元放送作家「脚本家への誹謗中傷は絶対にやめてください」 - ドラマ
げいのうまとめんぬ

元放送作家「脚本家への誹謗中傷は絶対にやめてください」

2024/01/31
ドラマ 0
  • 1/30(火) 153配信ENCOUNT 元放送作家の長谷川良品氏が29日、Xを更新し、日本テレビ系連続ドラマ『セクシー田中さん』(昨年10月期放送)の原作者・芦原妃名子さんの訃報に関連して「脚本家への誹謗中傷は絶対にやめてください」と呼びかけた。
  • 「ドラマ化=『マスへの伝達をエクスキューズにテレビサイズに陳腐化』というテレビの都合に過ぎない改悪が起こる事は往々にしてある。
  • 結局その根底には原作への敬意に欠ける『ドラマ化してやる』という思い上がりがある」 その後の投稿では、「そもそもプロデューサー及び局や出版社は、両者の疑心暗鬼を肥大させるような拙い伝言ゲームで『原作者』と『脚本家』の対立軸を避ける、というのも大きな仕事なんですよ」と伝え、「それができなかったというのが最大の罪。
  • 脚本家への誹謗中傷は絶対にやめてください」と呼びかけた。
  • 長谷川氏は元放送作家で、フジテレビ系『笑っていいとも!』の他、ダウンタウンらが出演する吉本興業系のバラエティー番組などを多数担当してきた。
  • 漫画家の芦原さんは、同作の脚本をめぐって日本テレビ側との折り合いがつかず、自らが9・10話の脚本を書くことになった経緯をブログとXで説明していた。
  • 日本テレビは29日、芦原さんの訃報を受け、番組サイトを更新。
  • 「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。
  • 2023年10月期の日曜ドラマ『セクシー田中さん』につきまして日本テレビは映像化の提案に際し、原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら脚本制作作業の話し合いを重ね、最終的に許諾をいただけた脚本を決定原稿とし、放送しております。
  • 本作品の制作にご尽力いただいた芦原さんには感謝しております」とコメントした。

1:

1/30(火) 11:53配信 ENCOUNT
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe084c4591a3d3bb023f393201c46c64df09a3a5

 元放送作家の長谷川良品氏が29日、Xを更新し、日本テレビ系連続ドラマ『セクシー田中さん』(昨年10月期放送)の原作者・芦原妃名子さんの訃報に関連して「脚本家への誹謗中傷は絶対にやめてください」と呼びかけた。

「ドラマ化=『マスへの伝達をエクスキューズにテレビサイズに陳腐化』というテレビの都合に過ぎない改悪が起こる事は往々にしてある。結局その根底には原作への敬意に欠ける『ドラマ化してやる』という思い上がりがある」

 その後の投稿では、「そもそもプロデューサー及び局や出版社は、両者の疑心暗鬼を肥大させるような拙い伝言ゲームで『原作者』と『脚本家』の対立軸を避ける、というのも大きな仕事なんですよ」と伝え、「それができなかったというのが最大の罪。脚本家への誹謗中傷は絶対にやめてください」と呼びかけた。

 長谷川氏は元放送作家で、フジテレビ系『笑っていいとも!』の他、ダウンタウンらが出演する吉本興業系のバラエティー番組などを多数担当してきた。

 漫画家の芦原さんは、同作の脚本をめぐって日本テレビ側との折り合いがつかず、自らが9・10話の脚本を書くことになった経緯をブログとXで説明していた。発言は話題を呼んだが、28日は該当の投稿を削除。「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」とポストしたのが最後となった。

 日本テレビは29日、芦原さんの訃報を受け、番組サイトを更新。「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。2023年10月期の日曜ドラマ『セクシー田中さん』につきまして日本テレビは映像化の提案に際し、原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら脚本制作作業の話し合いを重ね、最終的に許諾をいただけた脚本を決定原稿とし、放送しております。本作品の制作にご尽力いただいた芦原さんには感謝しております」とコメントした。

227:

>>1 1/30(火) 11:53配信 ENCOUNT
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe084c4591a3d3bb023f393201c46c64df09a3a5

 元放送作家の長谷川良品氏が29日、Xを更新し、日本テレビ系連続ドラマ『セクシー田中さん』(昨年10月期放送)の原作者・芦原妃名子さんの訃報に関連して「脚本家への誹謗中傷は絶対にやめてください」と呼びかけた。

