遠藤航、プレミア天王山でフル出場!リヴァプールはアーセナルと1-1ドローで首位奪還ならず - スポーツ
げいのうまとめんぬ

遠藤航、プレミア天王山でフル出場!リヴァプールはアーセナルと1-1ドローで首位奪還ならず

2023/12/25
スポーツ 0
  • 現地時間23日、イングランド・プレミアリーグは第18節が行われ、遠藤航の所属するリヴァプールはホームのアンフィールドに冨安健洋の所属するアーセナルを迎えた。
  • 勝点39で首位を走るアーセナルと、同38で2位につけるリヴァプール。
  • アンフィールドで迎えた首位攻防戦に、残念ながら冨安が負傷離脱中のために日本人対決は叶わなかったものの、遠藤は公式戦6試合連続となる先発出場を果たした。
  • どちらも攻撃に特徴のあるチームではあるものの、17試合を終えてリーグ最少の15失点同士という、守備の堅さも兼ね備えている両チーム。
  • しかし、この天王山は立ち上がりに動いた。
  • 開始わずか4分、左サイドからのFKをアーセナルが得ると、ウーデゴールのキックをゴール前のガブリエウが頭で合わせる。
  • 14分、左サイドから遠藤が右足で入れたクロスをゴール前のガクポが頭で逸らすと、エリア内右でフリーとなっていたサラーがダイレクトで狙う。
  • 左サイドバックのツィミカスがゴメスとの負傷交代を余儀なくされてしまった。
  • アーセナルもマルティネッリに代えてトロサールを投入し、両ベンチが動いた。
  • 終盤になっても高いインテンシティが保たれた首位攻防戦は、互いに決勝ゴールを目指したもののスコアは動かず。

1:

現地時間23日、イングランド・プレミアリーグは第18節が行われ、遠藤航の所属するリヴァプールはホームのアンフィールドに冨安健洋の所属するアーセナルを迎えた。

勝点39で首位を走るアーセナルと、同38で2位につけるリヴァプール。アンフィールドで迎えた首位攻防戦に、残念ながら冨安が負傷離脱中のために日本人対決は叶わなかったものの、遠藤は公式戦6試合連続となる先発出場を果たした。

どちらも攻撃に特徴のあるチームではあるものの、17試合を終えてリーグ最少の15失点同士という、守備の堅さも兼ね備えている両チーム。しかし、この天王山は立ち上がりに動いた。

開始わずか4分、左サイドからのFKをアーセナルが得ると、ウーデゴールのキックをゴール前のガブリエウが頭で合わせる。これがゴール左へと決まり、アーセナルが幸先よく先制する。

その後も縦に速い攻撃でリヴァプールゴールを脅かすアーセナルに対し、リヴァプールはエースのサラーにボールを集める。14分、左サイドから遠藤が右足で入れたクロスをゴール前のガクポが頭で逸らすと、エリア内右でフリーとなっていたサラーがダイレクトで狙う。しかし、角度のない位置から放たれたボレーは枠を捉えることができない。

それでも29分、アレクサンダー=アーノルドが最終ラインからロングパスを送ると、ペナルティーエリア右で受けたサラーが対峙したジンチェンコをかわしてカットイン。そのまま左足を振り抜き、豪快にネットを揺らしてリヴァプールが試合を振り出しに戻した。

追いついたリヴァプールだが、35分にアクシデントが発生。左サイドバックのツィミカスがゴメスとの負傷交代を余儀なくされてしまった。

攻守の入れ替わりが激しく、高いインテンシティを双方が保つ天王山において、随所で対人の強さを発揮する遠藤はアディショナルタイム、スピードに乗ったマルティネッリをファールで止めてイエローカードが提示される。

しかし一方で、前に出たところをハヴァーツに倒され、イエローカードを誘発。これでハヴァーツは累積により次節出場停止となった。

1-1のまま迎えた後半、より一層激しさを増す中盤の攻防の中で、遠藤の存在感が光る。50分、高い位置で遠藤がウーデゴールからボールを奪うと、サラーがシュートまで持ち込むもDFがブロックした。

