つまらなかった大河ドラマランキング!3位『平清盛』、2位『いだてん』を抑えた1位は? - ドラマ
げいのうまとめんぬ

つまらなかった大河ドラマランキング!3位『平清盛』、2位『いだてん』を抑えた1位は?

2023/12/25
ドラマ 0
  • ■つまらなかった大河ドラマランキング!3位『平清盛』、2位『いだてん』を抑えた1位は?【’11年以降編】 12月17日に『どうする家康』が最終回を迎え、来年1月7日から始まる『光る君へ』にバトンタッチする大河ドラマ。
  • 【ランキングあり】がっかりした大河ドラマ全順位(’11年~’23年) 【2011年~2023年】がっかりした大河ドラマランキング全順位 1位:どうする家康(2023) 163票 2位:いだてん~東京オリムピック噺~(2019) 117票 3位:平清盛 (2012) 33票 4位:江~姫たちの戦国~(2011) 32票 5位:鎌倉殿の13人(2022) 28票 6位:青天を衝け(2021) 22票 6位:西郷どん(2018) 22票 8位:八重の桜(2013) 19票 9位:麒麟がくる(2020) 15票 10:花燃ゆ (2015) 14票 10位:おんな城主 直虎 (2017) 14票 12位:軍師官兵衛(2014) 12票 13位:真田丸 (2016) 9票 【調査概要】 調査対象:20歳以上の500人 調査方法:WEBでのアンケート(クロス・マーケティングのセルフアンケートツール『QiQUMO』を使用) 『光る君へ』は主人公の紫式部を吉高由里子(35)が演じ、脚本を務めるのは’06年の『功名が辻』も手掛けた大石静氏(72)。
  • 大石氏は『光る君へ』について《当時の政治劇も色濃く描きます。
  • 《光る君へにはちょっと期待してる。
  • いったいどのような作品が、視聴者に評価されるのだろうか?本誌は’11年以降に放送された大河について、「面白かった」「つまらなかった」と感じた作品について、20歳以上の500人を対象にアンケートを実施した。
  • 今回は「つまらなかった」大河ドラマについての結果を公表する。
  • まず第3位は’12年の『平清盛』だ。
  • 松山ケンイチ(38)が主演を務め、本当の親を知らないまま育った平清盛が日本を制覇していく様を描いている同作。
  • 脚本を手掛けたのは、’07年の『ちりとてちん』や’21年の『カムカムエヴリバディ』といった朝ドラ作品で知られる藤本有紀氏(55)だ。
  • 大河ドラマとしては異例の男色を描いたほか、骨太なストーリーは熱狂的なファンを生むことに。

1:

■つまらなかった大河ドラマランキング!3位『平清盛』、2位『いだてん』を抑えた1位は?【’11年以降編】

12月17日に『どうする家康』が最終回を迎え、来年1月7日から始まる『光る君へ』にバトンタッチする大河ドラマ。

【ランキングあり】がっかりした大河ドラマ 全順位(’11年~’23年)
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2276344/4/?yahoo

【2011年~2023年】がっかりした大河ドラマランキング 全順位



1位:どうする家康 (2023) 163票
2位:いだてん~東京オリムピック噺~(2019) 117票
3位:平清盛 (2012) 33票
4位:江~姫たちの戦国~(2011) 32票
5位:鎌倉殿の13人 (2022) 28票
6位:青天を衝け (2021) 22票
6位:西郷どん (2018) 22票
8位:八重の桜 (2013) 19票
9位:麒麟がくる (2020) 15票
10:花燃ゆ (2015) 14票
10位:おんな城主 直虎 (2017) 14票
12位:軍師官兵衛 (2014) 12票
13位:真田丸 (2016) 9票

【調査概要】

調査対象:20歳以上の500人
調査方法:WEBでのアンケート(クロス・マーケティングのセルフアンケートツール『QiQUMO』を使用)

『光る君へ』は主人公の紫式部を吉高由里子(35)が演じ、脚本を務めるのは’06年の『功名が辻』も手掛けた大石静氏(72)。大石氏は『光る君へ』について《当時の政治劇も色濃く描きます。権謀術策と恋愛をうまく絡めれば、よりスリリングなドラマにできると思って頑張っています。ご覧くださるみなさまがハマってくださることを祈りながら》(「NHK」の公式サイト 23.12.17)と語っているが、SNSでも同作への期待値が高まっている。

