日本代表、役者揃った堂安、久保、上田がゴール!バーレーン下し8強 三笘も初出場 アジア杯 - 芸能人
げいのうまとめんぬ

日本代表、役者揃った堂安、久保、上田がゴール!バーレーン下し8強 三笘も初出場 アジア杯

2024/02/01
芸能人 0
  • <アジアカップ(アジア杯):日本3-1バーレーン>◇決勝トーナメント1回戦◇31日◇カタール 1次リーグD組を2位突破した日本代表(FIFAランキング17位)が、バーレーン(同86位)に3-1と快勝し、順当に準々決勝へ駒を進めた。
  • 9大会連続の8強入りとなった。
  • 左足首痛で1次リーグの3試合を欠場したMF三笘薫が、今大会初めてベンチ入りした。
  • 3大会ぶり5度目の優勝に向けて一発勝負の決勝トーナメント。
  • 森保一監督はようやくジョーカーを手元に置いた。
  • 日本は立ち上がりから攻勢をかけた。
  • 前半10分、左CKからMF久保建英が入れたボールをFW上田綺世がヘディングシュート。
  • 4分にはMF久保建英が相手選手のボールをカットし、中央の上田へパスを流し、そのまま左前方のスペースへ進入。
  • そこへリターンのボールが入り、左足でゴールを決めた。
  • 充実した戦力を備えて3大会ぶりの優勝に向け、アジアの盟主・日本がいよいよ本気モードに入った。

1:

<アジアカップ(アジア杯):日本3-1バーレーン>◇決勝トーナメント1回戦◇31日◇カタール
 1次リーグD組を2位突破した日本代表(FIFAランキング17位)が、バーレーン(同86位)に3-1と快勝し、順当に準々決勝へ駒を進めた。9大会連続の8強入りとなった。
 左足首痛で1次リーグの3試合を欠場したMF三笘薫が、今大会初めてベンチ入りした。3大会ぶり5度目の優勝に向けて一発勝負の決勝トーナメント。森保一監督はようやくジョーカーを手元に置いた。
 日本は立ち上がりから攻勢をかけた。前半10分、左CKからMF久保建英が入れたボールをFW上田綺世がヘディングシュート。枠内に鋭く飛んだがGKの好セーブに阻まれた。
 同12分にはカウンターからFWユスフに独走されシュートを打たれたが、GK鈴木彩艶が体を投げ出してセーブ。オフサイド判定だったが、鈴木が一戦ごとに調子を上げていることを示した。
 そして均衡が破れたのは前半31分。インドネシア戦に続き右サイドバックで先発したDF毎熊晟矢が、30メートル近い距離から強烈なミドルシュート。これがゴールひだるポストをたたき、こぼれたところをMF堂安律が左足で押し込んだ。幸先良く1-0とした。
 だが先制した直後、日本にアクシデントが起きた。MF旗手怜央が足を痛め、ピッチに座り込んだ。前半35分で途中交代となり、1分後に遅れてMF守田英正がピッチに入った。
 アディショナルタイムにバーレーンが日本陣内に攻め込んだが、中央でボールを受けたFWユスフのシュートはミートせず、日本リードで前半を終えた。毎熊、板倉滉、冨安健洋、中山雄太のDFラインに加え、最後尾の鈴木を含めた守備陣の安定感が光った。
 後半も日本はバーレーン陣内に押し込み、優勢に試合を展開。4分にはMF久保建英が相手選手のボールをカットし、中央の上田へパスを流し、そのまま左前方のスペースへ進入。そこへリターンのボールが入り、左足でゴールを決めた。すぐさま主審はオフサイドと判定。しかしOFR(オンフィールド・レビュー)で、リターンのボールは上田でなく、バーレーン選手からだったことが確認され、久保のゴールが認められた。日本は2-0とリードを広げた。
 さらに後半、右サイドでパスを受けた上田が中央へ折り返し。守田を経由し、左からゴール前へ入った中村敬斗がゴールを決めるが、これは上田がオフサイドと判定され、ノーゴールとなった。
 後半19分、日本は思わぬ失点を喫した。左CKから相手選手にヘディングシュートを打たれる。高く浮いたボールをゴールライン際でGK鈴木がキャッチが、そこへはね返そうとした上田の頭がボールに当たり、インゴールへ。まさかの上田のオウンゴールが記録され、1点差となった。
 危機感を覚えた森保監督は後半23分、中村に代えて三笘、久保に代えて南野拓実を投入。ゴールを目指して攻勢をかける中、エースの上田が面目躍如のゴールを奪った。後半27分、右サイドの毎熊からパスを受けると、前へ向いてドリブル突破。そのままゴール右から持ち込み右足でシュートを決めた。今大会通算4点目。3-1と再びリードを2点に広げた。
 後半35分に堂安に代えてDF町田浩樹、上田に代えてFW浅野拓磨をピッチに送り出した。勝てば中2日、イラン-シリアの勝者と2月3日の準々決勝で顔を合わせる。選手を代えながら、勝利とともに次を見据えた戦いを実践した。
 終盤には三笘の持ち込みから浅野が好機を迎えたが、パスが少しずれてゴールとはならなかった。終盤は町田を入れての5バックでパワープレーに対抗。森保監督の采配も冴え、危なげなく試合終了した。充実した戦力を備えて3大会ぶりの優勝に向け、アジアの盟主・日本がいよいよ本気モードに入った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5455e1d60e59b905a42189c44afc53d6f4df3159

