吉本ばなな「意見を言っても、『原作者はデリケートだから』とダダをこねる幼児みたいにあやされることもあった」 - アニメ
げいのうまとめんぬ

吉本ばなな「意見を言っても、『原作者はデリケートだから』とダダをこねる幼児みたいにあやされることもあった」

2024/02/02
アニメ 0
  • 1/31(水) 13:07配信日刊スポーツ 作家吉本ばなな氏が31日までに自身のX(旧ツイッター)を更新。
  • 日本テレビ系ドラマ「セクシー田中さん」原作の漫画家、芦原妃名子さんの訃報に、思いをつづった。
  • 吉本氏は「原作者として、長年、国内外のいろんな脚本家監督プロデューサーと巡り合いました。
  • すばらしい人もいれば、最低の人もいました。
  • 悪気なく、面白くなる!と酷い脚色をする人もいました。
  • 意見を言っても、『原作者はデリケートだから』とダダをこねる幼児みたいにあやされることもありました。
  • 作品に出てくるキャラクターは自分の子どもみたいなもので、ほんとうに耐えられないときは意見を言い、受け入れられず悔しくて泣いた夜もありました。
  • 脚本家もプロだから、自分の世界を描きたくなるのも当然でしょう。
  • 直前に、ドラマ内容についてスタッフと意見の食い違いなどがあったことを自身のSNSで明かしており、その後、当該文章などを削除。
  • ごめんなさい」と投稿していた。

1:

1/31(水) 13:07配信 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/29e51ed47c48554fad9858a8f1772fd6bf128eb4

 作家吉本ばなな氏が31日までに自身のX(旧ツイッター)を更新。日本テレビ系ドラマ「セクシー田中さん」原作の漫画家、芦原妃名子さんの訃報に、思いをつづった。

 吉本氏は「原作者として、長年、国内外のいろんな脚本家監督プロデューサーと巡り合いました。すばらしい人もいれば、最低の人もいました。悪気なく、面白くなる!と酷い脚色をする人もいました。意見を言っても、『原作者はデリケートだから』とダダをこねる幼児みたいにあやされることもありました。作品に出てくるキャラクターは自分の子どもみたいなもので、ほんとうに耐えられないときは意見を言い、受け入れられず悔しくて泣いた夜もありました。脚本家もプロだから、自分の世界を描きたくなるのも当然でしょう。バランスが難しい問題です」と記した。

 芦原さんは29日に栃木県内で発見され、死亡が確認された。50歳だった。28日夜に知人から警視庁に行方不明届が出されていた。直前に、ドラマ内容についてスタッフと意見の食い違いなどがあったことを自身のSNSで明かしており、その後、当該文章などを削除。28日午後に「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」と投稿していた。

 吉本氏は「今わかることは、どんな目にあっても良い原作は必ず長く残るということです。誰もそのときの作品を汚すことはできない、作者さえも。だから、死なないでほしかった。原作の田中さんや朱里ちゃんの真摯な思いやダンスというものの神聖さや奇跡は永遠です。あまりにも悲しい、デリケートな話題だからコメントには返信しませんが、私は上記のように考えます」と述べた。

39:

>>1 1/31(水) 13:07配信 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/29e51ed47c48554fad9858a8f1772fd6bf128eb4

 作家吉本ばなな氏が31日までに自身のX(旧ツイッター)を更新。日本テレビ系ドラマ「セクシー田中さん」原作の漫画家、芦原妃名子さんの訃報に、思いをつづった。

 吉本氏は「原作者として、長年、国内外のいろんな脚本家監督プロデューサーと巡り合いました。すばらしい人もいれば、最低の人もいました。悪気なく、面白くなる!と酷い脚色をする人もいました。意見を言っても、『原作者はデリケートだから』とダダをこねる幼児みたいにあやされることもありました。作品に出てくるキャラクターは自分の子どもみたいなもので、ほんとうに耐えられないときは意見を言い、受け入れられず悔しくて泣いた夜もありました。脚本家もプロだから、自分の世界を描きたくなるのも当然でしょう。バランスが難しい問題です」と記した。

 芦原さんは29日に栃木県内で発見され、死亡が確認された。50歳だった。28日夜に知人から警視庁に行方不明届が出されていた。直前に、ドラマ内容についてスタッフと意見の食い違いなどがあったことを自身のSNSで明かしており、その後、当該文章などを削除。28日午後に「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」と投稿していた。

