那須川天心、まさかの棄権勝ちで3連勝「マジで?」 本人は不完全燃焼 - 芸能人
げいのうまとめんぬ

那須川天心、まさかの棄権勝ちで3連勝「マジで?」 本人は不完全燃焼

2024/01/24
芸能人 0
  • ボクシングの121ポンド(約54.89キロ)契約8回戦が23日、エディオンアリーナ大阪で行われ、東洋太平洋&日本スーパーバンタム級7位・那須川天心(帝拳)が ルイス・ロブレス(メキシコ)に棄権勝ちした。
  • 昨年4月のボクシングデビューから3戦目で初の世界ランカー戦。
  • 節目の格闘技50戦目となり、競技転向後初のKO勝ちが 懸かっていた。
  • ボクシング転向前の格闘技戦績は47戦全勝(キックボクシングは42戦)。
  • 昨年4月のボクシングデビュー戦、9月の2戦目はともに判定勝ちだった。
  • 2戦目は初回開始1分と7回にダウンを奪い、最終8回の終了間際にも後ろ向きにぶっ飛ばしたが、宣言したKO勝ちはできず。
  • 2か月ほど拳を打つ練習はできなかったが、走り込み合宿などでスタミナを強化した。
  • 今回は転向3戦目ながらWBAとWBOで世界バンタム級14位につけるロブレスを相手に迎えた。
  • 興行前には大阪市内で自身のグッズを販売する 期間限定ショップを開設し、売り上げと集まった募金の全額寄付も明かしていた。
  • メインイベントのWBA&WBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)タイトルマッチ12回戦では、 2団体統一王者・寺地拳四朗(BMB)が元WBA正規王者のWBA1位&WBC2位カルロス・カニサレス(ベネズエラ)と防衛戦を行う。

1:

ボクシングの121ポンド(約54.89キロ)契約8回戦が23日、エディオンアリーナ大阪で行われ、東洋太平洋&日本スーパーバンタム級7位・那須川天心(帝拳)が
ルイス・ロブレス(メキシコ)に棄権勝ちした。昨年4月のボクシングデビューから3戦目で初の世界ランカー戦。節目の格闘技50戦目となり、競技転向後初のKO勝ちが
懸かっていた。

ボクシング転向前の格闘技戦績は47戦全勝(キックボクシングは42戦)。昨年4月のボクシングデビュー戦、9月の2戦目はともに判定勝ちだった。
2戦目は初回開始1分と7回にダウンを奪い、最終8回の終了間際にも後ろ向きにぶっ飛ばしたが、宣言したKO勝ちはできず。試合中に左手を骨折し、
不完全燃焼に終わっていた。

2か月ほど拳を打つ練習はできなかったが、走り込み合宿などでスタミナを強化した。さらに相手に圧力をかけ、連打を叩き込むなど好戦的なスタイル習得を意識。
今回は転向3戦目ながらWBAとWBOで世界バンタム級14位につけるロブレスを相手に迎えた。

能登半島地震の被災者には、個人で500万円、帝拳ジムらと共同で1000万円の計1500万円の寄付を表明。興行前には大阪市内で自身のグッズを販売する
期間限定ショップを開設し、売り上げと集まった募金の全額寄付も明かしていた。

興行は「Prime Video presents Live Boxing」の第6弾として開催。メインイベントのWBA&WBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)タイトルマッチ12回戦では、
2団体統一王者・寺地拳四朗(BMB)が元WBA正規王者のWBA1位&WBC2位カルロス・カニサレス(ベネズエラ)と防衛戦を行う。

https://news.yahoo.co.jp/articles/145634824a1b6743f9ebb0619dc66693b4dbe60b

121:

>>1 ボクシングの121ポンド(約54.89キロ)契約8回戦が23日、エディオンアリーナ大阪で行われ、東洋太平洋&日本スーパーバンタム級7位・那須川天心(帝拳)が
ルイス・ロブレス(メキシコ)に棄権勝ちした。昨年4月のボクシングデビューから3戦目で初の世界ランカー戦。節目の格闘技50戦目となり、競技転向後初のKO勝ちが
懸かっていた。

ボクシング転向前の格闘技戦績は47戦全勝(キックボクシングは42戦)。昨年4月のボクシングデビュー戦、9月の2戦目はともに判定勝ちだった。
2戦目は初回開始1分と7回にダウンを奪い、最終8回の終了間際にも後ろ向きにぶっ飛ばしたが、宣言したKO勝ちはできず。試合中に左手を骨折し、
不完全燃焼に終わっていた。

