プロ野球選手「アイドルと結婚」急増中! かつて“主流”は女子アナだった - 芸能人
げいのうまとめんぬ

プロ野球選手「アイドルと結婚」急増中! かつて“主流”は女子アナだった

2023/12/07
芸能人 0
  • プロ野球はシーズンオフとなり、引退や戦力外通告、FAなどが話題となる“ストーブリーグ”に突入。
  • この時期はまた、選手たちの結婚も話題となる。
  • 直近では11月20日、山口航輝(千葉ロッテマリーンズ)と多田愛佳(元HKT48・AKB48)が結婚を発表した。
  • 以前はプロ野球選手の妻=女子アナというイメージが強かったが、最近はアイドルと結婚する人が急増中。
  • この1年では石川柊太(福岡ソフトバンクホークス)と大場美奈(元SKE48・AKB48)、自らファンと公言していた宇佐見真吾(中日ドラゴンズ)は「推し」である高城れに(ももいろクローバーZ=以下ももクロ)と結婚した。
  • 最近のプロ野球選手はアイドルファンを公言する人も多く、自らのテーマ曲にアイドルの楽曲を使うこともある。
  • ハロー!プロジェクト(以下ハロプロ)勢の中ではプロ野球選手との結婚は里田が一番乗りであり、大金星を掴んだなどといわれていた。
  • 意外と多い乙女塾出身者 アイドルとの結婚といえば古くは、サブロー(元千葉ロッテマリーンズ)が中嶋ミチヨ(元乙女塾)と結婚した。
  • こう見てみると「女子アナとアイドル」の両方と結婚したのは石井だけ。
  • 未婚の“元アイドルの現役女子アナ”は意外にいるので、今後、杉浦を脅かすような存在が現れる可能性もある。

1:

 プロ野球はシーズンオフとなり、引退や戦力外通告、FAなどが話題となる“ストーブリーグ”に突入。この時期はまた、選手たちの結婚も話題となる。

 直近では11月20日、山口航輝(千葉ロッテマリーンズ)と多田愛佳(元HKT48・AKB48)が結婚を発表した。

 以前はプロ野球選手の妻=女子アナというイメージが強かったが、最近はアイドルと結婚する人が急増中。この1年では石川柊太(福岡ソフトバンクホークス)と大場美奈(元SKE48・AKB48)、自らファンと公言していた宇佐見真吾(中日ドラゴンズ)は「推し」である高城れに(ももいろクローバーZ=以下ももクロ)と結婚した。

 最近のプロ野球選手はアイドルファンを公言する人も多く、自らのテーマ曲にアイドルの楽曲を使うこともある。ももクロファンの田中将大(東北楽天ゴールデンイーグルス)も登場曲として同グループの楽曲を使用している。

 しかし結婚したのはももクロではなく、元カントリー娘。の里田まいだった。ハロー!プロジェクト(以下ハロプロ)勢の中ではプロ野球選手との結婚は里田が一番乗りであり、大金星を掴んだなどといわれていた。

 里田の結婚以降もハロプロからは、紺野あさ美(元モーニング娘。・元テレビ東京アナウンサー)と杉浦稔大(北海道日本ハムファイターズ)、石川梨華(元モーニング娘。)と野上亮磨(元読売ジャイアンツ)の結婚が続いた。

 今春に開催された「2023 WORLD BASEBALL CLASSIC」(以下WBC)では放送で、源田壮亮(埼玉西武ライオンズ)の妻の衛藤美彩(元乃木坂46)と、高橋奎二(東京ヤクルトスワローズ)の妻である板野友美(元AKB48)が映し出され大きなインパクトを与えた。WBCがきっかけかどうかわからないが、この頃からアイドル妻は“アゲマン”などといわれるようにもなった。

意外と多い乙女塾出身者

 アイドルとの結婚といえば古くは、サブロー(元千葉ロッテマリーンズ)が中嶋ミチヨ(元乙女塾)と結婚した。プロ野球OBには密かに乙女塾のメンバーと結婚している人も多く、現広島東洋カープ監督の新井貴浩も元乙女塾の大橋裕美子と結婚している。新井の妻は大学の先輩であり、乙女塾加入前からの付き合いだそうだ。

