日本テレビ『セクシー田中さん』芦原妃名子さん訃報めぐり「重く受け止め」 関係者個人への誹謗中傷「やめていただくよう…」 - ドラマ
げいのうまとめんぬ

日本テレビ『セクシー田中さん』芦原妃名子さん訃報めぐり「重く受け止め」 関係者個人への誹謗中傷「やめていただくよう…」

2024/01/31
ドラマ 0
  • 2024-01-30 19:54 日本テレビは30日、公式サイトを更新。
  • 同局系昨年10月クールに放送された、連続ドラマ『セクシー田中さん』の原作者・芦原妃名子さんが亡くなったことを受け、改めてコメントを発表した。
  • サイトでは「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。
  • ドラマ『セクシー田中さん』は、日本テレビの責任において制作および放送を行ったもので、関係者個人へのSNS等での誹謗中傷などはやめていただくよう、切にお願い申し上げます」と記した。
  • 芦原さんは26日、ドラマ『セクシー田中さん』について「今回のドラマ化で、私が9話・10話の脚本を書かざるを得ないと判断するに至った」経緯を長文で投稿していた。
  • 「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。
  • 2023年10月期の日曜ドラマ『セクシー田中さん』につきまして日本テレビは映像化の提案に際し、原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら脚本制作作業の話し合いを重ね、最終的に許諾をいただけた脚本を決定原稿とし、放送しております。
  • ■報告全文 芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。
  • 日本テレビとして、大変重く受け止めております。
  • ドラマ『セクシー田中さん』は、日本テレビの責任において制作および放送を行ったもので、関係者個人へのSNS等での誹謗中傷などはやめていただくよう、切にお願い申し上げます。

1:

2024-01-30 19:54

 日本テレビは30日、公式サイトを更新。同局系昨年10月クールに放送された、連続ドラマ『セクシー田中さん』の原作者・芦原妃名子さんが亡くなったことを受け、改めてコメントを発表した。

 サイトでは「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。日本テレビとして、大変重く受け止めております。ドラマ『セクシー田中さん』は、日本テレビの責任において制作および放送を行ったもので、関係者個人へのSNS等での誹謗中傷などはやめていただくよう、切にお願い申し上げます」と記した。

 芦原さんは26日、ドラマ『セクシー田中さん』について「今回のドラマ化で、私が9話・10話の脚本を書かざるを得ないと判断するに至った」経緯を長文で投稿していた。文章は小学館と事実確認したとするもので、自身の作品に込めた思いや、ドラマ制作前に提示していたとする条件、その後の局側とのやりとりなどを長文でつづっていた。

 ドラマオリジナルとなる第9話・10話の脚本は自ら執筆したとし、「最後となりましたが、素敵なドラマ作品にして頂いた、素晴らしいキャストの皆さんや、ドラマの制作スタッフの皆様と、『セクシー田中さん』の漫画とドラマを愛してくださった読者と視聴者の皆様に深く感謝いたします」と結んでいた。28日には「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」と記した。同内容を掲載していたブログにもアクセスできなくなった。

 ドラマの公式サイトが29日に更新。「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。2023年10月期の日曜ドラマ『セクシー田中さん』につきまして日本テレビは映像化の提案に際し、原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら脚本制作作業の話し合いを重ね、最終的に許諾をいただけた脚本を決定原稿とし、放送しております。本作品の制作にご尽力いただいた芦原さんには感謝しております」とつづられていた。

■報告全文
芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。日本テレビとして、大変重く受け止めております。ドラマ『セクシー田中さん』は、日本テレビの責任において制作および放送を行ったもので、関係者個人へのSNS等での誹謗中傷などはやめていただくよう、切にお願い申し上げます。

https://www.oricon.co.jp/news/2312622/full/

★1: 2024/01/30(火) 20:03:23.34
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706627531/

370:

>>1 2024-01-30 19:54

 日本テレビは30日、公式サイトを更新。同局系昨年10月クールに放送された、連続ドラマ『セクシー田中さん』の原作者・芦原妃名子さんが亡くなったことを受け、改めてコメントを発表した。