 吉本氏は「今わかることは、どんな目にあっても良い原作は必ず長く残るということです。誰もそのときの作品を汚すことはできない、作者さえも。だから、死なないでほしかった。原作の田中さんや朱里ちゃんの真摯な思いやダンスというものの神聖さや奇跡は永遠です。あまりにも悲しい、デリケートな話題だからコメントには返信しませんが、私は上記のように考えます」と述べた。

>脚本家もプロだから、自分の世界を描きたくなるのも当然でしょう。バランスが難しい問題です」

今回だってプロかどうかはともかく絶対に揉めたり改悪されるのわかってたから、原作者は事前に対策してたんだろ
バランスの問題じゃないよ
日テレが騙したせい

72:

>>39>脚本家もプロだから、自分の世界を描きたくなるのも当然でしょう。バランスが難しい問題です」

今回だってプロかどうかはともかく絶対に揉めたり改悪されるのわかってたから、原作者は事前に対策してたんだろ
バランスの問題じゃないよ
日テレが騙したせい


それはある。
脚本家がどうのというより、周りのマネジメント能力が低い可能性が高い。
脚本家がアテクシ物語を書いてきても、原作者に見せる以前にチーフPが突き返せばいいわけだし。

43:

>>1 1/31(水) 13:07配信 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/29e51ed47c48554fad9858a8f1772fd6bf128eb4

 作家吉本ばなな氏が31日までに自身のX(旧ツイッター)を更新。日本テレビ系ドラマ「セクシー田中さん」原作の漫画家、芦原妃名子さんの訃報に、思いをつづった。

 吉本氏は「原作者として、長年、国内外のいろんな脚本家監督プロデューサーと巡り合いました。すばらしい人もいれば、最低の人もいました。悪気なく、面白くなる!と酷い脚色をする人もいました。意見を言っても、『原作者はデリケートだから』とダダをこねる幼児みたいにあやされることもありました。作品に出てくるキャラクターは自分の子どもみたいなもので、ほんとうに耐えられないときは意見を言い、受け入れられず悔しくて泣いた夜もありました。脚本家もプロだから、自分の世界を描きたくなるのも当然でしょう。バランスが難しい問題です」と記した。

 芦原さんは29日に栃木県内で発見され、死亡が確認された。50歳だった。28日夜に知人から警視庁に行方不明届が出されていた。直前に、ドラマ内容についてスタッフと意見の食い違いなどがあったことを自身のSNSで明かしており、その後、当該文章などを削除。28日午後に「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」と投稿していた。

 吉本氏は「今わかることは、どんな目にあっても良い原作は必ず長く残るということです。誰もそのときの作品を汚すことはできない、作者さえも。だから、死なないでほしかった。原作の田中さんや朱里ちゃんの真摯な思いやダンスというものの神聖さや奇跡は永遠です。あまりにも悲しい、デリケートな話題だからコメントには返信しませんが、私は上記のように考えます」と述べた。


原作者の扱いがおかしい、馬鹿にしすぎだろテレビ局

67:

>>1 1/31(水) 13:07配信 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/29e51ed47c48554fad9858a8f1772fd6bf128eb4

 作家吉本ばなな氏が31日までに自身のX(旧ツイッター)を更新。日本テレビ系ドラマ「セクシー田中さん」原作の漫画家、芦原妃名子さんの訃報に、思いをつづった。

 吉本氏は「原作者として、長年、国内外のいろんな脚本家監督プロデューサーと巡り合いました。すばらしい人もいれば、最低の人もいました。悪気なく、面白くなる!と酷い脚色をする人もいました。意見を言っても、『原作者はデリケートだから』とダダをこねる幼児みたいにあやされることもありました。作品に出てくるキャラクターは自分の子どもみたいなもので、ほんとうに耐えられないときは意見を言い、受け入れられず悔しくて泣いた夜もありました。脚本家もプロだから、自分の世界を描きたくなるのも当然でしょう。バランスが難しい問題です」と記した。

 芦原さんは29日に栃木県内で発見され、死亡が確認された。50歳だった。28日夜に知人から警視庁に行方不明届が出されていた。直前に、ドラマ内容についてスタッフと意見の食い違いなどがあったことを自身のSNSで明かしており、その後、当該文章などを削除。28日午後に「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」と投稿していた。

