「吉本興業が急におとなしく」「一歩引いてる」松本人志の発表文にゴゴスマ識者指摘「当初の勢いが…」 - 芸能人
げいのうまとめんぬ

「吉本興業が急におとなしく」「一歩引いてる」松本人志の発表文にゴゴスマ識者指摘「当初の勢いが…」

2024/01/24
芸能人 0
  • スポーツ報知2024年1月23日 16時0分 TBS系「ゴゴスマ」(月~金曜・後1時55分)は23日、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志が22日に飲み会で性的行為などを強要したとの疑惑を報じた「週刊文春」の出版元・文芸春秋への名誉毀損(きそん)による損害賠償などを求め、東京地裁に提訴したことを報じた。
  • 松本個人による提訴で、損害賠償額は約5億5000万円。
  • 吉本興業は公式サイトで「当社所属タレント松本人志に関するお知らせ」と題し、「当社所属タレント 松本人志の代理人弁護士より、本日、令和5年12月27日の一部週刊誌報道に関し、訴訟を提起した旨の連絡を受けましたので、お知らせ致します。
  • 本件につきましては、係争中の案件となりますので、当社にお問い合わせいただきましてもお答えいたしかねます旨、予め申し添えさせていただきます」と説明し、松本の代理人によるコメント全文を記載した。
  • だから、最初の頃に比べると、吉本興業が若干引いた感じがする。
  • 本人はこう言ってます、どうぞ読んでくださいと」と吉本興業の姿勢に変化を感じていた。
  • 菊地幸夫弁護士は「松本さんと吉本興業との関係って、コメントを見ても分かるように、『当社所属タレント』で契約関係にあるんですよね。
  • そうすると、吉本興業が所属のタレントさんに対して『そんな不祥事をしてうちの会社は損害を被ったじゃないか』ってことで、松本氏と吉本興業は、潜在的には対立関係になる可能性があるんですね」と語った。
  • そして「だから今回の件は、吉本興業が松本さんの裁判に力を貸すとかですね、これはちょっと距離をあけなきゃいけない関係にあるんですね。
  • だから吉本興業は、今のコメントでは一歩引いてるわけですね。

1:

スポーツ報知2024年1月23日 16時0分
https://hochi.news/articles/20240123-OHT1T51100.html

TBS系「ゴゴスマ」(月~金曜・後1時55分)は23日、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志が22日に飲み会で性的行為などを強要したとの疑惑を報じた「週刊文春」の出版元・文芸春秋への名誉毀損(きそん)による損害賠償などを求め、東京地裁に提訴したことを報じた。

松本個人による提訴で、損害賠償額は約5億5000万円。吉本興業は公式サイトで「当社所属タレント松本人志に関するお知らせ」と題し、「当社所属タレント 松本人志の代理人弁護士より、本日、令和5年12月27日の一部週刊誌報道に関し、訴訟を提起した旨の連絡を受けましたので、お知らせ致します。本件につきましては、係争中の案件となりますので、当社にお問い合わせいただきましてもお答えいたしかねます旨、予め申し添えさせていただきます」と説明し、松本の代理人によるコメント全文を記載した。

CBC特別解説委員の石塚元章氏は「今回の発表でひとつ気が付いたのは、メッセージ(発表文)を出しているのが松本さん側の代理人ということで出していて、吉本興業さんは出してないんですよね」と指摘。「吉本興業さんが出しているように見えるけど、吉本興業さんは出す場所を提供しているだけで、あとは個人(松本)が出している。だから、最初の頃に比べると、吉本興業が若干引いた感じがする。吉本興業としては『戦います』って感じがないんですよね。本人はこう言ってます、どうぞ読んでくださいと」と吉本興業の姿勢に変化を感じていた。

菊地幸夫弁護士は「松本さんと吉本興業との関係って、コメントを見ても分かるように、『当社所属タレント』で契約関係にあるんですよね。仮に松本氏の不祥事となると、その不祥事で例えば仕事を休む、吉本興業に入るお金も影響を受けてくるんだろうと思います。そうすると、吉本興業が所属のタレントさんに対して『そんな不祥事をしてうちの会社は損害を被ったじゃないか』ってことで、松本氏と吉本興業は、潜在的には対立関係になる可能性があるんですね」と語った。そして「だから今回の件は、吉本興業が松本さんの裁判に力を貸すとかですね、これはちょっと距離をあけなきゃいけない関係にあるんですね。だから吉本興業は、今のコメントでは一歩引いてるわけですね。これは松本さんがやってることなんで、私たちは裁判に利害関係がちょっとあるので当社は引いてます、と」と解説した。

