中絶トラブルのKANA-BOONドラム小泉、既婚者だった 20代アイドルは妻帯者と知らず妊娠「家に行くのはいつも断られた」 - 芸能人
げいのうまとめんぬ

中絶トラブルのKANA-BOONドラム小泉、既婚者だった 20代アイドルは妻帯者と知らず妊娠「家に行くのはいつも断られた」

2023/12/12
芸能人 0
  • 《結婚しているのは事実です》中絶トラブルのKANA-BOONドラム小泉、既婚者だった20代アイドルは妻帯者と知らず妊娠「家に行くのはいつも断られた」 NEWSポストセブン 「報道内容が概ね事実であるとの報告がございました。
  • また、報告と併せて、自身の考えの甘さを深く反省していることに加え、バンド脱退の意思が伝えられました」──12月7日、NEWSポストセブンは人気バンド「KANA-BOON」のドラム担当・こいちゃんこと小泉貴裕(32)と20代地下アイドル・A子さんの間に妊娠・中絶トラブルがあったことを報じた。
  • これを受けて12月11日、小泉の所属事務所は本人との契約解除を発表。
  • さらに同じくギター担当・古賀隼人(33)にも「素行不良」があったとしてバンドを脱退することが決まった。
  • 小泉がA子さんとの間で起こした妊娠・中絶トラブルについてNEWSポストセブンが報じた直後、小泉に近い関係者が取材班に対してこう明かした。
  • A子さんに確認すると、既婚であることは知らされず本気の交際だと信じていたと語った上で「そういえば…」と交際期間中の“思い当たる節”について振り返った。
  • その結果がA子さんの妊娠だった。
  • 今思うと家族がいたんですね」 A子さんに妊娠が発覚した際にも、小泉は彼女を家庭に踏み込ませまいと必死だったようだ。
  • 『こういう世界だから、A子に迷惑かけられない』と別れ話をされたこともありましたが、彼の逃げる口実に過ぎなかったんだなと」 所属事務所は事実を把握していたのか。
  • NEWSポストセブンは小泉が既婚者かどうか、事実関係を「KANA-BOON」の担当者に問い合わせると、「結婚していることは事実です、その事実も踏まえて我々も処遇を判断いたしました。

1:

《結婚しているのは事実です》中絶トラブルのKANA-BOONドラム小泉、既婚者だった 20代アイドルは妻帯者と知らず妊娠「家に行くのはいつも断られた」
2023.12.11 20:55  NEWSポストセブン

「報道内容が概ね事実であるとの報告がございました。また、報告と併せて、自身の考えの甘さを深く反省していることに加え、バンド脱退の意思が伝えられました」──12月7日、NEWSポストセブンは人気バンド「KANA-BOON」のドラム担当・こいちゃんこと小泉貴裕(32)と20代地下アイドル・A子さんの間に妊娠・中絶トラブルがあったことを報じた。

 これを受けて12月11日、小泉の所属事務所は本人との契約解除を発表。さらに同じくギター担当・古賀隼人(33)にも「素行不良」があったとしてバンドを脱退することが決まった。だが、この電撃発表の裏で、小泉が既婚者であることがわかった。

 小泉がA子さんとの間で起こした妊娠・中絶トラブルについてNEWSポストセブンが報じた直後、小泉に近い関係者が取材班に対してこう明かした。

「実はこいちゃんは既婚者なんです。A子さんにはそれを明かさずに交際していたから、妊娠しても、当然結婚という結論には至らなかった。報道を受けて、他のメンバーもこいちゃんの夫婦関係を心配していました」

「後輩と住んでいるから…」

 A子さんは小泉との交際中、妻帯者であることに気づいていなかったのか。A子さんに確認すると、既婚であることは知らされず本気の交際だと信じていたと語った上で「そういえば…」と交際期間中の“思い当たる節”について振り返った。

 A子さんは、2022年3月頃、働いているキャバクラに客として訪れた小泉と親密になり、関係を持ったという。A子さんは、小泉の〈同棲して結婚するよ〉などといった真剣交際をうかがわせるメッセージを受けて交際を続けていた。その結果がA子さんの妊娠だった。しかし、小泉には何かを隠すような言動が交際中から見られていたという。A子さんが語る。

「あるとき彼のLINE画面がチラッと見えて、私のプロフィールの名前が男の子の名前になっているのに気づきました。それから別の女がいるんじゃないかと意識するようになったんです。彼と会う時はいつも私の家か都内のホテルで、むこうの自宅には行ったことが一度もありませんでした。私が『家に行きたい』と言うといつも『後輩の男の子と住んでいるからダメ』と断られてしまって……。今思うと家族がいたんですね」