 吉本氏は「今わかることは、どんな目にあっても良い原作は必ず長く残るということです。誰もそのときの作品を汚すことはできない、作者さえも。だから、死なないでほしかった。原作の田中さんや朱里ちゃんの真摯な思いやダンスというものの神聖さや奇跡は永遠です。あまりにも悲しい、デリケートな話題だからコメントには返信しませんが、私は上記のように考えます」と述べた。


「脚本家もプロだから、自分の世界を描きたくなるのも当然でしょう」
は?なんで他人の作品で自分の世界を描くんだよw
脚本家は漫画や小説をドラマで演じれるように台本に変えるのが仕事だろ
何を言ってるんだよ

97:

>>67 「脚本家もプロだから、自分の世界を描きたくなるのも当然でしょう」
は?なんで他人の作品で自分の世界を描くんだよw
脚本家は漫画や小説をドラマで演じれるように台本に変えるのが仕事だろ
何を言ってるんだよ


そう
プロだからと言う割に原作者をプロとして認めないし、話したがるのはプロ設定が脚本家やテレビ屋側っていうエピソードばかり

いやいや君等がそこで原作者をプロとして認めないからあんなことになったんじゃないのかと

473:

>>67 「脚本家もプロだから、自分の世界を描きたくなるのも当然でしょう」
は?なんで他人の作品で自分の世界を描くんだよw
脚本家は漫画や小説をドラマで演じれるように台本に変えるのが仕事だろ
何を言ってるんだよ


同意
「プロだから自分の世界を描きたくなる」なら尚更原作ありきじゃなくて本人が1からオリジナルを書けば良いわけで
原作付きでプロだから自分の世界を描きたくなるのはただ楽したいだけだろ
こっちの方が育たんよ

345:

>>1 1/31(水) 13:07配信 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/29e51ed47c48554fad9858a8f1772fd6bf128eb4

 作家吉本ばなな氏が31日までに自身のX(旧ツイッター)を更新。日本テレビ系ドラマ「セクシー田中さん」原作の漫画家、芦原妃名子さんの訃報に、思いをつづった。

 吉本氏は「原作者として、長年、国内外のいろんな脚本家監督プロデューサーと巡り合いました。すばらしい人もいれば、最低の人もいました。悪気なく、面白くなる!と酷い脚色をする人もいました。意見を言っても、『原作者はデリケートだから』とダダをこねる幼児みたいにあやされることもありました。作品に出てくるキャラクターは自分の子どもみたいなもので、ほんとうに耐えられないときは意見を言い、受け入れられず悔しくて泣いた夜もありました。脚本家もプロだから、自分の世界を描きたくなるのも当然でしょう。バランスが難しい問題です」と記した。

 芦原さんは29日に栃木県内で発見され、死亡が確認された。50歳だった。28日夜に知人から警視庁に行方不明届が出されていた。直前に、ドラマ内容についてスタッフと意見の食い違いなどがあったことを自身のSNSで明かしており、その後、当該文章などを削除。28日午後に「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」と投稿していた。

 吉本氏は「今わかることは、どんな目にあっても良い原作は必ず長く残るということです。誰もそのときの作品を汚すことはできない、作者さえも。だから、死なないでほしかった。原作の田中さんや朱里ちゃんの真摯な思いやダンスというものの神聖さや奇跡は永遠です。あまりにも悲しい、デリケートな話題だからコメントには返信しませんが、私は上記のように考えます」と述べた。


小学館 は実際 こんな風に考えてたんだろうな
自分らの役目はむずかる原作者のお守りがかり

あやして謝るのが仕事っていう割り切り

そういう感覚で食ってる相談員もどきは結構多いと思うけど、実際には依頼者から見たら たまったもんじゃないんだよね

諦めさせられてるだけで

349:

>>345 小学館 は実際 こんな風に考えてたんだろうな
自分らの役目はむずかる原作者のお守りがかり

あやして謝るのが仕事っていう割り切り

そういう感覚で食ってる相談員もどきは結構多いと思うけど、実際には依頼者から見たら たまったもんじゃないんだよね

諦めさせられてるだけで


そういうのついこの前相棒かなんか刑事ドラマで見たような気がする

353:

>>1 1/31(水) 13:07配信 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/29e51ed47c48554fad9858a8f1772fd6bf128eb4

