大谷翔平、驚愕の“994億円後払い”に渦巻く批判 米記者からは擁護の声「オオタニを嫌うべきではない。彼は球界の敵じゃない」 - 芸能人
げいのうまとめんぬ

大谷翔平、驚愕の“994億円後払い”に渦巻く批判 米記者からは擁護の声「オオタニを嫌うべきではない。彼は球界の敵じゃない」

2023/12/13
芸能人 0
  • 驚きの契約形態が話題となっている。
  • 現地時間12月9日にドジャース移籍を発表した大谷翔平のそれだ。
  • 今オフにエンゼルスからフリーエージェントとなった大谷。
  • 激しい争奪戦を制したドジャースとの間に結ばれたのは、10年総額7億ドル(約1014億円)というエポックメーキングな契約だ。
  • スポーツ史においても最大の契約金となったわけだが、何よりも特徴的なのは総額7億ドルの大半が後払いとして支払われるという形態だ。
  • 後払いの内訳も衝撃的なものとなった。
  • 現地時間12月11日に米メディア『The Athletic』のファビアン・アルダヤ記者が伝えたところによれば、年平均の年俸7000万ドル(約102億3000万円)のうち、6800万ドル(約99億4000万円)の支払いを延期。
  • 来季から契約満了となる2033年までは、年俸200万ドル(約2億9000万円)になるというのだ。
  • 興味深いのは、これを大谷側が「アイデアとして求めた」(米スポーツ専門局『ESPN』のジェフ・パッサン記者)という点だ。
  • 驚きの97%後払いという事実が明るみになり、批判も噴出した。

1:

驚きの契約形態が話題となっている。現地時間12月9日にドジャース移籍を発表した大谷翔平のそれだ。

 今オフにエンゼルスからフリーエージェントとなった大谷。激しい争奪戦を制したドジャースとの間に結ばれたのは、10年総額7億ドル(約1014億円)というエポックメーキングな契約だ。スポーツ史においても最大の契約金となったわけだが、何よりも特徴的なのは総額7億ドルの大半が後払いとして支払われるという形態だ。

 後払いの内訳も衝撃的なものとなった。現地時間12月11日に米メディア『The Athletic』のファビアン・アルダヤ記者が伝えたところによれば、年平均の年俸7000万ドル(約102億3000万円)のうち、6800万ドル(約99億4000万円)の支払いを延期。来季から契約満了となる2033年までは、年俸200万ドル(約2億9000万円)になるというのだ。

 まさに前代未聞である。とはいえ、これによってドジャースはぜいたく税対策が可能となった。大谷の年俸を抑え、チーム全体の年俸を下げることで、コストを削減。余った資金を補強に回せるのだ。興味深いのは、これを大谷側が「アイデアとして求めた」(米スポーツ専門局『ESPN』のジェフ・パッサン記者)という点だ。

 驚きの97%後払いという事実が明るみになり、批判も噴出した。ネット上では「何でもありじゃないか」「完全におかしい」と大谷とドジャースを問題視する意見が相次いで上がった。ただ、現在の労使協定において、後払いの金額や年俸の割合などは定められていない。最終的に7億ドルを手にする大谷はルールに違反していないのである。

 無論、ルールの“抜け穴”を巧みに突いた契約を称える記者もいる。ドジャースの専門サイト『Dodgers Digest』に寄稿するブルース・クンツ氏は「ショウヘイ・オオタニはプロスポーツ史上最大と言っていいチームファーストの契約を結んだ」とし、「正気の沙汰とは思えない。契約金の数字に心が折れそうになったが、とにかくすごい。ドジャースがオオタニと結んだのは、チームの他の選手への支出能力にほとんど影響を与えない契約だ」と驚嘆した。

 また、IBWAA(全米インターネット野球記者協会)のメンバーでもあるクリス・クレッグ記者は、自身のX(旧ツイッター)に「ショウヘイ・オオタニを嫌うべきではない」と投稿。「この契約を許したぜいたく税制度の抜け穴を憎むのは勝手だが、オオタニは悪役でもなければ、球界の敵なんかじゃない」と批判に異を唱えている。

 ここから10年間、ドジャースのために年俸200万ドルで臨む大谷。その契約に対する反響はしばらく続きそうだ。

12/12(火) 11:01 cocoKARA
https://news.yahoo.co.jp/articles/a3a3cea0abeed3aa78bcc56cc3eccc60b24a942e

【大谷翔平の大型契約】税金は53・75% 年間約55億円に…米メディア報じる [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702191155/

66:

>>1 驚きの契約形態が話題となっている。現地時間12月9日にドジャース移籍を発表した大谷翔平のそれだ。

 今オフにエンゼルスからフリーエージェントとなった大谷。激しい争奪戦を制したドジャースとの間に結ばれたのは、10年総額7億ドル(約1014億円)というエポックメーキングな契約だ。スポーツ史においても最大の契約金となったわけだが、何よりも特徴的なのは総額7億ドルの大半が後払いとして支払われるという形態だ。

 後払いの内訳も衝撃的なものとなった。現地時間12月11日に米メディア『The Athletic』のファビアン・アルダヤ記者が伝えたところによれば、年平均の年俸7000万ドル(約102億3000万円)のうち、6800万ドル(約99億4000万円)の支払いを延期。来季から契約満了となる2033年までは、年俸200万ドル(約2億9000万円)になるというのだ。

 まさに前代未聞である。とはいえ、これによってドジャースはぜいたく税対策が可能となった。大谷の年俸を抑え、チーム全体の年俸を下げることで、コストを削減。余った資金を補強に回せるのだ。興味深いのは、これを大谷側が「アイデアとして求めた」(米スポーツ専門局『ESPN』のジェフ・パッサン記者)という点だ。

 驚きの97%後払いという事実が明るみになり、批判も噴出した。ネット上では「何でもありじゃないか」「完全におかしい」と大谷とドジャースを問題視する意見が相次いで上がった。ただ、現在の労使協定において、後払いの金額や年俸の割合などは定められていない。最終的に7億ドルを手にする大谷はルールに違反していないのである。

 無論、ルールの“抜け穴”を巧みに突いた契約を称える記者もいる。ドジャースの専門サイト『Dodgers Digest』に寄稿するブルース・クンツ氏は「ショウヘイ・オオタニはプロスポーツ史上最大と言っていいチームファーストの契約を結んだ」とし、「正気の沙汰とは思えない。契約金の数字に心が折れそうになったが、とにかくすごい。ドジャースがオオタニと結んだのは、チームの他の選手への支出能力にほとんど影響を与えない契約だ」と驚嘆した。

 また、IBWAA(全米インターネット野球記者協会)のメンバーでもあるクリス・クレッグ記者は、自身のX(旧ツイッター)に「ショウヘイ・オオタニを嫌うべきではない」と投稿。「この契約を許したぜいたく税制度の抜け穴を憎むのは勝手だが、オオタニは悪役でもなければ、球界の敵なんかじゃない」と批判に異を唱えている。

 ここから10年間、ドジャースのために年俸200万ドルで臨む大谷。その契約に対する反響はしばらく続きそうだ。

12/12(火) 11:01 cocoKARA
https://news.yahoo.co.jp/articles/a3a3cea0abeed3aa78bcc56cc3eccc60b24a942e

【大谷翔平の大型契約】税金は53・75% 年間約55億円に…米メディア報じる [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702191155/


前例のない天文学的な契約なんだから なんでもあり の指摘はおかしいよね これが前例になるだけだよ

254:

>>1 驚きの契約形態が話題となっている。現地時間12月9日にドジャース移籍を発表した大谷翔平のそれだ。

 今オフにエンゼルスからフリーエージェントとなった大谷。激しい争奪戦を制したドジャースとの間に結ばれたのは、10年総額7億ドル(約1014億円)というエポックメーキングな契約だ。スポーツ史においても最大の契約金となったわけだが、何よりも特徴的なのは総額7億ドルの大半が後払いとして支払われるという形態だ。

 後払いの内訳も衝撃的なものとなった。現地時間12月11日に米メディア『The Athletic』のファビアン・アルダヤ記者が伝えたところによれば、年平均の年俸7000万ドル(約102億3000万円)のうち、6800万ドル(約99億4000万円)の支払いを延期。来季から契約満了となる2033年までは、年俸200万ドル(約2億9000万円)になるというのだ。

 まさに前代未聞である。とはいえ、これによってドジャースはぜいたく税対策が可能となった。大谷の年俸を抑え、チーム全体の年俸を下げることで、コストを削減。余った資金を補強に回せるのだ。興味深いのは、これを大谷側が「アイデアとして求めた」(米スポーツ専門局『ESPN』のジェフ・パッサン記者)という点だ。

 驚きの97%後払いという事実が明るみになり、批判も噴出した。ネット上では「何でもありじゃないか」「完全におかしい」と大谷とドジャースを問題視する意見が相次いで上がった。ただ、現在の労使協定において、後払いの金額や年俸の割合などは定められていない。最終的に7億ドルを手にする大谷はルールに違反していないのである。