リヴァプールは68分、ガクポ、カーティス・ジョーンズ、ルイス・ディアスに代えてヌニェス、エリオット、フラーフェンベルフを投入。アーセナルもマルティネッリに代えてトロサールを投入し、両ベンチが動いた。

するとその直後、エリオットがペナルティーエリア手前右から左足を振り抜くと、DFに当たって若干コースの変わったシュートが右のポストを叩いた。さらに72分、アーセナルのCKをしのいでカウンターに出ると、ドリブルで持ち上がったサラーのラストパスをエリア内右に走り込んだアレクサンダー=アーノルドが押し込むもクロスバーを直撃。逆転の絶好機を決めきることができない。

ボール保持で上回るアーセナルは77分、ジェズスを下げてエンケティアを投入。終盤になっても高いインテンシティが保たれた首位攻防戦は、互いに決勝ゴールを目指したもののスコアは動かず。1-1のドローで勝ち点1を分け合う結果に終わり、アーセナルが首位の座をキープした。

■試合結果
リヴァプール 1-1 アーセナル

■得点者
リヴァプール:サラー(29分)
アーセナル:ガブリエウ(4分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/f94f6a6e83d7dfd5062431247083c7a9f1e71d19

96:

>>1 現地時間23日、イングランド・プレミアリーグは第18節が行われ、遠藤航の所属するリヴァプールはホームのアンフィールドに冨安健洋の所属するアーセナルを迎えた。

勝点39で首位を走るアーセナルと、同38で2位につけるリヴァプール。アンフィールドで迎えた首位攻防戦に、残念ながら冨安が負傷離脱中のために日本人対決は叶わなかったものの、遠藤は公式戦6試合連続となる先発出場を果たした。

どちらも攻撃に特徴のあるチームではあるものの、17試合を終えてリーグ最少の15失点同士という、守備の堅さも兼ね備えている両チーム。しかし、この天王山は立ち上がりに動いた。

開始わずか4分、左サイドからのFKをアーセナルが得ると、ウーデゴールのキックをゴール前のガブリエウが頭で合わせる。これがゴール左へと決まり、アーセナルが幸先よく先制する。

その後も縦に速い攻撃でリヴァプールゴールを脅かすアーセナルに対し、リヴァプールはエースのサラーにボールを集める。14分、左サイドから遠藤が右足で入れたクロスをゴール前のガクポが頭で逸らすと、エリア内右でフリーとなっていたサラーがダイレクトで狙う。しかし、角度のない位置から放たれたボレーは枠を捉えることができない。

それでも29分、アレクサンダー=アーノルドが最終ラインからロングパスを送ると、ペナルティーエリア右で受けたサラーが対峙したジンチェンコをかわしてカットイン。そのまま左足を振り抜き、豪快にネットを揺らしてリヴァプールが試合を振り出しに戻した。

追いついたリヴァプールだが、35分にアクシデントが発生。左サイドバックのツィミカスがゴメスとの負傷交代を余儀なくされてしまった。

攻守の入れ替わりが激しく、高いインテンシティを双方が保つ天王山において、随所で対人の強さを発揮する遠藤はアディショナルタイム、スピードに乗ったマルティネッリをファールで止めてイエローカードが提示される。

しかし一方で、前に出たところをハヴァーツに倒され、イエローカードを誘発。これでハヴァーツは累積により次節出場停止となった。

1-1のまま迎えた後半、より一層激しさを増す中盤の攻防の中で、遠藤の存在感が光る。50分、高い位置で遠藤がウーデゴールからボールを奪うと、サラーがシュートまで持ち込むもDFがブロックした。

リヴァプールは68分、ガクポ、カーティス・ジョーンズ、ルイス・ディアスに代えてヌニェス、エリオット、フラーフェンベルフを投入。アーセナルもマルティネッリに代えてトロサールを投入し、両ベンチが動いた。