2か月ほど拳を打つ練習はできなかったが、走り込み合宿などでスタミナを強化した。さらに相手に圧力をかけ、連打を叩き込むなど好戦的なスタイル習得を意識。
今回は転向3戦目ながらWBAとWBOで世界バンタム級14位につけるロブレスを相手に迎えた。

能登半島地震の被災者には、個人で500万円、帝拳ジムらと共同で1000万円の計1500万円の寄付を表明。興行前には大阪市内で自身のグッズを販売する
期間限定ショップを開設し、売り上げと集まった募金の全額寄付も明かしていた。

興行は「Prime Video presents Live Boxing」の第6弾として開催。メインイベントのWBA&WBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)タイトルマッチ12回戦では、
2団体統一王者・寺地拳四朗(BMB)が元WBA正規王者のWBA1位&WBC2位カルロス・カニサレス(ベネズエラ)と防衛戦を行う。

https://news.yahoo.co.jp/articles/145634824a1b6743f9ebb0619dc66693b4dbe60b


を読んでもさっぱりわからなかったが元ニュース見たらわかった
3回終了時に相手が足の怪我で棄権でTKOね

187:

>>1 ボクシングの121ポンド(約54.89キロ)契約8回戦が23日、エディオンアリーナ大阪で行われ、東洋太平洋&日本スーパーバンタム級7位・那須川天心(帝拳)が
ルイス・ロブレス(メキシコ)に棄権勝ちした。昨年4月のボクシングデビューから3戦目で初の世界ランカー戦。節目の格闘技50戦目となり、競技転向後初のKO勝ちが
懸かっていた。

ボクシング転向前の格闘技戦績は47戦全勝(キックボクシングは42戦)。昨年4月のボクシングデビュー戦、9月の2戦目はともに判定勝ちだった。
2戦目は初回開始1分と7回にダウンを奪い、最終8回の終了間際にも後ろ向きにぶっ飛ばしたが、宣言したKO勝ちはできず。試合中に左手を骨折し、
不完全燃焼に終わっていた。

2か月ほど拳を打つ練習はできなかったが、走り込み合宿などでスタミナを強化した。さらに相手に圧力をかけ、連打を叩き込むなど好戦的なスタイル習得を意識。
今回は転向3戦目ながらWBAとWBOで世界バンタム級14位につけるロブレスを相手に迎えた。

能登半島地震の被災者には、個人で500万円、帝拳ジムらと共同で1000万円の計1500万円の寄付を表明。興行前には大阪市内で自身のグッズを販売する
期間限定ショップを開設し、売り上げと集まった募金の全額寄付も明かしていた。

興行は「Prime Video presents Live Boxing」の第6弾として開催。メインイベントのWBA&WBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)タイトルマッチ12回戦では、
2団体統一王者・寺地拳四朗(BMB)が元WBA正規王者のWBA1位&WBC2位カルロス・カニサレス(ベネズエラ)と防衛戦を行う。

https://news.yahoo.co.jp/articles/145634824a1b6743f9ebb0619dc66693b4dbe60b


なに棄権勝ちって

422:

>>1 ボクシングの121ポンド(約54.89キロ)契約8回戦が23日、エディオンアリーナ大阪で行われ、東洋太平洋&日本スーパーバンタム級7位・那須川天心(帝拳)が
ルイス・ロブレス(メキシコ)に棄権勝ちした。昨年4月のボクシングデビューから3戦目で初の世界ランカー戦。節目の格闘技50戦目となり、競技転向後初のKO勝ちが
懸かっていた。

ボクシング転向前の格闘技戦績は47戦全勝(キックボクシングは42戦)。昨年4月のボクシングデビュー戦、9月の2戦目はともに判定勝ちだった。
2戦目は初回開始1分と7回にダウンを奪い、最終8回の終了間際にも後ろ向きにぶっ飛ばしたが、宣言したKO勝ちはできず。試合中に左手を骨折し、
不完全燃焼に終わっていた。

2か月ほど拳を打つ練習はできなかったが、走り込み合宿などでスタミナを強化した。さらに相手に圧力をかけ、連打を叩き込むなど好戦的なスタイル習得を意識。
今回は転向3戦目ながらWBAとWBOで世界バンタム級14位につけるロブレスを相手に迎えた。

能登半島地震の被災者には、個人で500万円、帝拳ジムらと共同で1000万円の計1500万円の寄付を表明。興行前には大阪市内で自身のグッズを販売する
期間限定ショップを開設し、売り上げと集まった募金の全額寄付も明かしていた。

