『ブラック・ジャック』高橋一生でドラマ化 当初は菅田将暉が主演の予定、“カネで命を救う”の価値観と不一致で降板か - アニメ
げいのうまとめんぬ

『ブラック・ジャック』高橋一生でドラマ化 当初は菅田将暉が主演の予定、“カネで命を救う”の価値観と不一致で降板か

2023/12/10
アニメ 0
  • この世にそんなものはありはしない」──これは、手塚治虫の大ヒット漫画『ブラック・ジャック』の名台詞のひとつ。
  • 無免許ながら天才的な技術を持つ外科医、ブラック・ジャックこと間黒男が信じるのは、生命の神秘のみ。
  • 生命の前に正義も悪も関係ない。
  • ゆえに手術代として莫大な報酬を求めることに何ら抵抗もない──。
  • ブラック・ジャックで描かれるのは深い人間模様だ。
  • アウトローで無免許医の主人公が、現代の医療や社会の課題にも通ずる本質的な問題を浮き彫りにする。
  • 「2023年に連載開始50周年を迎え、全国でさまざまなイベントが開催されていますが、そのフィナーレとも言える、スペシャルドラマの制作が進行中です。
  • 『ブラック・ジャック』はこれまでにも何度も実写化され、宍戸錠さん(享年86)、加山雄三(86才)、本木雅弘(57才)など名だたる俳優が主人公を演じてきた。
  • 「新型コロナやウクライナ情勢などを目の当たりにし、自分の持つ医師像とブラック・ジャックが異なって見えたそうなんです。
  • もちろん、ブラック・ジャックはカネのためだけに手術をするわけではないし、そんな浅い物語じゃないことは菅田さんも理解しているのでしょうが、ひとたび疑問を抱いてしまったことで、“もう自分の作品にはできない”と思ってしまったそうです」(前出・テレビ局関係者) 菅田といえば、2022年1月から7月頃まで、俳優業を休業していた。

1:

2023.12.09 07:00  女性セブン

「正義か。この世にそんなものはありはしない」──これは、手塚治虫の大ヒット漫画『ブラック・ジャック』の名台詞のひとつ。無免許ながら天才的な技術を持つ外科医、ブラック・ジャックこと間黒男が信じるのは、生命の神秘のみ。生命の前に正義も悪も関係ない。ゆえに手術代として莫大な報酬を求めることに何ら抵抗もない──。

 ブラック・ジャックで描かれるのは深い人間模様だ。アウトローで無免許医の主人公が、現代の医療や社会の課題にも通ずる本質的な問題を浮き彫りにする。

「2023年に連載開始50周年を迎え、全国でさまざまなイベントが開催されていますが、そのフィナーレとも言える、スペシャルドラマの制作が進行中です。この12月に京都にて撮影が行われたようです。でも、本来なら2022年の秋には撮影が始まっていたはずなんですけどね」(テレビ局関係者)

 1年以上の“撮影遅延”。その理由はキャスティングにあったようだ。『ブラック・ジャック』はこれまでにも何度も実写化され、宍戸錠さん(享年86)、加山雄三(86才)、本木雅弘(57才)など名だたる俳優が主人公を演じてきた。今回の主演は高橋一生(42才)だというが、当初は違ったという。

「2022年の夏前の段階では、菅田将暉さん(30才)が主演だと聞いていました。ところが、菅田さんサイドから“降板”の申し入れがあったようです。どうも彼の考えが、作品の方向性とそぐわないとかで」(前出・テレビ局関係者)

 前述の通り、ブラック・ジャックはどんな困難な手術も成功してみせる一方で、目が飛び出るほどの手術代を要求する。ここの価値観に不一致があったようだ。

「新型コロナやウクライナ情勢などを目の当たりにし、自分の持つ医師像とブラック・ジャックが異なって見えたそうなんです。特に“カネで命を救う”という部分が引っかかったとか。もちろん、ブラック・ジャックはカネのためだけに手術をするわけではないし、そんな浅い物語じゃないことは菅田さんも理解しているのでしょうが、ひとたび疑問を抱いてしまったことで、“もう自分の作品にはできない”と思ってしまったそうです」(前出・テレビ局関係者)

 菅田といえば、2022年1月から7月頃まで、俳優業を休業していた。

「あらゆる役をこなす中で精神的に疲れ、不眠状態が続いたこともあり、休むことを決意したのだそうです」(芸能関係者)

 彼にとって、いいリフレッシュになったのだろう。復帰後は仕事も順調。なかでも2023年9月に公開した映画『ミステリと言う勿れ』は、興行収入40億円超の大ヒットとなった。

