松本人志「徹底抗戦」に垣間見える"長女溺愛"父の顔…親子仲良く“手つなぎブランコ”、お遊戯会最前列で観覧 - 芸能人
げいのうまとめんぬ

松本人志「徹底抗戦」に垣間見える"長女溺愛"父の顔…親子仲良く“手つなぎブランコ”、お遊戯会最前列で観覧

2024/01/16
芸能人 0
  • ダウンタウンの松本人志(60)が「週刊文春」のスキャンダル報道に対応すべく芸能活動休止を決めた。
  • 昨年12月29日にオンエアされた「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系)では、番組スポンサーだったアサヒビールとサントリー、アコムが広告代理店を通じて社名を表示しないようフジ側に要請。
  • 松本が出演している他局の番組のクライアントもこれに追随の動きを見せている。
  • 番組からクライアントが撤退ともなれば“芸人生命の危機”は間違いないが、本人は自らのXに「事実無根なので闘いまーす」と投稿。
  • 文春側に徹底抗戦の構えを見せている。
  • 一連の騒動で筆者が感じるのは松本の家族への強い思いだ。
  • 「のらりくらりと相方の言葉をはぐらかすような、テレビから受け取る松本さんのイメージからは想像がつきにくいのですが、娘さんへ必ず言うことは『何事も、やるならトップを目指せ』だそうです。
  • 「松本さんは芸人としての仕事や芸能界の話もするようですね。
  • 娘さんが芸人を目指すような意思表示は今のところ全くないようですが、父親であり芸人の松本さんを心から尊敬していることだけは間違いないようです。
  • そんな存在が自分に見せる顔とは全く違った、若い女性を相手に破廉恥な行動をしていたと報道されたわけですから、娘さんは計り知れないほどショックを受けているのではないでしょうか」(前出の知人) 松本の「事実無根なので闘いまーす」というメッセージには、そんな長女に対して自身の潔癖を主張する強い思いが込められているのではないか。

1:

 ダウンタウンの松本人志(60)が「週刊文春」のスキャンダル報道に対応すべく芸能活動休止を決めた。昨年12月29日にオンエアされた「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系)では、番組スポンサーだったアサヒビールとサントリー、アコムが広告代理店を通じて社名を表示しないようフジ側に要請。松本が出演している他局の番組のクライアントもこれに追随の動きを見せている。番組からクライアントが撤退ともなれば“芸人生命の危機”は間違いないが、本人は自らのXに「事実無根なので闘いまーす」と投稿。文春側に徹底抗戦の構えを見せている。

 一連の騒動で筆者が感じるのは松本の家族への強い思いだ。松本の根本には“目に入れても痛くない”ほどの長女の存在があるのだろう。実は10年ほど前、筆者は都内で偶然、松本夫妻と長女のスリーショットを目撃している。当時、有名人の子供が数多く在籍することで有名なプレスクールに通っていた長女を真ん中に、左側に松本、右側に夫人とそれぞれ手をつなぎ、たまに足を浮かせてブランコ状態を楽しむ長女という奇跡のスリーショットを目の当たりにした。

 複数の外国大使館が点在する閑静な空気が流れるエリアで、松本が長女と大きな声で歌を歌いながら歩く姿に驚いたのを覚えている。このプレスクールでは年に1度、生徒全員が参加する“お遊戯会”が開かれるのだが、松本は堂々と最前列に陣取り、愛娘の熱演を食い入るように見つめていたという。

「あんなに忙しい方なのに、発表会の前日まで長女の相手をしてあげていたそうです。お遊戯会以外でも父兄が参加するイベントには必ずと言っていいほどお見えになっていました。なかなかあそこまでやるお父さんはいませんでしたよ」(松本の知人)

 松本の長女を溺愛するエピソードは他にもある。松本ファミリーの“手つなぎブランコ”を目撃した数年後、長女はクラシックバレエを始めたのだが、その発表会でも松本の“前のめり”な姿が目撃されていた。さすがに最前列ではなかったようだが、長女の演技が終了した時のあまりに大きな拍手に会場中の観客の視線が集まり、「アレって……」とヒソヒソ話をする父兄や、その姿に感動する他の生徒の祖父母の姿があった。“アレ”とはもちろん松本のことだ。

