日本テレビの漫画原作の「改変」は「セクシー田中さん」だけではなく…「DEATH NOTE」「極主夫道」「有閑倶楽部」なども - アニメ
げいのうまとめんぬ

日本テレビの漫画原作の「改変」は「セクシー田中さん」だけではなく…「DEATH NOTE」「極主夫道」「有閑倶楽部」なども

2024/01/31
アニメ 0
  • 2024年1月30日 17:59 突然の訃報だった。
  • 漫画「セクシー田中さん」(小学館)の作者として知られる芦原妃名子さんが1月29日、栃木県内で死亡していたことがわかった。
  • 現場の状況から、自殺とみられている。
  • 芦原さんは昨年放送の、自身の原作を元にしたドラマ「セクシー田中さん」(日本テレビ系)で、事前に「漫画に忠実に」という約束を取り交わしていたにもかかわらず、毎回大きく逸脱した脚本が提出されていた、とSNSで告白していた。
  • 結局、芦原さんは第9話、第10話の脚本を自ら担当したという。
  • 日本テレビのこうした「改変」は、今に始まったことではない。
  • 2020年10月、玉木宏主演ドラマ「極主夫道」でも問題が浮上した。
  • 2007年、まだKAT-TUNのメンバーだった赤西仁が初主演したドラマ「有閑倶楽部」も、「原作を改悪した」として批判が集中した作品だった。
  • 原作の面白さだったドタバタぶりは影を潜め、雰囲気がガラリと一変した。
  • 今回の「セクシー田中さん」では、原作者との取り決めがあったにもかかわらず、「改悪」したことでトラブルを招いてしまった。

1:

https://www.asagei.com/excerpt/298510
2024年1月30日 17:59

突然の訃報だった。漫画「セクシー田中さん」(小学館)の作者として知られる芦原妃名子さんが1月29日、栃木県内で死亡していたことがわかった。現場の状況から、自殺とみられている。

芦原さんは昨年放送の、自身の原作を元にしたドラマ「セクシー田中さん」(日本テレビ系)で、事前に「漫画に忠実に」という約束を取り交わしていたにもかかわらず、毎回大きく逸脱した脚本が提出されていた、とSNSで告白していた。結局、芦原さんは第9話、第10話の脚本を自ら担当したという。

日本テレビのこうした「改変」は、今に始まったことではない。2020年10月、玉木宏主演ドラマ「極主夫道」でも問題が浮上した。原作の同名漫画(おおのこうすけ・著/新潮社)で、専業主夫となった元ヤクザで主人公の龍(玉木)と、その妻・美久(川口春奈)の間に子供はおらず、2人でボロアパートに住んでいるという設定なのだが、ドラマ版では娘がいて一軒家に住んでいる設定に変わっていた。

人気マンガ「DEATH NOTE」(原作・大場つぐみ、作画・小畑健/集英社)を原作とした実写版テレビドラマ「デスノート」の放送が始まったのは、2015年7月だった。だが劇中では、原作を大胆にアレンジ。漫画では天才的でクールなキャラクターだった夜神が「どこにでもいるような大学生」「アイドル好き」という設定に変わってしまった。

2007年、まだKAT-TUNのメンバーだった赤西仁が初主演したドラマ「有閑倶楽部」も、「原作を改悪した」として批判が集中した作品だった。

漫画家・一条ゆかりの原作による学園コメディーで、超セレブな高校生による「有閑倶楽部」の面々がそれぞれの才覚を生かし、様々な事件を解決していくストーリー。原作の面白さだったドタバタぶりは影を潜め、雰囲気がガラリと一変した。しかもドラマでは、原作とは違う登場人物を主人公に据えて話を進行。他の配役にも「キャスティングミス」という声が相次いだ。

今回の「セクシー田中さん」では、原作者との取り決めがあったにもかかわらず、「改悪」したことでトラブルを招いてしまった。日本テレビはこれをどう検証するのだろうか。

2024/01/30(火) 18:36:06.31
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706615982/

10:

>>1 https://www.asagei.com/excerpt/298510
2024年1月30日 17:59

突然の訃報だった。漫画「セクシー田中さん」(小学館)の作者として知られる芦原妃名子さんが1月29日、栃木県内で死亡していたことがわかった。現場の状況から、自殺とみられている。