 無論、ルールの“抜け穴”を巧みに突いた契約を称える記者もいる。ドジャースの専門サイト『Dodgers Digest』に寄稿するブルース・クンツ氏は「ショウヘイ・オオタニはプロスポーツ史上最大と言っていいチームファーストの契約を結んだ」とし、「正気の沙汰とは思えない。契約金の数字に心が折れそうになったが、とにかくすごい。ドジャースがオオタニと結んだのは、チームの他の選手への支出能力にほとんど影響を与えない契約だ」と驚嘆した。

 また、IBWAA(全米インターネット野球記者協会)のメンバーでもあるクリス・クレッグ記者は、自身のX(旧ツイッター)に「ショウヘイ・オオタニを嫌うべきではない」と投稿。「この契約を許したぜいたく税制度の抜け穴を憎むのは勝手だが、オオタニは悪役でもなければ、球界の敵なんかじゃない」と批判に異を唱えている。

 ここから10年間、ドジャースのために年俸200万ドルで臨む大谷。その契約に対する反響はしばらく続きそうだ。

12/12(火) 11:01 cocoKARA
https://news.yahoo.co.jp/articles/a3a3cea0abeed3aa78bcc56cc3eccc60b24a942e

【大谷翔平の大型契約】税金は53・75% 年間約55億円に…米メディア報じる [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702191155/


 
>ドジャースがオオタニと結んだのは、チームの他の選手への支出能力にほとんど影響を与えない契約だ 
 

11年後から20年後のチームの他の選手への支出能力にめちゃくちゃ影響を与える契約だろ

265:

>>254  
>ドジャースがオオタニと結んだのは、チームの他の選手への支出能力にほとんど影響を与えない契約だ 
 

11年後から20年後のチームの他の選手への支出能力にめちゃくちゃ影響を与える契約だろ


でも贅沢税にはカウントされないんだから、
金さえ持ってれば問題なしやん

271:

>>265 でも贅沢税にはカウントされないんだから、
金さえ持ってれば問題なしやん


ぜいたく税あっても金さえ持ってれば問題ないだろ

311:

>>271 ぜいたく税あっても金さえ持ってれば問題ないだろ


贅沢税払う前提なのなら支出能力には影響ないやん

328:

>>311 贅沢税払う前提なのなら支出能力には影響ないやん


いや、それを言うならどんな契約だろうが金さえあれば他の選手への支出能力に影響を与えないってことになる

272:

>>254  
>ドジャースがオオタニと結んだのは、チームの他の選手への支出能力にほとんど影響を与えない契約だ 
 

11年後から20年後のチームの他の選手への支出能力にめちゃくちゃ影響を与える契約だろ


ドジャースは金あるからな
贅沢税のライン超過でドラフト降下とかくらわなきゃ大した問題じゃないよ

415:

>>1 驚きの契約形態が話題となっている。現地時間12月9日にドジャース移籍を発表した大谷翔平のそれだ。

 今オフにエンゼルスからフリーエージェントとなった大谷。激しい争奪戦を制したドジャースとの間に結ばれたのは、10年総額7億ドル(約1014億円)というエポックメーキングな契約だ。スポーツ史においても最大の契約金となったわけだが、何よりも特徴的なのは総額7億ドルの大半が後払いとして支払われるという形態だ。

 後払いの内訳も衝撃的なものとなった。現地時間12月11日に米メディア『The Athletic』のファビアン・アルダヤ記者が伝えたところによれば、年平均の年俸7000万ドル(約102億3000万円)のうち、6800万ドル(約99億4000万円)の支払いを延期。来季から契約満了となる2033年までは、年俸200万ドル(約2億9000万円)になるというのだ。

 まさに前代未聞である。とはいえ、これによってドジャースはぜいたく税対策が可能となった。大谷の年俸を抑え、チーム全体の年俸を下げることで、コストを削減。余った資金を補強に回せるのだ。興味深いのは、これを大谷側が「アイデアとして求めた」(米スポーツ専門局『ESPN』のジェフ・パッサン記者)という点だ。

 驚きの97%後払いという事実が明るみになり、批判も噴出した。ネット上では「何でもありじゃないか」「完全におかしい」と大谷とドジャースを問題視する意見が相次いで上がった。ただ、現在の労使協定において、後払いの金額や年俸の割合などは定められていない。最終的に7億ドルを手にする大谷はルールに違反していないのである。

 無論、ルールの“抜け穴”を巧みに突いた契約を称える記者もいる。ドジャースの専門サイト『Dodgers Digest』に寄稿するブルース・クンツ氏は「ショウヘイ・オオタニはプロスポーツ史上最大と言っていいチームファーストの契約を結んだ」とし、「正気の沙汰とは思えない。契約金の数字に心が折れそうになったが、とにかくすごい。ドジャースがオオタニと結んだのは、チームの他の選手への支出能力にほとんど影響を与えない契約だ」と驚嘆した。