 サイトでは「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。日本テレビとして、大変重く受け止めております。ドラマ『セクシー田中さん』は、日本テレビの責任において制作および放送を行ったもので、関係者個人へのSNS等での誹謗中傷などはやめていただくよう、切にお願い申し上げます」と記した。

 芦原さんは26日、ドラマ『セクシー田中さん』について「今回のドラマ化で、私が9話・10話の脚本を書かざるを得ないと判断するに至った」経緯を長文で投稿していた。文章は小学館と事実確認したとするもので、自身の作品に込めた思いや、ドラマ制作前に提示していたとする条件、その後の局側とのやりとりなどを長文でつづっていた。

 ドラマオリジナルとなる第9話・10話の脚本は自ら執筆したとし、「最後となりましたが、素敵なドラマ作品にして頂いた、素晴らしいキャストの皆さんや、ドラマの制作スタッフの皆様と、『セクシー田中さん』の漫画とドラマを愛してくださった読者と視聴者の皆様に深く感謝いたします」と結んでいた。28日には「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」と記した。同内容を掲載していたブログにもアクセスできなくなった。

 ドラマの公式サイトが29日に更新。「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。2023年10月期の日曜ドラマ『セクシー田中さん』につきまして日本テレビは映像化の提案に際し、原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら脚本制作作業の話し合いを重ね、最終的に許諾をいただけた脚本を決定原稿とし、放送しております。本作品の制作にご尽力いただいた芦原さんには感謝しております」とつづられていた。

■報告全文
芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。日本テレビとして、大変重く受け止めております。ドラマ『セクシー田中さん』は、日本テレビの責任において制作および放送を行ったもので、関係者個人へのSNS等での誹謗中傷などはやめていただくよう、切にお願い申し上げます。

https://www.oricon.co.jp/news/2312622/full/

★1: 2024/01/30(火) 20:03:23.34
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706627531/


ヘイポー以下の反省文だな。
あ、あれも日テレの人間だったな。

379:

>>1 2024-01-30 19:54

 日本テレビは30日、公式サイトを更新。同局系昨年10月クールに放送された、連続ドラマ『セクシー田中さん』の原作者・芦原妃名子さんが亡くなったことを受け、改めてコメントを発表した。

 サイトでは「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。日本テレビとして、大変重く受け止めております。ドラマ『セクシー田中さん』は、日本テレビの責任において制作および放送を行ったもので、関係者個人へのSNS等での誹謗中傷などはやめていただくよう、切にお願い申し上げます」と記した。

 芦原さんは26日、ドラマ『セクシー田中さん』について「今回のドラマ化で、私が9話・10話の脚本を書かざるを得ないと判断するに至った」経緯を長文で投稿していた。文章は小学館と事実確認したとするもので、自身の作品に込めた思いや、ドラマ制作前に提示していたとする条件、その後の局側とのやりとりなどを長文でつづっていた。

 ドラマオリジナルとなる第9話・10話の脚本は自ら執筆したとし、「最後となりましたが、素敵なドラマ作品にして頂いた、素晴らしいキャストの皆さんや、ドラマの制作スタッフの皆様と、『セクシー田中さん』の漫画とドラマを愛してくださった読者と視聴者の皆様に深く感謝いたします」と結んでいた。28日には「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」と記した。同内容を掲載していたブログにもアクセスできなくなった。

 ドラマの公式サイトが29日に更新。「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。2023年10月期の日曜ドラマ『セクシー田中さん』につきまして日本テレビは映像化の提案に際し、原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら脚本制作作業の話し合いを重ね、最終的に許諾をいただけた脚本を決定原稿とし、放送しております。本作品の制作にご尽力いただいた芦原さんには感謝しております」とつづられていた。

■報告全文
芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。日本テレビとして、大変重く受け止めております。ドラマ『セクシー田中さん』は、日本テレビの責任において制作および放送を行ったもので、関係者個人へのSNS等での誹謗中傷などはやめていただくよう、切にお願い申し上げます。

https://www.oricon.co.jp/news/2312622/full/

★1: 2024/01/30(火) 20:03:23.34
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706627531/