「菅田さんの演技は相変わらずお見事でした。でも復帰後、仕事に対するスタンスが明らかに変化しているように見えました。これまでは“仕事だから”と割り切っていた部分も、“本当に自分がやりたいものか”としっかり吟味するようになったそう」(映画関係者)

 菅田なりに熟考し、ほかの出演者やスタッフにも配慮して自ら退いた、ということなのだろう。紆余曲折がありながらも、突然のオファーを引き受けた高橋によって実現した、今回の作品。

「キャスティングの変更はよくあること。いまは高橋さんを中心に現場はいい緊張感を保ちながら進んでいる。高橋さんは原作をかなり読み込み、理解を深めて役に臨んでいると聞いています。見応えのある作品になりそうです」(ドラマ関係者)

 高橋はまさにブラック・ジャックさながらの救世主だったようで。

※女性セブン2024年1月1日号

https://www.news-postseven.com/archives/20231209_1925962.html?DETAIL

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702080323/

94:

>>1 2023.12.09 07:00  女性セブン

「正義か。この世にそんなものはありはしない」──これは、手塚治虫の大ヒット漫画『ブラック・ジャック』の名台詞のひとつ。無免許ながら天才的な技術を持つ外科医、ブラック・ジャックこと間黒男が信じるのは、生命の神秘のみ。生命の前に正義も悪も関係ない。ゆえに手術代として莫大な報酬を求めることに何ら抵抗もない──。

 ブラック・ジャックで描かれるのは深い人間模様だ。アウトローで無免許医の主人公が、現代の医療や社会の課題にも通ずる本質的な問題を浮き彫りにする。

「2023年に連載開始50周年を迎え、全国でさまざまなイベントが開催されていますが、そのフィナーレとも言える、スペシャルドラマの制作が進行中です。この12月に京都にて撮影が行われたようです。でも、本来なら2022年の秋には撮影が始まっていたはずなんですけどね」(テレビ局関係者)

 1年以上の“撮影遅延”。その理由はキャスティングにあったようだ。『ブラック・ジャック』はこれまでにも何度も実写化され、宍戸錠さん(享年86)、加山雄三(86才)、本木雅弘(57才)など名だたる俳優が主人公を演じてきた。今回の主演は高橋一生(42才)だというが、当初は違ったという。

「2022年の夏前の段階では、菅田将暉さん(30才)が主演だと聞いていました。ところが、菅田さんサイドから“降板”の申し入れがあったようです。どうも彼の考えが、作品の方向性とそぐわないとかで」(前出・テレビ局関係者)

 前述の通り、ブラック・ジャックはどんな困難な手術も成功してみせる一方で、目が飛び出るほどの手術代を要求する。ここの価値観に不一致があったようだ。

「新型コロナやウクライナ情勢などを目の当たりにし、自分の持つ医師像とブラック・ジャックが異なって見えたそうなんです。特に“カネで命を救う”という部分が引っかかったとか。もちろん、ブラック・ジャックはカネのためだけに手術をするわけではないし、そんな浅い物語じゃないことは菅田さんも理解しているのでしょうが、ひとたび疑問を抱いてしまったことで、“もう自分の作品にはできない”と思ってしまったそうです」(前出・テレビ局関係者)

 菅田といえば、2022年1月から7月頃まで、俳優業を休業していた。

「あらゆる役をこなす中で精神的に疲れ、不眠状態が続いたこともあり、休むことを決意したのだそうです」(芸能関係者)

 彼にとって、いいリフレッシュになったのだろう。復帰後は仕事も順調。なかでも2023年9月に公開した映画『ミステリと言う勿れ』は、興行収入40億円超の大ヒットとなった。

「菅田さんの演技は相変わらずお見事でした。でも復帰後、仕事に対するスタンスが明らかに変化しているように見えました。これまでは“仕事だから”と割り切っていた部分も、“本当に自分がやりたいものか”としっかり吟味するようになったそう」(映画関係者)

 菅田なりに熟考し、ほかの出演者やスタッフにも配慮して自ら退いた、ということなのだろう。紆余曲折がありながらも、突然のオファーを引き受けた高橋によって実現した、今回の作品。

「キャスティングの変更はよくあること。いまは高橋さんを中心に現場はいい緊張感を保ちながら進んでいる。高橋さんは原作をかなり読み込み、理解を深めて役に臨んでいると聞いています。見応えのある作品になりそうです」(ドラマ関係者)

