つんく♂、ハワイ暮らしで見えた“J-POPの弱さ”とK-POPとの違い「僕自身も何かと躊躇」 - 芸能人
げいのうまとめんぬ

つんく♂、ハワイ暮らしで見えた“J-POPの弱さ”とK-POPとの違い「僕自身も何かと躊躇」

2023/12/24
芸能人 0
  • つんく♂、ハワイ暮らしで見えた“J-POPの弱さ”とK-POPとの違い「僕自身も何かと躊躇」 12/23(土) 16:20ENCOUNT ハワイでの暮らしぶりを明かしたつんく♂【写真:荒川祐史】 ■12月26日開催の「TOKYO青春音楽祭2023」を総指揮 「TOKYO青春音楽祭2023」(12月26日、東京・初台Doors)を総指揮するつんく♂(55)。
  • 現在は一家でハワイに移住し、仕事で日本を往復する日々を送っている。
  • つんく♂が7年に及ぶハワイ暮らしの一端を明かしてくれた。
  • (取材・文=平辻哲也) (中略) ハワイを基盤に日本を往復する生活。
  • ハワイではどんな日々を送っているのか。
  • 「朝、妻が弁当を作ってる間に、子どもたちを起こして準備。
  • 世界でのJ-POPの弱さも見えた。
  • 日本の音楽界はYouTubeに躊躇していたし、サブスク配信にも慎重だった。
  • 当時、K-POPはYouTubeに上げることを躊躇しなかった分、拡散が早かったですね。
  • 今となってはもっともらしく分析したようなことが言えるけど、あの頃は僕自身も何かと躊躇してましたよ」 一般的に作詞家、作曲家はCDやカラオケの売り上げから著作権印税として受け取れることになっているが、YouTubeからも再生回数に応じた広告料と著作権使用料が入る。

1:

つんく♂、ハワイ暮らしで見えた“J-POPの弱さ”とK-POPとの違い「僕自身も何かと躊躇」
12/23(土) 16:20 ENCOUNT
https://news.yahoo.co.jp/articles/eda00f37b335227a2ac507d374041e179a54e37e
ハワイでの暮らしぶりを明かしたつんく♂【写真:荒川祐史】



■12月26日開催の「TOKYO青春音楽祭2023」を総指揮

「TOKYO青春音楽祭2023」(12月26日、東京・初台Doors)を総指揮するつんく♂(55)。現在は一家でハワイに移住し、仕事で日本を往復する日々を送っている。つんく♂が7年に及ぶハワイ暮らしの一端を明かしてくれた。(取材・文=平辻哲也)

(※中略)

 ハワイを基盤に日本を往復する生活。ハワイではどんな日々を送っているのか。

「朝、妻が弁当を作ってる間に、子どもたちを起こして準備。車で20~30分かけて学校に連れて行く。それが終わって、帰宅すると、書き物したり、曲を作ったり。スタッフも居ないしレシートをまとめたり事務処理もします。そんなこんな用事を済ませると、午後からは日本とオンライン会議をします。2~3時間も経つと、あっという間に子どもを迎えに行く時間といった感じです。大変なのは、オンラインサロンの配信。日本時間の夜に始まるので、ハワイではめっちゃ朝。午前3時に起きて、4時から始めるので、毎回、起きられるかな、と不安になります(笑)。思えば、海にはあまり行きません」

 ハワイに行ったことで人生観や仕事に変化はあったのだろうか。

「いいところも悪いところも見えた。世界でのJ-POPの弱さも見えた。それは、作品力ではなく、ビジネスとしての繋がりの弱さ。これは(ガラケーと言われた)ケータイと同じなのかも。国内市場でなんとかなっていたから。日本の音楽界はYouTubeに躊躇していたし、サブスク配信にも慎重だった。当時、K-POPはYouTubeに上げることを躊躇しなかった分、拡散が早かったですね。もちろん作品も面白かったし。今となってはもっともらしく分析したようなことが言えるけど、あの頃は僕自身も何かと躊躇してましたよ」

 一般的に作詞家、作曲家はCDやカラオケの売り上げから著作権印税として受け取れることになっているが、YouTubeからも再生回数に応じた広告料と著作権使用料が入る。

