Hey! Say! JUMP山田涼介、旧ジャニ性加害問題に「ふーんと思った」発言が物議 「被害者のこと考えてほしい」 - 芸能人
げいのうまとめんぬ

Hey! Say! JUMP山田涼介、旧ジャニ性加害問題に「ふーんと思った」発言が物議 「被害者のこと考えてほしい」

2024/01/21
芸能人 0
  • 「被害者のこと考えてほしい」Hey! Say! JUMP山田涼介旧ジャニ性加害問題に「ふーんと思った」発言が物議 Hey! Say! JUMPの山田涼介が、故ジャニー喜多川元社長の性加害騒動に触れた発言がSNSで物議を醸している。
  • 2023年は、SMILE-UP.(旧ジャニーズ事務所)が苦境にあえいだ年だった。
  • 「故ジャニー喜多川元社長による性加害問題を受け、2023年大みそかのNHK紅白歌合戦では、SMILE-UP.所属グループの出演は44年ぶりにゼロ。
  • 大みそか恒例イベント『カウントダウンコンサート(カウコン)』も開催が見送られました。
  • ファンからは『どうやって年を越すの?』という声があがるなか、Hey! Say! JUMPは大みそかの12月31日にライブツアーの追加公演を行うと発表。
  • ファンからは『これで年が越せる』と歓喜する声が上がっていました」(芸能記者) Hey! Say! JUMPは年末年始4日間の東京ドーム公演で22万人を動員。
  • 物議を醸しているのは、その後編である《山田涼介の覚悟「僕にはこれしかない。
  • 山田は、ジャニー喜多川氏の性加害を巡る騒動で、やめたいという気持ちにはならなかったとしたうえで、こう語っている。
  • スポーツ報知が2週にわたって報じた山田のインタビュー記事は、ファンから歓迎を受けた。
  • SMILE-UP.所属タレントには、いまだ救済されていない被害者がいることに配慮してほしいものだ。

1:

「被害者のこと考えてほしい」Hey! Say! JUMP山田涼介 旧ジャニ性加害問題に「ふーんと思った」発言が物議


Hey! Say! JUMPの山田涼介が、故ジャニー喜多川元社長の性加害騒動に触れた発言がSNSで物議を醸している。

2023年は、SMILE-UP.(旧ジャニーズ事務所)が苦境にあえいだ年だった。

「故ジャニー喜多川元社長による性加害問題を受け、2023年大みそかのNHK紅白歌合戦では、SMILE-UP.所属グループの出演は44年ぶりにゼロ。大みそか恒例イベント『カウントダウンコンサート(カウコン)』も開催が見送られました。

ファンからは『どうやって年を越すの?』という声があがるなか、Hey! Say! JUMPは大みそかの12月31日にライブツアーの追加公演を行うと発表。ファンからは『これで年が越せる』と歓喜する声が上がっていました」(芸能記者)


Hey! Say! JUMPは年末年始4日間の東京ドーム公演で22万人を動員。
SMILE-UP.は1月10日、所属アーティストが年末年始におこなった映像配信の収益の全額を、1月1日に発生した能登半島地震の被災地支援の義援金に当てることを発表した。


山田涼介の発言があったのは、その東京ドーム公演直前のインタビューだ。
スポーツ報知はそのインタビュー記事を1月10日に「前編」、1月17日に「後編」と2週にわたって報じている。


物議を醸しているのは、その後編である《山田涼介の覚悟「僕にはこれしかない。命を削って、ここに懸けている」「エンターテインメントを届けることが仕事」》インタビュー記事。
山田は、ジャニー喜多川氏の性加害を巡る騒動で、やめたいという気持ちにはならなかったとしたうえで、こう語っている。

《「『ふーん』と思いながらも、もちろん悔しさもあって。俺らは何もしていないし、自分は声を大にして頑張ってきたタイプですし。今まで積み上げてきたものが、一緒くたに見られてしまって。悔しいとも、生きにくい世の中だとも思うけど」》