 高橋はまさにブラック・ジャックさながらの救世主だったようで。

※女性セブン2024年1月1日号

https://www.news-postseven.com/archives/20231209_1925962.html?DETAIL

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702080323/


菅田将暉 トップコート ナベプロ系
高橋一生 舞プロモーション ??系

高橋一生の事務所ってどこ系統だろう

101:

>>1 2023.12.09 07:00  女性セブン

「正義か。この世にそんなものはありはしない」──これは、手塚治虫の大ヒット漫画『ブラック・ジャック』の名台詞のひとつ。無免許ながら天才的な技術を持つ外科医、ブラック・ジャックこと間黒男が信じるのは、生命の神秘のみ。生命の前に正義も悪も関係ない。ゆえに手術代として莫大な報酬を求めることに何ら抵抗もない──。

 ブラック・ジャックで描かれるのは深い人間模様だ。アウトローで無免許医の主人公が、現代の医療や社会の課題にも通ずる本質的な問題を浮き彫りにする。

「2023年に連載開始50周年を迎え、全国でさまざまなイベントが開催されていますが、そのフィナーレとも言える、スペシャルドラマの制作が進行中です。この12月に京都にて撮影が行われたようです。でも、本来なら2022年の秋には撮影が始まっていたはずなんですけどね」(テレビ局関係者)

 1年以上の“撮影遅延”。その理由はキャスティングにあったようだ。『ブラック・ジャック』はこれまでにも何度も実写化され、宍戸錠さん(享年86)、加山雄三(86才)、本木雅弘(57才)など名だたる俳優が主人公を演じてきた。今回の主演は高橋一生(42才)だというが、当初は違ったという。

「2022年の夏前の段階では、菅田将暉さん(30才)が主演だと聞いていました。ところが、菅田さんサイドから“降板”の申し入れがあったようです。どうも彼の考えが、作品の方向性とそぐわないとかで」(前出・テレビ局関係者)

 前述の通り、ブラック・ジャックはどんな困難な手術も成功してみせる一方で、目が飛び出るほどの手術代を要求する。ここの価値観に不一致があったようだ。

「新型コロナやウクライナ情勢などを目の当たりにし、自分の持つ医師像とブラック・ジャックが異なって見えたそうなんです。特に“カネで命を救う”という部分が引っかかったとか。もちろん、ブラック・ジャックはカネのためだけに手術をするわけではないし、そんな浅い物語じゃないことは菅田さんも理解しているのでしょうが、ひとたび疑問を抱いてしまったことで、“もう自分の作品にはできない”と思ってしまったそうです」(前出・テレビ局関係者)

 菅田といえば、2022年1月から7月頃まで、俳優業を休業していた。

「あらゆる役をこなす中で精神的に疲れ、不眠状態が続いたこともあり、休むことを決意したのだそうです」(芸能関係者)

 彼にとって、いいリフレッシュになったのだろう。復帰後は仕事も順調。なかでも2023年9月に公開した映画『ミステリと言う勿れ』は、興行収入40億円超の大ヒットとなった。

「菅田さんの演技は相変わらずお見事でした。でも復帰後、仕事に対するスタンスが明らかに変化しているように見えました。これまでは“仕事だから”と割り切っていた部分も、“本当に自分がやりたいものか”としっかり吟味するようになったそう」(映画関係者)

 菅田なりに熟考し、ほかの出演者やスタッフにも配慮して自ら退いた、ということなのだろう。紆余曲折がありながらも、突然のオファーを引き受けた高橋によって実現した、今回の作品。

「キャスティングの変更はよくあること。いまは高橋さんを中心に現場はいい緊張感を保ちながら進んでいる。高橋さんは原作をかなり読み込み、理解を深めて役に臨んでいると聞いています。見応えのある作品になりそうです」(ドラマ関係者)

 高橋はまさにブラック・ジャックさながらの救世主だったようで。

※女性セブン2024年1月1日号

https://www.news-postseven.com/archives/20231209_1925962.html?DETAIL

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702080323/


高橋なら佐藤が良かったな

122:

>>101 高橋なら佐藤が良かったな


佐藤隆太?

