冨安、上田、堂安ら初先発へ!! 森保J、インドネシア戦で大胆8人ターンオーバー断行 - テレビ
げいのうまとめんぬ

冨安、上田、堂安ら初先発へ!! 森保J、インドネシア戦で大胆8人ターンオーバー断行

2024/01/25
テレビ 0
  • アジアカップに参戦中の日本代表は19日、グループリーグ第3戦でインドネシア代表と対戦する。
  • 決勝トーナメント進出には引き分け以上が必要な一戦。
  • 午後2時30分(日本時間午後8時30分)のキックオフを前にスターティングメンバーが発表され、森保一監督は第2戦のイラク戦(●1-2)から8人を入れ替えるターンオーバーに踏み切った。
  • 足首の負傷で全体練習合流が遅れ、イラク戦で後半45分間出場したDF冨安健洋(アーセナル)がついに初先発。
  • 2試合途中出場が続いていたFW上田綺世(フェイエノールト)とMF堂安律(フライブルク)も起用された。
  • 過去2試合では4-2-3-1の布陣が採用されていたが、流動的でありながらも4-1-4-1に近い陣形で臨むとみられる。
  • 中盤はMF遠藤航(リバプール)がアンカーに入り、旗手とMF堂安律(フライブルク)がインサイドハーフに入る見込み。
  • 1トップはFW上田綺世(フェイエノールト)が務める。
  • 23人のベンチ入り枠からは左足首負傷で別メニュー調整が続くMF三笘薫(ブライトン)、左手首に痛みがあるGK野澤大志ブランドン(FC東京)に加え、2試合連続フル出場していたDF板倉滉(ボルシアMG)が外れた。
  • 冒頭15分間が報道陣に公開された23日の全体練習には姿を見せていたが、試合までの間に何らかのアクシデントがあったとみられる。

1:

アジアカップに参戦中の日本代表は19日、グループリーグ第3戦でインドネシア代表と対戦する。決勝トーナメント進出には引き分け以上が必要な一戦。午後2時30分(日本時間午後8時30分)のキックオフを前にスターティングメンバーが発表され、森保一監督は第2戦のイラク戦(●1-2)から8人を入れ替えるターンオーバーに踏み切った。

 足首の負傷で全体練習合流が遅れ、イラク戦で後半45分間出場したDF冨安健洋(アーセナル)がついに初先発。2試合途中出場が続いていたFW上田綺世(フェイエノールト)とMF堂安律(フライブルク)も起用された。中盤にはMF旗手怜央(セルティック)を抜擢。過去2試合では4-2-3-1の布陣が採用されていたが、流動的でありながらも4-1-4-1に近い陣形で臨むとみられる。

 GKは鈴木彩艶(シントトロイデン)が引き続き起用され、4バックは左からDF中山雄太(ハダースフィールド)、DF町田浩樹(サンジロワーズ)、DF冨安健洋(アーセナル)、DF毎熊晟矢(C大阪)。中盤はMF遠藤航(リバプール)がアンカーに入り、旗手とMF堂安律(フライブルク)がインサイドハーフに入る見込み。サイドハーフは左にMF中村敬斗(スタッド・ランス)、右にMF久保建英(ソシエダ)。1トップはFW上田綺世(フェイエノールト)が務める。

 23人のベンチ入り枠からは左足首負傷で別メニュー調整が続くMF三笘薫(ブライトン)、左手首に痛みがあるGK野澤大志ブランドン(FC東京)に加え、2試合連続フル出場していたDF板倉滉(ボルシアMG)が外れた。冒頭15分間が報道陣に公開された23日の全体練習には姿を見せていたが、試合までの間に何らかのアクシデントがあったとみられる。

 対戦相手のインドネシアはD組最下位のFIFAランキング146位(日本は17位)。それでも近年は帰化選手を中心に力をつけてきており、今大会第2戦ではベトナムを下し、D組2位の日本と勝ち点3で並んでいる(得失点差で3位)。過去の通算対戦成績は日本の10勝2分6敗だが、対戦は日本が5-0で勝利した1989年6月11日のイタリアW杯予選以来35年ぶりとなる。