「YouTubeでは、1回何銭という現実にはないお金になってしまう。例えば、1000万回回転しました、と言っても、10万円程度しかもらえない。今はカラオケも1時間200~300円でドリンク付き。コロナ以降はその絶対数も減ったと思います。そういう現状からどうマネタイズされるのか。作家に入る印税の類は感覚的に全盛期の10分の1から20分の1くらいだと思います」

 米津玄師の『KICK BACK』が日本語詞として初めてアメリカレコード協会からゴールドディスク認定を受けた。自身が作詞・作曲・プロデュースを担当した『そうだ! We’re ALIVE」がサンプリングされていることから、つんく♂も表彰の対象となった。

「僕にも盾が届き、驚きと同時にとても嬉しく思いました。アメリカでの評価はとても励みになりました」と話す。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

32:

>>1 つんく♂、ハワイ暮らしで見えた“J-POPの弱さ”とK-POPとの違い「僕自身も何かと躊躇」
12/23(土) 16:20 ENCOUNT
https://news.yahoo.co.jp/articles/eda00f37b335227a2ac507d374041e179a54e37e
ハワイでの暮らしぶりを明かしたつんく♂【写真:荒川祐史】



■12月26日開催の「TOKYO青春音楽祭2023」を総指揮

「TOKYO青春音楽祭2023」(12月26日、東京・初台Doors)を総指揮するつんく♂(55)。現在は一家でハワイに移住し、仕事で日本を往復する日々を送っている。つんく♂が7年に及ぶハワイ暮らしの一端を明かしてくれた。(取材・文=平辻哲也)

(※中略)

 ハワイを基盤に日本を往復する生活。ハワイではどんな日々を送っているのか。

「朝、妻が弁当を作ってる間に、子どもたちを起こして準備。車で20~30分かけて学校に連れて行く。それが終わって、帰宅すると、書き物したり、曲を作ったり。スタッフも居ないしレシートをまとめたり事務処理もします。そんなこんな用事を済ませると、午後からは日本とオンライン会議をします。2~3時間も経つと、あっという間に子どもを迎えに行く時間といった感じです。大変なのは、オンラインサロンの配信。日本時間の夜に始まるので、ハワイではめっちゃ朝。午前3時に起きて、4時から始めるので、毎回、起きられるかな、と不安になります(笑)。思えば、海にはあまり行きません」

 ハワイに行ったことで人生観や仕事に変化はあったのだろうか。

「いいところも悪いところも見えた。世界でのJ-POPの弱さも見えた。それは、作品力ではなく、ビジネスとしての繋がりの弱さ。これは(ガラケーと言われた)ケータイと同じなのかも。国内市場でなんとかなっていたから。日本の音楽界はYouTubeに躊躇していたし、サブスク配信にも慎重だった。当時、K-POPはYouTubeに上げることを躊躇しなかった分、拡散が早かったですね。もちろん作品も面白かったし。今となってはもっともらしく分析したようなことが言えるけど、あの頃は僕自身も何かと躊躇してましたよ」

 一般的に作詞家、作曲家はCDやカラオケの売り上げから著作権印税として受け取れることになっているが、YouTubeからも再生回数に応じた広告料と著作権使用料が入る。

「YouTubeでは、1回何銭という現実にはないお金になってしまう。例えば、1000万回回転しました、と言っても、10万円程度しかもらえない。今はカラオケも1時間200~300円でドリンク付き。コロナ以降はその絶対数も減ったと思います。そういう現状からどうマネタイズされるのか。作家に入る印税の類は感覚的に全盛期の10分の1から20分の1くらいだと思います」

 米津玄師の『KICK BACK』が日本語詞として初めてアメリカレコード協会からゴールドディスク認定を受けた。自身が作詞・作曲・プロデュースを担当した『そうだ! We’re ALIVE」がサンプリングされていることから、つんく♂も表彰の対象となった。

「僕にも盾が届き、驚きと同時にとても嬉しく思いました。アメリカでの評価はとても励みになりました」と話す。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


やっぱ見た目の違いじゃね?顔やスタイルというよりダンスや画面作りの魅せ方の違いと言うか。動画見ていいなと思ったK-POPも音だけ流すとあんまり大したことなかった。

78:

>>1 つんく♂、ハワイ暮らしで見えた“J-POPの弱さ”とK-POPとの違い「僕自身も何かと躊躇」
12/23(土) 16:20 ENCOUNT
https://news.yahoo.co.jp/articles/eda00f37b335227a2ac507d374041e179a54e37e
ハワイでの暮らしぶりを明かしたつんく♂【写真:荒川祐史】



■12月26日開催の「TOKYO青春音楽祭2023」を総指揮

「TOKYO青春音楽祭2023」(12月26日、東京・初台Doors)を総指揮するつんく♂(55)。現在は一家でハワイに移住し、仕事で日本を往復する日々を送っている。つんく♂が7年に及ぶハワイ暮らしの一端を明かしてくれた。(取材・文=平辻哲也)

(※中略)

 ハワイを基盤に日本を往復する生活。ハワイではどんな日々を送っているのか。

「朝、妻が弁当を作ってる間に、子どもたちを起こして準備。車で20~30分かけて学校に連れて行く。それが終わって、帰宅すると、書き物したり、曲を作ったり。スタッフも居ないしレシートをまとめたり事務処理もします。そんなこんな用事を済ませると、午後からは日本とオンライン会議をします。2~3時間も経つと、あっという間に子どもを迎えに行く時間といった感じです。大変なのは、オンラインサロンの配信。日本時間の夜に始まるので、ハワイではめっちゃ朝。午前3時に起きて、4時から始めるので、毎回、起きられるかな、と不安になります(笑)。思えば、海にはあまり行きません」

 ハワイに行ったことで人生観や仕事に変化はあったのだろうか。

「いいところも悪いところも見えた。世界でのJ-POPの弱さも見えた。それは、作品力ではなく、ビジネスとしての繋がりの弱さ。これは(ガラケーと言われた)ケータイと同じなのかも。国内市場でなんとかなっていたから。日本の音楽界はYouTubeに躊躇していたし、サブスク配信にも慎重だった。当時、K-POPはYouTubeに上げることを躊躇しなかった分、拡散が早かったですね。もちろん作品も面白かったし。今となってはもっともらしく分析したようなことが言えるけど、あの頃は僕自身も何かと躊躇してましたよ」

 一般的に作詞家、作曲家はCDやカラオケの売り上げから著作権印税として受け取れることになっているが、YouTubeからも再生回数に応じた広告料と著作権使用料が入る。

「YouTubeでは、1回何銭という現実にはないお金になってしまう。例えば、1000万回回転しました、と言っても、10万円程度しかもらえない。今はカラオケも1時間200~300円でドリンク付き。コロナ以降はその絶対数も減ったと思います。そういう現状からどうマネタイズされるのか。作家に入る印税の類は感覚的に全盛期の10分の1から20分の1くらいだと思います」

 米津玄師の『KICK BACK』が日本語詞として初めてアメリカレコード協会からゴールドディスク認定を受けた。自身が作詞・作曲・プロデュースを担当した『そうだ! We’re ALIVE」がサンプリングされていることから、つんく♂も表彰の対象となった。

「僕にも盾が届き、驚きと同時にとても嬉しく思いました。アメリカでの評価はとても励みになりました」と話す。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


steamのおま国やAV業界のモザイクも近いものがあるのかな
日本はなんでも躊躇しすぎでよくない

92:

>>1 つんく♂、ハワイ暮らしで見えた“J-POPの弱さ”とK-POPとの違い「僕自身も何かと躊躇」
12/23(土) 16:20 ENCOUNT
https://news.yahoo.co.jp/articles/eda00f37b335227a2ac507d374041e179a54e37e
ハワイでの暮らしぶりを明かしたつんく♂【写真:荒川祐史】



■12月26日開催の「TOKYO青春音楽祭2023」を総指揮

「TOKYO青春音楽祭2023」(12月26日、東京・初台Doors)を総指揮するつんく♂(55)。現在は一家でハワイに移住し、仕事で日本を往復する日々を送っている。つんく♂が7年に及ぶハワイ暮らしの一端を明かしてくれた。(取材・文=平辻哲也)

(※中略)

