笠井信輔、衝突炎上事故で愛猫失った日航機乗客コメントに涙…日本でもペットを客室に乗せるべきだと提案 - 芸能人
げいのうまとめんぬ

笠井信輔、衝突炎上事故で愛猫失った日航機乗客コメントに涙…日本でもペットを客室に乗せるべきだと提案

2024/01/05
芸能人 0
  • 元フジテレビでフリーアナウンサーの笠井信輔(60)が4日、インスタグラムを更新。
  • 東京・羽田空港で2日に発生した、乗客乗員379人が搭乗した日航機と海上保安庁の航空機が衝突、炎上した事故でペットを失った乗客から、自身のSNSに寄せられたコメントを紹介した。
  • 笠井は「羽田空港、航空機接触事故は海上保安庁機の5人の隊員の命が失われました一方、旅客機はわずかな怪我人を出しただけで済みました」と事故の概要を紹介。
  • 続けて「私はTVを見ながら『旅客機は全焼だったが犠牲者がなくて、全員脱出できてよかった』と話すと、妻が『全焼だったの?ペットは大丈夫だったのかしら?貨物室のペットは?』そうか、その視点が欠けていました」と、妻の元テレビ東京アナウンサー茅原ますみ(59)の問いかけによって、乗客のペットの安否を初めて考えたと明かした。
  • そして「すると、私のSNSにコメントが寄せられたのですそれがこちらです」と、日航機に搭乗していた乗客から寄せられたコメントを紹介した。
  • 「わたしは、あの旅客機に乗っていました。
  • 私のような思いをもう誰もしませんようにと祈るばかりです」 笠井は「読みながら涙が出てきてしまいました我が家にも、アーニャとベスという愛すべき娘たちがいますそうした家族を事故で失ってしまうんです」と、猫と生活する立場から悲痛な思いをつづった。
  • 命が大事ですからただ、今回貨物室に一体いくつの命が積まれていたのでしょうか?連れ出せないのは決まりですでも、その悲しみの深さは測りしれません多くの人が想定していないお別れだと思います『犠牲者が出なくてよかったね』と言う私の感想は表層的でしたどちらの航空機でも、犠牲者は出ていたと言う、その現実を私たちは受け止めなければいけないのです」と、日航機の乗客が救われたことのみに目を向けてはいけなかったと自省した。
  • その上で「すると妻が『なぜ貨物室なの、エールフランスはペットを客室に載せることができるのよ。
  • 日本もそうする方がいい』」と、茅原から他国の航空機では、ペットを客室に乗せることが出来る事案を紹介されたとつづった。

1:

元フジテレビでフリーアナウンサーの笠井信輔(60)が4日、インスタグラムを更新。東京・羽田空港で2日に発生した、乗客乗員379人が搭乗した日航機と海上保安庁の航空機が衝突、炎上した事故でペットを失った乗客から、自身のSNSに寄せられたコメントを紹介した。

笠井は「羽田空港、航空機接触事故は海上保安庁機の5人の隊員の命が失われました 一方、旅客機はわずかな怪我人を出しただけで済みました」と事故の概要を紹介。続けて「私はTVを見ながら『旅客機は全焼だったが犠牲者がなくて、全員脱出できてよかった』と話すと、妻が『全焼だったの? ペットは大丈夫だったのかしら? 貨物室のペットは?』そうか、その視点が欠けていました」と、妻の元テレビ東京アナウンサー茅原ますみ(59)の問いかけによって、乗客のペットの安否を初めて考えたと明かした。

そして「すると、私のSNSにコメントが寄せられたのです それがこちらです」と、日航機に搭乗していた乗客から寄せられたコメントを紹介した。

「わたしは、あの旅客機に乗っていました。あの事故で貨物室に乗っていた愛猫を失いました。あの炎の中で何度も叫びました。暗い貨物室で怖かったよね、苦しかったよね。ひとりで逝かせてごめんね。まだ実感が湧かず、涙が止まりません。こんな形で笠井さんにコメントしてすみません。私のような思いをもう誰もしませんようにと祈るばかりです」

笠井は「読みながら涙が出てきてしまいました 我が家にも、アーニャとベスという愛すべき娘たちがいます そうした家族を事故で失ってしまうんです」と、猫と生活する立場から悲痛な思いをつづった。そして「荷物1つ持って降りる事は許されないのが脱出です。命が大事ですから ただ、今回貨物室に一体いくつの命が積まれていたのでしょうか? 連れ出せないのは決まりです でも、その悲しみの深さは測りしれません 多くの人が想定していないお別れだと思います『犠牲者が出なくてよかったね』と言う私の感想は表層的でした どちらの航空機でも、犠牲者は出ていたと言う、その現実を私たちは受け止めなければいけないのです」と、日航機の乗客が救われたことのみに目を向けてはいけなかったと自省した。