 日本はすでにグループリーグ首位通過の可能性がなくなっており、2位通過を目指す状況。引き分け以上が条件となる。敗れても「各組3位の成績上位4チーム」の突破条件を満たす可能性は残るが、他グループの結果次第。優勝に向けて再び勢いをつけるためにも確実に結果を出さなければならない一戦だ。


[日本]
▽先発
GK 23 鈴木彩艶
DF 19 中山雄太
DF 16 毎熊晟矢
DF 15 町田浩樹
DF 22 冨安健洋
MF 6 遠藤航(Cap)
MF 10 堂安律
MF 17 旗手怜央
MF 13 中村敬斗
MF 20 久保建英
FW 9 上田綺世
▽控え
GK 1 前川黛也
DF 3 谷口彰悟
DF 24 渡辺剛
DF 21 伊藤洋輝
DF 2 菅原由勢
MF 14 伊東純也
MF 8 南野拓実
MF 5 守田英正
MF 26 佐野海舟
FW 18 浅野拓磨
FW 25 前田大然
FW 11 細谷真大
▽監督
森保一

https://news.yahoo.co.jp/articles/298207aa6a5d9a580281c046f12130aa127bc7db

54:

>>1 アジアカップに参戦中の日本代表は19日、グループリーグ第3戦でインドネシア代表と対戦する。決勝トーナメント進出には引き分け以上が必要な一戦。午後2時30分(日本時間午後8時30分)のキックオフを前にスターティングメンバーが発表され、森保一監督は第2戦のイラク戦(●1-2)から8人を入れ替えるターンオーバーに踏み切った。

 足首の負傷で全体練習合流が遅れ、イラク戦で後半45分間出場したDF冨安健洋(アーセナル)がついに初先発。2試合途中出場が続いていたFW上田綺世(フェイエノールト)とMF堂安律(フライブルク)も起用された。中盤にはMF旗手怜央(セルティック)を抜擢。過去2試合では4-2-3-1の布陣が採用されていたが、流動的でありながらも4-1-4-1に近い陣形で臨むとみられる。

 GKは鈴木彩艶(シントトロイデン)が引き続き起用され、4バックは左からDF中山雄太(ハダースフィールド)、DF町田浩樹(サンジロワーズ)、DF冨安健洋(アーセナル)、DF毎熊晟矢(C大阪)。中盤はMF遠藤航(リバプール)がアンカーに入り、旗手とMF堂安律(フライブルク)がインサイドハーフに入る見込み。サイドハーフは左にMF中村敬斗(スタッド・ランス)、右にMF久保建英(ソシエダ)。1トップはFW上田綺世(フェイエノールト)が務める。

 23人のベンチ入り枠からは左足首負傷で別メニュー調整が続くMF三笘薫(ブライトン)、左手首に痛みがあるGK野澤大志ブランドン(FC東京)に加え、2試合連続フル出場していたDF板倉滉(ボルシアMG)が外れた。冒頭15分間が報道陣に公開された23日の全体練習には姿を見せていたが、試合までの間に何らかのアクシデントがあったとみられる。

 対戦相手のインドネシアはD組最下位のFIFAランキング146位(日本は17位)。それでも近年は帰化選手を中心に力をつけてきており、今大会第2戦ではベトナムを下し、D組2位の日本と勝ち点3で並んでいる(得失点差で3位)。過去の通算対戦成績は日本の10勝2分6敗だが、対戦は日本が5-0で勝利した1989年6月11日のイタリアW杯予選以来35年ぶりとなる。

 日本はすでにグループリーグ首位通過の可能性がなくなっており、2位通過を目指す状況。引き分け以上が条件となる。敗れても「各組3位の成績上位4チーム」の突破条件を満たす可能性は残るが、他グループの結果次第。優勝に向けて再び勢いをつけるためにも確実に結果を出さなければならない一戦だ。