「ドラマ化=『マスへの伝達をエクスキューズにテレビサイズに陳腐化』というテレビの都合に過ぎない改悪が起こる事は往々にしてある。結局その根底には原作への敬意に欠ける『ドラマ化してやる』という思い上がりがある」

 その後の投稿では、「そもそもプロデューサー及び局や出版社は、両者の疑心暗鬼を肥大させるような拙い伝言ゲームで『原作者』と『脚本家』の対立軸を避ける、というのも大きな仕事なんですよ」と伝え、「それができなかったというのが最大の罪。脚本家への誹謗中傷は絶対にやめてください」と呼びかけた。

 長谷川氏は元放送作家で、フジテレビ系『笑っていいとも!』の他、ダウンタウンらが出演する吉本興業系のバラエティー番組などを多数担当してきた。

 漫画家の芦原さんは、同作の脚本をめぐって日本テレビ側との折り合いがつかず、自らが9・10話の脚本を書くことになった経緯をブログとXで説明していた。発言は話題を呼んだが、28日は該当の投稿を削除。「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」とポストしたのが最後となった。

 日本テレビは29日、芦原さんの訃報を受け、番組サイトを更新。「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。2023年10月期の日曜ドラマ『セクシー田中さん』につきまして日本テレビは映像化の提案に際し、原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら脚本制作作業の話し合いを重ね、最終的に許諾をいただけた脚本を決定原稿とし、放送しております。本作品の制作にご尽力いただいた芦原さんには感謝しております」とコメントした。


いじめ自殺があってクラスで加害者への批判が起こったら
「加害者への誹謗中傷は辞めて下さい!」
とか叫んでる学校関係者や教育委員会と同じことやってるな

ほんとテレビ業界は底抜けのクソだな

まずきっかけ作った脚本家の上目線の原作者攻撃について批判するのが先だろう
その上で過度のやり方は抑えて冷静に批判しようというならまだ分かるがな

お前らのやってることは火に油だよ
これ以上怒りの導火線に火をつけまくって何がしたいんだ?

393:

>>1 1/30(火) 11:53配信 ENCOUNT
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe084c4591a3d3bb023f393201c46c64df09a3a5

 元放送作家の長谷川良品氏が29日、Xを更新し、日本テレビ系連続ドラマ『セクシー田中さん』(昨年10月期放送)の原作者・芦原妃名子さんの訃報に関連して「脚本家への誹謗中傷は絶対にやめてください」と呼びかけた。

「ドラマ化=『マスへの伝達をエクスキューズにテレビサイズに陳腐化』というテレビの都合に過ぎない改悪が起こる事は往々にしてある。結局その根底には原作への敬意に欠ける『ドラマ化してやる』という思い上がりがある」

 その後の投稿では、「そもそもプロデューサー及び局や出版社は、両者の疑心暗鬼を肥大させるような拙い伝言ゲームで『原作者』と『脚本家』の対立軸を避ける、というのも大きな仕事なんですよ」と伝え、「それができなかったというのが最大の罪。脚本家への誹謗中傷は絶対にやめてください」と呼びかけた。

 長谷川氏は元放送作家で、フジテレビ系『笑っていいとも!』の他、ダウンタウンらが出演する吉本興業系のバラエティー番組などを多数担当してきた。

 漫画家の芦原さんは、同作の脚本をめぐって日本テレビ側との折り合いがつかず、自らが9・10話の脚本を書くことになった経緯をブログとXで説明していた。発言は話題を呼んだが、28日は該当の投稿を削除。「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」とポストしたのが最後となった。

 日本テレビは29日、芦原さんの訃報を受け、番組サイトを更新。「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。2023年10月期の日曜ドラマ『セクシー田中さん』につきまして日本テレビは映像化の提案に際し、原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら脚本制作作業の話し合いを重ね、最終的に許諾をいただけた脚本を決定原稿とし、放送しております。本作品の制作にご尽力いただいた芦原さんには感謝しております」とコメントした。


ただの原作軽視、改変だけだったらその通り
でも今回はその脚本家(とその仲間)がSNSでした書き込みが騒動の発端を作った張本人らなんだよ
そして原作者が死ぬまで撤回も謝罪もせず公開し続けた

