ロッテ・佐々木朗希が今オフのメジャー挑戦要望 ポスティング申請期限は15日に迫る - スポーツ
げいのうまとめんぬ

ロッテ・佐々木朗希が今オフのメジャー挑戦要望 ポスティング申請期限は15日に迫る

2023/12/10
スポーツ 0
  • 2023年12月10日 02:00 ロッテの佐々木朗希投手(22)がポスティングシステムによる今オフのメジャー移籍を球団に要望していることが9日、分かった。
  • 「令和の怪物」と呼ばれる右腕は4年目の今季、日本人最速タイの165キロをマーク。
  • 世界一に輝いたWBCにも出場し、世界にその名をとどろかせた。
  • ポスティングシステムの申請締め切りは今月15日で、球団は容認しない可能性が高い。
  • ナッシュビルで7日(現地時間)まで行われたウインターミーティング。
  • エンゼルスからFAの大谷や、オリックスからポスティングシステムでメジャー移籍を目指す山本の動向に話題が集まったが、その舞台裏では佐々木朗も同制度でメジャー挑戦を目指している情報が駆け巡った。
  • シーズンでも日本ハム時代の大谷に並ぶ日本人最速の165キロを計測した。
  • しかし、今年のポスティングシステムの申請は今月15日が締め切り。
  • 今季の申請期間は12月15日までで、申請手続き後の交渉期間は45日間。
  • 総額3億ドルとも予想される山本がその額で契約した場合、移籍先球団からオリックスに支払われる譲渡金は4687万5000ドル(約68億円)にも上る。

1:

2023年12月10日 02:00

 ロッテの佐々木朗希投手(22)がポスティングシステムによる今オフのメジャー移籍を球団に要望していることが9日、分かった。「令和の怪物」と呼ばれる右腕は4年目の今季、日本人最速タイの165キロをマーク。世界一に輝いたWBCにも出場し、世界にその名をとどろかせた。ポスティングシステムの申請締め切りは今月15日で、球団は容認しない可能性が高い。

 ナッシュビルで7日(現地時間)まで行われたウインターミーティング。エンゼルスからFAの大谷や、オリックスからポスティングシステムでメジャー移籍を目指す山本の動向に話題が集まったが、その舞台裏では佐々木朗も同制度でメジャー挑戦を目指している情報が駆け巡った。複数の大リーグ関係者が「ロウキが今オフにもメジャーに挑戦したい希望を持っている話を聞いた」と明かした。

 大船渡(岩手)時代からメジャーも注目し、昨季は完全試合を達成した「令和の怪物」。プロ4年目を迎えた今季はWBCで世界デビューを果たした。マイアミで行われた準決勝のメキシコ戦ではMLBのスカウトや球団関係者総勢64人が詰めかけ、最速164キロの直球と落差抜群のフォークを披露。シーズンでも日本ハム時代の大谷に並ぶ日本人最速の165キロを計測した。

 現在22歳。現行ルールでメジャー契約を結べる25歳になれば、3億ドル(約432億円)の大型契約を結ぶ可能性がある山本を上回ってもおかしくない逸材だ。ただ23歳で海を渡った大谷と同様にマイナー契約となる22歳でも挑戦したい気持ちは強く、本人もかねて「年齢問わずに行きたい」と語っている。

 米メディアによると、佐々木朗サイドはすでに大リーグ球団と接触し、本人周辺の関係者もメジャー挑戦を後押ししているという情報もある。しかし、今年のポスティングシステムの申請は今月15日が締め切り。既に1週間を切っており、ロッテは今オフの申請については認めない方向とみられる。

 メジャー挑戦が時期尚早といえる側面もある。佐々木朗は年間を通じて投げた経験がないためだ。今季も7月に左脇腹の肉離れで長期離脱し、7勝止まりだった。さらにメジャーでは日本の中6日より登板間隔の短い中4日が求められる。ポテンシャルはメジャーで投げても既にトップクラスだが、体力面の課題を克服することが最優先。吉井監督も5年の育成計画を掲げており、来季が5年目だ。

