大谷翔平に米メディア「エンゼルスに6年間甘やかされてきた」「孤独の一部を放棄する」 - スポーツ
げいのうまとめんぬ

大谷翔平に米メディア「エンゼルスに6年間甘やかされてきた」「孤独の一部を放棄する」

2023/12/12
スポーツ 0
  • 希代のスーパースターは新天地でどのような境遇に置かれることになるのか――。
  • エンゼルスからFAとなっていた大谷翔平選手(29)がドジャースと契約することが決まった。
  • 大谷自身がインスタグラムで9日(日本時間10日)に発表した。
  • 代理人事務所のCAAによれば契約は10年で総額7億ドル(約1015億円)となり、これは個人としてプロスポーツ史上最高額での契約。
  • MLB公式サイトや「ESPN」など、あらゆる米主要メディアが詳報する中、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」が同日に「ショウヘイ・オオタニ、ドジャースで変わるフィールド内外の世界」と題した興味深い記事を掲載し、反響を呼んでいる。
  • それ以外のことは、たとえオレンジ・カウンティの住まいから北に50マイル(約80キロ)しか離れていなくてもチャベス・ラビーンでは全く違って見えるし、感じられるだろう。
  • 特に10年総額7億ドルという気の遠くなるような契約の始まりにおいて、ロサンゼルスはオオタニが避けようとしてきたあらゆる意味で未知の領域となるだろう」とリポート。
  • エンゼルスとドジャースは同じ「ロサンゼルス」をチーム名にしており、大谷にとっては移籍しても〝通勤圏内〟であることはメリットであるとはいえ、これまで味わったことのない〝未体験ゾーン〟に入ることになると指摘した。
  • それがドジャースで通用するとは思ってはいけない」とし、新チームのドジャースでは大谷を巡る環境が激変するとも解説した。
  • ドジャースに移籍した大谷はプライバシーが保たれていたエンゼルスとは大きく異なり、かつて経験したことのない〝過剰なスポットライト〟との戦いも強いられることになりそうだ。

1:

希代のスーパースターは新天地でどのような境遇に置かれることになるのか――。エンゼルスからFAとなっていた大谷翔平選手(29)がドジャースと契約することが決まった。

 大谷自身がインスタグラムで9日(日本時間10日)に発表した。代理人事務所のCAAによれば契約は10年で総額7億ドル(約1015億円)となり、これは個人としてプロスポーツ史上最高額での契約。MLB公式サイトや「ESPN」など、あらゆる米主要メディアが詳報する中、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」が同日に「ショウヘイ・オオタニ、ドジャースで変わるフィールド内外の世界」と題した興味深い記事を掲載し、反響を呼んでいる。

 掲載記事では同メディアのディーシャ・ソザー記者が「ロサンゼルスへようこそ、ショウヘイ・オオタニ。あなたのオオタニバブルははじけたばかりだ」と書き出し「南カリフォルニアのチームを渡り歩くロサンゼルス・ドジャースの新メンバーにとって、見慣れたものといえばビーチくらいだろう(実際、海岸沿いのビーチも少し違う)。それ以外のことは、たとえオレンジ・カウンティの住まいから北に50マイル(約80キロ)しか離れていなくてもチャベス・ラビーンでは全く違って見えるし、感じられるだろう。特に10年総額7億ドルという気の遠くなるような契約の始まりにおいて、ロサンゼルスはオオタニが避けようとしてきたあらゆる意味で未知の領域となるだろう」とリポート。

 エンゼルスとドジャースは同じ「ロサンゼルス」をチーム名にしており、大谷にとっては移籍しても〝通勤圏内〟であることはメリットであるとはいえ、これまで味わったことのない〝未体験ゾーン〟に入ることになると指摘した。 

 記事では「シーズン中も、特にフリーエージェントの期間中も、オオタニにとってプライバシーが最も重要であることは分かっていた。しかし、オオタニがドジャースを選んだという事実は、彼が少なくとも、球界最高の選手にとって最も重要であると思われること。つまり勝利のために、その孤独の一部を放棄することを望んでいることを意味する」とも続けられている。

 そして「オオタニはエンゼルスの組織に6年間甘やかされてきた。右肘の手術のこと、ケガのこと、打撲のこと、それ以外のことに関しても、彼は自分の健康状態について秘密主義だった。本当にオオタニはアナハイムで無制限の権力を行使していたのだ。それがドジャースで通用するとは思ってはいけない」とし、新チームのドジャースでは大谷を巡る環境が激変するとも解説した。