芦原さんは昨年放送の、自身の原作を元にしたドラマ「セクシー田中さん」(日本テレビ系)で、事前に「漫画に忠実に」という約束を取り交わしていたにもかかわらず、毎回大きく逸脱した脚本が提出されていた、とSNSで告白していた。結局、芦原さんは第9話、第10話の脚本を自ら担当したという。

日本テレビのこうした「改変」は、今に始まったことではない。2020年10月、玉木宏主演ドラマ「極主夫道」でも問題が浮上した。原作の同名漫画(おおのこうすけ・著/新潮社)で、専業主夫となった元ヤクザで主人公の龍(玉木)と、その妻・美久(川口春奈)の間に子供はおらず、2人でボロアパートに住んでいるという設定なのだが、ドラマ版では娘がいて一軒家に住んでいる設定に変わっていた。

人気マンガ「DEATH NOTE」(原作・大場つぐみ、作画・小畑健/集英社)を原作とした実写版テレビドラマ「デスノート」の放送が始まったのは、2015年7月だった。だが劇中では、原作を大胆にアレンジ。漫画では天才的でクールなキャラクターだった夜神が「どこにでもいるような大学生」「アイドル好き」という設定に変わってしまった。

2007年、まだKAT-TUNのメンバーだった赤西仁が初主演したドラマ「有閑倶楽部」も、「原作を改悪した」として批判が集中した作品だった。

漫画家・一条ゆかりの原作による学園コメディーで、超セレブな高校生による「有閑倶楽部」の面々がそれぞれの才覚を生かし、様々な事件を解決していくストーリー。原作の面白さだったドタバタぶりは影を潜め、雰囲気がガラリと一変した。しかもドラマでは、原作とは違う登場人物を主人公に据えて話を進行。他の配役にも「キャスティングミス」という声が相次いだ。

今回の「セクシー田中さん」では、原作者との取り決めがあったにもかかわらず、「改悪」したことでトラブルを招いてしまった。日本テレビはこれをどう検証するのだろうか。

2024/01/30(火) 18:36:06.31
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706615982/


ルーキーズもテンプレに入れろよ

147:

>>1 https://www.asagei.com/excerpt/298510
2024年1月30日 17:59

突然の訃報だった。漫画「セクシー田中さん」(小学館)の作者として知られる芦原妃名子さんが1月29日、栃木県内で死亡していたことがわかった。現場の状況から、自殺とみられている。

芦原さんは昨年放送の、自身の原作を元にしたドラマ「セクシー田中さん」(日本テレビ系)で、事前に「漫画に忠実に」という約束を取り交わしていたにもかかわらず、毎回大きく逸脱した脚本が提出されていた、とSNSで告白していた。結局、芦原さんは第9話、第10話の脚本を自ら担当したという。

日本テレビのこうした「改変」は、今に始まったことではない。2020年10月、玉木宏主演ドラマ「極主夫道」でも問題が浮上した。原作の同名漫画(おおのこうすけ・著/新潮社)で、専業主夫となった元ヤクザで主人公の龍(玉木)と、その妻・美久(川口春奈)の間に子供はおらず、2人でボロアパートに住んでいるという設定なのだが、ドラマ版では娘がいて一軒家に住んでいる設定に変わっていた。

人気マンガ「DEATH NOTE」(原作・大場つぐみ、作画・小畑健/集英社)を原作とした実写版テレビドラマ「デスノート」の放送が始まったのは、2015年7月だった。だが劇中では、原作を大胆にアレンジ。漫画では天才的でクールなキャラクターだった夜神が「どこにでもいるような大学生」「アイドル好き」という設定に変わってしまった。

2007年、まだKAT-TUNのメンバーだった赤西仁が初主演したドラマ「有閑倶楽部」も、「原作を改悪した」として批判が集中した作品だった。

漫画家・一条ゆかりの原作による学園コメディーで、超セレブな高校生による「有閑倶楽部」の面々がそれぞれの才覚を生かし、様々な事件を解決していくストーリー。原作の面白さだったドタバタぶりは影を潜め、雰囲気がガラリと一変した。しかもドラマでは、原作とは違う登場人物を主人公に据えて話を進行。他の配役にも「キャスティングミス」という声が相次いだ。

今回の「セクシー田中さん」では、原作者との取り決めがあったにもかかわらず、「改悪」したことでトラブルを招いてしまった。日本テレビはこれをどう検証するのだろうか。

2024/01/30(火) 18:36:06.31
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706615982/