するとその直後、エリオットがペナルティーエリア手前右から左足を振り抜くと、DFに当たって若干コースの変わったシュートが右のポストを叩いた。さらに72分、アーセナルのCKをしのいでカウンターに出ると、ドリブルで持ち上がったサラーのラストパスをエリア内右に走り込んだアレクサンダー=アーノルドが押し込むもクロスバーを直撃。逆転の絶好機を決めきることができない。

ボール保持で上回るアーセナルは77分、ジェズスを下げてエンケティアを投入。終盤になっても高いインテンシティが保たれた首位攻防戦は、互いに決勝ゴールを目指したもののスコアは動かず。1-1のドローで勝ち点1を分け合う結果に終わり、アーセナルが首位の座をキープした。

■試合結果
リヴァプール 1-1 アーセナル

■得点者
リヴァプール:サラー(29分)
アーセナル:ガブリエウ(4分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/f94f6a6e83d7dfd5062431247083c7a9f1e71d19


遠藤ベンチスタートとか言ってた奴ら涙目で草

普通にアーセナル戦も先発遠藤でしたとさ笑

211:

>>96 遠藤ベンチスタートとか言ってた奴ら涙目で草

普通にアーセナル戦も先発遠藤でしたとさ笑


アンチ遠藤航によると
リバプールの穴は遠藤航で
ソボスライが良くないのは遠藤航のカバーに忙しいからだそうで?
マクアリが怪我したのも遠藤航が遅いから?
みたいよ(^^)
遠藤航がいなければ全て解決だってさ??

613:

>>1 現地時間23日、イングランド・プレミアリーグは第18節が行われ、遠藤航の所属するリヴァプールはホームのアンフィールドに冨安健洋の所属するアーセナルを迎えた。

勝点39で首位を走るアーセナルと、同38で2位につけるリヴァプール。アンフィールドで迎えた首位攻防戦に、残念ながら冨安が負傷離脱中のために日本人対決は叶わなかったものの、遠藤は公式戦6試合連続となる先発出場を果たした。

どちらも攻撃に特徴のあるチームではあるものの、17試合を終えてリーグ最少の15失点同士という、守備の堅さも兼ね備えている両チーム。しかし、この天王山は立ち上がりに動いた。

開始わずか4分、左サイドからのFKをアーセナルが得ると、ウーデゴールのキックをゴール前のガブリエウが頭で合わせる。これがゴール左へと決まり、アーセナルが幸先よく先制する。

その後も縦に速い攻撃でリヴァプールゴールを脅かすアーセナルに対し、リヴァプールはエースのサラーにボールを集める。14分、左サイドから遠藤が右足で入れたクロスをゴール前のガクポが頭で逸らすと、エリア内右でフリーとなっていたサラーがダイレクトで狙う。しかし、角度のない位置から放たれたボレーは枠を捉えることができない。

それでも29分、アレクサンダー=アーノルドが最終ラインからロングパスを送ると、ペナルティーエリア右で受けたサラーが対峙したジンチェンコをかわしてカットイン。そのまま左足を振り抜き、豪快にネットを揺らしてリヴァプールが試合を振り出しに戻した。

追いついたリヴァプールだが、35分にアクシデントが発生。左サイドバックのツィミカスがゴメスとの負傷交代を余儀なくされてしまった。

攻守の入れ替わりが激しく、高いインテンシティを双方が保つ天王山において、随所で対人の強さを発揮する遠藤はアディショナルタイム、スピードに乗ったマルティネッリをファールで止めてイエローカードが提示される。

しかし一方で、前に出たところをハヴァーツに倒され、イエローカードを誘発。これでハヴァーツは累積により次節出場停止となった。

1-1のまま迎えた後半、より一層激しさを増す中盤の攻防の中で、遠藤の存在感が光る。50分、高い位置で遠藤がウーデゴールからボールを奪うと、サラーがシュートまで持ち込むもDFがブロックした。

リヴァプールは68分、ガクポ、カーティス・ジョーンズ、ルイス・ディアスに代えてヌニェス、エリオット、フラーフェンベルフを投入。アーセナルもマルティネッリに代えてトロサールを投入し、両ベンチが動いた。