その上で「すると妻が『なぜ貨物室なの、エールフランスはペットを客室に載せることができるのよ。日本もそうする方がいい』」と、茅原から他国の航空機では、ペットを客室に乗せることが出来る事案を紹介されたとつづった。笠井は「知りませんでした 調べると・犬猫のみ・8キロまで・規定の大きさのケージにいれてなど、さまざま条件はあるようですが、可能のようです!! 確かに、動物アレルギーの人嫌いな人もます だとしたら、始発便の最後列・数例のみ1人分の追加料金徴収など条件を定めて、日本でも試験的に始めてみては、どうでしょうか?」と日本の航空会社も、ペットの犬、猫を客室に乗せる施策を始めるべきだと提案した。

笠井は「今、原因究明が進んでいます 誰が悪い、と言う視点よりこうした悲劇が起きない体制づくり、それが大切なのだと思います 海保機の5人の隊員の皆さん そして、旅客機で犠牲となった猫さん もしかすると他にもいるかもしれない動物たち みなさんのご冥福をお祈りします」と原因究明の、その先の体制作りの必要性を訴えた。そして「辛い中、その思いを投稿してくださった方 勇気ある投稿に感謝いたします しばらく悲しみは癒えないと思いますが、それは当然です それだけ深く愛していた証拠なので悲しみが続くことは仕方がないことです でもくじけないでくださいね 皆に知ってもらうことが大切だと思い人の命もペットの命も失われないよう ここに改めて投稿を掲載させていただきます」と、SNSにコメントを寄せた日航機の乗客に感謝した。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202401040000100.html

前スレ https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1704347289/

157:

>>1 元フジテレビでフリーアナウンサーの笠井信輔(60)が4日、インスタグラムを更新。東京・羽田空港で2日に発生した、乗客乗員379人が搭乗した日航機と海上保安庁の航空機が衝突、炎上した事故でペットを失った乗客から、自身のSNSに寄せられたコメントを紹介した。

笠井は「羽田空港、航空機接触事故は海上保安庁機の5人の隊員の命が失われました 一方、旅客機はわずかな怪我人を出しただけで済みました」と事故の概要を紹介。続けて「私はTVを見ながら『旅客機は全焼だったが犠牲者がなくて、全員脱出できてよかった』と話すと、妻が『全焼だったの? ペットは大丈夫だったのかしら? 貨物室のペットは?』そうか、その視点が欠けていました」と、妻の元テレビ東京アナウンサー茅原ますみ(59)の問いかけによって、乗客のペットの安否を初めて考えたと明かした。

そして「すると、私のSNSにコメントが寄せられたのです それがこちらです」と、日航機に搭乗していた乗客から寄せられたコメントを紹介した。

「わたしは、あの旅客機に乗っていました。あの事故で貨物室に乗っていた愛猫を失いました。あの炎の中で何度も叫びました。暗い貨物室で怖かったよね、苦しかったよね。ひとりで逝かせてごめんね。まだ実感が湧かず、涙が止まりません。こんな形で笠井さんにコメントしてすみません。私のような思いをもう誰もしませんようにと祈るばかりです」

笠井は「読みながら涙が出てきてしまいました 我が家にも、アーニャとベスという愛すべき娘たちがいます そうした家族を事故で失ってしまうんです」と、猫と生活する立場から悲痛な思いをつづった。そして「荷物1つ持って降りる事は許されないのが脱出です。命が大事ですから ただ、今回貨物室に一体いくつの命が積まれていたのでしょうか? 連れ出せないのは決まりです でも、その悲しみの深さは測りしれません 多くの人が想定していないお別れだと思います『犠牲者が出なくてよかったね』と言う私の感想は表層的でした どちらの航空機でも、犠牲者は出ていたと言う、その現実を私たちは受け止めなければいけないのです」と、日航機の乗客が救われたことのみに目を向けてはいけなかったと自省した。

その上で「すると妻が『なぜ貨物室なの、エールフランスはペットを客室に載せることができるのよ。日本もそうする方がいい』」と、茅原から他国の航空機では、ペットを客室に乗せることが出来る事案を紹介されたとつづった。笠井は「知りませんでした 調べると・犬猫のみ・8キロまで・規定の大きさのケージにいれてなど、さまざま条件はあるようですが、可能のようです!! 確かに、動物アレルギーの人嫌いな人もます だとしたら、始発便の最後列・数例のみ1人分の追加料金徴収など条件を定めて、日本でも試験的に始めてみては、どうでしょうか?」と日本の航空会社も、ペットの犬、猫を客室に乗せる施策を始めるべきだと提案した。

笠井は「今、原因究明が進んでいます 誰が悪い、と言う視点よりこうした悲劇が起きない体制づくり、それが大切なのだと思います 海保機の5人の隊員の皆さん そして、旅客機で犠牲となった猫さん もしかすると他にもいるかもしれない動物たち みなさんのご冥福をお祈りします」と原因究明の、その先の体制作りの必要性を訴えた。そして「辛い中、その思いを投稿してくださった方 勇気ある投稿に感謝いたします しばらく悲しみは癒えないと思いますが、それは当然です それだけ深く愛していた証拠なので悲しみが続くことは仕方がないことです でもくじけないでくださいね 皆に知ってもらうことが大切だと思い人の命もペットの命も失われないよう ここに改めて投稿を掲載させていただきます」と、SNSにコメントを寄せた日航機の乗客に感謝した。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202401040000100.html