コンテンツ産業のバッタ屋
それがテレビ産業
特段気持ち悪いのが日テレ読売系

198:

>>1 https://www.asagei.com/excerpt/298510
2024年1月30日 17:59

突然の訃報だった。漫画「セクシー田中さん」(小学館)の作者として知られる芦原妃名子さんが1月29日、栃木県内で死亡していたことがわかった。現場の状況から、自殺とみられている。

芦原さんは昨年放送の、自身の原作を元にしたドラマ「セクシー田中さん」(日本テレビ系)で、事前に「漫画に忠実に」という約束を取り交わしていたにもかかわらず、毎回大きく逸脱した脚本が提出されていた、とSNSで告白していた。結局、芦原さんは第9話、第10話の脚本を自ら担当したという。

日本テレビのこうした「改変」は、今に始まったことではない。2020年10月、玉木宏主演ドラマ「極主夫道」でも問題が浮上した。原作の同名漫画(おおのこうすけ・著/新潮社)で、専業主夫となった元ヤクザで主人公の龍(玉木)と、その妻・美久(川口春奈)の間に子供はおらず、2人でボロアパートに住んでいるという設定なのだが、ドラマ版では娘がいて一軒家に住んでいる設定に変わっていた。

人気マンガ「DEATH NOTE」(原作・大場つぐみ、作画・小畑健/集英社)を原作とした実写版テレビドラマ「デスノート」の放送が始まったのは、2015年7月だった。だが劇中では、原作を大胆にアレンジ。漫画では天才的でクールなキャラクターだった夜神が「どこにでもいるような大学生」「アイドル好き」という設定に変わってしまった。

2007年、まだKAT-TUNのメンバーだった赤西仁が初主演したドラマ「有閑倶楽部」も、「原作を改悪した」として批判が集中した作品だった。

漫画家・一条ゆかりの原作による学園コメディーで、超セレブな高校生による「有閑倶楽部」の面々がそれぞれの才覚を生かし、様々な事件を解決していくストーリー。原作の面白さだったドタバタぶりは影を潜め、雰囲気がガラリと一変した。しかもドラマでは、原作とは違う登場人物を主人公に据えて話を進行。他の配役にも「キャスティングミス」という声が相次いだ。

今回の「セクシー田中さん」では、原作者との取り決めがあったにもかかわらず、「改悪」したことでトラブルを招いてしまった。日本テレビはこれをどう検証するのだろうか。

2024/01/30(火) 18:36:06.31
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706615982/


でも今回のドラマは脚本家が担当した1~8話までは評判良くて原作者が手がけた9~10話は不評だったんだから原作者と脚本家の衝突はあったにせよ脚本家の判断(改変したというドラマ制作上の判断)の方が正しかったと思うよ。
原作者の意向のまま全部作られてたらドラマとして成立も難しかったのでは?

234:

>>198 でも今回のドラマは脚本家が担当した1~8話までは評判良くて原作者が手がけた9~10話は不評だったんだから原作者と脚本家の衝突はあったにせよ脚本家の判断(改変したというドラマ制作上の判断)の方が正しかったと思うよ。
原作者の意向のまま全部作られてたらドラマとして成立も難しかったのでは?


まだ言ってるのか
1~8話も原作者が修正
8~10話は原作が終わってないから原作者がセリフまで考えた
8話にいたっても脚本家が改悪してたので「脚本家変えてください」とお願いしたが聞き入れられず
仕方なく原作者が下書き書いて日テレの用意したプロが修正した

クレジットがないだけで面白くないと言ってるバカは頭が悪いし、それを信じてるバカもおかしい
そして人が修正した作品を自分のものと言ってる脚本家がいちばん異常

305:

>>234 まだ言ってるのか
1~8話も原作者が修正
8~10話は原作が終わってないから原作者がセリフまで考えた
8話にいたっても脚本家が改悪してたので「脚本家変えてください」とお願いしたが聞き入れられず
仕方なく原作者が下書き書いて日テレの用意したプロが修正した

クレジットがないだけで面白くないと言ってるバカは頭が悪いし、それを信じてるバカもおかしい
そして人が修正した作品を自分のものと言ってる脚本家がいちばん異常


>仕方なく原作者が下書き書いて日テレの用意したプロが修正した

ではなくて
仕方なく原作者が「下書き書くから日テレでプロに直してもらってください」と頼んだら協力拒否されて全部書くしかなかった
ではなかったっけ

322:

>>305 >仕方なく原作者が下書き書いて日テレの用意したプロが修正した

ではなくて
仕方なく原作者が「下書き書くから日テレでプロに直してもらってください」と頼んだら協力拒否されて全部書くしかなかった
ではなかったっけ


脚本家を変えてと言っても無視されるから仕方なく自分で下書き書いて日テレの用意した専門家に直してもらったのが決定稿

280:

>>198 でも今回のドラマは脚本家が担当した1~8話までは評判良くて原作者が手がけた9~10話は不評だったんだから原作者と脚本家の衝突はあったにせよ脚本家の判断(改変したというドラマ制作上の判断)の方が正しかったと思うよ。
原作者の意向のまま全部作られてたらドラマとして成立も難しかったのでは?


原作者は専門外の脚本が書きたかったわけじゃないだろ
脚本家の言動にも大いに問題があるが、脚本家を降板させて原作者に脚本を押しつけた日テレのドラマのプロデューサーの責任は重いんじゃないか

218:

>>1 https://www.asagei.com/excerpt/298510
2024年1月30日 17:59

突然の訃報だった。漫画「セクシー田中さん」(小学館)の作者として知られる芦原妃名子さんが1月29日、栃木県内で死亡していたことがわかった。現場の状況から、自殺とみられている。

芦原さんは昨年放送の、自身の原作を元にしたドラマ「セクシー田中さん」(日本テレビ系)で、事前に「漫画に忠実に」という約束を取り交わしていたにもかかわらず、毎回大きく逸脱した脚本が提出されていた、とSNSで告白していた。結局、芦原さんは第9話、第10話の脚本を自ら担当したという。

日本テレビのこうした「改変」は、今に始まったことではない。2020年10月、玉木宏主演ドラマ「極主夫道」でも問題が浮上した。原作の同名漫画(おおのこうすけ・著/新潮社)で、専業主夫となった元ヤクザで主人公の龍(玉木)と、その妻・美久(川口春奈)の間に子供はおらず、2人でボロアパートに住んでいるという設定なのだが、ドラマ版では娘がいて一軒家に住んでいる設定に変わっていた。

人気マンガ「DEATH NOTE」(原作・大場つぐみ、作画・小畑健/集英社)を原作とした実写版テレビドラマ「デスノート」の放送が始まったのは、2015年7月だった。だが劇中では、原作を大胆にアレンジ。漫画では天才的でクールなキャラクターだった夜神が「どこにでもいるような大学生」「アイドル好き」という設定に変わってしまった。

2007年、まだKAT-TUNのメンバーだった赤西仁が初主演したドラマ「有閑倶楽部」も、「原作を改悪した」として批判が集中した作品だった。

漫画家・一条ゆかりの原作による学園コメディーで、超セレブな高校生による「有閑倶楽部」の面々がそれぞれの才覚を生かし、様々な事件を解決していくストーリー。原作の面白さだったドタバタぶりは影を潜め、雰囲気がガラリと一変した。しかもドラマでは、原作とは違う登場人物を主人公に据えて話を進行。他の配役にも「キャスティングミス」という声が相次いだ。

今回の「セクシー田中さん」では、原作者との取り決めがあったにもかかわらず、「改悪」したことでトラブルを招いてしまった。日本テレビはこれをどう検証するのだろうか。

2024/01/30(火) 18:36:06.31
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706615982/


ドラマはアニメと違って生身の役者が演じるんだから改変されるのは当たり前だろ
むしろまったく改変されずにドラマ化した漫画なんてあるのか?

239:

>>1 https://www.asagei.com/excerpt/298510
2024年1月30日 17:59

突然の訃報だった。漫画「セクシー田中さん」(小学館)の作者として知られる芦原妃名子さんが1月29日、栃木県内で死亡していたことがわかった。現場の状況から、自殺とみられている。

芦原さんは昨年放送の、自身の原作を元にしたドラマ「セクシー田中さん」(日本テレビ系)で、事前に「漫画に忠実に」という約束を取り交わしていたにもかかわらず、毎回大きく逸脱した脚本が提出されていた、とSNSで告白していた。結局、芦原さんは第9話、第10話の脚本を自ら担当したという。