するとその直後、エリオットがペナルティーエリア手前右から左足を振り抜くと、DFに当たって若干コースの変わったシュートが右のポストを叩いた。さらに72分、アーセナルのCKをしのいでカウンターに出ると、ドリブルで持ち上がったサラーのラストパスをエリア内右に走り込んだアレクサンダー=アーノルドが押し込むもクロスバーを直撃。逆転の絶好機を決めきることができない。

ボール保持で上回るアーセナルは77分、ジェズスを下げてエンケティアを投入。終盤になっても高いインテンシティが保たれた首位攻防戦は、互いに決勝ゴールを目指したもののスコアは動かず。1-1のドローで勝ち点1を分け合う結果に終わり、アーセナルが首位の座をキープした。

■試合結果
リヴァプール 1-1 アーセナル

■得点者
リヴァプール:サラー(29分)
アーセナル:ガブリエウ(4分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/f94f6a6e83d7dfd5062431247083c7a9f1e71d19


完全にハンド
インチキ競技
子供の頃からサッカーでインチキに慣れさせて大人になる頃には八百長戦争にも文句も言わなくなる
サッカーは便利な洗脳道具

775:

>>1 現地時間23日、イングランド・プレミアリーグは第18節が行われ、遠藤航の所属するリヴァプールはホームのアンフィールドに冨安健洋の所属するアーセナルを迎えた。

勝点39で首位を走るアーセナルと、同38で2位につけるリヴァプール。アンフィールドで迎えた首位攻防戦に、残念ながら冨安が負傷離脱中のために日本人対決は叶わなかったものの、遠藤は公式戦6試合連続となる先発出場を果たした。

どちらも攻撃に特徴のあるチームではあるものの、17試合を終えてリーグ最少の15失点同士という、守備の堅さも兼ね備えている両チーム。しかし、この天王山は立ち上がりに動いた。

開始わずか4分、左サイドからのFKをアーセナルが得ると、ウーデゴールのキックをゴール前のガブリエウが頭で合わせる。これがゴール左へと決まり、アーセナルが幸先よく先制する。

その後も縦に速い攻撃でリヴァプールゴールを脅かすアーセナルに対し、リヴァプールはエースのサラーにボールを集める。14分、左サイドから遠藤が右足で入れたクロスをゴール前のガクポが頭で逸らすと、エリア内右でフリーとなっていたサラーがダイレクトで狙う。しかし、角度のない位置から放たれたボレーは枠を捉えることができない。

それでも29分、アレクサンダー=アーノルドが最終ラインからロングパスを送ると、ペナルティーエリア右で受けたサラーが対峙したジンチェンコをかわしてカットイン。そのまま左足を振り抜き、豪快にネットを揺らしてリヴァプールが試合を振り出しに戻した。

追いついたリヴァプールだが、35分にアクシデントが発生。左サイドバックのツィミカスがゴメスとの負傷交代を余儀なくされてしまった。

攻守の入れ替わりが激しく、高いインテンシティを双方が保つ天王山において、随所で対人の強さを発揮する遠藤はアディショナルタイム、スピードに乗ったマルティネッリをファールで止めてイエローカードが提示される。

しかし一方で、前に出たところをハヴァーツに倒され、イエローカードを誘発。これでハヴァーツは累積により次節出場停止となった。

1-1のまま迎えた後半、より一層激しさを増す中盤の攻防の中で、遠藤の存在感が光る。50分、高い位置で遠藤がウーデゴールからボールを奪うと、サラーがシュートまで持ち込むもDFがブロックした。

リヴァプールは68分、ガクポ、カーティス・ジョーンズ、ルイス・ディアスに代えてヌニェス、エリオット、フラーフェンベルフを投入。アーセナルもマルティネッリに代えてトロサールを投入し、両ベンチが動いた。

するとその直後、エリオットがペナルティーエリア手前右から左足を振り抜くと、DFに当たって若干コースの変わったシュートが右のポストを叩いた。さらに72分、アーセナルのCKをしのいでカウンターに出ると、ドリブルで持ち上がったサラーのラストパスをエリア内右に走り込んだアレクサンダー=アーノルドが押し込むもクロスバーを直撃。逆転の絶好機を決めきることができない。