 さらにソザー記者は「オオタニのチーム選びはドジャースの勝利至上主義に触発されたに違いない。しかしながらドジャースでプレーしたいという彼の願望が、プライバシーの必要性よりも大きかったことを示している。アナハイムとは異なり、彼はフランチャイズの顔として活躍する必要がある」と断言。さらに「彼が頼れる唯一の平穏と静寂は、人里離れた南カリフォルニアの家の中だけだろう。彼が人前に出た瞬間、大混乱が起こるはずだ。彼のファンはこれまで以上に注目し、待ち望み、求める。そして彼の名声は、良くも悪くも、彼が結果を出せば出すほど高まることになるのだ」との見解を述べている。

 ドジャースに移籍した大谷はプライバシーが保たれていたエンゼルスとは大きく異なり、かつて経験したことのない〝過剰なスポットライト〟との戦いも強いられることになりそうだ。 

12/10(日) 16:11配信 東スポ
https://news.yahoo.co.jp/articles/dcaaee18e4cc1c29b881a14e457b22f164429cfd

43:

>>1 希代のスーパースターは新天地でどのような境遇に置かれることになるのか――。エンゼルスからFAとなっていた大谷翔平選手(29)がドジャースと契約することが決まった。

 大谷自身がインスタグラムで9日(日本時間10日)に発表した。代理人事務所のCAAによれば契約は10年で総額7億ドル(約1015億円)となり、これは個人としてプロスポーツ史上最高額での契約。MLB公式サイトや「ESPN」など、あらゆる米主要メディアが詳報する中、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」が同日に「ショウヘイ・オオタニ、ドジャースで変わるフィールド内外の世界」と題した興味深い記事を掲載し、反響を呼んでいる。

 掲載記事では同メディアのディーシャ・ソザー記者が「ロサンゼルスへようこそ、ショウヘイ・オオタニ。あなたのオオタニバブルははじけたばかりだ」と書き出し「南カリフォルニアのチームを渡り歩くロサンゼルス・ドジャースの新メンバーにとって、見慣れたものといえばビーチくらいだろう(実際、海岸沿いのビーチも少し違う)。それ以外のことは、たとえオレンジ・カウンティの住まいから北に50マイル(約80キロ)しか離れていなくてもチャベス・ラビーンでは全く違って見えるし、感じられるだろう。特に10年総額7億ドルという気の遠くなるような契約の始まりにおいて、ロサンゼルスはオオタニが避けようとしてきたあらゆる意味で未知の領域となるだろう」とリポート。

 エンゼルスとドジャースは同じ「ロサンゼルス」をチーム名にしており、大谷にとっては移籍しても〝通勤圏内〟であることはメリットであるとはいえ、これまで味わったことのない〝未体験ゾーン〟に入ることになると指摘した。 

 記事では「シーズン中も、特にフリーエージェントの期間中も、オオタニにとってプライバシーが最も重要であることは分かっていた。しかし、オオタニがドジャースを選んだという事実は、彼が少なくとも、球界最高の選手にとって最も重要であると思われること。つまり勝利のために、その孤独の一部を放棄することを望んでいることを意味する」とも続けられている。

 そして「オオタニはエンゼルスの組織に6年間甘やかされてきた。右肘の手術のこと、ケガのこと、打撲のこと、それ以外のことに関しても、彼は自分の健康状態について秘密主義だった。本当にオオタニはアナハイムで無制限の権力を行使していたのだ。それがドジャースで通用するとは思ってはいけない」とし、新チームのドジャースでは大谷を巡る環境が激変するとも解説した。

 さらにソザー記者は「オオタニのチーム選びはドジャースの勝利至上主義に触発されたに違いない。しかしながらドジャースでプレーしたいという彼の願望が、プライバシーの必要性よりも大きかったことを示している。アナハイムとは異なり、彼はフランチャイズの顔として活躍する必要がある」と断言。さらに「彼が頼れる唯一の平穏と静寂は、人里離れた南カリフォルニアの家の中だけだろう。彼が人前に出た瞬間、大混乱が起こるはずだ。彼のファンはこれまで以上に注目し、待ち望み、求める。そして彼の名声は、良くも悪くも、彼が結果を出せば出すほど高まることになるのだ」との見解を述べている。