430:

>>1 1/30(火) 11:53配信 ENCOUNT
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe084c4591a3d3bb023f393201c46c64df09a3a5

 元放送作家の長谷川良品氏が29日、Xを更新し、日本テレビ系連続ドラマ『セクシー田中さん』(昨年10月期放送)の原作者・芦原妃名子さんの訃報に関連して「脚本家への誹謗中傷は絶対にやめてください」と呼びかけた。

「ドラマ化=『マスへの伝達をエクスキューズにテレビサイズに陳腐化』というテレビの都合に過ぎない改悪が起こる事は往々にしてある。結局その根底には原作への敬意に欠ける『ドラマ化してやる』という思い上がりがある」

 その後の投稿では、「そもそもプロデューサー及び局や出版社は、両者の疑心暗鬼を肥大させるような拙い伝言ゲームで『原作者』と『脚本家』の対立軸を避ける、というのも大きな仕事なんですよ」と伝え、「それができなかったというのが最大の罪。脚本家への誹謗中傷は絶対にやめてください」と呼びかけた。

 長谷川氏は元放送作家で、フジテレビ系『笑っていいとも!』の他、ダウンタウンらが出演する吉本興業系のバラエティー番組などを多数担当してきた。

 漫画家の芦原さんは、同作の脚本をめぐって日本テレビ側との折り合いがつかず、自らが9・10話の脚本を書くことになった経緯をブログとXで説明していた。発言は話題を呼んだが、28日は該当の投稿を削除。「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」とポストしたのが最後となった。

 日本テレビは29日、芦原さんの訃報を受け、番組サイトを更新。「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。2023年10月期の日曜ドラマ『セクシー田中さん』につきまして日本テレビは映像化の提案に際し、原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら脚本制作作業の話し合いを重ね、最終的に許諾をいただけた脚本を決定原稿とし、放送しております。本作品の制作にご尽力いただいた芦原さんには感謝しております」とコメントした。


いや、そりゃむりだろ?
大衆にも感情と言うものがあるぜ

856:

>>1 1/30(火) 11:53配信 ENCOUNT
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe084c4591a3d3bb023f393201c46c64df09a3a5

 元放送作家の長谷川良品氏が29日、Xを更新し、日本テレビ系連続ドラマ『セクシー田中さん』(昨年10月期放送)の原作者・芦原妃名子さんの訃報に関連して「脚本家への誹謗中傷は絶対にやめてください」と呼びかけた。

「ドラマ化=『マスへの伝達をエクスキューズにテレビサイズに陳腐化』というテレビの都合に過ぎない改悪が起こる事は往々にしてある。結局その根底には原作への敬意に欠ける『ドラマ化してやる』という思い上がりがある」

 その後の投稿では、「そもそもプロデューサー及び局や出版社は、両者の疑心暗鬼を肥大させるような拙い伝言ゲームで『原作者』と『脚本家』の対立軸を避ける、というのも大きな仕事なんですよ」と伝え、「それができなかったというのが最大の罪。脚本家への誹謗中傷は絶対にやめてください」と呼びかけた。

 長谷川氏は元放送作家で、フジテレビ系『笑っていいとも!』の他、ダウンタウンらが出演する吉本興業系のバラエティー番組などを多数担当してきた。

 漫画家の芦原さんは、同作の脚本をめぐって日本テレビ側との折り合いがつかず、自らが9・10話の脚本を書くことになった経緯をブログとXで説明していた。発言は話題を呼んだが、28日は該当の投稿を削除。「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」とポストしたのが最後となった。

 日本テレビは29日、芦原さんの訃報を受け、番組サイトを更新。「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。2023年10月期の日曜ドラマ『セクシー田中さん』につきまして日本テレビは映像化の提案に際し、原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら脚本制作作業の話し合いを重ね、最終的に許諾をいただけた脚本を決定原稿とし、放送しております。本作品の制作にご尽力いただいた芦原さんには感謝しております」とコメントした。


>「そもそもプロデューサー及び局や出版社は、両者の疑心暗鬼を肥大させるような拙い伝言ゲームで『原作者』と『脚本家』の対立軸を避ける、というのも大きな仕事なんですよ」と伝え、「それができなかったというのが最大の罪。

