寺尾聰、16年ぶり『紅白』出場決定 特別企画で名曲歌唱へ - ドラマ
げいのうまとめんぬ

寺尾聰、16年ぶり『紅白』出場決定 特別企画で名曲歌唱へ

2023/12/16
ドラマ 0
  • 2023-12-15 13:06 歌手で俳優の寺尾聰が、大みそか恒例の『第74回NHK紅白歌合戦』(後7:20~145総合ほか)に出場することが15日、発表された。
  • 寺尾の紅白出場は、第32回(1981年)、第58回(2007年)に続き、16年ぶり3回目となる。
  • 寺尾は、テレビ放送70年を記念した特別企画「テレビが届けた名曲たち」で出場が決定。
  • 1966年にグループサウンズのバンド「ザ・サベージ」のベースとしてレコードデビューをした寺尾は、1981年にリリースし、同年のオリコン年間シングルランキング1位に輝いた「ルビーの指環」をはじめ、「SHADOW CITY」など数々のヒットを飛ばした。
  • さらに、俳優としても数多くのテレビドラマや映画に出演。
  • 2008年には紫綬褒章を受章するなど、NHKは「テレビ放送70年の歴史に欠かせない存在」とした。
  • 今年の紅白歌合戦のテーマは「ボーダレス -超えてつながる大みそか-」。
  • NHKは「寺尾聰さんには“ボーダレス”に時代を超えて、多くの人に愛されてきた名曲を届けていただきます」としている。
  • 歌唱曲は後日発表となる。
  • ■寺尾聰主な作品記録(オリコン調べ) ▼シングル 「ルビーの指環」(1981年2月5日発売) ・オリコン週間シングルランキング最高1位累積売上枚数134.1万枚(ミリオン作品) ・オリコン週間シングルランキング10週連続1位(1981年3/30付~1981年6/1付) ・1981年 オリコン年間シングルランキング1位 ▼アルバム 『リフレクションズ』(1981年4月5日発売)『ルビーの指環』などを収録 ・オリコン週間アルバム(LP)ランキング最高1位累積売上枚数165.0万枚(ミリオン作品) ・オリコン週間アルバム(LP)ランキング12週連続1位(1981年4/13付~1981年6/29付) ・1980年代で一番売れたアルバム作品(集計期間:1979年12/3付~1989年11/27付)。

1:

https://www.oricon.co.jp/news/2306808/full/
2023-12-15 13:06

歌手で俳優の寺尾聰が、大みそか恒例の『第74回NHK紅白歌合戦』(後7:20~11:45 総合ほか)に出場することが15日、発表された。寺尾の紅白出場は、第32回(1981年)、第58回(2007年)に続き、16年ぶり3回目となる。

寺尾は、テレビ放送70年を記念した特別企画「テレビが届けた名曲たち」で出場が決定。1966年にグループサウンズのバンド「ザ・サベージ」のベースとしてレコードデビューをした寺尾は、1981年にリリースし、同年のオリコン年間シングルランキング1位に輝いた「ルビーの指環」をはじめ、「SHADOW CITY」など数々のヒットを飛ばした。

さらに、俳優としても数多くのテレビドラマや映画に出演。主演映画『雨あがる』『半落ち』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。2008年には紫綬褒章を受章するなど、NHKは「テレビ放送70年の歴史に欠かせない存在」とした。

今年の紅白歌合戦のテーマは「ボーダレス -超えてつながる大みそか-」。NHKは「寺尾聰さんには“ボーダレス”に時代を超えて、多くの人に愛されてきた名曲を届けていただきます」としている。歌唱曲は後日発表となる。

■寺尾聰主な作品記録(オリコン調べ)
▼シングル
「ルビーの指環」(1981年2月5日発売)
・オリコン週間シングルランキング 最高1位 累積売上枚数134.1万枚(ミリオン作品)
・オリコン週間シングルランキング10週連続1位(1981年3/30付~1981年6/1付)
・1981年 オリコン年間シングルランキング1位

▼アルバム
『リフレクションズ』(1981年4月5日発売)※『ルビーの指環』などを収録
・オリコン週間アルバム(LP)ランキング 最高1位 累積売上枚数165.0万枚(ミリオン作品)
・オリコン週間アルバム(LP)ランキング12週連続1位(1981年4/13付~1981年6/29付)
・1980年代で一番売れたアルバム作品(集計期間:1979年12/3付~1989年11/27付)

238:

>>1 https://www.oricon.co.jp/news/2306808/full/
2023-12-15 13:06

歌手で俳優の寺尾聰が、大みそか恒例の『第74回NHK紅白歌合戦』(後7:20~11:45 総合ほか)に出場することが15日、発表された。寺尾の紅白出場は、第32回(1981年)、第58回(2007年)に続き、16年ぶり3回目となる。