 A子さんに妊娠が発覚した際にも、小泉は彼女を家庭に踏み込ませまいと必死だったようだ。

「当時は『事務所が(交際を)認めてくれない』の一点張りで、私との結婚や同棲は口約束なんだくらいにしか思っていませんでした。しかし妊娠がわかった後に私が『せめてご両親に挨拶をしたい』と伝えると『おばあちゃんの介護で母親が大変で……』などと誤魔化すばかりで頑なに紹介してもらえず、家族にも言えないような関係なんだなとますます彼を怪しむようになった。

 あるときは『事務所にGPSをつけられた』という理由で会うのを拒まれたこともありました。『こういう世界だから、A子に迷惑かけられない』と別れ話をされたこともありましたが、彼の逃げる口実に過ぎなかったんだなと」

 所属事務所は事実を把握していたのか。NEWSポストセブンは小泉が既婚者かどうか、事実関係を「KANA-BOON」の担当者に問い合わせると、「結婚していることは事実です、その事実も踏まえて我々も処遇を判断いたしました。 それ以上のプライバシーに関わるご質問に関しては、ご家族のことにも関わってきますのでお答えすることができません」との返信があった。

 ファンに惜しまれつつも突然の脱退発表──残念ながら、全員でメジャーデビュー10周年を祝うという夢は叶わなかった。

https://www.news-postseven.com/archives/20231211_1927138.html?DETAIL

関連スレ
【音楽】「KANA-BOON」ドラム、ギターのメンバー2人が脱退&契約解除 年内活動休止
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702282688/

105:

>>1 《結婚しているのは事実です》中絶トラブルのKANA-BOONドラム小泉、既婚者だった 20代アイドルは妻帯者と知らず妊娠「家に行くのはいつも断られた」
2023.12.11 20:55  NEWSポストセブン

「報道内容が概ね事実であるとの報告がございました。また、報告と併せて、自身の考えの甘さを深く反省していることに加え、バンド脱退の意思が伝えられました」──12月7日、NEWSポストセブンは人気バンド「KANA-BOON」のドラム担当・こいちゃんこと小泉貴裕(32)と20代地下アイドル・A子さんの間に妊娠・中絶トラブルがあったことを報じた。

 これを受けて12月11日、小泉の所属事務所は本人との契約解除を発表。さらに同じくギター担当・古賀隼人(33)にも「素行不良」があったとしてバンドを脱退することが決まった。だが、この電撃発表の裏で、小泉が既婚者であることがわかった。

 小泉がA子さんとの間で起こした妊娠・中絶トラブルについてNEWSポストセブンが報じた直後、小泉に近い関係者が取材班に対してこう明かした。

「実はこいちゃんは既婚者なんです。A子さんにはそれを明かさずに交際していたから、妊娠しても、当然結婚という結論には至らなかった。報道を受けて、他のメンバーもこいちゃんの夫婦関係を心配していました」

「後輩と住んでいるから…」

 A子さんは小泉との交際中、妻帯者であることに気づいていなかったのか。A子さんに確認すると、既婚であることは知らされず本気の交際だと信じていたと語った上で「そういえば…」と交際期間中の“思い当たる節”について振り返った。

 A子さんは、2022年3月頃、働いているキャバクラに客として訪れた小泉と親密になり、関係を持ったという。A子さんは、小泉の〈同棲して結婚するよ〉などといった真剣交際をうかがわせるメッセージを受けて交際を続けていた。その結果がA子さんの妊娠だった。しかし、小泉には何かを隠すような言動が交際中から見られていたという。A子さんが語る。

「あるとき彼のLINE画面がチラッと見えて、私のプロフィールの名前が男の子の名前になっているのに気づきました。それから別の女がいるんじゃないかと意識するようになったんです。彼と会う時はいつも私の家か都内のホテルで、むこうの自宅には行ったことが一度もありませんでした。私が『家に行きたい』と言うといつも『後輩の男の子と住んでいるからダメ』と断られてしまって……。今思うと家族がいたんですね」

 A子さんに妊娠が発覚した際にも、小泉は彼女を家庭に踏み込ませまいと必死だったようだ。

「当時は『事務所が(交際を)認めてくれない』の一点張りで、私との結婚や同棲は口約束なんだくらいにしか思っていませんでした。しかし妊娠がわかった後に私が『せめてご両親に挨拶をしたい』と伝えると『おばあちゃんの介護で母親が大変で……』などと誤魔化すばかりで頑なに紹介してもらえず、家族にも言えないような関係なんだなとますます彼を怪しむようになった。