「のらりくらりと相方の言葉をはぐらかすような、テレビから受け取る松本さんのイメージからは想像がつきにくいのですが、娘さんへ必ず言うことは『何事も、やるならトップを目指せ』だそうです。発表会に向けて緊張とプレッシャーで押しつぶされそうになる娘さんを一生懸命励まし続けていたそうです」(前出の知人)

 このバレエ教室がきっかけになったのかどうかは定かではないが、長女は松本と「人前で演じること」について話をする機会が増えたようだ。別の知人はこう証言する。

「松本さんは芸人としての仕事や芸能界の話もするようですね。娘さんが芸人を目指すような意思表示は今のところ全くないようですが、父親であり芸人の松本さんを心から尊敬していることだけは間違いないようです。そんな存在が自分に見せる顔とは全く違った、若い女性を相手に破廉恥な行動をしていたと報道されたわけですから、娘さんは計り知れないほどショックを受けているのではないでしょうか」(前出の知人)

松本の「事実無根なので闘いまーす」というメッセージには、そんな長女に対して自身の潔癖を主張する強い思いが込められているのではないか。松本が全身全霊で裁判に臨む理由はここにあるのではないかと筆者は推測する。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/334675

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1705298285/

292:

>>1  ダウンタウンの松本人志(60)が「週刊文春」のスキャンダル報道に対応すべく芸能活動休止を決めた。昨年12月29日にオンエアされた「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系)では、番組スポンサーだったアサヒビールとサントリー、アコムが広告代理店を通じて社名を表示しないようフジ側に要請。松本が出演している他局の番組のクライアントもこれに追随の動きを見せている。番組からクライアントが撤退ともなれば“芸人生命の危機”は間違いないが、本人は自らのXに「事実無根なので闘いまーす」と投稿。文春側に徹底抗戦の構えを見せている。

 一連の騒動で筆者が感じるのは松本の家族への強い思いだ。松本の根本には“目に入れても痛くない”ほどの長女の存在があるのだろう。実は10年ほど前、筆者は都内で偶然、松本夫妻と長女のスリーショットを目撃している。当時、有名人の子供が数多く在籍することで有名なプレスクールに通っていた長女を真ん中に、左側に松本、右側に夫人とそれぞれ手をつなぎ、たまに足を浮かせてブランコ状態を楽しむ長女という奇跡のスリーショットを目の当たりにした。

 複数の外国大使館が点在する閑静な空気が流れるエリアで、松本が長女と大きな声で歌を歌いながら歩く姿に驚いたのを覚えている。このプレスクールでは年に1度、生徒全員が参加する“お遊戯会”が開かれるのだが、松本は堂々と最前列に陣取り、愛娘の熱演を食い入るように見つめていたという。

「あんなに忙しい方なのに、発表会の前日まで長女の相手をしてあげていたそうです。お遊戯会以外でも父兄が参加するイベントには必ずと言っていいほどお見えになっていました。なかなかあそこまでやるお父さんはいませんでしたよ」(松本の知人)

 松本の長女を溺愛するエピソードは他にもある。松本ファミリーの“手つなぎブランコ”を目撃した数年後、長女はクラシックバレエを始めたのだが、その発表会でも松本の“前のめり”な姿が目撃されていた。さすがに最前列ではなかったようだが、長女の演技が終了した時のあまりに大きな拍手に会場中の観客の視線が集まり、「アレって……」とヒソヒソ話をする父兄や、その姿に感動する他の生徒の祖父母の姿があった。“アレ”とはもちろん松本のことだ。

「のらりくらりと相方の言葉をはぐらかすような、テレビから受け取る松本さんのイメージからは想像がつきにくいのですが、娘さんへ必ず言うことは『何事も、やるならトップを目指せ』だそうです。発表会に向けて緊張とプレッシャーで押しつぶされそうになる娘さんを一生懸命励まし続けていたそうです」(前出の知人)

 このバレエ教室がきっかけになったのかどうかは定かではないが、長女は松本と「人前で演じること」について話をする機会が増えたようだ。別の知人はこう証言する。

「松本さんは芸人としての仕事や芸能界の話もするようですね。娘さんが芸人を目指すような意思表示は今のところ全くないようですが、父親であり芸人の松本さんを心から尊敬していることだけは間違いないようです。そんな存在が自分に見せる顔とは全く違った、若い女性を相手に破廉恥な行動をしていたと報道されたわけですから、娘さんは計り知れないほどショックを受けているのではないでしょうか」(前出の知人)

