ネット上で流行る「境界知能」に茂木健一郎が苦言 ホリエモン反論「クソリプに精神病んでしまう」 - 芸能人
げいのうまとめんぬ

ネット上で流行る「境界知能」に茂木健一郎が苦言 ホリエモン反論「クソリプに精神病んでしまう」

2024/01/12
芸能人 0
  • 《最近の日本のネットで「境界知能」という言葉が流行っているのはどうかと思う。
  • 知能が高い人が低い人にマウンティングしている構図だが、知能の多様性を考えたとき、単純な序列ではないし、高い知能の方がやるべきことは他にあると思う》 1月8日、Xでこう警鐘を鳴らしたのは脳科学者の茂木健一郎氏(61)。
  • ポスト内で指摘した「境界知能」とは一般的に、知能指数(IQ)において「平均的」と「障がい」とされる部分の境目を指す(IQ71以上85未満)。
  • 日本人口の約14%を占めるといい、その人数は約1700万人にのぼると言われている。
  • 茂木氏は「『境界知能』という言葉の流行に対する分析と対策」として、5つのポストを連投。
  • 《高い知能の方が、いらだって「境界知能」と言いたい気持ちの背後には、ネット上で議論していて論理が通じないとか、思考が稚拙という苛立ちがあるのだろう。
  • 仕方ないんだな、と》と指摘した。
  • それは「難しいことを考えるのが苦手な人」とか優しく言っても、問題は何も変わらんわね》と、“区別”する必要性を訴えていた。
  • 別のポストでは、《たまたま高い知能を持っている人は、「境界知能」の人たちに対してマウンティングするよりは、その高い知能を活かして人類に貢献するようなことをする方が有意義なのではないかと思う》と呼びかけている。
  • 両者の異なる考え方に、Xでは様々な意見が寄せられている。

1:

《最近の日本のネットで「境界知能」という言葉が流行っているのはどうかと思う。知能が高い人が低い人にマウンティングしている構図だが、知能の多様性を考えたとき、単純な序列ではないし、高い知能の方がやるべきことは他にあると思う》

1月8日、Xでこう警鐘を鳴らしたのは脳科学者の茂木健一郎氏(61)。ポスト内で指摘した「境界知能」とは一般的に、知能指数(IQ)において「平均的」と「障がい」とされる部分の境目を指す(IQ71以上85未満)。日本人口の約14%を占めるといい、その人数は約1700万人にのぼると言われている。

茂木氏は「『境界知能』という言葉の流行に対する分析と対策」として、5つのポストを連投。冒頭の主張に続けて、“知能の高い人”についてこう推し量った。

《高い知能の方が、いらだって「境界知能」と言いたい気持ちの背後には、ネット上で議論していて論理が通じないとか、思考が稚拙という苛立ちがあるのだろう。一方で、考えが通じない人の側にも、人間的に、そして感性的にすぐれた点はたくさんある》

そんな茂木氏の私見に噛み付いたのは、実業家のホリエモンこと堀江貴文氏(51)。同日に茂木氏のポストを引用し、こう反論したのだった。

《クソリプがなんで発生するのかを可視化しただけなんですけどね。人間性とか別に関係ない話です。明らかなミスリードでも鷹揚に構えろとでも言うんですかね? 運動能力とかと違って外見や仕草は変わらないので扱いが難しいですよね》

堀江氏は「境界知能」という言葉について、《たぶん一番流行らせてるの私なんですが》と前置き。その上で、《これ可視化しないと多くのインフルエンサーとかが境界知能のクソリプに精神病んでしまったりするんですよ。そう言う人がいることを理解すれば少しは鷹揚になれますが。仕方ないんだな、と》と指摘した。

つまり見当外れや不快なコメントに対抗するため、「境界知能」であるユーザーを可視化する必要があるとの主張だ。

さらに堀江氏は、実業家の田端信太郎氏(49)が《境界知能と言うのやめても、実際に頭が弱くて生活に困っている人が、いなくなるわけではない》と綴った投稿をリポスト。田端氏は《 問題を解決するためには、対象を認識し、ラベルを貼るしかない。それは「難しいことを考えるのが苦手な人」とか優しく言っても、問題は何も変わらんわね》と、“区別”する必要性を訴えていた。

いっぽうの茂木氏は一連のポストのなかで、《ネット上で意見の対立があって、その一部の要因が「境界知能」と呼ばれることにあるように見えたとしても、それも人間界の多様性の一つとしておおらかに受け止めたらいいのではないかと思う》と提案。

別のポストでは、《たまたま高い知能を持っている人は、「境界知能」の人たちに対してマウンティングするよりは、その高い知能を活かして人類に貢献するようなことをする方が有意義なのではないかと思う》と呼びかけている。

協調を訴える茂木氏に対して、真っ向から反論した堀江氏。とはいえ、堀江氏が憤る“クソリプ”を送るユーザーが、必ずしも「境界知能」に該当するかどうかは判然としない。両者の異なる考え方に、Xでは様々な意見が寄せられている。

《知能の多様性ってなんだろ。正直ピンとこない》
《境界知能で苦しんでる本人や、そういった子を持つ親もいるようなので、クソリプと境界知能を結びつけてしまうことで、その苦しみを助長させてしまう可能性があることには一定の配慮が必要かと思います》