また山田は、同紙の取材に、苦境に対して「クソが」と愚痴をこぼすこともあることも明かした。


スポーツ報知が2週にわたって報じた山田のインタビュー記事は、ファンから歓迎を受けた。

その一方、後編での山田の発言にはSNSでは批判的な声が多く上がっている。

《このインタビューは結構ショックだった 性加害の件に一切関わっていなくて噂も聞いたことすらないタレントからしたら「ふーん」ていう感じなのか…》

《いくら自分に無関係なことだったとしても「多数の子どもが被害に遭った卑劣な犯罪に対して著名人として求められるコメント」で第一声「ふ~ん」はまず出てこないよな》

《山田涼介さんのインタビュー。タレントの立場を思うと「悔しい」とか「逆境」とか「クソが」とか思う気持ちは正直わかる気もするけど、被害に遭って未だ言い出せないでいる仲間がいるかもしれないとか、自分が被害者の立場になってたかもしれないとか、考えてほしいな》

1月15日に「ジャニーズ性加害問題当事者の会」メンバーが開いた会見で、副代表の石丸志門氏は、SMILE-UP.の被害者に対する救済対応について「まだ救済措置を取っているとは思っておりません。社名を変えただけで、継続しておこなわれているエンタメ事業の実態には、苦言を呈したい」と述べた。

SMILE-UP.所属タレントには、いまだ救済されていない被害者がいることに配慮してほしいものだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/7a208fa01a27a2473db0d25d4ba3a14a80ed6141

262:

>>1 「被害者のこと考えてほしい」Hey! Say! JUMP山田涼介 旧ジャニ性加害問題に「ふーんと思った」発言が物議


Hey! Say! JUMPの山田涼介が、故ジャニー喜多川元社長の性加害騒動に触れた発言がSNSで物議を醸している。

2023年は、SMILE-UP.(旧ジャニーズ事務所)が苦境にあえいだ年だった。

「故ジャニー喜多川元社長による性加害問題を受け、2023年大みそかのNHK紅白歌合戦では、SMILE-UP.所属グループの出演は44年ぶりにゼロ。大みそか恒例イベント『カウントダウンコンサート(カウコン)』も開催が見送られました。

ファンからは『どうやって年を越すの?』という声があがるなか、Hey! Say! JUMPは大みそかの12月31日にライブツアーの追加公演を行うと発表。ファンからは『これで年が越せる』と歓喜する声が上がっていました」(芸能記者)


Hey! Say! JUMPは年末年始4日間の東京ドーム公演で22万人を動員。
SMILE-UP.は1月10日、所属アーティストが年末年始におこなった映像配信の収益の全額を、1月1日に発生した能登半島地震の被災地支援の義援金に当てることを発表した。


山田涼介の発言があったのは、その東京ドーム公演直前のインタビューだ。
スポーツ報知はそのインタビュー記事を1月10日に「前編」、1月17日に「後編」と2週にわたって報じている。


物議を醸しているのは、その後編である《山田涼介の覚悟「僕にはこれしかない。命を削って、ここに懸けている」「エンターテインメントを届けることが仕事」》インタビュー記事。
山田は、ジャニー喜多川氏の性加害を巡る騒動で、やめたいという気持ちにはならなかったとしたうえで、こう語っている。

《「『ふーん』と思いながらも、もちろん悔しさもあって。俺らは何もしていないし、自分は声を大にして頑張ってきたタイプですし。今まで積み上げてきたものが、一緒くたに見られてしまって。悔しいとも、生きにくい世の中だとも思うけど」》

また山田は、同紙の取材に、苦境に対して「クソが」と愚痴をこぼすこともあることも明かした。


スポーツ報知が2週にわたって報じた山田のインタビュー記事は、ファンから歓迎を受けた。

その一方、後編での山田の発言にはSNSでは批判的な声が多く上がっている。

《このインタビューは結構ショックだった 性加害の件に一切関わっていなくて噂も聞いたことすらないタレントからしたら「ふーん」ていう感じなのか…》

《いくら自分に無関係なことだったとしても「多数の子どもが被害に遭った卑劣な犯罪に対して著名人として求められるコメント」で第一声「ふ~ん」はまず出てこないよな》

《山田涼介さんのインタビュー。タレントの立場を思うと「悔しい」とか「逆境」とか「クソが」とか思う気持ちは正直わかる気もするけど、被害に遭って未だ言い出せないでいる仲間がいるかもしれないとか、自分が被害者の立場になってたかもしれないとか、考えてほしいな》

1月15日に「ジャニーズ性加害問題当事者の会」メンバーが開いた会見で、副代表の石丸志門氏は、SMILE-UP.の被害者に対する救済対応について「まだ救済措置を取っているとは思っておりません。社名を変えただけで、継続しておこなわれているエンタメ事業の実態には、苦言を呈したい」と述べた。