ここ本当にそう思う
脚本家の不満を原作者に向けさせたんじゃないかと思ってる

874:

>>856 >「そもそもプロデューサー及び局や出版社は、両者の疑心暗鬼を肥大させるような拙い伝言ゲームで『原作者』と『脚本家』の対立軸を避ける、というのも大きな仕事なんですよ」と伝え、「それができなかったというのが最大の罪。

ここ本当にそう思う
脚本家の不満を原作者に向けさせたんじゃないかと思ってる


そりゃテレビ局からしたらヒット作?を手掛けた脚本家>無名の原作者だろ
「原作者が我儘ですみません」とか言ってた可能性もある

991:

>>856 >「そもそもプロデューサー及び局や出版社は、両者の疑心暗鬼を肥大させるような拙い伝言ゲームで『原作者』と『脚本家』の対立軸を避ける、というのも大きな仕事なんですよ」と伝え、「それができなかったというのが最大の罪。

ここ本当にそう思う
脚本家の不満を原作者に向けさせたんじゃないかと思ってる


俺はプロデューサーと脚色家はコンビで
毎回原作者を屁とも思わず大丈夫大丈夫と言いながら改変してたと思うよ
ただ今回は思いのほか抵抗されたんでしょ

994:

>>991 俺はプロデューサーと脚色家はコンビで
毎回原作者を屁とも思わず大丈夫大丈夫と言いながら改変してたと思うよ
ただ今回は思いのほか抵抗されたんでしょ


他にも被害者がいるかもしれないのか

1000:

>>991 俺はプロデューサーと脚色家はコンビで
毎回原作者を屁とも思わず大丈夫大丈夫と言いながら改変してたと思うよ
ただ今回は思いのほか抵抗されたんでしょ


初タッグでしょ?

900:

>>1 1/30(火) 11:53配信 ENCOUNT
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe084c4591a3d3bb023f393201c46c64df09a3a5

 元放送作家の長谷川良品氏が29日、Xを更新し、日本テレビ系連続ドラマ『セクシー田中さん』(昨年10月期放送)の原作者・芦原妃名子さんの訃報に関連して「脚本家への誹謗中傷は絶対にやめてください」と呼びかけた。

「ドラマ化=『マスへの伝達をエクスキューズにテレビサイズに陳腐化』というテレビの都合に過ぎない改悪が起こる事は往々にしてある。結局その根底には原作への敬意に欠ける『ドラマ化してやる』という思い上がりがある」

 その後の投稿では、「そもそもプロデューサー及び局や出版社は、両者の疑心暗鬼を肥大させるような拙い伝言ゲームで『原作者』と『脚本家』の対立軸を避ける、というのも大きな仕事なんですよ」と伝え、「それができなかったというのが最大の罪。脚本家への誹謗中傷は絶対にやめてください」と呼びかけた。

 長谷川氏は元放送作家で、フジテレビ系『笑っていいとも!』の他、ダウンタウンらが出演する吉本興業系のバラエティー番組などを多数担当してきた。

 漫画家の芦原さんは、同作の脚本をめぐって日本テレビ側との折り合いがつかず、自らが9・10話の脚本を書くことになった経緯をブログとXで説明していた。発言は話題を呼んだが、28日は該当の投稿を削除。「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」とポストしたのが最後となった。

 日本テレビは29日、芦原さんの訃報を受け、番組サイトを更新。「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。2023年10月期の日曜ドラマ『セクシー田中さん』につきまして日本テレビは映像化の提案に際し、原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら脚本制作作業の話し合いを重ね、最終的に許諾をいただけた脚本を決定原稿とし、放送しております。本作品の制作にご尽力いただいた芦原さんには感謝しております」とコメントした。


インスタでの煽り投稿はスルー?

913:

>>900 インスタでの煽り投稿はスルー?