《堀江さんや茂木さんでもXのようなバーチャルな世界を気にしているのに驚きました。私達とステージが違うのに》

https://jisin.jp/domestic/2280763/

38:

>>1 《最近の日本のネットで「境界知能」という言葉が流行っているのはどうかと思う。知能が高い人が低い人にマウンティングしている構図だが、知能の多様性を考えたとき、単純な序列ではないし、高い知能の方がやるべきことは他にあると思う》

1月8日、Xでこう警鐘を鳴らしたのは脳科学者の茂木健一郎氏(61)。ポスト内で指摘した「境界知能」とは一般的に、知能指数(IQ)において「平均的」と「障がい」とされる部分の境目を指す(IQ71以上85未満)。日本人口の約14%を占めるといい、その人数は約1700万人にのぼると言われている。

茂木氏は「『境界知能』という言葉の流行に対する分析と対策」として、5つのポストを連投。冒頭の主張に続けて、“知能の高い人”についてこう推し量った。

《高い知能の方が、いらだって「境界知能」と言いたい気持ちの背後には、ネット上で議論していて論理が通じないとか、思考が稚拙という苛立ちがあるのだろう。一方で、考えが通じない人の側にも、人間的に、そして感性的にすぐれた点はたくさんある》

そんな茂木氏の私見に噛み付いたのは、実業家のホリエモンこと堀江貴文氏(51)。同日に茂木氏のポストを引用し、こう反論したのだった。

《クソリプがなんで発生するのかを可視化しただけなんですけどね。人間性とか別に関係ない話です。明らかなミスリードでも鷹揚に構えろとでも言うんですかね? 運動能力とかと違って外見や仕草は変わらないので扱いが難しいですよね》

堀江氏は「境界知能」という言葉について、《たぶん一番流行らせてるの私なんですが》と前置き。その上で、《これ可視化しないと多くのインフルエンサーとかが境界知能のクソリプに精神病んでしまったりするんですよ。そう言う人がいることを理解すれば少しは鷹揚になれますが。仕方ないんだな、と》と指摘した。

つまり見当外れや不快なコメントに対抗するため、「境界知能」であるユーザーを可視化する必要があるとの主張だ。

さらに堀江氏は、実業家の田端信太郎氏(49)が《境界知能と言うのやめても、実際に頭が弱くて生活に困っている人が、いなくなるわけではない》と綴った投稿をリポスト。田端氏は《 問題を解決するためには、対象を認識し、ラベルを貼るしかない。それは「難しいことを考えるのが苦手な人」とか優しく言っても、問題は何も変わらんわね》と、“区別”する必要性を訴えていた。

いっぽうの茂木氏は一連のポストのなかで、《ネット上で意見の対立があって、その一部の要因が「境界知能」と呼ばれることにあるように見えたとしても、それも人間界の多様性の一つとしておおらかに受け止めたらいいのではないかと思う》と提案。

別のポストでは、《たまたま高い知能を持っている人は、「境界知能」の人たちに対してマウンティングするよりは、その高い知能を活かして人類に貢献するようなことをする方が有意義なのではないかと思う》と呼びかけている。

協調を訴える茂木氏に対して、真っ向から反論した堀江氏。とはいえ、堀江氏が憤る“クソリプ”を送るユーザーが、必ずしも「境界知能」に該当するかどうかは判然としない。両者の異なる考え方に、Xでは様々な意見が寄せられている。

《知能の多様性ってなんだろ。正直ピンとこない》
《境界知能で苦しんでる本人や、そういった子を持つ親もいるようなので、クソリプと境界知能を結びつけてしまうことで、その苦しみを助長させてしまう可能性があることには一定の配慮が必要かと思います》

《堀江さんや茂木さんでもXのようなバーチャルな世界を気にしているのに驚きました。私達とステージが違うのに》

https://jisin.jp/domestic/2280763/


いい歳した大人が漢字も読めず諺も慣用句も知らず、果ては九九も言えない
まともな日本人から差別されて当たり前としか言えん

46:

>>38 いい歳した大人が漢字も読めず諺も慣用句も知らず、果ては九九も言えない
まともな日本人から差別されて当たり前としか言えん


差別するような人間をまともな人と呼べるかどうかは怪しいよな

564:

>>46 差別するような人間をまともな人と呼べるかどうかは怪しいよな


差別しない人間などいない

157:

>>1 《最近の日本のネットで「境界知能」という言葉が流行っているのはどうかと思う。知能が高い人が低い人にマウンティングしている構図だが、知能の多様性を考えたとき、単純な序列ではないし、高い知能の方がやるべきことは他にあると思う》

1月8日、Xでこう警鐘を鳴らしたのは脳科学者の茂木健一郎氏(61)。ポスト内で指摘した「境界知能」とは一般的に、知能指数(IQ)において「平均的」と「障がい」とされる部分の境目を指す(IQ71以上85未満)。日本人口の約14%を占めるといい、その人数は約1700万人にのぼると言われている。

茂木氏は「『境界知能』という言葉の流行に対する分析と対策」として、5つのポストを連投。冒頭の主張に続けて、“知能の高い人”についてこう推し量った。

《高い知能の方が、いらだって「境界知能」と言いたい気持ちの背後には、ネット上で議論していて論理が通じないとか、思考が稚拙という苛立ちがあるのだろう。一方で、考えが通じない人の側にも、人間的に、そして感性的にすぐれた点はたくさんある》