松本の「事実無根なので闘いまーす」というメッセージには、そんな長女に対して自身の潔癖を主張する強い思いが込められているのではないか。松本が全身全霊で裁判に臨む理由はここにあるのではないかと筆者は推測する。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/334675

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1705298285/


松本に無理矢理チンコ入れられた子と同じ目に自分の娘があったらどう思うのかね

383:

>>1  ダウンタウンの松本人志(60)が「週刊文春」のスキャンダル報道に対応すべく芸能活動休止を決めた。昨年12月29日にオンエアされた「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系)では、番組スポンサーだったアサヒビールとサントリー、アコムが広告代理店を通じて社名を表示しないようフジ側に要請。松本が出演している他局の番組のクライアントもこれに追随の動きを見せている。番組からクライアントが撤退ともなれば“芸人生命の危機”は間違いないが、本人は自らのXに「事実無根なので闘いまーす」と投稿。文春側に徹底抗戦の構えを見せている。

 一連の騒動で筆者が感じるのは松本の家族への強い思いだ。松本の根本には“目に入れても痛くない”ほどの長女の存在があるのだろう。実は10年ほど前、筆者は都内で偶然、松本夫妻と長女のスリーショットを目撃している。当時、有名人の子供が数多く在籍することで有名なプレスクールに通っていた長女を真ん中に、左側に松本、右側に夫人とそれぞれ手をつなぎ、たまに足を浮かせてブランコ状態を楽しむ長女という奇跡のスリーショットを目の当たりにした。

 複数の外国大使館が点在する閑静な空気が流れるエリアで、松本が長女と大きな声で歌を歌いながら歩く姿に驚いたのを覚えている。このプレスクールでは年に1度、生徒全員が参加する“お遊戯会”が開かれるのだが、松本は堂々と最前列に陣取り、愛娘の熱演を食い入るように見つめていたという。

「あんなに忙しい方なのに、発表会の前日まで長女の相手をしてあげていたそうです。お遊戯会以外でも父兄が参加するイベントには必ずと言っていいほどお見えになっていました。なかなかあそこまでやるお父さんはいませんでしたよ」(松本の知人)

 松本の長女を溺愛するエピソードは他にもある。松本ファミリーの“手つなぎブランコ”を目撃した数年後、長女はクラシックバレエを始めたのだが、その発表会でも松本の“前のめり”な姿が目撃されていた。さすがに最前列ではなかったようだが、長女の演技が終了した時のあまりに大きな拍手に会場中の観客の視線が集まり、「アレって……」とヒソヒソ話をする父兄や、その姿に感動する他の生徒の祖父母の姿があった。“アレ”とはもちろん松本のことだ。

「のらりくらりと相方の言葉をはぐらかすような、テレビから受け取る松本さんのイメージからは想像がつきにくいのですが、娘さんへ必ず言うことは『何事も、やるならトップを目指せ』だそうです。発表会に向けて緊張とプレッシャーで押しつぶされそうになる娘さんを一生懸命励まし続けていたそうです」(前出の知人)

 このバレエ教室がきっかけになったのかどうかは定かではないが、長女は松本と「人前で演じること」について話をする機会が増えたようだ。別の知人はこう証言する。

「松本さんは芸人としての仕事や芸能界の話もするようですね。娘さんが芸人を目指すような意思表示は今のところ全くないようですが、父親であり芸人の松本さんを心から尊敬していることだけは間違いないようです。そんな存在が自分に見せる顔とは全く違った、若い女性を相手に破廉恥な行動をしていたと報道されたわけですから、娘さんは計り知れないほどショックを受けているのではないでしょうか」(前出の知人)

松本の「事実無根なので闘いまーす」というメッセージには、そんな長女に対して自身の潔癖を主張する強い思いが込められているのではないか。松本が全身全霊で裁判に臨む理由はここにあるのではないかと筆者は推測する。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/334675

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1705298285/


ワイドナショーで、娘に嫌われるのだけは嫌だとかなり前に言っていたな

デキ婚する前は好き放題言っていたが、子供が物心ついてからは娘に嫌われるのだけは嫌だからそれは言えないとか言っていた
空港は娘のピンクのリュックを代わりに背負って移動してるのを他の芸人から暴露されていて「キモッ!」と思った記憶が