180:

>>101 高橋なら佐藤が良かったな


佐藤健?
貧相すぎる

498:

>>1 2023.12.09 07:00  女性セブン

「正義か。この世にそんなものはありはしない」──これは、手塚治虫の大ヒット漫画『ブラック・ジャック』の名台詞のひとつ。無免許ながら天才的な技術を持つ外科医、ブラック・ジャックこと間黒男が信じるのは、生命の神秘のみ。生命の前に正義も悪も関係ない。ゆえに手術代として莫大な報酬を求めることに何ら抵抗もない──。

 ブラック・ジャックで描かれるのは深い人間模様だ。アウトローで無免許医の主人公が、現代の医療や社会の課題にも通ずる本質的な問題を浮き彫りにする。

「2023年に連載開始50周年を迎え、全国でさまざまなイベントが開催されていますが、そのフィナーレとも言える、スペシャルドラマの制作が進行中です。この12月に京都にて撮影が行われたようです。でも、本来なら2022年の秋には撮影が始まっていたはずなんですけどね」(テレビ局関係者)

 1年以上の“撮影遅延”。その理由はキャスティングにあったようだ。『ブラック・ジャック』はこれまでにも何度も実写化され、宍戸錠さん(享年86)、加山雄三(86才)、本木雅弘(57才)など名だたる俳優が主人公を演じてきた。今回の主演は高橋一生(42才)だというが、当初は違ったという。

「2022年の夏前の段階では、菅田将暉さん(30才)が主演だと聞いていました。ところが、菅田さんサイドから“降板”の申し入れがあったようです。どうも彼の考えが、作品の方向性とそぐわないとかで」(前出・テレビ局関係者)

 前述の通り、ブラック・ジャックはどんな困難な手術も成功してみせる一方で、目が飛び出るほどの手術代を要求する。ここの価値観に不一致があったようだ。

「新型コロナやウクライナ情勢などを目の当たりにし、自分の持つ医師像とブラック・ジャックが異なって見えたそうなんです。特に“カネで命を救う”という部分が引っかかったとか。もちろん、ブラック・ジャックはカネのためだけに手術をするわけではないし、そんな浅い物語じゃないことは菅田さんも理解しているのでしょうが、ひとたび疑問を抱いてしまったことで、“もう自分の作品にはできない”と思ってしまったそうです」(前出・テレビ局関係者)

 菅田といえば、2022年1月から7月頃まで、俳優業を休業していた。

「あらゆる役をこなす中で精神的に疲れ、不眠状態が続いたこともあり、休むことを決意したのだそうです」(芸能関係者)

 彼にとって、いいリフレッシュになったのだろう。復帰後は仕事も順調。なかでも2023年9月に公開した映画『ミステリと言う勿れ』は、興行収入40億円超の大ヒットとなった。

「菅田さんの演技は相変わらずお見事でした。でも復帰後、仕事に対するスタンスが明らかに変化しているように見えました。これまでは“仕事だから”と割り切っていた部分も、“本当に自分がやりたいものか”としっかり吟味するようになったそう」(映画関係者)

 菅田なりに熟考し、ほかの出演者やスタッフにも配慮して自ら退いた、ということなのだろう。紆余曲折がありながらも、突然のオファーを引き受けた高橋によって実現した、今回の作品。

「キャスティングの変更はよくあること。いまは高橋さんを中心に現場はいい緊張感を保ちながら進んでいる。高橋さんは原作をかなり読み込み、理解を深めて役に臨んでいると聞いています。見応えのある作品になりそうです」(ドラマ関係者)

 高橋はまさにブラック・ジャックさながらの救世主だったようで。

※女性セブン2024年1月1日号

https://www.news-postseven.com/archives/20231209_1925962.html?DETAIL

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702080323/


作品www

506:

>>1 2023.12.09 07:00  女性セブン

「正義か。この世にそんなものはありはしない」──これは、手塚治虫の大ヒット漫画『ブラック・ジャック』の名台詞のひとつ。無免許ながら天才的な技術を持つ外科医、ブラック・ジャックこと間黒男が信じるのは、生命の神秘のみ。生命の前に正義も悪も関係ない。ゆえに手術代として莫大な報酬を求めることに何ら抵抗もない──。

 ブラック・ジャックで描かれるのは深い人間模様だ。アウトローで無免許医の主人公が、現代の医療や社会の課題にも通ずる本質的な問題を浮き彫りにする。

「2023年に連載開始50周年を迎え、全国でさまざまなイベントが開催されていますが、そのフィナーレとも言える、スペシャルドラマの制作が進行中です。この12月に京都にて撮影が行われたようです。でも、本来なら2022年の秋には撮影が始まっていたはずなんですけどね」(テレビ局関係者)