 また、IBWAA(全米インターネット野球記者協会)のメンバーでもあるクリス・クレッグ記者は、自身のX(旧ツイッター)に「ショウヘイ・オオタニを嫌うべきではない」と投稿。「この契約を許したぜいたく税制度の抜け穴を憎むのは勝手だが、オオタニは悪役でもなければ、球界の敵なんかじゃない」と批判に異を唱えている。

 ここから10年間、ドジャースのために年俸200万ドルで臨む大谷。その契約に対する反響はしばらく続きそうだ。

12/12(火) 11:01 cocoKARA
https://news.yahoo.co.jp/articles/a3a3cea0abeed3aa78bcc56cc3eccc60b24a942e

【大谷翔平の大型契約】税金は53・75% 年間約55億円に…米メディア報じる [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702191155/


こんなゴミみたいなカラクリで最高額とかwww

ロナウドメッシエムバペのほうが遥かに上です

プリンス・フィルダーは長期契約も途中で年俸ダウンしたんで

大谷翔平もケガなら年俸満額保障されませんwww

424:

>>415 こんなゴミみたいなカラクリで最高額とかwww

ロナウドメッシエムバペのほうが遥かに上です

プリンス・フィルダーは長期契約も途中で年俸ダウンしたんで

大谷翔平もケガなら年俸満額保障されませんwww


メッシも後払いだからゴミみたいなカラクリなんだwww

495:

>>424 メッシも後払いだからゴミみたいなカラクリなんだwww


メッシの支払い延期は4年程度

大谷翔平は20年以上だろ(笑)

バカ焼き豚は負けを認めろよ

ロナウド2年手取り580億円

大谷翔平20年以上手取り450億円(プリンス・フィルダーのように途中で年俸ダウンもあり得る)

814:

>>1 驚きの契約形態が話題となっている。現地時間12月9日にドジャース移籍を発表した大谷翔平のそれだ。

 今オフにエンゼルスからフリーエージェントとなった大谷。激しい争奪戦を制したドジャースとの間に結ばれたのは、10年総額7億ドル(約1014億円)というエポックメーキングな契約だ。スポーツ史においても最大の契約金となったわけだが、何よりも特徴的なのは総額7億ドルの大半が後払いとして支払われるという形態だ。

 後払いの内訳も衝撃的なものとなった。現地時間12月11日に米メディア『The Athletic』のファビアン・アルダヤ記者が伝えたところによれば、年平均の年俸7000万ドル(約102億3000万円)のうち、6800万ドル(約99億4000万円)の支払いを延期。来季から契約満了となる2033年までは、年俸200万ドル(約2億9000万円)になるというのだ。

 まさに前代未聞である。とはいえ、これによってドジャースはぜいたく税対策が可能となった。大谷の年俸を抑え、チーム全体の年俸を下げることで、コストを削減。余った資金を補強に回せるのだ。興味深いのは、これを大谷側が「アイデアとして求めた」(米スポーツ専門局『ESPN』のジェフ・パッサン記者)という点だ。

 驚きの97%後払いという事実が明るみになり、批判も噴出した。ネット上では「何でもありじゃないか」「完全におかしい」と大谷とドジャースを問題視する意見が相次いで上がった。ただ、現在の労使協定において、後払いの金額や年俸の割合などは定められていない。最終的に7億ドルを手にする大谷はルールに違反していないのである。

 無論、ルールの“抜け穴”を巧みに突いた契約を称える記者もいる。ドジャースの専門サイト『Dodgers Digest』に寄稿するブルース・クンツ氏は「ショウヘイ・オオタニはプロスポーツ史上最大と言っていいチームファーストの契約を結んだ」とし、「正気の沙汰とは思えない。契約金の数字に心が折れそうになったが、とにかくすごい。ドジャースがオオタニと結んだのは、チームの他の選手への支出能力にほとんど影響を与えない契約だ」と驚嘆した。

 また、IBWAA(全米インターネット野球記者協会)のメンバーでもあるクリス・クレッグ記者は、自身のX(旧ツイッター)に「ショウヘイ・オオタニを嫌うべきではない」と投稿。「この契約を許したぜいたく税制度の抜け穴を憎むのは勝手だが、オオタニは悪役でもなければ、球界の敵なんかじゃない」と批判に異を唱えている。

 ここから10年間、ドジャースのために年俸200万ドルで臨む大谷。その契約に対する反響はしばらく続きそうだ。

12/12(火) 11:01 cocoKARA
https://news.yahoo.co.jp/articles/a3a3cea0abeed3aa78bcc56cc3eccc60b24a942e

【大谷翔平の大型契約】税金は53・75% 年間約55億円に…米メディア報じる [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702191155/


