『光る君へ』いきなり衝撃展開「サイコパス道兼」「返り血がめっちゃホラー」 - ドラマ
げいのうまとめんぬ

『光る君へ』いきなり衝撃展開「サイコパス道兼」「返り血がめっちゃホラー」

2024/01/08
ドラマ 0
  • 2024-01-07 200 俳優の吉高由里子が主演を務める、大河ドラマ『光る君へ』(毎週日曜後8:00NHK総合ほか)の第1話が7日に放送され、いきなり衝撃的な展開を迎えた。
  • 第1話は、1000年の時を超える長編小説「源氏物語」を生み出した女流作家・紫式部の波乱の一代記。
  • 平安中期、京に生を受けた少女まひろ(落井実結子)、のちの紫式部。
  • 父・藤原為時(岸谷五朗)の政治的な立場は低く、母・ちやは(国仲涼子)とともに慎ましい暮らしをしている。
  • ある日まひろは、三郎(木村皐誠)という少年と出会い、互いに素性を隠しながらも打ち解けあう。
  • 紫式部(まひろ)との間には、ある因縁が…という役どころ。
  • 気性の荒さが目立った道兼は、まひろの母・ちやはを手に掛けてしまう。
  • 衝撃な展開に視聴者からは「バイオレンスが過ぎる。
  • いや、道兼主人公?」「道兼やばいやつ」「サイコパス道兼」「返り血がめっちゃホラー」「まさかの展開でびっくりした」などの声が寄せられている。
  • 主人公・紫式部/まひろは、千年の時を超えるベストセラー『源氏物語』を書きあげた女性。

1:

2024-01-07 21:00

 俳優の吉高由里子が主演を務める、大河ドラマ『光る君へ』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の第1話が7日に放送され、いきなり衝撃的な展開を迎えた。

 第1話は、1000年の時を超える長編小説「源氏物語」を生み出した女流作家・紫式部の波乱の一代記。平安中期、京に生を受けた少女まひろ(落井実結子)、のちの紫式部。父・藤原為時(岸谷五朗)の政治的な立場は低く、母・ちやは(国仲涼子)とともに慎ましい暮らしをしている。ある日まひろは、三郎(木村皐誠)という少年と出会い、互いに素性を隠しながらも打ち解けあう。再び会う約束を交わす二人だったが…というストーリーだった。

 物語の中で特に注目が集まったのは、玉置玲央が演じる藤原道兼。道長の次兄で、兄の道隆にすべてがかなわず、父の愛情に飢えている。その苛立ちの矛先が道長に向くことも。紫式部(まひろ)との間には、ある因縁が…という役どころ。

 気性の荒さが目立った道兼は、まひろの母・ちやはを手に掛けてしまう。衝撃な展開に視聴者からは「バイオレンスが過ぎる。大姫ことまひるが良かった。いや、道兼主人公?」「道兼やばいやつ」「サイコパス道兼」「返り血がめっちゃホラー」「まさかの展開でびっくりした」などの声が寄せられている。

 主人公・紫式部/まひろは、千年の時を超えるベストセラー『源氏物語』を書きあげた女性。「光源氏」の恋愛ストーリーの原動力は秘めた情熱と想像力、そしてひとりの男性への想い。その男性の名は藤原道長。変わりゆく世を自らの才能と努力で生き抜いた女性の愛の物語だ。脚本は大石静氏が務める。

https://www.oricon.co.jp/news/2309702/full/

116:

>>1 2024-01-07 21:00

 俳優の吉高由里子が主演を務める、大河ドラマ『光る君へ』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の第1話が7日に放送され、いきなり衝撃的な展開を迎えた。

 第1話は、1000年の時を超える長編小説「源氏物語」を生み出した女流作家・紫式部の波乱の一代記。平安中期、京に生を受けた少女まひろ(落井実結子)、のちの紫式部。父・藤原為時(岸谷五朗)の政治的な立場は低く、母・ちやは(国仲涼子)とともに慎ましい暮らしをしている。ある日まひろは、三郎(木村皐誠)という少年と出会い、互いに素性を隠しながらも打ち解けあう。再び会う約束を交わす二人だったが…というストーリーだった。

 物語の中で特に注目が集まったのは、玉置玲央が演じる藤原道兼。道長の次兄で、兄の道隆にすべてがかなわず、父の愛情に飢えている。その苛立ちの矛先が道長に向くことも。紫式部(まひろ)との間には、ある因縁が…という役どころ。

 気性の荒さが目立った道兼は、まひろの母・ちやはを手に掛けてしまう。衝撃な展開に視聴者からは「バイオレンスが過ぎる。大姫ことまひるが良かった。いや、道兼主人公?」「道兼やばいやつ」「サイコパス道兼」「返り血がめっちゃホラー」「まさかの展開でびっくりした」などの声が寄せられている。

