天皇杯 川崎FがPK戦死闘制し3大会ぶり2度目優勝 鬼木達監督は就任7季で7つ目タイトル - 芸能人
げいのうまとめんぬ

天皇杯 川崎FがPK戦死闘制し3大会ぶり2度目優勝 鬼木達監督は就任7季で7つ目タイトル

2023/12/10
芸能人 0
  • <天皇杯:柏0-0川崎F(PK戦7-8)>◇決勝◇9日◇東京・国立競技場◇観衆6万2837人 川崎フロンターレが、PK戦までもつれた決勝で柏レイソルを下し、3大会ぶり2度目の天皇杯王者に輝いた。
  • リーグ戦が8位に終わり、ルヴァン杯も1次リーグで敗退。
  • 「育成」をテーマに臨んだシーズンで、しっかりとタイトルを獲得した。
  • 鬼木達監督(49)が監督就任後、7季で7つ目のタイトル。
  • 常勝クラブとして、また1つ階段を上がった。
  • 川崎Fがしぶとくタイトルをつかみ取った。
  • 試合は一進一退の攻防が続いた。
  • 前半は相手FW細谷真大(22)をターゲットにした攻撃や、コンパクトな守備に手を焼いた。
  • アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の1次リーグを5連勝で突破するなど、絶好調で天皇杯決勝を迎えた。
  • 7季目となった鬼木達監督(49)は、昨季初めて無冠に終わった。

1:

<天皇杯:柏0-0川崎F(PK戦7-8)>◇決勝◇9日◇東京・国立競技場◇観衆6万2837人
 川崎フロンターレが、PK戦までもつれた決勝で柏レイソルを下し、3大会ぶり2度目の天皇杯王者に輝いた。リーグ戦が8位に終わり、ルヴァン杯も1次リーグで敗退。「育成」をテーマに臨んだシーズンで、しっかりとタイトルを獲得した。鬼木達監督(49)が監督就任後、7季で7つ目のタイトル。常勝クラブとして、また1つ階段を上がった。
 川崎Fがしぶとくタイトルをつかみ取った。
 試合は一進一退の攻防が続いた。前半は相手FW細谷真大(22)をターゲットにした攻撃や、コンパクトな守備に手を焼いた。押し込まれる展開が続き、ほとんどチャンスを作れなかった。
 鬼木監督も「少し難しいゲームになっていると思います。流動性が必要かなと思います」と前半を振り返った。
 後半は、より相手の背後を意識した攻撃で勢いに乗る。同19分にMF瀬川祐輔(29)、MF遠野大弥(24)を2枚同時投入。選手たちがポジションを流動的に入れ替えて、川崎Fらしいパスワークで相手を押し込んだ。同32分には、FWレアンドロ・ダミアン(34)に代わり、FW小林悠(36)が途中出場し、さらにギアを上げた。
 昨季オフに主将だった日本代表DF谷口彰悟(32)が海外移籍。今季はシーズン序盤からDFライン、FWにけが人が続出した。安定感を欠いたチームはリーグ戦で一時15位まで沈んだ。しかしそこから立て直し、10月以降公式戦10試合負けなし。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の1次リーグを5連勝で突破するなど、絶好調で天皇杯決勝を迎えた。
 7季目となった鬼木達監督(49)は、昨季初めて無冠に終わった。「やっぱりタイトルをとり続けないと、やっぱりタイトルは途切れやすくなると思っている」とタイトル獲得の意義を語っていた。
 日本代表クラスの主力が毎年のように抜け、「過渡期」ともいえる中での優勝。常勝軍団の伝統を引き継ぐために、クラブにとってかけがえのないタイトル獲得となった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/730847011843d96a41c6d8669c1f3deb836f4b5f

3:

>>1 <天皇杯:柏0-0川崎F(PK戦7-8)>◇決勝◇9日◇東京・国立競技場◇観衆6万2837人
 川崎フロンターレが、PK戦までもつれた決勝で柏レイソルを下し、3大会ぶり2度目の天皇杯王者に輝いた。リーグ戦が8位に終わり、ルヴァン杯も1次リーグで敗退。「育成」をテーマに臨んだシーズンで、しっかりとタイトルを獲得した。鬼木達監督(49)が監督就任後、7季で7つ目のタイトル。常勝クラブとして、また1つ階段を上がった。
 川崎Fがしぶとくタイトルをつかみ取った。
 試合は一進一退の攻防が続いた。前半は相手FW細谷真大(22)をターゲットにした攻撃や、コンパクトな守備に手を焼いた。押し込まれる展開が続き、ほとんどチャンスを作れなかった。
 鬼木監督も「少し難しいゲームになっていると思います。流動性が必要かなと思います」と前半を振り返った。
 後半は、より相手の背後を意識した攻撃で勢いに乗る。同19分にMF瀬川祐輔(29)、MF遠野大弥(24)を2枚同時投入。選手たちがポジションを流動的に入れ替えて、川崎Fらしいパスワークで相手を押し込んだ。同32分には、FWレアンドロ・ダミアン(34)に代わり、FW小林悠(36)が途中出場し、さらにギアを上げた。
 昨季オフに主将だった日本代表DF谷口彰悟(32)が海外移籍。今季はシーズン序盤からDFライン、FWにけが人が続出した。安定感を欠いたチームはリーグ戦で一時15位まで沈んだ。しかしそこから立て直し、10月以降公式戦10試合負けなし。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の1次リーグを5連勝で突破するなど、絶好調で天皇杯決勝を迎えた。
 7季目となった鬼木達監督(49)は、昨季初めて無冠に終わった。「やっぱりタイトルをとり続けないと、やっぱりタイトルは途切れやすくなると思っている」とタイトル獲得の意義を語っていた。
 日本代表クラスの主力が毎年のように抜け、「過渡期」ともいえる中での優勝。常勝軍団の伝統を引き継ぐために、クラブにとってかけがえのないタイトル獲得となった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/730847011843d96a41c6d8669c1f3deb836f4b5f



柏サポ

川崎サポ 


お疲れ様でした。

気をつけてお帰り下さい。

36:

>>3
柏サポ

川崎サポ 


お疲れ様でした。

気をつけてお帰り下さい。


近いから羨ましい

704:

>>3
柏サポ

川崎サポ 


お疲れ様でした。

気をつけてお帰り下さい。


17:20出発

17:49 武蔵小杉着
18:00 新横浜着
18:03 飛田給着
18:15 柏着
18:22 浦和美園着
18:31 平塚着

27:

>>1 <天皇杯:柏0-0川崎F(PK戦7-8)>◇決勝◇9日◇東京・国立競技場◇観衆6万2837人
 川崎フロンターレが、PK戦までもつれた決勝で柏レイソルを下し、3大会ぶり2度目の天皇杯王者に輝いた。リーグ戦が8位に終わり、ルヴァン杯も1次リーグで敗退。「育成」をテーマに臨んだシーズンで、しっかりとタイトルを獲得した。鬼木達監督(49)が監督就任後、7季で7つ目のタイトル。常勝クラブとして、また1つ階段を上がった。
 川崎Fがしぶとくタイトルをつかみ取った。
 試合は一進一退の攻防が続いた。前半は相手FW細谷真大(22)をターゲットにした攻撃や、コンパクトな守備に手を焼いた。押し込まれる展開が続き、ほとんどチャンスを作れなかった。
 鬼木監督も「少し難しいゲームになっていると思います。流動性が必要かなと思います」と前半を振り返った。
 後半は、より相手の背後を意識した攻撃で勢いに乗る。同19分にMF瀬川祐輔(29)、MF遠野大弥(24)を2枚同時投入。選手たちがポジションを流動的に入れ替えて、川崎Fらしいパスワークで相手を押し込んだ。同32分には、FWレアンドロ・ダミアン(34)に代わり、FW小林悠(36)が途中出場し、さらにギアを上げた。
 昨季オフに主将だった日本代表DF谷口彰悟(32)が海外移籍。今季はシーズン序盤からDFライン、FWにけが人が続出した。安定感を欠いたチームはリーグ戦で一時15位まで沈んだ。しかしそこから立て直し、10月以降公式戦10試合負けなし。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の1次リーグを5連勝で突破するなど、絶好調で天皇杯決勝を迎えた。
 7季目となった鬼木達監督(49)は、昨季初めて無冠に終わった。「やっぱりタイトルをとり続けないと、やっぱりタイトルは途切れやすくなると思っている」とタイトル獲得の意義を語っていた。
 日本代表クラスの主力が毎年のように抜け、「過渡期」ともいえる中での優勝。常勝軍団の伝統を引き継ぐために、クラブにとってかけがえのないタイトル獲得となった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/730847011843d96a41c6d8669c1f3deb836f4b5f