菊地弁護士は続けて「当初は吉本興業は、『私たちが法的手段取るんだぞ』みたいな勢いがあったのが、それが感じられない。そこはなぜなのかなというのは、私もよく分からないんですけど」と言い、「吉本興業さんが急におとなしくなっちゃった。私もちょっと、思うところです」と石塚氏の意見にうなずいていた。

263:

>>1 スポーツ報知2024年1月23日 16時0分
https://hochi.news/articles/20240123-OHT1T51100.html

TBS系「ゴゴスマ」(月~金曜・後1時55分)は23日、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志が22日に飲み会で性的行為などを強要したとの疑惑を報じた「週刊文春」の出版元・文芸春秋への名誉毀損(きそん)による損害賠償などを求め、東京地裁に提訴したことを報じた。

松本個人による提訴で、損害賠償額は約5億5000万円。吉本興業は公式サイトで「当社所属タレント松本人志に関するお知らせ」と題し、「当社所属タレント 松本人志の代理人弁護士より、本日、令和5年12月27日の一部週刊誌報道に関し、訴訟を提起した旨の連絡を受けましたので、お知らせ致します。本件につきましては、係争中の案件となりますので、当社にお問い合わせいただきましてもお答えいたしかねます旨、予め申し添えさせていただきます」と説明し、松本の代理人によるコメント全文を記載した。

CBC特別解説委員の石塚元章氏は「今回の発表でひとつ気が付いたのは、メッセージ(発表文)を出しているのが松本さん側の代理人ということで出していて、吉本興業さんは出してないんですよね」と指摘。「吉本興業さんが出しているように見えるけど、吉本興業さんは出す場所を提供しているだけで、あとは個人(松本)が出している。だから、最初の頃に比べると、吉本興業が若干引いた感じがする。吉本興業としては『戦います』って感じがないんですよね。本人はこう言ってます、どうぞ読んでくださいと」と吉本興業の姿勢に変化を感じていた。

菊地幸夫弁護士は「松本さんと吉本興業との関係って、コメントを見ても分かるように、『当社所属タレント』で契約関係にあるんですよね。仮に松本氏の不祥事となると、その不祥事で例えば仕事を休む、吉本興業に入るお金も影響を受けてくるんだろうと思います。そうすると、吉本興業が所属のタレントさんに対して『そんな不祥事をしてうちの会社は損害を被ったじゃないか』ってことで、松本氏と吉本興業は、潜在的には対立関係になる可能性があるんですね」と語った。そして「だから今回の件は、吉本興業が松本さんの裁判に力を貸すとかですね、これはちょっと距離をあけなきゃいけない関係にあるんですね。だから吉本興業は、今のコメントでは一歩引いてるわけですね。これは松本さんがやってることなんで、私たちは裁判に利害関係がちょっとあるので当社は引いてます、と」と解説した。

菊地弁護士は続けて「当初は吉本興業は、『私たちが法的手段取るんだぞ』みたいな勢いがあったのが、それが感じられない。そこはなぜなのかなというのは、私もよく分からないんですけど」と言い、「吉本興業さんが急におとなしくなっちゃった。私もちょっと、思うところです」と石塚氏の意見にうなずいていた。


吉本の顧問弁護士つけちゃうと吉本が松本氏を損害賠償請求することになったとしたら困るからってミヤネ屋の弁護士が言ってたぞ

294:

>>1 スポーツ報知2024年1月23日 16時0分
https://hochi.news/articles/20240123-OHT1T51100.html

TBS系「ゴゴスマ」(月~金曜・後1時55分)は23日、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志が22日に飲み会で性的行為などを強要したとの疑惑を報じた「週刊文春」の出版元・文芸春秋への名誉毀損(きそん)による損害賠償などを求め、東京地裁に提訴したことを報じた。