ボール保持で上回るアーセナルは77分、ジェズスを下げてエンケティアを投入。終盤になっても高いインテンシティが保たれた首位攻防戦は、互いに決勝ゴールを目指したもののスコアは動かず。1-1のドローで勝ち点1を分け合う結果に終わり、アーセナルが首位の座をキープした。

■試合結果
リヴァプール 1-1 アーセナル

■得点者
リヴァプール:サラー(29分)
アーセナル:ガブリエウ(4分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/f94f6a6e83d7dfd5062431247083c7a9f1e71d19


手のひら返しでしんどい
コイツの評価はどっちやねん結局

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

15:

劣勢を予想してたけどリバポも遠藤も中2日でこんなに頑張れるとは
本当に何かを掴んだようだね遠藤は
サラーと共に離脱が惜しまれる存在になったのは間違いない

40:

アーセナル相手にリバプールの1アンカーを90分務め上げていて震える
イエローも2枚くらい引き出してたのでは

60:

>>40 アーセナル相手にリバプールの1アンカーを90分務め上げていて震える
イエローも2枚くらい引き出してたのでは


日本人がプレミアのビッグゲームで90分
あそこのポジションを1人でこなしたって衝撃的だよなw
とんでもない事だわ

168:

〜海外リバプールサポの反応〜

遠藤はバケモンかよ、中盤を支配していた

遠藤は静かな中盤のスーパースターだ

チェルシーの奴より遥かに良いわ、遠藤はバーゲンだったな

イエローをもらってからも、厳しい守備を続けてたのは勇敢だった

遠藤はプレミアのスピードに慣れてきたな。素早いターン、体の使い方、パス回しがスムーズになって来ている

遠藤の危険察知能力は素晴らしい

今日のMOMはコナテ、遠藤、そしてゴメスだ

もう30歳?、いや、?Wまだ?W30歳だ

307:

タキと違って
ブンデスのトップボランチの1人だったからな、遠藤は
対応期間が済めばプレミアで通用しないわけがなかった
リバプールでレギュラー取れるかはまた別の話でな

582:

>エンドウは現在のレッズの選手としては最長の6試合連続で先発を果たし、この日も堅実なプレーを見せた。足が速く、
>アーセナルにプレッシャーをかける判断も早く、
>後半の早い時間帯に見事なチャンスを作った

遠藤って足速いの???
足が遅くてダメみたいな批判ばっかりだったけど

592:

>>582 >エンドウは現在のレッズの選手としては最長の6試合連続で先発を果たし、この日も堅実なプレーを見せた。足が速く、
>アーセナルにプレッシャーをかける判断も早く、
>後半の早い時間帯に見事なチャンスを作った

遠藤って足速いの???
足が遅くてダメみたいな批判ばっかりだったけど


エンドリックふつーじゃない?。。。きしくも真夜中未明に目が覚めてエヴァートン戦のソンフンミンが界王拳じゅうべえドリブルした場面観たけど迅速だったww

586:

アンカーだから狙われたな
遠藤にボールが入ると2枚プレッシャーがくる
しかもアーセナルだからめちゃくちゃ寄せが速い
遠藤が前を向いて相手のプレスが2枚剥がれるシーンは気持ちいいね

遠藤がロングパスを使えればもっと展開が早くなる
サラーが物欲しげにサイドで待ってるよ

659:

リバープルは18節時点で得点が増えて失点が減ってるし攻守のバランスが去年より良くなったんだろうな
アーセナルは強いけど攻撃の迫力は去年のほうがあったかな
マークがきつくなってるんだろうけどマルティネッリとウーデゴールが昨季より少し物足りない

遠藤はマカリスターの怪我で出場時間が増えた影響もあるんだろうけど
トランジションのところでリーグやチームに合わせてアジャストが進んでる感じはしてる

702:

遠藤がというよりは日本人選手がリバプールのレギュラー獲得したのは凄いよな。
他のアジア人選手はリバプールのベンチにすら入れないんだから。
遠藤がダメなら、初めの頃と同じようにクロップはアーセナル戦でも前半で下げてるよ。

