させたりしない。
また、海外ではデートドラッグとして使われる事が多いため禁止や処方期間が限定されたのであり、致死性云々はクソ無関係。

都合の良いバカを騙す作文がすぎる。

615:

29日の文春の記事では「自殺幇助で逮捕へカウントダウン」としているが、「殺人での逮捕へ待ったなし」が正しいのかもしれない。
 
(文/永野正道)

市川猿之助が両親に飲ませたのは「サイレース」10錠、文春報道で「薬が直接の死因ではない」「殺人罪確定」の声 | The Audience https://the-audience-news.com/archives/10268

623:

たかが歌舞伎役者のイメージをよくするために、薬の誤った情報を広めるのはやめるべきだ。

768:

悩みはあった、だけど少なくとも猿之助さんは五体満足な訳で、そんな子供を死に引きづり込む親がいるのか、、

794:

司法解剖の結果、検出された成分は“フルニトラゼパム”だったといいます。『サイレース』という商品名で知られ、非常に効果が強く、致死性も高い。海外では持ち込みを禁止している国もあります。


↑これ文藝春秋社社員が本気で書いてるんだるんだろうけど
レベル低いよ
心療内科医師がみたら爆笑されるw

809:

>>794 司法解剖の結果、検出された成分は“フルニトラゼパム”だったといいます。『サイレース』という商品名で知られ、非常に効果が強く、致死性も高い。海外では持ち込みを禁止している国もあります。


↑これ文藝春秋社社員が本気で書いてるんだるんだろうけど
レベル低いよ
心療内科医師がみたら爆笑されるw


ベンゾジアゼピン系に致死性なんてほぼゼロだよ
致死性高い?(;´・ω・)ウーン・・・

833:

一般人だったら自白強要させてでも殺人に持っていく
社会的影響力ある有名人だと、本人が「同意ありました」と言えば、それを示す証拠なくても「じゃ、その線でいきます」で終わり
どっちにしろ警察がさじ加減でストーリー作ってそこにはめるだけ
アホくさ

852:

猿之助にはまた舞台に戻ってほしいと思ってたけど
ビニール袋被せてと聞くとやっぱり無理かなぁと思ってる
でも市川團子や後輩に教えて陰から見守る事は出来るね

863:

>>852 猿之助にはまた舞台に戻ってほしいと思ってたけど
ビニール袋被せてと聞くとやっぱり無理かなぁと思ってる
でも市川團子や後輩に教えて陰から見守る事は出来るね


何十年も塀の中じゃない?
疑惑が本当なら。

871:

>>852 猿之助にはまた舞台に戻ってほしいと思ってたけど
ビニール袋被せてと聞くとやっぱり無理かなぁと思ってる
でも市川團子や後輩に教えて陰から見守る事は出来るね


まぁビニールは警察発表があるまでは話半分だぞ

舞台に復帰は難しいと思うけど

882:

猿之助が持っていた致死性の高いクスリを飲ませたうえ
ビニール袋を顔に被せていった

自殺ほう助というより、ほとんど殺人に思えてしまうんだが…

888:

>>882 猿之助が持っていた致死性の高いクスリを飲ませたうえ
ビニール袋を顔に被せていった

自殺ほう助というより、ほとんど殺人に思えてしまうんだが…


両親の自殺の意思が明確じゃないもんな
猿之助が言ってるだけ

937:

>>888 両親の自殺の意思が明確じゃないもんな
猿之助が言ってるだけ


それなんだよなー
両親まで自殺するような内容かっておもう
他に何かのトラブルがあったとしか

957:

>>888 両親の自殺の意思が明確じゃないもんな
猿之助が言ってるだけ


ただ、さあ
猿之助が両親を●す動機もなくね?
1人ッ子で、父親は重病で母親も高齢
わざわざ手にかけなくとも
遺産と生命保険は、そう遠くない将来転がり込んでくる

977:

>>957 ただ、さあ
猿之助が両親を●す動機もなくね?
1人ッ子で、父親は重病で母親も高齢
わざわざ手にかけなくとも
遺産と生命保険は、そう遠くない将来転がり込んでくる


早く、早く遺産が欲しい…

それしか思いつかない

991:

>>957 ただ、さあ
猿之助が両親を●す動機もなくね?
1人ッ子で、父親は重病で母親も高齢
わざわざ手にかけなくとも
遺産と生命保険は、そう遠くない将来転がり込んでくる


金は全く関係ないだろう
たぶんセブンに書かれたことが恥ずかしすぎて、それを両親に知られたのが辛くて何もかも消してしまいたかったのでは?
一応自分も死のうという気はあったのかも
でも両親を見送ったら気が済んでしまった
ありそうなことだ

897:

>>882 猿之助が持っていた致死性の高いクスリを飲ませたうえ
ビニール袋を顔に被せていった

自殺ほう助というより、ほとんど殺人に思えてしまうんだが…


まあ、自殺幇助で幕引きだろうな
執行猶予になるだろうけどさ
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1685343979

Comments 0

コメントはまだありません。