SMILE-UP.所属タレントには、いまだ救済されていない被害者がいることに配慮してほしいものだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/7a208fa01a27a2473db0d25d4ba3a14a80ed6141


STARTO ENTERTAINMENT所属タレントやろ

303:

>>1 「被害者のこと考えてほしい」Hey! Say! JUMP山田涼介 旧ジャニ性加害問題に「ふーんと思った」発言が物議


Hey! Say! JUMPの山田涼介が、故ジャニー喜多川元社長の性加害騒動に触れた発言がSNSで物議を醸している。

2023年は、SMILE-UP.(旧ジャニーズ事務所)が苦境にあえいだ年だった。

「故ジャニー喜多川元社長による性加害問題を受け、2023年大みそかのNHK紅白歌合戦では、SMILE-UP.所属グループの出演は44年ぶりにゼロ。大みそか恒例イベント『カウントダウンコンサート(カウコン)』も開催が見送られました。

ファンからは『どうやって年を越すの?』という声があがるなか、Hey! Say! JUMPは大みそかの12月31日にライブツアーの追加公演を行うと発表。ファンからは『これで年が越せる』と歓喜する声が上がっていました」(芸能記者)


Hey! Say! JUMPは年末年始4日間の東京ドーム公演で22万人を動員。
SMILE-UP.は1月10日、所属アーティストが年末年始におこなった映像配信の収益の全額を、1月1日に発生した能登半島地震の被災地支援の義援金に当てることを発表した。


山田涼介の発言があったのは、その東京ドーム公演直前のインタビューだ。
スポーツ報知はそのインタビュー記事を1月10日に「前編」、1月17日に「後編」と2週にわたって報じている。


物議を醸しているのは、その後編である《山田涼介の覚悟「僕にはこれしかない。命を削って、ここに懸けている」「エンターテインメントを届けることが仕事」》インタビュー記事。
山田は、ジャニー喜多川氏の性加害を巡る騒動で、やめたいという気持ちにはならなかったとしたうえで、こう語っている。

《「『ふーん』と思いながらも、もちろん悔しさもあって。俺らは何もしていないし、自分は声を大にして頑張ってきたタイプですし。今まで積み上げてきたものが、一緒くたに見られてしまって。悔しいとも、生きにくい世の中だとも思うけど」》

また山田は、同紙の取材に、苦境に対して「クソが」と愚痴をこぼすこともあることも明かした。


スポーツ報知が2週にわたって報じた山田のインタビュー記事は、ファンから歓迎を受けた。

その一方、後編での山田の発言にはSNSでは批判的な声が多く上がっている。

《このインタビューは結構ショックだった 性加害の件に一切関わっていなくて噂も聞いたことすらないタレントからしたら「ふーん」ていう感じなのか…》

《いくら自分に無関係なことだったとしても「多数の子どもが被害に遭った卑劣な犯罪に対して著名人として求められるコメント」で第一声「ふ~ん」はまず出てこないよな》

《山田涼介さんのインタビュー。タレントの立場を思うと「悔しい」とか「逆境」とか「クソが」とか思う気持ちは正直わかる気もするけど、被害に遭って未だ言い出せないでいる仲間がいるかもしれないとか、自分が被害者の立場になってたかもしれないとか、考えてほしいな》

1月15日に「ジャニーズ性加害問題当事者の会」メンバーが開いた会見で、副代表の石丸志門氏は、SMILE-UP.の被害者に対する救済対応について「まだ救済措置を取っているとは思っておりません。社名を変えただけで、継続しておこなわれているエンタメ事業の実態には、苦言を呈したい」と述べた。

SMILE-UP.所属タレントには、いまだ救済されていない被害者がいることに配慮してほしいものだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/7a208fa01a27a2473db0d25d4ba3a14a80ed6141


人類がすべき事は、自身が出生被害者である事を自覚し、加害行為「出産」を糾弾し未然に防ぐ事です


まだ生きているにも関わらず、出産と言う性加害の加害性を自覚せず加害行為に荷担し続けるナタリストは、既に死に加害行為を働かなくなったジャニー喜多川氏より遥かに迷惑な性加害者でしかない

321:

>>1 「被害者のこと考えてほしい」Hey! Say! JUMP山田涼介 旧ジャニ性加害問題に「ふーんと思った」発言が物議


Hey! Say! JUMPの山田涼介が、故ジャニー喜多川元社長の性加害騒動に触れた発言がSNSで物議を醸している。

2023年は、SMILE-UP.(旧ジャニーズ事務所)が苦境にあえいだ年だった。

「故ジャニー喜多川元社長による性加害問題を受け、2023年大みそかのNHK紅白歌合戦では、SMILE-UP.所属グループの出演は44年ぶりにゼロ。大みそか恒例イベント『カウントダウンコンサート(カウコン)』も開催が見送られました。

ファンからは『どうやって年を越すの?』という声があがるなか、Hey! Say! JUMPは大みそかの12月31日にライブツアーの追加公演を行うと発表。ファンからは『これで年が越せる』と歓喜する声が上がっていました」(芸能記者)


Hey! Say! JUMPは年末年始4日間の東京ドーム公演で22万人を動員。
SMILE-UP.は1月10日、所属アーティストが年末年始におこなった映像配信の収益の全額を、1月1日に発生した能登半島地震の被災地支援の義援金に当てることを発表した。


山田涼介の発言があったのは、その東京ドーム公演直前のインタビューだ。
スポーツ報知はそのインタビュー記事を1月10日に「前編」、1月17日に「後編」と2週にわたって報じている。


物議を醸しているのは、その後編である《山田涼介の覚悟「僕にはこれしかない。命を削って、ここに懸けている」「エンターテインメントを届けることが仕事」》インタビュー記事。
山田は、ジャニー喜多川氏の性加害を巡る騒動で、やめたいという気持ちにはならなかったとしたうえで、こう語っている。

《「『ふーん』と思いながらも、もちろん悔しさもあって。俺らは何もしていないし、自分は声を大にして頑張ってきたタイプですし。今まで積み上げてきたものが、一緒くたに見られてしまって。悔しいとも、生きにくい世の中だとも思うけど」》

また山田は、同紙の取材に、苦境に対して「クソが」と愚痴をこぼすこともあることも明かした。


スポーツ報知が2週にわたって報じた山田のインタビュー記事は、ファンから歓迎を受けた。

その一方、後編での山田の発言にはSNSでは批判的な声が多く上がっている。

《このインタビューは結構ショックだった 性加害の件に一切関わっていなくて噂も聞いたことすらないタレントからしたら「ふーん」ていう感じなのか…》

《いくら自分に無関係なことだったとしても「多数の子どもが被害に遭った卑劣な犯罪に対して著名人として求められるコメント」で第一声「ふ~ん」はまず出てこないよな》

《山田涼介さんのインタビュー。タレントの立場を思うと「悔しい」とか「逆境」とか「クソが」とか思う気持ちは正直わかる気もするけど、被害に遭って未だ言い出せないでいる仲間がいるかもしれないとか、自分が被害者の立場になってたかもしれないとか、考えてほしいな》

1月15日に「ジャニーズ性加害問題当事者の会」メンバーが開いた会見で、副代表の石丸志門氏は、SMILE-UP.の被害者に対する救済対応について「まだ救済措置を取っているとは思っておりません。社名を変えただけで、継続しておこなわれているエンタメ事業の実態には、苦言を呈したい」と述べた。

SMILE-UP.所属タレントには、いまだ救済されていない被害者がいることに配慮してほしいものだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/7a208fa01a27a2473db0d25d4ba3a14a80ed6141


政治家もそうだけどさ
なんでいちいち不必要不用意な発言をするんだろ
このひとまだ若いんだからボケてないでしょ
単なるバカだとは思えないし

432:

>>1 「被害者のこと考えてほしい」Hey! Say! JUMP山田涼介 旧ジャニ性加害問題に「ふーんと思った」発言が物議


Hey! Say! JUMPの山田涼介が、故ジャニー喜多川元社長の性加害騒動に触れた発言がSNSで物議を醸している。

2023年は、SMILE-UP.(旧ジャニーズ事務所)が苦境にあえいだ年だった。

「故ジャニー喜多川元社長による性加害問題を受け、2023年大みそかのNHK紅白歌合戦では、SMILE-UP.所属グループの出演は44年ぶりにゼロ。大みそか恒例イベント『カウントダウンコンサート(カウコン)』も開催が見送られました。

