ヒカキン、結婚に二股疑惑!?  交際相手のA子さん悲しみの告白「彼は私とは特別な関係だと 身体の関係はあるし彼の家にいけば」 - 芸能人
げいのうまとめんぬ

ヒカキン、結婚に二股疑惑!?  交際相手のA子さん悲しみの告白「彼は私とは特別な関係だと 身体の関係はあるし彼の家にいけば」

2024/01/23
芸能人 0
  • 「まだ付き合っていると思ってた…」ヒカキン(34)結婚に‟二股”疑惑!? 交際相手のA子さんが悲しみの告白「彼は私とは特別な関係だと」 「3年間お付き合いして、そこでいろいろ揉めた後に彼から『俺たちは付き合うんじゃなくて、特別な関係でいよう』って言いくるめられて。
  • でも、私は勝手にまだ『付き合っている』と思っていたんです。
  • コロナ禍になって、会うことはなくなったけど、ときどき連絡は取り合うし、彼とは曖昧な関係がずっと続いていました。
  • だから、彼が元旦に結婚を発表した時はすごくモヤモヤして、『え、私たちの関係はどうなったの?』と素直に喜べませんでした。
  • それでも気持ちを抑えて、彼に『おめでとう』とメールを送ったら、すぐに返事が来て……」 登録者数1240万人を超える国民的YouTuberのHIKAKIN(以下ヒカキン、34)が1月1日、自身のYouTubeチャンネルで発表した“電撃元旦婚”。
  • それから何ヶ月間かは身体の関係だけだったんですが、少ししてから『俺と付き合うか?』と言われて、交際関係に発展しました」 A子さんは当時19歳、それから3年の間は、文字通り幸せな日々が続いた。
  • 『この女の人は誰なの?』と問い詰めて、すごくケンカになったんです。
  • さらにヒカキンは冒頭のようにA子さんに対し、「俺たちは付き合うんじゃなくて、特別な関係でいよう」と言い始めたのだという。
  • 「彼はずっと『特別な関係』『彼女じゃなくて』と繰り返していました。
  • 私は交際が続いていると思っていました」 記事全文はこちら。

1:

「まだ付き合っていると思ってた…」ヒカキン(34)結婚に‟二股”疑惑!? 交際相手のA子さんが悲しみの告白「彼は私とは特別な関係だと」


「3年間お付き合いして、そこでいろいろ揉めた後に彼から『俺たちは付き合うんじゃなくて、特別な関係でいよう』って言いくるめられて。でも、私は勝手にまだ『付き合っている』と思っていたんです。コロナ禍になって、会うことはなくなったけど、ときどき連絡は取り合うし、彼とは曖昧な関係がずっと続いていました。

だから、彼が元旦に結婚を発表した時はすごくモヤモヤして、『え、私たちの関係はどうなったの?』と素直に喜べませんでした。それでも気持ちを抑えて、彼に『おめでとう』とメールを送ったら、すぐに返事が来て……」

登録者数1240万人を超える国民的YouTuberのHIKAKIN(以下ヒカキン、34)が1月1日、自身のYouTubeチャンネルで発表した“電撃元旦婚”。

多くの祝福の声で溢れる中、冒頭のように複雑な心情を吐露するのは、ヒカキンと交際関係にあったという20代女性A子さんだ――。

ヒカキンは2006年にYouTubeチャンネル「HIKAKIN」を開設し、2010年に投稿した『スーパーマリオブラザーズ』シリーズのBGMをビートボックスした動画が1週間で100万アクセスを突破したことで、知名度を高めた。
現在では、商品紹介やゲーム実況チャンネルなどの計4チャンネルを抱えており、総登録者数は2150万人を超えている。


そんなヒカキンの結婚報告は、“レジェンド”の風格を感じさせるものだった。渋谷の大型ビジョンを利用するなど100通りのシチュエーションで「結婚しました」と報告する大掛かりな動画を公開したのだ。

「昨年12月21日、ヒカキンは自身のYouTubeチャンネルのアイコンとヘッダーを数字の“10”に変更していました。その後、1日経つごとに数字が減っていくカウントダウンを行った。『これは元旦にヒカキンが何かしでかすぞ』と年が明ける前から多くの注目が集まっていたんです。そして元旦0時、ヒカキンは白のタキシード姿でバラの花束を手にして登場し『30代の一般女性と結婚しました』と発表。この動画の同時視聴者数は125万人を記録しました」(同前)



「六本木に住んでるから、ここまでこれる?」当時19歳のA子さんに届いたメッセージ

一方、その動画を悲しい気持ちで見たのが、冒頭のA子さんだ。A子さんはその苦しい胸の内を小誌記者に明かした。

「彼とは2015年4月に出会いました。きっかけはヒカキンのファンだった私が、彼の26歳のバースデーイベントに当選して参加したことです。それ以降、彼が参加するモンストのイベントなどにも行って、彼に認知してもらったんです。その後、私がTwitter(現X)のDMで猛アタックしたら、『実は誰にも返信してないけどA子ちゃんにだけ返すね』と返事が来たんです」(A子さん)

その後、ヒカキンから「LINEのQRコード良かったら教えてもらえる?」とダイレクトメッセージが届き、やりとりするとすぐに自宅に呼ばれたという。

「『六本木に住んでるから、ここまでこれる?』と言われて、彼のマンションに行きました。それから何ヶ月間かは身体の関係だけだったんですが、少ししてから『俺と付き合うか?』と言われて、交際関係に発展しました」