不公平な社会だよな
1億くらいめぐんでくれよ

941:

>>1 驚きの契約形態が話題となっている。現地時間12月9日にドジャース移籍を発表した大谷翔平のそれだ。

 今オフにエンゼルスからフリーエージェントとなった大谷。激しい争奪戦を制したドジャースとの間に結ばれたのは、10年総額7億ドル(約1014億円)というエポックメーキングな契約だ。スポーツ史においても最大の契約金となったわけだが、何よりも特徴的なのは総額7億ドルの大半が後払いとして支払われるという形態だ。

 後払いの内訳も衝撃的なものとなった。現地時間12月11日に米メディア『The Athletic』のファビアン・アルダヤ記者が伝えたところによれば、年平均の年俸7000万ドル(約102億3000万円)のうち、6800万ドル(約99億4000万円)の支払いを延期。来季から契約満了となる2033年までは、年俸200万ドル(約2億9000万円)になるというのだ。

 まさに前代未聞である。とはいえ、これによってドジャースはぜいたく税対策が可能となった。大谷の年俸を抑え、チーム全体の年俸を下げることで、コストを削減。余った資金を補強に回せるのだ。興味深いのは、これを大谷側が「アイデアとして求めた」(米スポーツ専門局『ESPN』のジェフ・パッサン記者)という点だ。

 驚きの97%後払いという事実が明るみになり、批判も噴出した。ネット上では「何でもありじゃないか」「完全におかしい」と大谷とドジャースを問題視する意見が相次いで上がった。ただ、現在の労使協定において、後払いの金額や年俸の割合などは定められていない。最終的に7億ドルを手にする大谷はルールに違反していないのである。

 無論、ルールの“抜け穴”を巧みに突いた契約を称える記者もいる。ドジャースの専門サイト『Dodgers Digest』に寄稿するブルース・クンツ氏は「ショウヘイ・オオタニはプロスポーツ史上最大と言っていいチームファーストの契約を結んだ」とし、「正気の沙汰とは思えない。契約金の数字に心が折れそうになったが、とにかくすごい。ドジャースがオオタニと結んだのは、チームの他の選手への支出能力にほとんど影響を与えない契約だ」と驚嘆した。

 また、IBWAA(全米インターネット野球記者協会)のメンバーでもあるクリス・クレッグ記者は、自身のX(旧ツイッター)に「ショウヘイ・オオタニを嫌うべきではない」と投稿。「この契約を許したぜいたく税制度の抜け穴を憎むのは勝手だが、オオタニは悪役でもなければ、球界の敵なんかじゃない」と批判に異を唱えている。

 ここから10年間、ドジャースのために年俸200万ドルで臨む大谷。その契約に対する反響はしばらく続きそうだ。

12/12(火) 11:01 cocoKARA
https://news.yahoo.co.jp/articles/a3a3cea0abeed3aa78bcc56cc3eccc60b24a942e

【大谷翔平の大型契約】税金は53・75% 年間約55億円に…米メディア報じる [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702191155/


大谷いなくなった時点から金銭面で、暗黒期突入だろ?日本の年金と同じじゃん

981:

>>941 大谷いなくなった時点から金銭面で、暗黒期突入だろ?日本の年金と同じじゃん

だから結局、大リーグ機構への贅沢税も、10年後からはそれなりには払わないと
いけないかもしれないよね
払わないわけではない 先送りできる余裕がズルいー と言われても
大谷はジャパンマネーのスポンサーもどっさりついてるから 普通の選手とも違うんだろうけどな

991:

>>981 だから結局、大リーグ機構への贅沢税も、10年後からはそれなりには払わないと
いけないかもしれないよね
払わないわけではない 先送りできる余裕がズルいー と言われても
大谷はジャパンマネーのスポンサーもどっさりついてるから 普通の選手とも違うんだろうけどな


4600万ドルは計上されてる
年俸は200万ドルでも、差額は2400万ドル

997:

>>991 4600万ドルは計上されてる
年俸は200万ドルでも、差額は2400万ドル


ちょうど割引現在価値分か
なんか上手く出来ててモヤモヤッとするなあ

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

7:

~海外の反応~

・大谷って、マヌケ?
・7億ドルじゃなくて、4億6000万ドルの契約じゃん
・利子を得られないって、マジ?
・悪しき前例になる
・史上最高額の契約というのは、嘘だったか
・MLB選手会は批判するだろう
・10年後に引っ越して、州税を払わないつもりだろ
・大谷は脱税しようとしてる?
・こんなの許されるの?
・クソ笑える
・大谷が嫌いになったわ
・メッシ超え(笑)

72:

>>7 ~海外の反応~

・大谷って、マヌケ?
・7億ドルじゃなくて、4億6000万ドルの契約じゃん
・利子を得られないって、マジ?
・悪しき前例になる
・史上最高額の契約というのは、嘘だったか
・MLB選手会は批判するだろう
・10年後に引っ越して、州税を払わないつもりだろ
・大谷は脱税しようとしてる?
・こんなの許されるの?
・クソ笑える
・大谷が嫌いになったわ
・メッシ超え(笑)


日本人と違ってアメリカ人は多種多様な意見だなあ
日本人は単純だから大谷スゲー!一色

864:

>>7 ~海外の反応~

・大谷って、マヌケ?
・7億ドルじゃなくて、4億6000万ドルの契約じゃん
・利子を得られないって、マジ?
・悪しき前例になる
・史上最高額の契約というのは、嘘だったか
・MLB選手会は批判するだろう
・10年後に引っ越して、州税を払わないつもりだろ
・大谷は脱税しようとしてる?
・こんなの許されるの?
・クソ笑える
・大谷が嫌いになったわ
・メッシ超え(笑)


韓国の反応くさい

891:

>>864 韓国の反応くさい


なおキムハソン8億

85:

つーかここでも贅沢税の意味分かってなさそうな人いるな
贅沢税っていうのは本当の税金じゃなくてチーム年俸の総額が一定のライン超えるとリーグから罰金を課されるって制度のこと
これで金満球団が無双しないようにしてるんだけど大谷は年俸の97%を後払いするって手法でこの制度の抜け穴ついたので他球団のファンから叩かれてるわけ

110:

>>85 つーかここでも贅沢税の意味分かってなさそうな人いるな
贅沢税っていうのは本当の税金じゃなくてチーム年俸の総額が一定のライン超えるとリーグから罰金を課されるって制度のこと
これで金満球団が無双しないようにしてるんだけど大谷は年俸の97%を後払いするって手法でこの制度の抜け穴ついたので他球団のファンから叩かれてるわけ

わーわかってなかったわ
じゃあ脱税じゃないんだなw サンクス

285:

>>85 つーかここでも贅沢税の意味分かってなさそうな人いるな
贅沢税っていうのは本当の税金じゃなくてチーム年俸の総額が一定のライン超えるとリーグから罰金を課されるって制度のこと
これで金満球団が無双しないようにしてるんだけど大谷は年俸の97%を後払いするって手法でこの制度の抜け穴ついたので他球団のファンから叩かれてるわけ


新・悪の帝国ドジャカス顔面ブルーwww
もちろん皇帝はオオタニサンな

123:

こんなの大谷の提案なわけないだろ
バックにいる奴が無理やりでも大谷を人気球団のドジャースにねじ込んで史上最高額の契約という見出しを打ちたかっただけ

何年経っても英語も話せない脳筋に思いつくわけがない

126:

>>123 こんなの大谷の提案なわけないだろ
バックにいる奴が無理やりでも大谷を人気球団のドジャースにねじ込んで史上最高額の契約という見出しを打ちたかっただけ

何年経っても英語も話せない脳筋に思いつくわけがない


代理人が大谷が言ったと言って、大谷も否定してないから大谷なんだわ

199:

>>126 代理人が大谷が言ったと言って、大谷も否定してないから大谷なんだわ


大谷にそんな知恵あるわけないだろ
ニューバランスのグローブ寄付件も
大谷発案でなく、メーカーか大谷のエイジェントの提案だろ
グローブでは大谷は1ドルも使ってないだろうよ
名義貸しみたいなもんで

208:

>>126 代理人が大谷が言ったと言って、大谷も否定してないから大谷なんだわ


そんな知恵あるなら
代理人いらんだろw

225:

>>208 そんな知恵あるなら
代理人いらんだろw


知恵と知識を一緒にする馬鹿
大谷の提案が可能かどうかを調べるのも代理人の死事だろ

366:

>>123 こんなの大谷の提案なわけないだろ
バックにいる奴が無理やりでも大谷を人気球団のドジャースにねじ込んで史上最高額の契約という見出しを打ちたかっただけ

何年経っても英語も話せない脳筋に思いつくわけがない


誰も大谷のアイデアだって信じてる奴はいないよ

203:

大谷は長期契約で大金を手に入れる。
球団は贅沢税を回避出来て、契約金を払っても懐が痛まない、有望選手を獲得出来る。

大谷は金の亡者
ドジャースは汚い手段を使って補強をした

アメリカ人がアジア人がそこまで活躍出来るとは思っていないのでドジャースは高くつく買い物をした。
アジア人が史上最高額の契約を結んだことが腹立たしい。

220:

スポンサー収入が数十億ある選手は野球界では他にいない
他のチームには、他の選手には、出来ない。だからこそのチート。
「全打席の1/3はイッペイがバッターボックス入ります」くらいで手打ちや

407:

元々、後払い無しで10年5億ドルくらいの契約だったところを
後払いにすることで10年7億ドルとなり、名目上世界最高額契約のプロスポーツ選手になった
実質は贅沢税算定のための4600万ドル/年という数字が妥当なくらいで、10年4.6億ドルくらいの契約

ということを理解しようとするアメリカ人は今はほとんどいない
時間をおいたら多少理解されるのかねえ

414:

そもそも、ぜいたく追徴金を払えばいいんよね?の精神で
NYメッツとか、一部球団が金満補充しているって
球団が払いたければ上限がない、ザルルールなんじゃないの?これ

>メッツのあまりな金遣いの荒さに、他球団から嘆きの声が上がっている。米紙CHNIスポーツ・
ボストンは23日(日本時間24日)、レッドソックス番記者のマック・セルーヨが「メッツのせいで
レッドソックスが“しみったれ”に見えてしまう」の見出しで報じた。   

2022年12月24日 中日スポーツ

423:

>>414 そもそも、ぜいたく追徴金を払えばいいんよね?の精神で
NYメッツとか、一部球団が金満補充しているって
球団が払いたければ上限がない、ザルルールなんじゃないの?これ

>メッツのあまりな金遣いの荒さに、他球団から嘆きの声が上がっている。米紙CHNIスポーツ・
ボストンは23日(日本時間24日)、レッドソックス番記者のマック・セルーヨが「メッツのせいで
レッドソックスが“しみったれ”に見えてしまう」の見出しで報じた。   

2022年12月24日 中日スポーツ


いや、ぜいたく税があるおかげで金持ち球団が使えば使うほど貧乏球団にもメリットがある

647:

たしかに後払いは魚臭さはあるけど、それも含めて
nobody like 大谷翔平。だって10年間の投資機会を、このレベルで失っても良いなんてカウンターオファー出すメジャー選手は今後はいないからな。

664:

・10年4.6億ドルの契約を後払いにして利子つけた結果、支払い総額は7億ドルになる
・支払い総額7億ドルの契約を後払いにして利子を付けなかった結果、10年4.6億ドルの契約になりました

どっちでも変わらんけどこれを10年7億ドルの契約です!って大々的に言ったから問題になってるだけだよな?
よく考えたら贅沢税のルール的には何の抜け穴にもなってなくないか?

682:

>>664 ・10年4.6億ドルの契約を後払いにして利子つけた結果、支払い総額は7億ドルになる
・支払い総額7億ドルの契約を後払いにして利子を付けなかった結果、10年4.6億ドルの契約になりました

どっちでも変わらんけどこれを10年7億ドルの契約です!って大々的に言ったから問題になってるだけだよな?
よく考えたら贅沢税のルール的には何の抜け穴にもなってなくないか?


その通り
そこまで完璧に理解してくれるアメリカ人が少しでも増えればいいね

705:

>>682 その通り
そこまで完璧に理解してくれるアメリカ人が少しでも増えればいいね


10年7億ドルは嘘でした、ただしくは10年4.6億ドルですって言えば全て解決だよな?

718:

>>705 10年7億ドルは嘘でした、ただしくは10年4.6億ドルですって言えば全て解決だよな?


自分としてはそっちの方が大谷が憎まれなくていいけど
大谷本人としては多分、その10年7億ドルという名目こそがこんなややこしい契約をした理由
プロスポーツにおける野球選手の格を意識してしまったんじゃないかな

747:

>>718 自分としてはそっちの方が大谷が憎まれなくていいけど
大谷本人としては多分、その10年7億ドルという名目こそがこんなややこしい契約をした理由
プロスポーツにおける野球選手の格を意識してしまったんじゃないかな


じゃあ贅沢税の抜け穴だー戦力均衡がーというバッシングは間違ってるんだな
10年4.6億ドルでも過去最高なんだし堂々としてればいいと個人的には思うけど…

707:

>>664 ・10年4.6億ドルの契約を後払いにして利子つけた結果、支払い総額は7億ドルになる
・支払い総額7億ドルの契約を後払いにして利子を付けなかった結果、10年4.6億ドルの契約になりました

どっちでも変わらんけどこれを10年7億ドルの契約です!って大々的に言ったから問題になってるだけだよな?
よく考えたら贅沢税のルール的には何の抜け穴にもなってなくないか?