★1が立った時間:2024/01/31(水) 22:33:08.47

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706707988/

19:

>>1 <アジアカップ(アジア杯):日本3-1バーレーン>◇決勝トーナメント1回戦◇31日◇カタール
 1次リーグD組を2位突破した日本代表(FIFAランキング17位)が、バーレーン(同86位)に3-1と快勝し、順当に準々決勝へ駒を進めた。9大会連続の8強入りとなった。
 左足首痛で1次リーグの3試合を欠場したMF三笘薫が、今大会初めてベンチ入りした。3大会ぶり5度目の優勝に向けて一発勝負の決勝トーナメント。森保一監督はようやくジョーカーを手元に置いた。
 日本は立ち上がりから攻勢をかけた。前半10分、左CKからMF久保建英が入れたボールをFW上田綺世がヘディングシュート。枠内に鋭く飛んだがGKの好セーブに阻まれた。
 同12分にはカウンターからFWユスフに独走されシュートを打たれたが、GK鈴木彩艶が体を投げ出してセーブ。オフサイド判定だったが、鈴木が一戦ごとに調子を上げていることを示した。
 そして均衡が破れたのは前半31分。インドネシア戦に続き右サイドバックで先発したDF毎熊晟矢が、30メートル近い距離から強烈なミドルシュート。これがゴールひだるポストをたたき、こぼれたところをMF堂安律が左足で押し込んだ。幸先良く1-0とした。
 だが先制した直後、日本にアクシデントが起きた。MF旗手怜央が足を痛め、ピッチに座り込んだ。前半35分で途中交代となり、1分後に遅れてMF守田英正がピッチに入った。
 アディショナルタイムにバーレーンが日本陣内に攻め込んだが、中央でボールを受けたFWユスフのシュートはミートせず、日本リードで前半を終えた。毎熊、板倉滉、冨安健洋、中山雄太のDFラインに加え、最後尾の鈴木を含めた守備陣の安定感が光った。
 後半も日本はバーレーン陣内に押し込み、優勢に試合を展開。4分にはMF久保建英が相手選手のボールをカットし、中央の上田へパスを流し、そのまま左前方のスペースへ進入。そこへリターンのボールが入り、左足でゴールを決めた。すぐさま主審はオフサイドと判定。しかしOFR(オンフィールド・レビュー)で、リターンのボールは上田でなく、バーレーン選手からだったことが確認され、久保のゴールが認められた。日本は2-0とリードを広げた。
 さらに後半、右サイドでパスを受けた上田が中央へ折り返し。守田を経由し、左からゴール前へ入った中村敬斗がゴールを決めるが、これは上田がオフサイドと判定され、ノーゴールとなった。
 後半19分、日本は思わぬ失点を喫した。左CKから相手選手にヘディングシュートを打たれる。高く浮いたボールをゴールライン際でGK鈴木がキャッチが、そこへはね返そうとした上田の頭がボールに当たり、インゴールへ。まさかの上田のオウンゴールが記録され、1点差となった。
 危機感を覚えた森保監督は後半23分、中村に代えて三笘、久保に代えて南野拓実を投入。ゴールを目指して攻勢をかける中、エースの上田が面目躍如のゴールを奪った。後半27分、右サイドの毎熊からパスを受けると、前へ向いてドリブル突破。そのままゴール右から持ち込み右足でシュートを決めた。今大会通算4点目。3-1と再びリードを2点に広げた。
 後半35分に堂安に代えてDF町田浩樹、上田に代えてFW浅野拓磨をピッチに送り出した。勝てば中2日、イラン-シリアの勝者と2月3日の準々決勝で顔を合わせる。選手を代えながら、勝利とともに次を見据えた戦いを実践した。
 終盤には三笘の持ち込みから浅野が好機を迎えたが、パスが少しずれてゴールとはならなかった。終盤は町田を入れての5バックでパワープレーに対抗。森保監督の采配も冴え、危なげなく試合終了した。充実した戦力を備えて3大会ぶりの優勝に向け、アジアの盟主・日本がいよいよ本気モードに入った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5455e1d60e59b905a42189c44afc53d6f4df3159

★1が立った時間:2024/01/31(水) 22:33:08.47

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706707988/



三笘 ドリブルからの浅野www
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1752681591938158592/pu/vid/avc1/1280x720/tp33GMg_BSTjJw3k.mp4?tag=12