 現実的には来季もロッテでプレーしながら、再来年以降のメジャー挑戦を目指すことになりそうだ。申請締め切りまで、両者の話し合いが注目される。

 ▽ポスティングシステム 海外FA権取得前に大リーグに移籍する制度。現在は以前のように入札制ではなく、獲得を希望する全球団と交渉可能。今季の申請期間は12月15日までで、申請手続き後の交渉期間は45日間。日本球団への譲渡金は選手が契約で保証される額により変動。保証額のうち2500万ドル(約36億円)までの部分の20%、2500万~5000万ドル(約73億円)までの部分の17.5%、5000万ドルを超えた部分の15%の合計。今オフはオリックス・山本、DeNA・今永、日本ハム・上沢が同制度でのメジャー移籍を目指している。

 ≪「25歳ルール」の壁≫大リーグでは16年以降、25歳未満かプロ6年未満の海外選手はマイナー契約しか結べなくなった。現在移籍を目指す山本は25歳。ヤクルト・村上は25歳となる25年シーズン後のメジャー挑戦を見据え、昨オフに3年総額18億円の契約を結んだ。

 総額3億ドルとも予想される山本がその額で契約した場合、移籍先球団からオリックスに支払われる譲渡金は4687万5000ドル(約68億円)にも上る。佐々木朗が25歳未満で挑戦した場合、ロッテに渡る譲渡金は、契約金が17年オフの大谷と同等の200万ドル(約2億9000万円)だとしても5000万円前後にしかならない。大谷は自身の年俸が少なくても構わないと23歳で挑戦したが、当時は新旧ポスティングシステムの移行期で、旧システムが適用され当時の譲渡金上限額の2000万ドル(当時約23億円)が日本ハムに支払われた。

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/12/10/kiji/20231210s00001173059000c.html

165:

>>1 2023年12月10日 02:00

 ロッテの佐々木朗希投手(22)がポスティングシステムによる今オフのメジャー移籍を球団に要望していることが9日、分かった。「令和の怪物」と呼ばれる右腕は4年目の今季、日本人最速タイの165キロをマーク。世界一に輝いたWBCにも出場し、世界にその名をとどろかせた。ポスティングシステムの申請締め切りは今月15日で、球団は容認しない可能性が高い。

 ナッシュビルで7日(現地時間)まで行われたウインターミーティング。エンゼルスからFAの大谷や、オリックスからポスティングシステムでメジャー移籍を目指す山本の動向に話題が集まったが、その舞台裏では佐々木朗も同制度でメジャー挑戦を目指している情報が駆け巡った。複数の大リーグ関係者が「ロウキが今オフにもメジャーに挑戦したい希望を持っている話を聞いた」と明かした。

 大船渡(岩手)時代からメジャーも注目し、昨季は完全試合を達成した「令和の怪物」。プロ4年目を迎えた今季はWBCで世界デビューを果たした。マイアミで行われた準決勝のメキシコ戦ではMLBのスカウトや球団関係者総勢64人が詰めかけ、最速164キロの直球と落差抜群のフォークを披露。シーズンでも日本ハム時代の大谷に並ぶ日本人最速の165キロを計測した。

 現在22歳。現行ルールでメジャー契約を結べる25歳になれば、3億ドル(約432億円)の大型契約を結ぶ可能性がある山本を上回ってもおかしくない逸材だ。ただ23歳で海を渡った大谷と同様にマイナー契約となる22歳でも挑戦したい気持ちは強く、本人もかねて「年齢問わずに行きたい」と語っている。

 米メディアによると、佐々木朗サイドはすでに大リーグ球団と接触し、本人周辺の関係者もメジャー挑戦を後押ししているという情報もある。しかし、今年のポスティングシステムの申請は今月15日が締め切り。既に1週間を切っており、ロッテは今オフの申請については認めない方向とみられる。