[日本]
▽先発
GK 23 鈴木彩艶
DF 19 中山雄太
DF 16 毎熊晟矢
DF 15 町田浩樹
DF 22 冨安健洋
MF 6 遠藤航(Cap)
MF 10 堂安律
MF 17 旗手怜央
MF 13 中村敬斗
MF 20 久保建英
FW 9 上田綺世
▽控え
GK 1 前川黛也
DF 3 谷口彰悟
DF 24 渡辺剛
DF 21 伊藤洋輝
DF 2 菅原由勢
MF 14 伊東純也
MF 8 南野拓実
MF 5 守田英正
MF 26 佐野海舟
FW 18 浅野拓磨
FW 25 前田大然
FW 11 細谷真大
▽監督
森保一

https://news.yahoo.co.jp/articles/298207aa6a5d9a580281c046f12130aa127bc7db


そして、予選敗退へ

78:

>>1 アジアカップに参戦中の日本代表は19日、グループリーグ第3戦でインドネシア代表と対戦する。決勝トーナメント進出には引き分け以上が必要な一戦。午後2時30分(日本時間午後8時30分)のキックオフを前にスターティングメンバーが発表され、森保一監督は第2戦のイラク戦(●1-2)から8人を入れ替えるターンオーバーに踏み切った。

 足首の負傷で全体練習合流が遅れ、イラク戦で後半45分間出場したDF冨安健洋(アーセナル)がついに初先発。2試合途中出場が続いていたFW上田綺世(フェイエノールト)とMF堂安律(フライブルク)も起用された。中盤にはMF旗手怜央(セルティック)を抜擢。過去2試合では4-2-3-1の布陣が採用されていたが、流動的でありながらも4-1-4-1に近い陣形で臨むとみられる。

 GKは鈴木彩艶(シントトロイデン)が引き続き起用され、4バックは左からDF中山雄太(ハダースフィールド)、DF町田浩樹(サンジロワーズ)、DF冨安健洋(アーセナル)、DF毎熊晟矢(C大阪)。中盤はMF遠藤航(リバプール)がアンカーに入り、旗手とMF堂安律(フライブルク)がインサイドハーフに入る見込み。サイドハーフは左にMF中村敬斗(スタッド・ランス)、右にMF久保建英(ソシエダ)。1トップはFW上田綺世(フェイエノールト)が務める。

 23人のベンチ入り枠からは左足首負傷で別メニュー調整が続くMF三笘薫(ブライトン)、左手首に痛みがあるGK野澤大志ブランドン(FC東京)に加え、2試合連続フル出場していたDF板倉滉(ボルシアMG)が外れた。冒頭15分間が報道陣に公開された23日の全体練習には姿を見せていたが、試合までの間に何らかのアクシデントがあったとみられる。

 対戦相手のインドネシアはD組最下位のFIFAランキング146位(日本は17位)。それでも近年は帰化選手を中心に力をつけてきており、今大会第2戦ではベトナムを下し、D組2位の日本と勝ち点3で並んでいる(得失点差で3位)。過去の通算対戦成績は日本の10勝2分6敗だが、対戦は日本が5-0で勝利した1989年6月11日のイタリアW杯予選以来35年ぶりとなる。

 日本はすでにグループリーグ首位通過の可能性がなくなっており、2位通過を目指す状況。引き分け以上が条件となる。敗れても「各組3位の成績上位4チーム」の突破条件を満たす可能性は残るが、他グループの結果次第。優勝に向けて再び勢いをつけるためにも確実に結果を出さなければならない一戦だ。


[日本]
▽先発
GK 23 鈴木彩艶
DF 19 中山雄太
DF 16 毎熊晟矢
DF 15 町田浩樹
DF 22 冨安健洋
MF 6 遠藤航(Cap)
MF 10 堂安律
MF 17 旗手怜央
MF 13 中村敬斗
MF 20 久保建英
FW 9 上田綺世
▽控え
GK 1 前川黛也
DF 3 谷口彰悟
DF 24 渡辺剛
DF 21 伊藤洋輝
DF 2 菅原由勢
MF 14 伊東純也
MF 8 南野拓実
MF 5 守田英正
MF 26 佐野海舟
FW 18 浅野拓磨
FW 25 前田大然
FW 11 細谷真大
▽監督
森保一

https://news.yahoo.co.jp/articles/298207aa6a5d9a580281c046f12130aa127bc7db


19日?