 ドジャースに移籍した大谷はプライバシーが保たれていたエンゼルスとは大きく異なり、かつて経験したことのない〝過剰なスポットライト〟との戦いも強いられることになりそうだ。 

12/10(日) 16:11配信 東スポ
https://news.yahoo.co.jp/articles/dcaaee18e4cc1c29b881a14e457b22f164429cfd


田舎弱小球団からよく都会最強球団に移籍したわな
そら距離は近くてもプレッシャーは雲泥の差だわw

215:

>>1 希代のスーパースターは新天地でどのような境遇に置かれることになるのか――。エンゼルスからFAとなっていた大谷翔平選手(29)がドジャースと契約することが決まった。

 大谷自身がインスタグラムで9日(日本時間10日)に発表した。代理人事務所のCAAによれば契約は10年で総額7億ドル(約1015億円)となり、これは個人としてプロスポーツ史上最高額での契約。MLB公式サイトや「ESPN」など、あらゆる米主要メディアが詳報する中、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」が同日に「ショウヘイ・オオタニ、ドジャースで変わるフィールド内外の世界」と題した興味深い記事を掲載し、反響を呼んでいる。

 掲載記事では同メディアのディーシャ・ソザー記者が「ロサンゼルスへようこそ、ショウヘイ・オオタニ。あなたのオオタニバブルははじけたばかりだ」と書き出し「南カリフォルニアのチームを渡り歩くロサンゼルス・ドジャースの新メンバーにとって、見慣れたものといえばビーチくらいだろう(実際、海岸沿いのビーチも少し違う)。それ以外のことは、たとえオレンジ・カウンティの住まいから北に50マイル(約80キロ)しか離れていなくてもチャベス・ラビーンでは全く違って見えるし、感じられるだろう。特に10年総額7億ドルという気の遠くなるような契約の始まりにおいて、ロサンゼルスはオオタニが避けようとしてきたあらゆる意味で未知の領域となるだろう」とリポート。

 エンゼルスとドジャースは同じ「ロサンゼルス」をチーム名にしており、大谷にとっては移籍しても〝通勤圏内〟であることはメリットであるとはいえ、これまで味わったことのない〝未体験ゾーン〟に入ることになると指摘した。 

 記事では「シーズン中も、特にフリーエージェントの期間中も、オオタニにとってプライバシーが最も重要であることは分かっていた。しかし、オオタニがドジャースを選んだという事実は、彼が少なくとも、球界最高の選手にとって最も重要であると思われること。つまり勝利のために、その孤独の一部を放棄することを望んでいることを意味する」とも続けられている。

 そして「オオタニはエンゼルスの組織に6年間甘やかされてきた。右肘の手術のこと、ケガのこと、打撲のこと、それ以外のことに関しても、彼は自分の健康状態について秘密主義だった。本当にオオタニはアナハイムで無制限の権力を行使していたのだ。それがドジャースで通用するとは思ってはいけない」とし、新チームのドジャースでは大谷を巡る環境が激変するとも解説した。

 さらにソザー記者は「オオタニのチーム選びはドジャースの勝利至上主義に触発されたに違いない。しかしながらドジャースでプレーしたいという彼の願望が、プライバシーの必要性よりも大きかったことを示している。アナハイムとは異なり、彼はフランチャイズの顔として活躍する必要がある」と断言。さらに「彼が頼れる唯一の平穏と静寂は、人里離れた南カリフォルニアの家の中だけだろう。彼が人前に出た瞬間、大混乱が起こるはずだ。彼のファンはこれまで以上に注目し、待ち望み、求める。そして彼の名声は、良くも悪くも、彼が結果を出せば出すほど高まることになるのだ」との見解を述べている。

 ドジャースに移籍した大谷はプライバシーが保たれていたエンゼルスとは大きく異なり、かつて経験したことのない〝過剰なスポットライト〟との戦いも強いられることになりそうだ。 

12/10(日) 16:11配信 東スポ
https://news.yahoo.co.jp/articles/dcaaee18e4cc1c29b881a14e457b22f164429cfd


この記者は、大谷が日本に居る間アメリカ人の想像を超える人気と、大勢のメディアに追いかけ回されてるの知らないんだろな
メジャー直行宣言した高校時代から大バッシングで学校にまで輩から日本プロ野球舐めんな!とか電話かけてきたり修羅場を経験し10代から現在まで日本だとスターなのをw

340:

>>1 希代のスーパースターは新天地でどのような境遇に置かれることになるのか――。エンゼルスからFAとなっていた大谷翔平選手(29)がドジャースと契約することが決まった。