 横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)から広島に移籍後に、新井の背番号を受け継いだ石井琢朗(元広島東洋カープ)も同じく乙女塾出身の瀬能あづさ(元CoCo)と結婚。ところがわずか4年で離婚するも、モテ男の石井は翌年に元フジテレビアナウンサーの荒瀬詩織と電撃再婚を果たした。

 こう見てみると「女子アナとアイドル」の両方と結婚したのは石井だけ。あくまでも離婚して再婚したのだから2つの職業のお相手と結婚できたのだが、紺野はアイドルから女子アナに転身したので、1人で両方の肩書を持った女性を手に入れた杉浦が、そういう意味では最強のプロ野球選手なのかもしれない。

 未婚の“元アイドルの現役女子アナ”は意外にいるので、今後、杉浦を脅かすような存在が現れる可能性もある。こちらも、楽しみである。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/332979

25:

>>1  プロ野球はシーズンオフとなり、引退や戦力外通告、FAなどが話題となる“ストーブリーグ”に突入。この時期はまた、選手たちの結婚も話題となる。

 直近では11月20日、山口航輝(千葉ロッテマリーンズ)と多田愛佳(元HKT48・AKB48)が結婚を発表した。

 以前はプロ野球選手の妻=女子アナというイメージが強かったが、最近はアイドルと結婚する人が急増中。この1年では石川柊太(福岡ソフトバンクホークス)と大場美奈(元SKE48・AKB48)、自らファンと公言していた宇佐見真吾(中日ドラゴンズ)は「推し」である高城れに(ももいろクローバーZ=以下ももクロ)と結婚した。

 最近のプロ野球選手はアイドルファンを公言する人も多く、自らのテーマ曲にアイドルの楽曲を使うこともある。ももクロファンの田中将大(東北楽天ゴールデンイーグルス)も登場曲として同グループの楽曲を使用している。

 しかし結婚したのはももクロではなく、元カントリー娘。の里田まいだった。ハロー!プロジェクト(以下ハロプロ)勢の中ではプロ野球選手との結婚は里田が一番乗りであり、大金星を掴んだなどといわれていた。

 里田の結婚以降もハロプロからは、紺野あさ美(元モーニング娘。・元テレビ東京アナウンサー)と杉浦稔大(北海道日本ハムファイターズ)、石川梨華(元モーニング娘。)と野上亮磨(元読売ジャイアンツ)の結婚が続いた。

 今春に開催された「2023 WORLD BASEBALL CLASSIC」(以下WBC)では放送で、源田壮亮(埼玉西武ライオンズ)の妻の衛藤美彩(元乃木坂46)と、高橋奎二(東京ヤクルトスワローズ)の妻である板野友美(元AKB48)が映し出され大きなインパクトを与えた。WBCがきっかけかどうかわからないが、この頃からアイドル妻は“アゲマン”などといわれるようにもなった。

意外と多い乙女塾出身者

 アイドルとの結婚といえば古くは、サブロー(元千葉ロッテマリーンズ)が中嶋ミチヨ(元乙女塾)と結婚した。プロ野球OBには密かに乙女塾のメンバーと結婚している人も多く、現広島東洋カープ監督の新井貴浩も元乙女塾の大橋裕美子と結婚している。新井の妻は大学の先輩であり、乙女塾加入前からの付き合いだそうだ。

 横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)から広島に移籍後に、新井の背番号を受け継いだ石井琢朗(元広島東洋カープ)も同じく乙女塾出身の瀬能あづさ(元CoCo)と結婚。ところがわずか4年で離婚するも、モテ男の石井は翌年に元フジテレビアナウンサーの荒瀬詩織と電撃再婚を果たした。

 こう見てみると「女子アナとアイドル」の両方と結婚したのは石井だけ。あくまでも離婚して再婚したのだから2つの職業のお相手と結婚できたのだが、紺野はアイドルから女子アナに転身したので、1人で両方の肩書を持った女性を手に入れた杉浦が、そういう意味では最強のプロ野球選手なのかもしれない。

 未婚の“元アイドルの現役女子アナ”は意外にいるので、今後、杉浦を脅かすような存在が現れる可能性もある。こちらも、楽しみである。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/332979


瀬能あづさ、合ってる?