309:

>>1 アジアカップに参戦中の日本代表は19日、グループリーグ第3戦でインドネシア代表と対戦する。決勝トーナメント進出には引き分け以上が必要な一戦。午後2時30分(日本時間午後8時30分)のキックオフを前にスターティングメンバーが発表され、森保一監督は第2戦のイラク戦(●1-2)から8人を入れ替えるターンオーバーに踏み切った。

 足首の負傷で全体練習合流が遅れ、イラク戦で後半45分間出場したDF冨安健洋(アーセナル)がついに初先発。2試合途中出場が続いていたFW上田綺世(フェイエノールト)とMF堂安律(フライブルク)も起用された。中盤にはMF旗手怜央(セルティック)を抜擢。過去2試合では4-2-3-1の布陣が採用されていたが、流動的でありながらも4-1-4-1に近い陣形で臨むとみられる。

 GKは鈴木彩艶(シントトロイデン)が引き続き起用され、4バックは左からDF中山雄太(ハダースフィールド)、DF町田浩樹(サンジロワーズ)、DF冨安健洋(アーセナル)、DF毎熊晟矢(C大阪)。中盤はMF遠藤航(リバプール)がアンカーに入り、旗手とMF堂安律(フライブルク)がインサイドハーフに入る見込み。サイドハーフは左にMF中村敬斗(スタッド・ランス)、右にMF久保建英(ソシエダ)。1トップはFW上田綺世(フェイエノールト)が務める。

 23人のベンチ入り枠からは左足首負傷で別メニュー調整が続くMF三笘薫(ブライトン)、左手首に痛みがあるGK野澤大志ブランドン(FC東京)に加え、2試合連続フル出場していたDF板倉滉(ボルシアMG)が外れた。冒頭15分間が報道陣に公開された23日の全体練習には姿を見せていたが、試合までの間に何らかのアクシデントがあったとみられる。

 対戦相手のインドネシアはD組最下位のFIFAランキング146位(日本は17位)。それでも近年は帰化選手を中心に力をつけてきており、今大会第2戦ではベトナムを下し、D組2位の日本と勝ち点3で並んでいる(得失点差で3位)。過去の通算対戦成績は日本の10勝2分6敗だが、対戦は日本が5-0で勝利した1989年6月11日のイタリアW杯予選以来35年ぶりとなる。

 日本はすでにグループリーグ首位通過の可能性がなくなっており、2位通過を目指す状況。引き分け以上が条件となる。敗れても「各組3位の成績上位4チーム」の突破条件を満たす可能性は残るが、他グループの結果次第。優勝に向けて再び勢いをつけるためにも確実に結果を出さなければならない一戦だ。


[日本]
▽先発
GK 23 鈴木彩艶
DF 19 中山雄太
DF 16 毎熊晟矢
DF 15 町田浩樹
DF 22 冨安健洋
MF 6 遠藤航(Cap)
MF 10 堂安律
MF 17 旗手怜央
MF 13 中村敬斗
MF 20 久保建英
FW 9 上田綺世
▽控え
GK 1 前川黛也
DF 3 谷口彰悟
DF 24 渡辺剛
DF 21 伊藤洋輝
DF 2 菅原由勢
MF 14 伊東純也
MF 8 南野拓実
MF 5 守田英正
MF 26 佐野海舟
FW 18 浅野拓磨
FW 25 前田大然
FW 11 細谷真大
▽監督
森保一

https://news.yahoo.co.jp/articles/298207aa6a5d9a580281c046f12130aa127bc7db


ソースから間違ってるのだが

19日???