前スレ https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1704347289/


ペットホテルに預けろよw

540:

>>1 元フジテレビでフリーアナウンサーの笠井信輔(60)が4日、インスタグラムを更新。東京・羽田空港で2日に発生した、乗客乗員379人が搭乗した日航機と海上保安庁の航空機が衝突、炎上した事故でペットを失った乗客から、自身のSNSに寄せられたコメントを紹介した。

笠井は「羽田空港、航空機接触事故は海上保安庁機の5人の隊員の命が失われました 一方、旅客機はわずかな怪我人を出しただけで済みました」と事故の概要を紹介。続けて「私はTVを見ながら『旅客機は全焼だったが犠牲者がなくて、全員脱出できてよかった』と話すと、妻が『全焼だったの? ペットは大丈夫だったのかしら? 貨物室のペットは?』そうか、その視点が欠けていました」と、妻の元テレビ東京アナウンサー茅原ますみ(59)の問いかけによって、乗客のペットの安否を初めて考えたと明かした。

そして「すると、私のSNSにコメントが寄せられたのです それがこちらです」と、日航機に搭乗していた乗客から寄せられたコメントを紹介した。

「わたしは、あの旅客機に乗っていました。あの事故で貨物室に乗っていた愛猫を失いました。あの炎の中で何度も叫びました。暗い貨物室で怖かったよね、苦しかったよね。ひとりで逝かせてごめんね。まだ実感が湧かず、涙が止まりません。こんな形で笠井さんにコメントしてすみません。私のような思いをもう誰もしませんようにと祈るばかりです」

笠井は「読みながら涙が出てきてしまいました 我が家にも、アーニャとベスという愛すべき娘たちがいます そうした家族を事故で失ってしまうんです」と、猫と生活する立場から悲痛な思いをつづった。そして「荷物1つ持って降りる事は許されないのが脱出です。命が大事ですから ただ、今回貨物室に一体いくつの命が積まれていたのでしょうか? 連れ出せないのは決まりです でも、その悲しみの深さは測りしれません 多くの人が想定していないお別れだと思います『犠牲者が出なくてよかったね』と言う私の感想は表層的でした どちらの航空機でも、犠牲者は出ていたと言う、その現実を私たちは受け止めなければいけないのです」と、日航機の乗客が救われたことのみに目を向けてはいけなかったと自省した。

その上で「すると妻が『なぜ貨物室なの、エールフランスはペットを客室に載せることができるのよ。日本もそうする方がいい』」と、茅原から他国の航空機では、ペットを客室に乗せることが出来る事案を紹介されたとつづった。笠井は「知りませんでした 調べると・犬猫のみ・8キロまで・規定の大きさのケージにいれてなど、さまざま条件はあるようですが、可能のようです!! 確かに、動物アレルギーの人嫌いな人もます だとしたら、始発便の最後列・数例のみ1人分の追加料金徴収など条件を定めて、日本でも試験的に始めてみては、どうでしょうか?」と日本の航空会社も、ペットの犬、猫を客室に乗せる施策を始めるべきだと提案した。

笠井は「今、原因究明が進んでいます 誰が悪い、と言う視点よりこうした悲劇が起きない体制づくり、それが大切なのだと思います 海保機の5人の隊員の皆さん そして、旅客機で犠牲となった猫さん もしかすると他にもいるかもしれない動物たち みなさんのご冥福をお祈りします」と原因究明の、その先の体制作りの必要性を訴えた。そして「辛い中、その思いを投稿してくださった方 勇気ある投稿に感謝いたします しばらく悲しみは癒えないと思いますが、それは当然です それだけ深く愛していた証拠なので悲しみが続くことは仕方がないことです でもくじけないでくださいね 皆に知ってもらうことが大切だと思い人の命もペットの命も失われないよう ここに改めて投稿を掲載させていただきます」と、SNSにコメントを寄せた日航機の乗客に感謝した。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202401040000100.html

前スレ https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1704347289/


NHKで【乗客が荷物を持たずに避難したから全員助かった】って特集やってるよ
ご希望通り機内にペット入れられてもペットという荷物は緊急時は持って脱出できないよ馬鹿笠井

今回なんて特に本当に命の危険があったんだから10キロのペットケージ抱えてシューター利用しようとしたらそれだけで3倍は時間余計に取るでしょ
シューターに穴開けかもしれない

546:

>>1 元フジテレビでフリーアナウンサーの笠井信輔(60)が4日、インスタグラムを更新。東京・羽田空港で2日に発生した、乗客乗員379人が搭乗した日航機と海上保安庁の航空機が衝突、炎上した事故でペットを失った乗客から、自身のSNSに寄せられたコメントを紹介した。