寺尾は、テレビ放送70年を記念した特別企画「テレビが届けた名曲たち」で出場が決定。1966年にグループサウンズのバンド「ザ・サベージ」のベースとしてレコードデビューをした寺尾は、1981年にリリースし、同年のオリコン年間シングルランキング1位に輝いた「ルビーの指環」をはじめ、「SHADOW CITY」など数々のヒットを飛ばした。

さらに、俳優としても数多くのテレビドラマや映画に出演。主演映画『雨あがる』『半落ち』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。2008年には紫綬褒章を受章するなど、NHKは「テレビ放送70年の歴史に欠かせない存在」とした。

今年の紅白歌合戦のテーマは「ボーダレス -超えてつながる大みそか-」。NHKは「寺尾聰さんには“ボーダレス”に時代を超えて、多くの人に愛されてきた名曲を届けていただきます」としている。歌唱曲は後日発表となる。

■寺尾聰主な作品記録(オリコン調べ)
▼シングル
「ルビーの指環」(1981年2月5日発売)
・オリコン週間シングルランキング 最高1位 累積売上枚数134.1万枚(ミリオン作品)
・オリコン週間シングルランキング10週連続1位(1981年3/30付~1981年6/1付)
・1981年 オリコン年間シングルランキング1位

▼アルバム
『リフレクションズ』(1981年4月5日発売)※『ルビーの指環』などを収録
・オリコン週間アルバム(LP)ランキング 最高1位 累積売上枚数165.0万枚(ミリオン作品)
・オリコン週間アルバム(LP)ランキング12週連続1位(1981年4/13付~1981年6/29付)
・1980年代で一番売れたアルバム作品(集計期間:1979年12/3付~1989年11/27付)


懐メロ路線でいいと思う、
新作なんて誰も知らない、、、

421:

>>1 https://www.oricon.co.jp/news/2306808/full/
2023-12-15 13:06

歌手で俳優の寺尾聰が、大みそか恒例の『第74回NHK紅白歌合戦』(後7:20~11:45 総合ほか)に出場することが15日、発表された。寺尾の紅白出場は、第32回(1981年)、第58回(2007年)に続き、16年ぶり3回目となる。

寺尾は、テレビ放送70年を記念した特別企画「テレビが届けた名曲たち」で出場が決定。1966年にグループサウンズのバンド「ザ・サベージ」のベースとしてレコードデビューをした寺尾は、1981年にリリースし、同年のオリコン年間シングルランキング1位に輝いた「ルビーの指環」をはじめ、「SHADOW CITY」など数々のヒットを飛ばした。

さらに、俳優としても数多くのテレビドラマや映画に出演。主演映画『雨あがる』『半落ち』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。2008年には紫綬褒章を受章するなど、NHKは「テレビ放送70年の歴史に欠かせない存在」とした。

今年の紅白歌合戦のテーマは「ボーダレス -超えてつながる大みそか-」。NHKは「寺尾聰さんには“ボーダレス”に時代を超えて、多くの人に愛されてきた名曲を届けていただきます」としている。歌唱曲は後日発表となる。

■寺尾聰主な作品記録(オリコン調べ)
▼シングル
「ルビーの指環」(1981年2月5日発売)
・オリコン週間シングルランキング 最高1位 累積売上枚数134.1万枚(ミリオン作品)
・オリコン週間シングルランキング10週連続1位(1981年3/30付~1981年6/1付)
・1981年 オリコン年間シングルランキング1位

▼アルバム
『リフレクションズ』(1981年4月5日発売)※『ルビーの指環』などを収録
・オリコン週間アルバム(LP)ランキング 最高1位 累積売上枚数165.0万枚(ミリオン作品)
・オリコン週間アルバム(LP)ランキング12週連続1位(1981年4/13付~1981年6/29付)
・1980年代で一番売れたアルバム作品(集計期間:1979年12/3付~1989年11/27付)


【ごぼうの党】
山田孝之
滝沢秀明
山下智久
Taka(ONE OK ROCK)
三浦翔平
宮迫博之
GACKT
ヒカル(YouTuber)
朝倉未来(格闘家)
ピーターアーツ(格闘家)
久保優太(格闘家)
てんちむ
ガーシー

574:

>>1 https://www.oricon.co.jp/news/2306808/full/
2023-12-15 13:06

歌手で俳優の寺尾聰が、大みそか恒例の『第74回NHK紅白歌合戦』(後7:20~11:45 総合ほか)に出場することが15日、発表された。寺尾の紅白出場は、第32回(1981年)、第58回(2007年)に続き、16年ぶり3回目となる。

寺尾は、テレビ放送70年を記念した特別企画「テレビが届けた名曲たち」で出場が決定。1966年にグループサウンズのバンド「ザ・サベージ」のベースとしてレコードデビューをした寺尾は、1981年にリリースし、同年のオリコン年間シングルランキング1位に輝いた「ルビーの指環」をはじめ、「SHADOW CITY」など数々のヒットを飛ばした。