重く受け止めているなら事実確認と再発防止策を出すべきだ。
しかし日テレにそのようなコメントは現在ない。
従って日テレは当該事実を重く受け止めてはいない。

547:

>>1 2024-01-30 19:54

 日本テレビは30日、公式サイトを更新。同局系昨年10月クールに放送された、連続ドラマ『セクシー田中さん』の原作者・芦原妃名子さんが亡くなったことを受け、改めてコメントを発表した。

 サイトでは「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。日本テレビとして、大変重く受け止めております。ドラマ『セクシー田中さん』は、日本テレビの責任において制作および放送を行ったもので、関係者個人へのSNS等での誹謗中傷などはやめていただくよう、切にお願い申し上げます」と記した。

 芦原さんは26日、ドラマ『セクシー田中さん』について「今回のドラマ化で、私が9話・10話の脚本を書かざるを得ないと判断するに至った」経緯を長文で投稿していた。文章は小学館と事実確認したとするもので、自身の作品に込めた思いや、ドラマ制作前に提示していたとする条件、その後の局側とのやりとりなどを長文でつづっていた。

 ドラマオリジナルとなる第9話・10話の脚本は自ら執筆したとし、「最後となりましたが、素敵なドラマ作品にして頂いた、素晴らしいキャストの皆さんや、ドラマの制作スタッフの皆様と、『セクシー田中さん』の漫画とドラマを愛してくださった読者と視聴者の皆様に深く感謝いたします」と結んでいた。28日には「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」と記した。同内容を掲載していたブログにもアクセスできなくなった。

 ドラマの公式サイトが29日に更新。「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。2023年10月期の日曜ドラマ『セクシー田中さん』につきまして日本テレビは映像化の提案に際し、原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら脚本制作作業の話し合いを重ね、最終的に許諾をいただけた脚本を決定原稿とし、放送しております。本作品の制作にご尽力いただいた芦原さんには感謝しております」とつづられていた。

■報告全文
芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。日本テレビとして、大変重く受け止めております。ドラマ『セクシー田中さん』は、日本テレビの責任において制作および放送を行ったもので、関係者個人へのSNS等での誹謗中傷などはやめていただくよう、切にお願い申し上げます。

https://www.oricon.co.jp/news/2312622/full/

★1: 2024/01/30(火) 20:03:23.34
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706627531/


小学館はコナン、フリーレン、薬屋のひとりごと全てを日テレから引きあげろ

562:

>>547 小学館はコナン、フリーレン、薬屋のひとりごと全てを日テレから引きあげろ


コナンは読売だけどね

557:

>>1 2024-01-30 19:54

 日本テレビは30日、公式サイトを更新。同局系昨年10月クールに放送された、連続ドラマ『セクシー田中さん』の原作者・芦原妃名子さんが亡くなったことを受け、改めてコメントを発表した。

 サイトでは「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。日本テレビとして、大変重く受け止めております。ドラマ『セクシー田中さん』は、日本テレビの責任において制作および放送を行ったもので、関係者個人へのSNS等での誹謗中傷などはやめていただくよう、切にお願い申し上げます」と記した。

 芦原さんは26日、ドラマ『セクシー田中さん』について「今回のドラマ化で、私が9話・10話の脚本を書かざるを得ないと判断するに至った」経緯を長文で投稿していた。文章は小学館と事実確認したとするもので、自身の作品に込めた思いや、ドラマ制作前に提示していたとする条件、その後の局側とのやりとりなどを長文でつづっていた。

 ドラマオリジナルとなる第9話・10話の脚本は自ら執筆したとし、「最後となりましたが、素敵なドラマ作品にして頂いた、素晴らしいキャストの皆さんや、ドラマの制作スタッフの皆様と、『セクシー田中さん』の漫画とドラマを愛してくださった読者と視聴者の皆様に深く感謝いたします」と結んでいた。28日には「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」と記した。同内容を掲載していたブログにもアクセスできなくなった。