そんな茂木氏の私見に噛み付いたのは、実業家のホリエモンこと堀江貴文氏(51)。同日に茂木氏のポストを引用し、こう反論したのだった。

《クソリプがなんで発生するのかを可視化しただけなんですけどね。人間性とか別に関係ない話です。明らかなミスリードでも鷹揚に構えろとでも言うんですかね? 運動能力とかと違って外見や仕草は変わらないので扱いが難しいですよね》

堀江氏は「境界知能」という言葉について、《たぶん一番流行らせてるの私なんですが》と前置き。その上で、《これ可視化しないと多くのインフルエンサーとかが境界知能のクソリプに精神病んでしまったりするんですよ。そう言う人がいることを理解すれば少しは鷹揚になれますが。仕方ないんだな、と》と指摘した。

つまり見当外れや不快なコメントに対抗するため、「境界知能」であるユーザーを可視化する必要があるとの主張だ。

さらに堀江氏は、実業家の田端信太郎氏(49)が《境界知能と言うのやめても、実際に頭が弱くて生活に困っている人が、いなくなるわけではない》と綴った投稿をリポスト。田端氏は《 問題を解決するためには、対象を認識し、ラベルを貼るしかない。それは「難しいことを考えるのが苦手な人」とか優しく言っても、問題は何も変わらんわね》と、“区別”する必要性を訴えていた。

いっぽうの茂木氏は一連のポストのなかで、《ネット上で意見の対立があって、その一部の要因が「境界知能」と呼ばれることにあるように見えたとしても、それも人間界の多様性の一つとしておおらかに受け止めたらいいのではないかと思う》と提案。

別のポストでは、《たまたま高い知能を持っている人は、「境界知能」の人たちに対してマウンティングするよりは、その高い知能を活かして人類に貢献するようなことをする方が有意義なのではないかと思う》と呼びかけている。

協調を訴える茂木氏に対して、真っ向から反論した堀江氏。とはいえ、堀江氏が憤る“クソリプ”を送るユーザーが、必ずしも「境界知能」に該当するかどうかは判然としない。両者の異なる考え方に、Xでは様々な意見が寄せられている。

《知能の多様性ってなんだろ。正直ピンとこない》
《境界知能で苦しんでる本人や、そういった子を持つ親もいるようなので、クソリプと境界知能を結びつけてしまうことで、その苦しみを助長させてしまう可能性があることには一定の配慮が必要かと思います》

《堀江さんや茂木さんでもXのようなバーチャルな世界を気にしているのに驚きました。私達とステージが違うのに》

https://jisin.jp/domestic/2280763/


しかも最近増えたのは海外移住して日本を見下すアホ
そのくせ日本人相手にでしか商売できねーくせにな
海外移住して日本を見下したいんなら海外のみで成り上がってからにしろよ
ほんと無様だよな、こういう臆病者どもって

909:

>>157 しかも最近増えたのは海外移住して日本を見下すアホ
そのくせ日本人相手にでしか商売できねーくせにな
海外移住して日本を見下したいんなら海外のみで成り上がってからにしろよ
ほんと無様だよな、こういう臆病者どもって


ど正論だね
仰っしゃる通り

366:

>>1 《最近の日本のネットで「境界知能」という言葉が流行っているのはどうかと思う。知能が高い人が低い人にマウンティングしている構図だが、知能の多様性を考えたとき、単純な序列ではないし、高い知能の方がやるべきことは他にあると思う》

1月8日、Xでこう警鐘を鳴らしたのは脳科学者の茂木健一郎氏(61)。ポスト内で指摘した「境界知能」とは一般的に、知能指数(IQ)において「平均的」と「障がい」とされる部分の境目を指す(IQ71以上85未満)。日本人口の約14%を占めるといい、その人数は約1700万人にのぼると言われている。

茂木氏は「『境界知能』という言葉の流行に対する分析と対策」として、5つのポストを連投。冒頭の主張に続けて、“知能の高い人”についてこう推し量った。

《高い知能の方が、いらだって「境界知能」と言いたい気持ちの背後には、ネット上で議論していて論理が通じないとか、思考が稚拙という苛立ちがあるのだろう。一方で、考えが通じない人の側にも、人間的に、そして感性的にすぐれた点はたくさんある》

そんな茂木氏の私見に噛み付いたのは、実業家のホリエモンこと堀江貴文氏(51)。同日に茂木氏のポストを引用し、こう反論したのだった。

《クソリプがなんで発生するのかを可視化しただけなんですけどね。人間性とか別に関係ない話です。明らかなミスリードでも鷹揚に構えろとでも言うんですかね? 運動能力とかと違って外見や仕草は変わらないので扱いが難しいですよね》

堀江氏は「境界知能」という言葉について、《たぶん一番流行らせてるの私なんですが》と前置き。その上で、《これ可視化しないと多くのインフルエンサーとかが境界知能のクソリプに精神病んでしまったりするんですよ。そう言う人がいることを理解すれば少しは鷹揚になれますが。仕方ないんだな、と》と指摘した。