 1年以上の“撮影遅延”。その理由はキャスティングにあったようだ。『ブラック・ジャック』はこれまでにも何度も実写化され、宍戸錠さん(享年86)、加山雄三(86才)、本木雅弘(57才)など名だたる俳優が主人公を演じてきた。今回の主演は高橋一生(42才)だというが、当初は違ったという。

「2022年の夏前の段階では、菅田将暉さん(30才)が主演だと聞いていました。ところが、菅田さんサイドから“降板”の申し入れがあったようです。どうも彼の考えが、作品の方向性とそぐわないとかで」(前出・テレビ局関係者)

 前述の通り、ブラック・ジャックはどんな困難な手術も成功してみせる一方で、目が飛び出るほどの手術代を要求する。ここの価値観に不一致があったようだ。

「新型コロナやウクライナ情勢などを目の当たりにし、自分の持つ医師像とブラック・ジャックが異なって見えたそうなんです。特に“カネで命を救う”という部分が引っかかったとか。もちろん、ブラック・ジャックはカネのためだけに手術をするわけではないし、そんな浅い物語じゃないことは菅田さんも理解しているのでしょうが、ひとたび疑問を抱いてしまったことで、“もう自分の作品にはできない”と思ってしまったそうです」(前出・テレビ局関係者)

 菅田といえば、2022年1月から7月頃まで、俳優業を休業していた。

「あらゆる役をこなす中で精神的に疲れ、不眠状態が続いたこともあり、休むことを決意したのだそうです」(芸能関係者)

 彼にとって、いいリフレッシュになったのだろう。復帰後は仕事も順調。なかでも2023年9月に公開した映画『ミステリと言う勿れ』は、興行収入40億円超の大ヒットとなった。

「菅田さんの演技は相変わらずお見事でした。でも復帰後、仕事に対するスタンスが明らかに変化しているように見えました。これまでは“仕事だから”と割り切っていた部分も、“本当に自分がやりたいものか”としっかり吟味するようになったそう」(映画関係者)

 菅田なりに熟考し、ほかの出演者やスタッフにも配慮して自ら退いた、ということなのだろう。紆余曲折がありながらも、突然のオファーを引き受けた高橋によって実現した、今回の作品。

「キャスティングの変更はよくあること。いまは高橋さんを中心に現場はいい緊張感を保ちながら進んでいる。高橋さんは原作をかなり読み込み、理解を深めて役に臨んでいると聞いています。見応えのある作品になりそうです」(ドラマ関係者)

 高橋はまさにブラック・ジャックさながらの救世主だったようで。

※女性セブン2024年1月1日号

https://www.news-postseven.com/archives/20231209_1925962.html?DETAIL

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702080323/


ブラックジャックって言うほど金でしか動かなかったっけ?
金持ちや闇医者にしか来れないような悪人には容赦なかったけど
子供の依頼は飴玉一個とかで引き受けたりもしてなかった?

554:

>>506 ブラックジャックって言うほど金でしか動かなかったっけ?
金持ちや闇医者にしか来れないような悪人には容赦なかったけど
子供の依頼は飴玉一個とかで引き受けたりもしてなかった?


確か金じゃなくて人を見る

子供を治してほしいって親が来て
金が足りないから自分の体を買ってくれ!つって
その覚悟を見通してブラックジャックがただで手術したりとかあった

覚悟や優しさある奴には無償で手術したりする
そうじゃない奴には法外価格つきつけて追い返す

854:

>>1 2023.12.09 07:00  女性セブン

「正義か。この世にそんなものはありはしない」──これは、手塚治虫の大ヒット漫画『ブラック・ジャック』の名台詞のひとつ。無免許ながら天才的な技術を持つ外科医、ブラック・ジャックこと間黒男が信じるのは、生命の神秘のみ。生命の前に正義も悪も関係ない。ゆえに手術代として莫大な報酬を求めることに何ら抵抗もない──。

 ブラック・ジャックで描かれるのは深い人間模様だ。アウトローで無免許医の主人公が、現代の医療や社会の課題にも通ずる本質的な問題を浮き彫りにする。

「2023年に連載開始50周年を迎え、全国でさまざまなイベントが開催されていますが、そのフィナーレとも言える、スペシャルドラマの制作が進行中です。この12月に京都にて撮影が行われたようです。でも、本来なら2022年の秋には撮影が始まっていたはずなんですけどね」(テレビ局関係者)

 1年以上の“撮影遅延”。その理由はキャスティングにあったようだ。『ブラック・ジャック』はこれまでにも何度も実写化され、宍戸錠さん(享年86)、加山雄三(86才)、本木雅弘(57才)など名だたる俳優が主人公を演じてきた。今回の主演は高橋一生(42才)だというが、当初は違ったという。