《光る君へにはちょっと期待してる。あまり描かれない時代で、よく知らない人物の話は興味がある》
《光る君へ、めっちゃ楽しみ》
《どんな紫式部が観れるのか凄く楽しみです!!》

60年にわたる歴史を持ち、様々な名作が生まれた大河ドラマ。いっぽうで、視聴者の期待に沿えなかった作品も多々あるようだ。いったいどのような作品が、視聴者に評価されるのだろうか? 本誌は’11年以降に放送された大河について、「面白かった」「つまらなかった」と感じた作品について、20歳以上の500人を対象にアンケートを実施した。今回は「つまらなかった」大河ドラマについての結果を公表する。

まず第3位は’12年の『平清盛』だ。松山ケンイチ(38)が主演を務め、本当の親を知らないまま育った平清盛が日本を制覇していく様を描いている同作。脚本を手掛けたのは、’07年の『ちりとてちん』や’21年の『カムカムエヴリバディ』といった朝ドラ作品で知られる藤本有紀氏(55)だ。大河ドラマとしては異例の男色を描いたほか、骨太なストーリーは熱狂的なファンを生むことに。

一方、同作は当時、清盛にゆかりのある兵庫県の井戸敏三知事(78)が「まず画面が汚い。(視聴者が)チャンネルを回す気にならないのでは」と会見で話し、NHKに改善を申し入れたことも話題に。今回も《とにかく、映像が汚かった》《画面が薄汚れたような演出》というコメントが寄せられており、映像に対するネガティブなイメージもいまだ強いようだ。

これらの画面作りも影響してか、全50回の平均視聴率が12.0%と、当時「大河史上、最低の視聴率」として波紋を呼ぶことに。今回のアンケートでも《見ていて明るい気分になれなかった》《暗かった》《「もののけじゃあ」ばっかりでアホかと思った》など厳しい声が寄せられた。 

つづく

12/24(日) 6:02 女性自身
https://news.yahoo.co.jp/articles/4c65b0029e4eebcb80e7ef2d70951ba47d5831b5

111:

>>1 ■つまらなかった大河ドラマランキング!3位『平清盛』、2位『いだてん』を抑えた1位は?【’11年以降編】

12月17日に『どうする家康』が最終回を迎え、来年1月7日から始まる『光る君へ』にバトンタッチする大河ドラマ。

【ランキングあり】がっかりした大河ドラマ 全順位(’11年~’23年)
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2276344/4/?yahoo

【2011年~2023年】がっかりした大河ドラマランキング 全順位



1位:どうする家康 (2023) 163票
2位:いだてん~東京オリムピック噺~(2019) 117票
3位:平清盛 (2012) 33票
4位:江~姫たちの戦国~(2011) 32票
5位:鎌倉殿の13人 (2022) 28票
6位:青天を衝け (2021) 22票
6位:西郷どん (2018) 22票
8位:八重の桜 (2013) 19票
9位:麒麟がくる (2020) 15票
10:花燃ゆ (2015) 14票
10位:おんな城主 直虎 (2017) 14票
12位:軍師官兵衛 (2014) 12票
13位:真田丸 (2016) 9票

【調査概要】

調査対象:20歳以上の500人
調査方法:WEBでのアンケート(クロス・マーケティングのセルフアンケートツール『QiQUMO』を使用)

『光る君へ』は主人公の紫式部を吉高由里子(35)が演じ、脚本を務めるのは’06年の『功名が辻』も手掛けた大石静氏(72)。大石氏は『光る君へ』について《当時の政治劇も色濃く描きます。権謀術策と恋愛をうまく絡めれば、よりスリリングなドラマにできると思って頑張っています。ご覧くださるみなさまがハマってくださることを祈りながら》(「NHK」の公式サイト 23.12.17)と語っているが、SNSでも同作への期待値が高まっている。

《光る君へにはちょっと期待してる。あまり描かれない時代で、よく知らない人物の話は興味がある》
《光る君へ、めっちゃ楽しみ》
《どんな紫式部が観れるのか凄く楽しみです!!》

60年にわたる歴史を持ち、様々な名作が生まれた大河ドラマ。いっぽうで、視聴者の期待に沿えなかった作品も多々あるようだ。いったいどのような作品が、視聴者に評価されるのだろうか? 本誌は’11年以降に放送された大河について、「面白かった」「つまらなかった」と感じた作品について、20歳以上の500人を対象にアンケートを実施した。今回は「つまらなかった」大河ドラマについての結果を公表する。