454:

>>1  ダウンタウンの松本人志(60)が「週刊文春」のスキャンダル報道に対応すべく芸能活動休止を決めた。昨年12月29日にオンエアされた「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系)では、番組スポンサーだったアサヒビールとサントリー、アコムが広告代理店を通じて社名を表示しないようフジ側に要請。松本が出演している他局の番組のクライアントもこれに追随の動きを見せている。番組からクライアントが撤退ともなれば“芸人生命の危機”は間違いないが、本人は自らのXに「事実無根なので闘いまーす」と投稿。文春側に徹底抗戦の構えを見せている。

 一連の騒動で筆者が感じるのは松本の家族への強い思いだ。松本の根本には“目に入れても痛くない”ほどの長女の存在があるのだろう。実は10年ほど前、筆者は都内で偶然、松本夫妻と長女のスリーショットを目撃している。当時、有名人の子供が数多く在籍することで有名なプレスクールに通っていた長女を真ん中に、左側に松本、右側に夫人とそれぞれ手をつなぎ、たまに足を浮かせてブランコ状態を楽しむ長女という奇跡のスリーショットを目の当たりにした。

 複数の外国大使館が点在する閑静な空気が流れるエリアで、松本が長女と大きな声で歌を歌いながら歩く姿に驚いたのを覚えている。このプレスクールでは年に1度、生徒全員が参加する“お遊戯会”が開かれるのだが、松本は堂々と最前列に陣取り、愛娘の熱演を食い入るように見つめていたという。

「あんなに忙しい方なのに、発表会の前日まで長女の相手をしてあげていたそうです。お遊戯会以外でも父兄が参加するイベントには必ずと言っていいほどお見えになっていました。なかなかあそこまでやるお父さんはいませんでしたよ」(松本の知人)

 松本の長女を溺愛するエピソードは他にもある。松本ファミリーの“手つなぎブランコ”を目撃した数年後、長女はクラシックバレエを始めたのだが、その発表会でも松本の“前のめり”な姿が目撃されていた。さすがに最前列ではなかったようだが、長女の演技が終了した時のあまりに大きな拍手に会場中の観客の視線が集まり、「アレって……」とヒソヒソ話をする父兄や、その姿に感動する他の生徒の祖父母の姿があった。“アレ”とはもちろん松本のことだ。

「のらりくらりと相方の言葉をはぐらかすような、テレビから受け取る松本さんのイメージからは想像がつきにくいのですが、娘さんへ必ず言うことは『何事も、やるならトップを目指せ』だそうです。発表会に向けて緊張とプレッシャーで押しつぶされそうになる娘さんを一生懸命励まし続けていたそうです」(前出の知人)

 このバレエ教室がきっかけになったのかどうかは定かではないが、長女は松本と「人前で演じること」について話をする機会が増えたようだ。別の知人はこう証言する。

「松本さんは芸人としての仕事や芸能界の話もするようですね。娘さんが芸人を目指すような意思表示は今のところ全くないようですが、父親であり芸人の松本さんを心から尊敬していることだけは間違いないようです。そんな存在が自分に見せる顔とは全く違った、若い女性を相手に破廉恥な行動をしていたと報道されたわけですから、娘さんは計り知れないほどショックを受けているのではないでしょうか」(前出の知人)

松本の「事実無根なので闘いまーす」というメッセージには、そんな長女に対して自身の潔癖を主張する強い思いが込められているのではないか。松本が全身全霊で裁判に臨む理由はここにあるのではないかと筆者は推測する。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/334675

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1705298285/


発表会に行ったのは、周りの胸が膨らみ始めた子達を見に行ったんじゃね?