711:

地元メディア『Liverpool Echo』は、この試合に出場した選手たちを10段階で評価。
遠藤にはチーム最高点タイとなる「8」の評価が与えられた。

イギリスメディア『90min』も同じように10段階での採点を行い、
『Liverpool Echo』と同じく日本代表MFに最高点タイ「8」点を与えた。

846:

>>711 地元メディア『Liverpool Echo』は、この試合に出場した選手たちを10段階で評価。
遠藤にはチーム最高点タイとなる「8」の評価が与えられた。

イギリスメディア『90min』も同じように10段階での採点を行い、
『Liverpool Echo』と同じく日本代表MFに最高点タイ「8」点を与えた。


おお

746:

遠藤はアンカーではない
ドイツでは2ボラかインサイドハーフの出場でアンカーとしてはあまり試合していない
なのに代表でポイチは4-3-3のときはアンカーとして使っていて?だった
しかしリバプールでここまで適応してくるとやはりポイチの見る目は正しかったのか😲

763:

>>746 遠藤はアンカーではない
ドイツでは2ボラかインサイドハーフの出場でアンカーとしてはあまり試合していない
なのに代表でポイチは4-3-3のときはアンカーとして使っていて?だった
しかしリバプールでここまで適応してくるとやはりポイチの見る目は正しかったのか😲


ドイツでもよくCBの位置まで下がって
人数足りない時は代わりやってたし
アンカー適性かなりあったよ
多分、普通の監督ならみんな適性あるのは分かる

747:

ブンデスであれだけ守備、フィジカルで無双してた遠藤がプレミアで活躍できなかったら、またブンデスがバカにされそうだったからこれほどの活躍をしてくれて嬉しい。それもリヴァプールのアンカーという世界一難しいかもしれないポジションで。

783:

遠藤の年齢からして、いずれは他の選手が入ってくるだろうけど、アーセナルやリバプールに冨安や遠藤のような役割が任せられるアジア人選手は、今後10年以上レギュラーは愚かベンチに入る選手すら現れないだろうな。。。

791:

リバポの試合、特に去年今年の試合を見てた人じゃないと今日の遠藤の凄さはよくわからないかもしれない。タッチ集とかボールコントロールだけしか見ない人も分からんと思う。

今日の試合はこれまでチームががら空きにしてた場所をことごとく遠藤が埋めてた。ガナの攻守のスピードやウデゴーが輝かなかったのも遠藤の影響がめちゃくちゃ大きかった。
ポジショニングとランのタイミングが絶妙すぎるわ。

828:

>>791 リバポの試合、特に去年今年の試合を見てた人じゃないと今日の遠藤の凄さはよくわからないかもしれない。タッチ集とかボールコントロールだけしか見ない人も分からんと思う。

今日の試合はこれまでチームががら空きにしてた場所をことごとく遠藤が埋めてた。ガナの攻守のスピードやウデゴーが輝かなかったのも遠藤の影響がめちゃくちゃ大きかった。
ポジショニングとランのタイミングが絶妙すぎるわ。


一部の動画しか見れてないけど狩人だと思った

966:

アンカーならマクアリより遠藤の方が上だよ
アジリティはマクアリの方が上だがフィジカルと空中戦の強さや運動量は遠藤の方が上だろ
遠藤はリバプールの救世主になってる
もしマクアリのままなら今ごろ五位くらいだよ
マクアリはクロップのサッカーに合ってない

980:

>>966 アンカーならマクアリより遠藤の方が上だよ
アジリティはマクアリの方が上だがフィジカルと空中戦の強さや運動量は遠藤の方が上だろ
遠藤はリバプールの救世主になってる
もしマクアリのままなら今ごろ五位くらいだよ
マクアリはクロップのサッカーに合ってない


マクアリスタメンで首位争いしてたんだから一概には言えんよ。
リバポはやり方が攻撃寄りだしね。
守備面では本職遠藤のほうが優れてるのは確かだけど
相手や試合内容によって使い分ければいい。
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1703360463

Comments 0

コメントはまだありません。