 ドラマの公式サイトが29日に更新。「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。2023年10月期の日曜ドラマ『セクシー田中さん』につきまして日本テレビは映像化の提案に際し、原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら脚本制作作業の話し合いを重ね、最終的に許諾をいただけた脚本を決定原稿とし、放送しております。本作品の制作にご尽力いただいた芦原さんには感謝しております」とつづられていた。

■報告全文
芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。日本テレビとして、大変重く受け止めております。ドラマ『セクシー田中さん』は、日本テレビの責任において制作および放送を行ったもので、関係者個人へのSNS等での誹謗中傷などはやめていただくよう、切にお願い申し上げます。

https://www.oricon.co.jp/news/2312622/full/

★1: 2024/01/30(火) 20:03:23.34
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706627531/


スポンサー一覧
https://w.atwiki.jp/sponsoracjapan/pages/10587.html
固定スポンサー
日本メディアシステム
P&G

単発スポンサー
SUNTORY
アイフル
KIRIN(キリンビール・PT)
AEON(イオン株式会社・PT)
Esthe Pro Labo

898:

>>1 2024-01-30 19:54

 日本テレビは30日、公式サイトを更新。同局系昨年10月クールに放送された、連続ドラマ『セクシー田中さん』の原作者・芦原妃名子さんが亡くなったことを受け、改めてコメントを発表した。

 サイトでは「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。日本テレビとして、大変重く受け止めております。ドラマ『セクシー田中さん』は、日本テレビの責任において制作および放送を行ったもので、関係者個人へのSNS等での誹謗中傷などはやめていただくよう、切にお願い申し上げます」と記した。

 芦原さんは26日、ドラマ『セクシー田中さん』について「今回のドラマ化で、私が9話・10話の脚本を書かざるを得ないと判断するに至った」経緯を長文で投稿していた。文章は小学館と事実確認したとするもので、自身の作品に込めた思いや、ドラマ制作前に提示していたとする条件、その後の局側とのやりとりなどを長文でつづっていた。

 ドラマオリジナルとなる第9話・10話の脚本は自ら執筆したとし、「最後となりましたが、素敵なドラマ作品にして頂いた、素晴らしいキャストの皆さんや、ドラマの制作スタッフの皆様と、『セクシー田中さん』の漫画とドラマを愛してくださった読者と視聴者の皆様に深く感謝いたします」と結んでいた。28日には「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」と記した。同内容を掲載していたブログにもアクセスできなくなった。

 ドラマの公式サイトが29日に更新。「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。2023年10月期の日曜ドラマ『セクシー田中さん』につきまして日本テレビは映像化の提案に際し、原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら脚本制作作業の話し合いを重ね、最終的に許諾をいただけた脚本を決定原稿とし、放送しております。本作品の制作にご尽力いただいた芦原さんには感謝しております」とつづられていた。

■報告全文
芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。日本テレビとして、大変重く受け止めております。ドラマ『セクシー田中さん』は、日本テレビの責任において制作および放送を行ったもので、関係者個人へのSNS等での誹謗中傷などはやめていただくよう、切にお願い申し上げます。

https://www.oricon.co.jp/news/2312622/full/

★1: 2024/01/30(火) 20:03:23.34
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706627531/


え?
あの言い訳コメント削除して差し替えたの?
それとも追加コメント?

917:

>>898 え?
あの言い訳コメント削除して差し替えたの?
それとも追加コメント?