495:

>>1  ダウンタウンの松本人志(60)が「週刊文春」のスキャンダル報道に対応すべく芸能活動休止を決めた。昨年12月29日にオンエアされた「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系)では、番組スポンサーだったアサヒビールとサントリー、アコムが広告代理店を通じて社名を表示しないようフジ側に要請。松本が出演している他局の番組のクライアントもこれに追随の動きを見せている。番組からクライアントが撤退ともなれば“芸人生命の危機”は間違いないが、本人は自らのXに「事実無根なので闘いまーす」と投稿。文春側に徹底抗戦の構えを見せている。

 一連の騒動で筆者が感じるのは松本の家族への強い思いだ。松本の根本には“目に入れても痛くない”ほどの長女の存在があるのだろう。実は10年ほど前、筆者は都内で偶然、松本夫妻と長女のスリーショットを目撃している。当時、有名人の子供が数多く在籍することで有名なプレスクールに通っていた長女を真ん中に、左側に松本、右側に夫人とそれぞれ手をつなぎ、たまに足を浮かせてブランコ状態を楽しむ長女という奇跡のスリーショットを目の当たりにした。

 複数の外国大使館が点在する閑静な空気が流れるエリアで、松本が長女と大きな声で歌を歌いながら歩く姿に驚いたのを覚えている。このプレスクールでは年に1度、生徒全員が参加する“お遊戯会”が開かれるのだが、松本は堂々と最前列に陣取り、愛娘の熱演を食い入るように見つめていたという。

「あんなに忙しい方なのに、発表会の前日まで長女の相手をしてあげていたそうです。お遊戯会以外でも父兄が参加するイベントには必ずと言っていいほどお見えになっていました。なかなかあそこまでやるお父さんはいませんでしたよ」(松本の知人)

 松本の長女を溺愛するエピソードは他にもある。松本ファミリーの“手つなぎブランコ”を目撃した数年後、長女はクラシックバレエを始めたのだが、その発表会でも松本の“前のめり”な姿が目撃されていた。さすがに最前列ではなかったようだが、長女の演技が終了した時のあまりに大きな拍手に会場中の観客の視線が集まり、「アレって……」とヒソヒソ話をする父兄や、その姿に感動する他の生徒の祖父母の姿があった。“アレ”とはもちろん松本のことだ。

「のらりくらりと相方の言葉をはぐらかすような、テレビから受け取る松本さんのイメージからは想像がつきにくいのですが、娘さんへ必ず言うことは『何事も、やるならトップを目指せ』だそうです。発表会に向けて緊張とプレッシャーで押しつぶされそうになる娘さんを一生懸命励まし続けていたそうです」(前出の知人)

 このバレエ教室がきっかけになったのかどうかは定かではないが、長女は松本と「人前で演じること」について話をする機会が増えたようだ。別の知人はこう証言する。

「松本さんは芸人としての仕事や芸能界の話もするようですね。娘さんが芸人を目指すような意思表示は今のところ全くないようですが、父親であり芸人の松本さんを心から尊敬していることだけは間違いないようです。そんな存在が自分に見せる顔とは全く違った、若い女性を相手に破廉恥な行動をしていたと報道されたわけですから、娘さんは計り知れないほどショックを受けているのではないでしょうか」(前出の知人)

松本の「事実無根なので闘いまーす」というメッセージには、そんな長女に対して自身の潔癖を主張する強い思いが込められているのではないか。松本が全身全霊で裁判に臨む理由はここにあるのではないかと筆者は推測する。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/334675

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1705298285/


芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

「30年以上の取材歴を誇る 芸能界1 嫌われ者のジャーナリスト」にしては
過去 記事が事務所の提灯持ちの記事しかないんですが?

てめえの看板 恥ずかしくねえのかよ?

502:

>>1  ダウンタウンの松本人志(60)が「週刊文春」のスキャンダル報道に対応すべく芸能活動休止を決めた。昨年12月29日にオンエアされた「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系)では、番組スポンサーだったアサヒビールとサントリー、アコムが広告代理店を通じて社名を表示しないようフジ側に要請。松本が出演している他局の番組のクライアントもこれに追随の動きを見せている。番組からクライアントが撤退ともなれば“芸人生命の危機”は間違いないが、本人は自らのXに「事実無根なので闘いまーす」と投稿。文春側に徹底抗戦の構えを見せている。

 一連の騒動で筆者が感じるのは松本の家族への強い思いだ。松本の根本には“目に入れても痛くない”ほどの長女の存在があるのだろう。実は10年ほど前、筆者は都内で偶然、松本夫妻と長女のスリーショットを目撃している。当時、有名人の子供が数多く在籍することで有名なプレスクールに通っていた長女を真ん中に、左側に松本、右側に夫人とそれぞれ手をつなぎ、たまに足を浮かせてブランコ状態を楽しむ長女という奇跡のスリーショットを目の当たりにした。

