カルロス・ポンセが「間違いなくメジャーで通用した」と語る3人の日本人「江川卓よりもすごかった」 - スポーツ
げいのうまとめんぬ

カルロス・ポンセが「間違いなくメジャーで通用した」と語る3人の日本人「江川卓よりもすごかった」

2023/12/27
スポーツ 0
  • ライバルチームには「メジャー級」の選手が揃っていたと振り返る。
  • 「今もそうだけど、ジャイアンツはピッチャーが本当によかった。
  • エガワ(江川卓)はたしかにすばらしいピッチャーだった。
  • あとはミズノ(水野雄仁)もよかったね。
  • でも、一番はあの背の高い、若い......そう、マキハラ(槙原寛己)だ。
  • ストレートにスライダーという典型的なアメリカンスタイルのピッチングで、彼こそ間違いなくメジャーレベルだったよ。
  • キタベップ(北別府学)はとにかく打つのが難しかった。
  • ほかにもサウスポーのふたり......カワグチ(川口和久)とオオノ(大野豊)も速かったね。
  • でもね、オオノは得意だったんだ。
  • 現役生活で一番印象に残っているのが広島戦で放ったサヨナラホームランなんだけど、その時のピッチャーがオオノじゃなかったかな。

1:

ライバルチームには「メジャー級」の選手が揃っていたと振り返る。

「今もそうだけど、ジャイアンツはピッチャーが本当によかった。エガワ(江川卓)はたしかにすばらしいピッチャーだった。あとはミズノ(水野雄仁)もよかったね。でも、一番はあの背の高い、若い......そう、マキハラ(槙原寛己)だ。ストレートにスライダーという典型的なアメリカンスタイルのピッチングで、彼こそ間違いなくメジャーレベルだったよ。エガワよりもすごかったね。

 カープのピッチャーもよかったね。キタベップ(北別府学)はとにかく打つのが難しかった。ほかにもサウスポーのふたり......カワグチ(川口和久)とオオノ(大野豊)も速かったね。でもね、オオノは得意だったんだ。現役生活で一番印象に残っているのが広島戦で放ったサヨナラホームランなんだけど、その時のピッチャーがオオノじゃなかったかな。カワグチは最後までボールが見えなかったけど、オオノは投げる時に腕を下ろすだろ。だからボールが見やすかったんだ」

 一方、打者では「巨人打線はすごかった」と、篠塚利夫(現・和典)のミート力、原辰徳のパワーを挙げたが、これにはポンセ流のリップサービスが含まれていた。じつは今回の来日の際、真っ先に彼の口から出てきたのは、別のふたりだった。

「ジャイアンツのヨシムラ(吉村禎章)は、当時はまだ若かったけど、彼は間違いなくメジャーでもスターになれたよ。それにライオンズの一塁手、キヨハラ(清原和博)ね。リーグが違ったから少ししか見る機会がなかったけど、広角に打ててパワーがあった。彼もメジャー級の打者だったね」

↓のURL先から全文読めます
https://news.yahoo.co.jp/articles/c117dcf0517c4889e5f92e9c69cb4bfec5cb086f

18:

>>1 ライバルチームには「メジャー級」の選手が揃っていたと振り返る。

「今もそうだけど、ジャイアンツはピッチャーが本当によかった。エガワ(江川卓)はたしかにすばらしいピッチャーだった。あとはミズノ(水野雄仁)もよかったね。でも、一番はあの背の高い、若い......そう、マキハラ(槙原寛己)だ。ストレートにスライダーという典型的なアメリカンスタイルのピッチングで、彼こそ間違いなくメジャーレベルだったよ。エガワよりもすごかったね。

 カープのピッチャーもよかったね。キタベップ(北別府学)はとにかく打つのが難しかった。ほかにもサウスポーのふたり......カワグチ(川口和久)とオオノ(大野豊)も速かったね。でもね、オオノは得意だったんだ。現役生活で一番印象に残っているのが広島戦で放ったサヨナラホームランなんだけど、その時のピッチャーがオオノじゃなかったかな。カワグチは最後までボールが見えなかったけど、オオノは投げる時に腕を下ろすだろ。だからボールが見やすかったんだ」

 一方、打者では「巨人打線はすごかった」と、篠塚利夫(現・和典)のミート力、原辰徳のパワーを挙げたが、これにはポンセ流のリップサービスが含まれていた。じつは今回の来日の際、真っ先に彼の口から出てきたのは、別のふたりだった。

「ジャイアンツのヨシムラ(吉村禎章)は、当時はまだ若かったけど、彼は間違いなくメジャーでもスターになれたよ。それにライオンズの一塁手、キヨハラ(清原和博)ね。リーグが違ったから少ししか見る機会がなかったけど、広角に打ててパワーがあった。彼もメジャー級の打者だったね」