 メジャー挑戦が時期尚早といえる側面もある。佐々木朗は年間を通じて投げた経験がないためだ。今季も7月に左脇腹の肉離れで長期離脱し、7勝止まりだった。さらにメジャーでは日本の中6日より登板間隔の短い中4日が求められる。ポテンシャルはメジャーで投げても既にトップクラスだが、体力面の課題を克服することが最優先。吉井監督も5年の育成計画を掲げており、来季が5年目だ。

 現実的には来季もロッテでプレーしながら、再来年以降のメジャー挑戦を目指すことになりそうだ。申請締め切りまで、両者の話し合いが注目される。

 ▽ポスティングシステム 海外FA権取得前に大リーグに移籍する制度。現在は以前のように入札制ではなく、獲得を希望する全球団と交渉可能。今季の申請期間は12月15日までで、申請手続き後の交渉期間は45日間。日本球団への譲渡金は選手が契約で保証される額により変動。保証額のうち2500万ドル(約36億円)までの部分の20%、2500万~5000万ドル(約73億円)までの部分の17.5%、5000万ドルを超えた部分の15%の合計。今オフはオリックス・山本、DeNA・今永、日本ハム・上沢が同制度でのメジャー移籍を目指している。

 ≪「25歳ルール」の壁≫大リーグでは16年以降、25歳未満かプロ6年未満の海外選手はマイナー契約しか結べなくなった。現在移籍を目指す山本は25歳。ヤクルト・村上は25歳となる25年シーズン後のメジャー挑戦を見据え、昨オフに3年総額18億円の契約を結んだ。

 総額3億ドルとも予想される山本がその額で契約した場合、移籍先球団からオリックスに支払われる譲渡金は4687万5000ドル(約68億円)にも上る。佐々木朗が25歳未満で挑戦した場合、ロッテに渡る譲渡金は、契約金が17年オフの大谷と同等の200万ドル(約2億9000万円)だとしても5000万円前後にしかならない。大谷は自身の年俸が少なくても構わないと23歳で挑戦したが、当時は新旧ポスティングシステムの移行期で、旧システムが適用され当時の譲渡金上限額の2000万ドル(当時約23億円)が日本ハムに支払われた。

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/12/10/kiji/20231210s00001173059000c.html


NPBですらロクにフルシーズン働けてないのにメジャーに行かせてくれは、
野球自体をなめすぎだわ。

191:

>>1 2023年12月10日 02:00

 ロッテの佐々木朗希投手(22)がポスティングシステムによる今オフのメジャー移籍を球団に要望していることが9日、分かった。「令和の怪物」と呼ばれる右腕は4年目の今季、日本人最速タイの165キロをマーク。世界一に輝いたWBCにも出場し、世界にその名をとどろかせた。ポスティングシステムの申請締め切りは今月15日で、球団は容認しない可能性が高い。

 ナッシュビルで7日(現地時間)まで行われたウインターミーティング。エンゼルスからFAの大谷や、オリックスからポスティングシステムでメジャー移籍を目指す山本の動向に話題が集まったが、その舞台裏では佐々木朗も同制度でメジャー挑戦を目指している情報が駆け巡った。複数の大リーグ関係者が「ロウキが今オフにもメジャーに挑戦したい希望を持っている話を聞いた」と明かした。

 大船渡(岩手)時代からメジャーも注目し、昨季は完全試合を達成した「令和の怪物」。プロ4年目を迎えた今季はWBCで世界デビューを果たした。マイアミで行われた準決勝のメキシコ戦ではMLBのスカウトや球団関係者総勢64人が詰めかけ、最速164キロの直球と落差抜群のフォークを披露。シーズンでも日本ハム時代の大谷に並ぶ日本人最速の165キロを計測した。