 あるときは『事務所にGPSをつけられた』という理由で会うのを拒まれたこともありました。『こういう世界だから、A子に迷惑かけられない』と別れ話をされたこともありましたが、彼の逃げる口実に過ぎなかったんだなと」

 所属事務所は事実を把握していたのか。NEWSポストセブンは小泉が既婚者かどうか、事実関係を「KANA-BOON」の担当者に問い合わせると、「結婚していることは事実です、その事実も踏まえて我々も処遇を判断いたしました。 それ以上のプライバシーに関わるご質問に関しては、ご家族のことにも関わってきますのでお答えすることができません」との返信があった。

 ファンに惜しまれつつも突然の脱退発表──残念ながら、全員でメジャーデビュー10周年を祝うという夢は叶わなかった。

https://www.news-postseven.com/archives/20231211_1927138.html?DETAIL

関連スレ
【音楽】「KANA-BOON」ドラム、ギターのメンバー2人が脱退&契約解除 年内活動休止
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702282688/


ブサイクでこれとか最悪だな

134:

>>1 《結婚しているのは事実です》中絶トラブルのKANA-BOONドラム小泉、既婚者だった 20代アイドルは妻帯者と知らず妊娠「家に行くのはいつも断られた」
2023.12.11 20:55  NEWSポストセブン

「報道内容が概ね事実であるとの報告がございました。また、報告と併せて、自身の考えの甘さを深く反省していることに加え、バンド脱退の意思が伝えられました」──12月7日、NEWSポストセブンは人気バンド「KANA-BOON」のドラム担当・こいちゃんこと小泉貴裕(32)と20代地下アイドル・A子さんの間に妊娠・中絶トラブルがあったことを報じた。

 これを受けて12月11日、小泉の所属事務所は本人との契約解除を発表。さらに同じくギター担当・古賀隼人(33)にも「素行不良」があったとしてバンドを脱退することが決まった。だが、この電撃発表の裏で、小泉が既婚者であることがわかった。

 小泉がA子さんとの間で起こした妊娠・中絶トラブルについてNEWSポストセブンが報じた直後、小泉に近い関係者が取材班に対してこう明かした。

「実はこいちゃんは既婚者なんです。A子さんにはそれを明かさずに交際していたから、妊娠しても、当然結婚という結論には至らなかった。報道を受けて、他のメンバーもこいちゃんの夫婦関係を心配していました」

「後輩と住んでいるから…」

 A子さんは小泉との交際中、妻帯者であることに気づいていなかったのか。A子さんに確認すると、既婚であることは知らされず本気の交際だと信じていたと語った上で「そういえば…」と交際期間中の“思い当たる節”について振り返った。

 A子さんは、2022年3月頃、働いているキャバクラに客として訪れた小泉と親密になり、関係を持ったという。A子さんは、小泉の〈同棲して結婚するよ〉などといった真剣交際をうかがわせるメッセージを受けて交際を続けていた。その結果がA子さんの妊娠だった。しかし、小泉には何かを隠すような言動が交際中から見られていたという。A子さんが語る。

「あるとき彼のLINE画面がチラッと見えて、私のプロフィールの名前が男の子の名前になっているのに気づきました。それから別の女がいるんじゃないかと意識するようになったんです。彼と会う時はいつも私の家か都内のホテルで、むこうの自宅には行ったことが一度もありませんでした。私が『家に行きたい』と言うといつも『後輩の男の子と住んでいるからダメ』と断られてしまって……。今思うと家族がいたんですね」

 A子さんに妊娠が発覚した際にも、小泉は彼女を家庭に踏み込ませまいと必死だったようだ。

「当時は『事務所が(交際を)認めてくれない』の一点張りで、私との結婚や同棲は口約束なんだくらいにしか思っていませんでした。しかし妊娠がわかった後に私が『せめてご両親に挨拶をしたい』と伝えると『おばあちゃんの介護で母親が大変で……』などと誤魔化すばかりで頑なに紹介してもらえず、家族にも言えないような関係なんだなとますます彼を怪しむようになった。

 あるときは『事務所にGPSをつけられた』という理由で会うのを拒まれたこともありました。『こういう世界だから、A子に迷惑かけられない』と別れ話をされたこともありましたが、彼の逃げる口実に過ぎなかったんだなと」