↓のURL先から全文読めます
https://news.yahoo.co.jp/articles/c117dcf0517c4889e5f92e9c69cb4bfec5cb086f


吉村はケガして終わったからなぁ

56:

>>1 ライバルチームには「メジャー級」の選手が揃っていたと振り返る。

「今もそうだけど、ジャイアンツはピッチャーが本当によかった。エガワ(江川卓)はたしかにすばらしいピッチャーだった。あとはミズノ(水野雄仁)もよかったね。でも、一番はあの背の高い、若い......そう、マキハラ(槙原寛己)だ。ストレートにスライダーという典型的なアメリカンスタイルのピッチングで、彼こそ間違いなくメジャーレベルだったよ。エガワよりもすごかったね。

 カープのピッチャーもよかったね。キタベップ(北別府学)はとにかく打つのが難しかった。ほかにもサウスポーのふたり......カワグチ(川口和久)とオオノ(大野豊)も速かったね。でもね、オオノは得意だったんだ。現役生活で一番印象に残っているのが広島戦で放ったサヨナラホームランなんだけど、その時のピッチャーがオオノじゃなかったかな。カワグチは最後までボールが見えなかったけど、オオノは投げる時に腕を下ろすだろ。だからボールが見やすかったんだ」

 一方、打者では「巨人打線はすごかった」と、篠塚利夫(現・和典)のミート力、原辰徳のパワーを挙げたが、これにはポンセ流のリップサービスが含まれていた。じつは今回の来日の際、真っ先に彼の口から出てきたのは、別のふたりだった。

「ジャイアンツのヨシムラ(吉村禎章)は、当時はまだ若かったけど、彼は間違いなくメジャーでもスターになれたよ。それにライオンズの一塁手、キヨハラ(清原和博)ね。リーグが違ったから少ししか見る機会がなかったけど、広角に打ててパワーがあった。彼もメジャー級の打者だったね」

↓のURL先から全文読めます
https://news.yahoo.co.jp/articles/c117dcf0517c4889e5f92e9c69cb4bfec5cb086f


原辰徳のパワーに吹いたわw

88:

>>1 ライバルチームには「メジャー級」の選手が揃っていたと振り返る。

「今もそうだけど、ジャイアンツはピッチャーが本当によかった。エガワ(江川卓)はたしかにすばらしいピッチャーだった。あとはミズノ(水野雄仁)もよかったね。でも、一番はあの背の高い、若い......そう、マキハラ(槙原寛己)だ。ストレートにスライダーという典型的なアメリカンスタイルのピッチングで、彼こそ間違いなくメジャーレベルだったよ。エガワよりもすごかったね。

 カープのピッチャーもよかったね。キタベップ(北別府学)はとにかく打つのが難しかった。ほかにもサウスポーのふたり......カワグチ(川口和久)とオオノ(大野豊)も速かったね。でもね、オオノは得意だったんだ。現役生活で一番印象に残っているのが広島戦で放ったサヨナラホームランなんだけど、その時のピッチャーがオオノじゃなかったかな。カワグチは最後までボールが見えなかったけど、オオノは投げる時に腕を下ろすだろ。だからボールが見やすかったんだ」

 一方、打者では「巨人打線はすごかった」と、篠塚利夫(現・和典)のミート力、原辰徳のパワーを挙げたが、これにはポンセ流のリップサービスが含まれていた。じつは今回の来日の際、真っ先に彼の口から出てきたのは、別のふたりだった。

「ジャイアンツのヨシムラ(吉村禎章)は、当時はまだ若かったけど、彼は間違いなくメジャーでもスターになれたよ。それにライオンズの一塁手、キヨハラ(清原和博)ね。リーグが違ったから少ししか見る機会がなかったけど、広角に打ててパワーがあった。彼もメジャー級の打者だったね」

↓のURL先から全文読めます
https://news.yahoo.co.jp/articles/c117dcf0517c4889e5f92e9c69cb4bfec5cb086f


ポンセが江川と対戦したのは86年と87年で江川はその87年で引退したからね
晩年の衰えた江川と全盛期の槇原だったらそりゃ槇原のが上だろうがよ

306:

>>1 ライバルチームには「メジャー級」の選手が揃っていたと振り返る。

「今もそうだけど、ジャイアンツはピッチャーが本当によかった。エガワ(江川卓)はたしかにすばらしいピッチャーだった。あとはミズノ(水野雄仁)もよかったね。でも、一番はあの背の高い、若い......そう、マキハラ(槙原寛己)だ。ストレートにスライダーという典型的なアメリカンスタイルのピッチングで、彼こそ間違いなくメジャーレベルだったよ。エガワよりもすごかったね。