松本個人による提訴で、損害賠償額は約5億5000万円。吉本興業は公式サイトで「当社所属タレント松本人志に関するお知らせ」と題し、「当社所属タレント 松本人志の代理人弁護士より、本日、令和5年12月27日の一部週刊誌報道に関し、訴訟を提起した旨の連絡を受けましたので、お知らせ致します。本件につきましては、係争中の案件となりますので、当社にお問い合わせいただきましてもお答えいたしかねます旨、予め申し添えさせていただきます」と説明し、松本の代理人によるコメント全文を記載した。

CBC特別解説委員の石塚元章氏は「今回の発表でひとつ気が付いたのは、メッセージ(発表文)を出しているのが松本さん側の代理人ということで出していて、吉本興業さんは出してないんですよね」と指摘。「吉本興業さんが出しているように見えるけど、吉本興業さんは出す場所を提供しているだけで、あとは個人(松本)が出している。だから、最初の頃に比べると、吉本興業が若干引いた感じがする。吉本興業としては『戦います』って感じがないんですよね。本人はこう言ってます、どうぞ読んでくださいと」と吉本興業の姿勢に変化を感じていた。

菊地幸夫弁護士は「松本さんと吉本興業との関係って、コメントを見ても分かるように、『当社所属タレント』で契約関係にあるんですよね。仮に松本氏の不祥事となると、その不祥事で例えば仕事を休む、吉本興業に入るお金も影響を受けてくるんだろうと思います。そうすると、吉本興業が所属のタレントさんに対して『そんな不祥事をしてうちの会社は損害を被ったじゃないか』ってことで、松本氏と吉本興業は、潜在的には対立関係になる可能性があるんですね」と語った。そして「だから今回の件は、吉本興業が松本さんの裁判に力を貸すとかですね、これはちょっと距離をあけなきゃいけない関係にあるんですね。だから吉本興業は、今のコメントでは一歩引いてるわけですね。これは松本さんがやってることなんで、私たちは裁判に利害関係がちょっとあるので当社は引いてます、と」と解説した。

菊地弁護士は続けて「当初は吉本興業は、『私たちが法的手段取るんだぞ』みたいな勢いがあったのが、それが感じられない。そこはなぜなのかなというのは、私もよく分からないんですけど」と言い、「吉本興業さんが急におとなしくなっちゃった。私もちょっと、思うところです」と石塚氏の意見にうなずいていた。


だって

変に粋がって吉本興業に入ってる税金の流れ追求されたら嫌じゃん

437:

>>1 スポーツ報知2024年1月23日 16時0分
https://hochi.news/articles/20240123-OHT1T51100.html

TBS系「ゴゴスマ」(月~金曜・後1時55分)は23日、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志が22日に飲み会で性的行為などを強要したとの疑惑を報じた「週刊文春」の出版元・文芸春秋への名誉毀損(きそん)による損害賠償などを求め、東京地裁に提訴したことを報じた。

松本個人による提訴で、損害賠償額は約5億5000万円。吉本興業は公式サイトで「当社所属タレント松本人志に関するお知らせ」と題し、「当社所属タレント 松本人志の代理人弁護士より、本日、令和5年12月27日の一部週刊誌報道に関し、訴訟を提起した旨の連絡を受けましたので、お知らせ致します。本件につきましては、係争中の案件となりますので、当社にお問い合わせいただきましてもお答えいたしかねます旨、予め申し添えさせていただきます」と説明し、松本の代理人によるコメント全文を記載した。

CBC特別解説委員の石塚元章氏は「今回の発表でひとつ気が付いたのは、メッセージ(発表文)を出しているのが松本さん側の代理人ということで出していて、吉本興業さんは出してないんですよね」と指摘。「吉本興業さんが出しているように見えるけど、吉本興業さんは出す場所を提供しているだけで、あとは個人(松本)が出している。だから、最初の頃に比べると、吉本興業が若干引いた感じがする。吉本興業としては『戦います』って感じがないんですよね。本人はこう言ってます、どうぞ読んでくださいと」と吉本興業の姿勢に変化を感じていた。