176:

>>1  プロ野球はシーズンオフとなり、引退や戦力外通告、FAなどが話題となる“ストーブリーグ”に突入。この時期はまた、選手たちの結婚も話題となる。

 直近では11月20日、山口航輝(千葉ロッテマリーンズ)と多田愛佳(元HKT48・AKB48)が結婚を発表した。

 以前はプロ野球選手の妻=女子アナというイメージが強かったが、最近はアイドルと結婚する人が急増中。この1年では石川柊太(福岡ソフトバンクホークス)と大場美奈(元SKE48・AKB48)、自らファンと公言していた宇佐見真吾(中日ドラゴンズ)は「推し」である高城れに(ももいろクローバーZ=以下ももクロ)と結婚した。

 最近のプロ野球選手はアイドルファンを公言する人も多く、自らのテーマ曲にアイドルの楽曲を使うこともある。ももクロファンの田中将大(東北楽天ゴールデンイーグルス)も登場曲として同グループの楽曲を使用している。

 しかし結婚したのはももクロではなく、元カントリー娘。の里田まいだった。ハロー!プロジェクト(以下ハロプロ)勢の中ではプロ野球選手との結婚は里田が一番乗りであり、大金星を掴んだなどといわれていた。

 里田の結婚以降もハロプロからは、紺野あさ美(元モーニング娘。・元テレビ東京アナウンサー)と杉浦稔大(北海道日本ハムファイターズ)、石川梨華(元モーニング娘。)と野上亮磨(元読売ジャイアンツ)の結婚が続いた。

 今春に開催された「2023 WORLD BASEBALL CLASSIC」(以下WBC)では放送で、源田壮亮(埼玉西武ライオンズ)の妻の衛藤美彩(元乃木坂46)と、高橋奎二(東京ヤクルトスワローズ)の妻である板野友美(元AKB48)が映し出され大きなインパクトを与えた。WBCがきっかけかどうかわからないが、この頃からアイドル妻は“アゲマン”などといわれるようにもなった。

意外と多い乙女塾出身者

 アイドルとの結婚といえば古くは、サブロー(元千葉ロッテマリーンズ)が中嶋ミチヨ(元乙女塾)と結婚した。プロ野球OBには密かに乙女塾のメンバーと結婚している人も多く、現広島東洋カープ監督の新井貴浩も元乙女塾の大橋裕美子と結婚している。新井の妻は大学の先輩であり、乙女塾加入前からの付き合いだそうだ。

 横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)から広島に移籍後に、新井の背番号を受け継いだ石井琢朗(元広島東洋カープ)も同じく乙女塾出身の瀬能あづさ(元CoCo)と結婚。ところがわずか4年で離婚するも、モテ男の石井は翌年に元フジテレビアナウンサーの荒瀬詩織と電撃再婚を果たした。

 こう見てみると「女子アナとアイドル」の両方と結婚したのは石井だけ。あくまでも離婚して再婚したのだから2つの職業のお相手と結婚できたのだが、紺野はアイドルから女子アナに転身したので、1人で両方の肩書を持った女性を手に入れた杉浦が、そういう意味では最強のプロ野球選手なのかもしれない。

 未婚の“元アイドルの現役女子アナ”は意外にいるので、今後、杉浦を脅かすような存在が現れる可能性もある。こちらも、楽しみである。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/332979


アイドルだから馬鹿で将来苦労するってのは、昔の偏見になりつつある

それだけ女子アナの質が落ちたのも勿論あるが

184:

>>1  プロ野球はシーズンオフとなり、引退や戦力外通告、FAなどが話題となる“ストーブリーグ”に突入。この時期はまた、選手たちの結婚も話題となる。

 直近では11月20日、山口航輝(千葉ロッテマリーンズ)と多田愛佳(元HKT48・AKB48)が結婚を発表した。

 以前はプロ野球選手の妻=女子アナというイメージが強かったが、最近はアイドルと結婚する人が急増中。この1年では石川柊太(福岡ソフトバンクホークス)と大場美奈(元SKE48・AKB48)、自らファンと公言していた宇佐見真吾(中日ドラゴンズ)は「推し」である高城れに(ももいろクローバーZ=以下ももクロ)と結婚した。