まず第3位は’12年の『平清盛』だ。松山ケンイチ(38)が主演を務め、本当の親を知らないまま育った平清盛が日本を制覇していく様を描いている同作。脚本を手掛けたのは、’07年の『ちりとてちん』や’21年の『カムカムエヴリバディ』といった朝ドラ作品で知られる藤本有紀氏(55)だ。大河ドラマとしては異例の男色を描いたほか、骨太なストーリーは熱狂的なファンを生むことに。

一方、同作は当時、清盛にゆかりのある兵庫県の井戸敏三知事(78)が「まず画面が汚い。(視聴者が)チャンネルを回す気にならないのでは」と会見で話し、NHKに改善を申し入れたことも話題に。今回も《とにかく、映像が汚かった》《画面が薄汚れたような演出》というコメントが寄せられており、映像に対するネガティブなイメージもいまだ強いようだ。

これらの画面作りも影響してか、全50回の平均視聴率が12.0%と、当時「大河史上、最低の視聴率」として波紋を呼ぶことに。今回のアンケートでも《見ていて明るい気分になれなかった》《暗かった》《「もののけじゃあ」ばっかりでアホかと思った》など厳しい声が寄せられた。 

つづく

12/24(日) 6:02 女性自身
https://news.yahoo.co.jp/articles/4c65b0029e4eebcb80e7ef2d70951ba47d5831b5


珍しく信憑性あるランキング

229:

>>1 ■つまらなかった大河ドラマランキング!3位『平清盛』、2位『いだてん』を抑えた1位は?【’11年以降編】

12月17日に『どうする家康』が最終回を迎え、来年1月7日から始まる『光る君へ』にバトンタッチする大河ドラマ。

【ランキングあり】がっかりした大河ドラマ 全順位(’11年~’23年)
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2276344/4/?yahoo

【2011年~2023年】がっかりした大河ドラマランキング 全順位



1位:どうする家康 (2023) 163票
2位:いだてん~東京オリムピック噺~(2019) 117票
3位:平清盛 (2012) 33票
4位:江~姫たちの戦国~(2011) 32票
5位:鎌倉殿の13人 (2022) 28票
6位:青天を衝け (2021) 22票
6位:西郷どん (2018) 22票
8位:八重の桜 (2013) 19票
9位:麒麟がくる (2020) 15票
10:花燃ゆ (2015) 14票
10位:おんな城主 直虎 (2017) 14票
12位:軍師官兵衛 (2014) 12票
13位:真田丸 (2016) 9票

【調査概要】

調査対象:20歳以上の500人
調査方法:WEBでのアンケート(クロス・マーケティングのセルフアンケートツール『QiQUMO』を使用)

『光る君へ』は主人公の紫式部を吉高由里子(35)が演じ、脚本を務めるのは’06年の『功名が辻』も手掛けた大石静氏(72)。大石氏は『光る君へ』について《当時の政治劇も色濃く描きます。権謀術策と恋愛をうまく絡めれば、よりスリリングなドラマにできると思って頑張っています。ご覧くださるみなさまがハマってくださることを祈りながら》(「NHK」の公式サイト 23.12.17)と語っているが、SNSでも同作への期待値が高まっている。

《光る君へにはちょっと期待してる。あまり描かれない時代で、よく知らない人物の話は興味がある》
《光る君へ、めっちゃ楽しみ》
《どんな紫式部が観れるのか凄く楽しみです!!》

60年にわたる歴史を持ち、様々な名作が生まれた大河ドラマ。いっぽうで、視聴者の期待に沿えなかった作品も多々あるようだ。いったいどのような作品が、視聴者に評価されるのだろうか? 本誌は’11年以降に放送された大河について、「面白かった」「つまらなかった」と感じた作品について、20歳以上の500人を対象にアンケートを実施した。今回は「つまらなかった」大河ドラマについての結果を公表する。

まず第3位は’12年の『平清盛』だ。松山ケンイチ(38)が主演を務め、本当の親を知らないまま育った平清盛が日本を制覇していく様を描いている同作。脚本を手掛けたのは、’07年の『ちりとてちん』や’21年の『カムカムエヴリバディ』といった朝ドラ作品で知られる藤本有紀氏(55)だ。大河ドラマとしては異例の男色を描いたほか、骨太なストーリーは熱狂的なファンを生むことに。