346:

>>1 アジアカップに参戦中の日本代表は19日、グループリーグ第3戦でインドネシア代表と対戦する。決勝トーナメント進出には引き分け以上が必要な一戦。午後2時30分(日本時間午後8時30分)のキックオフを前にスターティングメンバーが発表され、森保一監督は第2戦のイラク戦(●1-2)から8人を入れ替えるターンオーバーに踏み切った。

 足首の負傷で全体練習合流が遅れ、イラク戦で後半45分間出場したDF冨安健洋(アーセナル)がついに初先発。2試合途中出場が続いていたFW上田綺世(フェイエノールト)とMF堂安律(フライブルク)も起用された。中盤にはMF旗手怜央(セルティック)を抜擢。過去2試合では4-2-3-1の布陣が採用されていたが、流動的でありながらも4-1-4-1に近い陣形で臨むとみられる。

 GKは鈴木彩艶(シントトロイデン)が引き続き起用され、4バックは左からDF中山雄太(ハダースフィールド)、DF町田浩樹(サンジロワーズ)、DF冨安健洋(アーセナル)、DF毎熊晟矢(C大阪)。中盤はMF遠藤航(リバプール)がアンカーに入り、旗手とMF堂安律(フライブルク)がインサイドハーフに入る見込み。サイドハーフは左にMF中村敬斗(スタッド・ランス)、右にMF久保建英(ソシエダ)。1トップはFW上田綺世(フェイエノールト)が務める。

 23人のベンチ入り枠からは左足首負傷で別メニュー調整が続くMF三笘薫(ブライトン)、左手首に痛みがあるGK野澤大志ブランドン(FC東京)に加え、2試合連続フル出場していたDF板倉滉(ボルシアMG)が外れた。冒頭15分間が報道陣に公開された23日の全体練習には姿を見せていたが、試合までの間に何らかのアクシデントがあったとみられる。

 対戦相手のインドネシアはD組最下位のFIFAランキング146位(日本は17位)。それでも近年は帰化選手を中心に力をつけてきており、今大会第2戦ではベトナムを下し、D組2位の日本と勝ち点3で並んでいる(得失点差で3位)。過去の通算対戦成績は日本の10勝2分6敗だが、対戦は日本が5-0で勝利した1989年6月11日のイタリアW杯予選以来35年ぶりとなる。

 日本はすでにグループリーグ首位通過の可能性がなくなっており、2位通過を目指す状況。引き分け以上が条件となる。敗れても「各組3位の成績上位4チーム」の突破条件を満たす可能性は残るが、他グループの結果次第。優勝に向けて再び勢いをつけるためにも確実に結果を出さなければならない一戦だ。


[日本]
▽先発
GK 23 鈴木彩艶
DF 19 中山雄太
DF 16 毎熊晟矢
DF 15 町田浩樹
DF 22 冨安健洋
MF 6 遠藤航(Cap)
MF 10 堂安律
MF 17 旗手怜央
MF 13 中村敬斗
MF 20 久保建英
FW 9 上田綺世
▽控え
GK 1 前川黛也
DF 3 谷口彰悟
DF 24 渡辺剛
DF 21 伊藤洋輝
DF 2 菅原由勢
MF 14 伊東純也
MF 8 南野拓実
MF 5 守田英正
MF 26 佐野海舟
FW 18 浅野拓磨
FW 25 前田大然
FW 11 細谷真大
▽監督
森保一

https://news.yahoo.co.jp/articles/298207aa6a5d9a580281c046f12130aa127bc7db


>GKは鈴木彩艶(シントトロイデン)が引き続き起用され

結局、肝心の脆弱性は何も修正されてない

ウィンドウズの欠陥アップデートみたいだな

467:

>>1 アジアカップに参戦中の日本代表は19日、グループリーグ第3戦でインドネシア代表と対戦する。決勝トーナメント進出には引き分け以上が必要な一戦。午後2時30分(日本時間午後8時30分)のキックオフを前にスターティングメンバーが発表され、森保一監督は第2戦のイラク戦(●1-2)から8人を入れ替えるターンオーバーに踏み切った。