つまり見当外れや不快なコメントに対抗するため、「境界知能」であるユーザーを可視化する必要があるとの主張だ。

さらに堀江氏は、実業家の田端信太郎氏(49)が《境界知能と言うのやめても、実際に頭が弱くて生活に困っている人が、いなくなるわけではない》と綴った投稿をリポスト。田端氏は《 問題を解決するためには、対象を認識し、ラベルを貼るしかない。それは「難しいことを考えるのが苦手な人」とか優しく言っても、問題は何も変わらんわね》と、“区別”する必要性を訴えていた。

いっぽうの茂木氏は一連のポストのなかで、《ネット上で意見の対立があって、その一部の要因が「境界知能」と呼ばれることにあるように見えたとしても、それも人間界の多様性の一つとしておおらかに受け止めたらいいのではないかと思う》と提案。

別のポストでは、《たまたま高い知能を持っている人は、「境界知能」の人たちに対してマウンティングするよりは、その高い知能を活かして人類に貢献するようなことをする方が有意義なのではないかと思う》と呼びかけている。

協調を訴える茂木氏に対して、真っ向から反論した堀江氏。とはいえ、堀江氏が憤る“クソリプ”を送るユーザーが、必ずしも「境界知能」に該当するかどうかは判然としない。両者の異なる考え方に、Xでは様々な意見が寄せられている。

《知能の多様性ってなんだろ。正直ピンとこない》
《境界知能で苦しんでる本人や、そういった子を持つ親もいるようなので、クソリプと境界知能を結びつけてしまうことで、その苦しみを助長させてしまう可能性があることには一定の配慮が必要かと思います》

《堀江さんや茂木さんでもXのようなバーチャルな世界を気にしているのに驚きました。私達とステージが違うのに》

https://jisin.jp/domestic/2280763/


>「境界知能」であるユーザーを可視化する必要があるとの主張だ。

これこそが、ツィッターの存在意義なんじゃねぇーの?(笑)
バカ発見機w

392:

>>1 《最近の日本のネットで「境界知能」という言葉が流行っているのはどうかと思う。知能が高い人が低い人にマウンティングしている構図だが、知能の多様性を考えたとき、単純な序列ではないし、高い知能の方がやるべきことは他にあると思う》

1月8日、Xでこう警鐘を鳴らしたのは脳科学者の茂木健一郎氏(61)。ポスト内で指摘した「境界知能」とは一般的に、知能指数(IQ)において「平均的」と「障がい」とされる部分の境目を指す(IQ71以上85未満)。日本人口の約14%を占めるといい、その人数は約1700万人にのぼると言われている。

茂木氏は「『境界知能』という言葉の流行に対する分析と対策」として、5つのポストを連投。冒頭の主張に続けて、“知能の高い人”についてこう推し量った。

《高い知能の方が、いらだって「境界知能」と言いたい気持ちの背後には、ネット上で議論していて論理が通じないとか、思考が稚拙という苛立ちがあるのだろう。一方で、考えが通じない人の側にも、人間的に、そして感性的にすぐれた点はたくさんある》

そんな茂木氏の私見に噛み付いたのは、実業家のホリエモンこと堀江貴文氏(51)。同日に茂木氏のポストを引用し、こう反論したのだった。

《クソリプがなんで発生するのかを可視化しただけなんですけどね。人間性とか別に関係ない話です。明らかなミスリードでも鷹揚に構えろとでも言うんですかね? 運動能力とかと違って外見や仕草は変わらないので扱いが難しいですよね》

堀江氏は「境界知能」という言葉について、《たぶん一番流行らせてるの私なんですが》と前置き。その上で、《これ可視化しないと多くのインフルエンサーとかが境界知能のクソリプに精神病んでしまったりするんですよ。そう言う人がいることを理解すれば少しは鷹揚になれますが。仕方ないんだな、と》と指摘した。

つまり見当外れや不快なコメントに対抗するため、「境界知能」であるユーザーを可視化する必要があるとの主張だ。

さらに堀江氏は、実業家の田端信太郎氏(49)が《境界知能と言うのやめても、実際に頭が弱くて生活に困っている人が、いなくなるわけではない》と綴った投稿をリポスト。田端氏は《 問題を解決するためには、対象を認識し、ラベルを貼るしかない。それは「難しいことを考えるのが苦手な人」とか優しく言っても、問題は何も変わらんわね》と、“区別”する必要性を訴えていた。

いっぽうの茂木氏は一連のポストのなかで、《ネット上で意見の対立があって、その一部の要因が「境界知能」と呼ばれることにあるように見えたとしても、それも人間界の多様性の一つとしておおらかに受け止めたらいいのではないかと思う》と提案。

別のポストでは、《たまたま高い知能を持っている人は、「境界知能」の人たちに対してマウンティングするよりは、その高い知能を活かして人類に貢献するようなことをする方が有意義なのではないかと思う》と呼びかけている。

協調を訴える茂木氏に対して、真っ向から反論した堀江氏。とはいえ、堀江氏が憤る“クソリプ”を送るユーザーが、必ずしも「境界知能」に該当するかどうかは判然としない。両者の異なる考え方に、Xでは様々な意見が寄せられている。

《知能の多様性ってなんだろ。正直ピンとこない》
《境界知能で苦しんでる本人や、そういった子を持つ親もいるようなので、クソリプと境界知能を結びつけてしまうことで、その苦しみを助長させてしまう可能性があることには一定の配慮が必要かと思います》