「2022年の夏前の段階では、菅田将暉さん(30才)が主演だと聞いていました。ところが、菅田さんサイドから“降板”の申し入れがあったようです。どうも彼の考えが、作品の方向性とそぐわないとかで」(前出・テレビ局関係者)

 前述の通り、ブラック・ジャックはどんな困難な手術も成功してみせる一方で、目が飛び出るほどの手術代を要求する。ここの価値観に不一致があったようだ。

「新型コロナやウクライナ情勢などを目の当たりにし、自分の持つ医師像とブラック・ジャックが異なって見えたそうなんです。特に“カネで命を救う”という部分が引っかかったとか。もちろん、ブラック・ジャックはカネのためだけに手術をするわけではないし、そんな浅い物語じゃないことは菅田さんも理解しているのでしょうが、ひとたび疑問を抱いてしまったことで、“もう自分の作品にはできない”と思ってしまったそうです」(前出・テレビ局関係者)

 菅田といえば、2022年1月から7月頃まで、俳優業を休業していた。

「あらゆる役をこなす中で精神的に疲れ、不眠状態が続いたこともあり、休むことを決意したのだそうです」(芸能関係者)

 彼にとって、いいリフレッシュになったのだろう。復帰後は仕事も順調。なかでも2023年9月に公開した映画『ミステリと言う勿れ』は、興行収入40億円超の大ヒットとなった。

「菅田さんの演技は相変わらずお見事でした。でも復帰後、仕事に対するスタンスが明らかに変化しているように見えました。これまでは“仕事だから”と割り切っていた部分も、“本当に自分がやりたいものか”としっかり吟味するようになったそう」(映画関係者)

 菅田なりに熟考し、ほかの出演者やスタッフにも配慮して自ら退いた、ということなのだろう。紆余曲折がありながらも、突然のオファーを引き受けた高橋によって実現した、今回の作品。

「キャスティングの変更はよくあること。いまは高橋さんを中心に現場はいい緊張感を保ちながら進んでいる。高橋さんは原作をかなり読み込み、理解を深めて役に臨んでいると聞いています。見応えのある作品になりそうです」(ドラマ関係者)

 高橋はまさにブラック・ジャックさながらの救世主だったようで。

※女性セブン2024年1月1日号

https://www.news-postseven.com/archives/20231209_1925962.html?DETAIL

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702080323/


どこの局?

977:

>>1 2023.12.09 07:00  女性セブン

「正義か。この世にそんなものはありはしない」──これは、手塚治虫の大ヒット漫画『ブラック・ジャック』の名台詞のひとつ。無免許ながら天才的な技術を持つ外科医、ブラック・ジャックこと間黒男が信じるのは、生命の神秘のみ。生命の前に正義も悪も関係ない。ゆえに手術代として莫大な報酬を求めることに何ら抵抗もない──。

 ブラック・ジャックで描かれるのは深い人間模様だ。アウトローで無免許医の主人公が、現代の医療や社会の課題にも通ずる本質的な問題を浮き彫りにする。

「2023年に連載開始50周年を迎え、全国でさまざまなイベントが開催されていますが、そのフィナーレとも言える、スペシャルドラマの制作が進行中です。この12月に京都にて撮影が行われたようです。でも、本来なら2022年の秋には撮影が始まっていたはずなんですけどね」(テレビ局関係者)

 1年以上の“撮影遅延”。その理由はキャスティングにあったようだ。『ブラック・ジャック』はこれまでにも何度も実写化され、宍戸錠さん(享年86)、加山雄三(86才)、本木雅弘(57才)など名だたる俳優が主人公を演じてきた。今回の主演は高橋一生(42才)だというが、当初は違ったという。

「2022年の夏前の段階では、菅田将暉さん(30才)が主演だと聞いていました。ところが、菅田さんサイドから“降板”の申し入れがあったようです。どうも彼の考えが、作品の方向性とそぐわないとかで」(前出・テレビ局関係者)

 前述の通り、ブラック・ジャックはどんな困難な手術も成功してみせる一方で、目が飛び出るほどの手術代を要求する。ここの価値観に不一致があったようだ。

「新型コロナやウクライナ情勢などを目の当たりにし、自分の持つ医師像とブラック・ジャックが異なって見えたそうなんです。特に“カネで命を救う”という部分が引っかかったとか。もちろん、ブラック・ジャックはカネのためだけに手術をするわけではないし、そんな浅い物語じゃないことは菅田さんも理解しているのでしょうが、ひとたび疑問を抱いてしまったことで、“もう自分の作品にはできない”と思ってしまったそうです」(前出・テレビ局関係者)