 複数の外国大使館が点在する閑静な空気が流れるエリアで、松本が長女と大きな声で歌を歌いながら歩く姿に驚いたのを覚えている。このプレスクールでは年に1度、生徒全員が参加する“お遊戯会”が開かれるのだが、松本は堂々と最前列に陣取り、愛娘の熱演を食い入るように見つめていたという。

「あんなに忙しい方なのに、発表会の前日まで長女の相手をしてあげていたそうです。お遊戯会以外でも父兄が参加するイベントには必ずと言っていいほどお見えになっていました。なかなかあそこまでやるお父さんはいませんでしたよ」(松本の知人)

 松本の長女を溺愛するエピソードは他にもある。松本ファミリーの“手つなぎブランコ”を目撃した数年後、長女はクラシックバレエを始めたのだが、その発表会でも松本の“前のめり”な姿が目撃されていた。さすがに最前列ではなかったようだが、長女の演技が終了した時のあまりに大きな拍手に会場中の観客の視線が集まり、「アレって……」とヒソヒソ話をする父兄や、その姿に感動する他の生徒の祖父母の姿があった。“アレ”とはもちろん松本のことだ。

「のらりくらりと相方の言葉をはぐらかすような、テレビから受け取る松本さんのイメージからは想像がつきにくいのですが、娘さんへ必ず言うことは『何事も、やるならトップを目指せ』だそうです。発表会に向けて緊張とプレッシャーで押しつぶされそうになる娘さんを一生懸命励まし続けていたそうです」(前出の知人)

 このバレエ教室がきっかけになったのかどうかは定かではないが、長女は松本と「人前で演じること」について話をする機会が増えたようだ。別の知人はこう証言する。

「松本さんは芸人としての仕事や芸能界の話もするようですね。娘さんが芸人を目指すような意思表示は今のところ全くないようですが、父親であり芸人の松本さんを心から尊敬していることだけは間違いないようです。そんな存在が自分に見せる顔とは全く違った、若い女性を相手に破廉恥な行動をしていたと報道されたわけですから、娘さんは計り知れないほどショックを受けているのではないでしょうか」(前出の知人)

松本の「事実無根なので闘いまーす」というメッセージには、そんな長女に対して自身の潔癖を主張する強い思いが込められているのではないか。松本が全身全霊で裁判に臨む理由はここにあるのではないかと筆者は推測する。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/334675

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1705298285/


最前列どうやってとったん?
並ぶのめっちゃ大変やぞ
手下にとらせたん?

633:

>>1  ダウンタウンの松本人志(60)が「週刊文春」のスキャンダル報道に対応すべく芸能活動休止を決めた。昨年12月29日にオンエアされた「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系)では、番組スポンサーだったアサヒビールとサントリー、アコムが広告代理店を通じて社名を表示しないようフジ側に要請。松本が出演している他局の番組のクライアントもこれに追随の動きを見せている。番組からクライアントが撤退ともなれば“芸人生命の危機”は間違いないが、本人は自らのXに「事実無根なので闘いまーす」と投稿。文春側に徹底抗戦の構えを見せている。

 一連の騒動で筆者が感じるのは松本の家族への強い思いだ。松本の根本には“目に入れても痛くない”ほどの長女の存在があるのだろう。実は10年ほど前、筆者は都内で偶然、松本夫妻と長女のスリーショットを目撃している。当時、有名人の子供が数多く在籍することで有名なプレスクールに通っていた長女を真ん中に、左側に松本、右側に夫人とそれぞれ手をつなぎ、たまに足を浮かせてブランコ状態を楽しむ長女という奇跡のスリーショットを目の当たりにした。

 複数の外国大使館が点在する閑静な空気が流れるエリアで、松本が長女と大きな声で歌を歌いながら歩く姿に驚いたのを覚えている。このプレスクールでは年に1度、生徒全員が参加する“お遊戯会”が開かれるのだが、松本は堂々と最前列に陣取り、愛娘の熱演を食い入るように見つめていたという。

「あんなに忙しい方なのに、発表会の前日まで長女の相手をしてあげていたそうです。お遊戯会以外でも父兄が参加するイベントには必ずと言っていいほどお見えになっていました。なかなかあそこまでやるお父さんはいませんでしたよ」(松本の知人)