日本テレビのこうした「改変」は、今に始まったことではない。2020年10月、玉木宏主演ドラマ「極主夫道」でも問題が浮上した。原作の同名漫画(おおのこうすけ・著/新潮社)で、専業主夫となった元ヤクザで主人公の龍(玉木)と、その妻・美久(川口春奈)の間に子供はおらず、2人でボロアパートに住んでいるという設定なのだが、ドラマ版では娘がいて一軒家に住んでいる設定に変わっていた。

人気マンガ「DEATH NOTE」(原作・大場つぐみ、作画・小畑健/集英社)を原作とした実写版テレビドラマ「デスノート」の放送が始まったのは、2015年7月だった。だが劇中では、原作を大胆にアレンジ。漫画では天才的でクールなキャラクターだった夜神が「どこにでもいるような大学生」「アイドル好き」という設定に変わってしまった。

2007年、まだKAT-TUNのメンバーだった赤西仁が初主演したドラマ「有閑倶楽部」も、「原作を改悪した」として批判が集中した作品だった。

漫画家・一条ゆかりの原作による学園コメディーで、超セレブな高校生による「有閑倶楽部」の面々がそれぞれの才覚を生かし、様々な事件を解決していくストーリー。原作の面白さだったドタバタぶりは影を潜め、雰囲気がガラリと一変した。しかもドラマでは、原作とは違う登場人物を主人公に据えて話を進行。他の配役にも「キャスティングミス」という声が相次いだ。

今回の「セクシー田中さん」では、原作者との取り決めがあったにもかかわらず、「改悪」したことでトラブルを招いてしまった。日本テレビはこれをどう検証するのだろうか。

2024/01/30(火) 18:36:06.31
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706615982/


地獄先生ぬーべーとか恐ろしい出来だったな

483:

>>1 https://www.asagei.com/excerpt/298510
2024年1月30日 17:59

突然の訃報だった。漫画「セクシー田中さん」(小学館)の作者として知られる芦原妃名子さんが1月29日、栃木県内で死亡していたことがわかった。現場の状況から、自殺とみられている。

芦原さんは昨年放送の、自身の原作を元にしたドラマ「セクシー田中さん」(日本テレビ系)で、事前に「漫画に忠実に」という約束を取り交わしていたにもかかわらず、毎回大きく逸脱した脚本が提出されていた、とSNSで告白していた。結局、芦原さんは第9話、第10話の脚本を自ら担当したという。

日本テレビのこうした「改変」は、今に始まったことではない。2020年10月、玉木宏主演ドラマ「極主夫道」でも問題が浮上した。原作の同名漫画(おおのこうすけ・著/新潮社)で、専業主夫となった元ヤクザで主人公の龍(玉木)と、その妻・美久(川口春奈)の間に子供はおらず、2人でボロアパートに住んでいるという設定なのだが、ドラマ版では娘がいて一軒家に住んでいる設定に変わっていた。

人気マンガ「DEATH NOTE」(原作・大場つぐみ、作画・小畑健/集英社)を原作とした実写版テレビドラマ「デスノート」の放送が始まったのは、2015年7月だった。だが劇中では、原作を大胆にアレンジ。漫画では天才的でクールなキャラクターだった夜神が「どこにでもいるような大学生」「アイドル好き」という設定に変わってしまった。

2007年、まだKAT-TUNのメンバーだった赤西仁が初主演したドラマ「有閑倶楽部」も、「原作を改悪した」として批判が集中した作品だった。

漫画家・一条ゆかりの原作による学園コメディーで、超セレブな高校生による「有閑倶楽部」の面々がそれぞれの才覚を生かし、様々な事件を解決していくストーリー。原作の面白さだったドタバタぶりは影を潜め、雰囲気がガラリと一変した。しかもドラマでは、原作とは違う登場人物を主人公に据えて話を進行。他の配役にも「キャスティングミス」という声が相次いだ。

今回の「セクシー田中さん」では、原作者との取り決めがあったにもかかわらず、「改悪」したことでトラブルを招いてしまった。日本テレビはこれをどう検証するのだろうか。

2024/01/30(火) 18:36:06.31
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706615982/


ズレてるよおまえ

原作通りと注文してこうなった例じゃないだろここであげられた作品は

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

17:

『きのう何食べた』から料理要素を抜いて社会問題風に作ろうと原作者に持ちかけていたテレビ局が気になる。
なお、原作者はキャスティングにもかなり拘っていて、条件を汲み取ったテレ東で放映される事になりました。