 ハワイを基盤に日本を往復する生活。ハワイではどんな日々を送っているのか。

「朝、妻が弁当を作ってる間に、子どもたちを起こして準備。車で20~30分かけて学校に連れて行く。それが終わって、帰宅すると、書き物したり、曲を作ったり。スタッフも居ないしレシートをまとめたり事務処理もします。そんなこんな用事を済ませると、午後からは日本とオンライン会議をします。2~3時間も経つと、あっという間に子どもを迎えに行く時間といった感じです。大変なのは、オンラインサロンの配信。日本時間の夜に始まるので、ハワイではめっちゃ朝。午前3時に起きて、4時から始めるので、毎回、起きられるかな、と不安になります(笑)。思えば、海にはあまり行きません」

 ハワイに行ったことで人生観や仕事に変化はあったのだろうか。

「いいところも悪いところも見えた。世界でのJ-POPの弱さも見えた。それは、作品力ではなく、ビジネスとしての繋がりの弱さ。これは(ガラケーと言われた)ケータイと同じなのかも。国内市場でなんとかなっていたから。日本の音楽界はYouTubeに躊躇していたし、サブスク配信にも慎重だった。当時、K-POPはYouTubeに上げることを躊躇しなかった分、拡散が早かったですね。もちろん作品も面白かったし。今となってはもっともらしく分析したようなことが言えるけど、あの頃は僕自身も何かと躊躇してましたよ」

 一般的に作詞家、作曲家はCDやカラオケの売り上げから著作権印税として受け取れることになっているが、YouTubeからも再生回数に応じた広告料と著作権使用料が入る。

「YouTubeでは、1回何銭という現実にはないお金になってしまう。例えば、1000万回回転しました、と言っても、10万円程度しかもらえない。今はカラオケも1時間200~300円でドリンク付き。コロナ以降はその絶対数も減ったと思います。そういう現状からどうマネタイズされるのか。作家に入る印税の類は感覚的に全盛期の10分の1から20分の1くらいだと思います」

 米津玄師の『KICK BACK』が日本語詞として初めてアメリカレコード協会からゴールドディスク認定を受けた。自身が作詞・作曲・プロデュースを担当した『そうだ! We’re ALIVE」がサンプリングされていることから、つんく♂も表彰の対象となった。

「僕にも盾が届き、驚きと同時にとても嬉しく思いました。アメリカでの評価はとても励みになりました」と話す。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


単に今持っている利権を維持することが重要か
奪いにいく立場かってことに過ぎないよ
フロッグリープと似ている

つまりすでに成功した人はそのシステムを壊さない
トヨタのEVと同じ

117:

>>1 つんく♂、ハワイ暮らしで見えた“J-POPの弱さ”とK-POPとの違い「僕自身も何かと躊躇」
12/23(土) 16:20 ENCOUNT
https://news.yahoo.co.jp/articles/eda00f37b335227a2ac507d374041e179a54e37e
ハワイでの暮らしぶりを明かしたつんく♂【写真:荒川祐史】



■12月26日開催の「TOKYO青春音楽祭2023」を総指揮

「TOKYO青春音楽祭2023」(12月26日、東京・初台Doors)を総指揮するつんく♂(55)。現在は一家でハワイに移住し、仕事で日本を往復する日々を送っている。つんく♂が7年に及ぶハワイ暮らしの一端を明かしてくれた。(取材・文=平辻哲也)

(※中略)

 ハワイを基盤に日本を往復する生活。ハワイではどんな日々を送っているのか。

「朝、妻が弁当を作ってる間に、子どもたちを起こして準備。車で20~30分かけて学校に連れて行く。それが終わって、帰宅すると、書き物したり、曲を作ったり。スタッフも居ないしレシートをまとめたり事務処理もします。そんなこんな用事を済ませると、午後からは日本とオンライン会議をします。2~3時間も経つと、あっという間に子どもを迎えに行く時間といった感じです。大変なのは、オンラインサロンの配信。日本時間の夜に始まるので、ハワイではめっちゃ朝。午前3時に起きて、4時から始めるので、毎回、起きられるかな、と不安になります(笑)。思えば、海にはあまり行きません」