《堀江さんや茂木さんでもXのようなバーチャルな世界を気にしているのに驚きました。私達とステージが違うのに》

https://jisin.jp/domestic/2280763/

まず誰もクソリプしてるのが境界知能とは限らんだろと言わないのは何故

809:

>>1 《最近の日本のネットで「境界知能」という言葉が流行っているのはどうかと思う。知能が高い人が低い人にマウンティングしている構図だが、知能の多様性を考えたとき、単純な序列ではないし、高い知能の方がやるべきことは他にあると思う》

1月8日、Xでこう警鐘を鳴らしたのは脳科学者の茂木健一郎氏(61)。ポスト内で指摘した「境界知能」とは一般的に、知能指数(IQ)において「平均的」と「障がい」とされる部分の境目を指す(IQ71以上85未満)。日本人口の約14%を占めるといい、その人数は約1700万人にのぼると言われている。

茂木氏は「『境界知能』という言葉の流行に対する分析と対策」として、5つのポストを連投。冒頭の主張に続けて、“知能の高い人”についてこう推し量った。

《高い知能の方が、いらだって「境界知能」と言いたい気持ちの背後には、ネット上で議論していて論理が通じないとか、思考が稚拙という苛立ちがあるのだろう。一方で、考えが通じない人の側にも、人間的に、そして感性的にすぐれた点はたくさんある》

そんな茂木氏の私見に噛み付いたのは、実業家のホリエモンこと堀江貴文氏(51)。同日に茂木氏のポストを引用し、こう反論したのだった。

《クソリプがなんで発生するのかを可視化しただけなんですけどね。人間性とか別に関係ない話です。明らかなミスリードでも鷹揚に構えろとでも言うんですかね? 運動能力とかと違って外見や仕草は変わらないので扱いが難しいですよね》

堀江氏は「境界知能」という言葉について、《たぶん一番流行らせてるの私なんですが》と前置き。その上で、《これ可視化しないと多くのインフルエンサーとかが境界知能のクソリプに精神病んでしまったりするんですよ。そう言う人がいることを理解すれば少しは鷹揚になれますが。仕方ないんだな、と》と指摘した。

つまり見当外れや不快なコメントに対抗するため、「境界知能」であるユーザーを可視化する必要があるとの主張だ。

さらに堀江氏は、実業家の田端信太郎氏(49)が《境界知能と言うのやめても、実際に頭が弱くて生活に困っている人が、いなくなるわけではない》と綴った投稿をリポスト。田端氏は《 問題を解決するためには、対象を認識し、ラベルを貼るしかない。それは「難しいことを考えるのが苦手な人」とか優しく言っても、問題は何も変わらんわね》と、“区別”する必要性を訴えていた。

いっぽうの茂木氏は一連のポストのなかで、《ネット上で意見の対立があって、その一部の要因が「境界知能」と呼ばれることにあるように見えたとしても、それも人間界の多様性の一つとしておおらかに受け止めたらいいのではないかと思う》と提案。

別のポストでは、《たまたま高い知能を持っている人は、「境界知能」の人たちに対してマウンティングするよりは、その高い知能を活かして人類に貢献するようなことをする方が有意義なのではないかと思う》と呼びかけている。

協調を訴える茂木氏に対して、真っ向から反論した堀江氏。とはいえ、堀江氏が憤る“クソリプ”を送るユーザーが、必ずしも「境界知能」に該当するかどうかは判然としない。両者の異なる考え方に、Xでは様々な意見が寄せられている。

《知能の多様性ってなんだろ。正直ピンとこない》
《境界知能で苦しんでる本人や、そういった子を持つ親もいるようなので、クソリプと境界知能を結びつけてしまうことで、その苦しみを助長させてしまう可能性があることには一定の配慮が必要かと思います》

《堀江さんや茂木さんでもXのようなバーチャルな世界を気にしているのに驚きました。私達とステージが違うのに》

https://jisin.jp/domestic/2280763/


つかホリエモン自身が脊髄反射のミスリードのお兄ちゃんやん
なに自分はちゃんとしてます境界知能の高い方にいますがみたいに言ってんの
オマエ勉強はできるかもしれないけど時として低い方に属してるやんけ
この間もケンコバはこの期に乗じて松本を貶めようとしているくそとか言ってたけどその発言随分前の話だったりしたやん
もろ低い方やでコイツ

923:

>>1 《最近の日本のネットで「境界知能」という言葉が流行っているのはどうかと思う。知能が高い人が低い人にマウンティングしている構図だが、知能の多様性を考えたとき、単純な序列ではないし、高い知能の方がやるべきことは他にあると思う》

1月8日、Xでこう警鐘を鳴らしたのは脳科学者の茂木健一郎氏(61)。ポスト内で指摘した「境界知能」とは一般的に、知能指数(IQ)において「平均的」と「障がい」とされる部分の境目を指す(IQ71以上85未満)。日本人口の約14%を占めるといい、その人数は約1700万人にのぼると言われている。

茂木氏は「『境界知能』という言葉の流行に対する分析と対策」として、5つのポストを連投。冒頭の主張に続けて、“知能の高い人”についてこう推し量った。

《高い知能の方が、いらだって「境界知能」と言いたい気持ちの背後には、ネット上で議論していて論理が通じないとか、思考が稚拙という苛立ちがあるのだろう。一方で、考えが通じない人の側にも、人間的に、そして感性的にすぐれた点はたくさんある》