 足首の負傷で全体練習合流が遅れ、イラク戦で後半45分間出場したDF冨安健洋(アーセナル)がついに初先発。2試合途中出場が続いていたFW上田綺世(フェイエノールト)とMF堂安律(フライブルク)も起用された。中盤にはMF旗手怜央(セルティック)を抜擢。過去2試合では4-2-3-1の布陣が採用されていたが、流動的でありながらも4-1-4-1に近い陣形で臨むとみられる。

 GKは鈴木彩艶(シントトロイデン)が引き続き起用され、4バックは左からDF中山雄太(ハダースフィールド)、DF町田浩樹(サンジロワーズ)、DF冨安健洋(アーセナル)、DF毎熊晟矢(C大阪)。中盤はMF遠藤航(リバプール)がアンカーに入り、旗手とMF堂安律(フライブルク)がインサイドハーフに入る見込み。サイドハーフは左にMF中村敬斗(スタッド・ランス)、右にMF久保建英(ソシエダ)。1トップはFW上田綺世(フェイエノールト)が務める。

 23人のベンチ入り枠からは左足首負傷で別メニュー調整が続くMF三笘薫(ブライトン)、左手首に痛みがあるGK野澤大志ブランドン(FC東京)に加え、2試合連続フル出場していたDF板倉滉(ボルシアMG)が外れた。冒頭15分間が報道陣に公開された23日の全体練習には姿を見せていたが、試合までの間に何らかのアクシデントがあったとみられる。

 対戦相手のインドネシアはD組最下位のFIFAランキング146位(日本は17位)。それでも近年は帰化選手を中心に力をつけてきており、今大会第2戦ではベトナムを下し、D組2位の日本と勝ち点3で並んでいる(得失点差で3位)。過去の通算対戦成績は日本の10勝2分6敗だが、対戦は日本が5-0で勝利した1989年6月11日のイタリアW杯予選以来35年ぶりとなる。

 日本はすでにグループリーグ首位通過の可能性がなくなっており、2位通過を目指す状況。引き分け以上が条件となる。敗れても「各組3位の成績上位4チーム」の突破条件を満たす可能性は残るが、他グループの結果次第。優勝に向けて再び勢いをつけるためにも確実に結果を出さなければならない一戦だ。


[日本]
▽先発
GK 23 鈴木彩艶
DF 19 中山雄太
DF 16 毎熊晟矢
DF 15 町田浩樹
DF 22 冨安健洋
MF 6 遠藤航(Cap)
MF 10 堂安律
MF 17 旗手怜央
MF 13 中村敬斗
MF 20 久保建英
FW 9 上田綺世
▽控え
GK 1 前川黛也
DF 3 谷口彰悟
DF 24 渡辺剛
DF 21 伊藤洋輝
DF 2 菅原由勢
MF 14 伊東純也
MF 8 南野拓実
MF 5 守田英正
MF 26 佐野海舟
FW 18 浅野拓磨
FW 25 前田大然
FW 11 細谷真大
▽監督
森保一

https://news.yahoo.co.jp/articles/298207aa6a5d9a580281c046f12130aa127bc7db


19日??

756:

>>1 アジアカップに参戦中の日本代表は19日、グループリーグ第3戦でインドネシア代表と対戦する。決勝トーナメント進出には引き分け以上が必要な一戦。午後2時30分(日本時間午後8時30分)のキックオフを前にスターティングメンバーが発表され、森保一監督は第2戦のイラク戦(●1-2)から8人を入れ替えるターンオーバーに踏み切った。

 足首の負傷で全体練習合流が遅れ、イラク戦で後半45分間出場したDF冨安健洋(アーセナル)がついに初先発。2試合途中出場が続いていたFW上田綺世(フェイエノールト)とMF堂安律(フライブルク)も起用された。中盤にはMF旗手怜央(セルティック)を抜擢。過去2試合では4-2-3-1の布陣が採用されていたが、流動的でありながらも4-1-4-1に近い陣形で臨むとみられる。