笠井は「羽田空港、航空機接触事故は海上保安庁機の5人の隊員の命が失われました 一方、旅客機はわずかな怪我人を出しただけで済みました」と事故の概要を紹介。続けて「私はTVを見ながら『旅客機は全焼だったが犠牲者がなくて、全員脱出できてよかった』と話すと、妻が『全焼だったの? ペットは大丈夫だったのかしら? 貨物室のペットは?』そうか、その視点が欠けていました」と、妻の元テレビ東京アナウンサー茅原ますみ(59)の問いかけによって、乗客のペットの安否を初めて考えたと明かした。

そして「すると、私のSNSにコメントが寄せられたのです それがこちらです」と、日航機に搭乗していた乗客から寄せられたコメントを紹介した。

「わたしは、あの旅客機に乗っていました。あの事故で貨物室に乗っていた愛猫を失いました。あの炎の中で何度も叫びました。暗い貨物室で怖かったよね、苦しかったよね。ひとりで逝かせてごめんね。まだ実感が湧かず、涙が止まりません。こんな形で笠井さんにコメントしてすみません。私のような思いをもう誰もしませんようにと祈るばかりです」

笠井は「読みながら涙が出てきてしまいました 我が家にも、アーニャとベスという愛すべき娘たちがいます そうした家族を事故で失ってしまうんです」と、猫と生活する立場から悲痛な思いをつづった。そして「荷物1つ持って降りる事は許されないのが脱出です。命が大事ですから ただ、今回貨物室に一体いくつの命が積まれていたのでしょうか? 連れ出せないのは決まりです でも、その悲しみの深さは測りしれません 多くの人が想定していないお別れだと思います『犠牲者が出なくてよかったね』と言う私の感想は表層的でした どちらの航空機でも、犠牲者は出ていたと言う、その現実を私たちは受け止めなければいけないのです」と、日航機の乗客が救われたことのみに目を向けてはいけなかったと自省した。

その上で「すると妻が『なぜ貨物室なの、エールフランスはペットを客室に載せることができるのよ。日本もそうする方がいい』」と、茅原から他国の航空機では、ペットを客室に乗せることが出来る事案を紹介されたとつづった。笠井は「知りませんでした 調べると・犬猫のみ・8キロまで・規定の大きさのケージにいれてなど、さまざま条件はあるようですが、可能のようです!! 確かに、動物アレルギーの人嫌いな人もます だとしたら、始発便の最後列・数例のみ1人分の追加料金徴収など条件を定めて、日本でも試験的に始めてみては、どうでしょうか?」と日本の航空会社も、ペットの犬、猫を客室に乗せる施策を始めるべきだと提案した。

笠井は「今、原因究明が進んでいます 誰が悪い、と言う視点よりこうした悲劇が起きない体制づくり、それが大切なのだと思います 海保機の5人の隊員の皆さん そして、旅客機で犠牲となった猫さん もしかすると他にもいるかもしれない動物たち みなさんのご冥福をお祈りします」と原因究明の、その先の体制作りの必要性を訴えた。そして「辛い中、その思いを投稿してくださった方 勇気ある投稿に感謝いたします しばらく悲しみは癒えないと思いますが、それは当然です それだけ深く愛していた証拠なので悲しみが続くことは仕方がないことです でもくじけないでくださいね 皆に知ってもらうことが大切だと思い人の命もペットの命も失われないよう ここに改めて投稿を掲載させていただきます」と、SNSにコメントを寄せた日航機の乗客に感謝した。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202401040000100.html

前スレ https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1704347289/


馬鹿だなーこいつ
いくらペットが家族同然て言ったって、人命が優先なの分からないのかな?
客室に持ち込んだら、脱出するとき絶対持ち出そうとするから他の乗客の命を犠牲にしかねない

552:

>>546 馬鹿だなーこいつ
いくらペットが家族同然て言ったって、人命が優先なの分からないのかな?
客室に持ち込んだら、脱出するとき絶対持ち出そうとするから他の乗客の命を犠牲にしかねない


それよな
いざというとき飼い主がペットを見捨てられなくて脱出を渋る
乗務員は客が全員脱出してからでないと脱出できない
たぶんひとがしぬわ

572:

>>546 馬鹿だなーこいつ
いくらペットが家族同然て言ったって、人命が優先なの分からないのかな?
客室に持ち込んだら、脱出するとき絶対持ち出そうとするから他の乗客の命を犠牲にしかねない


そもそもペットが家族とか誰が言い出したんだよ
途上国の飛行機で鶏持ち込んでた土人に文句言ったらコレは食べ物だと言われなんも言えんかったけどな、そういうレベルの話をしろよ

801:

>>1 元フジテレビでフリーアナウンサーの笠井信輔(60)が4日、インスタグラムを更新。東京・羽田空港で2日に発生した、乗客乗員379人が搭乗した日航機と海上保安庁の航空機が衝突、炎上した事故でペットを失った乗客から、自身のSNSに寄せられたコメントを紹介した。