 作家吉本ばなな氏が31日までに自身のX(旧ツイッター)を更新。日本テレビ系ドラマ「セクシー田中さん」原作の漫画家、芦原妃名子さんの訃報に、思いをつづった。

 吉本氏は「原作者として、長年、国内外のいろんな脚本家監督プロデューサーと巡り合いました。すばらしい人もいれば、最低の人もいました。悪気なく、面白くなる!と酷い脚色をする人もいました。意見を言っても、『原作者はデリケートだから』とダダをこねる幼児みたいにあやされることもありました。作品に出てくるキャラクターは自分の子どもみたいなもので、ほんとうに耐えられないときは意見を言い、受け入れられず悔しくて泣いた夜もありました。脚本家もプロだから、自分の世界を描きたくなるのも当然でしょう。バランスが難しい問題です」と記した。

 芦原さんは29日に栃木県内で発見され、死亡が確認された。50歳だった。28日夜に知人から警視庁に行方不明届が出されていた。直前に、ドラマ内容についてスタッフと意見の食い違いなどがあったことを自身のSNSで明かしており、その後、当該文章などを削除。28日午後に「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」と投稿していた。

 吉本氏は「今わかることは、どんな目にあっても良い原作は必ず長く残るということです。誰もそのときの作品を汚すことはできない、作者さえも。だから、死なないでほしかった。原作の田中さんや朱里ちゃんの真摯な思いやダンスというものの神聖さや奇跡は永遠です。あまりにも悲しい、デリケートな話題だからコメントには返信しませんが、私は上記のように考えます」と述べた。


おまえは売れてた頃から変なことばっかやってたよな

401:

>>1 1/31(水) 13:07配信 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/29e51ed47c48554fad9858a8f1772fd6bf128eb4

 作家吉本ばなな氏が31日までに自身のX(旧ツイッター)を更新。日本テレビ系ドラマ「セクシー田中さん」原作の漫画家、芦原妃名子さんの訃報に、思いをつづった。

 吉本氏は「原作者として、長年、国内外のいろんな脚本家監督プロデューサーと巡り合いました。すばらしい人もいれば、最低の人もいました。悪気なく、面白くなる!と酷い脚色をする人もいました。意見を言っても、『原作者はデリケートだから』とダダをこねる幼児みたいにあやされることもありました。作品に出てくるキャラクターは自分の子どもみたいなもので、ほんとうに耐えられないときは意見を言い、受け入れられず悔しくて泣いた夜もありました。脚本家もプロだから、自分の世界を描きたくなるのも当然でしょう。バランスが難しい問題です」と記した。

 芦原さんは29日に栃木県内で発見され、死亡が確認された。50歳だった。28日夜に知人から警視庁に行方不明届が出されていた。直前に、ドラマ内容についてスタッフと意見の食い違いなどがあったことを自身のSNSで明かしており、その後、当該文章などを削除。28日午後に「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」と投稿していた。

 吉本氏は「今わかることは、どんな目にあっても良い原作は必ず長く残るということです。誰もそのときの作品を汚すことはできない、作者さえも。だから、死なないでほしかった。原作の田中さんや朱里ちゃんの真摯な思いやダンスというものの神聖さや奇跡は永遠です。あまりにも悲しい、デリケートな話題だからコメントには返信しませんが、私は上記のように考えます」と述べた。


脚本家もプロだから、自分の世界を描きたくなる
→ 原作者にとっては、改悪以外の何者でもなかった

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

22:

まさに消された脚本家協会動画の緊急対談とやらに出てくる脚本家が言ってたわ

原作者には2種類いてお任せ型の人と初めて本を書いて賞取ったから思い入れがあって原作変えないでというような人、それは裁判にもなって~

って例示にしてた

お任せじゃない方は新人なんだってさ
脚本家さまはそういう認識らしいよ

27:

>>22 まさに消された脚本家協会動画の緊急対談とやらに出てくる脚本家が言ってたわ

原作者には2種類いてお任せ型の人と初めて本を書いて賞取ったから思い入れがあって原作変えないでというような人、それは裁判にもなって~

って例示にしてた

お任せじゃない方は新人なんだってさ
脚本家さまはそういう認識らしいよ


脚本家はマジで考えを改めるべきだわなあ
どうしてそんなおかしな認識になるんだろう

57:

>>22 まさに消された脚本家協会動画の緊急対談とやらに出てくる脚本家が言ってたわ

原作者には2種類いてお任せ型の人と初めて本を書いて賞取ったから思い入れがあって原作変えないでというような人、それは裁判にもなって~

って例示にしてた

お任せじゃない方は新人なんだってさ
脚本家さまはそういう認識らしいよ

追加
「原作には用があるけど原作者には用はないから会う必要なし」
「原作のトレースじゃ脚本家が育たないから原作改変は我慢するべき」
「オリジナルを作るのは苦労するから原作をオリジナル化してる」