 大谷自身がインスタグラムで9日(日本時間10日)に発表した。代理人事務所のCAAによれば契約は10年で総額7億ドル(約1015億円)となり、これは個人としてプロスポーツ史上最高額での契約。MLB公式サイトや「ESPN」など、あらゆる米主要メディアが詳報する中、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」が同日に「ショウヘイ・オオタニ、ドジャースで変わるフィールド内外の世界」と題した興味深い記事を掲載し、反響を呼んでいる。

 掲載記事では同メディアのディーシャ・ソザー記者が「ロサンゼルスへようこそ、ショウヘイ・オオタニ。あなたのオオタニバブルははじけたばかりだ」と書き出し「南カリフォルニアのチームを渡り歩くロサンゼルス・ドジャースの新メンバーにとって、見慣れたものといえばビーチくらいだろう(実際、海岸沿いのビーチも少し違う)。それ以外のことは、たとえオレンジ・カウンティの住まいから北に50マイル(約80キロ)しか離れていなくてもチャベス・ラビーンでは全く違って見えるし、感じられるだろう。特に10年総額7億ドルという気の遠くなるような契約の始まりにおいて、ロサンゼルスはオオタニが避けようとしてきたあらゆる意味で未知の領域となるだろう」とリポート。

 エンゼルスとドジャースは同じ「ロサンゼルス」をチーム名にしており、大谷にとっては移籍しても〝通勤圏内〟であることはメリットであるとはいえ、これまで味わったことのない〝未体験ゾーン〟に入ることになると指摘した。 

 記事では「シーズン中も、特にフリーエージェントの期間中も、オオタニにとってプライバシーが最も重要であることは分かっていた。しかし、オオタニがドジャースを選んだという事実は、彼が少なくとも、球界最高の選手にとって最も重要であると思われること。つまり勝利のために、その孤独の一部を放棄することを望んでいることを意味する」とも続けられている。

 そして「オオタニはエンゼルスの組織に6年間甘やかされてきた。右肘の手術のこと、ケガのこと、打撲のこと、それ以外のことに関しても、彼は自分の健康状態について秘密主義だった。本当にオオタニはアナハイムで無制限の権力を行使していたのだ。それがドジャースで通用するとは思ってはいけない」とし、新チームのドジャースでは大谷を巡る環境が激変するとも解説した。

 さらにソザー記者は「オオタニのチーム選びはドジャースの勝利至上主義に触発されたに違いない。しかしながらドジャースでプレーしたいという彼の願望が、プライバシーの必要性よりも大きかったことを示している。アナハイムとは異なり、彼はフランチャイズの顔として活躍する必要がある」と断言。さらに「彼が頼れる唯一の平穏と静寂は、人里離れた南カリフォルニアの家の中だけだろう。彼が人前に出た瞬間、大混乱が起こるはずだ。彼のファンはこれまで以上に注目し、待ち望み、求める。そして彼の名声は、良くも悪くも、彼が結果を出せば出すほど高まることになるのだ」との見解を述べている。

 ドジャースに移籍した大谷はプライバシーが保たれていたエンゼルスとは大きく異なり、かつて経験したことのない〝過剰なスポットライト〟との戦いも強いられることになりそうだ。 

12/10(日) 16:11配信 東スポ
https://news.yahoo.co.jp/articles/dcaaee18e4cc1c29b881a14e457b22f164429cfd


佐々木朗希かよ

347:

>>1 希代のスーパースターは新天地でどのような境遇に置かれることになるのか――。エンゼルスからFAとなっていた大谷翔平選手(29)がドジャースと契約することが決まった。

 大谷自身がインスタグラムで9日(日本時間10日)に発表した。代理人事務所のCAAによれば契約は10年で総額7億ドル(約1015億円)となり、これは個人としてプロスポーツ史上最高額での契約。MLB公式サイトや「ESPN」など、あらゆる米主要メディアが詳報する中、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」が同日に「ショウヘイ・オオタニ、ドジャースで変わるフィールド内外の世界」と題した興味深い記事を掲載し、反響を呼んでいる。