ファンからは『どうやって年を越すの?』という声があがるなか、Hey! Say! JUMPは大みそかの12月31日にライブツアーの追加公演を行うと発表。ファンからは『これで年が越せる』と歓喜する声が上がっていました」(芸能記者)


Hey! Say! JUMPは年末年始4日間の東京ドーム公演で22万人を動員。
SMILE-UP.は1月10日、所属アーティストが年末年始におこなった映像配信の収益の全額を、1月1日に発生した能登半島地震の被災地支援の義援金に当てることを発表した。


山田涼介の発言があったのは、その東京ドーム公演直前のインタビューだ。
スポーツ報知はそのインタビュー記事を1月10日に「前編」、1月17日に「後編」と2週にわたって報じている。


物議を醸しているのは、その後編である《山田涼介の覚悟「僕にはこれしかない。命を削って、ここに懸けている」「エンターテインメントを届けることが仕事」》インタビュー記事。
山田は、ジャニー喜多川氏の性加害を巡る騒動で、やめたいという気持ちにはならなかったとしたうえで、こう語っている。

《「『ふーん』と思いながらも、もちろん悔しさもあって。俺らは何もしていないし、自分は声を大にして頑張ってきたタイプですし。今まで積み上げてきたものが、一緒くたに見られてしまって。悔しいとも、生きにくい世の中だとも思うけど」》

また山田は、同紙の取材に、苦境に対して「クソが」と愚痴をこぼすこともあることも明かした。


スポーツ報知が2週にわたって報じた山田のインタビュー記事は、ファンから歓迎を受けた。

その一方、後編での山田の発言にはSNSでは批判的な声が多く上がっている。

《このインタビューは結構ショックだった 性加害の件に一切関わっていなくて噂も聞いたことすらないタレントからしたら「ふーん」ていう感じなのか…》

《いくら自分に無関係なことだったとしても「多数の子どもが被害に遭った卑劣な犯罪に対して著名人として求められるコメント」で第一声「ふ~ん」はまず出てこないよな》

《山田涼介さんのインタビュー。タレントの立場を思うと「悔しい」とか「逆境」とか「クソが」とか思う気持ちは正直わかる気もするけど、被害に遭って未だ言い出せないでいる仲間がいるかもしれないとか、自分が被害者の立場になってたかもしれないとか、考えてほしいな》

1月15日に「ジャニーズ性加害問題当事者の会」メンバーが開いた会見で、副代表の石丸志門氏は、SMILE-UP.の被害者に対する救済対応について「まだ救済措置を取っているとは思っておりません。社名を変えただけで、継続しておこなわれているエンタメ事業の実態には、苦言を呈したい」と述べた。

SMILE-UP.所属タレントには、いまだ救済されていない被害者がいることに配慮してほしいものだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/7a208fa01a27a2473db0d25d4ba3a14a80ed6141


木村真正馬鹿拓哉と同じ臭いしかしない

915:

>>1 「被害者のこと考えてほしい」Hey! Say! JUMP山田涼介 旧ジャニ性加害問題に「ふーんと思った」発言が物議


Hey! Say! JUMPの山田涼介が、故ジャニー喜多川元社長の性加害騒動に触れた発言がSNSで物議を醸している。

2023年は、SMILE-UP.(旧ジャニーズ事務所)が苦境にあえいだ年だった。

「故ジャニー喜多川元社長による性加害問題を受け、2023年大みそかのNHK紅白歌合戦では、SMILE-UP.所属グループの出演は44年ぶりにゼロ。大みそか恒例イベント『カウントダウンコンサート(カウコン)』も開催が見送られました。

ファンからは『どうやって年を越すの?』という声があがるなか、Hey! Say! JUMPは大みそかの12月31日にライブツアーの追加公演を行うと発表。ファンからは『これで年が越せる』と歓喜する声が上がっていました」(芸能記者)


Hey! Say! JUMPは年末年始4日間の東京ドーム公演で22万人を動員。
SMILE-UP.は1月10日、所属アーティストが年末年始におこなった映像配信の収益の全額を、1月1日に発生した能登半島地震の被災地支援の義援金に当てることを発表した。


山田涼介の発言があったのは、その東京ドーム公演直前のインタビューだ。
スポーツ報知はそのインタビュー記事を1月10日に「前編」、1月17日に「後編」と2週にわたって報じている。