笠井は「羽田空港、航空機接触事故は海上保安庁機の5人の隊員の命が失われました 一方、旅客機はわずかな怪我人を出しただけで済みました」と事故の概要を紹介。続けて「私はTVを見ながら『旅客機は全焼だったが犠牲者がなくて、全員脱出できてよかった』と話すと、妻が『全焼だったの? ペットは大丈夫だったのかしら? 貨物室のペットは?』そうか、その視点が欠けていました」と、妻の元テレビ東京アナウンサー茅原ますみ(59)の問いかけによって、乗客のペットの安否を初めて考えたと明かした。

そして「すると、私のSNSにコメントが寄せられたのです それがこちらです」と、日航機に搭乗していた乗客から寄せられたコメントを紹介した。

「わたしは、あの旅客機に乗っていました。あの事故で貨物室に乗っていた愛猫を失いました。あの炎の中で何度も叫びました。暗い貨物室で怖かったよね、苦しかったよね。ひとりで逝かせてごめんね。まだ実感が湧かず、涙が止まりません。こんな形で笠井さんにコメントしてすみません。私のような思いをもう誰もしませんようにと祈るばかりです」

笠井は「読みながら涙が出てきてしまいました 我が家にも、アーニャとベスという愛すべき娘たちがいます そうした家族を事故で失ってしまうんです」と、猫と生活する立場から悲痛な思いをつづった。そして「荷物1つ持って降りる事は許されないのが脱出です。命が大事ですから ただ、今回貨物室に一体いくつの命が積まれていたのでしょうか? 連れ出せないのは決まりです でも、その悲しみの深さは測りしれません 多くの人が想定していないお別れだと思います『犠牲者が出なくてよかったね』と言う私の感想は表層的でした どちらの航空機でも、犠牲者は出ていたと言う、その現実を私たちは受け止めなければいけないのです」と、日航機の乗客が救われたことのみに目を向けてはいけなかったと自省した。

その上で「すると妻が『なぜ貨物室なの、エールフランスはペットを客室に載せることができるのよ。日本もそうする方がいい』」と、茅原から他国の航空機では、ペットを客室に乗せることが出来る事案を紹介されたとつづった。笠井は「知りませんでした 調べると・犬猫のみ・8キロまで・規定の大きさのケージにいれてなど、さまざま条件はあるようですが、可能のようです!! 確かに、動物アレルギーの人嫌いな人もます だとしたら、始発便の最後列・数例のみ1人分の追加料金徴収など条件を定めて、日本でも試験的に始めてみては、どうでしょうか?」と日本の航空会社も、ペットの犬、猫を客室に乗せる施策を始めるべきだと提案した。

笠井は「今、原因究明が進んでいます 誰が悪い、と言う視点よりこうした悲劇が起きない体制づくり、それが大切なのだと思います 海保機の5人の隊員の皆さん そして、旅客機で犠牲となった猫さん もしかすると他にもいるかもしれない動物たち みなさんのご冥福をお祈りします」と原因究明の、その先の体制作りの必要性を訴えた。そして「辛い中、その思いを投稿してくださった方 勇気ある投稿に感謝いたします しばらく悲しみは癒えないと思いますが、それは当然です それだけ深く愛していた証拠なので悲しみが続くことは仕方がないことです でもくじけないでくださいね 皆に知ってもらうことが大切だと思い人の命もペットの命も失われないよう ここに改めて投稿を掲載させていただきます」と、SNSにコメントを寄せた日航機の乗客に感謝した。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202401040000100.html

前スレ https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1704347289/


8キロ以上は差別すんのか?

832:

>>1 元フジテレビでフリーアナウンサーの笠井信輔(60)が4日、インスタグラムを更新。東京・羽田空港で2日に発生した、乗客乗員379人が搭乗した日航機と海上保安庁の航空機が衝突、炎上した事故でペットを失った乗客から、自身のSNSに寄せられたコメントを紹介した。

笠井は「羽田空港、航空機接触事故は海上保安庁機の5人の隊員の命が失われました 一方、旅客機はわずかな怪我人を出しただけで済みました」と事故の概要を紹介。続けて「私はTVを見ながら『旅客機は全焼だったが犠牲者がなくて、全員脱出できてよかった』と話すと、妻が『全焼だったの? ペットは大丈夫だったのかしら? 貨物室のペットは?』そうか、その視点が欠けていました」と、妻の元テレビ東京アナウンサー茅原ますみ(59)の問いかけによって、乗客のペットの安否を初めて考えたと明かした。

そして「すると、私のSNSにコメントが寄せられたのです それがこちらです」と、日航機に搭乗していた乗客から寄せられたコメントを紹介した。

「わたしは、あの旅客機に乗っていました。あの事故で貨物室に乗っていた愛猫を失いました。あの炎の中で何度も叫びました。暗い貨物室で怖かったよね、苦しかったよね。ひとりで逝かせてごめんね。まだ実感が湧かず、涙が止まりません。こんな形で笠井さんにコメントしてすみません。私のような思いをもう誰もしませんようにと祈るばかりです」