 GKは鈴木彩艶(シントトロイデン)が引き続き起用され、4バックは左からDF中山雄太(ハダースフィールド)、DF町田浩樹(サンジロワーズ)、DF冨安健洋(アーセナル)、DF毎熊晟矢(C大阪)。中盤はMF遠藤航(リバプール)がアンカーに入り、旗手とMF堂安律(フライブルク)がインサイドハーフに入る見込み。サイドハーフは左にMF中村敬斗(スタッド・ランス)、右にMF久保建英(ソシエダ)。1トップはFW上田綺世(フェイエノールト)が務める。

 23人のベンチ入り枠からは左足首負傷で別メニュー調整が続くMF三笘薫(ブライトン)、左手首に痛みがあるGK野澤大志ブランドン(FC東京)に加え、2試合連続フル出場していたDF板倉滉(ボルシアMG)が外れた。冒頭15分間が報道陣に公開された23日の全体練習には姿を見せていたが、試合までの間に何らかのアクシデントがあったとみられる。

 対戦相手のインドネシアはD組最下位のFIFAランキング146位(日本は17位)。それでも近年は帰化選手を中心に力をつけてきており、今大会第2戦ではベトナムを下し、D組2位の日本と勝ち点3で並んでいる(得失点差で3位)。過去の通算対戦成績は日本の10勝2分6敗だが、対戦は日本が5-0で勝利した1989年6月11日のイタリアW杯予選以来35年ぶりとなる。

 日本はすでにグループリーグ首位通過の可能性がなくなっており、2位通過を目指す状況。引き分け以上が条件となる。敗れても「各組3位の成績上位4チーム」の突破条件を満たす可能性は残るが、他グループの結果次第。優勝に向けて再び勢いをつけるためにも確実に結果を出さなければならない一戦だ。


[日本]
▽先発
GK 23 鈴木彩艶
DF 19 中山雄太
DF 16 毎熊晟矢
DF 15 町田浩樹
DF 22 冨安健洋
MF 6 遠藤航(Cap)
MF 10 堂安律
MF 17 旗手怜央
MF 13 中村敬斗
MF 20 久保建英
FW 9 上田綺世
▽控え
GK 1 前川黛也
DF 3 谷口彰悟
DF 24 渡辺剛
DF 21 伊藤洋輝
DF 2 菅原由勢
MF 14 伊東純也
MF 8 南野拓実
MF 5 守田英正
MF 26 佐野海舟
FW 18 浅野拓磨
FW 25 前田大然
FW 11 細谷真大
▽監督
森保一

https://news.yahoo.co.jp/articles/298207aa6a5d9a580281c046f12130aa127bc7db


決勝トーナメントで一番大事な遠藤を予選で使い潰しか。五輪と同じやね。全く進歩しない森保とチームスタッフ。結局、運と選手頼みだから同じ失敗繰り返してる。アジアカップ優勝できなかったら解任すべき。学習機能の無い、メモ取っても復習しない監督とチームスタッフなんか不要

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

112:

サッカーの本場ベルギーの空気吸ったザイオンはJ1優勝GKより上とかマジで敗退行為やんポイチ

166:

キャリアの大事な時期にアジアカップに遠藤招集
おまけに連戦スタメンの酷使

森保というか代表の背広陣はマジで何考えているのか分からん
そんなに意味もなく勝負にこだわるならまずGK変えろよ
ダブスタすぎる

184:

細谷は34試合14ゴールで普通に実力よ
弱小柏でこの数字だから大したもん
日本人は代表に呼ばれる基準がかなり高い

276:

前節ポルトガルで2失点した時の中村が枠内7で2失点だからな
やらかした時でも普通はセーブ率は70%は超える

295:

遠藤以外は納得だが…

遠藤はまた決勝トーナメントにヘロヘロでカード貰って終わるで…

344:

まあ5-0だわ
得点者は中村2 上田2 旗手1 で

366:

イラク戦の戦犯は冨安
こいつがラストプレーでグラウンダークロスを蹴ってれば同点で試合は終わってた
実況が伊藤と間違えたせいでヘイトは伊藤に向かったが

393:

>>366 イラク戦の戦犯は冨安
こいつがラストプレーでグラウンダークロスを蹴ってれば同点で試合は終わってた
実況が伊藤と間違えたせいでヘイトは伊藤に向かったが


え、伊藤でしょ

424:

>>366 イラク戦の戦犯は冨安
こいつがラストプレーでグラウンダークロスを蹴ってれば同点で試合は終わってた
実況が伊藤と間違えたせいでヘイトは伊藤に向かったが


先制点をパンチングでアシストしたザイオンは?