A子さんは当時19歳、それから3年の間は、文字通り幸せな日々が続いた。ところが2018年のある日、ヒカキンの態度が急変する「事件」が起きたのだという。

「この女の人は誰なの?」A子さんが問い詰めると、HIKAKINは開き直って…
「彼の自宅のインターホンにはカメラがついていて、誰が訪ねてきたか映像で履歴が残るタイプだったんです。ある日、何気なくそのインターホンの映像を見てみたら、フードを深くかぶった女の人がマメに来ていて。『この女の人は誰なの?』と問い詰めて、すごくケンカになったんです。彼も途中で開き直って『これはそうだよ。俺はお前以外にもいろんな女と会っているんだから』と言われたんです」

まさかの「二股宣言」に戸惑うA子さん。さらにヒカキンは冒頭のようにA子さんに対し、「俺たちは付き合うんじゃなくて、特別な関係でいよう」と言い始めたのだという。

「彼はずっと『特別な関係』『彼女じゃなくて』と繰り返していました。ただ、その後も身体の関係はあるし、彼の家にいけば家事も任されるし……。私は交際が続いていると思っていました」


記事全文はこちら
https://bunshun.jp/articles/-/68457?page=1


213:

>>1 「まだ付き合っていると思ってた…」ヒカキン(34)結婚に‟二股”疑惑!? 交際相手のA子さんが悲しみの告白「彼は私とは特別な関係だと」


「3年間お付き合いして、そこでいろいろ揉めた後に彼から『俺たちは付き合うんじゃなくて、特別な関係でいよう』って言いくるめられて。でも、私は勝手にまだ『付き合っている』と思っていたんです。コロナ禍になって、会うことはなくなったけど、ときどき連絡は取り合うし、彼とは曖昧な関係がずっと続いていました。

だから、彼が元旦に結婚を発表した時はすごくモヤモヤして、『え、私たちの関係はどうなったの?』と素直に喜べませんでした。それでも気持ちを抑えて、彼に『おめでとう』とメールを送ったら、すぐに返事が来て……」

登録者数1240万人を超える国民的YouTuberのHIKAKIN(以下ヒカキン、34)が1月1日、自身のYouTubeチャンネルで発表した“電撃元旦婚”。

多くの祝福の声で溢れる中、冒頭のように複雑な心情を吐露するのは、ヒカキンと交際関係にあったという20代女性A子さんだ――。

ヒカキンは2006年にYouTubeチャンネル「HIKAKIN」を開設し、2010年に投稿した『スーパーマリオブラザーズ』シリーズのBGMをビートボックスした動画が1週間で100万アクセスを突破したことで、知名度を高めた。
現在では、商品紹介やゲーム実況チャンネルなどの計4チャンネルを抱えており、総登録者数は2150万人を超えている。


そんなヒカキンの結婚報告は、“レジェンド”の風格を感じさせるものだった。渋谷の大型ビジョンを利用するなど100通りのシチュエーションで「結婚しました」と報告する大掛かりな動画を公開したのだ。

「昨年12月21日、ヒカキンは自身のYouTubeチャンネルのアイコンとヘッダーを数字の“10”に変更していました。その後、1日経つごとに数字が減っていくカウントダウンを行った。『これは元旦にヒカキンが何かしでかすぞ』と年が明ける前から多くの注目が集まっていたんです。そして元旦0時、ヒカキンは白のタキシード姿でバラの花束を手にして登場し『30代の一般女性と結婚しました』と発表。この動画の同時視聴者数は125万人を記録しました」(同前)



「六本木に住んでるから、ここまでこれる?」当時19歳のA子さんに届いたメッセージ

一方、その動画を悲しい気持ちで見たのが、冒頭のA子さんだ。A子さんはその苦しい胸の内を小誌記者に明かした。

「彼とは2015年4月に出会いました。きっかけはヒカキンのファンだった私が、彼の26歳のバースデーイベントに当選して参加したことです。それ以降、彼が参加するモンストのイベントなどにも行って、彼に認知してもらったんです。その後、私がTwitter(現X)のDMで猛アタックしたら、『実は誰にも返信してないけどA子ちゃんにだけ返すね』と返事が来たんです」(A子さん)

その後、ヒカキンから「LINEのQRコード良かったら教えてもらえる?」とダイレクトメッセージが届き、やりとりするとすぐに自宅に呼ばれたという。

「『六本木に住んでるから、ここまでこれる?』と言われて、彼のマンションに行きました。それから何ヶ月間かは身体の関係だけだったんですが、少ししてから『俺と付き合うか?』と言われて、交際関係に発展しました」


A子さんは当時19歳、それから3年の間は、文字通り幸せな日々が続いた。ところが2018年のある日、ヒカキンの態度が急変する「事件」が起きたのだという。

「この女の人は誰なの?」A子さんが問い詰めると、HIKAKINは開き直って…
「彼の自宅のインターホンにはカメラがついていて、誰が訪ねてきたか映像で履歴が残るタイプだったんです。ある日、何気なくそのインターホンの映像を見てみたら、フードを深くかぶった女の人がマメに来ていて。『この女の人は誰なの?』と問い詰めて、すごくケンカになったんです。彼も途中で開き直って『これはそうだよ。俺はお前以外にもいろんな女と会っているんだから』と言われたんです」

まさかの「二股宣言」に戸惑うA子さん。さらにヒカキンは冒頭のようにA子さんに対し、「俺たちは付き合うんじゃなくて、特別な関係でいよう」と言い始めたのだという。

「彼はずっと『特別な関係』『彼女じゃなくて』と繰り返していました。ただ、その後も身体の関係はあるし、彼の家にいけば家事も任されるし……。私は交際が続いていると思っていました」


記事全文はこちら
https://bunshun.jp/articles/-/68457?page=1



ただのセフレw

322:

>>1 「まだ付き合っていると思ってた…」ヒカキン(34)結婚に‟二股”疑惑!? 交際相手のA子さんが悲しみの告白「彼は私とは特別な関係だと」


「3年間お付き合いして、そこでいろいろ揉めた後に彼から『俺たちは付き合うんじゃなくて、特別な関係でいよう』って言いくるめられて。でも、私は勝手にまだ『付き合っている』と思っていたんです。コロナ禍になって、会うことはなくなったけど、ときどき連絡は取り合うし、彼とは曖昧な関係がずっと続いていました。

だから、彼が元旦に結婚を発表した時はすごくモヤモヤして、『え、私たちの関係はどうなったの?』と素直に喜べませんでした。それでも気持ちを抑えて、彼に『おめでとう』とメールを送ったら、すぐに返事が来て……」

登録者数1240万人を超える国民的YouTuberのHIKAKIN(以下ヒカキン、34)が1月1日、自身のYouTubeチャンネルで発表した“電撃元旦婚”。

多くの祝福の声で溢れる中、冒頭のように複雑な心情を吐露するのは、ヒカキンと交際関係にあったという20代女性A子さんだ――。

ヒカキンは2006年にYouTubeチャンネル「HIKAKIN」を開設し、2010年に投稿した『スーパーマリオブラザーズ』シリーズのBGMをビートボックスした動画が1週間で100万アクセスを突破したことで、知名度を高めた。
現在では、商品紹介やゲーム実況チャンネルなどの計4チャンネルを抱えており、総登録者数は2150万人を超えている。


そんなヒカキンの結婚報告は、“レジェンド”の風格を感じさせるものだった。渋谷の大型ビジョンを利用するなど100通りのシチュエーションで「結婚しました」と報告する大掛かりな動画を公開したのだ。

「昨年12月21日、ヒカキンは自身のYouTubeチャンネルのアイコンとヘッダーを数字の“10”に変更していました。その後、1日経つごとに数字が減っていくカウントダウンを行った。『これは元旦にヒカキンが何かしでかすぞ』と年が明ける前から多くの注目が集まっていたんです。そして元旦0時、ヒカキンは白のタキシード姿でバラの花束を手にして登場し『30代の一般女性と結婚しました』と発表。この動画の同時視聴者数は125万人を記録しました」(同前)



「六本木に住んでるから、ここまでこれる?」当時19歳のA子さんに届いたメッセージ

一方、その動画を悲しい気持ちで見たのが、冒頭のA子さんだ。A子さんはその苦しい胸の内を小誌記者に明かした。

「彼とは2015年4月に出会いました。きっかけはヒカキンのファンだった私が、彼の26歳のバースデーイベントに当選して参加したことです。それ以降、彼が参加するモンストのイベントなどにも行って、彼に認知してもらったんです。その後、私がTwitter(現X)のDMで猛アタックしたら、『実は誰にも返信してないけどA子ちゃんにだけ返すね』と返事が来たんです」(A子さん)

その後、ヒカキンから「LINEのQRコード良かったら教えてもらえる?」とダイレクトメッセージが届き、やりとりするとすぐに自宅に呼ばれたという。

「『六本木に住んでるから、ここまでこれる?』と言われて、彼のマンションに行きました。それから何ヶ月間かは身体の関係だけだったんですが、少ししてから『俺と付き合うか?』と言われて、交際関係に発展しました」


A子さんは当時19歳、それから3年の間は、文字通り幸せな日々が続いた。ところが2018年のある日、ヒカキンの態度が急変する「事件」が起きたのだという。

「この女の人は誰なの?」A子さんが問い詰めると、HIKAKINは開き直って…
「彼の自宅のインターホンにはカメラがついていて、誰が訪ねてきたか映像で履歴が残るタイプだったんです。ある日、何気なくそのインターホンの映像を見てみたら、フードを深くかぶった女の人がマメに来ていて。『この女の人は誰なの?』と問い詰めて、すごくケンカになったんです。彼も途中で開き直って『これはそうだよ。俺はお前以外にもいろんな女と会っているんだから』と言われたんです」

まさかの「二股宣言」に戸惑うA子さん。さらにヒカキンは冒頭のようにA子さんに対し、「俺たちは付き合うんじゃなくて、特別な関係でいよう」と言い始めたのだという。

「彼はずっと『特別な関係』『彼女じゃなくて』と繰り返していました。ただ、その後も身体の関係はあるし、彼の家にいけば家事も任されるし……。私は交際が続いていると思っていました」


記事全文はこちら
https://bunshun.jp/articles/-/68457?page=1



あーこれはヒカキンの人気落ちるわ


女をこんな扱いしてるとか
イメージ無いし

369:

>>1 「まだ付き合っていると思ってた…」ヒカキン(34)結婚に‟二股”疑惑!? 交際相手のA子さんが悲しみの告白「彼は私とは特別な関係だと」


「3年間お付き合いして、そこでいろいろ揉めた後に彼から『俺たちは付き合うんじゃなくて、特別な関係でいよう』って言いくるめられて。でも、私は勝手にまだ『付き合っている』と思っていたんです。コロナ禍になって、会うことはなくなったけど、ときどき連絡は取り合うし、彼とは曖昧な関係がずっと続いていました。

だから、彼が元旦に結婚を発表した時はすごくモヤモヤして、『え、私たちの関係はどうなったの?』と素直に喜べませんでした。それでも気持ちを抑えて、彼に『おめでとう』とメールを送ったら、すぐに返事が来て……」