菊地幸夫弁護士は「松本さんと吉本興業との関係って、コメントを見ても分かるように、『当社所属タレント』で契約関係にあるんですよね。仮に松本氏の不祥事となると、その不祥事で例えば仕事を休む、吉本興業に入るお金も影響を受けてくるんだろうと思います。そうすると、吉本興業が所属のタレントさんに対して『そんな不祥事をしてうちの会社は損害を被ったじゃないか』ってことで、松本氏と吉本興業は、潜在的には対立関係になる可能性があるんですね」と語った。そして「だから今回の件は、吉本興業が松本さんの裁判に力を貸すとかですね、これはちょっと距離をあけなきゃいけない関係にあるんですね。だから吉本興業は、今のコメントでは一歩引いてるわけですね。これは松本さんがやってることなんで、私たちは裁判に利害関係がちょっとあるので当社は引いてます、と」と解説した。

菊地弁護士は続けて「当初は吉本興業は、『私たちが法的手段取るんだぞ』みたいな勢いがあったのが、それが感じられない。そこはなぜなのかなというのは、私もよく分からないんですけど」と言い、「吉本興業さんが急におとなしくなっちゃった。私もちょっと、思うところです」と石塚氏の意見にうなずいていた。


そうそう自分もまったく同じこと思った思ってた

699:

>>1 スポーツ報知2024年1月23日 16時0分
https://hochi.news/articles/20240123-OHT1T51100.html

TBS系「ゴゴスマ」(月~金曜・後1時55分)は23日、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志が22日に飲み会で性的行為などを強要したとの疑惑を報じた「週刊文春」の出版元・文芸春秋への名誉毀損(きそん)による損害賠償などを求め、東京地裁に提訴したことを報じた。

松本個人による提訴で、損害賠償額は約5億5000万円。吉本興業は公式サイトで「当社所属タレント松本人志に関するお知らせ」と題し、「当社所属タレント 松本人志の代理人弁護士より、本日、令和5年12月27日の一部週刊誌報道に関し、訴訟を提起した旨の連絡を受けましたので、お知らせ致します。本件につきましては、係争中の案件となりますので、当社にお問い合わせいただきましてもお答えいたしかねます旨、予め申し添えさせていただきます」と説明し、松本の代理人によるコメント全文を記載した。

CBC特別解説委員の石塚元章氏は「今回の発表でひとつ気が付いたのは、メッセージ(発表文)を出しているのが松本さん側の代理人ということで出していて、吉本興業さんは出してないんですよね」と指摘。「吉本興業さんが出しているように見えるけど、吉本興業さんは出す場所を提供しているだけで、あとは個人(松本)が出している。だから、最初の頃に比べると、吉本興業が若干引いた感じがする。吉本興業としては『戦います』って感じがないんですよね。本人はこう言ってます、どうぞ読んでくださいと」と吉本興業の姿勢に変化を感じていた。

菊地幸夫弁護士は「松本さんと吉本興業との関係って、コメントを見ても分かるように、『当社所属タレント』で契約関係にあるんですよね。仮に松本氏の不祥事となると、その不祥事で例えば仕事を休む、吉本興業に入るお金も影響を受けてくるんだろうと思います。そうすると、吉本興業が所属のタレントさんに対して『そんな不祥事をしてうちの会社は損害を被ったじゃないか』ってことで、松本氏と吉本興業は、潜在的には対立関係になる可能性があるんですね」と語った。そして「だから今回の件は、吉本興業が松本さんの裁判に力を貸すとかですね、これはちょっと距離をあけなきゃいけない関係にあるんですね。だから吉本興業は、今のコメントでは一歩引いてるわけですね。これは松本さんがやってることなんで、私たちは裁判に利害関係がちょっとあるので当社は引いてます、と」と解説した。

菊地弁護士は続けて「当初は吉本興業は、『私たちが法的手段取るんだぞ』みたいな勢いがあったのが、それが感じられない。そこはなぜなのかなというのは、私もよく分からないんですけど」と言い、「吉本興業さんが急におとなしくなっちゃった。私もちょっと、思うところです」と石塚氏の意見にうなずいていた。


このオッサン、松ちゃんが休業発表した時は松本さんは逃げないで会見しなさいとか、政治家が同じ事したら追っかけまわすとか偉そうにほざいとったくせに
松ちゃんがちゃんと文春を訴えるとなったら、吉本興業が大人しくなったとか訳分からん事いいやがってw

800:

>>1 スポーツ報知2024年1月23日 16時0分
https://hochi.news/articles/20240123-OHT1T51100.html

TBS系「ゴゴスマ」(月~金曜・後1時55分)は23日、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志が22日に飲み会で性的行為などを強要したとの疑惑を報じた「週刊文春」の出版元・文芸春秋への名誉毀損(きそん)による損害賠償などを求め、東京地裁に提訴したことを報じた。