 最近のプロ野球選手はアイドルファンを公言する人も多く、自らのテーマ曲にアイドルの楽曲を使うこともある。ももクロファンの田中将大(東北楽天ゴールデンイーグルス)も登場曲として同グループの楽曲を使用している。

 しかし結婚したのはももクロではなく、元カントリー娘。の里田まいだった。ハロー!プロジェクト(以下ハロプロ)勢の中ではプロ野球選手との結婚は里田が一番乗りであり、大金星を掴んだなどといわれていた。

 里田の結婚以降もハロプロからは、紺野あさ美(元モーニング娘。・元テレビ東京アナウンサー)と杉浦稔大(北海道日本ハムファイターズ)、石川梨華(元モーニング娘。)と野上亮磨(元読売ジャイアンツ)の結婚が続いた。

 今春に開催された「2023 WORLD BASEBALL CLASSIC」(以下WBC)では放送で、源田壮亮(埼玉西武ライオンズ)の妻の衛藤美彩(元乃木坂46)と、高橋奎二(東京ヤクルトスワローズ)の妻である板野友美(元AKB48)が映し出され大きなインパクトを与えた。WBCがきっかけかどうかわからないが、この頃からアイドル妻は“アゲマン”などといわれるようにもなった。

意外と多い乙女塾出身者

 アイドルとの結婚といえば古くは、サブロー(元千葉ロッテマリーンズ)が中嶋ミチヨ(元乙女塾)と結婚した。プロ野球OBには密かに乙女塾のメンバーと結婚している人も多く、現広島東洋カープ監督の新井貴浩も元乙女塾の大橋裕美子と結婚している。新井の妻は大学の先輩であり、乙女塾加入前からの付き合いだそうだ。

 横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)から広島に移籍後に、新井の背番号を受け継いだ石井琢朗(元広島東洋カープ)も同じく乙女塾出身の瀬能あづさ(元CoCo)と結婚。ところがわずか4年で離婚するも、モテ男の石井は翌年に元フジテレビアナウンサーの荒瀬詩織と電撃再婚を果たした。

 こう見てみると「女子アナとアイドル」の両方と結婚したのは石井だけ。あくまでも離婚して再婚したのだから2つの職業のお相手と結婚できたのだが、紺野はアイドルから女子アナに転身したので、1人で両方の肩書を持った女性を手に入れた杉浦が、そういう意味では最強のプロ野球選手なのかもしれない。

 未婚の“元アイドルの現役女子アナ”は意外にいるので、今後、杉浦を脅かすような存在が現れる可能性もある。こちらも、楽しみである。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/332979


知名度とのバランスを見ると、石川梨華が失敗してるな
まだ愛し合ってるなら、良いんだろうけど

684:

>>1  プロ野球はシーズンオフとなり、引退や戦力外通告、FAなどが話題となる“ストーブリーグ”に突入。この時期はまた、選手たちの結婚も話題となる。

 直近では11月20日、山口航輝(千葉ロッテマリーンズ)と多田愛佳(元HKT48・AKB48)が結婚を発表した。

 以前はプロ野球選手の妻=女子アナというイメージが強かったが、最近はアイドルと結婚する人が急増中。この1年では石川柊太(福岡ソフトバンクホークス)と大場美奈(元SKE48・AKB48)、自らファンと公言していた宇佐見真吾(中日ドラゴンズ)は「推し」である高城れに(ももいろクローバーZ=以下ももクロ)と結婚した。

 最近のプロ野球選手はアイドルファンを公言する人も多く、自らのテーマ曲にアイドルの楽曲を使うこともある。ももクロファンの田中将大(東北楽天ゴールデンイーグルス)も登場曲として同グループの楽曲を使用している。