 所属事務所は事実を把握していたのか。NEWSポストセブンは小泉が既婚者かどうか、事実関係を「KANA-BOON」の担当者に問い合わせると、「結婚していることは事実です、その事実も踏まえて我々も処遇を判断いたしました。 それ以上のプライバシーに関わるご質問に関しては、ご家族のことにも関わってきますのでお答えすることができません」との返信があった。

 ファンに惜しまれつつも突然の脱退発表──残念ながら、全員でメジャーデビュー10周年を祝うという夢は叶わなかった。

https://www.news-postseven.com/archives/20231211_1927138.html?DETAIL

関連スレ
【音楽】「KANA-BOON」ドラム、ギターのメンバー2人が脱退&契約解除 年内活動休止
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702282688/


女を人間だと思ってない行動だな
その時間と労力なんだと思ってんだ

206:

>>1 《結婚しているのは事実です》中絶トラブルのKANA-BOONドラム小泉、既婚者だった 20代アイドルは妻帯者と知らず妊娠「家に行くのはいつも断られた」
2023.12.11 20:55  NEWSポストセブン

「報道内容が概ね事実であるとの報告がございました。また、報告と併せて、自身の考えの甘さを深く反省していることに加え、バンド脱退の意思が伝えられました」──12月7日、NEWSポストセブンは人気バンド「KANA-BOON」のドラム担当・こいちゃんこと小泉貴裕(32)と20代地下アイドル・A子さんの間に妊娠・中絶トラブルがあったことを報じた。

 これを受けて12月11日、小泉の所属事務所は本人との契約解除を発表。さらに同じくギター担当・古賀隼人(33)にも「素行不良」があったとしてバンドを脱退することが決まった。だが、この電撃発表の裏で、小泉が既婚者であることがわかった。

 小泉がA子さんとの間で起こした妊娠・中絶トラブルについてNEWSポストセブンが報じた直後、小泉に近い関係者が取材班に対してこう明かした。

「実はこいちゃんは既婚者なんです。A子さんにはそれを明かさずに交際していたから、妊娠しても、当然結婚という結論には至らなかった。報道を受けて、他のメンバーもこいちゃんの夫婦関係を心配していました」

「後輩と住んでいるから…」

 A子さんは小泉との交際中、妻帯者であることに気づいていなかったのか。A子さんに確認すると、既婚であることは知らされず本気の交際だと信じていたと語った上で「そういえば…」と交際期間中の“思い当たる節”について振り返った。

 A子さんは、2022年3月頃、働いているキャバクラに客として訪れた小泉と親密になり、関係を持ったという。A子さんは、小泉の〈同棲して結婚するよ〉などといった真剣交際をうかがわせるメッセージを受けて交際を続けていた。その結果がA子さんの妊娠だった。しかし、小泉には何かを隠すような言動が交際中から見られていたという。A子さんが語る。

「あるとき彼のLINE画面がチラッと見えて、私のプロフィールの名前が男の子の名前になっているのに気づきました。それから別の女がいるんじゃないかと意識するようになったんです。彼と会う時はいつも私の家か都内のホテルで、むこうの自宅には行ったことが一度もありませんでした。私が『家に行きたい』と言うといつも『後輩の男の子と住んでいるからダメ』と断られてしまって……。今思うと家族がいたんですね」

 A子さんに妊娠が発覚した際にも、小泉は彼女を家庭に踏み込ませまいと必死だったようだ。

「当時は『事務所が(交際を)認めてくれない』の一点張りで、私との結婚や同棲は口約束なんだくらいにしか思っていませんでした。しかし妊娠がわかった後に私が『せめてご両親に挨拶をしたい』と伝えると『おばあちゃんの介護で母親が大変で……』などと誤魔化すばかりで頑なに紹介してもらえず、家族にも言えないような関係なんだなとますます彼を怪しむようになった。

 あるときは『事務所にGPSをつけられた』という理由で会うのを拒まれたこともありました。『こういう世界だから、A子に迷惑かけられない』と別れ話をされたこともありましたが、彼の逃げる口実に過ぎなかったんだなと」

 所属事務所は事実を把握していたのか。NEWSポストセブンは小泉が既婚者かどうか、事実関係を「KANA-BOON」の担当者に問い合わせると、「結婚していることは事実です、その事実も踏まえて我々も処遇を判断いたしました。 それ以上のプライバシーに関わるご質問に関しては、ご家族のことにも関わってきますのでお答えすることができません」との返信があった。