物議を醸しているのは、その後編である《山田涼介の覚悟「僕にはこれしかない。命を削って、ここに懸けている」「エンターテインメントを届けることが仕事」》インタビュー記事。
山田は、ジャニー喜多川氏の性加害を巡る騒動で、やめたいという気持ちにはならなかったとしたうえで、こう語っている。

《「『ふーん』と思いながらも、もちろん悔しさもあって。俺らは何もしていないし、自分は声を大にして頑張ってきたタイプですし。今まで積み上げてきたものが、一緒くたに見られてしまって。悔しいとも、生きにくい世の中だとも思うけど」》

また山田は、同紙の取材に、苦境に対して「クソが」と愚痴をこぼすこともあることも明かした。


スポーツ報知が2週にわたって報じた山田のインタビュー記事は、ファンから歓迎を受けた。

その一方、後編での山田の発言にはSNSでは批判的な声が多く上がっている。

《このインタビューは結構ショックだった 性加害の件に一切関わっていなくて噂も聞いたことすらないタレントからしたら「ふーん」ていう感じなのか…》

《いくら自分に無関係なことだったとしても「多数の子どもが被害に遭った卑劣な犯罪に対して著名人として求められるコメント」で第一声「ふ~ん」はまず出てこないよな》

《山田涼介さんのインタビュー。タレントの立場を思うと「悔しい」とか「逆境」とか「クソが」とか思う気持ちは正直わかる気もするけど、被害に遭って未だ言い出せないでいる仲間がいるかもしれないとか、自分が被害者の立場になってたかもしれないとか、考えてほしいな》

1月15日に「ジャニーズ性加害問題当事者の会」メンバーが開いた会見で、副代表の石丸志門氏は、SMILE-UP.の被害者に対する救済対応について「まだ救済措置を取っているとは思っておりません。社名を変えただけで、継続しておこなわれているエンタメ事業の実態には、苦言を呈したい」と述べた。

SMILE-UP.所属タレントには、いまだ救済されていない被害者がいることに配慮してほしいものだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/7a208fa01a27a2473db0d25d4ba3a14a80ed6141


おまえんとこのファンめっちゃ性格極悪だけどそれはどう思ってるんやろ

924:

>>1 「被害者のこと考えてほしい」Hey! Say! JUMP山田涼介 旧ジャニ性加害問題に「ふーんと思った」発言が物議


Hey! Say! JUMPの山田涼介が、故ジャニー喜多川元社長の性加害騒動に触れた発言がSNSで物議を醸している。

2023年は、SMILE-UP.(旧ジャニーズ事務所)が苦境にあえいだ年だった。

「故ジャニー喜多川元社長による性加害問題を受け、2023年大みそかのNHK紅白歌合戦では、SMILE-UP.所属グループの出演は44年ぶりにゼロ。大みそか恒例イベント『カウントダウンコンサート(カウコン)』も開催が見送られました。

ファンからは『どうやって年を越すの?』という声があがるなか、Hey! Say! JUMPは大みそかの12月31日にライブツアーの追加公演を行うと発表。ファンからは『これで年が越せる』と歓喜する声が上がっていました」(芸能記者)


Hey! Say! JUMPは年末年始4日間の東京ドーム公演で22万人を動員。
SMILE-UP.は1月10日、所属アーティストが年末年始におこなった映像配信の収益の全額を、1月1日に発生した能登半島地震の被災地支援の義援金に当てることを発表した。


山田涼介の発言があったのは、その東京ドーム公演直前のインタビューだ。
スポーツ報知はそのインタビュー記事を1月10日に「前編」、1月17日に「後編」と2週にわたって報じている。


物議を醸しているのは、その後編である《山田涼介の覚悟「僕にはこれしかない。命を削って、ここに懸けている」「エンターテインメントを届けることが仕事」》インタビュー記事。
山田は、ジャニー喜多川氏の性加害を巡る騒動で、やめたいという気持ちにはならなかったとしたうえで、こう語っている。

《「『ふーん』と思いながらも、もちろん悔しさもあって。俺らは何もしていないし、自分は声を大にして頑張ってきたタイプですし。今まで積み上げてきたものが、一緒くたに見られてしまって。悔しいとも、生きにくい世の中だとも思うけど」》