 松本の長女を溺愛するエピソードは他にもある。松本ファミリーの“手つなぎブランコ”を目撃した数年後、長女はクラシックバレエを始めたのだが、その発表会でも松本の“前のめり”な姿が目撃されていた。さすがに最前列ではなかったようだが、長女の演技が終了した時のあまりに大きな拍手に会場中の観客の視線が集まり、「アレって……」とヒソヒソ話をする父兄や、その姿に感動する他の生徒の祖父母の姿があった。“アレ”とはもちろん松本のことだ。

「のらりくらりと相方の言葉をはぐらかすような、テレビから受け取る松本さんのイメージからは想像がつきにくいのですが、娘さんへ必ず言うことは『何事も、やるならトップを目指せ』だそうです。発表会に向けて緊張とプレッシャーで押しつぶされそうになる娘さんを一生懸命励まし続けていたそうです」(前出の知人)

 このバレエ教室がきっかけになったのかどうかは定かではないが、長女は松本と「人前で演じること」について話をする機会が増えたようだ。別の知人はこう証言する。

「松本さんは芸人としての仕事や芸能界の話もするようですね。娘さんが芸人を目指すような意思表示は今のところ全くないようですが、父親であり芸人の松本さんを心から尊敬していることだけは間違いないようです。そんな存在が自分に見せる顔とは全く違った、若い女性を相手に破廉恥な行動をしていたと報道されたわけですから、娘さんは計り知れないほどショックを受けているのではないでしょうか」(前出の知人)

松本の「事実無根なので闘いまーす」というメッセージには、そんな長女に対して自身の潔癖を主張する強い思いが込められているのではないか。松本が全身全霊で裁判に臨む理由はここにあるのではないかと筆者は推測する。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/334675

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1705298285/


うん、子煩悩なら引退して
24時間365日一緒にいてやれるね

嫁娘は貴様に、ご機嫌伺いやヨイショ
ぞろぞろ引き連れて、奉ってくれないが

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

93:

松本って2chも見てて、王様とか自分の発言のまとめとか女遊びの書き込みも目にしてたはず
むしろそれがアングラにとどまって表に出ないのが気持ち良くなってたのかな
立場は上がってきて遂には万博アンバサダー

96:

マジで松本人志を叩いてるやつは何がしたいんだ?
ここで叩いてたところで松ちゃんをテレビから奪うなという大衆の総意は変わらんぞ
文春はもう弾を持ってないだろうし、叩いてるやつが頭おかしいと思われるだけだぞ世間からは

130:

>>96 マジで松本人志を叩いてるやつは何がしたいんだ?
ここで叩いてたところで松ちゃんをテレビから奪うなという大衆の総意は変わらんぞ
文春はもう弾を持ってないだろうし、叩いてるやつが頭おかしいと思われるだけだぞ世間からは


松本が戻れるわけないだろ。
もう手遅れだわ。

149:

>>96 マジで松本人志を叩いてるやつは何がしたいんだ?
ここで叩いてたところで松ちゃんをテレビから奪うなという大衆の総意は変わらんぞ
文春はもう弾を持ってないだろうし、叩いてるやつが頭おかしいと思われるだけだぞ世間からは


松本切ったのは残りある文春砲出さはさないためだぞ。

687:

>>149 松本切ったのは残りある文春砲出さはさないためだぞ。


なお決算
https://i.imgur.com/M8xMYSb.mp4

114:

まあ娘は絶対虐められるわなあ
同じクラスに中学生が数十人いて「輪姦されても」「ご賞味」発言を見つける奴がいないわけがない
一人でも見つけたら翌日には全員に知れ渡ってるよ
そこからはお察し 「松本の娘」を妬んでた奴らがここぞとばかりに動いたりな

758:

>>114 まあ娘は絶対虐められるわなあ
同じクラスに中学生が数十人いて「輪姦されても」「ご賞味」発言を見つける奴がいないわけがない
一人でも見つけたら翌日には全員に知れ渡ってるよ
そこからはお察し 「松本の娘」を妬んでた奴らがここぞとばかりに動いたりな


こういう妄想書いてるから境界知能とか言われるんだよ
お前は実際相当知能低そうだが

321:

娘は海外の学校へやった方がいいだろうね
でも日本人の多い学校だと松本の娘だと知れ渡るし
日本人の少ない所だと今度は差別されるしなあ
マジで最低な親だな。何が溺愛だ、明らかに自分の快楽優先してる

423:

>>321 娘は海外の学校へやった方がいいだろうね
でも日本人の多い学校だと松本の娘だと知れ渡るし
日本人の少ない所だと今度は差別されるしなあ
マジで最低な親だな。何が溺愛だ、明らかに自分の快楽優先してる


もう情報の時代だから親父の発言で海外の方がヤバイだろ
胸が出たら等々
バカ親だったな

467:

まっちゃんは笑いと引き換えに悪魔に魂売ってしまったんや


この評価は子供の時に笑かしてもらった俺からの気持ちや

ただ事実なら被害者が居る限りそう言う遊びについては擁護しないけどね

ただ数々〇〇と引き換えに悪魔に魂売ってしまった偉人は沢山いるけど
こういった人達のように死ぬ必要はないからね
やはり叩きすぎて死人が出るのは良くない
これは最悪の結末だから

473:

「日本の法律は間違ってる。なんで俺が嫁を何人も持てへんのや」

「君みたいな真面目な子に俺の子どもを産んでほしいねん。君の子どもがほしいねん」

「俺の子供産めや!」

文春が報じたこの発言がほんとなら、
そのキャラには無理があると思うんだご。

488:

ワイドナショーコメント

田村淳
「松本さんはSNSの使い方が悪かった。ただ、被害を訴えた女性は文春に思いを伝えられたが、松本さんは喋れる場所がなかった」
「松本さんが性加害の有無とは違う内容で裁判に負けた時、性加害があったことにされるんじゃないかと心配。」

安藤優子「その場にいない者が何かを言うのはナンセンス」

西川貴教「週刊誌だけが漁夫の利を得ている。週刊誌は裁判が続けば続くほど売上が上がる」

松本、心配しなくてもみんなが守ってくれてるよ

525:

そりゃ、最初の報道の時点で事実無根と言う以外、嫁と子供の前で話す言葉は無いわな。それがら行為は認めているとか言い始めたら、家庭内でも針のむしろ。芸能村より居場所無いだろ。

580:

>あんなに忙しい方なのに、発表会の前日まで長女の相手をしてあげていたそうです。

これは強姦無罪やな。

602:

約3カ月ごとに訪れる「福岡人志、」の収録。当日夜に行われていたのは、黒瀬ら後輩芸人たちによる選り取り見取りの性接待である。彼らは周囲に、アテンドの苦労を次のように口にしている。

「松本さんが福岡に来るたび“接待”をしなきゃいけない。しかも、毎回新しい女の子を集めなくちゃいけないんだけど、正直もう呼べる女の子いないよ」



60歳にもなって性欲ヤバすぎだろ

612:

イイ話風にするなよ
お遊戯会でもバレエ教室の発表会でも自分の娘を見ているていで、よその「ぷっくり出始めた『ご賞味あれ!』」となるターゲットの少女を探してたんだろ

「あの子はあと数年でイケるな」「アレはないわ~w」とか考えながら最前列に陣取って吟味していただけだろ

636:

あとは未成年の女が「被害者」として出てくるかどうか
もし出てきたらジ・エンド
文春が隠し玉として持ってたらどえらいこと

松本のロリコンで素人好きという性癖はスキャンダルのリスクが高いのに
パパ活以下の金しか渡してないとか驚く

746:

某タレントさんのSNSより::
芸人って基本「マウンティング」とか「パワハラ」を中心に
生態系を形成しているから身に沁みていて
そういうのに鈍感になるけど、
面白さも「差別」構造で成り立っている。

だから自分たちと同じ社会でない人にも
「マウンティング」や「パワハラ」を知らず知らずにやっているんだよねー

762:

敏感王とか好きやったけど、このまま行くと外国人社長にしゃぶり尽くされてしまった糖質も
シンプルにまとめてくれてるじゃない?
まあ顔名前が悪い
くるみちゃんは2000人もいたら再生回数見ると目の青柳とか大卒でもまじで意識消失の可能性は低い
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1705321218

Comments 0

コメントはまだありません。