 掲載記事では同メディアのディーシャ・ソザー記者が「ロサンゼルスへようこそ、ショウヘイ・オオタニ。あなたのオオタニバブルははじけたばかりだ」と書き出し「南カリフォルニアのチームを渡り歩くロサンゼルス・ドジャースの新メンバーにとって、見慣れたものといえばビーチくらいだろう(実際、海岸沿いのビーチも少し違う)。それ以外のことは、たとえオレンジ・カウンティの住まいから北に50マイル(約80キロ)しか離れていなくてもチャベス・ラビーンでは全く違って見えるし、感じられるだろう。特に10年総額7億ドルという気の遠くなるような契約の始まりにおいて、ロサンゼルスはオオタニが避けようとしてきたあらゆる意味で未知の領域となるだろう」とリポート。

 エンゼルスとドジャースは同じ「ロサンゼルス」をチーム名にしており、大谷にとっては移籍しても〝通勤圏内〟であることはメリットであるとはいえ、これまで味わったことのない〝未体験ゾーン〟に入ることになると指摘した。 

 記事では「シーズン中も、特にフリーエージェントの期間中も、オオタニにとってプライバシーが最も重要であることは分かっていた。しかし、オオタニがドジャースを選んだという事実は、彼が少なくとも、球界最高の選手にとって最も重要であると思われること。つまり勝利のために、その孤独の一部を放棄することを望んでいることを意味する」とも続けられている。

 そして「オオタニはエンゼルスの組織に6年間甘やかされてきた。右肘の手術のこと、ケガのこと、打撲のこと、それ以外のことに関しても、彼は自分の健康状態について秘密主義だった。本当にオオタニはアナハイムで無制限の権力を行使していたのだ。それがドジャースで通用するとは思ってはいけない」とし、新チームのドジャースでは大谷を巡る環境が激変するとも解説した。

 さらにソザー記者は「オオタニのチーム選びはドジャースの勝利至上主義に触発されたに違いない。しかしながらドジャースでプレーしたいという彼の願望が、プライバシーの必要性よりも大きかったことを示している。アナハイムとは異なり、彼はフランチャイズの顔として活躍する必要がある」と断言。さらに「彼が頼れる唯一の平穏と静寂は、人里離れた南カリフォルニアの家の中だけだろう。彼が人前に出た瞬間、大混乱が起こるはずだ。彼のファンはこれまで以上に注目し、待ち望み、求める。そして彼の名声は、良くも悪くも、彼が結果を出せば出すほど高まることになるのだ」との見解を述べている。

 ドジャースに移籍した大谷はプライバシーが保たれていたエンゼルスとは大きく異なり、かつて経験したことのない〝過剰なスポットライト〟との戦いも強いられることになりそうだ。 

12/10(日) 16:11配信 東スポ
https://news.yahoo.co.jp/articles/dcaaee18e4cc1c29b881a14e457b22f164429cfd


ブルージェイズでアットホームで温和な雰囲気でやるのが性にあってたかもね
そこそこ強いし

435:

>>1 希代のスーパースターは新天地でどのような境遇に置かれることになるのか――。エンゼルスからFAとなっていた大谷翔平選手(29)がドジャースと契約することが決まった。

 大谷自身がインスタグラムで9日(日本時間10日)に発表した。代理人事務所のCAAによれば契約は10年で総額7億ドル(約1015億円)となり、これは個人としてプロスポーツ史上最高額での契約。MLB公式サイトや「ESPN」など、あらゆる米主要メディアが詳報する中、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」が同日に「ショウヘイ・オオタニ、ドジャースで変わるフィールド内外の世界」と題した興味深い記事を掲載し、反響を呼んでいる。

 掲載記事では同メディアのディーシャ・ソザー記者が「ロサンゼルスへようこそ、ショウヘイ・オオタニ。あなたのオオタニバブルははじけたばかりだ」と書き出し「南カリフォルニアのチームを渡り歩くロサンゼルス・ドジャースの新メンバーにとって、見慣れたものといえばビーチくらいだろう(実際、海岸沿いのビーチも少し違う)。それ以外のことは、たとえオレンジ・カウンティの住まいから北に50マイル(約80キロ)しか離れていなくてもチャベス・ラビーンでは全く違って見えるし、感じられるだろう。特に10年総額7億ドルという気の遠くなるような契約の始まりにおいて、ロサンゼルスはオオタニが避けようとしてきたあらゆる意味で未知の領域となるだろう」とリポート。

 エンゼルスとドジャースは同じ「ロサンゼルス」をチーム名にしており、大谷にとっては移籍しても〝通勤圏内〟であることはメリットであるとはいえ、これまで味わったことのない〝未体験ゾーン〟に入ることになると指摘した。 