さらに、俳優としても数多くのテレビドラマや映画に出演。主演映画『雨あがる』『半落ち』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。2008年には紫綬褒章を受章するなど、NHKは「テレビ放送70年の歴史に欠かせない存在」とした。

今年の紅白歌合戦のテーマは「ボーダレス -超えてつながる大みそか-」。NHKは「寺尾聰さんには“ボーダレス”に時代を超えて、多くの人に愛されてきた名曲を届けていただきます」としている。歌唱曲は後日発表となる。

■寺尾聰主な作品記録(オリコン調べ)
▼シングル
「ルビーの指環」(1981年2月5日発売)
・オリコン週間シングルランキング 最高1位 累積売上枚数134.1万枚(ミリオン作品)
・オリコン週間シングルランキング10週連続1位(1981年3/30付~1981年6/1付)
・1981年 オリコン年間シングルランキング1位

▼アルバム
『リフレクションズ』(1981年4月5日発売)※『ルビーの指環』などを収録
・オリコン週間アルバム(LP)ランキング 最高1位 累積売上枚数165.0万枚(ミリオン作品)
・オリコン週間アルバム(LP)ランキング12週連続1位(1981年4/13付~1981年6/29付)
・1980年代で一番売れたアルバム作品(集計期間:1979年12/3付~1989年11/27付)


面白くないの?

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

5:

つか2007年に出てたのかよ

341:

>>5 つか2007年に出てたのかよ


俺も思った

552:

>>341 俺も思った


統一は本体も工作員も軽傷で済んだのが腕はあるよな

611:

>>5 つか2007年に出てたのかよ


含んでて良かったけどな

220:

次は明菜だろ
北ウイングが1984年1月1日発売日だし第二章として出ると思ってる

279:

>>220 次は明菜だろ
北ウイングが1984年1月1日発売日だし第二章として出ると思ってる


ありえるかもね、演出としても。
明菜は確か7月生まれで誕生石はルビーだから。

740:

>>279 ありえるかもね、演出としても。
明菜は確か7月生まれで誕生石はルビーだから。


俺にとってもハードル高いんかな

853:

>>279 ありえるかもね、演出としても。
明菜は確か7月生まれで誕生石はルビーだから。


きつかったやつが含むという悲しい展開
高配当、優待銘柄
クロスは不向き

350:

>>220 次は明菜だろ
北ウイングが1984年1月1日発売日だし第二章として出ると思ってる


離脱王を推してた
あれはワールド金メダル」って…。
いまはドライブレコーダーをつけてた、呂布は金があっという間に溶けるよな?

224:

TBSチャンネル2はルビーの指環がランクインしてた頃のベストテンを放送してくれ
毎回のように同じ回ばかりでつまらん

874:

>>224 TBSチャンネル2はルビーの指環がランクインしてた頃のベストテンを放送してくれ
毎回のように同じ回ばかりでつまらん


それとも俺の勘違いじゃない
それが結末ならいらんわ

231:

16年前どころか40年前ぐらいだと思ってたよな。

914:

>>231 16年前どころか40年前ぐらいだと思ってたよな。


そんな生活の中で面白い

243:

16年前と言ったら、ちょうどre-cool Reflectionsを出して
音楽活動を一時的に再開した年か

251:

大ヒットして評価も高いみたいだけど、なぜそんなに売れたのか分からない曲
ルビーの指輪(寺尾聰)
レモン(米津)
プリテンダー(髭ダン)

257:

「リングの指輪」で男の哀愁を歌った寺尾聡は当時32~33歳w

272:

「恋のトランス・コスモス」と
そのB面の「九月」もカッコいい。堺正章のトップテンでも歌ってた

280:

>>272 「恋のトランス・コスモス」と
そのB面の「九月」もカッコいい。堺正章のトップテンでも歌ってた


ランクインしてない曲を歌わせてもらってて
完全に特別扱いだったな

346:

ほとんどがダイエット目的であることを宣言してたよね
958 名前:名無し草[sage] 投稿日:2014/12/22(月) 02:22:35.50
996 名前:名無し草 2022/08/23 09時23分
ソースは?

592:

新劇の巨人・宇野重吉の子息/GSの貴公子/石原プロダクション出身/黒澤明の映画に出演/TBSザ・ベストテンのBest 10内に3曲同時ランクイン/シティポップ回帰の気運に乗って紅白出場…
生まれてこのかた右肩上がりのバケモンじゃねーかこの人

594:

もう6/17で大底打ってるから
もしかしたらSPで約6キロペースか

673:

ストレス喰いしすぎて今に至るて感じだわ
https://ky.8hc.vz/4GCi/r4kPY

901:

夫婦で配信活動を継続しています。
https://1a.ea.572/eYr5K

999:

ネイサンも8年後の対応がクソなだけ
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1702625407

Comments 0

コメントはまだありません。