松本個人による提訴で、損害賠償額は約5億5000万円。吉本興業は公式サイトで「当社所属タレント松本人志に関するお知らせ」と題し、「当社所属タレント 松本人志の代理人弁護士より、本日、令和5年12月27日の一部週刊誌報道に関し、訴訟を提起した旨の連絡を受けましたので、お知らせ致します。本件につきましては、係争中の案件となりますので、当社にお問い合わせいただきましてもお答えいたしかねます旨、予め申し添えさせていただきます」と説明し、松本の代理人によるコメント全文を記載した。

CBC特別解説委員の石塚元章氏は「今回の発表でひとつ気が付いたのは、メッセージ(発表文)を出しているのが松本さん側の代理人ということで出していて、吉本興業さんは出してないんですよね」と指摘。「吉本興業さんが出しているように見えるけど、吉本興業さんは出す場所を提供しているだけで、あとは個人(松本)が出している。だから、最初の頃に比べると、吉本興業が若干引いた感じがする。吉本興業としては『戦います』って感じがないんですよね。本人はこう言ってます、どうぞ読んでくださいと」と吉本興業の姿勢に変化を感じていた。

菊地幸夫弁護士は「松本さんと吉本興業との関係って、コメントを見ても分かるように、『当社所属タレント』で契約関係にあるんですよね。仮に松本氏の不祥事となると、その不祥事で例えば仕事を休む、吉本興業に入るお金も影響を受けてくるんだろうと思います。そうすると、吉本興業が所属のタレントさんに対して『そんな不祥事をしてうちの会社は損害を被ったじゃないか』ってことで、松本氏と吉本興業は、潜在的には対立関係になる可能性があるんですね」と語った。そして「だから今回の件は、吉本興業が松本さんの裁判に力を貸すとかですね、これはちょっと距離をあけなきゃいけない関係にあるんですね。だから吉本興業は、今のコメントでは一歩引いてるわけですね。これは松本さんがやってることなんで、私たちは裁判に利害関係がちょっとあるので当社は引いてます、と」と解説した。

菊地弁護士は続けて「当初は吉本興業は、『私たちが法的手段取るんだぞ』みたいな勢いがあったのが、それが感じられない。そこはなぜなのかなというのは、私もよく分からないんですけど」と言い、「吉本興業さんが急におとなしくなっちゃった。私もちょっと、思うところです」と石塚氏の意見にうなずいていた。


今田とか、粗品とか、これまで所属芸人の訴訟とかは事務所がやることが多かったけど…たしかにかなりトーンダウンしちゃったね。

817:

>>800 今田とか、粗品とか、これまで所属芸人の訴訟とかは事務所がやることが多かったけど…たしかにかなりトーンダウンしちゃったね。


今田の件はもう一回、掘り起こすべきだよな。
これが事実無根で通ってしまって
線引きがおかしくなってる気がする

962:

>>1 スポーツ報知2024年1月23日 16時0分
https://hochi.news/articles/20240123-OHT1T51100.html

TBS系「ゴゴスマ」(月~金曜・後1時55分)は23日、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志が22日に飲み会で性的行為などを強要したとの疑惑を報じた「週刊文春」の出版元・文芸春秋への名誉毀損(きそん)による損害賠償などを求め、東京地裁に提訴したことを報じた。

松本個人による提訴で、損害賠償額は約5億5000万円。吉本興業は公式サイトで「当社所属タレント松本人志に関するお知らせ」と題し、「当社所属タレント 松本人志の代理人弁護士より、本日、令和5年12月27日の一部週刊誌報道に関し、訴訟を提起した旨の連絡を受けましたので、お知らせ致します。本件につきましては、係争中の案件となりますので、当社にお問い合わせいただきましてもお答えいたしかねます旨、予め申し添えさせていただきます」と説明し、松本の代理人によるコメント全文を記載した。

CBC特別解説委員の石塚元章氏は「今回の発表でひとつ気が付いたのは、メッセージ(発表文)を出しているのが松本さん側の代理人ということで出していて、吉本興業さんは出してないんですよね」と指摘。「吉本興業さんが出しているように見えるけど、吉本興業さんは出す場所を提供しているだけで、あとは個人(松本)が出している。だから、最初の頃に比べると、吉本興業が若干引いた感じがする。吉本興業としては『戦います』って感じがないんですよね。本人はこう言ってます、どうぞ読んでくださいと」と吉本興業の姿勢に変化を感じていた。