笠井は「読みながら涙が出てきてしまいました 我が家にも、アーニャとベスという愛すべき娘たちがいます そうした家族を事故で失ってしまうんです」と、猫と生活する立場から悲痛な思いをつづった。そして「荷物1つ持って降りる事は許されないのが脱出です。命が大事ですから ただ、今回貨物室に一体いくつの命が積まれていたのでしょうか? 連れ出せないのは決まりです でも、その悲しみの深さは測りしれません 多くの人が想定していないお別れだと思います『犠牲者が出なくてよかったね』と言う私の感想は表層的でした どちらの航空機でも、犠牲者は出ていたと言う、その現実を私たちは受け止めなければいけないのです」と、日航機の乗客が救われたことのみに目を向けてはいけなかったと自省した。

その上で「すると妻が『なぜ貨物室なの、エールフランスはペットを客室に載せることができるのよ。日本もそうする方がいい』」と、茅原から他国の航空機では、ペットを客室に乗せることが出来る事案を紹介されたとつづった。笠井は「知りませんでした 調べると・犬猫のみ・8キロまで・規定の大きさのケージにいれてなど、さまざま条件はあるようですが、可能のようです!! 確かに、動物アレルギーの人嫌いな人もます だとしたら、始発便の最後列・数例のみ1人分の追加料金徴収など条件を定めて、日本でも試験的に始めてみては、どうでしょうか?」と日本の航空会社も、ペットの犬、猫を客室に乗せる施策を始めるべきだと提案した。

笠井は「今、原因究明が進んでいます 誰が悪い、と言う視点よりこうした悲劇が起きない体制づくり、それが大切なのだと思います 海保機の5人の隊員の皆さん そして、旅客機で犠牲となった猫さん もしかすると他にもいるかもしれない動物たち みなさんのご冥福をお祈りします」と原因究明の、その先の体制作りの必要性を訴えた。そして「辛い中、その思いを投稿してくださった方 勇気ある投稿に感謝いたします しばらく悲しみは癒えないと思いますが、それは当然です それだけ深く愛していた証拠なので悲しみが続くことは仕方がないことです でもくじけないでくださいね 皆に知ってもらうことが大切だと思い人の命もペットの命も失われないよう ここに改めて投稿を掲載させていただきます」と、SNSにコメントを寄せた日航機の乗客に感謝した。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202401040000100.html

前スレ https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1704347289/


ペット持ちこんだ奴は最後に避難ならいいよ
それを守れるならね

でもまもれねーだろてめーらは

881:

>>1 元フジテレビでフリーアナウンサーの笠井信輔(60)が4日、インスタグラムを更新。東京・羽田空港で2日に発生した、乗客乗員379人が搭乗した日航機と海上保安庁の航空機が衝突、炎上した事故でペットを失った乗客から、自身のSNSに寄せられたコメントを紹介した。

笠井は「羽田空港、航空機接触事故は海上保安庁機の5人の隊員の命が失われました 一方、旅客機はわずかな怪我人を出しただけで済みました」と事故の概要を紹介。続けて「私はTVを見ながら『旅客機は全焼だったが犠牲者がなくて、全員脱出できてよかった』と話すと、妻が『全焼だったの? ペットは大丈夫だったのかしら? 貨物室のペットは?』そうか、その視点が欠けていました」と、妻の元テレビ東京アナウンサー茅原ますみ(59)の問いかけによって、乗客のペットの安否を初めて考えたと明かした。

そして「すると、私のSNSにコメントが寄せられたのです それがこちらです」と、日航機に搭乗していた乗客から寄せられたコメントを紹介した。

「わたしは、あの旅客機に乗っていました。あの事故で貨物室に乗っていた愛猫を失いました。あの炎の中で何度も叫びました。暗い貨物室で怖かったよね、苦しかったよね。ひとりで逝かせてごめんね。まだ実感が湧かず、涙が止まりません。こんな形で笠井さんにコメントしてすみません。私のような思いをもう誰もしませんようにと祈るばかりです」

笠井は「読みながら涙が出てきてしまいました 我が家にも、アーニャとベスという愛すべき娘たちがいます そうした家族を事故で失ってしまうんです」と、猫と生活する立場から悲痛な思いをつづった。そして「荷物1つ持って降りる事は許されないのが脱出です。命が大事ですから ただ、今回貨物室に一体いくつの命が積まれていたのでしょうか? 連れ出せないのは決まりです でも、その悲しみの深さは測りしれません 多くの人が想定していないお別れだと思います『犠牲者が出なくてよかったね』と言う私の感想は表層的でした どちらの航空機でも、犠牲者は出ていたと言う、その現実を私たちは受け止めなければいけないのです」と、日航機の乗客が救われたことのみに目を向けてはいけなかったと自省した。