興行は「Prime Video presents Live Boxing」の第6弾として開催。メインイベントのWBA&WBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)タイトルマッチ12回戦では、
2団体統一王者・寺地拳四朗(BMB)が元WBA正規王者のWBA1位&WBC2位カルロス・カニサレス(ベネズエラ)と防衛戦を行う。

https://news.yahoo.co.jp/articles/145634824a1b6743f9ebb0619dc66693b4dbe60b


すっごいつまんなくなったね。戦い方。
注目度も人気も落ちてるし。
ボクシングのせいもあるけど、天心のスタイルが
ボクシングの世界に合ってないだろ。
つまんない試合ばっかりやん。

489:

>>1 ボクシングの121ポンド(約54.89キロ)契約8回戦が23日、エディオンアリーナ大阪で行われ、東洋太平洋&日本スーパーバンタム級7位・那須川天心(帝拳)が
ルイス・ロブレス(メキシコ)に棄権勝ちした。昨年4月のボクシングデビューから3戦目で初の世界ランカー戦。節目の格闘技50戦目となり、競技転向後初のKO勝ちが
懸かっていた。

ボクシング転向前の格闘技戦績は47戦全勝(キックボクシングは42戦)。昨年4月のボクシングデビュー戦、9月の2戦目はともに判定勝ちだった。
2戦目は初回開始1分と7回にダウンを奪い、最終8回の終了間際にも後ろ向きにぶっ飛ばしたが、宣言したKO勝ちはできず。試合中に左手を骨折し、
不完全燃焼に終わっていた。

2か月ほど拳を打つ練習はできなかったが、走り込み合宿などでスタミナを強化した。さらに相手に圧力をかけ、連打を叩き込むなど好戦的なスタイル習得を意識。
今回は転向3戦目ながらWBAとWBOで世界バンタム級14位につけるロブレスを相手に迎えた。

能登半島地震の被災者には、個人で500万円、帝拳ジムらと共同で1000万円の計1500万円の寄付を表明。興行前には大阪市内で自身のグッズを販売する
期間限定ショップを開設し、売り上げと集まった募金の全額寄付も明かしていた。

興行は「Prime Video presents Live Boxing」の第6弾として開催。メインイベントのWBA&WBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)タイトルマッチ12回戦では、
2団体統一王者・寺地拳四朗(BMB)が元WBA正規王者のWBA1位&WBC2位カルロス・カニサレス(ベネズエラ)と防衛戦を行う。

https://news.yahoo.co.jp/articles/145634824a1b6743f9ebb0619dc66693b4dbe60b


なんで試合展開のとこだけ文章飛ばしたん?

741:

>>1 ボクシングの121ポンド(約54.89キロ)契約8回戦が23日、エディオンアリーナ大阪で行われ、東洋太平洋&日本スーパーバンタム級7位・那須川天心(帝拳)が
ルイス・ロブレス(メキシコ)に棄権勝ちした。昨年4月のボクシングデビューから3戦目で初の世界ランカー戦。節目の格闘技50戦目となり、競技転向後初のKO勝ちが
懸かっていた。

ボクシング転向前の格闘技戦績は47戦全勝(キックボクシングは42戦)。昨年4月のボクシングデビュー戦、9月の2戦目はともに判定勝ちだった。
2戦目は初回開始1分と7回にダウンを奪い、最終8回の終了間際にも後ろ向きにぶっ飛ばしたが、宣言したKO勝ちはできず。試合中に左手を骨折し、
不完全燃焼に終わっていた。

2か月ほど拳を打つ練習はできなかったが、走り込み合宿などでスタミナを強化した。さらに相手に圧力をかけ、連打を叩き込むなど好戦的なスタイル習得を意識。
今回は転向3戦目ながらWBAとWBOで世界バンタム級14位につけるロブレスを相手に迎えた。

能登半島地震の被災者には、個人で500万円、帝拳ジムらと共同で1000万円の計1500万円の寄付を表明。興行前には大阪市内で自身のグッズを販売する
期間限定ショップを開設し、売り上げと集まった募金の全額寄付も明かしていた。

興行は「Prime Video presents Live Boxing」の第6弾として開催。メインイベントのWBA&WBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)タイトルマッチ12回戦では、
2団体統一王者・寺地拳四朗(BMB)が元WBA正規王者のWBA1位&WBC2位カルロス・カニサレス(ベネズエラ)と防衛戦を行う。

https://news.yahoo.co.jp/articles/145634824a1b6743f9ebb0619dc66693b4dbe60b


ヤラセにしても打ち合って倒れろよ
キレイな顔で元気いっぱい退場しやがって

754:

>>1 ボクシングの121ポンド(約54.89キロ)契約8回戦が23日、エディオンアリーナ大阪で行われ、東洋太平洋&日本スーパーバンタム級7位・那須川天心(帝拳)が
ルイス・ロブレス(メキシコ)に棄権勝ちした。昨年4月のボクシングデビューから3戦目で初の世界ランカー戦。節目の格闘技50戦目となり、競技転向後初のKO勝ちが
懸かっていた。

ボクシング転向前の格闘技戦績は47戦全勝(キックボクシングは42戦)。昨年4月のボクシングデビュー戦、9月の2戦目はともに判定勝ちだった。
2戦目は初回開始1分と7回にダウンを奪い、最終8回の終了間際にも後ろ向きにぶっ飛ばしたが、宣言したKO勝ちはできず。試合中に左手を骨折し、
不完全燃焼に終わっていた。

2か月ほど拳を打つ練習はできなかったが、走り込み合宿などでスタミナを強化した。さらに相手に圧力をかけ、連打を叩き込むなど好戦的なスタイル習得を意識。
今回は転向3戦目ながらWBAとWBOで世界バンタム級14位につけるロブレスを相手に迎えた。

能登半島地震の被災者には、個人で500万円、帝拳ジムらと共同で1000万円の計1500万円の寄付を表明。興行前には大阪市内で自身のグッズを販売する
期間限定ショップを開設し、売り上げと集まった募金の全額寄付も明かしていた。

興行は「Prime Video presents Live Boxing」の第6弾として開催。メインイベントのWBA&WBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)タイトルマッチ12回戦では、
2団体統一王者・寺地拳四朗(BMB)が元WBA正規王者のWBA1位&WBC2位カルロス・カニサレス(ベネズエラ)と防衛戦を行う。

https://news.yahoo.co.jp/articles/145634824a1b6743f9ebb0619dc66693b4dbe60b


こいつマジで日本最強の天才だよ
お前らあとで吠え面をかくなよ?

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

411:

11 12Rはひどいな
試合に勝っても勝負では負けやな

425:

ロブレスの戦績は15勝(5KO)2敗1分

よくこんなの見つけてくるな
亀田の再来かよ

460:

KOさせる為に読んだように見える相手だった

これでランキング20位以内には入るのか?
次回は世界前哨戦か

483:

>>460 KOさせる為に読んだように見える相手だった

これでランキング20位以内には入るのか?
次回は世界前哨戦か


今回の相手、本当は世界ランカーじゃないっぽいから無理だと思う

490:

54.8kg契約8回戦でわざわざ自分より下の階級のバンタム級14位の選手とマッチメイクしてる時点でお笑いよ

499:

ロブレスは
・ボックスレックだと世界59位
・バンタム級の選手で計量時は600gアンダー
・いつものキャッチウエイトでSバンタム寄りの契約体重
・デビューから3戦連続で下の階級の選手相手にキャッチウエイトという前代未聞のマッチメイク
・試合前から足をケガしていたが噛ませとしてビッグなファイトマネーをもらっていたから試合に臨んだ
・KO率3割のペチパン

こいつを倒せない時点で天珍は終わってる
そのくせアピールだけはいっちょ前のピエロ

505:

>>499 ロブレスは
・ボックスレックだと世界59位
・バンタム級の選手で計量時は600gアンダー
・いつものキャッチウエイトでSバンタム寄りの契約体重
・デビューから3戦連続で下の階級の選手相手にキャッチウエイトという前代未聞のマッチメイク
・試合前から足をケガしていたが噛ませとしてビッグなファイトマネーをもらっていたから試合に臨んだ
・KO率3割のペチパン

こいつを倒せない時点で天珍は終わってる
そのくせアピールだけはいっちょ前のピエロ


世界72位じゃないの?