キャラ変えたり増やしたり、変な恋愛要素入れたり結末を変えたりされて、
「人件費以外に広告やタイアップの費用、数億数十億が原作者あなた一人のワガママで飛ぶんですよ?」って言われたら俺は絶対に泣き寝入りする自信ある

87:

>>57追加
「原作には用があるけど原作者には用はないから会う必要なし」
「原作のトレースじゃ脚本家が育たないから原作改変は我慢するべき」
「オリジナルを作るのは苦労するから原作をオリジナル化してる」



キャラ変えたり増やしたり、変な恋愛要素入れたり結末を変えたりされて、
「人件費以外に広告やタイアップの費用、数億数十億が原作者あなた一人のワガママで飛ぶんですよ?」って言われたら俺は絶対に泣き寝入りする自信ある


原作者さんもそういうこと言われたんだろうな…

108:

>>57追加
「原作には用があるけど原作者には用はないから会う必要なし」
「原作のトレースじゃ脚本家が育たないから原作改変は我慢するべき」
「オリジナルを作るのは苦労するから原作をオリジナル化してる」



キャラ変えたり増やしたり、変な恋愛要素入れたり結末を変えたりされて、
「人件費以外に広告やタイアップの費用、数億数十億が原作者あなた一人のワガママで飛ぶんですよ?」って言われたら俺は絶対に泣き寝入りする自信ある


もう許可する際には弁護士立ち会いの元しっかりとした契約書と録音などもしておくべきだな
傲慢なテレビ屋に好き勝手させないように
反古にされたらそれらをばらまく

129:

>>108 もう許可する際には弁護士立ち会いの元しっかりとした契約書と録音などもしておくべきだな
傲慢なテレビ屋に好き勝手させないように
反古にされたらそれらをばらまく


今回だってちゃんと契約自体はしてたんだろうさ
芦原先生は作品を少しでも良くするのに精一杯で裁判とかする気も考えもなかっただけ

1回休憩してちゃんと判断が出来る様な状態だったら裁判とかする可能性も十分にあったけど、
数か月に及ぶ過酷な状況だったので自死を選ぶぐらいに疲れ果ててたからね

40:

>誰もそのときの作品を汚すことはできない、作者さえも。だから、死なないでほしかった。

さすがだな
ドラマがどうなろうと死んじゃ駄目だったんだ。作品にケチをつけちゃったのは作者自身

70:

>>40 >誰もそのときの作品を汚すことはできない、作者さえも。だから、死なないでほしかった。

さすがだな
ドラマがどうなろうと死んじゃ駄目だったんだ。作品にケチをつけちゃったのは作者自身


テレビ局やら出版社やらの醜悪さとは別問題として
そこはキッチリ言っていかんとダメだよな
この手のトラブルに自死での解決を選んだ時点で
あなたの全面的勝利は無くなるよと

83:

>>40 >誰もそのときの作品を汚すことはできない、作者さえも。だから、死なないでほしかった。

さすがだな
ドラマがどうなろうと死んじゃ駄目だったんだ。作品にケチをつけちゃったのは作者自身


お前の言ってる事は矛盾じゃん

54:

テレビ、映画業界は
脚本家は苦労する人で身内なんだろう

そして原作者は外野で、苦労も知らないから制作の現場も知らないから意見してくる人

という思考がほぼ全員にこびりついてるようです

原作者もプロだ、ということすら併せて言わないのに
脚本家がプロだということ忘れるな、脚本家の立場を考えるべき、
芦原先生の件では世間の皆様は脚本家のことをちゃんと考えてもらいたい、という感じみたいよ

そのためなら脚本家は原作を尊重もしないし原作者が踏み台になろうがどうでもいいみたい

78:

もうこれ全原作者で立ち上がらないと駄目だな

>>54 テレビ、映画業界は
脚本家は苦労する人で身内なんだろう

そして原作者は外野で、苦労も知らないから制作の現場も知らないから意見してくる人

という思考がほぼ全員にこびりついてるようです

原作者もプロだ、ということすら併せて言わないのに
脚本家がプロだということ忘れるな、脚本家の立場を考えるべき、
芦原先生の件では世間の皆様は脚本家のことをちゃんと考えてもらいたい、という感じみたいよ