サッカーくじ 天皇杯 決勝

川崎ー柏

1試合予想(90分)の結果

49:

>>1 <天皇杯:柏0-0川崎F(PK戦7-8)>◇決勝◇9日◇東京・国立競技場◇観衆6万2837人
 川崎フロンターレが、PK戦までもつれた決勝で柏レイソルを下し、3大会ぶり2度目の天皇杯王者に輝いた。リーグ戦が8位に終わり、ルヴァン杯も1次リーグで敗退。「育成」をテーマに臨んだシーズンで、しっかりとタイトルを獲得した。鬼木達監督(49)が監督就任後、7季で7つ目のタイトル。常勝クラブとして、また1つ階段を上がった。
 川崎Fがしぶとくタイトルをつかみ取った。
 試合は一進一退の攻防が続いた。前半は相手FW細谷真大(22)をターゲットにした攻撃や、コンパクトな守備に手を焼いた。押し込まれる展開が続き、ほとんどチャンスを作れなかった。
 鬼木監督も「少し難しいゲームになっていると思います。流動性が必要かなと思います」と前半を振り返った。
 後半は、より相手の背後を意識した攻撃で勢いに乗る。同19分にMF瀬川祐輔(29)、MF遠野大弥(24)を2枚同時投入。選手たちがポジションを流動的に入れ替えて、川崎Fらしいパスワークで相手を押し込んだ。同32分には、FWレアンドロ・ダミアン(34)に代わり、FW小林悠(36)が途中出場し、さらにギアを上げた。
 昨季オフに主将だった日本代表DF谷口彰悟(32)が海外移籍。今季はシーズン序盤からDFライン、FWにけが人が続出した。安定感を欠いたチームはリーグ戦で一時15位まで沈んだ。しかしそこから立て直し、10月以降公式戦10試合負けなし。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の1次リーグを5連勝で突破するなど、絶好調で天皇杯決勝を迎えた。
 7季目となった鬼木達監督(49)は、昨季初めて無冠に終わった。「やっぱりタイトルをとり続けないと、やっぱりタイトルは途切れやすくなると思っている」とタイトル獲得の意義を語っていた。
 日本代表クラスの主力が毎年のように抜け、「過渡期」ともいえる中での優勝。常勝軍団の伝統を引き継ぐために、クラブにとってかけがえのないタイトル獲得となった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/730847011843d96a41c6d8669c1f3deb836f4b5f



大迫の娘が着てるのDiorで10万円以上する
おまいらの服より高いんやでw

13 名無しさん@恐縮です[] 2023/12/05(火) 20:16:25.54
大迫 MVP賞金200万円と
DAZN100万分観戦セットが贈られる
年俸 4億円だから端金だが…w

399:

>>1 <天皇杯:柏0-0川崎F(PK戦7-8)>◇決勝◇9日◇東京・国立競技場◇観衆6万2837人
 川崎フロンターレが、PK戦までもつれた決勝で柏レイソルを下し、3大会ぶり2度目の天皇杯王者に輝いた。リーグ戦が8位に終わり、ルヴァン杯も1次リーグで敗退。「育成」をテーマに臨んだシーズンで、しっかりとタイトルを獲得した。鬼木達監督(49)が監督就任後、7季で7つ目のタイトル。常勝クラブとして、また1つ階段を上がった。
 川崎Fがしぶとくタイトルをつかみ取った。
 試合は一進一退の攻防が続いた。前半は相手FW細谷真大(22)をターゲットにした攻撃や、コンパクトな守備に手を焼いた。押し込まれる展開が続き、ほとんどチャンスを作れなかった。
 鬼木監督も「少し難しいゲームになっていると思います。流動性が必要かなと思います」と前半を振り返った。
 後半は、より相手の背後を意識した攻撃で勢いに乗る。同19分にMF瀬川祐輔(29)、MF遠野大弥(24)を2枚同時投入。選手たちがポジションを流動的に入れ替えて、川崎Fらしいパスワークで相手を押し込んだ。同32分には、FWレアンドロ・ダミアン(34)に代わり、FW小林悠(36)が途中出場し、さらにギアを上げた。
 昨季オフに主将だった日本代表DF谷口彰悟(32)が海外移籍。今季はシーズン序盤からDFライン、FWにけが人が続出した。安定感を欠いたチームはリーグ戦で一時15位まで沈んだ。しかしそこから立て直し、10月以降公式戦10試合負けなし。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の1次リーグを5連勝で突破するなど、絶好調で天皇杯決勝を迎えた。
 7季目となった鬼木達監督(49)は、昨季初めて無冠に終わった。「やっぱりタイトルをとり続けないと、やっぱりタイトルは途切れやすくなると思っている」とタイトル獲得の意義を語っていた。
 日本代表クラスの主力が毎年のように抜け、「過渡期」ともいえる中での優勝。常勝軍団の伝統を引き継ぐために、クラブにとってかけがえのないタイトル獲得となった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/730847011843d96a41c6d8669c1f3deb836f4b5f


日本代表クラス

405:

>>1 <天皇杯:柏0-0川崎F(PK戦7-8)>◇決勝◇9日◇東京・国立競技場◇観衆6万2837人
 川崎フロンターレが、PK戦までもつれた決勝で柏レイソルを下し、3大会ぶり2度目の天皇杯王者に輝いた。リーグ戦が8位に終わり、ルヴァン杯も1次リーグで敗退。「育成」をテーマに臨んだシーズンで、しっかりとタイトルを獲得した。鬼木達監督(49)が監督就任後、7季で7つ目のタイトル。常勝クラブとして、また1つ階段を上がった。
 川崎Fがしぶとくタイトルをつかみ取った。
 試合は一進一退の攻防が続いた。前半は相手FW細谷真大(22)をターゲットにした攻撃や、コンパクトな守備に手を焼いた。押し込まれる展開が続き、ほとんどチャンスを作れなかった。
 鬼木監督も「少し難しいゲームになっていると思います。流動性が必要かなと思います」と前半を振り返った。
 後半は、より相手の背後を意識した攻撃で勢いに乗る。同19分にMF瀬川祐輔(29)、MF遠野大弥(24)を2枚同時投入。選手たちがポジションを流動的に入れ替えて、川崎Fらしいパスワークで相手を押し込んだ。同32分には、FWレアンドロ・ダミアン(34)に代わり、FW小林悠(36)が途中出場し、さらにギアを上げた。
 昨季オフに主将だった日本代表DF谷口彰悟(32)が海外移籍。今季はシーズン序盤からDFライン、FWにけが人が続出した。安定感を欠いたチームはリーグ戦で一時15位まで沈んだ。しかしそこから立て直し、10月以降公式戦10試合負けなし。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の1次リーグを5連勝で突破するなど、絶好調で天皇杯決勝を迎えた。
 7季目となった鬼木達監督(49)は、昨季初めて無冠に終わった。「やっぱりタイトルをとり続けないと、やっぱりタイトルは途切れやすくなると思っている」とタイトル獲得の意義を語っていた。
 日本代表クラスの主力が毎年のように抜け、「過渡期」ともいえる中での優勝。常勝軍団の伝統を引き継ぐために、クラブにとってかけがえのないタイトル獲得となった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/730847011843d96a41c6d8669c1f3deb836f4b5f