一方、同作は当時、清盛にゆかりのある兵庫県の井戸敏三知事(78)が「まず画面が汚い。(視聴者が)チャンネルを回す気にならないのでは」と会見で話し、NHKに改善を申し入れたことも話題に。今回も《とにかく、映像が汚かった》《画面が薄汚れたような演出》というコメントが寄せられており、映像に対するネガティブなイメージもいまだ強いようだ。

これらの画面作りも影響してか、全50回の平均視聴率が12.0%と、当時「大河史上、最低の視聴率」として波紋を呼ぶことに。今回のアンケートでも《見ていて明るい気分になれなかった》《暗かった》《「もののけじゃあ」ばっかりでアホかと思った》など厳しい声が寄せられた。 

つづく

12/24(日) 6:02 女性自身
https://news.yahoo.co.jp/articles/4c65b0029e4eebcb80e7ef2d70951ba47d5831b5

のランクでいだてんと青天はほとんど見てないなあ
特にいだてんは1話も見てない
合戦のない大河は始めから見る気しなかった
ランク外だが黄金の日々はそれなりに面白かったが

ちなみに、太平洋戦争を題材にした大河は作らないのだろうか?

238:

>>229のランクでいだてんと青天はほとんど見てないなあ
特にいだてんは1話も見てない
合戦のない大河は始めから見る気しなかった
ランク外だが黄金の日々はそれなりに面白かったが

ちなみに、太平洋戦争を題材にした大河は作らないのだろうか?


「どうする家康」ですら、毛利輝元の描写に、
現毛利家の当主がYouTubeで噛みついたりしてたし、
近現代は子孫の存在がいろいろ難しいのでは

340:

>>1 ■つまらなかった大河ドラマランキング!3位『平清盛』、2位『いだてん』を抑えた1位は?【’11年以降編】

12月17日に『どうする家康』が最終回を迎え、来年1月7日から始まる『光る君へ』にバトンタッチする大河ドラマ。

【ランキングあり】がっかりした大河ドラマ 全順位(’11年~’23年)
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2276344/4/?yahoo

【2011年~2023年】がっかりした大河ドラマランキング 全順位



1位:どうする家康 (2023) 163票
2位:いだてん~東京オリムピック噺~(2019) 117票
3位:平清盛 (2012) 33票
4位:江~姫たちの戦国~(2011) 32票
5位:鎌倉殿の13人 (2022) 28票
6位:青天を衝け (2021) 22票
6位:西郷どん (2018) 22票
8位:八重の桜 (2013) 19票
9位:麒麟がくる (2020) 15票
10:花燃ゆ (2015) 14票
10位:おんな城主 直虎 (2017) 14票
12位:軍師官兵衛 (2014) 12票
13位:真田丸 (2016) 9票

【調査概要】

調査対象:20歳以上の500人
調査方法:WEBでのアンケート(クロス・マーケティングのセルフアンケートツール『QiQUMO』を使用)

『光る君へ』は主人公の紫式部を吉高由里子(35)が演じ、脚本を務めるのは’06年の『功名が辻』も手掛けた大石静氏(72)。大石氏は『光る君へ』について《当時の政治劇も色濃く描きます。権謀術策と恋愛をうまく絡めれば、よりスリリングなドラマにできると思って頑張っています。ご覧くださるみなさまがハマってくださることを祈りながら》(「NHK」の公式サイト 23.12.17)と語っているが、SNSでも同作への期待値が高まっている。

《光る君へにはちょっと期待してる。あまり描かれない時代で、よく知らない人物の話は興味がある》
《光る君へ、めっちゃ楽しみ》
《どんな紫式部が観れるのか凄く楽しみです!!》

60年にわたる歴史を持ち、様々な名作が生まれた大河ドラマ。いっぽうで、視聴者の期待に沿えなかった作品も多々あるようだ。いったいどのような作品が、視聴者に評価されるのだろうか? 本誌は’11年以降に放送された大河について、「面白かった」「つまらなかった」と感じた作品について、20歳以上の500人を対象にアンケートを実施した。今回は「つまらなかった」大河ドラマについての結果を公表する。

まず第3位は’12年の『平清盛』だ。松山ケンイチ(38)が主演を務め、本当の親を知らないまま育った平清盛が日本を制覇していく様を描いている同作。脚本を手掛けたのは、’07年の『ちりとてちん』や’21年の『カムカムエヴリバディ』といった朝ドラ作品で知られる藤本有紀氏(55)だ。大河ドラマとしては異例の男色を描いたほか、骨太なストーリーは熱狂的なファンを生むことに。