 記事では「シーズン中も、特にフリーエージェントの期間中も、オオタニにとってプライバシーが最も重要であることは分かっていた。しかし、オオタニがドジャースを選んだという事実は、彼が少なくとも、球界最高の選手にとって最も重要であると思われること。つまり勝利のために、その孤独の一部を放棄することを望んでいることを意味する」とも続けられている。

 そして「オオタニはエンゼルスの組織に6年間甘やかされてきた。右肘の手術のこと、ケガのこと、打撲のこと、それ以外のことに関しても、彼は自分の健康状態について秘密主義だった。本当にオオタニはアナハイムで無制限の権力を行使していたのだ。それがドジャースで通用するとは思ってはいけない」とし、新チームのドジャースでは大谷を巡る環境が激変するとも解説した。

 さらにソザー記者は「オオタニのチーム選びはドジャースの勝利至上主義に触発されたに違いない。しかしながらドジャースでプレーしたいという彼の願望が、プライバシーの必要性よりも大きかったことを示している。アナハイムとは異なり、彼はフランチャイズの顔として活躍する必要がある」と断言。さらに「彼が頼れる唯一の平穏と静寂は、人里離れた南カリフォルニアの家の中だけだろう。彼が人前に出た瞬間、大混乱が起こるはずだ。彼のファンはこれまで以上に注目し、待ち望み、求める。そして彼の名声は、良くも悪くも、彼が結果を出せば出すほど高まることになるのだ」との見解を述べている。

 ドジャースに移籍した大谷はプライバシーが保たれていたエンゼルスとは大きく異なり、かつて経験したことのない〝過剰なスポットライト〟との戦いも強いられることになりそうだ。 

12/10(日) 16:11配信 東スポ
https://news.yahoo.co.jp/articles/dcaaee18e4cc1c29b881a14e457b22f164429cfd


いっぺいさんはクビって事か

496:

>>1 希代のスーパースターは新天地でどのような境遇に置かれることになるのか――。エンゼルスからFAとなっていた大谷翔平選手(29)がドジャースと契約することが決まった。

 大谷自身がインスタグラムで9日(日本時間10日)に発表した。代理人事務所のCAAによれば契約は10年で総額7億ドル(約1015億円)となり、これは個人としてプロスポーツ史上最高額での契約。MLB公式サイトや「ESPN」など、あらゆる米主要メディアが詳報する中、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」が同日に「ショウヘイ・オオタニ、ドジャースで変わるフィールド内外の世界」と題した興味深い記事を掲載し、反響を呼んでいる。

 掲載記事では同メディアのディーシャ・ソザー記者が「ロサンゼルスへようこそ、ショウヘイ・オオタニ。あなたのオオタニバブルははじけたばかりだ」と書き出し「南カリフォルニアのチームを渡り歩くロサンゼルス・ドジャースの新メンバーにとって、見慣れたものといえばビーチくらいだろう(実際、海岸沿いのビーチも少し違う)。それ以外のことは、たとえオレンジ・カウンティの住まいから北に50マイル(約80キロ)しか離れていなくてもチャベス・ラビーンでは全く違って見えるし、感じられるだろう。特に10年総額7億ドルという気の遠くなるような契約の始まりにおいて、ロサンゼルスはオオタニが避けようとしてきたあらゆる意味で未知の領域となるだろう」とリポート。

 エンゼルスとドジャースは同じ「ロサンゼルス」をチーム名にしており、大谷にとっては移籍しても〝通勤圏内〟であることはメリットであるとはいえ、これまで味わったことのない〝未体験ゾーン〟に入ることになると指摘した。 

 記事では「シーズン中も、特にフリーエージェントの期間中も、オオタニにとってプライバシーが最も重要であることは分かっていた。しかし、オオタニがドジャースを選んだという事実は、彼が少なくとも、球界最高の選手にとって最も重要であると思われること。つまり勝利のために、その孤独の一部を放棄することを望んでいることを意味する」とも続けられている。

 そして「オオタニはエンゼルスの組織に6年間甘やかされてきた。右肘の手術のこと、ケガのこと、打撲のこと、それ以外のことに関しても、彼は自分の健康状態について秘密主義だった。本当にオオタニはアナハイムで無制限の権力を行使していたのだ。それがドジャースで通用するとは思ってはいけない」とし、新チームのドジャースでは大谷を巡る環境が激変するとも解説した。