 ファンに惜しまれつつも突然の脱退発表──残念ながら、全員でメジャーデビュー10周年を祝うという夢は叶わなかった。

https://www.news-postseven.com/archives/20231211_1927138.html?DETAIL

関連スレ
【音楽】「KANA-BOON」ドラム、ギターのメンバー2人が脱退&契約解除 年内活動休止
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702282688/


アイドルの
キャバクラで働いてた

アイドル1本でキツいのか?アイドルになりたいっていう子供持つ親はよく考えた方がええな

235:

>>1 《結婚しているのは事実です》中絶トラブルのKANA-BOONドラム小泉、既婚者だった 20代アイドルは妻帯者と知らず妊娠「家に行くのはいつも断られた」
2023.12.11 20:55  NEWSポストセブン

「報道内容が概ね事実であるとの報告がございました。また、報告と併せて、自身の考えの甘さを深く反省していることに加え、バンド脱退の意思が伝えられました」──12月7日、NEWSポストセブンは人気バンド「KANA-BOON」のドラム担当・こいちゃんこと小泉貴裕(32)と20代地下アイドル・A子さんの間に妊娠・中絶トラブルがあったことを報じた。

 これを受けて12月11日、小泉の所属事務所は本人との契約解除を発表。さらに同じくギター担当・古賀隼人(33)にも「素行不良」があったとしてバンドを脱退することが決まった。だが、この電撃発表の裏で、小泉が既婚者であることがわかった。

 小泉がA子さんとの間で起こした妊娠・中絶トラブルについてNEWSポストセブンが報じた直後、小泉に近い関係者が取材班に対してこう明かした。

「実はこいちゃんは既婚者なんです。A子さんにはそれを明かさずに交際していたから、妊娠しても、当然結婚という結論には至らなかった。報道を受けて、他のメンバーもこいちゃんの夫婦関係を心配していました」

「後輩と住んでいるから…」

 A子さんは小泉との交際中、妻帯者であることに気づいていなかったのか。A子さんに確認すると、既婚であることは知らされず本気の交際だと信じていたと語った上で「そういえば…」と交際期間中の“思い当たる節”について振り返った。

 A子さんは、2022年3月頃、働いているキャバクラに客として訪れた小泉と親密になり、関係を持ったという。A子さんは、小泉の〈同棲して結婚するよ〉などといった真剣交際をうかがわせるメッセージを受けて交際を続けていた。その結果がA子さんの妊娠だった。しかし、小泉には何かを隠すような言動が交際中から見られていたという。A子さんが語る。

「あるとき彼のLINE画面がチラッと見えて、私のプロフィールの名前が男の子の名前になっているのに気づきました。それから別の女がいるんじゃないかと意識するようになったんです。彼と会う時はいつも私の家か都内のホテルで、むこうの自宅には行ったことが一度もありませんでした。私が『家に行きたい』と言うといつも『後輩の男の子と住んでいるからダメ』と断られてしまって……。今思うと家族がいたんですね」

 A子さんに妊娠が発覚した際にも、小泉は彼女を家庭に踏み込ませまいと必死だったようだ。

「当時は『事務所が(交際を)認めてくれない』の一点張りで、私との結婚や同棲は口約束なんだくらいにしか思っていませんでした。しかし妊娠がわかった後に私が『せめてご両親に挨拶をしたい』と伝えると『おばあちゃんの介護で母親が大変で……』などと誤魔化すばかりで頑なに紹介してもらえず、家族にも言えないような関係なんだなとますます彼を怪しむようになった。

 あるときは『事務所にGPSをつけられた』という理由で会うのを拒まれたこともありました。『こういう世界だから、A子に迷惑かけられない』と別れ話をされたこともありましたが、彼の逃げる口実に過ぎなかったんだなと」

 所属事務所は事実を把握していたのか。NEWSポストセブンは小泉が既婚者かどうか、事実関係を「KANA-BOON」の担当者に問い合わせると、「結婚していることは事実です、その事実も踏まえて我々も処遇を判断いたしました。 それ以上のプライバシーに関わるご質問に関しては、ご家族のことにも関わってきますのでお答えすることができません」との返信があった。

 ファンに惜しまれつつも突然の脱退発表──残念ながら、全員でメジャーデビュー10周年を祝うという夢は叶わなかった。

https://www.news-postseven.com/archives/20231211_1927138.html?DETAIL

関連スレ
【音楽】「KANA-BOON」ドラム、ギターのメンバー2人が脱退&契約解除 年内活動休止
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702282688/


え?声優ゴキブリじゃないのに既婚隠ししてんの?なんで?