菊地幸夫弁護士は「松本さんと吉本興業との関係って、コメントを見ても分かるように、『当社所属タレント』で契約関係にあるんですよね。仮に松本氏の不祥事となると、その不祥事で例えば仕事を休む、吉本興業に入るお金も影響を受けてくるんだろうと思います。そうすると、吉本興業が所属のタレントさんに対して『そんな不祥事をしてうちの会社は損害を被ったじゃないか』ってことで、松本氏と吉本興業は、潜在的には対立関係になる可能性があるんですね」と語った。そして「だから今回の件は、吉本興業が松本さんの裁判に力を貸すとかですね、これはちょっと距離をあけなきゃいけない関係にあるんですね。だから吉本興業は、今のコメントでは一歩引いてるわけですね。これは松本さんがやってることなんで、私たちは裁判に利害関係がちょっとあるので当社は引いてます、と」と解説した。

菊地弁護士は続けて「当初は吉本興業は、『私たちが法的手段取るんだぞ』みたいな勢いがあったのが、それが感じられない。そこはなぜなのかなというのは、私もよく分からないんですけど」と言い、「吉本興業さんが急におとなしくなっちゃった。私もちょっと、思うところです」と石塚氏の意見にうなずいていた。


最初は事実無根って言ってたよなあ

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

43:

吉本と松本は利益相反と言う人がいるが、それは、活動停止後の話で、何十年も利益併存だよ。

特に、乱交パーティ時は、所属タレントで、その管理責任があるのに、松本個人の話にしているのは、何かおかしい。

44:

吉本は松本に有能な弁護士を紹介しなかったのか紹介したけど断わられたのか知らないけどちょっと冷たくないか
吉本のナンバーワンで甘やかして来たんだから松本に最後まで付き合ってやれと思う

91:

>>44 吉本は松本に有能な弁護士を紹介しなかったのか紹介したけど断わられたのか知らないけどちょっと冷たくないか
吉本のナンバーワンで甘やかして来たんだから松本に最後まで付き合ってやれと思う


横山やすしも島田紳助も切っただろ

99:

>>91 横山やすしも島田紳助も切っただろ


今田、山里と延焼すると、マジでBBCと国連が介入して来る
そうなると吉本解体まであるから、吉本は松本を切って防御態勢に入った
休業も松本でなく吉本から言ったのだろう
松本は怒鳴り声を上げたと思うよ
事実上のクビじゃないのか

115:

>>91 横山やすしも島田紳助も切っただろ


紳助の件は紳助から引退を切り出したんじゃね?
やりたいことはやり尽くしたからもう芸能界に未練は無いてことで

126:

>『そんな不祥事をしてうちの会社は損害を被ったじゃないか』ってことで、松本氏と吉本興業は、潜在的には対立関係になる可能性があるんですね」と語った。

吉本が松本に5億5千万円請求する展開マダァ?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

742:

>>126 >『そんな不祥事をしてうちの会社は損害を被ったじゃないか』ってことで、松本氏と吉本興業は、潜在的には対立関係になる可能性があるんですね」と語った。

吉本が松本に5億5千万円請求する展開マダァ?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン


闇営業以降に、契約をきちんとしたんだっけ?
もし契約にそういう条項が入っているなら、
今後の展開によっては、
吉本が被っ損害の一部を、松本氏に請求するケースはあり得るかも。
松本氏が応じれば裁判にまではならないだろうけど。

いろいろ難しい時代だわ。

131:

松本やたけし、志村けんなど、お笑いをボケとツッコミの2要素で言うと、彼等のようなボケの芸人を
テレビ番組の主役にしたテレビ局や吉本興業の責任は大きいんだよ。
ボケを主役にして調子に乗らせると必ず暴走する。ボケの本質は常識を踏み外すことにあるから。
テレビ局と吉本の責任は大きい。松本は阿保馬鹿だからしょうがない面もあるんだよ。

139:

今田は「最初は吉本興業として訴えるのかなと思ったら、
弁護士さんは松本さんの個人なんですよね」と語り、
司会の東野幸治も「そうです」とうなずいた。

今田は「我々のチーフマネジャーのレベルでも、
まったく情報がないんです」と語った。

340:

調査もせずに、松本無罪と言ったのが吉本の大きな失敗。
てか、吉本が松本のご乱行を知らなかった筈も無く、そういう意味では吉本は共犯
と言われても仕方が無いよな。
松本が加害者だとしたらだけど~

469:

>吉本興業が松本さんの裁判に力を貸すとかですね、これはちょっと距離をあけなきゃいけない関係にある

吉本は当事者にはならないけど松本のサポートをするとかプレスリリース出してなかった?