 菅田といえば、2022年1月から7月頃まで、俳優業を休業していた。

「あらゆる役をこなす中で精神的に疲れ、不眠状態が続いたこともあり、休むことを決意したのだそうです」(芸能関係者)

 彼にとって、いいリフレッシュになったのだろう。復帰後は仕事も順調。なかでも2023年9月に公開した映画『ミステリと言う勿れ』は、興行収入40億円超の大ヒットとなった。

「菅田さんの演技は相変わらずお見事でした。でも復帰後、仕事に対するスタンスが明らかに変化しているように見えました。これまでは“仕事だから”と割り切っていた部分も、“本当に自分がやりたいものか”としっかり吟味するようになったそう」(映画関係者)

 菅田なりに熟考し、ほかの出演者やスタッフにも配慮して自ら退いた、ということなのだろう。紆余曲折がありながらも、突然のオファーを引き受けた高橋によって実現した、今回の作品。

「キャスティングの変更はよくあること。いまは高橋さんを中心に現場はいい緊張感を保ちながら進んでいる。高橋さんは原作をかなり読み込み、理解を深めて役に臨んでいると聞いています。見応えのある作品になりそうです」(ドラマ関係者)

 高橋はまさにブラック・ジャックさながらの救世主だったようで。

※女性セブン2024年1月1日号

https://www.news-postseven.com/archives/20231209_1925962.html?DETAIL

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702080323/


そんな選り好みしてたら役者の仕事なんて成り立たないだろ。そんな理由じゃないと思うよ

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

21:

よくわからんけど、仕事受ける前にこういう内容の仕事ですどうしますか?みたいなやり取りはないの?
脚本もできてないオリジナルドラマなら後から内容聞いて辞めるのもまどわかるけど、ブラックジャックなんてもとからそういう設定じゃん
仕事受けてやっぱ価値観合わないんで降板ってちょっとなって感じがする
主演ありきで合う脚本探してたなら、ブラックジャックにこだわる必要ないから別を探してくるだけだし

313:

>>21 よくわからんけど、仕事受ける前にこういう内容の仕事ですどうしますか?みたいなやり取りはないの?
脚本もできてないオリジナルドラマなら後から内容聞いて辞めるのもまどわかるけど、ブラックジャックなんてもとからそういう設定じゃん
仕事受けてやっぱ価値観合わないんで降板ってちょっとなって感じがする
主演ありきで合う脚本探してたなら、ブラックジャックにこだわる必要ないから別を探してくるだけだし


ブラックジャックだから引き受けたら脚本がひどい改変されてたとかありえるだろ

320:

>>313 ブラックジャックだから引き受けたら脚本がひどい改変されてたとかありえるだろ


クソありそう

825:

>>21 よくわからんけど、仕事受ける前にこういう内容の仕事ですどうしますか?みたいなやり取りはないの?
脚本もできてないオリジナルドラマなら後から内容聞いて辞めるのもまどわかるけど、ブラックジャックなんてもとからそういう設定じゃん
仕事受けてやっぱ価値観合わないんで降板ってちょっとなって感じがする
主演ありきで合う脚本探してたなら、ブラックジャックにこだわる必要ないから別を探してくるだけだし


蓋を開けてみたら脚本がクソすぎてコケるの分かったから多少キャリアが傷ついたり批判されようが降りたほうがましって判断したんじゃないか?

78:

ファンタジー入ってる半世紀前の原作を如何に(元来のテーマ性を崩さずに)現代の価値観に擦り合せるかが
スタッフと俳優の腕の見せ所だと思うが、要はハードルの高さに諦めたって事じゃないの?

117:

高橋一生(42才)は歳が行き過ぎ
菅田将暉さん(30才)のほうが良かったな
で、あれはフィクションだから、そんなに重いテーマではないのよ
逆に、カネ持ってるやつからはがっぽり取る、
貧乏で健気なやつはタダ同然、
何ら倫理には反してないのよ
「命の値段」をBJは自分で決めてんの
それは「制度」とかそういうのとは別でしょや?

167:

コメント来たね

脚本やキャラクター造りは原作者としては「え?」って感じはありますが、
監督さんや俳優の皆さん、スタッフなど、現場は超優秀な人達ばかりです。
ボクやファンの皆さんは別次元の『新ドラゴンボール』として鑑賞するのが正解かもしれません。
もしかしたら現場のパワーで大傑作になっているかもしれませんよ!
おおいに期待しています!!