一方、同作は当時、清盛にゆかりのある兵庫県の井戸敏三知事(78)が「まず画面が汚い。(視聴者が)チャンネルを回す気にならないのでは」と会見で話し、NHKに改善を申し入れたことも話題に。今回も《とにかく、映像が汚かった》《画面が薄汚れたような演出》というコメントが寄せられており、映像に対するネガティブなイメージもいまだ強いようだ。

これらの画面作りも影響してか、全50回の平均視聴率が12.0%と、当時「大河史上、最低の視聴率」として波紋を呼ぶことに。今回のアンケートでも《見ていて明るい気分になれなかった》《暗かった》《「もののけじゃあ」ばっかりでアホかと思った》など厳しい声が寄せられた。 

つづく

12/24(日) 6:02 女性自身
https://news.yahoo.co.jp/articles/4c65b0029e4eebcb80e7ef2d70951ba47d5831b5


ガッカリで上位、
面白かったでも上位なら、
両方を載せる記事にしないとかわいそう

404:

>>1 ■つまらなかった大河ドラマランキング!3位『平清盛』、2位『いだてん』を抑えた1位は?【’11年以降編】

12月17日に『どうする家康』が最終回を迎え、来年1月7日から始まる『光る君へ』にバトンタッチする大河ドラマ。

【ランキングあり】がっかりした大河ドラマ 全順位(’11年~’23年)
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2276344/4/?yahoo

【2011年~2023年】がっかりした大河ドラマランキング 全順位



1位:どうする家康 (2023) 163票
2位:いだてん~東京オリムピック噺~(2019) 117票
3位:平清盛 (2012) 33票
4位:江~姫たちの戦国~(2011) 32票
5位:鎌倉殿の13人 (2022) 28票
6位:青天を衝け (2021) 22票
6位:西郷どん (2018) 22票
8位:八重の桜 (2013) 19票
9位:麒麟がくる (2020) 15票
10:花燃ゆ (2015) 14票
10位:おんな城主 直虎 (2017) 14票
12位:軍師官兵衛 (2014) 12票
13位:真田丸 (2016) 9票

【調査概要】

調査対象:20歳以上の500人
調査方法:WEBでのアンケート(クロス・マーケティングのセルフアンケートツール『QiQUMO』を使用)

『光る君へ』は主人公の紫式部を吉高由里子(35)が演じ、脚本を務めるのは’06年の『功名が辻』も手掛けた大石静氏(72)。大石氏は『光る君へ』について《当時の政治劇も色濃く描きます。権謀術策と恋愛をうまく絡めれば、よりスリリングなドラマにできると思って頑張っています。ご覧くださるみなさまがハマってくださることを祈りながら》(「NHK」の公式サイト 23.12.17)と語っているが、SNSでも同作への期待値が高まっている。

《光る君へにはちょっと期待してる。あまり描かれない時代で、よく知らない人物の話は興味がある》
《光る君へ、めっちゃ楽しみ》
《どんな紫式部が観れるのか凄く楽しみです!!》

60年にわたる歴史を持ち、様々な名作が生まれた大河ドラマ。いっぽうで、視聴者の期待に沿えなかった作品も多々あるようだ。いったいどのような作品が、視聴者に評価されるのだろうか? 本誌は’11年以降に放送された大河について、「面白かった」「つまらなかった」と感じた作品について、20歳以上の500人を対象にアンケートを実施した。今回は「つまらなかった」大河ドラマについての結果を公表する。

まず第3位は’12年の『平清盛』だ。松山ケンイチ(38)が主演を務め、本当の親を知らないまま育った平清盛が日本を制覇していく様を描いている同作。脚本を手掛けたのは、’07年の『ちりとてちん』や’21年の『カムカムエヴリバディ』といった朝ドラ作品で知られる藤本有紀氏(55)だ。大河ドラマとしては異例の男色を描いたほか、骨太なストーリーは熱狂的なファンを生むことに。

一方、同作は当時、清盛にゆかりのある兵庫県の井戸敏三知事(78)が「まず画面が汚い。(視聴者が)チャンネルを回す気にならないのでは」と会見で話し、NHKに改善を申し入れたことも話題に。今回も《とにかく、映像が汚かった》《画面が薄汚れたような演出》というコメントが寄せられており、映像に対するネガティブなイメージもいまだ強いようだ。