登録者数1240万人を超える国民的YouTuberのHIKAKIN(以下ヒカキン、34)が1月1日、自身のYouTubeチャンネルで発表した“電撃元旦婚”。

多くの祝福の声で溢れる中、冒頭のように複雑な心情を吐露するのは、ヒカキンと交際関係にあったという20代女性A子さんだ――。

ヒカキンは2006年にYouTubeチャンネル「HIKAKIN」を開設し、2010年に投稿した『スーパーマリオブラザーズ』シリーズのBGMをビートボックスした動画が1週間で100万アクセスを突破したことで、知名度を高めた。
現在では、商品紹介やゲーム実況チャンネルなどの計4チャンネルを抱えており、総登録者数は2150万人を超えている。


そんなヒカキンの結婚報告は、“レジェンド”の風格を感じさせるものだった。渋谷の大型ビジョンを利用するなど100通りのシチュエーションで「結婚しました」と報告する大掛かりな動画を公開したのだ。

「昨年12月21日、ヒカキンは自身のYouTubeチャンネルのアイコンとヘッダーを数字の“10”に変更していました。その後、1日経つごとに数字が減っていくカウントダウンを行った。『これは元旦にヒカキンが何かしでかすぞ』と年が明ける前から多くの注目が集まっていたんです。そして元旦0時、ヒカキンは白のタキシード姿でバラの花束を手にして登場し『30代の一般女性と結婚しました』と発表。この動画の同時視聴者数は125万人を記録しました」(同前)



「六本木に住んでるから、ここまでこれる?」当時19歳のA子さんに届いたメッセージ

一方、その動画を悲しい気持ちで見たのが、冒頭のA子さんだ。A子さんはその苦しい胸の内を小誌記者に明かした。

「彼とは2015年4月に出会いました。きっかけはヒカキンのファンだった私が、彼の26歳のバースデーイベントに当選して参加したことです。それ以降、彼が参加するモンストのイベントなどにも行って、彼に認知してもらったんです。その後、私がTwitter(現X)のDMで猛アタックしたら、『実は誰にも返信してないけどA子ちゃんにだけ返すね』と返事が来たんです」(A子さん)

その後、ヒカキンから「LINEのQRコード良かったら教えてもらえる?」とダイレクトメッセージが届き、やりとりするとすぐに自宅に呼ばれたという。

「『六本木に住んでるから、ここまでこれる?』と言われて、彼のマンションに行きました。それから何ヶ月間かは身体の関係だけだったんですが、少ししてから『俺と付き合うか?』と言われて、交際関係に発展しました」


A子さんは当時19歳、それから3年の間は、文字通り幸せな日々が続いた。ところが2018年のある日、ヒカキンの態度が急変する「事件」が起きたのだという。

「この女の人は誰なの?」A子さんが問い詰めると、HIKAKINは開き直って…
「彼の自宅のインターホンにはカメラがついていて、誰が訪ねてきたか映像で履歴が残るタイプだったんです。ある日、何気なくそのインターホンの映像を見てみたら、フードを深くかぶった女の人がマメに来ていて。『この女の人は誰なの?』と問い詰めて、すごくケンカになったんです。彼も途中で開き直って『これはそうだよ。俺はお前以外にもいろんな女と会っているんだから』と言われたんです」

まさかの「二股宣言」に戸惑うA子さん。さらにヒカキンは冒頭のようにA子さんに対し、「俺たちは付き合うんじゃなくて、特別な関係でいよう」と言い始めたのだという。

「彼はずっと『特別な関係』『彼女じゃなくて』と繰り返していました。ただ、その後も身体の関係はあるし、彼の家にいけば家事も任されるし……。私は交際が続いていると思っていました」


記事全文はこちら
https://bunshun.jp/articles/-/68457?page=1



別れ切り出されて4年会ってないの認めてるが
これを二股と言うのか文春は

384:

>>1 「まだ付き合っていると思ってた…」ヒカキン(34)結婚に‟二股”疑惑!? 交際相手のA子さんが悲しみの告白「彼は私とは特別な関係だと」


「3年間お付き合いして、そこでいろいろ揉めた後に彼から『俺たちは付き合うんじゃなくて、特別な関係でいよう』って言いくるめられて。でも、私は勝手にまだ『付き合っている』と思っていたんです。コロナ禍になって、会うことはなくなったけど、ときどき連絡は取り合うし、彼とは曖昧な関係がずっと続いていました。

だから、彼が元旦に結婚を発表した時はすごくモヤモヤして、『え、私たちの関係はどうなったの?』と素直に喜べませんでした。それでも気持ちを抑えて、彼に『おめでとう』とメールを送ったら、すぐに返事が来て……」

登録者数1240万人を超える国民的YouTuberのHIKAKIN(以下ヒカキン、34)が1月1日、自身のYouTubeチャンネルで発表した“電撃元旦婚”。

多くの祝福の声で溢れる中、冒頭のように複雑な心情を吐露するのは、ヒカキンと交際関係にあったという20代女性A子さんだ――。

ヒカキンは2006年にYouTubeチャンネル「HIKAKIN」を開設し、2010年に投稿した『スーパーマリオブラザーズ』シリーズのBGMをビートボックスした動画が1週間で100万アクセスを突破したことで、知名度を高めた。
現在では、商品紹介やゲーム実況チャンネルなどの計4チャンネルを抱えており、総登録者数は2150万人を超えている。


そんなヒカキンの結婚報告は、“レジェンド”の風格を感じさせるものだった。渋谷の大型ビジョンを利用するなど100通りのシチュエーションで「結婚しました」と報告する大掛かりな動画を公開したのだ。

「昨年12月21日、ヒカキンは自身のYouTubeチャンネルのアイコンとヘッダーを数字の“10”に変更していました。その後、1日経つごとに数字が減っていくカウントダウンを行った。『これは元旦にヒカキンが何かしでかすぞ』と年が明ける前から多くの注目が集まっていたんです。そして元旦0時、ヒカキンは白のタキシード姿でバラの花束を手にして登場し『30代の一般女性と結婚しました』と発表。この動画の同時視聴者数は125万人を記録しました」(同前)