 カープのピッチャーもよかったね。キタベップ(北別府学)はとにかく打つのが難しかった。ほかにもサウスポーのふたり......カワグチ(川口和久)とオオノ(大野豊)も速かったね。でもね、オオノは得意だったんだ。現役生活で一番印象に残っているのが広島戦で放ったサヨナラホームランなんだけど、その時のピッチャーがオオノじゃなかったかな。カワグチは最後までボールが見えなかったけど、オオノは投げる時に腕を下ろすだろ。だからボールが見やすかったんだ」

 一方、打者では「巨人打線はすごかった」と、篠塚利夫(現・和典)のミート力、原辰徳のパワーを挙げたが、これにはポンセ流のリップサービスが含まれていた。じつは今回の来日の際、真っ先に彼の口から出てきたのは、別のふたりだった。

「ジャイアンツのヨシムラ(吉村禎章)は、当時はまだ若かったけど、彼は間違いなくメジャーでもスターになれたよ。それにライオンズの一塁手、キヨハラ(清原和博)ね。リーグが違ったから少ししか見る機会がなかったけど、広角に打ててパワーがあった。彼もメジャー級の打者だったね」

↓のURL先から全文読めます
https://news.yahoo.co.jp/articles/c117dcf0517c4889e5f92e9c69cb4bfec5cb086f


メジャー行けば良かったのにアホやなあ

310:

>>306 メジャー行けば良かったのにアホやなあ


FAもポスティングもない時代

379:

>>1 ライバルチームには「メジャー級」の選手が揃っていたと振り返る。

「今もそうだけど、ジャイアンツはピッチャーが本当によかった。エガワ(江川卓)はたしかにすばらしいピッチャーだった。あとはミズノ(水野雄仁)もよかったね。でも、一番はあの背の高い、若い......そう、マキハラ(槙原寛己)だ。ストレートにスライダーという典型的なアメリカンスタイルのピッチングで、彼こそ間違いなくメジャーレベルだったよ。エガワよりもすごかったね。

 カープのピッチャーもよかったね。キタベップ(北別府学)はとにかく打つのが難しかった。ほかにもサウスポーのふたり......カワグチ(川口和久)とオオノ(大野豊)も速かったね。でもね、オオノは得意だったんだ。現役生活で一番印象に残っているのが広島戦で放ったサヨナラホームランなんだけど、その時のピッチャーがオオノじゃなかったかな。カワグチは最後までボールが見えなかったけど、オオノは投げる時に腕を下ろすだろ。だからボールが見やすかったんだ」

 一方、打者では「巨人打線はすごかった」と、篠塚利夫(現・和典)のミート力、原辰徳のパワーを挙げたが、これにはポンセ流のリップサービスが含まれていた。じつは今回の来日の際、真っ先に彼の口から出てきたのは、別のふたりだった。

「ジャイアンツのヨシムラ(吉村禎章)は、当時はまだ若かったけど、彼は間違いなくメジャーでもスターになれたよ。それにライオンズの一塁手、キヨハラ(清原和博)ね。リーグが違ったから少ししか見る機会がなかったけど、広角に打ててパワーがあった。彼もメジャー級の打者だったね」

↓のURL先から全文読めます
https://news.yahoo.co.jp/articles/c117dcf0517c4889e5f92e9c69cb4bfec5cb086f


いやいや、無理ですって

当時はメジャーとの差が大きすぎたよ

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

9:

吉村に関しては同意
ほんと穴がなかった
三冠王取れたと思うし
メジャーでも出来たろうね
ただ弱肩でレフト専用機なのは大問題だけどね

55:

>>9 吉村に関しては同意
ほんと穴がなかった
三冠王取れたと思うし
メジャーでも出来たろうね
ただ弱肩でレフト専用機なのは大問題だけどね


弱肩はメジャーではちょっと

243:

>>55 弱肩はメジャーではちょっと


ファーストで肩弱いくらでもいるよ

154:

>>9 吉村に関しては同意
ほんと穴がなかった
三冠王取れたと思うし
メジャーでも出来たろうね
ただ弱肩でレフト専用機なのは大問題だけどね


吉村はライトだったけどな

249:

>>154 吉村はライトだったけどな


あれ?栄村とぶつかった時レフトじゃなかった?小学生の記憶だけど。

260:

>>249 あれ?栄村とぶつかった時レフトじゃなかった?小学生の記憶だけど。


松本を引退に追い込んでレフトにコンバートしてるね

一節によると吉村はプライベートで事故を起こして肩を
痛めてたらしい

283:

>>249 あれ?栄村とぶつかった時レフトじゃなかった?小学生の記憶だけど。


あの年はレフト
前年まではほとんどライト

91:

斎藤は比較的苦手な広島は避けてなかったっけ?
槇原は広島にだいたい当てられてたよね。
防御率トップ争いしてたし、その頃はもう150kmの速球ではなく145前後だったけどキレキレだったんだよな。

若い頃江川さんは自分より遅いのに何で打たれないんだって思っていたらしいが、後に球速は出さなくても打たれない術をついに身につけたというわけよ。

103:

でも江川って87年を最後に引退してるわけで
ポンセにとっては最晩年の例の「鍼治療」の江川なわけで
そんなに迫力を感じなかったのは当然かも

130:

清原は日本人には珍しく外角が得意だったからメジャー向きではあったな

160:

ポンセ最後の年は第三の外国人扱いで、一軍に昇格してきたら外角へ流れるスライダーを追いかけて手を出し、バットとボールが1mは離れているんじゃないかと思える位ひどいスイングで唖然とした
素人が見ても前年まではためて待って引っ張るスイングをしてたのに、翌年あんなにおかしくなったのは家庭か精神的かわからないけど何かあったとしか思えない

189:

ポンセは引退間際の江川しか知らんのによくもまあ知った風なこと言えるな
あと大洋だと当時のパ・リーグの選手のこと全然知らんやろ
西武黄金期のナベQ・工藤・郭泰源やトレンディエースの阿波野・西崎、スローカーブの星野伸
この辺とちゃんと対戦したこともないくせに当時のNPBのレベル測るんじゃねえよw

224:

由伸は怪我がすべてだわな
2年目までの活躍見てたら、こいつは2000本安打とか楽々達成する選手なんだろうなと思って見てたもの
まさか2000本到達しないまま強制的に引退させられるとは思いもしなかったわ

232:

巨人に入団したレジー・スミスが、
「このルーキーは何者だ。メジャーに紹介したい」と目を見張ったのが槇原。

……ということを槇原自身が冗談ぽく何かのコラムで書いていたが、
けっこうマジだったんか。

235:

槙原は日米野球で毎回絶賛されていたからな
特に1986、88年の日米野球で圧倒的な投球を見せていたのが印象に残っているわ
特に86年の日米野球は、槙原と阪急の佐藤義則以外皆フルボッコだったし

277:

ポンセがいた頃は、ちょうどNPBのレベルが上がってきた頃だったな
槙原、工藤の世代から漸く投手レベルが上がってきた感じ

やっぱり90年代からだな

315:

>>277 ポンセがいた頃は、ちょうどNPBのレベルが上がってきた頃だったな
槙原、工藤の世代から漸く投手レベルが上がってきた感じ

やっぱり90年代からだな


90年代はFA制度の導入があったんでドラフト制度導入の60年代並みにNPBの変革期よ
それでいてFA制度活用しまくった巨人よりもID野球提唱したヤクルトの方が黄金期築いたりと何かと面白い時期

319:

>>315 90年代はFA制度の導入があったんでドラフト制度導入の60年代並みにNPBの変革期よ
それでいてFA制度活用しまくった巨人よりもID野球提唱したヤクルトの方が黄金期築いたりと何かと面白い時期


ポンセは80年代
FA導入前

324:

>>319 ポンセは80年代
FA導入前


そんなのわかっとるわw
NPBは90年代から変わってきたよなってコメントに対するレスなのも理解できないのバカなのか?

301:

マイク・パグリアルーロやピート・インカビリアが通用しなかった時点で野茂以外でもメジャー級投手が日本にゴロゴロ居たんやで

362:

>>301 マイク・パグリアルーロやピート・インカビリアが通用しなかった時点で野茂以外でもメジャー級投手が日本にゴロゴロ居たんやで


マドロックもダメだったな

335:

当時メジャーで本当に通用活躍できるのは古田だね
メジャーでもいないんじゃか。この先永久に出てこない名捕手

344:

吉村って今の選手で言えば良くて四、五年前の丸だろ
良い選手だが、メジャーでスーパースターになれるかと言えば無理だろとしか

350:

>>344 吉村って今の選手で言えば良くて四、五年前の丸だろ
良い選手だが、メジャーでスーパースターになれるかと言えば無理だろとしか


身長もそんなにないしな

361:

槇原は手のサイズ的にもメジャー向き。
日米野球は花試合という声もあるけど、それにしても他の投手が散々の結果に終わる中、殆ど打たれなかった。
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1703591945

Comments 0

コメントはまだありません。