 ハワイに行ったことで人生観や仕事に変化はあったのだろうか。

「いいところも悪いところも見えた。世界でのJ-POPの弱さも見えた。それは、作品力ではなく、ビジネスとしての繋がりの弱さ。これは(ガラケーと言われた)ケータイと同じなのかも。国内市場でなんとかなっていたから。日本の音楽界はYouTubeに躊躇していたし、サブスク配信にも慎重だった。当時、K-POPはYouTubeに上げることを躊躇しなかった分、拡散が早かったですね。もちろん作品も面白かったし。今となってはもっともらしく分析したようなことが言えるけど、あの頃は僕自身も何かと躊躇してましたよ」

 一般的に作詞家、作曲家はCDやカラオケの売り上げから著作権印税として受け取れることになっているが、YouTubeからも再生回数に応じた広告料と著作権使用料が入る。

「YouTubeでは、1回何銭という現実にはないお金になってしまう。例えば、1000万回回転しました、と言っても、10万円程度しかもらえない。今はカラオケも1時間200~300円でドリンク付き。コロナ以降はその絶対数も減ったと思います。そういう現状からどうマネタイズされるのか。作家に入る印税の類は感覚的に全盛期の10分の1から20分の1くらいだと思います」

 米津玄師の『KICK BACK』が日本語詞として初めてアメリカレコード協会からゴールドディスク認定を受けた。自身が作詞・作曲・プロデュースを担当した『そうだ! We’re ALIVE」がサンプリングされていることから、つんく♂も表彰の対象となった。

「僕にも盾が届き、驚きと同時にとても嬉しく思いました。アメリカでの評価はとても励みになりました」と話す。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


J-POP脆弱とかいっても、アイドルとかがオワタってだけだろ。
インディーズから這い上がった連中が評価されるのは良い傾向だと思うわ。

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

26:

何でK-POPとJ-POPをいちいち比べる必要があるのか意味不明
日本国内のみで採算が取れるから、海外市場なんて最初から目指してなくて日本人の感性に合わせて作るJ-POPと、
国内じゃ採算が取れないから、最初から海外に売る前提条件で、欧米の好みに經つらったK-POPはまったく別物
ワザワザ対峙させて、J-POPは海外で通用しないから駄目みたいなミスリードをする、コイツみたいなのが諸悪の根元

37:

>>26 何でK-POPとJ-POPをいちいち比べる必要があるのか意味不明
日本国内のみで採算が取れるから、海外市場なんて最初から目指してなくて日本人の感性に合わせて作るJ-POPと、
国内じゃ採算が取れないから、最初から海外に売る前提条件で、欧米の好みに經つらったK-POPはまったく別物
ワザワザ対峙させて、J-POPは海外で通用しないから駄目みたいなミスリードをする、コイツみたいなのが諸悪の根元


ただの韓流プロパガンダ記事だろ
ハワイからアメリカを語るという態な時点でな
ハイノあたりから日本を語るレベルでヤベーだろ
いや、日本じゃねえし的な

39:

>>37 ただの韓流プロパガンダ記事だろ
ハワイからアメリカを語るという態な時点でな
ハイノあたりから日本を語るレベルでヤベーだろ
いや、日本じゃねえし的な


ハイノ→ハノイな

97:

つんくが声が出てれば残りのメンバーも仕事ありつけたのに完全に消えたな
みんなアルバイトでもしてるのかな・・・

108:

 




つんく
→ 大阪の朝鮮人が、ハワイへ行くと何か気づけることがあるのか。

x K-POP
○ K-Poop
そりゃあ、これはアメリカでもよく知られるウンコのことだからな。




 

124:

ただ整形か天然かは分からんが
俺が見る範囲では男性アイドルは韓国>>>日本 
そりゃ女子高生が韓国に夢中になるのは理解できる
因みに俺は韓国の有名人は(名前を知っているのはいるが)顔を見ても一切分からん

126:

まあ音楽ジャンルとしてのKPOPはもうピークは過ぎた感じはある
BTSがコールドプレイと組んで確実にグラミー狙いにいったがあの曲で取れなかったから今後はノーチャンスと思っていい
アイドルグループからパラダイム・シフトしたら分からんけど

134:

 




まあ、大衆音楽は、
上手いのではダメ。

あたりまえのことだけど。

ヘタで、
何か天性のキャラが
あればOKが
米国と英国を中心とする
大衆音楽というものである。


K-POP、
ウンコとしかいえない。




 