171:

>“カネで命を救う”という部分が引っかかったとか。

これが事実なら菅田は作品のテーマ理解できてないやん
原作読んだことないのか

179:

>>171 >“カネで命を救う”という部分が引っかかったとか。

これが事実なら菅田は作品のテーマ理解できてないやん
原作読んだことないのか


依頼する側もちゃんと説明や説得しなかったのかね?

291:

んー、何となく高橋一生が去年やった『岸辺露伴は動かない』とキャラクターが被るんだよね
・一見クールで冷徹に見えて、実は情に厚い面もある
・不可解な問題に奇抜なアイデアで解決
・相方(編集者・ピノコ)の天然行動にいつもイライラして突っ込み役になる
多分高橋の演技も岸辺露伴みたいなのになると思うよ

394:

>>291 んー、何となく高橋一生が去年やった『岸辺露伴は動かない』とキャラクターが被るんだよね
・一見クールで冷徹に見えて、実は情に厚い面もある
・不可解な問題に奇抜なアイデアで解決
・相方(編集者・ピノコ)の天然行動にいつもイライラして突っ込み役になる
多分高橋の演技も岸辺露伴みたいなのになると思うよ


同じ傾向の役作りになりそうよね

347:

BJは、手塚作品の中では最も、若い世代に読み継がれていると思うが、
今さら実写化に堪えるとは、ちょっと思えないなあ。
「白い巨塔」も、岡田准一がやった頃にはもう、出来以前に、
医療関係者から「現代では成立しないストーリー」と言われていた。
菅田将暉に関しては、以前、芸スポで粘着質なヲタに執拗に絡まれたことがあるので、何も言わない。
ヲタ怖い。

369:

ドライな作品なんだよなぁ。それでいて命に関しては誠実だっていう。
イルカを治療してやるが恩返しのたびに傷つきながら帰ってくる話があるけど

あの回で日本のドラマみたいに感動ですよ音楽流されるのは違う。
無音でもいい作品。

456:

本当に記事通り、菅田が辞退したのならば、それは実写化が上手くないと批判されるのを恐れてだよ

だって、ブラックジャック感が津田には1ミリもないからね

477:

>>456 本当に記事通り、菅田が辞退したのならば、それは実写化が上手くないと批判されるのを恐れてだよ

だって、ブラックジャック感が津田には1ミリもないからね


津田「なんでワシやねん!」

481:

>>477 津田「なんでワシやねん!」


www

576:

最後にミソを付けたまま生涯を閉じたりネトウヨから叩かれる対象になったりしたけど、隆大介版が良かったわ。経緯が経緯なのでソフト化とか配信とか放映とかの機会はかなり少なそうだけど。
瓢箪から駒で板尾創路版の企画って無くはなさそうだけどどれもポシャったのかな。

593:

菅田くらいの年齢だと、
ブラックジャックを知らないの?
原作を知ってる人間の感想じゃないよね
同年代の人、どうですか?

あるいは脚本の改変がひどかったのか…

645:

なんで菅田なんてブラックジャック要素が一ミリもない奴にやらせようとしてんだよ…始まる前からミスキャストすぎるだろ
事務所力100パーで合わない役にもゴリ押ししようとするドラマ映画業界はつくづくおかしいわ
高橋一生になるなら本当によかった

705:

単純にこういう事では?

菅田将暉が事務所の方針で別の仕事を引き受ける事になった。
一方、原作の枯渇や飯豊まりえの件で続編が立ち消え状態の『岸辺露伴は動かない』に代わる高橋一生主演作に『ブラックジャック』が選ばれた。

959:

菅田さんは表向きは価値観の違いを強調してるけど
本当はブラックジャックというキャラ自体が
誰が演じてもコミカル・戯画化・チープになりかねないから
自分の俳優キャリアの黒歴史になるのを避けたのでは

962:

>>959 菅田さんは表向きは価値観の違いを強調してるけど
本当はブラックジャックというキャラ自体が
誰が演じてもコミカル・戯画化・チープになりかねないから
自分の俳優キャリアの黒歴史になるのを避けたのでは


まぁ難しい役ではあるわな
演じ切れば評価は高まる反面
非常に分かりにくい立ち位置の人物ではあるから(単純な善悪の先にある人物像ではある)
ハイリスクハイリターンではある
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1702091639

Comments 0

コメントはまだありません。