これが一番罪深いわ
なんで批判されてるか分かってないというか無視して誹謗中傷!誹謗中傷!と言ってる

904:

>>1 1/30(火) 11:53配信 ENCOUNT
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe084c4591a3d3bb023f393201c46c64df09a3a5

 元放送作家の長谷川良品氏が29日、Xを更新し、日本テレビ系連続ドラマ『セクシー田中さん』(昨年10月期放送)の原作者・芦原妃名子さんの訃報に関連して「脚本家への誹謗中傷は絶対にやめてください」と呼びかけた。

「ドラマ化=『マスへの伝達をエクスキューズにテレビサイズに陳腐化』というテレビの都合に過ぎない改悪が起こる事は往々にしてある。結局その根底には原作への敬意に欠ける『ドラマ化してやる』という思い上がりがある」

 その後の投稿では、「そもそもプロデューサー及び局や出版社は、両者の疑心暗鬼を肥大させるような拙い伝言ゲームで『原作者』と『脚本家』の対立軸を避ける、というのも大きな仕事なんですよ」と伝え、「それができなかったというのが最大の罪。脚本家への誹謗中傷は絶対にやめてください」と呼びかけた。

 長谷川氏は元放送作家で、フジテレビ系『笑っていいとも!』の他、ダウンタウンらが出演する吉本興業系のバラエティー番組などを多数担当してきた。

 漫画家の芦原さんは、同作の脚本をめぐって日本テレビ側との折り合いがつかず、自らが9・10話の脚本を書くことになった経緯をブログとXで説明していた。発言は話題を呼んだが、28日は該当の投稿を削除。「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」とポストしたのが最後となった。

 日本テレビは29日、芦原さんの訃報を受け、番組サイトを更新。「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。2023年10月期の日曜ドラマ『セクシー田中さん』につきまして日本テレビは映像化の提案に際し、原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら脚本制作作業の話し合いを重ね、最終的に許諾をいただけた脚本を決定原稿とし、放送しております。本作品の制作にご尽力いただいた芦原さんには感謝しております」とコメントした。


つまりプロデューサーが仕事できてないんだな

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

118:

ただの引用を置いておきますね

脚本家ら 引用 2023/12/24
「脚本家の存在意義」「苦い経験」
「二度と繰り返されませんように」
「あり得ない」
「脚本が素人に変更」
「物書きの1人として尊厳を傷つけられた」

413:

誹謗中傷はダメ
過去の言動に対する正当な批判はどんどんすべき

後者について語らないのは言論の放棄で説得力がない

>>118 ただの引用を置いておきますね

脚本家ら 引用 2023/12/24
「脚本家の存在意義」「苦い経験」
「二度と繰り返されませんように」
「あり得ない」
「脚本が素人に変更」
「物書きの1人として尊厳を傷つけられた」


これに対して原作者が説明をして批判するのは当然
それを脚本家攻撃と歪める人間がいた
歪めた人間に原作者は苦しめられた
それが原作者最後のコメント

今また脚本家批判を攻撃、誹謗中傷と歪める人間がいる
原作者を苦しめた人間と同類

455:

>>118 ただの引用を置いておきますね

脚本家ら 引用 2023/12/24
「脚本家の存在意義」「苦い経験」
「二度と繰り返されませんように」
「あり得ない」
「脚本が素人に変更」
「物書きの1人として尊厳を傷つけられた」


この人だけが原因とかは思わないけど、この人達がやる事が幼稚で意地悪すぎて原作者を下に見てるのが問題
結構なおばさんなのに大人気ない
こんな気強くて意地悪な人に対応できるって同等ぐらいに気強くないと無理
小学館側がこのインスタにクレーム入れるなりして繊細な原作者を守ってやって欲しかった

499:

>>455 この人だけが原因とかは思わないけど、この人達がやる事が幼稚で意地悪すぎて原作者を下に見てるのが問題
結構なおばさんなのに大人気ない
こんな気強くて意地悪な人に対応できるって同等ぐらいに気強くないと無理
小学館側がこのインスタにクレーム入れるなりして繊細な原作者を守ってやって欲しかった


ほんとそう思う
原作改変だけでこんな騒ぎになってるんじゃないから問題をすり替えないで欲しいと思うわ
改変はもちろん局の意向もあったはずだけど、その後インスタでこんな風に原作者バカにして見下すようなことをあげてるのがみんな許せないだけで

きっと芦原先生凄く憤っただろうし何より結果亡くなってるのが本当に酷い

168:

「漫画家の芦原さんは、同作の脚本をめぐって日本テレビ側との折り合いがつかず、自らが9・10話の脚本を書くことになった経緯をブログとXで説明していた。発言は話題を呼んだが、28日は該当の投稿を削除」