なーんだ90分の間、球が行ったり来たりしてるだけの試合を見て運の要素が強いPKで勝負が付くというクソつまらん試合を見せられたのか
茶番だなw

409:

>>405 なーんだ90分の間、球が行ったり来たりしてるだけの試合を見て運の要素が強いPKで勝負が付くというクソつまらん試合を見せられたのか
茶番だなw


じゃあ自殺すれば?

438:

>>1 <天皇杯:柏0-0川崎F(PK戦7-8)>◇決勝◇9日◇東京・国立競技場◇観衆6万2837人
 川崎フロンターレが、PK戦までもつれた決勝で柏レイソルを下し、3大会ぶり2度目の天皇杯王者に輝いた。リーグ戦が8位に終わり、ルヴァン杯も1次リーグで敗退。「育成」をテーマに臨んだシーズンで、しっかりとタイトルを獲得した。鬼木達監督(49)が監督就任後、7季で7つ目のタイトル。常勝クラブとして、また1つ階段を上がった。
 川崎Fがしぶとくタイトルをつかみ取った。
 試合は一進一退の攻防が続いた。前半は相手FW細谷真大(22)をターゲットにした攻撃や、コンパクトな守備に手を焼いた。押し込まれる展開が続き、ほとんどチャンスを作れなかった。
 鬼木監督も「少し難しいゲームになっていると思います。流動性が必要かなと思います」と前半を振り返った。
 後半は、より相手の背後を意識した攻撃で勢いに乗る。同19分にMF瀬川祐輔(29)、MF遠野大弥(24)を2枚同時投入。選手たちがポジションを流動的に入れ替えて、川崎Fらしいパスワークで相手を押し込んだ。同32分には、FWレアンドロ・ダミアン(34)に代わり、FW小林悠(36)が途中出場し、さらにギアを上げた。
 昨季オフに主将だった日本代表DF谷口彰悟(32)が海外移籍。今季はシーズン序盤からDFライン、FWにけが人が続出した。安定感を欠いたチームはリーグ戦で一時15位まで沈んだ。しかしそこから立て直し、10月以降公式戦10試合負けなし。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の1次リーグを5連勝で突破するなど、絶好調で天皇杯決勝を迎えた。
 7季目となった鬼木達監督(49)は、昨季初めて無冠に終わった。「やっぱりタイトルをとり続けないと、やっぱりタイトルは途切れやすくなると思っている」とタイトル獲得の意義を語っていた。
 日本代表クラスの主力が毎年のように抜け、「過渡期」ともいえる中での優勝。常勝軍団の伝統を引き継ぐために、クラブにとってかけがえのないタイトル獲得となった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/730847011843d96a41c6d8669c1f3deb836f4b5f



元日 決戦

TOYO TIRES CUP 2024
2024.1.1(月・祝) 14:00~

日本代表ータイ代表🇹🇭
国立競技場 (東京)

NHK【総合テレビ】で生中継!!

443:

>>438
元日 決戦

TOYO TIRES CUP 2024
2024.1.1(月・祝) 14:00~

日本代表ータイ代表🇹🇭
国立競技場 (東京)

NHK【総合テレビ】で生中継!!