その上で「すると妻が『なぜ貨物室なの、エールフランスはペットを客室に載せることができるのよ。日本もそうする方がいい』」と、茅原から他国の航空機では、ペットを客室に乗せることが出来る事案を紹介されたとつづった。笠井は「知りませんでした 調べると・犬猫のみ・8キロまで・規定の大きさのケージにいれてなど、さまざま条件はあるようですが、可能のようです!! 確かに、動物アレルギーの人嫌いな人もます だとしたら、始発便の最後列・数例のみ1人分の追加料金徴収など条件を定めて、日本でも試験的に始めてみては、どうでしょうか?」と日本の航空会社も、ペットの犬、猫を客室に乗せる施策を始めるべきだと提案した。

笠井は「今、原因究明が進んでいます 誰が悪い、と言う視点よりこうした悲劇が起きない体制づくり、それが大切なのだと思います 海保機の5人の隊員の皆さん そして、旅客機で犠牲となった猫さん もしかすると他にもいるかもしれない動物たち みなさんのご冥福をお祈りします」と原因究明の、その先の体制作りの必要性を訴えた。そして「辛い中、その思いを投稿してくださった方 勇気ある投稿に感謝いたします しばらく悲しみは癒えないと思いますが、それは当然です それだけ深く愛していた証拠なので悲しみが続くことは仕方がないことです でもくじけないでくださいね 皆に知ってもらうことが大切だと思い人の命もペットの命も失われないよう ここに改めて投稿を掲載させていただきます」と、SNSにコメントを寄せた日航機の乗客に感謝した。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202401040000100.html

前スレ https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1704347289/


にゃんこは可愛そうだけど
そのコメントは本当に本人なのだろうか?

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

56:

> そして「すると、私のSNSにコメントが寄せられたのです それがこちらです」と、
> 日航機に搭乗していた乗客から寄せられたコメントを紹介した。

コメント無視するわけにもいかないし、なんて反応するか難しかっただろうな。

64:

このメール本当かな?
今回の乗客のツイートでペットは乗ってなかったとのことだが
ましてや寒い北海道に連れて行くかね?
うち一度ワンコ乗せたことあるけど他に預けてる人いなかったぞ
かなり負担になったみたいだから2度と乗せないけど

72:

>>64 このメール本当かな?
今回の乗客のツイートでペットは乗ってなかったとのことだが
ましてや寒い北海道に連れて行くかね?
うち一度ワンコ乗せたことあるけど他に預けてる人いなかったぞ
かなり負担になったみたいだから2度と乗せないけど


報道で2頭ってやってたぞ
関西ローカル報道だけかもだが

626:

>>64 このメール本当かな?
今回の乗客のツイートでペットは乗ってなかったとのことだが
ましてや寒い北海道に連れて行くかね?
うち一度ワンコ乗せたことあるけど他に預けてる人いなかったぞ
かなり負担になったみたいだから2度と乗せないけど


JALが公式に2件預かってたと公表はした
ただ、それが犬なのか猫なのか他の動物なのかは言及されてない

84:

今回全員助かったのは全員が手荷物を諦めて素早く脱出する事に徹したから
ペットや飼い主が抵抗したらそれだけ他の乗客の命が危険に晒される
航空会社は今回のJALを手本としペットは全面禁止にすべし

835:

>>84 今回全員助かったのは全員が手荷物を諦めて素早く脱出する事に徹したから
ペットや飼い主が抵抗したらそれだけ他の乗客の命が危険に晒される
航空会社は今回のJALを手本としペットは全面禁止にすべし


これに全て同意

841:

>>84 今回全員助かったのは全員が手荷物を諦めて素早く脱出する事に徹したから
ペットや飼い主が抵抗したらそれだけ他の乗客の命が危険に晒される
航空会社は今回のJALを手本としペットは全面禁止にすべし


そうだよな普通の考えだと

IMALUのスレみて貨物室禁止の署名なんて書いてたから、ああ持ち込まない署名かと思ったら
逆に機内に持ち込ませろだから驚いたわ…
少なからずの頭おかしい

848:

>>841 そうだよな普通の考えだと

IMALUのスレみて貨物室禁止の署名なんて書いてたから、ああ持ち込まない署名かと思ったら
逆に機内に持ち込ませろだから驚いたわ…
少なからずの頭おかしい


ペット連れ込み可にさせたとして、責任取るのは航空会社なんだよなあ。
責任のない立場から綺麗ごとを訴えるって楽でいいよ

151:

この人はどういった理由で搭乗したの?
ペットが貨物扱いになるのはわかってたよね?
不要不急でもなく自身のバカンスだったのか
その理由まで書かないとね

271:

自分も犬猫飼っていた経験もあるし気持ちはよく分かるが、ちょっと安直すぎ
今回みたいに一刻を争うトラブルが起きた時。客室クルーや他の乗客と一悶着になって
助けられたはずの命を救えなかったら誰が責任取るの?

486:

>すると妻が『なぜ貨物室なの、エールフランスはペットを客室に載せることができるのよ。日本もそうする方がいい』」と

客室に乗せることが出来ても緊急脱出の時に手ぶらで脱出しないといけないなら貨物室と結局同じじゃね?