その前段があるやろ?改変はよくない

240:

>「そもそもプロデューサー及び局や出版社は、両者の疑心暗鬼を肥大させるような拙い伝言ゲームで
>『原作者』と『脚本家』の対立軸を避ける、というのも大きな仕事なんですよ」

結局のところこれに尽きる
日テレ側が適当でお粗末な仕事をしたせいで人一人しんだってこと

294:

原作者が投稿消したのはテレビ局や小学館からの圧力があったと思うって人見かけるより

319:

ネット上のファンとかいう作者、作品、脚本、出演者に直接不満ぶつけにいく存在が全ての元凶だと思うよ
それによるストレスが脚本家にとっても原作者にとっても行動の理由だろ
心の中でつまんなかった、友達に面白くなかったねーで済ませられんのか?

403:

原作者が亡くなる前に5chのスレ見てたんだけど
原作者と交わした約束をテレビ局が守ろうとするなら
この脚本家を起用するのは絶対にあり得ないと思った
詳細わかってるわけではないけどその点では原作者も脚本家も悪くないと思う
こんな結果になってしまって本当に残念

510:

脚本家にあれこれ言うのはもうやめた方がいい
原作者と同じ結果になりかねない
日本テレビの体制に対する批判はともかく、必要以上の個人攻撃はマズイよ

553:

日テレと脚本家が原作者に対して、経緯の説明と弁明を削除しなければ、小学館ごと切ると脅迫したんだよね

相沢友子を燃やせ
火を付けて燃やし尽くせば
自分からダムに飛び込むだろう
カチカチ山のタヌキみたいにな

751:

たとえ脚本家の立場は実際には弱くて
散々原作者に直された脚本も脚本家の本意ではなく
他の多くの力が加わった末の産物だったとしても

インスタで不評の原因を原作者1人に
それまでの好評を自分のみの成果にして
仲間内で原作者中傷する理由にはなりませんよね

768:

>>751 たとえ脚本家の立場は実際には弱くて
散々原作者に直された脚本も脚本家の本意ではなく
他の多くの力が加わった末の産物だったとしても

インスタで不評の原因を原作者1人に
それまでの好評を自分のみの成果にして
仲間内で原作者中傷する理由にはなりませんよね


多分最終回の視聴率急落で原作者を戦犯扱いする空気が制作側で出来上がってたんじゃないかな
自己保身のエコーチェンバーでね
恐ろしいことだよ

797:

脚本家の越権行為だわな
オリジナルの作家の意向に沿って話しをドラマ向けに膨らませるまでが脚本のお仕事であるべきだわ 今回の脚本は真逆の方向にしてしまった これはもう完全なる悪意悪業 

833:

インスタ鍵かけた脚本家、自己紹介だけ読めるけれど、代表作のトップに「セクシー田中さん」と記載されたままになっている。消してほしい。

889:

1~7話、原作準拠で脚本作るはずが糞改変やりまくりで原作者が手直ししまくりで疲弊
8~10話、もともとオリジナル展開の予定で原作者があらすじとセリフを描く予定になっていたが、ここでも糞改変しまくる脚本家。
原作者が猛抗議して日テレ側からも原作のセリフをそのまま使えと脚本家にいったのに進展なしみたいだから脚本家はわかっててやってるよ。
契約がどうだろうと改変は脚本家の絶対的権利とでも思ってるんだろう。

脚本家のSNS見る限りそんな傲慢さがあるよな。

892:

>1番責任が重いのはプロデューサーの三上絵里子ってやつだろ

プロデューサーの三上絵里子も問題あるが
自分の行為を棚に上げて脚本家仲間と共に原作者攻撃してた相沢友子が今回の1番の直接要因だよ

まれの脚本家も悪いこと言わんから自分の発言を撤回しといた方が良いよ
事情を知らずに相沢友子に乗せられて巻き込まれてしまった可能性が高いからな
今は相沢は切り離して輪島の被災地のことを案じていた方がいい
まれの脚本家も本質的には今回の件を知らなかっただろうしな

971:

全ての発端は脚本家が原作者の実名付きでSNSに晒した事だと思うよ。
それがなければ、原作者は「嫌な仕事をした」だけで済んでたでしょう
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1706607181

Comments 0

コメントはまだありません。