388:

シャビ・アロンソ(ブンデスリーガ、現レバークーゼン監督)
「私たちは3-2-2-3や3-2-4-1のような(システム論)はあまり話さない。それより、利点を生み出すため何処にポジションをとるべきか、についてより多くの時間をかける。その後プレーヤーが持つ質的アドバンテージを最大限活用する。相手陣内でより多くのパスをすればするほど、ポジショニングは安定する。するとボールを失った直後のプレスのために最適なポジションがとれる」

392:

【Q、おまいらに質問、どっちがいい?】

回答1:いっそ今日インドネシアに負けて、グループリーグ敗退
 →森保監督を更迭し→新しい外人監督要請して抜本的に立て直す

回答2:なにがあっても森保ジャパン、監督采配全面支持、今日は勝つ

402:

>>392 【Q、おまいらに質問、どっちがいい?】

回答1:いっそ今日インドネシアに負けて、グループリーグ敗退
 →森保監督を更迭し→新しい外人監督要請して抜本的に立て直す

回答2:なにがあっても森保ジャパン、監督采配全面支持、今日は勝つ


ポジション放棄する選手がいたら誰が監督でもコントロール不可能だと思うぞw

405:

>>392 【Q、おまいらに質問、どっちがいい?】

回答1:いっそ今日インドネシアに負けて、グループリーグ敗退
 →森保監督を更迭し→新しい外人監督要請して抜本的に立て直す

回答2:なにがあっても森保ジャパン、監督采配全面支持、今日は勝つ


勝負ことで負けるなんてありえない
猪木にビンタされてこい

421:

権田はザイオンと同じ年で東京のレギュラーではあったよな確か
今若手GKっていうと大迫くらいしかいないし前川もそんな凄いGKでは…

455:

>>421 権田はザイオンと同じ年で東京のレギュラーではあったよな確か
今若手GKっていうと大迫くらいしかいないし前川もそんな凄いGKでは…


中村と谷もそうだよ
大迫だけは20で正GK取った後に林に取り返されたが

426:

【悲報】日本代表、インドネシアに舐められる

インドネシア代表DFホッキー・カラカ
「ベトナム戦に勝利できたのは良かったけど、日本との試合に集中しないといけない。日本が強いチームだというのは認めている。”だけど、彼らの試合を見て、日本とも互角にやり合えると楽観的に感じている”」

今大会の日本なら好勝負できると自信満々に言い放った

501:

開始1分、勢いのない正面シュートをパンチング
イラク選手「情報通りキーパーは穴だなw」

ベルギーでセービンク率最下位のザイオンを召集する森保が悪い

502:

でもゴミGKは変えない
日本代表の監督ってゴミGKに弱みでも握られてるの?

531:

浦和では西川からスタメン奪えず海外逃亡
逃亡先のシントではベルギーリーグ最低のセーブ率
ザイオンが代表に招集されてることがおかしい

543:

>>531 浦和では西川からスタメン奪えず海外逃亡
逃亡先のシントではベルギーリーグ最低のセーブ率
ザイオンが代表に招集されてることがおかしい


若手で誰かオススメいる?
2大会欲を言えば3大会出られると嬉しい

576:

>>543 若手で誰かオススメいる?
2大会欲を言えば3大会出られると嬉しい


その時その時で調子のいいGK使えばいい
若手や何大会継続出場できる選手で縛る必要はない
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1706091345

Comments 0

コメントはまだありません。