また山田は、同紙の取材に、苦境に対して「クソが」と愚痴をこぼすこともあることも明かした。


スポーツ報知が2週にわたって報じた山田のインタビュー記事は、ファンから歓迎を受けた。

その一方、後編での山田の発言にはSNSでは批判的な声が多く上がっている。

《このインタビューは結構ショックだった 性加害の件に一切関わっていなくて噂も聞いたことすらないタレントからしたら「ふーん」ていう感じなのか…》

《いくら自分に無関係なことだったとしても「多数の子どもが被害に遭った卑劣な犯罪に対して著名人として求められるコメント」で第一声「ふ~ん」はまず出てこないよな》

《山田涼介さんのインタビュー。タレントの立場を思うと「悔しい」とか「逆境」とか「クソが」とか思う気持ちは正直わかる気もするけど、被害に遭って未だ言い出せないでいる仲間がいるかもしれないとか、自分が被害者の立場になってたかもしれないとか、考えてほしいな》

1月15日に「ジャニーズ性加害問題当事者の会」メンバーが開いた会見で、副代表の石丸志門氏は、SMILE-UP.の被害者に対する救済対応について「まだ救済措置を取っているとは思っておりません。社名を変えただけで、継続しておこなわれているエンタメ事業の実態には、苦言を呈したい」と述べた。

SMILE-UP.所属タレントには、いまだ救済されていない被害者がいることに配慮してほしいものだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/7a208fa01a27a2473db0d25d4ba3a14a80ed6141


スレタイと全文が合ってない

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

12:

《山田涼介の覚悟「僕にはこれしかない。命を削って、ここに懸けている」「エンターテインメントを届けることが仕事」》

クズほど命かけてますとか言い勝ち(笑)

110:

>>12 《山田涼介の覚悟「僕にはこれしかない。命を削って、ここに懸けている」「エンターテインメントを届けることが仕事」》

クズほど命かけてますとか言い勝ち(笑)


まぁジャニーズパワーでどんだけコケ続けてもドラマや映画の主演やらせてもらえてるからな
共演者は不憫

508:

>>12 《山田涼介の覚悟「僕にはこれしかない。命を削って、ここに懸けている」「エンターテインメントを届けることが仕事」》

クズほど命かけてますとか言い勝ち(笑)


歌微妙なのにセンター
演技イマイチなのにドラマ映画主演

514:

>>508 歌微妙なのにセンター
演技イマイチなのにドラマ映画主演


歌下手糞→嫉妬
演技下手糞→嫉妬
こういう思考だしジャニババアも境界知能しかいないからこれからも成長しないと思う

857:

>>514 歌下手糞→嫉妬
演技下手糞→嫉妬
こういう思考だしジャニババアも境界知能しかいないからこれからも成長しないと思う


むしろ野菜炒めを食ってはいけない

22:

肝心のジャニーズ事務所に所属した人間は
「ふーん」「俺らは何もしてないし」

これを仮にジャニーズのコメンテーターとしてテレビで言ってみたらどうなるか想像もつかないのかw

24:

同じ会社だけど知らんがな、
というのはジャニーズの名前のお陰で売れてきたくせに言うべきではないわな

533:

>>24 同じ会社だけど知らんがな、
というのはジャニーズの名前のお陰で売れてきたくせに言うべきではないわな


っしゃああ

43:

でも
「売れなかった奴がガタガタ騒ぐな、俺らの仕事に影響するだろ、俺らは関係ねーだろ」

って思うのが人間やろ、コメンテーターしてる奴らみたいに「許せない」とか「被害者救済を」とか嘘でも言えばええのか?

317:

>>43 でも
「売れなかった奴がガタガタ騒ぐな、俺らの仕事に影響するだろ、俺らは関係ねーだろ」

って思うのが人間やろ、コメンテーターしてる奴らみたいに「許せない」とか「被害者救済を」とか嘘でも言えばええのか?


そんなふうに思わないけどなぁ
ジャニーズ関係なく、最近も女児相手の性加害とか報道されるけど許せないと思うし
自分と関係なくても事故や事件の報道で胸を痛めるのも人間じゃない?

323:

>>317 そんなふうに思わないけどなぁ
ジャニーズ関係なく、最近も女児相手の性加害とか報道されるけど許せないと思うし
自分と関係なくても事故や事件の報道で胸を痛めるのも人間じゃない?