 しかし結婚したのはももクロではなく、元カントリー娘。の里田まいだった。ハロー!プロジェクト(以下ハロプロ)勢の中ではプロ野球選手との結婚は里田が一番乗りであり、大金星を掴んだなどといわれていた。

 里田の結婚以降もハロプロからは、紺野あさ美(元モーニング娘。・元テレビ東京アナウンサー)と杉浦稔大(北海道日本ハムファイターズ)、石川梨華(元モーニング娘。)と野上亮磨(元読売ジャイアンツ)の結婚が続いた。

 今春に開催された「2023 WORLD BASEBALL CLASSIC」(以下WBC)では放送で、源田壮亮(埼玉西武ライオンズ)の妻の衛藤美彩(元乃木坂46)と、高橋奎二(東京ヤクルトスワローズ)の妻である板野友美(元AKB48)が映し出され大きなインパクトを与えた。WBCがきっかけかどうかわからないが、この頃からアイドル妻は“アゲマン”などといわれるようにもなった。

意外と多い乙女塾出身者

 アイドルとの結婚といえば古くは、サブロー(元千葉ロッテマリーンズ)が中嶋ミチヨ(元乙女塾)と結婚した。プロ野球OBには密かに乙女塾のメンバーと結婚している人も多く、現広島東洋カープ監督の新井貴浩も元乙女塾の大橋裕美子と結婚している。新井の妻は大学の先輩であり、乙女塾加入前からの付き合いだそうだ。

 横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)から広島に移籍後に、新井の背番号を受け継いだ石井琢朗(元広島東洋カープ)も同じく乙女塾出身の瀬能あづさ(元CoCo)と結婚。ところがわずか4年で離婚するも、モテ男の石井は翌年に元フジテレビアナウンサーの荒瀬詩織と電撃再婚を果たした。

 こう見てみると「女子アナとアイドル」の両方と結婚したのは石井だけ。あくまでも離婚して再婚したのだから2つの職業のお相手と結婚できたのだが、紺野はアイドルから女子アナに転身したので、1人で両方の肩書を持った女性を手に入れた杉浦が、そういう意味では最強のプロ野球選手なのかもしれない。

 未婚の“元アイドルの現役女子アナ”は意外にいるので、今後、杉浦を脅かすような存在が現れる可能性もある。こちらも、楽しみである。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/332979


有名なアイドルがいねーw
誰やそれ?ばっかやんw

738:

>>1  プロ野球はシーズンオフとなり、引退や戦力外通告、FAなどが話題となる“ストーブリーグ”に突入。この時期はまた、選手たちの結婚も話題となる。

 直近では11月20日、山口航輝(千葉ロッテマリーンズ)と多田愛佳(元HKT48・AKB48)が結婚を発表した。

 以前はプロ野球選手の妻=女子アナというイメージが強かったが、最近はアイドルと結婚する人が急増中。この1年では石川柊太(福岡ソフトバンクホークス)と大場美奈(元SKE48・AKB48)、自らファンと公言していた宇佐見真吾(中日ドラゴンズ)は「推し」である高城れに(ももいろクローバーZ=以下ももクロ)と結婚した。

 最近のプロ野球選手はアイドルファンを公言する人も多く、自らのテーマ曲にアイドルの楽曲を使うこともある。ももクロファンの田中将大(東北楽天ゴールデンイーグルス)も登場曲として同グループの楽曲を使用している。

 しかし結婚したのはももクロではなく、元カントリー娘。の里田まいだった。ハロー!プロジェクト(以下ハロプロ)勢の中ではプロ野球選手との結婚は里田が一番乗りであり、大金星を掴んだなどといわれていた。

 里田の結婚以降もハロプロからは、紺野あさ美(元モーニング娘。・元テレビ東京アナウンサー)と杉浦稔大(北海道日本ハムファイターズ)、石川梨華(元モーニング娘。)と野上亮磨(元読売ジャイアンツ)の結婚が続いた。