515:

>>499 ロブレスは
・ボックスレックだと世界59位
・バンタム級の選手で計量時は600gアンダー
・いつものキャッチウエイトでSバンタム寄りの契約体重
・デビューから3戦連続で下の階級の選手相手にキャッチウエイトという前代未聞のマッチメイク
・試合前から足をケガしていたが噛ませとしてビッグなファイトマネーをもらっていたから試合に臨んだ
・KO率3割のペチパン

こいつを倒せない時点で天珍は終わってる
そのくせアピールだけはいっちょ前のピエロ


今日のブックはとにかくKOされてくれってことだったんでしょう
いつまでもKO無しじゃ流石にカネ引っ張れないからね

521:

>>515 今日のブックはとにかくKOされてくれってことだったんでしょう
いつまでもKO無しじゃ流石にカネ引っ張れないからね


なお速攻でブックバレたもよう
んで試合後のイキりでブーイング浴びたもよう

流石にこれで満足するようなら本当救えないわな
一義的に悪いのはロブレス陣営だが、FMに目がくらんだか

506:

世界ランカー相手にパンチほとんど喰らわんし、逆に天心の出すパンチは当たりまくる
しかもこれでまだデビューして1年立ってない3戦目だからな
マジで天才よ、世界取るのは確実

508:

>>506 世界ランカー相手にパンチほとんど喰らわんし、逆に天心の出すパンチは当たりまくる
しかもこれでまだデビューして1年立ってない3戦目だからな
マジで天才よ、世界取るのは確実


なお最初から怪我してたもよう

これで天心最強できる底辺がキッズやね

532:

そういや2戦目終わったときに天心の粘着アンチどもは「世界チャンピオンはなれるだろうけど~」って叩いてたなw
大人になってたからボクシングやり始めて短期間で世界王者になれるって相当凄いのにハードル高すぎw

553:

>>532 そういや2戦目終わったときに天心の粘着アンチどもは「世界チャンピオンはなれるだろうけど~」って叩いてたなw
大人になってたからボクシングやり始めて短期間で世界王者になれるって相当凄いのにハードル高すぎw


世界チャンピオンなれるとは思わんけどハンド早いし距離感も目も良いと思う
今日の試合じゃそれ以上のことはわからん

567:

>WBAとWBOで世界バンタム級14位につけるロブレス

>ボクシングの121ポンド(約54.89キロ)契約
>日本スーパーバンタム級7位・那須川

まーた階級下か
ええ加減にせいや

606:

相変わらずパンチがないなぁと感じた。天心のKO勝ちは2020年のキックの試合以来4年ぶりらしい。
まあ今回はKOと言っても負傷棄権なのでなんつーか明確にKO出来るような選手じゃないんだな天心は。
井上尚弥とは比較しない方がいいよもう。

685:

井上のデビュー戦
ミニマム級w

>プロデビュー戦は、10月2日に後楽園ホールにてOPBF東洋太平洋ミニマム級7位にランクされているクリソン・オマヤオ(フィリピン)と49キロ契約8回戦で対戦

753:

>>685 井上のデビュー戦
ミニマム級w

>プロデビュー戦は、10月2日に後楽園ホールにてOPBF東洋太平洋ミニマム級7位にランクされているクリソン・オマヤオ(フィリピン)と49キロ契約8回戦で対戦


ミニマムとやってた井上わろた

757:

>>753 ミニマムとやってた井上わろた


井上のデビュー戦はミニマム級
井上の2戦目は身長147cm

756:

武居は21年デビューして日本人相手に1R3KOの3連勝
翌22年は3試合行って3KO、5戦目に東洋を獲得して6戦目で初防衛成功
23年は2試合消化して2KO

天心は内容と結果で武居に見劣りするけど注目度と知名度だけは高いので、
どうしてもヘイト集まりがち

759:

>本田会長は年3~4試合ペースで試合を組み「25年末には世界戦になる」と、10戦目前後の世界挑戦を見据える。

本田会長はすべてにおいて遅いんだよ。25年末まで調整試合して誰も天シン
なんて興味もてないんだよ。
とっとと世界戦か武居とやれよ。

770:

亀田システムで世界チャンプコースと思ったけどスーパーバンタムって井上の兄貴がいるじゃねーかw
井上を倒したらボクシングファン30年の俺が認めてやるよ

787:

>>770 亀田システムで世界チャンプコースと思ったけどスーパーバンタムって井上の兄貴がいるじゃねーかw
井上を倒したらボクシングファン30年の俺が認めてやるよ


バンタムに階級変えるそうです
井上尚弥がベルト返上してるから井上弟と争うそう

785:

ロブレスは
・ボックスレックだと世界59位だった
・バンタム級の選手で計量時は600gアンダー
・いつものキャッチウエイトでSバンタム寄りの契約体重
・デビューから3戦連続で下の階級の選手を相手にキャッチウエイトという前代未聞のマッチメイク
・試合前から足をケガしていたが噛ませとしてビッグなファイトマネーをもらっていたから試合に臨んだ
・KO率3割のペチパン
・サウスポーが苦手だと公言している

天珍は亀田よりヒドい
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1706010465

Comments 0

コメントはまだありません。