「六本木に住んでるから、ここまでこれる?」当時19歳のA子さんに届いたメッセージ

一方、その動画を悲しい気持ちで見たのが、冒頭のA子さんだ。A子さんはその苦しい胸の内を小誌記者に明かした。

「彼とは2015年4月に出会いました。きっかけはヒカキンのファンだった私が、彼の26歳のバースデーイベントに当選して参加したことです。それ以降、彼が参加するモンストのイベントなどにも行って、彼に認知してもらったんです。その後、私がTwitter(現X)のDMで猛アタックしたら、『実は誰にも返信してないけどA子ちゃんにだけ返すね』と返事が来たんです」(A子さん)

その後、ヒカキンから「LINEのQRコード良かったら教えてもらえる?」とダイレクトメッセージが届き、やりとりするとすぐに自宅に呼ばれたという。

「『六本木に住んでるから、ここまでこれる?』と言われて、彼のマンションに行きました。それから何ヶ月間かは身体の関係だけだったんですが、少ししてから『俺と付き合うか?』と言われて、交際関係に発展しました」


A子さんは当時19歳、それから3年の間は、文字通り幸せな日々が続いた。ところが2018年のある日、ヒカキンの態度が急変する「事件」が起きたのだという。

「この女の人は誰なの?」A子さんが問い詰めると、HIKAKINは開き直って…
「彼の自宅のインターホンにはカメラがついていて、誰が訪ねてきたか映像で履歴が残るタイプだったんです。ある日、何気なくそのインターホンの映像を見てみたら、フードを深くかぶった女の人がマメに来ていて。『この女の人は誰なの?』と問い詰めて、すごくケンカになったんです。彼も途中で開き直って『これはそうだよ。俺はお前以外にもいろんな女と会っているんだから』と言われたんです」

まさかの「二股宣言」に戸惑うA子さん。さらにヒカキンは冒頭のようにA子さんに対し、「俺たちは付き合うんじゃなくて、特別な関係でいよう」と言い始めたのだという。

「彼はずっと『特別な関係』『彼女じゃなくて』と繰り返していました。ただ、その後も身体の関係はあるし、彼の家にいけば家事も任されるし……。私は交際が続いていると思っていました」


記事全文はこちら
https://bunshun.jp/articles/-/68457?page=1



1000万包んだり、下町のマンションの部屋1つあがれば、それできれいに別れられるのにな(´・ω・`)
ヒカキンにとっちゃ「はした金」だろうに

490:

>>1 「まだ付き合っていると思ってた…」ヒカキン(34)結婚に‟二股”疑惑!? 交際相手のA子さんが悲しみの告白「彼は私とは特別な関係だと」


「3年間お付き合いして、そこでいろいろ揉めた後に彼から『俺たちは付き合うんじゃなくて、特別な関係でいよう』って言いくるめられて。でも、私は勝手にまだ『付き合っている』と思っていたんです。コロナ禍になって、会うことはなくなったけど、ときどき連絡は取り合うし、彼とは曖昧な関係がずっと続いていました。

だから、彼が元旦に結婚を発表した時はすごくモヤモヤして、『え、私たちの関係はどうなったの?』と素直に喜べませんでした。それでも気持ちを抑えて、彼に『おめでとう』とメールを送ったら、すぐに返事が来て……」

登録者数1240万人を超える国民的YouTuberのHIKAKIN(以下ヒカキン、34)が1月1日、自身のYouTubeチャンネルで発表した“電撃元旦婚”。

多くの祝福の声で溢れる中、冒頭のように複雑な心情を吐露するのは、ヒカキンと交際関係にあったという20代女性A子さんだ――。

ヒカキンは2006年にYouTubeチャンネル「HIKAKIN」を開設し、2010年に投稿した『スーパーマリオブラザーズ』シリーズのBGMをビートボックスした動画が1週間で100万アクセスを突破したことで、知名度を高めた。
現在では、商品紹介やゲーム実況チャンネルなどの計4チャンネルを抱えており、総登録者数は2150万人を超えている。


そんなヒカキンの結婚報告は、“レジェンド”の風格を感じさせるものだった。渋谷の大型ビジョンを利用するなど100通りのシチュエーションで「結婚しました」と報告する大掛かりな動画を公開したのだ。

「昨年12月21日、ヒカキンは自身のYouTubeチャンネルのアイコンとヘッダーを数字の“10”に変更していました。その後、1日経つごとに数字が減っていくカウントダウンを行った。『これは元旦にヒカキンが何かしでかすぞ』と年が明ける前から多くの注目が集まっていたんです。そして元旦0時、ヒカキンは白のタキシード姿でバラの花束を手にして登場し『30代の一般女性と結婚しました』と発表。この動画の同時視聴者数は125万人を記録しました」(同前)



「六本木に住んでるから、ここまでこれる?」当時19歳のA子さんに届いたメッセージ

一方、その動画を悲しい気持ちで見たのが、冒頭のA子さんだ。A子さんはその苦しい胸の内を小誌記者に明かした。

「彼とは2015年4月に出会いました。きっかけはヒカキンのファンだった私が、彼の26歳のバースデーイベントに当選して参加したことです。それ以降、彼が参加するモンストのイベントなどにも行って、彼に認知してもらったんです。その後、私がTwitter(現X)のDMで猛アタックしたら、『実は誰にも返信してないけどA子ちゃんにだけ返すね』と返事が来たんです」(A子さん)