 さらにソザー記者は「オオタニのチーム選びはドジャースの勝利至上主義に触発されたに違いない。しかしながらドジャースでプレーしたいという彼の願望が、プライバシーの必要性よりも大きかったことを示している。アナハイムとは異なり、彼はフランチャイズの顔として活躍する必要がある」と断言。さらに「彼が頼れる唯一の平穏と静寂は、人里離れた南カリフォルニアの家の中だけだろう。彼が人前に出た瞬間、大混乱が起こるはずだ。彼のファンはこれまで以上に注目し、待ち望み、求める。そして彼の名声は、良くも悪くも、彼が結果を出せば出すほど高まることになるのだ」との見解を述べている。

 ドジャースに移籍した大谷はプライバシーが保たれていたエンゼルスとは大きく異なり、かつて経験したことのない〝過剰なスポットライト〟との戦いも強いられることになりそうだ。 

12/10(日) 16:11配信 東スポ
https://news.yahoo.co.jp/articles/dcaaee18e4cc1c29b881a14e457b22f164429cfd


落ちは最後の東スポ

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

81:

MLBはヒーローとして仕立て上げたいのに大谷自身にその願望が薄いというジレンマ
必要性は大谷自身分かってそうなのにな
頭悪くなさそうなのに英語を人前でまともに喋れるようにならなかったのもちょっとがっかりだわ
6年もいりゃ一般人感覚でもそんな難しいことでもないのに

88:

エンゼルス入りが決まって渡米する時の空港で、記者が
「大谷選手が去った後のファイターズ、そして日本プロ野球をこの選手に背負っていってほしいとか、そういうのありますか」
とかウダウダ聞いてきたので、大谷が
「清宮君って答えれば、よかったですか?」と返してたな。

記者がかわいそうだと思った。
デスク(上司)に、「清宮に期待」って記事を書けるようなコメントとってこい、と言われてただろうから。

122:

6年もチームにいたのに地元ファンから惜しむ声が全く聞かれず
自身の看板は早々と撤去されて
愛されてないことがよくわかるな
日本のマスゴミの中だけ番長

151:

イチローも松井も、現役時代は公的なインタビューなどはずっと通訳ついてたのかな?
でも2人とも、結果的に長年在住してかなり英語上達したそうで
ぐぐったら、イチローの引退試合のスピーチは全部英語で本人のトーク。
いきなりこのレベルは難しいだろうから、普段から、会話程度は結構していたのでは?

英語がある程度できたら、引退後の、米でのお仕事オファーにもつながるとは思うけどな
金あっても、ヒマでゲームとかばかり
ニート状態じゃつまらんだろうし

207:

>>151 イチローも松井も、現役時代は公的なインタビューなどはずっと通訳ついてたのかな?
でも2人とも、結果的に長年在住してかなり英語上達したそうで
ぐぐったら、イチローの引退試合のスピーチは全部英語で本人のトーク。
いきなりこのレベルは難しいだろうから、普段から、会話程度は結構していたのでは?

英語がある程度できたら、引退後の、米でのお仕事オファーにもつながるとは思うけどな
金あっても、ヒマでゲームとかばかり
ニート状態じゃつまらんだろうし


松井はそのままNYに住んでるからもう普通に英語喋れるんじゃないかね

209:

>>151 イチローも松井も、現役時代は公的なインタビューなどはずっと通訳ついてたのかな?
でも2人とも、結果的に長年在住してかなり英語上達したそうで
ぐぐったら、イチローの引退試合のスピーチは全部英語で本人のトーク。
いきなりこのレベルは難しいだろうから、普段から、会話程度は結構していたのでは?

英語がある程度できたら、引退後の、米でのお仕事オファーにもつながるとは思うけどな
金あっても、ヒマでゲームとかばかり
ニート状態じゃつまらんだろうし


イチローは日常会話はしてたし
なんならスペイン語も喋ってたぞ
インタビューでは誤解を防ぐために通訳つけてたけど

153:

X見てるが、東海岸のだれもが大谷のこと知っててびっくりとかあるし、知名度高いじゃん。
来季から全国ネットのtvでの中継もあるから、誰も知らないなどというデマは通用しなくなるね。
すくなくとも契約の報道は全国ネットで報道されてた。

169:

>>153 X見てるが、東海岸のだれもが大谷のこと知っててびっくりとかあるし、知名度高いじゃん。
来季から全国ネットのtvでの中継もあるから、誰も知らないなどというデマは通用しなくなるね。
すくなくとも契約の報道は全国ネットで報道されてた。