 主人公・紫式部/まひろは、千年の時を超えるベストセラー『源氏物語』を書きあげた女性。「光源氏」の恋愛ストーリーの原動力は秘めた情熱と想像力、そしてひとりの男性への想い。その男性の名は藤原道長。変わりゆく世を自らの才能と努力で生き抜いた女性の愛の物語だ。脚本は大石静氏が務める。

https://www.oricon.co.jp/news/2309702/full/


つまらん創作で数字取りに行くのは安易

676:

>>1 2024-01-07 21:00

 俳優の吉高由里子が主演を務める、大河ドラマ『光る君へ』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の第1話が7日に放送され、いきなり衝撃的な展開を迎えた。

 第1話は、1000年の時を超える長編小説「源氏物語」を生み出した女流作家・紫式部の波乱の一代記。平安中期、京に生を受けた少女まひろ(落井実結子)、のちの紫式部。父・藤原為時(岸谷五朗)の政治的な立場は低く、母・ちやは(国仲涼子)とともに慎ましい暮らしをしている。ある日まひろは、三郎(木村皐誠)という少年と出会い、互いに素性を隠しながらも打ち解けあう。再び会う約束を交わす二人だったが…というストーリーだった。

 物語の中で特に注目が集まったのは、玉置玲央が演じる藤原道兼。道長の次兄で、兄の道隆にすべてがかなわず、父の愛情に飢えている。その苛立ちの矛先が道長に向くことも。紫式部(まひろ)との間には、ある因縁が…という役どころ。

 気性の荒さが目立った道兼は、まひろの母・ちやはを手に掛けてしまう。衝撃な展開に視聴者からは「バイオレンスが過ぎる。大姫ことまひるが良かった。いや、道兼主人公?」「道兼やばいやつ」「サイコパス道兼」「返り血がめっちゃホラー」「まさかの展開でびっくりした」などの声が寄せられている。

 主人公・紫式部/まひろは、千年の時を超えるベストセラー『源氏物語』を書きあげた女性。「光源氏」の恋愛ストーリーの原動力は秘めた情熱と想像力、そしてひとりの男性への想い。その男性の名は藤原道長。変わりゆく世を自らの才能と努力で生き抜いた女性の愛の物語だ。脚本は大石静氏が務める。

https://www.oricon.co.jp/news/2309702/full/


大奥ではいい役もらってたのになw
今度はサイコパスで気の毒

702:

>>1 2024-01-07 21:00

 俳優の吉高由里子が主演を務める、大河ドラマ『光る君へ』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の第1話が7日に放送され、いきなり衝撃的な展開を迎えた。

 第1話は、1000年の時を超える長編小説「源氏物語」を生み出した女流作家・紫式部の波乱の一代記。平安中期、京に生を受けた少女まひろ(落井実結子)、のちの紫式部。父・藤原為時(岸谷五朗)の政治的な立場は低く、母・ちやは(国仲涼子)とともに慎ましい暮らしをしている。ある日まひろは、三郎(木村皐誠)という少年と出会い、互いに素性を隠しながらも打ち解けあう。再び会う約束を交わす二人だったが…というストーリーだった。

 物語の中で特に注目が集まったのは、玉置玲央が演じる藤原道兼。道長の次兄で、兄の道隆にすべてがかなわず、父の愛情に飢えている。その苛立ちの矛先が道長に向くことも。紫式部(まひろ)との間には、ある因縁が…という役どころ。

 気性の荒さが目立った道兼は、まひろの母・ちやはを手に掛けてしまう。衝撃な展開に視聴者からは「バイオレンスが過ぎる。大姫ことまひるが良かった。いや、道兼主人公?」「道兼やばいやつ」「サイコパス道兼」「返り血がめっちゃホラー」「まさかの展開でびっくりした」などの声が寄せられている。

 主人公・紫式部/まひろは、千年の時を超えるベストセラー『源氏物語』を書きあげた女性。「光源氏」の恋愛ストーリーの原動力は秘めた情熱と想像力、そしてひとりの男性への想い。その男性の名は藤原道長。変わりゆく世を自らの才能と努力で生き抜いた女性の愛の物語だ。脚本は大石静氏が務める。

https://www.oricon.co.jp/news/2309702/full/


どうだった?
冒頭、ちゃっちいCGでの雨演出で視聴やめちゃったんだけど

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

51:

まさか紫式部が小説書いて食べた料理の感想を述べるだけのドラマではあるまい

65:

大石さんは、自分の愛した男の兄貴が、
自分の母親を殺した憎いヤツだという宿命を描きたいんだと

そういうのは大河じゃなくて月9でやれよ

611:

>>65 大石さんは、自分の愛した男の兄貴が、
自分の母親を殺した憎いヤツだという宿命を描きたいんだと

そういうのは大河じゃなくて月9でやれよ


それ大石静程の作家ならわざわざ実在の人物に要らん罪をきせなくとももよそでやれるんよな

622:

>>65 大石さんは、自分の愛した男の兄貴が、
自分の母親を殺した憎いヤツだという宿命を描きたいんだと

そういうのは大河じゃなくて月9でやれよ


史実ではあの兄弟そんなに仲良い記録無いし
道兼の退場って早目に呆気ないから大した葛藤にならなさそうだけど

210:

二度と見ない
平安時代に令和の価値観をねじ込むな
なんだあのへなちょこ道長は
どうする家康も1話で切った
日本の偉人をディスる姿勢は徹底してるな
歴史の登場人物にNHKの価値観を語らせて酔い散らす演出も鬱陶しい
NHKにはうんざりだわ、いい加減にしろ

222:

紫式部主役だけど
当面は藤原氏のぐちゃぐちゃでいきそう
最終的に道長のざまあ展開で視聴者スカッとさせそう

228:

>>222 紫式部主役だけど
当面は藤原氏のぐちゃぐちゃでいきそう
最終的に道長のざまあ展開で視聴者スカッとさせそう


それをやるなら後三条天皇まで描かないと無理

241:

小右記には割と生々しい記述あったんだっけ
他の書にも皇女が酒乱とか女王が滝口の武士とできちゃって
駆け落ちした話とかあったはず

259:

花山が天皇の即位式の高御座で女とやってる時に惟成が様子見に行ったら「下がれ」と手で合図されて、それを「全権委任された」と超強弁して、好き勝手やる話とか、この頃の皇室や貴族の逸話はなかなかキチガイ度が高い

276:

10代の役者をジュダイの騎士にするのは倫理的にアウトなんだろう
それにしても吉田羊では無理がある

298:

皇太子もディスってたな
何だあのくそガキ描写は
大河前にやってた吉高、仲間のドラマもいらついて消した
男の後ろに隠れた女ごときが私達は間違っていますじゃねーよ
命を捧げた祖先に感謝のひとつもねーのか
坂の上の雲も訳の分からない反戦思想と極悪軍人の描写でドロップアウト
腐れNHKは素直な若者に見せると洗脳される
害悪でしかないよ
受信料をさげてニュースと自然番組だけやってりゃいいいんだよあいつらは

395:

ど家でさえつまらないとは言わなかった家族が今回はキッパリとつまらないと言っていた
二話は主演の吉高由里子が登場するから見てみるけど、その様子次第で切る

397:

>>395 ど家でさえつまらないとは言わなかった家族が今回はキッパリとつまらないと言っていた
二話は主演の吉高由里子が登場するから見てみるけど、その様子次第で切る


その前の鎌倉殿はどうだった?

406:

>>397 その前の鎌倉殿はどうだった?


1話から面白いと言っていたよ
アバンの大泉頼朝にビビっていたけど

410:

>>397 その前の鎌倉殿はどうだった?


鎌倉殿も頼朝が死んでからが本番だって散々言ってたのに
源平合戦じゃないの?つまんねーってガイジが多くて
面白くなった時に脱落してアレ面白かったの?って
展開だったよ

436:

式部の母は幼い頃に病死した
なのに、いきなり歴史改変ww

おまけに式部の名前も全くでたらめな「まひろ」に

555:

第一話にこういう胸糞エピソード入れて視聴者の敵愾心を煽って作品に引き付けてく
よくあるパターン、進撃の巨人で母親が食われたのとかと一緒
必要も無いのに歴史を変えるとか、今後の脚本もヤバそうだな

573:

>>555 第一話にこういう胸糞エピソード入れて視聴者の敵愾心を煽って作品に引き付けてく
よくあるパターン、進撃の巨人で母親が食われたのとかと一緒
必要も無いのに歴史を変えるとか、今後の脚本もヤバそうだな


ゲームオブスローンズとかアメドラが多用する手法で辟易する

578:

>>573 ゲームオブスローンズとかアメドラが多用する手法で辟易する


身内がコロされないと主人公になったらいけないのかというほど定番の設定
悟空は別に不幸じゃなかったけどな

580:

>>555 第一話にこういう胸糞エピソード入れて視聴者の敵愾心を煽って作品に引き付けてく
よくあるパターン、進撃の巨人で母親が食われたのとかと一緒
必要も無いのに歴史を変えるとか、今後の脚本もヤバそうだな


道兼は敵なの?

582:

>>580 道兼は敵なの?


道長陣営にとってはライバル=政敵
紫式部は道長の娘に仕えるからそれだけでも敵陣営の人

587:

道兼は父の喪中に酒宴を催したりしてた当時としてはヤバイ人物だったので、そのあたりをデフォルメしたのかなと思う
大河の公卿は昔からすごい。
「花の乱」では日野勝光が百人斬りしてたし、「北条時宗」では史実では病死したはずの関白が天皇の御前で切腹してた。

680:

まさか道兼をあんなヤバいヤツに描くとは思わなかった
第一話だし
吉田羊演じる藤原詮子は入内したの今の16歳ぐらいなんだよね
おぼこい発言が笑えた

692:

道兼ってサイコパスな花山と仲良くなって一緒に出家しようと二人で寺まで行ったが、親父に挨拶まだだったと一人で帰っちゃって、花山ひとり出家させたというエピしか知らんが、その一件だけでも十分ホラー
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1704630319

Comments 0

コメントはまだありません。