最初の10年は大谷が年間3億円の選手になるから補強し放題だ。
次の10年で大谷いないのに4.5億ドル近く払わなきゃいけなくなる。まあその頃にはもっとMLBと球団が大きくなって今のトラウトよりも大きい契約結ぶ人もばんばんいるだろうし、贅沢税の基準も上がるから耐えれるって計算だろうね

720:

>>707 最初の10年は大谷が年間3億円の選手になるから補強し放題だ。
次の10年で大谷いないのに4.5億ドル近く払わなきゃいけなくなる。まあその頃にはもっとMLBと球団が大きくなって今のトラウトよりも大きい契約結ぶ人もばんばんいるだろうし、贅沢税の基準も上がるから耐えれるって計算だろうね


10年後は現役選手じゃないからぜいたく税の対象ではないんじゃない?

724:

>>707 最初の10年は大谷が年間3億円の選手になるから補強し放題だ。
次の10年で大谷いないのに4.5億ドル近く払わなきゃいけなくなる。まあその頃にはもっとMLBと球団が大きくなって今のトラウトよりも大きい契約結ぶ人もばんばんいるだろうし、贅沢税の基準も上がるから耐えれるって計算だろうね


いや、最初の10年間は4600万ドルがしっかり贅沢税に計上されるんだから補強し放題じゃないでしょ

759:

>>724 いや、最初の10年間は4600万ドルがしっかり贅沢税に計上されるんだから補強し放題じゃないでしょ


それ本当か?どこのサイトを見ても贅沢税には実際に払う額しか入らず、後払いは入らないってなってると思うけど

782:

>>759 それ本当か?どこのサイトを見ても贅沢税には実際に払う額しか入らず、後払いは入らないってなってると思うけど


どのサイトに書いてある?

689:

結局10年後から20年後まで、チームの年俸総額がもし規定を超えたら
ぜいたく追徴金は払わないといけないよね?それが今じゃないだけで
10年で大谷に支払うという長さも同じで、未来にスライドしただけ
回避ってほどか?

717:

>>689 結局10年後から20年後まで、チームの年俸総額がもし規定を超えたら
ぜいたく追徴金は払わないといけないよね?それが今じゃないだけで
10年で大谷に支払うという長さも同じで、未来にスライドしただけ
回避ってほどか?


大谷は勝ちたいけど自分の年俸が負担になるなら自分の所属してる期間だけはその年俸はいらない
その代わり自分が引退した後のことなんて知らん これかなり言われても仕方ない面はある
ドジャースを強くしたいんでなく自分の所属してる期間だけ強くあればそれでいい理論

796:

ちなみに大谷の最初の10年の年棒3億円はNBA選手の本契約の最低年棒くらいです。
こんだけインチキして10年7億ドルって宣伝しまくって、贅沢税も避けるせこい事してなんで日本人は批判するなとか言ってんだよww

832:

>>796 ちなみに大谷の最初の10年の年棒3億円はNBA選手の本契約の最低年棒くらいです。
こんだけインチキして10年7億ドルって宣伝しまくって、贅沢税も避けるせこい事してなんで日本人は批判するなとか言ってんだよww


はいはい悔しいね

849:

10年後からがドジャース冬の時代到来か。
いもしない元選手のために高額年俸払ってさ。
これは結構きついけど、インフレが進んで格安になるって言う予想なのかな。

あとは、驚きの展開として大谷が年俸をもらいながら、
ドジャースのスポンサーになると言う可能性だがいかに。

900:

まあこれは批判も妥当よな
読売の渡辺会長が残した名言のひとつに「たかが選手が」
というものがあるが本当にたかだか選手なのよ
人類史上未解決の数学の難題を解いた訳でも無く、チャットGPTを開発した訳でも無く、mRNAワクチンを開発して数億人の人々を救った訳でもない
たかが野球が上手いだけの高卒の人物を人類の頂点のように持て囃す
こんなことはやめた方がいい
年俸は1億で十分
キャップ制導入した方がいい
税率98%にするとか何らかの対策が必要

934:

>>900 まあこれは批判も妥当よな
読売の渡辺会長が残した名言のひとつに「たかが選手が」
というものがあるが本当にたかだか選手なのよ
人類史上未解決の数学の難題を解いた訳でも無く、チャットGPTを開発した訳でも無く、mRNAワクチンを開発して数億人の人々を救った訳でもない
たかが野球が上手いだけの高卒の人物を人類の頂点のように持て囃す
こんなことはやめた方がいい
年俸は1億で十分
キャップ制導入した方がいい
税率98%にするとか何らかの対策が必要


なんでも出来た頃の読売でもここまでの長期契約はないだろうからなあ
まあ凄いのは凄い

977:

スポンサー収入前提のハイリスク・ハイリターン契約。
何でこんな契約にしたかといえば、ドジャース入り前提なのと過去最高契約で話題にしたかったから。
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1702384076

Comments 0

コメントはまだありません。