その後、ヒカキンから「LINEのQRコード良かったら教えてもらえる?」とダイレクトメッセージが届き、やりとりするとすぐに自宅に呼ばれたという。

「『六本木に住んでるから、ここまでこれる?』と言われて、彼のマンションに行きました。それから何ヶ月間かは身体の関係だけだったんですが、少ししてから『俺と付き合うか?』と言われて、交際関係に発展しました」


A子さんは当時19歳、それから3年の間は、文字通り幸せな日々が続いた。ところが2018年のある日、ヒカキンの態度が急変する「事件」が起きたのだという。

「この女の人は誰なの?」A子さんが問い詰めると、HIKAKINは開き直って…
「彼の自宅のインターホンにはカメラがついていて、誰が訪ねてきたか映像で履歴が残るタイプだったんです。ある日、何気なくそのインターホンの映像を見てみたら、フードを深くかぶった女の人がマメに来ていて。『この女の人は誰なの?』と問い詰めて、すごくケンカになったんです。彼も途中で開き直って『これはそうだよ。俺はお前以外にもいろんな女と会っているんだから』と言われたんです」

まさかの「二股宣言」に戸惑うA子さん。さらにヒカキンは冒頭のようにA子さんに対し、「俺たちは付き合うんじゃなくて、特別な関係でいよう」と言い始めたのだという。

「彼はずっと『特別な関係』『彼女じゃなくて』と繰り返していました。ただ、その後も身体の関係はあるし、彼の家にいけば家事も任されるし……。私は交際が続いていると思っていました」


記事全文はこちら
https://bunshun.jp/articles/-/68457?page=1




ドン引き

632:

>>1 「まだ付き合っていると思ってた…」ヒカキン(34)結婚に‟二股”疑惑!? 交際相手のA子さんが悲しみの告白「彼は私とは特別な関係だと」


「3年間お付き合いして、そこでいろいろ揉めた後に彼から『俺たちは付き合うんじゃなくて、特別な関係でいよう』って言いくるめられて。でも、私は勝手にまだ『付き合っている』と思っていたんです。コロナ禍になって、会うことはなくなったけど、ときどき連絡は取り合うし、彼とは曖昧な関係がずっと続いていました。

だから、彼が元旦に結婚を発表した時はすごくモヤモヤして、『え、私たちの関係はどうなったの?』と素直に喜べませんでした。それでも気持ちを抑えて、彼に『おめでとう』とメールを送ったら、すぐに返事が来て……」

登録者数1240万人を超える国民的YouTuberのHIKAKIN(以下ヒカキン、34)が1月1日、自身のYouTubeチャンネルで発表した“電撃元旦婚”。

多くの祝福の声で溢れる中、冒頭のように複雑な心情を吐露するのは、ヒカキンと交際関係にあったという20代女性A子さんだ――。

ヒカキンは2006年にYouTubeチャンネル「HIKAKIN」を開設し、2010年に投稿した『スーパーマリオブラザーズ』シリーズのBGMをビートボックスした動画が1週間で100万アクセスを突破したことで、知名度を高めた。
現在では、商品紹介やゲーム実況チャンネルなどの計4チャンネルを抱えており、総登録者数は2150万人を超えている。


そんなヒカキンの結婚報告は、“レジェンド”の風格を感じさせるものだった。渋谷の大型ビジョンを利用するなど100通りのシチュエーションで「結婚しました」と報告する大掛かりな動画を公開したのだ。

「昨年12月21日、ヒカキンは自身のYouTubeチャンネルのアイコンとヘッダーを数字の“10”に変更していました。その後、1日経つごとに数字が減っていくカウントダウンを行った。『これは元旦にヒカキンが何かしでかすぞ』と年が明ける前から多くの注目が集まっていたんです。そして元旦0時、ヒカキンは白のタキシード姿でバラの花束を手にして登場し『30代の一般女性と結婚しました』と発表。この動画の同時視聴者数は125万人を記録しました」(同前)



「六本木に住んでるから、ここまでこれる?」当時19歳のA子さんに届いたメッセージ

一方、その動画を悲しい気持ちで見たのが、冒頭のA子さんだ。A子さんはその苦しい胸の内を小誌記者に明かした。

「彼とは2015年4月に出会いました。きっかけはヒカキンのファンだった私が、彼の26歳のバースデーイベントに当選して参加したことです。それ以降、彼が参加するモンストのイベントなどにも行って、彼に認知してもらったんです。その後、私がTwitter(現X)のDMで猛アタックしたら、『実は誰にも返信してないけどA子ちゃんにだけ返すね』と返事が来たんです」(A子さん)

その後、ヒカキンから「LINEのQRコード良かったら教えてもらえる?」とダイレクトメッセージが届き、やりとりするとすぐに自宅に呼ばれたという。

「『六本木に住んでるから、ここまでこれる?』と言われて、彼のマンションに行きました。それから何ヶ月間かは身体の関係だけだったんですが、少ししてから『俺と付き合うか?』と言われて、交際関係に発展しました」


A子さんは当時19歳、それから3年の間は、文字通り幸せな日々が続いた。ところが2018年のある日、ヒカキンの態度が急変する「事件」が起きたのだという。

「この女の人は誰なの?」A子さんが問い詰めると、HIKAKINは開き直って…
「彼の自宅のインターホンにはカメラがついていて、誰が訪ねてきたか映像で履歴が残るタイプだったんです。ある日、何気なくそのインターホンの映像を見てみたら、フードを深くかぶった女の人がマメに来ていて。『この女の人は誰なの?』と問い詰めて、すごくケンカになったんです。彼も途中で開き直って『これはそうだよ。俺はお前以外にもいろんな女と会っているんだから』と言われたんです」