そんな茂木氏の私見に噛み付いたのは、実業家のホリエモンこと堀江貴文氏(51)。同日に茂木氏のポストを引用し、こう反論したのだった。

《クソリプがなんで発生するのかを可視化しただけなんですけどね。人間性とか別に関係ない話です。明らかなミスリードでも鷹揚に構えろとでも言うんですかね? 運動能力とかと違って外見や仕草は変わらないので扱いが難しいですよね》

堀江氏は「境界知能」という言葉について、《たぶん一番流行らせてるの私なんですが》と前置き。その上で、《これ可視化しないと多くのインフルエンサーとかが境界知能のクソリプに精神病んでしまったりするんですよ。そう言う人がいることを理解すれば少しは鷹揚になれますが。仕方ないんだな、と》と指摘した。

つまり見当外れや不快なコメントに対抗するため、「境界知能」であるユーザーを可視化する必要があるとの主張だ。

さらに堀江氏は、実業家の田端信太郎氏(49)が《境界知能と言うのやめても、実際に頭が弱くて生活に困っている人が、いなくなるわけではない》と綴った投稿をリポスト。田端氏は《 問題を解決するためには、対象を認識し、ラベルを貼るしかない。それは「難しいことを考えるのが苦手な人」とか優しく言っても、問題は何も変わらんわね》と、“区別”する必要性を訴えていた。

いっぽうの茂木氏は一連のポストのなかで、《ネット上で意見の対立があって、その一部の要因が「境界知能」と呼ばれることにあるように見えたとしても、それも人間界の多様性の一つとしておおらかに受け止めたらいいのではないかと思う》と提案。

別のポストでは、《たまたま高い知能を持っている人は、「境界知能」の人たちに対してマウンティングするよりは、その高い知能を活かして人類に貢献するようなことをする方が有意義なのではないかと思う》と呼びかけている。

協調を訴える茂木氏に対して、真っ向から反論した堀江氏。とはいえ、堀江氏が憤る“クソリプ”を送るユーザーが、必ずしも「境界知能」に該当するかどうかは判然としない。両者の異なる考え方に、Xでは様々な意見が寄せられている。

《知能の多様性ってなんだろ。正直ピンとこない》
《境界知能で苦しんでる本人や、そういった子を持つ親もいるようなので、クソリプと境界知能を結びつけてしまうことで、その苦しみを助長させてしまう可能性があることには一定の配慮が必要かと思います》

《堀江さんや茂木さんでもXのようなバーチャルな世界を気にしているのに驚きました。私達とステージが違うのに》

https://jisin.jp/domestic/2280763/


発達もだけど流行りじゃなくて今までイラついてた存在に学術的な名前がついたというだけの事だろ

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

80:

記事読んだけど、結局ホリエも田端とかいう奴も、「自分が絶対に正しくて、自分の意見に賛同できないやつは理解力が低い」という、決めつけや前頭葉の萎縮したジジイのような思考停止状態だな。
そのことに本人達が気づいていない。

老害まっしぐら。

95:

>>80 記事読んだけど、結局ホリエも田端とかいう奴も、「自分が絶対に正しくて、自分の意見に賛同できないやつは理解力が低い」という、決めつけや前頭葉の萎縮したジジイのような思考停止状態だな。
そのことに本人達が気づいていない。

老害まっしぐら。


だから意見するだけ無駄、みんながスルーしてれば良いんだよ、変に噛み付くから思うツボになる
自分が絶対正しいって雰囲気を出してくるやつは相手にしないほうがいい

117:

>>95 だから意見するだけ無駄、みんながスルーしてれば良いんだよ、変に噛み付くから思うツボになる
自分が絶対正しいって雰囲気を出してくるやつは相手にしないほうがいい


ほんとにそう

536:

>>95 だから意見するだけ無駄、みんながスルーしてれば良いんだよ、変に噛み付くから思うツボになる
自分が絶対正しいって雰囲気を出してくるやつは相手にしないほうがいい


犯罪や、詐欺事件になってるから
仕方なしに対応してる

実際、医療機関の人にまで 保険金詐欺仕掛けてたしな 壺な関係者ら

あれは さすがにアカンわ

115:

>>80 記事読んだけど、結局ホリエも田端とかいう奴も、「自分が絶対に正しくて、自分の意見に賛同できないやつは理解力が低い」という、決めつけや前頭葉の萎縮したジジイのような思考停止状態だな。
そのことに本人達が気づいていない。

老害まっしぐら。


これ。
「消費税はもっと上げるべき」とか言ってる堀江が、自分の意見に共感しない人を境界知能とか言ってマウント取ってるだけ。
ただ堀江の器が小さいだけの話。

102:

茂木理論はただの言葉狩りに終わるだろうけど
堀江側の理屈も、単純に人を馬鹿にして挑発したいだけなのに
適当な理由を捏造していて誠実な態度とは思えないな

境界知能てカテゴリが実在することと
ある発言者が境界知能のカテゴリに入っている事
それに、その発言者の主張が間違っていることは別の話
レッテルを貼って議論を終わらせようとするのは知性的な対応とは思えない
知能の高低ではなくて、誠実さの問題だ

122:

>>102 茂木理論はただの言葉狩りに終わるだろうけど
堀江側の理屈も、単純に人を馬鹿にして挑発したいだけなのに
適当な理由を捏造していて誠実な態度とは思えないな