これらの画面作りも影響してか、全50回の平均視聴率が12.0%と、当時「大河史上、最低の視聴率」として波紋を呼ぶことに。今回のアンケートでも《見ていて明るい気分になれなかった》《暗かった》《「もののけじゃあ」ばっかりでアホかと思った》など厳しい声が寄せられた。 

つづく

12/24(日) 6:02 女性自身
https://news.yahoo.co.jp/articles/4c65b0029e4eebcb80e7ef2d70951ba47d5831b5


山本太郎主演で

大河ドラマ「大塩平八郎」やれよ

視聴率80%確実だぞ

495:

>>1 ■つまらなかった大河ドラマランキング!3位『平清盛』、2位『いだてん』を抑えた1位は?【’11年以降編】

12月17日に『どうする家康』が最終回を迎え、来年1月7日から始まる『光る君へ』にバトンタッチする大河ドラマ。

【ランキングあり】がっかりした大河ドラマ 全順位(’11年~’23年)
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2276344/4/?yahoo

【2011年~2023年】がっかりした大河ドラマランキング 全順位



1位:どうする家康 (2023) 163票
2位:いだてん~東京オリムピック噺~(2019) 117票
3位:平清盛 (2012) 33票
4位:江~姫たちの戦国~(2011) 32票
5位:鎌倉殿の13人 (2022) 28票
6位:青天を衝け (2021) 22票
6位:西郷どん (2018) 22票
8位:八重の桜 (2013) 19票
9位:麒麟がくる (2020) 15票
10:花燃ゆ (2015) 14票
10位:おんな城主 直虎 (2017) 14票
12位:軍師官兵衛 (2014) 12票
13位:真田丸 (2016) 9票

【調査概要】

調査対象:20歳以上の500人
調査方法:WEBでのアンケート(クロス・マーケティングのセルフアンケートツール『QiQUMO』を使用)

『光る君へ』は主人公の紫式部を吉高由里子(35)が演じ、脚本を務めるのは’06年の『功名が辻』も手掛けた大石静氏(72)。大石氏は『光る君へ』について《当時の政治劇も色濃く描きます。権謀術策と恋愛をうまく絡めれば、よりスリリングなドラマにできると思って頑張っています。ご覧くださるみなさまがハマってくださることを祈りながら》(「NHK」の公式サイト 23.12.17)と語っているが、SNSでも同作への期待値が高まっている。

《光る君へにはちょっと期待してる。あまり描かれない時代で、よく知らない人物の話は興味がある》
《光る君へ、めっちゃ楽しみ》
《どんな紫式部が観れるのか凄く楽しみです!!》

60年にわたる歴史を持ち、様々な名作が生まれた大河ドラマ。いっぽうで、視聴者の期待に沿えなかった作品も多々あるようだ。いったいどのような作品が、視聴者に評価されるのだろうか? 本誌は’11年以降に放送された大河について、「面白かった」「つまらなかった」と感じた作品について、20歳以上の500人を対象にアンケートを実施した。今回は「つまらなかった」大河ドラマについての結果を公表する。

まず第3位は’12年の『平清盛』だ。松山ケンイチ(38)が主演を務め、本当の親を知らないまま育った平清盛が日本を制覇していく様を描いている同作。脚本を手掛けたのは、’07年の『ちりとてちん』や’21年の『カムカムエヴリバディ』といった朝ドラ作品で知られる藤本有紀氏(55)だ。大河ドラマとしては異例の男色を描いたほか、骨太なストーリーは熱狂的なファンを生むことに。

一方、同作は当時、清盛にゆかりのある兵庫県の井戸敏三知事(78)が「まず画面が汚い。(視聴者が)チャンネルを回す気にならないのでは」と会見で話し、NHKに改善を申し入れたことも話題に。今回も《とにかく、映像が汚かった》《画面が薄汚れたような演出》というコメントが寄せられており、映像に対するネガティブなイメージもいまだ強いようだ。

これらの画面作りも影響してか、全50回の平均視聴率が12.0%と、当時「大河史上、最低の視聴率」として波紋を呼ぶことに。今回のアンケートでも《見ていて明るい気分になれなかった》《暗かった》《「もののけじゃあ」ばっかりでアホかと思った》など厳しい声が寄せられた。 