あ、そういえば川谷絵音とかいうキノコブスもベッキー騙してたっけ
アイドルじゃないのに既婚隠す男は1000000%不倫目的

403:

>>1 《結婚しているのは事実です》中絶トラブルのKANA-BOONドラム小泉、既婚者だった 20代アイドルは妻帯者と知らず妊娠「家に行くのはいつも断られた」
2023.12.11 20:55  NEWSポストセブン

「報道内容が概ね事実であるとの報告がございました。また、報告と併せて、自身の考えの甘さを深く反省していることに加え、バンド脱退の意思が伝えられました」──12月7日、NEWSポストセブンは人気バンド「KANA-BOON」のドラム担当・こいちゃんこと小泉貴裕(32)と20代地下アイドル・A子さんの間に妊娠・中絶トラブルがあったことを報じた。

 これを受けて12月11日、小泉の所属事務所は本人との契約解除を発表。さらに同じくギター担当・古賀隼人(33)にも「素行不良」があったとしてバンドを脱退することが決まった。だが、この電撃発表の裏で、小泉が既婚者であることがわかった。

 小泉がA子さんとの間で起こした妊娠・中絶トラブルについてNEWSポストセブンが報じた直後、小泉に近い関係者が取材班に対してこう明かした。

「実はこいちゃんは既婚者なんです。A子さんにはそれを明かさずに交際していたから、妊娠しても、当然結婚という結論には至らなかった。報道を受けて、他のメンバーもこいちゃんの夫婦関係を心配していました」

「後輩と住んでいるから…」

 A子さんは小泉との交際中、妻帯者であることに気づいていなかったのか。A子さんに確認すると、既婚であることは知らされず本気の交際だと信じていたと語った上で「そういえば…」と交際期間中の“思い当たる節”について振り返った。

 A子さんは、2022年3月頃、働いているキャバクラに客として訪れた小泉と親密になり、関係を持ったという。A子さんは、小泉の〈同棲して結婚するよ〉などといった真剣交際をうかがわせるメッセージを受けて交際を続けていた。その結果がA子さんの妊娠だった。しかし、小泉には何かを隠すような言動が交際中から見られていたという。A子さんが語る。

「あるとき彼のLINE画面がチラッと見えて、私のプロフィールの名前が男の子の名前になっているのに気づきました。それから別の女がいるんじゃないかと意識するようになったんです。彼と会う時はいつも私の家か都内のホテルで、むこうの自宅には行ったことが一度もありませんでした。私が『家に行きたい』と言うといつも『後輩の男の子と住んでいるからダメ』と断られてしまって……。今思うと家族がいたんですね」

 A子さんに妊娠が発覚した際にも、小泉は彼女を家庭に踏み込ませまいと必死だったようだ。

「当時は『事務所が(交際を)認めてくれない』の一点張りで、私との結婚や同棲は口約束なんだくらいにしか思っていませんでした。しかし妊娠がわかった後に私が『せめてご両親に挨拶をしたい』と伝えると『おばあちゃんの介護で母親が大変で……』などと誤魔化すばかりで頑なに紹介してもらえず、家族にも言えないような関係なんだなとますます彼を怪しむようになった。

 あるときは『事務所にGPSをつけられた』という理由で会うのを拒まれたこともありました。『こういう世界だから、A子に迷惑かけられない』と別れ話をされたこともありましたが、彼の逃げる口実に過ぎなかったんだなと」

 所属事務所は事実を把握していたのか。NEWSポストセブンは小泉が既婚者かどうか、事実関係を「KANA-BOON」の担当者に問い合わせると、「結婚していることは事実です、その事実も踏まえて我々も処遇を判断いたしました。 それ以上のプライバシーに関わるご質問に関しては、ご家族のことにも関わってきますのでお答えすることができません」との返信があった。

 ファンに惜しまれつつも突然の脱退発表──残念ながら、全員でメジャーデビュー10周年を祝うという夢は叶わなかった。

https://www.news-postseven.com/archives/20231211_1927138.html?DETAIL

関連スレ
【音楽】「KANA-BOON」ドラム、ギターのメンバー2人が脱退&契約解除 年内活動休止
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702282688/


嘘ついて妊娠中絶 だって、ゴミだね

480:

>>1 《結婚しているのは事実です》中絶トラブルのKANA-BOONドラム小泉、既婚者だった 20代アイドルは妻帯者と知らず妊娠「家に行くのはいつも断られた」
2023.12.11 20:55  NEWSポストセブン