376:

>>17 『きのう何食べた』から料理要素を抜いて社会問題風に作ろうと原作者に持ちかけていたテレビ局が気になる。
なお、原作者はキャスティングにもかなり拘っていて、条件を汲み取ったテレ東で放映される事になりました。


へえ
西洋骨董洋菓子店の時は関与してないっぽかったけど
アンティークは改変すごかった

51:

アメリカではこういう著作権関連のはすごく分厚い契約書になりがちだけど、
今後おそらくそういう時代来るかもね
作詞家先生が書いたのを歌手が勝手に変えて歌ってトラブルにってあったけど、
それより影響大きいもの 評判も原作者に直にくるし
テレビ制作はドラマだけでなくバラエティもいろいろあるけど、
こういったところの整備入るかもと思う事件でした

135:

>>51 アメリカではこういう著作権関連のはすごく分厚い契約書になりがちだけど、
今後おそらくそういう時代来るかもね
作詞家先生が書いたのを歌手が勝手に変えて歌ってトラブルにってあったけど、
それより影響大きいもの 評判も原作者に直にくるし
テレビ制作はドラマだけでなくバラエティもいろいろあるけど、
こういったところの整備入るかもと思う事件でした


相沢友子拒否の一言でいい

314:

>>51 アメリカではこういう著作権関連のはすごく分厚い契約書になりがちだけど、
今後おそらくそういう時代来るかもね
作詞家先生が書いたのを歌手が勝手に変えて歌ってトラブルにってあったけど、
それより影響大きいもの 評判も原作者に直にくるし
テレビ制作はドラマだけでなくバラエティもいろいろあるけど、
こういったところの整備入るかもと思う事件でした


ハリウッドならガチガチにして原作者に余計な口挟ませずに専業脚本家が守られる形になると思うが

355:

>>314 ハリウッドならガチガチにして原作者に余計な口挟ませずに専業脚本家が守られる形になると思うが


アメリカも原作者が拘りまくって実写化反対してたけど実写化されてしまったってのがある

アメリカの漫画だと権利は作者じゃなくて出版社のものになるっていう日本と逆なんだよね
つまり日本の漫画家の方が権利は守られてる方ではある

54:

極主夫道にもなんか知らん子供生えてきてえっ?って思ったんだけど
もういっそきたねえ裏側の理由言ってくれたら納得するよ、
売り出し中の子役○○ちゃんを使いたかったので既婚者設定にしましたとか、
主演のジャニタレの△△は王子様イメージで売りたいのでヤンキーとかそういう設定なくしましたとか
脚本家の山田はコネ採用の新人で、複雑な伏線張られた原作の再現はできないので登場人物全員恋愛脳のラブコメになりますとか

169:

原作に忠実でなければならない、
そういうものでもないよ。
一旦、映画かなり、ドラマ化を承認したら、
どう料理するかは、監督やディレクターの職分のうち、
と考えている人(=原作者)も多い。
今回の漫画家も、一般論としてはそういう理解をしていた。

177:

>>169 原作に忠実でなければならない、
そういうものでもないよ。
一旦、映画かなり、ドラマ化を承認したら、
どう料理するかは、監督やディレクターの職分のうち、
と考えている人(=原作者)も多い。
今回の漫画家も、一般論としてはそういう理解をしていた。


素材提供して和食作ってくださいって任せたらクソみたいなインド料理作って出されたら誰だって怒るだろ

419:

推しの子に、原作漫画家が2.5次元舞台の脚本が気に入らずに、自分で脚本を書くと言い出す話があったな
アニメ2期は、偶然に確かこの話からだから、また炎上するかもな

427:

>>419 推しの子に、原作漫画家が2.5次元舞台の脚本が気に入らずに、自分で脚本を書くと言い出す話があったな
アニメ2期は、偶然に確かこの話からだから、また炎上するかもな


推しの子は実写版が作中の炎上作品みたいになりそうなんだよなあ
キャスト見ても完全に学芸会レベルだし

457:

>>427 推しの子は実写版が作中の炎上作品みたいになりそうなんだよなあ
キャスト見ても完全に学芸会レベルだし


ブルーレイ売れたらそれでいいんじゃねえの局的には

460:

>>419 推しの子に、原作漫画家が2.5次元舞台の脚本が気に入らずに、自分で脚本を書くと言い出す話があったな
アニメ2期は、偶然に確かこの話からだから、また炎上するかもな