大谷を知っている43.75%

大谷を知らない56.25%

177:

>>153 X見てるが、東海岸のだれもが大谷のこと知っててびっくりとかあるし、知名度高いじゃん。
来季から全国ネットのtvでの中継もあるから、誰も知らないなどというデマは通用しなくなるね。
すくなくとも契約の報道は全国ネットで報道されてた。


全米中継はエンゼルスの試合でもある

289:

これからは田舎のお山の大将ではなく
MLB No.1プレイヤーとしての格や品位、社交性が求められる
野球だけやる手もあるがそれでは愛されないし認められない
今後は自分の言葉で物事への意見や感想を述べる事も必要

363:

 >エンゼルスに6年間甘やかされてきた

プロ野球の選手なんだから、甘やかされていようがなんだろうが
グランドで実績を残せば良いだろう。
甘やかされていたことを批判されるのは、給料に見合った実績を
残せない選手だよ。

406:

>>363  >エンゼルスに6年間甘やかされてきた

プロ野球の選手なんだから、甘やかされていようがなんだろうが
グランドで実績を残せば良いだろう。
甘やかされていたことを批判されるのは、給料に見合った実績を
残せない選手だよ。


グラウンドで結果を出すだけでは許されない立場になったって記事なんだが?

427:

日本のマスコミはひた隠しにしてるがアメリカでは連日大谷批判報道がいくつも出てた
アメリカ相当頭に来てたからな


万が一来年報酬に合う結果を出さなかったら酷いしっぺ返しが来ると思われ

欧米には一流アスリートであればあるほどそのスポーツ、メディア、ファン、ひいては社会に責任がある。という文化がある


秘密主義で自分のことしか考えない奴は失格、トップ選手がマスコミに口を開かないなど言語道断という文化が有る

484:

ロスに住んでたけど、リトル東京とか街風になってるけど、
ロスは基本モールだよ 全部車移動、ゆえにニューカーと違ってファッションダサい
元々街に出ないオオタニさんだしそんな変わらんだろう
後段のドジャースはエンゼルスみたく甘やかさない、ってのも逆で、むしろ休ませるって話もある
選手層厚いからと長期契約だから

549:

米記者に、エンゼルスでは無制限の権力を行使していたと表現されたか
大谷にはほぼ何でも許されていたから、球団の王様状態になっていたのだろう

「もう甘やかさないぞ大谷!メディア対応も積極対応しろ!」 by米記者陣

688:

野球よりもババ抜きに関心ある。

争奪戦になると買い手は「持たざるリスクによる焦り」と
「買ったあとに得られる期待」で限界まで高く張るから
実体価値よりも過大に買わされがち。

買ったあとは「取得価額を回収できるのか」
や「計算違いだったとしても10年間は塩漬けになる=そのぶんかさばる」
など産みの不安が出てくる。

世界一賢くてお金持ちなイーロンマスクでさえも
買ったツイッターの価値が今や半額になったから
ドジャースがババを引かされる可能性は全然ある。

772:

殿堂入りってのは大多数の人から
認められなきゃなれないモノなので、
あなた一人が貶しても「それが何か?」で終わり

言論封殺はしない、ご自由にどうぞ、
あんたの考えがそうってだけ、
但し、大谷さんのスレでイチローに粘着してて、
自分が異常と思わないのかね

814:

「交渉の情報を出したら不利になるぞ」って代理人が釘をさしたため
メディアには情報が行かずそれに発狂した奴でしょ
大谷はメディアの要請にめちゃ答えてきたよ

ちな飼い犬の名前を教えないのは2001年にイチローもやっている
「彼の許可を得ていないので言えない」
大谷はイチローをパクってんじゃないの

823:

今回アメリカが大谷について学んだこと

1.プライベートを知られるのを極度に嫌う
飼い犬の名前も明かさない警戒心の強い偏屈者


2.都合の悪いことがあると何ヶ月もメディアと口をきかない


3.完全沈黙と箝口令強要で球団、ファン、メディア、他の選手を振り回す
ウィンターミーティングが恐ろしく不活発でつまらないものになり、他の大物選手たちが移籍先が決まらないまま取り残される
ウィンターミーティングが不毛で終わっても全然平気
自らの移籍先を決めるのに
夢中
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1702247068

Comments 0

コメントはまだありません。