 今春に開催された「2023 WORLD BASEBALL CLASSIC」(以下WBC)では放送で、源田壮亮(埼玉西武ライオンズ)の妻の衛藤美彩(元乃木坂46)と、高橋奎二(東京ヤクルトスワローズ)の妻である板野友美(元AKB48)が映し出され大きなインパクトを与えた。WBCがきっかけかどうかわからないが、この頃からアイドル妻は“アゲマン”などといわれるようにもなった。

意外と多い乙女塾出身者

 アイドルとの結婚といえば古くは、サブロー(元千葉ロッテマリーンズ)が中嶋ミチヨ(元乙女塾)と結婚した。プロ野球OBには密かに乙女塾のメンバーと結婚している人も多く、現広島東洋カープ監督の新井貴浩も元乙女塾の大橋裕美子と結婚している。新井の妻は大学の先輩であり、乙女塾加入前からの付き合いだそうだ。

 横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)から広島に移籍後に、新井の背番号を受け継いだ石井琢朗(元広島東洋カープ)も同じく乙女塾出身の瀬能あづさ(元CoCo)と結婚。ところがわずか4年で離婚するも、モテ男の石井は翌年に元フジテレビアナウンサーの荒瀬詩織と電撃再婚を果たした。

 こう見てみると「女子アナとアイドル」の両方と結婚したのは石井だけ。あくまでも離婚して再婚したのだから2つの職業のお相手と結婚できたのだが、紺野はアイドルから女子アナに転身したので、1人で両方の肩書を持った女性を手に入れた杉浦が、そういう意味では最強のプロ野球選手なのかもしれない。

 未婚の“元アイドルの現役女子アナ”は意外にいるので、今後、杉浦を脅かすような存在が現れる可能性もある。こちらも、楽しみである。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/332979


すぐ離婚して財産半分持って行かれる未来

782:

>>1  プロ野球はシーズンオフとなり、引退や戦力外通告、FAなどが話題となる“ストーブリーグ”に突入。この時期はまた、選手たちの結婚も話題となる。

 直近では11月20日、山口航輝(千葉ロッテマリーンズ)と多田愛佳(元HKT48・AKB48)が結婚を発表した。

 以前はプロ野球選手の妻=女子アナというイメージが強かったが、最近はアイドルと結婚する人が急増中。この1年では石川柊太(福岡ソフトバンクホークス)と大場美奈(元SKE48・AKB48)、自らファンと公言していた宇佐見真吾(中日ドラゴンズ)は「推し」である高城れに(ももいろクローバーZ=以下ももクロ)と結婚した。

 最近のプロ野球選手はアイドルファンを公言する人も多く、自らのテーマ曲にアイドルの楽曲を使うこともある。ももクロファンの田中将大(東北楽天ゴールデンイーグルス)も登場曲として同グループの楽曲を使用している。

 しかし結婚したのはももクロではなく、元カントリー娘。の里田まいだった。ハロー!プロジェクト(以下ハロプロ)勢の中ではプロ野球選手との結婚は里田が一番乗りであり、大金星を掴んだなどといわれていた。

 里田の結婚以降もハロプロからは、紺野あさ美(元モーニング娘。・元テレビ東京アナウンサー)と杉浦稔大(北海道日本ハムファイターズ)、石川梨華(元モーニング娘。)と野上亮磨(元読売ジャイアンツ)の結婚が続いた。

 今春に開催された「2023 WORLD BASEBALL CLASSIC」(以下WBC)では放送で、源田壮亮(埼玉西武ライオンズ)の妻の衛藤美彩(元乃木坂46)と、高橋奎二(東京ヤクルトスワローズ)の妻である板野友美(元AKB48)が映し出され大きなインパクトを与えた。WBCがきっかけかどうかわからないが、この頃からアイドル妻は“アゲマン”などといわれるようにもなった。

意外と多い乙女塾出身者

 アイドルとの結婚といえば古くは、サブロー(元千葉ロッテマリーンズ)が中嶋ミチヨ(元乙女塾)と結婚した。プロ野球OBには密かに乙女塾のメンバーと結婚している人も多く、現広島東洋カープ監督の新井貴浩も元乙女塾の大橋裕美子と結婚している。新井の妻は大学の先輩であり、乙女塾加入前からの付き合いだそうだ。