「報道内容が概ね事実であるとの報告がございました。また、報告と併せて、自身の考えの甘さを深く反省していることに加え、バンド脱退の意思が伝えられました」──12月7日、NEWSポストセブンは人気バンド「KANA-BOON」のドラム担当・こいちゃんこと小泉貴裕(32)と20代地下アイドル・A子さんの間に妊娠・中絶トラブルがあったことを報じた。

 これを受けて12月11日、小泉の所属事務所は本人との契約解除を発表。さらに同じくギター担当・古賀隼人(33)にも「素行不良」があったとしてバンドを脱退することが決まった。だが、この電撃発表の裏で、小泉が既婚者であることがわかった。

 小泉がA子さんとの間で起こした妊娠・中絶トラブルについてNEWSポストセブンが報じた直後、小泉に近い関係者が取材班に対してこう明かした。

「実はこいちゃんは既婚者なんです。A子さんにはそれを明かさずに交際していたから、妊娠しても、当然結婚という結論には至らなかった。報道を受けて、他のメンバーもこいちゃんの夫婦関係を心配していました」

「後輩と住んでいるから…」

 A子さんは小泉との交際中、妻帯者であることに気づいていなかったのか。A子さんに確認すると、既婚であることは知らされず本気の交際だと信じていたと語った上で「そういえば…」と交際期間中の“思い当たる節”について振り返った。

 A子さんは、2022年3月頃、働いているキャバクラに客として訪れた小泉と親密になり、関係を持ったという。A子さんは、小泉の〈同棲して結婚するよ〉などといった真剣交際をうかがわせるメッセージを受けて交際を続けていた。その結果がA子さんの妊娠だった。しかし、小泉には何かを隠すような言動が交際中から見られていたという。A子さんが語る。

「あるとき彼のLINE画面がチラッと見えて、私のプロフィールの名前が男の子の名前になっているのに気づきました。それから別の女がいるんじゃないかと意識するようになったんです。彼と会う時はいつも私の家か都内のホテルで、むこうの自宅には行ったことが一度もありませんでした。私が『家に行きたい』と言うといつも『後輩の男の子と住んでいるからダメ』と断られてしまって……。今思うと家族がいたんですね」

 A子さんに妊娠が発覚した際にも、小泉は彼女を家庭に踏み込ませまいと必死だったようだ。

「当時は『事務所が(交際を)認めてくれない』の一点張りで、私との結婚や同棲は口約束なんだくらいにしか思っていませんでした。しかし妊娠がわかった後に私が『せめてご両親に挨拶をしたい』と伝えると『おばあちゃんの介護で母親が大変で……』などと誤魔化すばかりで頑なに紹介してもらえず、家族にも言えないような関係なんだなとますます彼を怪しむようになった。

 あるときは『事務所にGPSをつけられた』という理由で会うのを拒まれたこともありました。『こういう世界だから、A子に迷惑かけられない』と別れ話をされたこともありましたが、彼の逃げる口実に過ぎなかったんだなと」

 所属事務所は事実を把握していたのか。NEWSポストセブンは小泉が既婚者かどうか、事実関係を「KANA-BOON」の担当者に問い合わせると、「結婚していることは事実です、その事実も踏まえて我々も処遇を判断いたしました。 それ以上のプライバシーに関わるご質問に関しては、ご家族のことにも関わってきますのでお答えすることができません」との返信があった。

 ファンに惜しまれつつも突然の脱退発表──残念ながら、全員でメジャーデビュー10周年を祝うという夢は叶わなかった。

https://www.news-postseven.com/archives/20231211_1927138.html?DETAIL

関連スレ
【音楽】「KANA-BOON」ドラム、ギターのメンバー2人が脱退&契約解除 年内活動休止
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702282688/


>「家に行くのはいつも断られた」
いやそこで察しろよ

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

64:

バンプ・オブ・チンチンのベースに続き、結婚詐欺みたいなことをしてたのか
「不倫でも構わない」と言う女性と不倫しろよ
20代女性の貴重な時間を奪うな
どんな女性でも25歳で放流するディカプリオを見習え

139:

この女は
中絶を
断った、ということだね

つまり
強引にデキ婚に持ち込もうとした
という当初の意向は、あったのかもしれない

女が、そういう女だったということになると
男が100悪いという事情は
だいぶ変わってくるのでは?w

よーーく見ると、ヒドい女かもしれないんだww

141:

>>139 この女は
中絶を
断った、ということだね

つまり
強引にデキ婚に持ち込もうとした
という当初の意向は、あったのかもしれない

女が、そういう女だったということになると
男が100悪いという事情は
だいぶ変わってくるのでは?w

よーーく見ると、ヒドい女かもしれないんだww


既婚なのになんで中出ししたん?