境界知能てカテゴリが実在することと
ある発言者が境界知能のカテゴリに入っている事
それに、その発言者の主張が間違っていることは別の話
レッテルを貼って議論を終わらせようとするのは知性的な対応とは思えない
知能の高低ではなくて、誠実さの問題だ


実際知能の低い人間って不誠実な奴ばかりでしょ

130:

>>122 実際知能の低い人間って不誠実な奴ばかりでしょ


まるで知能の高い人間が誠実な人ばかりに聞こえるけどそうなの?
智能は関係ないと思うけど

705:

>>130 まるで知能の高い人間が誠実な人ばかりに聞こえるけどそうなの?
智能は関係ないと思うけど


関係ないよ
ただサイコパスは脱法行為が上手いので犯罪者率は減る
違法スレスレで人を追い込むのが上手い

151:

>>122 実際知能の低い人間って不誠実な奴ばかりでしょ


安倍晋三は不誠実の塊だったしな

179:

ホリエモンは統一地方選の時に「政治家女子48党を作って、可愛い女子に握手をさせれば投票してくれる人がいる
そういう知能が低いほんの5%を獲得できれば大量に当選できると立花さんは考えたんですよ。すごいでしょ」
って、境界知能の連中を俺たちは頭いいから思い通りに動かすんだ!と言ってたのに結果は統一地方選惨敗(笑)
知能が低い連中を道具のように使うんだと言っておいて、自分の方がよっぽどバカだったという結末

207:

ホリエモンは以前自分の動画で「小学校の頃授業中にオナラ出ちゃったらその後クラス変わるまでずっと俺のことを「ぷー」と呼んだりオナラネタで何百回もからかって毎回爆笑してる連中がいた」「クソリプしたり「野菜食え」とか何年もしつこく言ってくる連中もそいつらと同じ」
「最近になって境界知能っていわれるゾーンの人たちが15%程度いることがわかって長年の謎が1つ解けた気がした」と話してたね

239:

ホリエモンは「境界知能」という言葉を使う事によって今まで社会から無視されてきたその人たちにスポットライトを当てて
救済する方策を考えようって主張なんだけど
茂木さんは「境界知能」という言葉自体が差別的だから使うのやめようって主張してて
論点が別なんだよね

247:

>>239 ホリエモンは「境界知能」という言葉を使う事によって今まで社会から無視されてきたその人たちにスポットライトを当てて
救済する方策を考えようって主張なんだけど
茂木さんは「境界知能」という言葉自体が差別的だから使うのやめようって主張してて
論点が別なんだよね


松本騒動で小沢擁護の為に「境界知能の奴らが批判してる」と
早速イヤな使い方してたけどね

265:

まぁsnsのコメントや5ちゃん、ヤフコメ見てると「日常のコミュニケーションどうしてるんだろ」レベルの書き込みあるからなあ
頭に思いついたことを、すぐ書いてしまう。誰でも見れるネット上に書いていい内容か、そこに書いて適切かどうかを判断するという脳がない
能登半島で被害を受けた輪島の店のgoogle口コミに「火事で燃えてなくなりました」とか「地震でぺしゃんこ」て無神経な表現で書いてるバカがいたわ。しかも低評価で
さすがにすぐ消されてたけど頭が弱い以外の何者でもない

285:

>>265 まぁsnsのコメントや5ちゃん、ヤフコメ見てると「日常のコミュニケーションどうしてるんだろ」レベルの書き込みあるからなあ
頭に思いついたことを、すぐ書いてしまう。誰でも見れるネット上に書いていい内容か、そこに書いて適切かどうかを判断するという脳がない
能登半島で被害を受けた輪島の店のgoogle口コミに「火事で燃えてなくなりました」とか「地震でぺしゃんこ」て無神経な表現で書いてるバカがいたわ。しかも低評価で
さすがにすぐ消されてたけど頭が弱い以外の何者でもない


一概に境界知能とは言えない
何故なら家庭環境や親の育児放棄によって
マトモな教育や常識を学べなかった子供達も居る

境界知能かどうかは実際に会って話を聞いてみないとわからないんだよ
とマジレス

308:

>>285 一概に境界知能とは言えない
何故なら家庭環境や親の育児放棄によって
マトモな教育や常識を学べなかった子供達も居る

境界知能かどうかは実際に会って話を聞いてみないとわからないんだよ
とマジレス


たしかに。知能はあるけど著しく常識がかけていたり空気が読めない人いるもんな。クソリプ層には境界知能ではなく発達障害系の人もかなりいそうだぬ

419:

れいわの支持者の振りしたアンチがどう考えても物理的に不可能な山本太郎への賛辞をXでポストしたら、当然のめちゃくちゃなこと言ってるので多くの人に批判されていた、普通のオツムが有ればこれがただの「皮肉」で有るのは解るものなんだけどね
しかし、驚くことにこのポストにれいわ支持者からのイイネが山程押されていた、本当にヤバいのは山本太郎への賛辞ならどんなめちゃくちゃな理論でもイイネを押してしまう人達がいることが証明された

454:

>>419 れいわの支持者の振りしたアンチがどう考えても物理的に不可能な山本太郎への賛辞をXでポストしたら、当然のめちゃくちゃなこと言ってるので多くの人に批判されていた、普通のオツムが有ればこれがただの「皮肉」で有るのは解るものなんだけどね
しかし、驚くことにこのポストにれいわ支持者からのイイネが山程押されていた、本当にヤバいのは山本太郎への賛辞ならどんなめちゃくちゃな理論でもイイネを押してしまう人達がいることが証明された


つまり皮肉が読めない人達が境界知能
皮肉どころか、論理そのもの読めないのがれいわ信者
世の中にこんなにも簡単に騙される奴がいるのを知って恐怖を感じた

437:

バカやアホはともかく、知的障害や境界知能に侮辱的な意味が入ってるとは言えないと思う
そんなこといったら医者も知的障害や発達障害、境界知能とは言えなくなってしまう
単なる事実であって、それがいいか悪いかという問題ではない
ただ、ある場面でそういう人間が参加していいのかという話は出てくる
例えば、判断能力のない子どもが、ギャンブルしてはいけないというのが差別なのかというような話と同じ

457:

>>437 バカやアホはともかく、知的障害や境界知能に侮辱的な意味が入ってるとは言えないと思う
そんなこといったら医者も知的障害や発達障害、境界知能とは言えなくなってしまう
単なる事実であって、それがいいか悪いかという問題ではない
ただ、ある場面でそういう人間が参加していいのかという話は出てくる
例えば、判断能力のない子どもが、ギャンブルしてはいけないというのが差別なのかというような話と同じ


侮蔑的なニュアンスが含まれていれば誹謗中傷になるんだよ
精神科行けよ、で誹謗中傷が認められて開示された例もある
だからといって裁判所が精神科にかかる人達そのものを差別したわけではない
要は文脈

630:

どっちも論点ズレてね?精神医学的に「境界性多能」とはIQ85以下のボーダーの人であって
クソリプを送ってくるような馬鹿のことではないだろう
そんなにクソリプ連中を可視化したいというなら別の蔑称つけたら?と思うが

634:

>>630 どっちも論点ズレてね?精神医学的に「境界性多能」とはIQ85以下のボーダーの人であって
クソリプを送ってくるような馬鹿のことではないだろう
そんなにクソリプ連中を可視化したいというなら別の蔑称つけたら?と思うが


前からあるような用語ならネットイナゴかな

720:

情報を意図的にゆがめたものを流してるのを
事情知らない人は見てるんだから境界知能というかそうさせられているよね。

現実の問題は知ってても話せないとかいうんだろうが
だったら境界的な解釈せざるを得ない場合もある。
相手側の行動が言語外で他人に何かを伝えてしまっている。

742:

ホリエモンや茂木を批判するわけじゃない(いや、してることになるのか?)
けど、ネット上には変な情報の多いからねェ。

境界知能というか誤解なのかもしれない。
その誤解が相手側の行動や結果と一致してしまうと(理屈が通る)
彼らの言う境界になると思うし、境界になりうる土壌がネットにはある。

みんな、自分が正しいと言論活動している人間がいるが
こいつらがいがみあってたら、一体だれが本当に正しいのです?

819:

貞子シリーズを作ってる映画監督は東大卒のエリートだ
スマホを落しただけなのに、とかもその人の作なんだが、出てくる連中がみんな怖ろしくバカな行動しかしない

たぶん知能の高い監督は一般人のバカのレベルがどのくらいか分からないのだと思う
確かにバカな所はあるがそこまでバカではないのだよ

一般人のバカのレベルの想定を常に間違えるからこの人の作品は共感不可能&つまらない

829:

>>819 貞子シリーズを作ってる映画監督は東大卒のエリートだ
スマホを落しただけなのに、とかもその人の作なんだが、出てくる連中がみんな怖ろしくバカな行動しかしない

たぶん知能の高い監督は一般人のバカのレベルがどのくらいか分からないのだと思う
確かにバカな所はあるがそこまでバカではないのだよ

一般人のバカのレベルの想定を常に間違えるからこの人の作品は共感不可能&つまらない


誰も興味ないズレた事言っててアホなんかお前w

839:

>>829 誰も興味ないズレた事言っててアホなんかお前w


かねてから興味あった事だからな
高知能の連中がなぜ判断を間違えるか?てのはずっと心にひっかかってる

842:

>>839 かねてから興味あった事だからな
高知能の連中がなぜ判断を間違えるか?てのはずっと心にひっかかってる


誰も聞いてもいない事を長々とお前一人でレスしてるけど異常行動やぞ 

830:

境界知能と思い込むのも高知能バイアスと考えていい

今度は一般人をバカにしすぎている
確かにバカはいるしバカは多いが、そこまではバカではないのだよ
もちろん境界知能はいるだろうけど、ホリエが思ってるほどは多くない可能性が高い

オーディエンスの想定を間違えると行動を間違えて次の失敗を生むのだよ

911:

堀江の場合は話が通じないのは、相手がボーダーだからではないと思う。
堀江がボーダーというかサイコパスでしょ。
サイコパスってのは昆虫脳な人。
人間的な感情移入とかできない。
だから、自分の得になることは道徳を無視して何でもやる。
結果、犯罪者が多く、離婚する者も多い。
そういう昆虫脳だから、相手がボーダーだからではなく、単に人間的情緒・道徳を持っていると話が合わない。
人間と昆虫は話が合わないという話。
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1704945247

Comments 0

コメントはまだありません。