 横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)から広島に移籍後に、新井の背番号を受け継いだ石井琢朗(元広島東洋カープ)も同じく乙女塾出身の瀬能あづさ(元CoCo)と結婚。ところがわずか4年で離婚するも、モテ男の石井は翌年に元フジテレビアナウンサーの荒瀬詩織と電撃再婚を果たした。

 こう見てみると「女子アナとアイドル」の両方と結婚したのは石井だけ。あくまでも離婚して再婚したのだから2つの職業のお相手と結婚できたのだが、紺野はアイドルから女子アナに転身したので、1人で両方の肩書を持った女性を手に入れた杉浦が、そういう意味では最強のプロ野球選手なのかもしれない。

 未婚の“元アイドルの現役女子アナ”は意外にいるので、今後、杉浦を脅かすような存在が現れる可能性もある。こちらも、楽しみである。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/332979


社長>>>プロ野球選手

冷静に考えればこうだからな

786:

>>782 社長>>>プロ野球選手

冷静に考えればこうだからな


メジャーで長期契約結べるレベルだと創業社長より稼ぐだろ

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

99:

アイドル時代は他のメンバーより人気と知名度では負けたけど結婚相手(年収とか)で当時のメンバーにマウント取るのに 
甲子園目指して野球漬けの生活送ってたプロ野球選手なんてのは騙すのにうってつけなんだろ

102:

プロ野球選手の地位が落ちたというのが大きい
一部のメジャークラスじゃないと
ユーチューバーより稼げてないからな
しかも選手生活もそれほど長くない
女子アナも会社を上場させた社長か医者の方が良いだろう

103:

90年代くらいに女子アナとやきう選手の結婚が多かったのは
「メジャーに行ける野球選手と結婚すれば、自分の英語力を生かせてサポートできる」とか
いうパターンだったが
その後生まれたような世代の優秀な女子学生は米一流大学の留学とか優先的にやらせてもらえて
そうやって自分キャリア積んでるOBも多く見てるから
海外志向の子供はそもそも日本で原稿読んでバラエティ司会するだけのアナウンサーにすらならない

173:

女子アナのほうが計算高くて、こいつと結婚したらメジャー行ってアメリカで出産したら子どもはアメリカ国籍で・・・とか
その選手に惚れてじゃなくて結婚によって得られる条件が目的で結婚してる気がするわ
アイドルを嫁にした選手のほうが、女子アナを嫁にした選手より幸せそうなんだよな

186:

>>173 女子アナのほうが計算高くて、こいつと結婚したらメジャー行ってアメリカで出産したら子どもはアメリカ国籍で・・・とか
その選手に惚れてじゃなくて結婚によって得られる条件が目的で結婚してる気がするわ
アイドルを嫁にした選手のほうが、女子アナを嫁にした選手より幸せそうなんだよな


アメリカ国籍すら自力で取れない雑魚が東京では大卒チー牛男子からはチヤホヤされるからな笑

220:

>>173 女子アナのほうが計算高くて、こいつと結婚したらメジャー行ってアメリカで出産したら子どもはアメリカ国籍で・・・とか
その選手に惚れてじゃなくて結婚によって得られる条件が目的で結婚してる気がするわ
アイドルを嫁にした選手のほうが、女子アナを嫁にした選手より幸せそうなんだよな


金子誠がまだ芽が出てないうちに旦那にした白木清かはなかなかの株主だな。

白木清かは学習院
金子誠は高卒
子どもたちは全員学習院
お家は神宮前

241:

>しかし結婚したのはももクロではなく、元カントリー娘。の里田まいだった。

というかももクロのファンになったのは結婚してからじゃないの?

548:

>>241 >しかし結婚したのはももクロではなく、元カントリー娘。の里田まいだった。

というかももクロのファンになったのは結婚してからじゃないの?