追加だよ。
昨日のコメントは番組のページに残したまま、日テレのホームページのトップ画面に渋々追加した感じで載せている。
つまり、昨日のコメントの主張はまだ取り下げていない。

924:

>>917 追加だよ。
昨日のコメントは番組のページに残したまま、日テレのホームページのトップ画面に渋々追加した感じで載せている。
つまり、昨日のコメントの主張はまだ取り下げていない。


ありがとう
どのくちが言うだよな
過程をまったく説明せずに自分たちは悪くないとかほんとクソすぎて反吐が出るわ

951:

>>1 2024-01-30 19:54

 日本テレビは30日、公式サイトを更新。同局系昨年10月クールに放送された、連続ドラマ『セクシー田中さん』の原作者・芦原妃名子さんが亡くなったことを受け、改めてコメントを発表した。

 サイトでは「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。日本テレビとして、大変重く受け止めております。ドラマ『セクシー田中さん』は、日本テレビの責任において制作および放送を行ったもので、関係者個人へのSNS等での誹謗中傷などはやめていただくよう、切にお願い申し上げます」と記した。

 芦原さんは26日、ドラマ『セクシー田中さん』について「今回のドラマ化で、私が9話・10話の脚本を書かざるを得ないと判断するに至った」経緯を長文で投稿していた。文章は小学館と事実確認したとするもので、自身の作品に込めた思いや、ドラマ制作前に提示していたとする条件、その後の局側とのやりとりなどを長文でつづっていた。

 ドラマオリジナルとなる第9話・10話の脚本は自ら執筆したとし、「最後となりましたが、素敵なドラマ作品にして頂いた、素晴らしいキャストの皆さんや、ドラマの制作スタッフの皆様と、『セクシー田中さん』の漫画とドラマを愛してくださった読者と視聴者の皆様に深く感謝いたします」と結んでいた。28日には「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」と記した。同内容を掲載していたブログにもアクセスできなくなった。

 ドラマの公式サイトが29日に更新。「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。2023年10月期の日曜ドラマ『セクシー田中さん』につきまして日本テレビは映像化の提案に際し、原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら脚本制作作業の話し合いを重ね、最終的に許諾をいただけた脚本を決定原稿とし、放送しております。本作品の制作にご尽力いただいた芦原さんには感謝しております」とつづられていた。

■報告全文
芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。日本テレビとして、大変重く受け止めております。ドラマ『セクシー田中さん』は、日本テレビの責任において制作および放送を行ったもので、関係者個人へのSNS等での誹謗中傷などはやめていただくよう、切にお願い申し上げます。

https://www.oricon.co.jp/news/2312622/full/

★1: 2024/01/30(火) 20:03:23.34
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706627531/



海外(reddit)でも外国人から脚本家が叩かれてるな
https://www.reddit.com/r/manga/comments/1ads3uj/news_hinako_ashihara_the_mangaka_of_sand/

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

25:

「5ちゃんねらーとして、大変重く受け止めております。原作著作権者との事前合意や、未だ未完である作品の制作意図を、軽視したドラマ制作はやめていただくよう、切にお願い申し上げます」

32:

>>25 「5ちゃんねらーとして、大変重く受け止めております。原作著作権者との事前合意や、未だ未完である作品の制作意図を、軽視したドラマ制作はやめていただくよう、切にお願い申し上げます」


おまえが5ちゃんねらーの代表ヅラすんなw

170:

9と10話は原作者が忙しい中作ったのはまだ連載中の漫画と話を上手く繋げたかったかららしいけど慣れない作業で上手くいかなかったらしい、、、それで日テレのティックトックにダメだしコメントにイイネ👍は酷過ぎて言葉失うわ。

175:

>>170 9と10話は原作者が忙しい中作ったのはまだ連載中の漫画と話を上手く繋げたかったかららしいけど慣れない作業で上手くいかなかったらしい、、、それで日テレのティックトックにダメだしコメントにイイネ👍は酷過ぎて言葉失うわ。


連載と並行してやってる初めての脚本作業を上手く出来る方がおかしいわな
専門家が頼りなのに原作者の要望と真反対のことをやり続けて無理押し付けて何やってんだよとそりゃ経過知ったら誰でも言いたくなるわ

188:

日テレや脚本家は「改変するな」という話を小学館から聞かされてなかった
(小学館はこの件に関しての取材にノーコメントでダンマリ)



日テレと脚本家を叩いてたお前らさあ、どう責任取るの?

246:

>>188 日テレや脚本家は「改変するな」という話を小学館から聞かされてなかった
(小学館はこの件に関しての取材にノーコメントでダンマリ)



日テレと脚本家を叩いてたお前らさあ、どう責任取るの?