やっぱ元日にサッカーは欠かせない
お雑煮食べながら見るのだ

450:

>>443 やっぱ元日にサッカーは欠かせない
お雑煮食べながら見るのだ


代表戦なら日本の全サッカーファンが楽しめるからいいね

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

4:

120分間0-0で最後ジャンケンで決めるレジャーなどクッソほどどうでも良い
日本人は球蹴なんて興味ないし
今日は野球の台湾戦あるから普通の日本人はそっち見るよ
大谷の移籍先も決まりそうだし楽しみ

426:

>>4 120分間0-0で最後ジャンケンで決めるレジャーなどクッソほどどうでも良い
日本人は球蹴なんて興味ないし
今日は野球の台湾戦あるから普通の日本人はそっち見るよ
大谷の移籍先も決まりそうだし楽しみ


点数しか見てないってスポーツの何を見てるんだか

435:

>>426 点数しか見てないってスポーツの何を見てるんだか


さわるなほっとけ

野球の0-0なら「息詰まる投手戦!!」とか言って興奮するくせにな

715:

>>4 120分間0-0で最後ジャンケンで決めるレジャーなどクッソほどどうでも良い
日本人は球蹴なんて興味ないし
今日は野球の台湾戦あるから普通の日本人はそっち見るよ
大谷の移籍先も決まりそうだし楽しみ


国際試合なのにスレも立ってねーじゃん
しかも韓国戦じゃねーの?本当に日本で人気あるの?

46:

細谷は2番目に蹴ったのはよかった。
五輪でも代表でも蹴る機会があるだろう。

131:

選手としてWC出場歴のある日本人監督で
タイトルを獲った人いないね
今日の井原は獲れそうだったけど

135:

いやあ締まった良い試合だった
どっちも良い試合はやっぱPK戦まで行ってしまうな
そして最後に外しても誰も文句を言えない人間が外して終わった
120分無失点でPK戦でも2本止めてる人間は本来MOM級の活躍だからな
川崎優勝おめでとう!

331:

ソンリョンは元韓国代表の38歳だからな。すげーシュートだった。
マツケンは相手が悪かった。蹴る前のフェイクで遊ばれてたもん

361:

ACLの仕組みが変わるの2024-2025からだよな
天皇杯優勝クラブはCL相当になるのかEL相当になるのかって思ってたけど、CL相当の大会に出るんだな

489:

Jのレベルは高いけど欧州との一番の違いはウインガーだな
サイドでぶち抜いてく選手いるだけで魅力がグッと上がる

伊東、三笘、久保の存在が奇跡じゃない状況を作りたい

527:

>>489 Jのレベルは高いけど欧州との一番の違いはウインガーだな
サイドでぶち抜いてく選手いるだけで魅力がグッと上がる

伊東、三笘、久保の存在が奇跡じゃない状況を作りたい


川崎のマルシーニョ、柏の山田雄士と推進力ある双方の主力選手が欠場だったからな
スコアレスでも見応えあったが、ジエゴ含めてベストメンバーで見たい試合だった

494:

犬飼、山田雄士の夏の補強組は天皇杯は別チームで既に出てるから柏では出られない
ジエゴがリーグ最終節のアンラッキーな一発退場のため出場停止
もっと大敗するかと覚悟してた

577:

あれ?ついこの前神戸が優勝ってニュースやってたような、、?
って感じで一般人がいまいちよくわからないのがJリーグ
2月にはJリーグ開幕とか言い出すし

593:

>>577 あれ?ついこの前神戸が優勝ってニュースやってたような、、?
って感じで一般人がいまいちよくわからないのがJリーグ
2月にはJリーグ開幕とか言い出すし


このあいだ神戸が優勝したのは、完全総当たり制の「Jリーグ1部」
このあいだ福岡が優勝したのは、組別総当たり上位勝ち抜き制の「Jリーグルヴァンカップ」

きょう川崎が優勝したのは完全勝ち抜き制の「天皇杯」

3大会並行開催ってこと

661:

>>577 あれ?ついこの前神戸が優勝ってニュースやってたような、、?
って感じで一般人がいまいちよくわからないのがJリーグ
2月にはJリーグ開幕とか言い出すし


カップ戦もあるよな昔ナビスコ杯だった
てかどのチームが優勝してるのかここ20年全く知らん
リーグ戦含めて
ピクシーが現役だったころはグランパスよく見てたなあ

662:

>>661 カップ戦もあるよな昔ナビスコ杯だった
てかどのチームが優勝してるのかここ20年全く知らん
リーグ戦含めて
ピクシーが現役だったころはグランパスよく見てたなあ


大丈夫
サッカーの優勝クラブなんて国民の大部分は知らないからw

688:

>>662 大丈夫
サッカーの優勝クラブなんて国民の大部分は知らないからw


せやな
開幕戦ハイライト見てそれ以後は全く見なくなるというw

594:

PK戦を一回やったかやらないかの差と考えると
リーグ戦に続いて再び新潟が浮かび上がってくるんやで

607:

しかし理由があるとはいえ、やはり天皇杯は元日決勝で見たい
2024年は代表戦が組まれたから良いがそれ以降が不安だ

611:

>>607 しかし理由があるとはいえ、やはり天皇杯は元日決勝で見たい
2024年は代表戦が組まれたから良いがそれ以降が不安だ


元日には四方拝と呼ばれる重要儀式があるから皇族の皆さんを招待できない。今日は高円宮久子さまが表彰式にお越しになったな。

621:

>>607 しかし理由があるとはいえ、やはり天皇杯は元日決勝で見たい
2024年は代表戦が組まれたから良いがそれ以降が不安だ


年末年始にカップ戦入れると勝ち進むほどオフが短くなり不公平
サッカーが冬の時代だった(両方の意味で)昭和時代の遺物をいつまでもありがたがってもな

753:

>>621 年末年始にカップ戦入れると勝ち進むほどオフが短くなり不公平
サッカーが冬の時代だった(両方の意味で)昭和時代の遺物をいつまでもありがたがってもな


秋春制になったら変えざるを得ないと思う。
その時期は冬休みに入るし、リーグ戦が終わってから決勝をやるってのは
欧州基準に合わせるならそうしないとだろうし。

660:

レイソルはもう10年J1でタイトル無しか
最後に獲ったのが工藤壮人のルヴァン杯

731:

試合前は川崎が軽く勝つもんだと思ってたけど実際には忖度されてもされても全然川崎駄目だったな。17位の拒点力に救われてPKまで行けたから勝つことが出来たけど攻撃も守備も物凄く衰えたな川崎。来年もACLに出て大丈夫なのか?

778:

>>731 試合前は川崎が軽く勝つもんだと思ってたけど実際には忖度されてもされても全然川崎駄目だったな。17位の拒点力に救われてPKまで行けたから勝つことが出来たけど攻撃も守備も物凄く衰えたな川崎。来年もACLに出て大丈夫なのか?


今年のACLで全勝なチームどこだか知ってる?

793:

>>731 試合前は川崎が軽く勝つもんだと思ってたけど実際には忖度されてもされても全然川崎駄目だったな。17位の拒点力に救われてPKまで行けたから勝つことが出来たけど攻撃も守備も物凄く衰えたな川崎。来年もACLに出て大丈夫なのか?


川崎はACLでは唯一5連勝してて決勝トーナメント進出ほぼ決定
シーズン後半のリーグ戦では調子上がって勝ちまくってた

柏はリーグ最終節でジエゴが一発レッド食らって出場停止になってそれが天皇杯にも
適用されたのも痛かったな
犬飼は浦和から移籍する前に浦和時代に天皇杯出てたから出られなかったし
まあ齊藤未月大怪我させられた神戸の三木谷辺りは川崎優勝で喜んでそうだが

750:

PKは白熱するね

ただ120分+PKまでやる必要あったのか?
J1昇格プレーオフみたいに
「90分で決着つかないなら、年間成績上位のチームが勝ち上がり」
にしたがって、初めから川崎の優勝で良かったのでは

757:

>>750 PKは白熱するね

ただ120分+PKまでやる必要あったのか?
J1昇格プレーオフみたいに
「90分で決着つかないなら、年間成績上位のチームが勝ち上がり」
にしたがって、初めから川崎の優勝で良かったのでは


オープントーナメントのカップ戦で年間上位とかあり得ないだろ
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1702109155

Comments 0

コメントはまだありません。