つづく

12/24(日) 6:02 女性自身
https://news.yahoo.co.jp/articles/4c65b0029e4eebcb80e7ef2d70951ba47d5831b5


竹中直人の秀吉が最高傑作

744:

>>1 ■つまらなかった大河ドラマランキング!3位『平清盛』、2位『いだてん』を抑えた1位は?【’11年以降編】

12月17日に『どうする家康』が最終回を迎え、来年1月7日から始まる『光る君へ』にバトンタッチする大河ドラマ。

【ランキングあり】がっかりした大河ドラマ 全順位(’11年~’23年)
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2276344/4/?yahoo

【2011年~2023年】がっかりした大河ドラマランキング 全順位



1位:どうする家康 (2023) 163票
2位:いだてん~東京オリムピック噺~(2019) 117票
3位:平清盛 (2012) 33票
4位:江~姫たちの戦国~(2011) 32票
5位:鎌倉殿の13人 (2022) 28票
6位:青天を衝け (2021) 22票
6位:西郷どん (2018) 22票
8位:八重の桜 (2013) 19票
9位:麒麟がくる (2020) 15票
10:花燃ゆ (2015) 14票
10位:おんな城主 直虎 (2017) 14票
12位:軍師官兵衛 (2014) 12票
13位:真田丸 (2016) 9票

【調査概要】

調査対象:20歳以上の500人
調査方法:WEBでのアンケート(クロス・マーケティングのセルフアンケートツール『QiQUMO』を使用)

『光る君へ』は主人公の紫式部を吉高由里子(35)が演じ、脚本を務めるのは’06年の『功名が辻』も手掛けた大石静氏(72)。大石氏は『光る君へ』について《当時の政治劇も色濃く描きます。権謀術策と恋愛をうまく絡めれば、よりスリリングなドラマにできると思って頑張っています。ご覧くださるみなさまがハマってくださることを祈りながら》(「NHK」の公式サイト 23.12.17)と語っているが、SNSでも同作への期待値が高まっている。

《光る君へにはちょっと期待してる。あまり描かれない時代で、よく知らない人物の話は興味がある》
《光る君へ、めっちゃ楽しみ》
《どんな紫式部が観れるのか凄く楽しみです!!》

60年にわたる歴史を持ち、様々な名作が生まれた大河ドラマ。いっぽうで、視聴者の期待に沿えなかった作品も多々あるようだ。いったいどのような作品が、視聴者に評価されるのだろうか? 本誌は’11年以降に放送された大河について、「面白かった」「つまらなかった」と感じた作品について、20歳以上の500人を対象にアンケートを実施した。今回は「つまらなかった」大河ドラマについての結果を公表する。

まず第3位は’12年の『平清盛』だ。松山ケンイチ(38)が主演を務め、本当の親を知らないまま育った平清盛が日本を制覇していく様を描いている同作。脚本を手掛けたのは、’07年の『ちりとてちん』や’21年の『カムカムエヴリバディ』といった朝ドラ作品で知られる藤本有紀氏(55)だ。大河ドラマとしては異例の男色を描いたほか、骨太なストーリーは熱狂的なファンを生むことに。

一方、同作は当時、清盛にゆかりのある兵庫県の井戸敏三知事(78)が「まず画面が汚い。(視聴者が)チャンネルを回す気にならないのでは」と会見で話し、NHKに改善を申し入れたことも話題に。今回も《とにかく、映像が汚かった》《画面が薄汚れたような演出》というコメントが寄せられており、映像に対するネガティブなイメージもいまだ強いようだ。

これらの画面作りも影響してか、全50回の平均視聴率が12.0%と、当時「大河史上、最低の視聴率」として波紋を呼ぶことに。今回のアンケートでも《見ていて明るい気分になれなかった》《暗かった》《「もののけじゃあ」ばっかりでアホかと思った》など厳しい声が寄せられた。 

つづく

12/24(日) 6:02 女性自身
https://news.yahoo.co.jp/articles/4c65b0029e4eebcb80e7ef2d70951ba47d5831b5


鎌倉殿は5位なの?
記憶に新しいから名前があげられやすかっただけでは?