そもそも嫁がももクロファンだったからその影響だしな

346:

年上の声優と結婚した野球もいるよ。選手が12球団1の不人気球団所属なので全然騒がれることはないが。

382:

>>346 年上の声優と結婚した野球もいるよ。選手が12球団1の不人気球団所属なので全然騒がれることはないが。


クビになって今はボートレーサーやってるね

437:

全盛期の白石麻衣レベルと付き合えるなら勝ち組だろうけど、よくわからないアイドルグループのメンバーとの結婚ならプロ野球選手ほどのステータスならハズレだと思う まあ推しと結婚できた人は万々歳なんだろうけど

451:

元AKBとかももクロとか、その辺の一般人と変わらないレベルの女としか結婚出来なくなったんだなやきう選手はw
そりゃ女子アナも、野球選手=クソダサい、というイメージがついてしまった現代じゃ、
恥ずかしくて一緒に暮らしたくはないだろうからな
子供の夢もないゴミ競技になっちまったなw

456:

>>451 元AKBとかももクロとか、その辺の一般人と変わらないレベルの女としか結婚出来なくなったんだなやきう選手はw
そりゃ女子アナも、野球選手=クソダサい、というイメージがついてしまった現代じゃ、
恥ずかしくて一緒に暮らしたくはないだろうからな
子供の夢もないゴミ競技になっちまったなw


いや女子アナと接触する機会がスポーツ選手よりベンチャー社長みたいなのが増えたんだろ
いちばん女子アナと合コンの機会が多い金持ちが社長に変わっただけ
逆に野球選手とアイドルはSNSで増えたんだろな

465:

>>451 元AKBとかももクロとか、その辺の一般人と変わらないレベルの女としか結婚出来なくなったんだなやきう選手はw
そりゃ女子アナも、野球選手=クソダサい、というイメージがついてしまった現代じゃ、
恥ずかしくて一緒に暮らしたくはないだろうからな
子供の夢もないゴミ競技になっちまったなw


鏡見なよ

471:

テレビ脳の高齢者が多い芸スポでは、女子アナが「選ぶ立場」だとおもってるのが笑えるw
昔も今も野球選手が「選ぶ側」であって、テレビ離れによって女子アナを嫁にしたい選手が減った一方、
アイドル全盛期を生きてきた今のアラサーにとってはアイドルこそ憧れの対象
ちなみに頭の良さとかは無関係

478:

>>471 テレビ脳の高齢者が多い芸スポでは、女子アナが「選ぶ立場」だとおもってるのが笑えるw
昔も今も野球選手が「選ぶ側」であって、テレビ離れによって女子アナを嫁にしたい選手が減った一方、
アイドル全盛期を生きてきた今のアラサーにとってはアイドルこそ憧れの対象
ちなみに頭の良さとかは無関係


松坂が結婚相手選ぶ頃はまだ、女子アナこそ憧れの対象だったんだよ

480:

>>471 テレビ脳の高齢者が多い芸スポでは、女子アナが「選ぶ立場」だとおもってるのが笑えるw
昔も今も野球選手が「選ぶ側」であって、テレビ離れによって女子アナを嫁にしたい選手が減った一方、
アイドル全盛期を生きてきた今のアラサーにとってはアイドルこそ憧れの対象
ちなみに頭の良さとかは無関係


それこそ人によるだろ
間抜けなマウント仕掛けるなよ

488:

女子アナが「また野球か」って言われるのをいやがって
ハイスペエリートor青年実業家(笑)狙いにシフトした

593:

昔、女子アナの前、野球選手の嫁の定番はスチュワーデスだったんだよな。
常に当時の花形職業の女と結婚していた。
テレビの力が衰えた今は女子アナではないし、何が花形なんだ?アイドルではないと思うが。

605:

下平さやかは、お仕事継続してテレ朝で主任だか
夫、長野久義は巨人の選手で12才年下って
野球選手ならだれでもいいわけではなく、大卒で人柄も良いとか
女子アナは優良物件を狙いそう

666:

元AKB48の大場(ソフバン石川)、多田(ロッテ山口)と、
あんまりルックスを重視してないとこがポイントだよな

787:

言うてかつてのアナウンサーがイチロー、松坂、古田、石井一久、高橋由伸など超一流ばかりだったのに対して
アイドルのお相手はマークソ以外誰も一流どころじゃないし
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1701831185

Comments 0

コメントはまだありません。