 現在22歳。現行ルールでメジャー契約を結べる25歳になれば、3億ドル(約432億円)の大型契約を結ぶ可能性がある山本を上回ってもおかしくない逸材だ。ただ23歳で海を渡った大谷と同様にマイナー契約となる22歳でも挑戦したい気持ちは強く、本人もかねて「年齢問わずに行きたい」と語っている。

 米メディアによると、佐々木朗サイドはすでに大リーグ球団と接触し、本人周辺の関係者もメジャー挑戦を後押ししているという情報もある。しかし、今年のポスティングシステムの申請は今月15日が締め切り。既に1週間を切っており、ロッテは今オフの申請については認めない方向とみられる。

 メジャー挑戦が時期尚早といえる側面もある。佐々木朗は年間を通じて投げた経験がないためだ。今季も7月に左脇腹の肉離れで長期離脱し、7勝止まりだった。さらにメジャーでは日本の中6日より登板間隔の短い中4日が求められる。ポテンシャルはメジャーで投げても既にトップクラスだが、体力面の課題を克服することが最優先。吉井監督も5年の育成計画を掲げており、来季が5年目だ。

 現実的には来季もロッテでプレーしながら、再来年以降のメジャー挑戦を目指すことになりそうだ。申請締め切りまで、両者の話し合いが注目される。

 ▽ポスティングシステム 海外FA権取得前に大リーグに移籍する制度。現在は以前のように入札制ではなく、獲得を希望する全球団と交渉可能。今季の申請期間は12月15日までで、申請手続き後の交渉期間は45日間。日本球団への譲渡金は選手が契約で保証される額により変動。保証額のうち2500万ドル(約36億円)までの部分の20%、2500万~5000万ドル(約73億円)までの部分の17.5%、5000万ドルを超えた部分の15%の合計。今オフはオリックス・山本、DeNA・今永、日本ハム・上沢が同制度でのメジャー移籍を目指している。

 ≪「25歳ルール」の壁≫大リーグでは16年以降、25歳未満かプロ6年未満の海外選手はマイナー契約しか結べなくなった。現在移籍を目指す山本は25歳。ヤクルト・村上は25歳となる25年シーズン後のメジャー挑戦を見据え、昨オフに3年総額18億円の契約を結んだ。

 総額3億ドルとも予想される山本がその額で契約した場合、移籍先球団からオリックスに支払われる譲渡金は4687万5000ドル(約68億円)にも上る。佐々木朗が25歳未満で挑戦した場合、ロッテに渡る譲渡金は、契約金が17年オフの大谷と同等の200万ドル(約2億9000万円)だとしても5000万円前後にしかならない。大谷は自身の年俸が少なくても構わないと23歳で挑戦したが、当時は新旧ポスティングシステムの移行期で、旧システムが適用され当時の譲渡金上限額の2000万ドル(当時約23億円)が日本ハムに支払われた。

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/12/10/kiji/20231210s00001173059000c.html


あれだけ大事に育てて貰っててよく言うな(呆れ顔)
ロッテは突っぱねなあかんよ
NPB舐めとる

273:

>>1 2023年12月10日 02:00

 ロッテの佐々木朗希投手(22)がポスティングシステムによる今オフのメジャー移籍を球団に要望していることが9日、分かった。「令和の怪物」と呼ばれる右腕は4年目の今季、日本人最速タイの165キロをマーク。世界一に輝いたWBCにも出場し、世界にその名をとどろかせた。ポスティングシステムの申請締め切りは今月15日で、球団は容認しない可能性が高い。

 ナッシュビルで7日(現地時間)まで行われたウインターミーティング。エンゼルスからFAの大谷や、オリックスからポスティングシステムでメジャー移籍を目指す山本の動向に話題が集まったが、その舞台裏では佐々木朗も同制度でメジャー挑戦を目指している情報が駆け巡った。複数の大リーグ関係者が「ロウキが今オフにもメジャーに挑戦したい希望を持っている話を聞いた」と明かした。