152:

>>141 既婚なのになんで中出ししたん?


男が100悪いとも言ってないし
女が100悪いとも言ってない
てことだよw

143:

もうひとりの方は何をやったんだ
同じ様に脱退するってことは同じレベルの不祥事ってこと?

173:

『後輩の男の子と住んでいるから(家に呼ぶのは)ダメ』
『事務所が(交際を)認めてくれない』
『おばあちゃんの介護で母親が大変で……』
『事務所にGPSをつけられた』

よくもまあこんな嘘ばっかつけるなw

175:

>>173 『後輩の男の子と住んでいるから(家に呼ぶのは)ダメ』
『事務所が(交際を)認めてくれない』
『おばあちゃんの介護で母親が大変で……』
『事務所にGPSをつけられた』

よくもまあこんな嘘ばっかつけるなw


事務所にGPSをつけられたはちょっとオモロいんで使わせてもらおw

247:

>報道を受けて、他のメンバーもこいちゃんの夫婦関係を心配していました

いやそこ?

253:

>>247 >報道を受けて、他のメンバーもこいちゃんの夫婦関係を心配していました

いやそこ?


だから類友なんだろ

262:

>>247 >報道を受けて、他のメンバーもこいちゃんの夫婦関係を心配していました

いやそこ?


こういう他メンバーみたいなやつがサレ側に平気でもう許してやりなよとか云うんだよな

266:

男の子名:これな、あるあるだね。逆に何十年の不倫女と結婚しようとしていた時に、自分の名前は車名で登録されてた。
あ、不倫解消する気ないなと考え身を引いた。

310:

清水富美加と不倫してたの本人に暴露されて失踪したやつが同じバンド内に居たのに
あの騒ぎを見て自分は気をつけようとはならなかったんだろうか

361:

>報道を受けて、他のメンバーもこいちゃんの夫婦関係を心配していました

心配すんのはそこじゃねーだろ

371:

>>361 >報道を受けて、他のメンバーもこいちゃんの夫婦関係を心配していました

心配すんのはそこじゃねーだろ


このバンドの人たち人がいいからね

417:

>>371 このバンドの人たち人がいいからね


人がいいってよりズレてるだけかと

381:

数年前に女性トラブルになったメンバーいたのに同じようなことやってクビになってんのは頭イカれてるとしか言いようがないわ
20代前半とかならまだしも30代でこんなことでクビになるってダサ過ぎるだろこいつら

387:

で、ドラムは既婚者でだまして不倫、中絶で最悪なのわかったがギターは何したの?

ジャンヌダルクてバンドもベースだっけ?女を風俗かなんかに沈めたトラブルかなんかで解散したよね…
クソみたいな事でバンド終わるのもったいないが
カスとバンド続けるのもどうかと思うしな

402:

>>387 で、ドラムは既婚者でだまして不倫、中絶で最悪なのわかったがギターは何したの?

ジャンヌダルクてバンドもベースだっけ?女を風俗かなんかに沈めたトラブルかなんかで解散したよね…
クソみたいな事でバンド終わるのもったいないが
カスとバンド続けるのもどうかと思うしな


Xで見る限りだとドラム以上かな
そりゃ速攻クビになるわと

401:

少し前に、アルルカンとかいうV系バンドもやらかしてたよな
メンバーが、違うメンバーの女を死ぬほど酒飲ませて襲ってわいせつ行為して弁護士どうたらで大問題になってた気がする
ダサいバンドて普段もダサいんだよな

482:

女関係でトラブった位で脱退は厳しすぎるだろ、とニュース聞いた時は思ったけど、
内情を知ると、想像以上だったわw
そりゃクビになるわ、クビにしなかったら下手すりゃ慰謝料がバンド側にも及ぶし

493:

>さらに同じくギター担当・古賀隼人(33)にも「素行不良」があったとしてバンドを脱退することが決まった。

これも女関係のトラブルかクスリかのどちらかしかないじゃん

511:

奥さんとの間に子供がいても居なくても修羅場だろなあ
浮気はワンちゃん許すとしても子供作ったのは別の次元の話
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1702296494

Comments 0

コメントはまだありません。