まさかの「二股宣言」に戸惑うA子さん。さらにヒカキンは冒頭のようにA子さんに対し、「俺たちは付き合うんじゃなくて、特別な関係でいよう」と言い始めたのだという。

「彼はずっと『特別な関係』『彼女じゃなくて』と繰り返していました。ただ、その後も身体の関係はあるし、彼の家にいけば家事も任されるし……。私は交際が続いていると思っていました」


記事全文はこちら
https://bunshun.jp/articles/-/68457?page=1




文春報道より

ヒカキンのセフレが暴露

・街中でキッズに声を掛けられたら女に10m以上離れてもらう
・セ○クスは突発的だが、絶対にヒカキンか女の部屋でする
・ゴムは絶対付ける(コンドームは「有名なやつに限る」)
・MかSかで言うとS寄り
・ヒカキンの好きな体位はバック
・サイズは人並み(質素)で、早く終わる
・お風呂でもゴム付けてやる
・セ○クス中にボイパを求められると「そんなに器用じゃない(笑)」
・「彼女ができたから」とフラれる

683:

>>632
文春報道より

ヒカキンのセフレが暴露

・街中でキッズに声を掛けられたら女に10m以上離れてもらう
・セ○クスは突発的だが、絶対にヒカキンか女の部屋でする
・ゴムは絶対付ける(コンドームは「有名なやつに限る」)
・MかSかで言うとS寄り
・ヒカキンの好きな体位はバック
・サイズは人並み(質素)で、早く終わる
・お風呂でもゴム付けてやる
・セ○クス中にボイパを求められると「そんなに器用じゃない(笑)」
・「彼女ができたから」とフラれる


>・お風呂でもゴム付けてやる

セフレ女さん「他の男の人はお風呂だとゴムは付けなかったのに!!」って事? 

それ聞かされて俺らは何て言えばいいのよw 「お湯で流れるのにねぇ」とか?

703:

>>632
文春報道より

ヒカキンのセフレが暴露

・街中でキッズに声を掛けられたら女に10m以上離れてもらう
・セ○クスは突発的だが、絶対にヒカキンか女の部屋でする
・ゴムは絶対付ける(コンドームは「有名なやつに限る」)
・MかSかで言うとS寄り
・ヒカキンの好きな体位はバック
・サイズは人並み(質素)で、早く終わる
・お風呂でもゴム付けてやる
・セ○クス中にボイパを求められると「そんなに器用じゃない(笑)」
・「彼女ができたから」とフラれる


退位までバラすってクソやろ、こいつw

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

23:

3年間も一緒にいたなら別れ際にハッキリ伝えるべきだったな
女の方はヒカキンを逃したくないのは当然だろうし

65:

>>23 3年間も一緒にいたなら別れ際にハッキリ伝えるべきだったな
女の方はヒカキンを逃したくないのは当然だろうし


むしろハッキリ伝えられたからキレてんだろこれ

73:

>>23 3年間も一緒にいたなら別れ際にハッキリ伝えるべきだったな
女の方はヒカキンを逃したくないのは当然だろうし


>「彼はずっと『特別な関係』『彼女じゃなくて』と繰り返していました。

結構はっきりと何度も言ってるように見えるが

83:

>>73 >「彼はずっと『特別な関係』『彼女じゃなくて』と繰り返していました。

結構はっきりと何度も言ってるように見えるが


セフレとハッキリ言わないところがせこいw

581:

>>73 >「彼はずっと『特別な関係』『彼女じゃなくて』と繰り返していました。

結構はっきりと何度も言ってるように見えるが


セフレでいいなら関係続けるよって言えやw

40:

ヒカキン、お前もか

クリーンイメージ作りすぎだよ
二股宣言して付き合い始めたのではなく、途中で宣言はちょっとひどいね
最終的には彼女ではない関係を求めて結婚する気はないのわかって欲しかったんだろうけど

58:

>>40 ヒカキン、お前もか

クリーンイメージ作りすぎだよ
二股宣言して付き合い始めたのではなく、途中で宣言はちょっとひどいね
最終的には彼女ではない関係を求めて結婚する気はないのわかって欲しかったんだろうけど


お前みたいな知的障害者が本当に増えたよな日本

94:

>>58 お前みたいな知的障害者が本当に増えたよな日本


知的障害者とまで言われる筋合いはないんだけど

97:

女性の方も「お前なんかただのセフレだ」とはっきり言われるのが怖くて
はっきりさせずに関係続けてたんだろう
他に女いるのわかっててもヒカキン逃がしたくなくて
いつかこっちが本命になるかも、結婚できるかも、と尽くしてたんだろうけど
二股三股する男に誠意なんか無いからなぁ
サクッと切るのが正解
でも結婚相手の方は同じ条件だったはずなのにうまくヒカキン捕まえて結婚できたんだよな
そりゃ悔しいし屈辱だろうな

108:

これはさすがに女のほうの言いがかりだろ
4年も会ってないのに、まだ付き合ってると思ってたって無理がありすぎる
金持ち逃して悔しいだけだろ

115:

>>108 これはさすがに女のほうの言いがかりだろ
4年も会ってないのに、まだ付き合ってると思ってたって無理がありすぎる
金持ち逃して悔しいだけだろ


そんな簡単なことにも気付けない知的障害者が増えすぎたんだよ日本は 終わってるよ 日本人総知的障害者化だよ

224:

>>115 そんな簡単なことにも気付けない知的障害者が増えすぎたんだよ日本は 終わってるよ 日本人総知的障害者化だよ


文春含めてマスコミがそうやって誘導教育してきたんだよ
今の独裁者はマスコミってことだ

222:

「付き合ってたけど別れた」ならなんの問題もなかったが、
セフレとして都合よく繋いでおこうとしたのがせこかった

一定量事実と認めたから、同様の扱いの女が他にも名乗りあげてくるだろうな

229:

>>222 「付き合ってたけど別れた」ならなんの問題もなかったが、
セフレとして都合よく繋いでおこうとしたのがせこかった

一定量事実と認めたから、同様の扱いの女が他にも名乗りあげてくるだろうな


女が勝手に来てて4年会ってないなら都合のいい女じゃなくね

247:

>『これはそうだよ。俺はお前以外にもいろんな女と会っているんだから』と言われたんです

かなり言われたい放題でこの部分を否定しないと二股してたってことになってしまわないか?
ヒカキン優しいからA子や文春には何も言わなかったんだろうけど子供向けの健全さが売りなのに

356:

キッチリは振られてないのかも知れんが
「結婚でびっくりした」と言っても最後に関係持ったのいつなのって話
セフレでキープされてたならまだわかるけど

409:

この記事、何がポイントなの?

直近の4年間は会ってないから二股じゃない。

問題は別れた2018年から2020年の間の「特別な関係」って何だよって話だよな?
要はこれって相手の別れたくない感情を利用して、
セフレとして肉奴隷としてひたすらやりまくってたってことだよな?

ああそうか。これが第二弾第三弾で出てくるってことね。

今回の記事は言いがかりのロジックがクソすぎて何が目的なのかわからんかったわ。

462:

彼の自宅のインターホンにはカメラがついていて、誰が訪ねてきたか映像で履歴が残るタイプだったんです。

『これはそうだよ。俺はお前以外にもいろんな女と会っているんだから』

『これはそうだよ。俺はお前以外にもいろんな女と会っているんだから』


『これはそうだよ。俺はお前以外にもいろんな女と会っているんだから』


うわぁぁああああああクソキン...

601:

最近女子アナとかも今まで3人の男性と付き合ってたとか普通に言うけど
3人目と結婚した後に1人目、2人目が自分はまだ付き合ってるつもりでいたとか言って出てきたらただのストーカー
なんで女は許されるんだ?

827:

>>601 最近女子アナとかも今まで3人の男性と付き合ってたとか普通に言うけど
3人目と結婚した後に1人目、2人目が自分はまだ付き合ってるつもりでいたとか言って出てきたらただのストーカー
なんで女は許されるんだ?


桑子アナの時もそう
『なんて女々しい男だ!告発すんな!』って叩かれまくってた
何事もなく(謝罪もなく?)キャスターしてる
こんなダブスタこそ不公平

624:

うん。
まぁとりあえずキープしておきながら他の子と付き合うのは男女共にあるからな。
で、精算するときに修羅場になったりもする。

俺は彼女にそれをやられた口だけどw
まぁ縁がなかったと思って次に行った方がいいよ。
相手が金持ちだから、何がしかの金銭は得られるかもだけどそれで大事なものを失うのは勿体無い。

641:

>>624 うん。
まぁとりあえずキープしておきながら他の子と付き合うのは男女共にあるからな。
で、精算するときに修羅場になったりもする。

俺は彼女にそれをやられた口だけどw
まぁ縁がなかったと思って次に行った方がいいよ。
相手が金持ちだから、何がしかの金銭は得られるかもだけどそれで大事なものを失うのは勿体無い。


金は取れよ
搾り取れ
タダでやらせてんなよこんなブサイクに

648:

>>641 金は取れよ
搾り取れ
タダでやらせてんなよこんなブサイクに


いやいや、元はただのファンだったんだろ?
だったらやれて良かったと思って次いけよと。

金とったら次の彼がそれ知ったらドン引きだろw

656:

>>648 いやいや、元はただのファンだったんだろ?
だったらやれて良かったと思って次いけよと。

金とったら次の彼がそれ知ったらドン引きだろw


いや、他の男にやり捨てられた女なんかいらないし
ちゃんと手切れ金くらいもらっとけよ

695:

>>656 いや、他の男にやり捨てられた女なんかいらないし
ちゃんと手切れ金くらいもらっとけよ


四年会ってないのに手切れ金って言われてもw
それは手切れ金じゃなくて恐喝の部類だぞ。

852:

じゃちょっとマンさんの擁護をしてやるよ
ずっとファンで好きで仕方なかったヒカキンと付き合えた
何度も肉体関係があって結婚も夢見ていただろう
突然付き合うのをやめて特別な関係でいようと言われる
連絡もたまに来るから分かってはいたけど希望は少し持っていたい
乙女心をもて遊ぶヒカキンは最低ってならんか?w

866:

最後にA子さんに会ったのは4年前だし、A子さんも「彼女ではなく」の部分を覚えていたからこの件はもうオワネタになったけど、
今回の件でヒカキンのイメージは、子供向け動画投稿者のイメージから、確実に性的なイメージで汚くなってしまった
ちと残念である

902:

>>866 最後にA子さんに会ったのは4年前だし、A子さんも「彼女ではなく」の部分を覚えていたからこの件はもうオワネタになったけど、
今回の件でヒカキンのイメージは、子供向け動画投稿者のイメージから、確実に性的なイメージで汚くなってしまった
ちと残念である

結構、やる事やってたんだなってイメージ変わったわ

892:

4年会ってないのに付き合ってると思ってた笑
ただのセフレでその他大勢の内の1人だろ
こんなの相手にする文春終わってるな、やっぱり

908:

>>892 4年会ってないのに付き合ってると思ってた笑
ただのセフレでその他大勢の内の1人だろ
こんなの相手にする文春終わってるな、やっぱり


セフレが大正解だけど、天下のHIKAKINがセフレ扱いなんて口に出せんやろwww
まあ相手の女もあてつけに結婚してから言い出すのは相当性格悪い。
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1705931503

Comments 0

コメントはまだありません。