 大船渡(岩手)時代からメジャーも注目し、昨季は完全試合を達成した「令和の怪物」。プロ4年目を迎えた今季はWBCで世界デビューを果たした。マイアミで行われた準決勝のメキシコ戦ではMLBのスカウトや球団関係者総勢64人が詰めかけ、最速164キロの直球と落差抜群のフォークを披露。シーズンでも日本ハム時代の大谷に並ぶ日本人最速の165キロを計測した。

 現在22歳。現行ルールでメジャー契約を結べる25歳になれば、3億ドル(約432億円)の大型契約を結ぶ可能性がある山本を上回ってもおかしくない逸材だ。ただ23歳で海を渡った大谷と同様にマイナー契約となる22歳でも挑戦したい気持ちは強く、本人もかねて「年齢問わずに行きたい」と語っている。

 米メディアによると、佐々木朗サイドはすでに大リーグ球団と接触し、本人周辺の関係者もメジャー挑戦を後押ししているという情報もある。しかし、今年のポスティングシステムの申請は今月15日が締め切り。既に1週間を切っており、ロッテは今オフの申請については認めない方向とみられる。

 メジャー挑戦が時期尚早といえる側面もある。佐々木朗は年間を通じて投げた経験がないためだ。今季も7月に左脇腹の肉離れで長期離脱し、7勝止まりだった。さらにメジャーでは日本の中6日より登板間隔の短い中4日が求められる。ポテンシャルはメジャーで投げても既にトップクラスだが、体力面の課題を克服することが最優先。吉井監督も5年の育成計画を掲げており、来季が5年目だ。

 現実的には来季もロッテでプレーしながら、再来年以降のメジャー挑戦を目指すことになりそうだ。申請締め切りまで、両者の話し合いが注目される。

 ▽ポスティングシステム 海外FA権取得前に大リーグに移籍する制度。現在は以前のように入札制ではなく、獲得を希望する全球団と交渉可能。今季の申請期間は12月15日までで、申請手続き後の交渉期間は45日間。日本球団への譲渡金は選手が契約で保証される額により変動。保証額のうち2500万ドル(約36億円)までの部分の20%、2500万~5000万ドル(約73億円)までの部分の17.5%、5000万ドルを超えた部分の15%の合計。今オフはオリックス・山本、DeNA・今永、日本ハム・上沢が同制度でのメジャー移籍を目指している。

 ≪「25歳ルール」の壁≫大リーグでは16年以降、25歳未満かプロ6年未満の海外選手はマイナー契約しか結べなくなった。現在移籍を目指す山本は25歳。ヤクルト・村上は25歳となる25年シーズン後のメジャー挑戦を見据え、昨オフに3年総額18億円の契約を結んだ。

 総額3億ドルとも予想される山本がその額で契約した場合、移籍先球団からオリックスに支払われる譲渡金は4687万5000ドル(約68億円)にも上る。佐々木朗が25歳未満で挑戦した場合、ロッテに渡る譲渡金は、契約金が17年オフの大谷と同等の200万ドル(約2億9000万円)だとしても5000万円前後にしかならない。大谷は自身の年俸が少なくても構わないと23歳で挑戦したが、当時は新旧ポスティングシステムの移行期で、旧システムが適用され当時の譲渡金上限額の2000万ドル(当時約23億円)が日本ハムに支払われた。

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/12/10/kiji/20231210s00001173059000c.html


アカンアカンアカン、身体がまだ出来てない
ガリガリやんけ

あと3年は日本で頑張れ、まだアカン

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

11:

これはさすがに嘘松だろう
今年90IPくらいしか投げてないし
メジャーじゃまだ無理だわ
中5日だとマジで1か月で故障コースだろ

正直、25までに体出来上がるかすら不明レベルでスペだからな

88:

まあ、来年以降の布石だな。
ただこの時期言うってことは
佐々木からすれば遅くても25歳でいきたいだろうけど、ロッテが海外FAの前年までポス引っ張る雰囲気があるのかと疑ってしまう

127:

>>88 まあ、来年以降の布石だな。
ただこの時期言うってことは
佐々木からすれば遅くても25歳でいきたいだろうけど、ロッテが海外FAの前年までポス引っ張る雰囲気があるのかと疑ってしまう


海外FA待ちは無いわ
どこぞの金満球団じゃあるまいし

134:

>>88 まあ、来年以降の布石だな。
ただこの時期言うってことは
佐々木からすれば遅くても25歳でいきたいだろうけど、ロッテが海外FAの前年までポス引っ張る雰囲気があるのかと疑ってしまう


佐々木朗希は登録日数少ないから
海外FAとれるの早くて29才

92:

入団契約まで時間を要したから、大谷みたいな早期ポスティング容認の契約はしてるだろけど、さすがに早すぎ。今だとお安いマイナー契約しかできんやん。

100:

今まで向こうで通用した選手はほとんどチームを優勝させる程の活躍した選手ばかりだからやはりロッテを優勝させてからよねぇ


10年後ぐらい?w

105:

佐々木は凄いポテンシャル持ってるけど、メジャーに行く前に改善しないといけない課題があるだろ

シーズン通してローテーションを守れるようになれ
日本で規定投球回数達成しろ。これはメジャーでも求められることだ

佐々木だって、藤浪みたいに中継ぎや敗戦処理やりたいです、年俸300万ドルでいいです、ってわけじゃないだろ?
ダルビッシュや田中マー、まだ契約決まってないけど山本みたいに先発投手でがっつり稼ぎたいんだろ?

107:

佐々木はメジャー出荷前提だけど、ロッテもマイナー契約のみの26歳以前に輸出しろ言い出すなんて想定してないやろ。

117:

中6日の年間ローテ守れないやつがまずメジャーのローテに耐えられるはずがない
最終的には中5日ローテで酷使されるのに

というか、高卒ルーキーでももうそろそろ年間通した結果残さなきゃならん時期だけど
それすら達成してないからな、一瞬だけ良い記録作ってるだけ

そろそろ球団に対してお世話になった分の奉公(金以外の面で)しないとポス認めてくれないだろう、
大谷みたいに球団側の譲歩有りで入団したワケじゃないんだから

136:

女子ゴルフオタの老人と同じくらいの人が
ササローをメジャーに行かせろ行かせろ言っているのか?

ルール以前にササローの現状くらいまともに認識しておけよ
中6日ですら半年も持たないレベルだぞ
途中中10日とかも混ぜても1年持たずに離脱だ

149:

まあ、25歳まで体作ってそこでポスティングが理想だわな
今行ったところで、安い年俸でこき使われて故障→20代で引退なんてことになる

184:

公立校育ち故の体力不足が克服されてない。
メジャー行っても、安いマイナー契約しかできず、中4日で壊されるだけだぞ。
高く売れる25歳まで待つべきだろ。

240:

大谷選手が2回もヒジを壊してんのに、今年の状態でメジャーなんか行ったら夏まで投げられるかどうかって感じだろ。

263:

山本がいない来年の投手タイトルを総ナメしてからでも遅くない
とにかく一年ローテ守った実績は作らないと

267:

ドラフト当時のことを覚えている人は少ないか
あの当時、週刊誌が代理人が付いたと報道したんだよな 佐々木朗希側は否定したが
あるいは西日本のチームには行かないと断ったとか、色んな情報があった
だから当時から裏契約はあるだろうと俺は思っていた

269:

中6日のNPBでもフルシーズン働けてないのに中4日が当たり前のMLBに行きたいって選手寿命を縮めることになると思うけどね。

特にマイナーの移動は過酷だぞ。
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1702154943

Comments 0

コメントはまだありません。