フジの取材甘いなあ
もっと突っ込んで取材しろよ
ジャーナリストだろ?

257:

>>246 フジの取材甘いなあ
もっと突っ込んで取材しろよ
ジャーナリストだろ?


日本のマスゴミにジャーナリズムなんてあると思うか?

281:

>>246 フジの取材甘いなあ
もっと突っ込んで取材しろよ
ジャーナリストだろ?


文春に渡すエサとしては十分だったのでは

247:

>>188 日テレや脚本家は「改変するな」という話を小学館から聞かされてなかった
(小学館はこの件に関しての取材にノーコメントでダンマリ)



日テレと脚本家を叩いてたお前らさあ、どう責任取るの?


そんなんで事実認定すんなら
原作者も担当に確認した上で経緯をツイしてますみたいなこと書いてあったけど

411:

最初のコメントで日テレが小学館を通じて原作者の意見を頂いてるって言ってんのに
フリーのどこかのジャーナリストの言葉なんてなんの意味もない

415:

>>411 最初のコメントで日テレが小学館を通じて原作者の意見を頂いてるって言ってんのに
フリーのどこかのジャーナリストの言葉なんてなんの意味もない


たしかにこれ🙆

424:

>>411 最初のコメントで日テレが小学館を通じて原作者の意見を頂いてるって言ってんのに
フリーのどこかのジャーナリストの言葉なんてなんの意味もない


ごもっともでw

467:

日テレに伝わってなかったかどうかに関しての延長線上で、少なくとも脚本家のインスタ見りゃ現場には降りてなかったのはわかる
「原作サイドの横暴で脚本降ろされました」って言ってんだから
あれもみんなが大好きなネット告発よ

時系列順で追えば、脚本家と原作者のドラマに対する前提がまったく違うことがわかる

527:

今後は最終回までの脚本を原作者に提出してもらって納得した上でドラマ化して欲しい
原作者も脚本読んで「素晴らしいドラマになると思います」「ドラマは漫画と別物としてお楽しみください」等と放映前に発言する権利を約束した上で

771:

騙したというより日テレ>小学館(担当者)の力関係から原作者の要求を受け入れてもらえなかった 
もしくは「ああ分かった、分かった】のレベルでしかなかった。 それを担当者は原作者に伝えてなかった
ということはありそうだけどね

783:

聞いてなかったのに毎回原作者出版社の修正意見を反映して
挙句に8話でかなりやり取りあって
最後の2話では原作者が脚本を書く
これはどういう契約、どういう会社間伝達だったら起こりうるの
今後長い小学館との関係を忖度?

791:

>>783 聞いてなかったのに毎回原作者出版社の修正意見を反映して
挙句に8話でかなりやり取りあって
最後の2話では原作者が脚本を書く
これはどういう契約、どういう会社間伝達だったら起こりうるの
今後長い小学館との関係を忖度?


聞いてなかったということはない気がするな ただしその要求を全面的に受け入れたわけではない 
その辺が真相では

805:

小学館が日テレに原作者の意向や契約内容を伝えてなかったならなんで1話~8話が徹底的に加筆修正されてて
ラストも脚本家が降ろされて原作者脚本なんて「異例」の対応されることになるんだよ
これも結構めちゃくちゃじゃない?
小学館が原作者の意向伝えてないなら日テレ側はもっと好き勝手やってるだろうし人気脚本家を降ろすなんてことやれるわけ無いだろ

821:

>>805 小学館が日テレに原作者の意向や契約内容を伝えてなかったならなんで1話~8話が徹底的に加筆修正されてて
ラストも脚本家が降ろされて原作者脚本なんて「異例」の対応されることになるんだよ
これも結構めちゃくちゃじゃない?
小学館が原作者の意向伝えてないなら日テレ側はもっと好き勝手やってるだろうし人気脚本家を降ろすなんてことやれるわけ無いだろ


そもそも、全体のプロットの段階で原作との齟齬が発生してたらわかるはずなんだけど、そこが通ってんのが変なんだよなぁ

830:

>>805 小学館が日テレに原作者の意向や契約内容を伝えてなかったならなんで1話~8話が徹底的に加筆修正されてて
ラストも脚本家が降ろされて原作者脚本なんて「異例」の対応されることになるんだよ
これも結構めちゃくちゃじゃない?
小学館が原作者の意向伝えてないなら日テレ側はもっと好き勝手やってるだろうし人気脚本家を降ろすなんてことやれるわけ無いだろ


人気脚本家じゃなくって日テレプロデューサーとズルズルべったりの漫画二次創作屋だろうに

844:

原作者に意見聞くのは普通のことだからこれをもって日テレが原作改変NGを最初から認識してたとは限らんのは確か
交渉窓口の小学館が日テレともめたくないので及び腰だったというのもありうる話だろうな

875:

そもそも、脚本家達の原作者に対する誹謗中傷SNSを止めずに、いざ脚本家達が批判されたら止めてくれと言っている時点でダブルスタンダードなんだよな。
信頼性の欠片もないわ、日テレには。
あと、脚本家らの原作者中傷したTicTokに番組公式がいいね押しまくっていた、という話もあるんだが、本当なのかね?

938:

この脚本家は日テレさんや◯◯さんと局と俳優を呼ぶのに
作品の生みの親である先生に対しては「原作者たっての」、「原作者です」だからな
原作の芦原先生でも原作の芦原さんでも原作者様でも原作者さんでいいのにまったく敬意がないどろか嫌ってる
それをSNSで丸出しにしてるから原作者貶す内容のコメント付いたんだし日テレ小学館関係なくアレな人よ
これさえなきゃ原作者も甚大なストレスではあっただろうけど胸の奥にしまえたかもしれないのに

940:

>>938 この脚本家は日テレさんや◯◯さんと局と俳優を呼ぶのに
作品の生みの親である先生に対しては「原作者たっての」、「原作者です」だからな
原作の芦原先生でも原作の芦原さんでも原作者様でも原作者さんでいいのにまったく敬意がないどろか嫌ってる
それをSNSで丸出しにしてるから原作者貶す内容のコメント付いたんだし日テレ小学館関係なくアレな人よ
これさえなきゃ原作者も甚大なストレスではあっただろうけど胸の奥にしまえたかもしれないのに


脚本家サイドにも憤りがあったのは見えるけどね

945:

>>940 脚本家サイドにも憤りがあったのは見えるけどね


島国根性ばりに、脚本家としての立場を相当勘違いしているようだ。

950:

>>940 脚本家サイドにも憤りがあったのは見えるけどね


今となっては自意識過剰で身勝手な憤りにしか見えないけどな。
だからこそ、消して逃げたんだろう?

958:

>>950 今となっては自意識過剰で身勝手な憤りにしか見えないけどな。
だからこそ、消して逃げたんだろう?


世に出た順番と何が足りてないからあの発言が出てきたのかであの人の置かれてた状況も察されるけどね。
消したのはどっかの会社の意向。表面化してからもしばらくは出てたんだし

960:

しかし、原作者から『漫画に忠実に』というオーダーがあったにも関わらず、何故原作クラッシャーとして悪名高かった脚本家を起用したのかね?
日テレには、ここを一番追求しないと駄目だろう。

972:

国内の大手映画4社の社長が揃って『原作を尊重』というコメントを出す事態にまでなっているからな。
この事件を契機に原作者が原作提供を渋るようになったらコンテンツ業界の死活問題だからな。
さすがに原作クラッシャー的な改変はもう無理だろうな。

975:

>>972 国内の大手映画4社の社長が揃って『原作を尊重』というコメントを出す事態にまでなっているからな。
この事件を契機に原作者が原作提供を渋るようになったらコンテンツ業界の死活問題だからな。
さすがに原作クラッシャー的な改変はもう無理だろうな。


双方が弁護士立てて厳密な契約書結ぶのをルール化しないと変わらないと思うよ
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1706632435

Comments 0

コメントはまだありません。