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

90:

第四コーナーを回ってから 北川景子の茶々のラストスパートがすごかったわ
2026年は浅井三姉妹を“真面目な”脚本と演出でお願いしたい

108:

>>90 第四コーナーを回ってから 北川景子の茶々のラストスパートがすごかったわ
2026年は浅井三姉妹を“真面目な”脚本と演出でお願いしたい


今のNHKならマジで三姉妹が歌って踊って戦って戦国乱世を終わらせる物語にしてくれるよ

985:

>>90 第四コーナーを回ってから 北川景子の茶々のラストスパートがすごかったわ
2026年は浅井三姉妹を“真面目な”脚本と演出でお願いしたい


最期、それまでの流れと何の関係もない現代日本への警句をほざいてたのは笑ったわ。

175:

青天は前半の深谷農村物語編が長すぎて脱落した
どの作品も1月~3月の幼少・青年期が長くてつまらん傾向にあるんだよなー

219:

いだてんは妻とか女主人公にして15分の朝ドラにすればよかったのに大河としては最下位だわ
史上最低視聴率が評価のすべて

303:

>手垢のつき過ぎた「家康」を今までにない形で制作したい!

異次元殺法コンビのAA、「よい子のみんな!」のあれを思い出した。

498:

【4/26(火)スタート】『新・オスマン帝国外伝~影の女帝キョセム~シーズン 1』 - YouTube

まぁどの国の大河ドラマも結構やっちゃってる気がするが

542:

名作ちりとてちん藤本有紀の脚本による
平清盛は良かったけど
宿命として気の毒なのは、人物が「○盛」のモリモリだらけで非常に分かり辛いこと。

題材になる歴史は「有限」なので、あとは脚本家の筆次第。カーネーションやエルピスの渡辺あやなら絶対に傑作になる。
もう既に水面下で動いていると思うが

604:

いだてんの「人見絹枝物語」は
ドラマ史上でも出色の名作。保存している。
皆言ってるが、変に三遊亭園生と絡めた複雑な構成が致命的。
あれは「時代を越えて現れるオリンピアの女神」でも狂言回しに据えて、能年玲奈が演じたら人気作になったのに。

687:

来年の「ひかる」は、男性パートの政治的なところを
面白く描ければ、「篤姫」になる可能性はある。

812:

206 日曜8時の名無しさん 2023/11/02(木) 23:59:11.16 ID:zmV0eXW0
不都合なランキングが発表されたという厳しい現実は動かしようがないので、都合がよく秀でた点を探し出しては、ことさら自画自賛したり虚勢を張ったりして、自尊心を上げ底するしかありません。もしくは、自分たちを正当化するため、他大河をこき下ろすしかない。
https://president.jp/articles/-/8654

900:

「平清盛」はあまりにも史実を無視しすぎていたからな。
12歳で従五位下・左兵衛佐に叙任され貴族の仲間入りを
していた清盛が青年時代に烏帽子もかぶらず、ボロボロの
衣服を纏って京の市中を遊び歩くなど不可能であることは
誰にも分る。
あれは織田信長に憧れている脚本家が妄想の中で書いたとしか
思えん。そんなもの大河ドラマで放映するなってことだww

910:

>>900 「平清盛」はあまりにも史実を無視しすぎていたからな。
12歳で従五位下・左兵衛佐に叙任され貴族の仲間入りを
していた清盛が青年時代に烏帽子もかぶらず、ボロボロの
衣服を纏って京の市中を遊び歩くなど不可能であることは
誰にも分る。
あれは織田信長に憧れている脚本家が妄想の中で書いたとしか
思えん。そんなもの大河ドラマで放映するなってことだww


まぁありえるかどうかで言えばありえなくはないんだけども、
じゃあ実際どうだったかって言われるとまぁないわなw
権威至上主義の時代だったしねえ、わざわざボロまとうとかはせんだろう

914:

 
いだてんはクソだった
同じことをこすり続ける間延びした脚本
大河でなく全4回程度のスペシャルドラマにすればよかったのに

919:

ジャニ御用達女性自身の記事を真に受ける方がおかしい
一番演技の上手いと思った大河の主役に松潤が1位なっている
どこの誰にアンケート取っているんだよw
今年の大河は脚本演出主演と三段拍子で最低の出来だったわ

992:

「青天を衝け」は主役が二枚目過ぎた為、新1万円札とのギャップが著しい。
新1万円札の評判が悪いのは大河の責任。

1000:

3位の「平清盛」と1位の「どうする家康」って同じ人が制作総指揮をやってるんだよな
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1703375825

Comments 0

コメントはまだありません。