それお前は石投げられてないし石投げてる側だからやん

325:

>>323 それお前は石投げられてないし石投げてる側だからやん


まあそうかもね
でも石投げられる側だったとしてもこんな軽率な発言はしないけど

327:

>>325 まあそうかもね
でも石投げられる側だったとしてもこんな軽率な発言はしないけど


石投げ続けてるガイジがよく言うわ

330:

>>327 石投げ続けてるガイジがよく言うわ


石投げてないけど?

572:

>>327 石投げ続けてるガイジがよく言うわ


人生謳歌して売り抜ける嵌め込み宣言って堂々として被害者の方がお金かかるかも
肌もだけど

59:

日本中がジャニー喜多川の鬼畜の所業に怒り、心を痛めていたのに
事務所のタレントは「ふーんと思った」

127:

デビュー組がみんなやられてるならみんな被害者で仕事奪われるのおかしいだろ
ジャニーが未成年に手を出してたのを知ってて黙ってたと言っても黙ってたデビュー組も
当時15くらいの未成年だよ責めるのおかしいだろよ

219:

マスメディアは「タレントに罪は無い!!!」って強弁して未だにジャニタレ使いまくってるけどさ、
後輩が同じ目に遭うのをわかっていながら先輩タレントが為すべき事を為さないのは不作為の罪で大問題
噂レベルでしか知らないとか子供みたいな逃げ口上は通用しない

234:

自社で起きた国内未曾有の児童性虐待の事件に対しては「ふーん」なのに
その余波で自分の仕事が減るのには傷付きまくって口汚く「クソが!」って...サイコパスすぎん?

今まで割と好意的にこの人の事見てたけど一気に無理になった

242:

>>234 自社で起きた国内未曾有の児童性虐待の事件に対しては「ふーん」なのに
その余波で自分の仕事が減るのには傷付きまくって口汚く「クソが!」って...サイコパスすぎん?

今まで割と好意的にこの人の事見てたけど一気に無理になった


ダークサイドのアライグマくんを含めて愛してあげて

244:

>>242 ダークサイドのアライグマくんを含めて愛してあげて


ムリかも?

302:

>>234 自社で起きた国内未曾有の児童性虐待の事件に対しては「ふーん」なのに
その余波で自分の仕事が減るのには傷付きまくって口汚く「クソが!」って...サイコパスすぎん?

今まで割と好意的にこの人の事見てたけど一気に無理になった


知ってたから今更って感じなんだろうな
事務所に残ってる奴は洗脳済みかそういうもんだと受け入れてるかのいずれか

この人はタッキーに見出されたから
おそらく?喜多川の牙にかからなくとも前に出れらのだろう
家においでよと鍵を渡されたが一度も行かなかったとテレビで話していたと言う

251:

インタビュー記事の内容は山田涼介サイドが事前に確認したんだろ。
仮にそうでないとしても、ジャニー喜多川による性暴力の被害者に配慮したコメントをしていれば、こんな記事にはならないだろ。

292:

ジャニーズタレント全員の生みの親が数百人のジュニアを襲ってたんだぞ
性加害のことを知らなかったら普通「えっ」とか「嘘だろ」みたいに感じると思うんだけどな
「ふーん」程度で終わったってことは驚きが無かったって事だ

916:

察してあげなよ…
この子も被害者でしょう
それでも耐えてこの地位まで来たっていう自負があるからこその「ふーん」ではないのか
それか性加害がもはや当たり前すぎて「ふーん、だから何?」なのか

936:

同じ経験しても、耐えた者からしたら試練だし、
こぼれ落ちた者からしたら被害なんだろう。
現役は被害を訴えない。
耐えた者の耳にこぼれ落ちた者の声は届かないだろ。
そりゃ「ふーん」て感想になるよ。
耐えて得た物の方が大きいんだから。

952:

今まではタレント山田を守るために批判されそうな内容の記事は書かないようにしてたかもしれないが
今は事務所があんな状態なので守れないのともう30歳のいい大人なのでありのままの山田で記事にされた感じ

985:

ジャニーズの性加害は「俺は才能あったのに何で売れなかったんだ」みたいな
ところからジャニーズへの恨みがあって金目当ての告発も考えられるけど
金目当てで松本人志を告発することは考えにくい
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1705740255

Comments 0

コメントはまだありません。