100:

>>19
三笘 ドリブルからの浅野www
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1752681591938158592/pu/vid/avc1/1280x720/tp33GMg_BSTjJw3k.mp4?tag=12


90分走ってヘトヘトだったのならわからんでもないが・・・

607:

>>100 90分走ってヘトヘトだったのならわからんでもないが・・・


浅野は途中出場だぞw

155:

>>19
三笘 ドリブルからの浅野www
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1752681591938158592/pu/vid/avc1/1280x720/tp33GMg_BSTjJw3k.mp4?tag=12



浅野wwww

しかし 三笘はスゲーな

91:

>>1 <アジアカップ(アジア杯):日本3-1バーレーン>◇決勝トーナメント1回戦◇31日◇カタール
 1次リーグD組を2位突破した日本代表(FIFAランキング17位)が、バーレーン(同86位)に3-1と快勝し、順当に準々決勝へ駒を進めた。9大会連続の8強入りとなった。
 左足首痛で1次リーグの3試合を欠場したMF三笘薫が、今大会初めてベンチ入りした。3大会ぶり5度目の優勝に向けて一発勝負の決勝トーナメント。森保一監督はようやくジョーカーを手元に置いた。
 日本は立ち上がりから攻勢をかけた。前半10分、左CKからMF久保建英が入れたボールをFW上田綺世がヘディングシュート。枠内に鋭く飛んだがGKの好セーブに阻まれた。
 同12分にはカウンターからFWユスフに独走されシュートを打たれたが、GK鈴木彩艶が体を投げ出してセーブ。オフサイド判定だったが、鈴木が一戦ごとに調子を上げていることを示した。
 そして均衡が破れたのは前半31分。インドネシア戦に続き右サイドバックで先発したDF毎熊晟矢が、30メートル近い距離から強烈なミドルシュート。これがゴールひだるポストをたたき、こぼれたところをMF堂安律が左足で押し込んだ。幸先良く1-0とした。
 だが先制した直後、日本にアクシデントが起きた。MF旗手怜央が足を痛め、ピッチに座り込んだ。前半35分で途中交代となり、1分後に遅れてMF守田英正がピッチに入った。
 アディショナルタイムにバーレーンが日本陣内に攻め込んだが、中央でボールを受けたFWユスフのシュートはミートせず、日本リードで前半を終えた。毎熊、板倉滉、冨安健洋、中山雄太のDFラインに加え、最後尾の鈴木を含めた守備陣の安定感が光った。
 後半も日本はバーレーン陣内に押し込み、優勢に試合を展開。4分にはMF久保建英が相手選手のボールをカットし、中央の上田へパスを流し、そのまま左前方のスペースへ進入。そこへリターンのボールが入り、左足でゴールを決めた。すぐさま主審はオフサイドと判定。しかしOFR(オンフィールド・レビュー)で、リターンのボールは上田でなく、バーレーン選手からだったことが確認され、久保のゴールが認められた。日本は2-0とリードを広げた。
 さらに後半、右サイドでパスを受けた上田が中央へ折り返し。守田を経由し、左からゴール前へ入った中村敬斗がゴールを決めるが、これは上田がオフサイドと判定され、ノーゴールとなった。
 後半19分、日本は思わぬ失点を喫した。左CKから相手選手にヘディングシュートを打たれる。高く浮いたボールをゴールライン際でGK鈴木がキャッチが、そこへはね返そうとした上田の頭がボールに当たり、インゴールへ。まさかの上田のオウンゴールが記録され、1点差となった。
 危機感を覚えた森保監督は後半23分、中村に代えて三笘、久保に代えて南野拓実を投入。ゴールを目指して攻勢をかける中、エースの上田が面目躍如のゴールを奪った。後半27分、右サイドの毎熊からパスを受けると、前へ向いてドリブル突破。そのままゴール右から持ち込み右足でシュートを決めた。今大会通算4点目。3-1と再びリードを2点に広げた。
 後半35分に堂安に代えてDF町田浩樹、上田に代えてFW浅野拓磨をピッチに送り出した。勝てば中2日、イラン-シリアの勝者と2月3日の準々決勝で顔を合わせる。選手を代えながら、勝利とともに次を見据えた戦いを実践した。
 終盤には三笘の持ち込みから浅野が好機を迎えたが、パスが少しずれてゴールとはならなかった。終盤は町田を入れての5バックでパワープレーに対抗。森保監督の采配も冴え、危なげなく試合終了した。充実した戦力を備えて3大会ぶりの優勝に向け、アジアの盟主・日本がいよいよ本気モードに入った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5455e1d60e59b905a42189c44afc53d6f4df3159