488:

>>486 >すると妻が『なぜ貨物室なの、エールフランスはペットを客室に載せることができるのよ。日本もそうする方がいい』」と

客室に乗せることが出来ても緊急脱出の時に手ぶらで脱出しないといけないなら貨物室と結局同じじゃね?


客室に載せてたら今回みたいな緊急時に必ず持ち出そうとするから絶対トラブルになるよね
そのせいで人命が失われるようなことがあったらどう責任取るのか

508:

>>486 >すると妻が『なぜ貨物室なの、エールフランスはペットを客室に載せることができるのよ。日本もそうする方がいい』」と

客室に乗せることが出来ても緊急脱出の時に手ぶらで脱出しないといけないなら貨物室と結局同じじゃね?


エールフランス本当なの??聞いたことも見たこともないわ

698:

猫を命として、災害時でも例外として
飼い主が貨物室に飛んでいき出せるように
なにか出来ないか、と
別にそれが他の乗客の迷惑になることでもない
しかしそのせいで飼い主も逃げ遅れたら
その時は自己責任で、と先に誓約書を作るとか
にしたらどうかな

741:

人間が飛行機に乗って事故にあうのとペットを連れ乗って事故にあうのどっちが確率高いんだよ。お前が言ってるのは宝くじで5億円当たった時用の警備員保険を月額で払うようなもんだわな。つまり一般人には必要ないんだよ。

773:

乗客乗務員全員無事だったよかったと思ったら猫が亡くなってた
可哀想に、犠牲はあった、まではいいよ
だけどそれで奥さんがエールフランスではーって言い出したなら
じゃあエールフランスでは緊急時はどういう対応をしているんだろう?というところまで
調べてから書かないのはなんでなん
緊急時の問題だろ肝心なのは
エールフランスではペット抱えて逃げられるん?そこまで書いてよ

792:

>どちらの航空機でも、犠牲者は出ていたと言う、その現実を私たちは受け止めなければいけないのです

なんで私たち?

807:

でもさ、現状では大事な愛猫が貨物室に積まれるとわかってて
フライトに愛猫を帯同させたのはお前だろって話なんだよなあ。
自分は絶対に飛行機に乗るのに愛猫を連れて行ったりしないよ。
貨物扱いなのわかってることだしさ。
それを今回の事故で死んだって言われても連れて行くからでしょとしか
愛猫家や愛犬家の人たちは思わないよ。

808:

>>807 でもさ、現状では大事な愛猫が貨物室に積まれるとわかってて
フライトに愛猫を帯同させたのはお前だろって話なんだよなあ。
自分は絶対に飛行機に乗るのに愛猫を連れて行ったりしないよ。
貨物扱いなのわかってることだしさ。
それを今回の事故で死んだって言われても連れて行くからでしょとしか
愛猫家や愛犬家の人たちは思わないよ。


気圧の変化についていけずに死亡する可能性もあるしな
実際にお亡くなりになった例もニュースに
前回は大丈夫というかも知れんがペットも毎日老化していくわけで

811:

アホかお前ら。
だから飼い主本人は自分を責めてるんだろ。
それとは別の話でペットの貨物扱いの是非を
再考すべきではという議論が起きてるってことだろ。

831:

>>811 アホかお前ら。
だから飼い主本人は自分を責めてるんだろ。
それとは別の話でペットの貨物扱いの是非を
再考すべきではという議論が起きてるってことだろ。


再考も何も、航空会社はこういう事態は今までに何度も入念に考えてるだろ。
ペットの同伴可にすれば利益だって上がるのに、それをしないのは相応の理由がある。
今回の事件が起きて初めて
「こういう事故があったらペットを見殺しにしなきゃいけなくなるんだ!
盲点だった!」
ってなってるとでも思うのか。

859:

>>811 アホかお前ら。
だから飼い主本人は自分を責めてるんだろ。
それとは別の話でペットの貨物扱いの是非を
再考すべきではという議論が起きてるってことだろ。


今回の飼い主は良く協力してくれたよ
心の傷も負ったろうし攻める気なんて毛頭ない

問題は笠井みたいに外野で騒いでるアホ

828:

人命にしろ、ペットの命にしろ、運送の責任があるのは航空会社。
航空会社だってペットの扱いに関しては綿密に議論してるはずで、
その上でペットは手荷物扱いとしてるんだから、それに従う以外にない。
責任も持たず、知識もない素人が安易に口出しするようなことじゃない

860:

たしかに旅客機の方は死人ゼロだけど、海保の方は5人も死んでるのに
しかも被災地に向かう為に動いてくれていた人達が亡くなったのに
ペット可哀想ペットも客室にって
頭おかしいんじゃないの
無理矢理叩きどころ作ってんじゃねーよ糞メディアと糞愛誤
自分も動物好きだし猫4匹飼ってるけど、ペットはペットで人間と同等な家族ではないよ
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1704361203

Comments 0

コメントはまだありません。