そのためなら脚本家は原作を尊重もしないし原作者が踏み台になろうがどうでもいいみたい


苦労てコピペ改変してるだけだろっていうねw
ではご自分でゼロから作って下さい
で終わらせるべきだな

63:

>悪気なく、面白くなる!と酷い脚色をする人もいました。
>意見を言っても、『原作者はデリケートだから』とダダをこねる幼児みたいにあやされることもありました。

もうなんかテレビ業界の制作陣の才能ないくせにイケイケのノリだけでゴリ押して行こうとする雰囲気が伝わってくるw

74:

>>63 >悪気なく、面白くなる!と酷い脚色をする人もいました。
>意見を言っても、『原作者はデリケートだから』とダダをこねる幼児みたいにあやされることもありました。

もうなんかテレビ業界の制作陣の才能ないくせにイケイケのノリだけでゴリ押して行こうとする雰囲気が伝わってくるw


何で自分で0から生み出せないのに
人の作品を弄くり回して面白くなるのよね

85:

脚本家も必要なんだろうし、良い改変もあるのだろうが
「原作者の意図に反して」はダメだよね

原作付きでの脚本で
「アタシもプロなんだから」て言うなら
原作者を満足させてこそプロの仕事でしょう
何度も書き直しさせられたんじゃ良い仕事とは言えない
漫画をドラマに「翻訳」する仕事をしてもらいたいのに
同人ドラマを制作されたのでは堪らん
以上の認識をテレビ局の制作も理解してる
ドラマにあった脚本家を起用するように気をつけてもらいたいね

92:

日テレに原作通りという方針が伝わっていなかった説は考えづらいんだよな。
フジの報道じたいが匿名関係者情報とか言ってるし。
それに、1~8話で全て原作者直しが入ったんでしょ?
もし、小学館側が原作通りと伝えていなかったとしても、原作通りにやらないと原作者が直してくると分かっていたはず。
何も言われてなくても、普通1話目でアレ?となり、2話目で気付き、3話では事前対応するだろう。
同じ修正作業が連続したら、犬や猫でも学習するだろう。

101:

ドラマ化されたら主役は出演タレントであって原作者でも脚本家でもない。

出演タレントをタレントやプロデューサーが望む演出をできるようにするのが脚本家。

原作者の仕事は原作を渡した時点で終わってる。

渡すのが嫌なら断ればいいだけ。

作品は子どものようなものというが
ドラマ化して話題になって注目されない、
お金も欲しい、本も売れて欲しいという欲に負けた時点で
子どもを売ったんだよ

116:

>>101 ドラマ化されたら主役は出演タレントであって原作者でも脚本家でもない。

出演タレントをタレントやプロデューサーが望む演出をできるようにするのが脚本家。

原作者の仕事は原作を渡した時点で終わってる。

渡すのが嫌なら断ればいいだけ。

作品は子どものようなものというが
ドラマ化して話題になって注目されない、
お金も欲しい、本も売れて欲しいという欲に負けた時点で
子どもを売ったんだよ


再三に断ってもしつこく来て原作通りにしますからって約束までされたんだけど・・・

235:

>>101 ドラマ化されたら主役は出演タレントであって原作者でも脚本家でもない。

出演タレントをタレントやプロデューサーが望む演出をできるようにするのが脚本家。

原作者の仕事は原作を渡した時点で終わってる。

渡すのが嫌なら断ればいいだけ。

作品は子どものようなものというが
ドラマ化して話題になって注目されない、
お金も欲しい、本も売れて欲しいという欲に負けた時点で
子どもを売ったんだよ


気は確かか?

120:

マスコミ業界で「コンプライアンス」なんてのが言われだしたのが、ここ10数年前だからな
それまではマスコミの世界もろくでもないから

吉本ばななは昭和末期から活動してるから
それはまあ、舐めた真似をされ続けたんだろ

141:

有名な小説家が、自分の作品が映画化されて
試写を見て「映像になると、言葉が死んでしまうんだな」
という感想を持ったそうだ

そもそも活字の世界を、映像にするのが無理なんだろうね
登場人物は、どうしても役者のキャラクターになるからな

156:

>>141 有名な小説家が、自分の作品が映画化されて
試写を見て「映像になると、言葉が死んでしまうんだな」
という感想を持ったそうだ

そもそも活字の世界を、映像にするのが無理なんだろうね
登場人物は、どうしても役者のキャラクターになるからな


今回の事と

関係ない話だよね

176:

>>141 有名な小説家が、自分の作品が映画化されて
試写を見て「映像になると、言葉が死んでしまうんだな」
という感想を持ったそうだ

そもそも活字の世界を、映像にするのが無理なんだろうね
登場人物は、どうしても役者のキャラクターになるからな


日本の映画やドラマってなんでもセリフで表現しようとするのが多くて陳腐になるんだよな
セリフがなくても間とか無言のシーンの表現とか視聴者が理解できないという言い訳で本当は出来る技量が無いだけ

186:

>>176 日本の映画やドラマってなんでもセリフで表現しようとするのが多くて陳腐になるんだよな
セリフがなくても間とか無言のシーンの表現とか視聴者が理解できないという言い訳で本当は出来る技量が無いだけ


ゴールデンカムイの映画が珍しくそれができててびっくりしたわ

159:

脚本家もプロだから、と言うけど、あの脚本家はプロとして
どうなのよ?結局は降ろされ、降ろされたことを真摯に受け
止めず、原作者を見下すような発言や言い訳したりと。そこ
にはプロとしての誇りなどはみえず、無責任極まりない態度
がイッパイイッパイだった原作者を一層追い詰めてしまった。

179:

>>159 脚本家もプロだから、と言うけど、あの脚本家はプロとして
どうなのよ?結局は降ろされ、降ろされたことを真摯に受け
止めず、原作者を見下すような発言や言い訳したりと。そこ
にはプロとしての誇りなどはみえず、無責任極まりない態度
がイッパイイッパイだった原作者を一層追い詰めてしまった。


そもそも脚本や言葉のプロなら
自分の行動で原作者が弁明や説明で本当のことが明るみに出る
そして実際に世論や影響がどう出るかがわかるわな
それがわかってない時点でプロじゃねーよ
今のご時世一般人のほうがSNSでいらんことすりゃ炎上するて理解してるわな

197:

>>179 そもそも脚本や言葉のプロなら
自分の行動で原作者が弁明や説明で本当のことが明るみに出る
そして実際に世論や影響がどう出るかがわかるわな
それがわかってない時点でプロじゃねーよ
今のご時世一般人のほうがSNSでいらんことすりゃ炎上するて理解してるわな


多分これまでの半年間これよりも遥かに高圧的で失礼な態度で言い負かしてきたんでしょうね制作陣全体で
世間的にはドン引きするような嫌味な投稿って分からないくらい感覚がおかしくなってるだろうな

165:

日テレの過剰なポリコレ体質が悪いと思う。
夜のニュース番組に自社のオカマを出していた時点で狂ってると感じたよ。
その過剰なポリコレで、女原作の女漫画だから、Pも女、脚本家も女とポリコレったんだろ?
仕事ができるできないではなく、女だからと人と集めた。
その結果、仕事できない女だらけで仕事をする事となり自殺騒ぎ。

239:

>だから、死なないでほしかった。

これはセカンドレイプだろ
芦原さんがどんなに悩んだかわからないんだから、いくら原作者仲間とはいえ、軽々しく「死なないで」などと言うものでは無い

242:

>>239 >だから、死なないでほしかった。

これはセカンドレイプだろ
芦原さんがどんなに悩んだかわからないんだから、いくら原作者仲間とはいえ、軽々しく「死なないで」などと言うものでは無い


意味が分からない
引っ込んでろ

378:

僕の考えた最強の脚本も、つまるとこ原作ありきだし敬意と尊重は必要だよね
僕の考えた最強の脚本なんて、枝分かれする未來のひとつの決めつけであるし、違うんだと言われれば違う
未完の作品ならなおのこと、原作者が書きたいことから大きく遺脱せず、あるいは少々遺脱したとしても原作者に喜んでいただけるようなものを作って欲しいと思う
原作者は原作者であると同時に視聴者でもあり、批評家でもあるから

438:

原作者は自分の金で映像化するか
映像化の話は、海外の企業や業界しか受けない
ってなるだろうな
国内で頼むと圧力で自殺に追い込まれちゃうんだから
国内の業界の方々には、自分たちの長年のやらかしを反省してもらうために
仕事を与えないのが一番かもしれんね
日本の原作なんて今や世界が待ち望んでいるし
別に映像化しないでも十分に食っていける方々だし
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1706810098

Comments 0

コメントはまだありません。