494:

マネージャー時代はともかくとして正直現在吉本側は松本を持て余してたんじゃないの
で、吉本側が松本に提示した(吉本的には)穏便な解決策を拒否ってとこじゃね

564:

吉本な他にも政府・自治体がらみの仕事あるから、あくまでも松本個人の問題にしといて、道連れ避けたいんだろうwww
本当は同じく吉本所属の後輩芸人や作家もいるから組織としての吉本の責任を問われる事態だけど、そこはスルーwww

708:

やすしさんの時は  横山やすしの個人的素行に問題ありだったけど  松本ひとでなしさんは  吉本の役員含めての 吉本って会社自体が松本の性的欲望を支援していた事実。

やすしと全然ちゃうから 犯罪行為を一体化して進めていたのね松本と吉本は過去の行ないによって。


リンゴ如きが 逢いたいんやろレイプして問題ないやん的な   さらに火に油注ぐ     ファン層はモノじゃないのよw

738:

『松本人志物語』を映画に撮っても、何もないんですよ」と、自身には映画に落とし込むスキャンダルがないことを訴えた。

 「ひとりのあの映画でも一部ですよ。あのあと、フライデー襲撃とか、バイク事故とか、ほかにもいっぱいスキャンダルがあるじゃないですか」と、たけしが巻き起こした事件の数々を並べた。

↑今こそ「松本人志物語」を撮るべきでは

781:

吉本興業も当初は松本を信じたが、その後の松本の態度で全くの“事実無根”ではないと悟った
そうと分かりゃ会社ごと松本と心中はできんわな
松本が勝訴したとしてももはや信用回復はないし、価値のなくなった一芸人を匿う理由は全くない
それよりも他の芸人に飛び火するのを恐れている

昨日の友は今日の敵
松本は3年も掛けて文春と闘うよりも、吉本興業との本当の戦いに備えるべきだった

846:

昔 NMBがファンの男数人を宿泊先に招き入れてメンバー数人と
座談会をやった事で、人気メンは無罪で不人気メンはクビって
裁定を下したら「不公平過ぎる」とファンから猛抗議を受けて
処分を撤回したって事があったけど、吉本のスキャンダル対応
の下手さに他の事務所も呆れてたとか? 昔から吉本はトラブル
対応が下手過ぎる事務所。

853:

>>846 昔 NMBがファンの男数人を宿泊先に招き入れてメンバー数人と
座談会をやった事で、人気メンは無罪で不人気メンはクビって
裁定を下したら「不公平過ぎる」とファンから猛抗議を受けて
処分を撤回したって事があったけど、吉本のスキャンダル対応
の下手さに他の事務所も呆れてたとか? 昔から吉本はトラブル
対応が下手過ぎる事務所。


不人気メンバー切られて困ることあるか?

925:

そりゃ今の吉本興業はダウンタウンの元マネージャーが社長してるんだもの
松本の行状なんて大昔から知ってるに決まってる

なので今回の件は吉本興行としては
「松本は本当に組織的レイプ行為をやったのか?」ではなく
「松本の組織的レイプ行為が遂に表沙汰になってしまった……」と考えているのは間違いない

954:

>>925 そりゃ今の吉本興業はダウンタウンの元マネージャーが社長してるんだもの
松本の行状なんて大昔から知ってるに決まってる

なので今回の件は吉本興行としては
「松本は本当に組織的レイプ行為をやったのか?」ではなく
「松本の組織的レイプ行為が遂に表沙汰になってしまった……」と考えているのは間違いない


つまり 芸能事務所も黙認していた同類となる

後輩たちや、所属タレントを守れないだろうな
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1705994257

Comments 0

コメントはまだありません。