★1が立った時間:2024/01/31(水) 22:33:08.47

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706707988/



上田 3点目のゴール(動画)
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1752678370230308864/pu/vid/avc1/1280x720/YbPt3v06xEk-pP8Y.mp4?tag=12

390:

>>1 <アジアカップ(アジア杯):日本3-1バーレーン>◇決勝トーナメント1回戦◇31日◇カタール
 1次リーグD組を2位突破した日本代表(FIFAランキング17位)が、バーレーン(同86位)に3-1と快勝し、順当に準々決勝へ駒を進めた。9大会連続の8強入りとなった。
 左足首痛で1次リーグの3試合を欠場したMF三笘薫が、今大会初めてベンチ入りした。3大会ぶり5度目の優勝に向けて一発勝負の決勝トーナメント。森保一監督はようやくジョーカーを手元に置いた。
 日本は立ち上がりから攻勢をかけた。前半10分、左CKからMF久保建英が入れたボールをFW上田綺世がヘディングシュート。枠内に鋭く飛んだがGKの好セーブに阻まれた。
 同12分にはカウンターからFWユスフに独走されシュートを打たれたが、GK鈴木彩艶が体を投げ出してセーブ。オフサイド判定だったが、鈴木が一戦ごとに調子を上げていることを示した。
 そして均衡が破れたのは前半31分。インドネシア戦に続き右サイドバックで先発したDF毎熊晟矢が、30メートル近い距離から強烈なミドルシュート。これがゴールひだるポストをたたき、こぼれたところをMF堂安律が左足で押し込んだ。幸先良く1-0とした。
 だが先制した直後、日本にアクシデントが起きた。MF旗手怜央が足を痛め、ピッチに座り込んだ。前半35分で途中交代となり、1分後に遅れてMF守田英正がピッチに入った。
 アディショナルタイムにバーレーンが日本陣内に攻め込んだが、中央でボールを受けたFWユスフのシュートはミートせず、日本リードで前半を終えた。毎熊、板倉滉、冨安健洋、中山雄太のDFラインに加え、最後尾の鈴木を含めた守備陣の安定感が光った。
 後半も日本はバーレーン陣内に押し込み、優勢に試合を展開。4分にはMF久保建英が相手選手のボールをカットし、中央の上田へパスを流し、そのまま左前方のスペースへ進入。そこへリターンのボールが入り、左足でゴールを決めた。すぐさま主審はオフサイドと判定。しかしOFR(オンフィールド・レビュー)で、リターンのボールは上田でなく、バーレーン選手からだったことが確認され、久保のゴールが認められた。日本は2-0とリードを広げた。
 さらに後半、右サイドでパスを受けた上田が中央へ折り返し。守田を経由し、左からゴール前へ入った中村敬斗がゴールを決めるが、これは上田がオフサイドと判定され、ノーゴールとなった。
 後半19分、日本は思わぬ失点を喫した。左CKから相手選手にヘディングシュートを打たれる。高く浮いたボールをゴールライン際でGK鈴木がキャッチが、そこへはね返そうとした上田の頭がボールに当たり、インゴールへ。まさかの上田のオウンゴールが記録され、1点差となった。
 危機感を覚えた森保監督は後半23分、中村に代えて三笘、久保に代えて南野拓実を投入。ゴールを目指して攻勢をかける中、エースの上田が面目躍如のゴールを奪った。後半27分、右サイドの毎熊からパスを受けると、前へ向いてドリブル突破。そのままゴール右から持ち込み右足でシュートを決めた。今大会通算4点目。3-1と再びリードを2点に広げた。
 後半35分に堂安に代えてDF町田浩樹、上田に代えてFW浅野拓磨をピッチに送り出した。勝てば中2日、イラン-シリアの勝者と2月3日の準々決勝で顔を合わせる。選手を代えながら、勝利とともに次を見据えた戦いを実践した。
 終盤には三笘の持ち込みから浅野が好機を迎えたが、パスが少しずれてゴールとはならなかった。終盤は町田を入れての5バックでパワープレーに対抗。森保監督の采配も冴え、危なげなく試合終了した。充実した戦力を備えて3大会ぶりの優勝に向け、アジアの盟主・日本がいよいよ本気モードに入った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5455e1d60e59b905a42189c44afc53d6f4df3159

★1が立った時間:2024/01/31(水) 22:33:08.47

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706707988/


ザイオンは上田にクリア任せとかばよかったのになんで味方の頭上に腕を出してぶつけるかな・・・

446:

>>1 <アジアカップ(アジア杯):日本3-1バーレーン>◇決勝トーナメント1回戦◇31日◇カタール
 1次リーグD組を2位突破した日本代表(FIFAランキング17位)が、バーレーン(同86位)に3-1と快勝し、順当に準々決勝へ駒を進めた。9大会連続の8強入りとなった。
 左足首痛で1次リーグの3試合を欠場したMF三笘薫が、今大会初めてベンチ入りした。3大会ぶり5度目の優勝に向けて一発勝負の決勝トーナメント。森保一監督はようやくジョーカーを手元に置いた。
 日本は立ち上がりから攻勢をかけた。前半10分、左CKからMF久保建英が入れたボールをFW上田綺世がヘディングシュート。枠内に鋭く飛んだがGKの好セーブに阻まれた。
 同12分にはカウンターからFWユスフに独走されシュートを打たれたが、GK鈴木彩艶が体を投げ出してセーブ。オフサイド判定だったが、鈴木が一戦ごとに調子を上げていることを示した。
 そして均衡が破れたのは前半31分。インドネシア戦に続き右サイドバックで先発したDF毎熊晟矢が、30メートル近い距離から強烈なミドルシュート。これがゴールひだるポストをたたき、こぼれたところをMF堂安律が左足で押し込んだ。幸先良く1-0とした。
 だが先制した直後、日本にアクシデントが起きた。MF旗手怜央が足を痛め、ピッチに座り込んだ。前半35分で途中交代となり、1分後に遅れてMF守田英正がピッチに入った。
 アディショナルタイムにバーレーンが日本陣内に攻め込んだが、中央でボールを受けたFWユスフのシュートはミートせず、日本リードで前半を終えた。毎熊、板倉滉、冨安健洋、中山雄太のDFラインに加え、最後尾の鈴木を含めた守備陣の安定感が光った。
 後半も日本はバーレーン陣内に押し込み、優勢に試合を展開。4分にはMF久保建英が相手選手のボールをカットし、中央の上田へパスを流し、そのまま左前方のスペースへ進入。そこへリターンのボールが入り、左足でゴールを決めた。すぐさま主審はオフサイドと判定。しかしOFR(オンフィールド・レビュー)で、リターンのボールは上田でなく、バーレーン選手からだったことが確認され、久保のゴールが認められた。日本は2-0とリードを広げた。
 さらに後半、右サイドでパスを受けた上田が中央へ折り返し。守田を経由し、左からゴール前へ入った中村敬斗がゴールを決めるが、これは上田がオフサイドと判定され、ノーゴールとなった。
 後半19分、日本は思わぬ失点を喫した。左CKから相手選手にヘディングシュートを打たれる。高く浮いたボールをゴールライン際でGK鈴木がキャッチが、そこへはね返そうとした上田の頭がボールに当たり、インゴールへ。まさかの上田のオウンゴールが記録され、1点差となった。
 危機感を覚えた森保監督は後半23分、中村に代えて三笘、久保に代えて南野拓実を投入。ゴールを目指して攻勢をかける中、エースの上田が面目躍如のゴールを奪った。後半27分、右サイドの毎熊からパスを受けると、前へ向いてドリブル突破。そのままゴール右から持ち込み右足でシュートを決めた。今大会通算4点目。3-1と再びリードを2点に広げた。
 後半35分に堂安に代えてDF町田浩樹、上田に代えてFW浅野拓磨をピッチに送り出した。勝てば中2日、イラン-シリアの勝者と2月3日の準々決勝で顔を合わせる。選手を代えながら、勝利とともに次を見据えた戦いを実践した。
 終盤には三笘の持ち込みから浅野が好機を迎えたが、パスが少しずれてゴールとはならなかった。終盤は町田を入れての5バックでパワープレーに対抗。森保監督の采配も冴え、危なげなく試合終了した。充実した戦力を備えて3大会ぶりの優勝に向け、アジアの盟主・日本がいよいよ本気モードに入った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5455e1d60e59b905a42189c44afc53d6f4df3159

★1が立った時間:2024/01/31(水) 22:33:08.47

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706707988/



サッカーアジアカップ
準々決勝
2月3日(土)20時30分開始(日本時間)

DAZN/テレビ朝日系 生中継
日本代表 × イラン代表🇮🇷 or シリア代表🇸🇾

524:

>>446
サッカーアジアカップ
準々決勝
2月3日(土)20時30分開始(日本時間)

DAZN/テレビ朝日系 生中継
日本代表 × イラン代表🇮🇷 or シリア代表🇸🇾


うわーサマータイムマシンブルースと丸かぶりじゃん

573:

>>524 うわーサマータイムマシンブルースと丸かぶりじゃん


超名作だよねアレ

535:

>>446
サッカーアジアカップ
準々決勝
2月3日(土)20時30分開始(日本時間)

DAZN/テレビ朝日系 生中継
日本代表 × イラン代表🇮🇷 or シリア代表🇸🇾


また見やすい時間帯でラッキー

528:

>>1 <アジアカップ(アジア杯):日本3-1バーレーン>◇決勝トーナメント1回戦◇31日◇カタール
 1次リーグD組を2位突破した日本代表(FIFAランキング17位)が、バーレーン(同86位)に3-1と快勝し、順当に準々決勝へ駒を進めた。9大会連続の8強入りとなった。
 左足首痛で1次リーグの3試合を欠場したMF三笘薫が、今大会初めてベンチ入りした。3大会ぶり5度目の優勝に向けて一発勝負の決勝トーナメント。森保一監督はようやくジョーカーを手元に置いた。
 日本は立ち上がりから攻勢をかけた。前半10分、左CKからMF久保建英が入れたボールをFW上田綺世がヘディングシュート。枠内に鋭く飛んだがGKの好セーブに阻まれた。
 同12分にはカウンターからFWユスフに独走されシュートを打たれたが、GK鈴木彩艶が体を投げ出してセーブ。オフサイド判定だったが、鈴木が一戦ごとに調子を上げていることを示した。
 そして均衡が破れたのは前半31分。インドネシア戦に続き右サイドバックで先発したDF毎熊晟矢が、30メートル近い距離から強烈なミドルシュート。これがゴールひだるポストをたたき、こぼれたところをMF堂安律が左足で押し込んだ。幸先良く1-0とした。
 だが先制した直後、日本にアクシデントが起きた。MF旗手怜央が足を痛め、ピッチに座り込んだ。前半35分で途中交代となり、1分後に遅れてMF守田英正がピッチに入った。
 アディショナルタイムにバーレーンが日本陣内に攻め込んだが、中央でボールを受けたFWユスフのシュートはミートせず、日本リードで前半を終えた。毎熊、板倉滉、冨安健洋、中山雄太のDFラインに加え、最後尾の鈴木を含めた守備陣の安定感が光った。
 後半も日本はバーレーン陣内に押し込み、優勢に試合を展開。4分にはMF久保建英が相手選手のボールをカットし、中央の上田へパスを流し、そのまま左前方のスペースへ進入。そこへリターンのボールが入り、左足でゴールを決めた。すぐさま主審はオフサイドと判定。しかしOFR(オンフィールド・レビュー)で、リターンのボールは上田でなく、バーレーン選手からだったことが確認され、久保のゴールが認められた。日本は2-0とリードを広げた。
 さらに後半、右サイドでパスを受けた上田が中央へ折り返し。守田を経由し、左からゴール前へ入った中村敬斗がゴールを決めるが、これは上田がオフサイドと判定され、ノーゴールとなった。
 後半19分、日本は思わぬ失点を喫した。左CKから相手選手にヘディングシュートを打たれる。高く浮いたボールをゴールライン際でGK鈴木がキャッチが、そこへはね返そうとした上田の頭がボールに当たり、インゴールへ。まさかの上田のオウンゴールが記録され、1点差となった。
 危機感を覚えた森保監督は後半23分、中村に代えて三笘、久保に代えて南野拓実を投入。ゴールを目指して攻勢をかける中、エースの上田が面目躍如のゴールを奪った。後半27分、右サイドの毎熊からパスを受けると、前へ向いてドリブル突破。そのままゴール右から持ち込み右足でシュートを決めた。今大会通算4点目。3-1と再びリードを2点に広げた。
 後半35分に堂安に代えてDF町田浩樹、上田に代えてFW浅野拓磨をピッチに送り出した。勝てば中2日、イラン-シリアの勝者と2月3日の準々決勝で顔を合わせる。選手を代えながら、勝利とともに次を見据えた戦いを実践した。
 終盤には三笘の持ち込みから浅野が好機を迎えたが、パスが少しずれてゴールとはならなかった。終盤は町田を入れての5バックでパワープレーに対抗。森保監督の采配も冴え、危なげなく試合終了した。充実した戦力を備えて3大会ぶりの優勝に向け、アジアの盟主・日本がいよいよ本気モードに入った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5455e1d60e59b905a42189c44afc53d6f4df3159

★1が立った時間:2024/01/31(水) 22:33:08.47

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706707988/


>これがゴールひだるポストをたたき

なんかエロい

940:

>>1 <アジアカップ(アジア杯):日本3-1バーレーン>◇決勝トーナメント1回戦◇31日◇カタール
 1次リーグD組を2位突破した日本代表(FIFAランキング17位)が、バーレーン(同86位)に3-1と快勝し、順当に準々決勝へ駒を進めた。9大会連続の8強入りとなった。
 左足首痛で1次リーグの3試合を欠場したMF三笘薫が、今大会初めてベンチ入りした。3大会ぶり5度目の優勝に向けて一発勝負の決勝トーナメント。森保一監督はようやくジョーカーを手元に置いた。
 日本は立ち上がりから攻勢をかけた。前半10分、左CKからMF久保建英が入れたボールをFW上田綺世がヘディングシュート。枠内に鋭く飛んだがGKの好セーブに阻まれた。
 同12分にはカウンターからFWユスフに独走されシュートを打たれたが、GK鈴木彩艶が体を投げ出してセーブ。オフサイド判定だったが、鈴木が一戦ごとに調子を上げていることを示した。
 そして均衡が破れたのは前半31分。インドネシア戦に続き右サイドバックで先発したDF毎熊晟矢が、30メートル近い距離から強烈なミドルシュート。これがゴールひだるポストをたたき、こぼれたところをMF堂安律が左足で押し込んだ。幸先良く1-0とした。
 だが先制した直後、日本にアクシデントが起きた。MF旗手怜央が足を痛め、ピッチに座り込んだ。前半35分で途中交代となり、1分後に遅れてMF守田英正がピッチに入った。
 アディショナルタイムにバーレーンが日本陣内に攻め込んだが、中央でボールを受けたFWユスフのシュートはミートせず、日本リードで前半を終えた。毎熊、板倉滉、冨安健洋、中山雄太のDFラインに加え、最後尾の鈴木を含めた守備陣の安定感が光った。
 後半も日本はバーレーン陣内に押し込み、優勢に試合を展開。4分にはMF久保建英が相手選手のボールをカットし、中央の上田へパスを流し、そのまま左前方のスペースへ進入。そこへリターンのボールが入り、左足でゴールを決めた。すぐさま主審はオフサイドと判定。しかしOFR(オンフィールド・レビュー)で、リターンのボールは上田でなく、バーレーン選手からだったことが確認され、久保のゴールが認められた。日本は2-0とリードを広げた。
 さらに後半、右サイドでパスを受けた上田が中央へ折り返し。守田を経由し、左からゴール前へ入った中村敬斗がゴールを決めるが、これは上田がオフサイドと判定され、ノーゴールとなった。
 後半19分、日本は思わぬ失点を喫した。左CKから相手選手にヘディングシュートを打たれる。高く浮いたボールをゴールライン際でGK鈴木がキャッチが、そこへはね返そうとした上田の頭がボールに当たり、インゴールへ。まさかの上田のオウンゴールが記録され、1点差となった。
 危機感を覚えた森保監督は後半23分、中村に代えて三笘、久保に代えて南野拓実を投入。ゴールを目指して攻勢をかける中、エースの上田が面目躍如のゴールを奪った。後半27分、右サイドの毎熊からパスを受けると、前へ向いてドリブル突破。そのままゴール右から持ち込み右足でシュートを決めた。今大会通算4点目。3-1と再びリードを2点に広げた。
 後半35分に堂安に代えてDF町田浩樹、上田に代えてFW浅野拓磨をピッチに送り出した。勝てば中2日、イラン-シリアの勝者と2月3日の準々決勝で顔を合わせる。選手を代えながら、勝利とともに次を見据えた戦いを実践した。
 終盤には三笘の持ち込みから浅野が好機を迎えたが、パスが少しずれてゴールとはならなかった。終盤は町田を入れての5バックでパワープレーに対抗。森保監督の采配も冴え、危なげなく試合終了した。充実した戦力を備えて3大会ぶりの優勝に向け、アジアの盟主・日本がいよいよ本気モードに入った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5455e1d60e59b905a42189c44afc53d6f4df3159

★1が立った時間:2024/01/31(水) 22:33:08.47

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706707988/



サッカーAsianCup 2023 
トーナメント表
準々決勝日程・日本時間

2月2日(金)
🇹🇯タジキスタン 20:30 ヨルダン🇯🇴
🇦🇺オーストラリア 24:30 韓国🇰🇷

2月3日(土)
🇯🇵日本 20:30 ×(🇮🇷イランorシリア🇸🇾)
テレビ朝日 生中継 

🇶🇦カタール 24:30 ウズベキスタン🇺🇿

973:

>>940
サッカーAsianCup 2023 
トーナメント表
準々決勝日程・日本時間

2月2日(金)
🇹🇯タジキスタン 20:30 ヨルダン🇯🇴
🇦🇺オーストラリア 24:30 韓国🇰🇷

2月3日(土)
🇯🇵日本 20:30 ×(🇮🇷イランorシリア🇸🇾)
テレビ朝日 生中継 

🇶🇦カタール 24:30 ウズベキスタン🇺🇿


次は土曜の20時半か!
やべえわこれ

992:

>>973 次は土曜の20時半か!
やべえわこれ


まあ条件はイランも同じだけどな

993:

>>940
サッカーAsianCup 2023 
トーナメント表
準々決勝日程・日本時間

2月2日(金)
🇹🇯タジキスタン 20:30 ヨルダン🇯🇴
🇦🇺オーストラリア 24:30 韓国🇰🇷

2月3日(土)
🇯🇵日本 20:30 ×(🇮🇷イランorシリア🇸🇾)
テレビ朝日 生中継 

🇶🇦カタール 24:30 ウズベキスタン🇺🇿


これ見ると韓国以外と決勝に来るかも

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

24:

一位なら最高の日程でベスト4まで相手も緩くて偽サラーと10番の一番やば気なカタールも決勝まで避けられたのに

25:

>>2-9
たなかアオはW杯スペイン戦でも、試合中にチームの問題点の分析と修正と指示をしていた

ピッチ上の指揮官アオ、実質監督




「この状況に最初にアクションを起こしたのはベンチでもテクニカルエリアで立つ森保監督でもなく、ピッチにいた田中碧でした。」

「田中碧はピッチ上で戦いながら、先述した日本の守備の問題点に気が付いていました。」

結局こういうこと

80:

>>25 >>2-9
たなかアオはW杯スペイン戦でも、試合中にチームの問題点の分析と修正と指示をしていた

ピッチ上の指揮官アオ、実質監督




「この状況に最初にアクションを起こしたのはベンチでもテクニカルエリアで立つ森保監督でもなく、ピッチにいた田中碧でした。」

「田中碧はピッチ上で戦いながら、先述した日本の守備の問題点に気が付いていました。」

結局こういうこと


田中碧がいたらイラク戦も試合中にピッチ上で修正かけてくれたかもしれなかったのにな

森保は選考で舐めプし過ぎた
育成枠とか入れて枠削ってる場合じゃなかった

179:

>>80 田中碧がいたらイラク戦も試合中にピッチ上で修正かけてくれたかもしれなかったのにな

森保は選考で舐めプし過ぎた
育成枠とか入れて枠削ってる場合じゃなかった


旗手スペ体質でまた怪我したし、佐野も信用してなくて全然使わないし
ボランチ人少なすぎやな
前回も遠藤酷使で負けた

300:

>>25 >>2-9
たなかアオはW杯スペイン戦でも、試合中にチームの問題点の分析と修正と指示をしていた

ピッチ上の指揮官アオ、実質監督




「この状況に最初にアクションを起こしたのはベンチでもテクニカルエリアで立つ森保監督でもなく、ピッチにいた田中碧でした。」

「田中碧はピッチ上で戦いながら、先述した日本の守備の問題点に気が付いていました。」

結局こういうこと


旗手酷すぎてこんなんなら田中碧でええやんけと思った

115:

伊東がスタメンじゃないうえ久保が左でプレーする事多かったから
バーレーンは完全にスカウティング外されてたな
あとはワイドに幅取って空いた所に毎熊入ってズドン

200:

正直1位通過でベスト16残ってる中で一番弱いまであるだろバーレーン
お笑い失点シーンとその前の謎パンチングも信じられん…

259:

浅野は野人岡野と被る所があるな
サッカー下手なのに足の速さだけで代表まで上り詰めたところ
普段はゴールを決めないのに重要な場面でゴールを決めたから人々の印象には強く残ってるところ

岡野:ジョホールバル
浅野:W杯ドイツ戦

295:

バーレーンが基本何も出来なかったのは起点の長身FWを冨安が完全に封じてたからだろう
三笘と冨安はクオリティが世界トップレベル

360:

浅野あの短時間で4、5回チャンス無駄にしてるからな
特に怒りそうだったのは2vs3の状況で左の三笘選択しないで右に流したパス

448:

3対1で外したシーンは会場から苦笑が漏れたね
浅野がテンパってDFを十分に引きつけず南野にパス
しかもそのパスがズレて南野もテンパる
南野テンパりつつどうにかクロスを上げるも
変な高さの変なバウンドになって三笘に合わず
浅野ってなんなんだろう?

571:

バーレーン弱すぎ
今日は5点は取れたはず
オフサイド分含めて7度はゴールネットを揺らしたはず

667:

俺が森保ならあの猫パンチからの流れで相手のヘッドはゴールにトスして上田にプランチャかまして失点の時点で試合中でもGK変える

677:

中2日で準々決勝。これで次の試合休んだ伊藤と三苫を先発で使う事ができる。日本代表は試合を重ねるごとに良くなって来ている。

823:

日本にやっと待望の9番が現れたな
あとはGKだけだ

860:

上田の3点目もエグかった
バーレーンの下手糞DFだから行けたのか
分からんけどあそこで縦行くとは

934:

>>860 上田の3点目もエグかった
バーレーンの下手糞DFだから行けたのか
分からんけどあそこで縦行くとは


相手のキーパー股閉じに行ったけどシュートが速すぎたなwすげぇシュートだわあれは

955:

>>860 上田の3点目もエグかった
バーレーンの下手糞DFだから行けたのか
分からんけどあそこで縦行くとは


南野が引き付ける動きしたのが良かった

885:

失点は真上に弾いたザイオンが全てやろ
いいキーパーはバー越えるように後ろに弾く

真上に弾いてザイオンの後ろに落ちてきたからザイオンが取りに行って勢いそのままゴールライン割ってしまう可能性もあったなかで
ゴールラインと落ちてきたボールの間にいた上田なら確実に前にクリア出来るから自分が触るってなったのは必然
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1706708742

Comments 0

コメントはまだありません。