推しの子の描写は本当あの通りなんですか?って制作してる人にインタビューした記事前に読んだけど、結構違いますよ笑って言ってた
そういうところでも色々揉めそう…

435:

SNSが悪いんや にしたいテレビ局制作サイド

死の理由がこれ(ドラマ)かどうかみたいな話にそらすのもいるけど、
日テレサイド脚本家サイドとトラブってるのは事実で
他にもとかくドラマ化で同じような話がわんさか出てるんだから
これを改める必要があるのは間違いない

バラエティなんか罰ゲーム一つでBPOからしばかれて終わるんやで

498:

騒動全体で思ったのは芦原先生は我が子に等しい漫画を必死に守ろうとしたのはヒシヒシと伝わってきた。

全ての行動はセクシー田中さん本編がドラマ化で影響受けないように必死に守ろうとしてたんだなぁと。

502:

そういや数年前にニュース記事で読んだけど、キングダムは担当編集が3回変わっていて、3人目の担当が基本原作者に任せてあまり口出ししないとかで、その担当編集になった辺りからマンガがつまらなくなったと5ちゃんに書かれてた

546:

ラーメンハゲは鈴木京香にされてたけど原作ファンが「ラーメンについてうんちく語るハゲが主役のドラマが売れるなどというシニカルな考えは捨てろ」とか言ってて草生えた

553:

>>546 ラーメンハゲは鈴木京香にされてたけど原作ファンが「ラーメンについてうんちく語るハゲが主役のドラマが売れるなどというシニカルな考えは捨てろ」とか言ってて草生えた


正論だな
原作者が文句言ってないならそれでいい

574:

>>546 ラーメンハゲは鈴木京香にされてたけど原作ファンが「ラーメンについてうんちく語るハゲが主役のドラマが売れるなどというシニカルな考えは捨てろ」とか言ってて草生えた


理解力のあるファンが多くて良かったなw

559:

基本的に日本は、物語作りの才能ある人は漫画やアニメに行くから
それに、実写ドラマや映画で良いオリジナル脚本を書いても版権はテレビ局や映画会社に持っていかれるんだから、そりゃ漫画や漫画原作書いた方が自分の収入が多くなるから、ドラマや映画のオリジナル脚本を書く人はいなくなるわ
TBSのVIVANTの原作の福澤氏も単なる原作者じゃなくてドラマの監督でしょ
良いドラマ作れば、自分の出世や収入増になるだろうし
それと、福沢諭吉の子孫だってね

642:

他スレで見たけど、のだめは、版権を原作者が持ってるからドラマ製作にも口出しして、ジャニーズ岡田が主演やる予定だったのをやめさせたとか

978:

>>642 他スレで見たけど、のだめは、版権を原作者が持ってるからドラマ製作にも口出しして、ジャニーズ岡田が主演やる予定だったのをやめさせたとか


のだめはTBSで千秋役を岡田准一で企画されたが
のだめではなく千秋を主役に、V6を主題歌にと改悪され原作者激怒

717:

今回のは完全再現してね、ってのが原作サイドからの要望だから改変脚本で余計な仕事増やして責任転嫁したのが問題ではあるけど
餅は餅屋なのは事実で、脚本家不要、原作そのままやるのが至高、ではないよなぁ
それこそ推しの子の2期の範囲にまさに原作漫画家と脚本家がモメる話あったけど、あれみたいに脚本段階で話し合って一緒に書けたら良かったのにね

751:

「おせん」
日テレでドラマ化

原作者であるきくちは、このドラマを見た際「原作とのあまりの相違にショックを受けたために創作活動をおこなえない」として連載を突如告知なしで中断した。作者本人はこれについて、作品とは作者にとって子供のようなもので、その子供が嫁に行き、「幸せになれるものと思っていたら、それが実は身売りだった」と語っている。それに関係してか、最終話ではそれまでの「原作」表記ではなく「原案」表記に変わっている。
(ウィキペから)

787:

そもそも脚本家が原作者の意向聞かされてなかったとしか思えんのよな
間に入ったプロデューサーなりが双方に良い顔して「脚本にはちゃんと言っておきますから」「いやー、原作者が駄々こねちゃってさあ」ってやってた光景が目に浮かぶ
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1706624955

Comments 0

コメントはまだありません。