137:

AKB関係も工作言論ばかりなんだよ
J-POPという主語自体が間違い

秋元は悪い人間で
他のはよい人間

この区別をしなきゃ、
ぐちゃぐちゃ語っても意味がない

他の人は真面目に物づくり
秋元は平気で質の悪いものを出す

それが真ん中を取っているものだから他の人は興味を持たなくなっちゃった

147:

>>137 AKB関係も工作言論ばかりなんだよ
J-POPという主語自体が間違い

秋元は悪い人間で
他のはよい人間

この区別をしなきゃ、
ぐちゃぐちゃ語っても意味がない

他の人は真面目に物づくり
秋元は平気で質の悪いものを出す

それが真ん中を取っているものだから他の人は興味を持たなくなっちゃった


ジャニーズはハロプロ、秋元を
J-POP扱いしているのは
マジで本人たちだけだろうな
そもそも音楽ではないしな

138:

AFN(日本で流してる米軍のラジオ)聞いてるけど、コレはそう kPOPは結構流れるが、日本人の歌手はあんまり聞いた記憶無い

でも、先月英語と日本語半分ずつくらい入って
る歌が10日間時々流れて驚いたw 軽く調べたが歌ってたのは20代の美人でモデルもやってる日本人?らしいけど、歌手の名前は忘れたw

その女歌手の名前分かる人いる? 多分先月?(記憶間違いで10月かも)に米国で少し流行った曲なんだろうけど

153:

>>138 AFN(日本で流してる米軍のラジオ)聞いてるけど、コレはそう kPOPは結構流れるが、日本人の歌手はあんまり聞いた記憶無い

でも、先月英語と日本語半分ずつくらい入って
る歌が10日間時々流れて驚いたw 軽く調べたが歌ってたのは20代の美人でモデルもやってる日本人?らしいけど、歌手の名前は忘れたw

その女歌手の名前分かる人いる? 多分先月?(記憶間違いで10月かも)に米国で少し流行った曲なんだろうけど


リナ・サワヤマじゃない
それぐらいしか思いつかない

148:

 




J-POP、
そんなものは、無い。

何らかの
芸能事務所=暴力団事務所

つくってる歌謡曲のことなんだろ、
NHKとかも。

まさに、暗黒の
ブラック、
ノワールの世界観が、
日本の紅白をはじめとする
歌謡曲なのである。

超コワイ。



 

164:

韓国人がなぜダンスミュージックに傾倒したのかってのは解析できるだろうけど
日本人の聴きたい趣味をそれに合わせて変える必要はないよ

166:

米津玄師でもYouTubeでの稼ぎは数千万円か
トップでその程度だと、中堅以下は新曲を出すだけじゃ絶対に食えないよな

大箱ライブができる旧ジャニーズ、サザン、B'z、ミスチルのほうが
米津玄師よりも遥かに稼いでるわけか

180:

強いのか知らんが芸術じゃねーよ
30年後に曲が残ってるとは思えん
その程度のもんだよいくら工作して一時異性が良くても
歴史には残らんただの工業製品

193:

KPOPって10年前はJPOPの模倣をやってただけだろ。
で今はアメリカに乗り換えてアメリカのポップソングの模倣をやってるだけだろ。
で、その先はどうするんだ?
先のないものについていちいち自分と比べる必要はないよ。

198:

>>193 KPOPって10年前はJPOPの模倣をやってただけだろ。
で今はアメリカに乗り換えてアメリカのポップソングの模倣をやってるだけだろ。
で、その先はどうするんだ?
先のないものについていちいち自分と比べる必要はないよ。


そのパクリ模倣の20年間の間で日本よりかなり乖離した搾取に成功したって話だろ
お前は仙人か

205:

>>198 そのパクリ模倣の20年間の間で日本よりかなり乖離した搾取に成功したって話だろ
お前は仙人か


搾取に成功したから何なんだよ。
音楽と関係ないじゃん。

196:

YOASOBIはayaseが本気で海外を意識しているな
他のJ-POPアーティストはそこまで海外進出を考えているかどうかは分からん
ただ海外にも市場があることが分かって意識はしている
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1703367876

Comments 0

コメントはまだありません。