「時代が早すぎた?」「面白かったのに」連載終了が惜しまれる続編希望の少年ジャンプ作品  - アニメ
げいのうまとめんぬ

「時代が早すぎた?」「面白かったのに」連載終了が惜しまれる続編希望の少年ジャンプ作品 

2023/12/06
アニメ 0
  • 数々の名作漫画を世に送り出している「週刊少年ジャンプ」。
  • 中でも40年の連載記録を持つ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』や国内外にもファンが多い『ONE PIECE』など、連載が長く続く作品はそれだけ読者からの人気が高い作品であると言えるだろう。
  • しかし「打ち切りでは?」と噂されるほど突如終わりを迎えた漫画の中にも、未だに連載終了を惜しまれている人気作があるのをご存知だろうか?今回は、特にネット上で「面白かったのに続きがなくて残念」と話題の作品たちを紹介していこう。
  • ■時代が早すぎた?今ならもっと人気が出そうと惜しまれる人気作 『エム×ゼロ』は叶恭弘による魔法学園もののファンタジーで、2006年から2008年にかけて連載されていた作品だ。
  • ヒロインの可愛さと設定の面白さが人気で、「今思えばかなり好きだった」「女の子がみんな可愛かった」など未だに連載終了を惜しむ声が多い。
  • 中略 2008年から2010年にかけ連載された岩代俊明の『PSYREN―サイレン―』も、「今のジャンプなら打ち切られないと思う」との声がある作品だ。
  • ネット上では「ナルト、ワンピ、ブリーチ、リボーン、Dグレという連載陣と同時に能力ものをやろうとしたのが厳しかったのでは」との分析もあり、『エム×ゼロ』と同様に「時代が悪かった」とする声も多い。
  • ■卓球漫画の『P2!』や『武装錬金』『みえるひと』も続きが読みたい! 『P2!- let's Play Pingpong! -』は2006年から2007年に連載され、当時のジャンプではめずらしく卓球を題材にした漫画であった。
  • ジャンプではその後『卓上のアゲハ』や『フルドライブ』が同じく卓球漫画として連載されるが、ファンからは「P2が1番続きを読みたい作品」との声もあるようだ。
  • 他にも連載終了が惜しいジャンプ漫画として、和月伸宏の『武装錬金』や、『PSYREN―サイレン―』作者である岩代俊明のデビュー作『みえるひと』などの名前が上がっている。

1:

https://realsound.jp/book/2023/12/post-1508016.html
2023.12.05 07:00

数々の名作漫画を世に送り出している「週刊少年ジャンプ」。中でも40年の連載記録を持つ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』や国内外にもファンが多い『ONE PIECE』など、連載が長く続く作品はそれだけ読者からの人気が高い作品であると言えるだろう。しかし「打ち切りでは?」と噂されるほど突如終わりを迎えた漫画の中にも、未だに連載終了を惜しまれている人気作があるのをご存知だろうか? 今回は、特にネット上で「面白かったのに続きがなくて残念」と話題の作品たちを紹介していこう。

■時代が早すぎた? 今ならもっと人気が出そうと惜しまれる人気作

『エム×ゼロ』は叶恭弘による魔法学園もののファンタジーで、2006年から2008年にかけて連載されていた作品だ。ヒロインの可愛さと設定の面白さが人気で、「今思えばかなり好きだった」「女の子がみんな可愛かった」など未だに連載終了を惜しむ声が多い。
中略

2008年から2010年にかけ連載された岩代俊明の『PSYREN―サイレン―』も、「今のジャンプなら打ち切られないと思う」との声がある作品だ。主人公の夜科アゲハがサイレンと呼ばれる異世界で戦うダークファンタジーで、「主人公の容赦のなさが好きだった」「男キャラも人気あったし、男女の人気をバランスよく取れそうだったのに」と連載終了を惜しむ声が上がっている。ネット上では「ナルト、ワンピ、ブリーチ、リボーン、Dグレという連載陣と同時に能力ものをやろうとしたのが厳しかったのでは」との分析もあり、『エム×ゼロ』と同様に「時代が悪かった」とする声も多い。

■卓球漫画の『P2!』や『武装錬金』『みえるひと』も続きが読みたい!

『P2!- let's Play Pingpong! -』は2006年から2007年に連載され、当時のジャンプではめずらしく卓球を題材にした漫画であった。ジャンプではその後『卓上のアゲハ』や『フルドライブ』が同じく卓球漫画として連載されるが、ファンからは「P2が1番続きを読みたい作品」との声もあるようだ。「良いところで終わってしまった感が強い……」と打ち切りを悔しがる人が多い一方で、「作風が当時のジャンプらしくはなかった」といった意見のほか、「卓球人気が出た今ならもっといけるのでは」との声もあがっていた。

他にも連載終了が惜しいジャンプ漫画として、和月伸宏の『武装錬金』や、『PSYREN―サイレン―』作者である岩代俊明のデビュー作『みえるひと』などの名前が上がっている。

続き・全文はソースをご覧ください



128:

>>1 https://realsound.jp/book/2023/12/post-1508016.html
2023.12.05 07:00

数々の名作漫画を世に送り出している「週刊少年ジャンプ」。中でも40年の連載記録を持つ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』や国内外にもファンが多い『ONE PIECE』など、連載が長く続く作品はそれだけ読者からの人気が高い作品であると言えるだろう。しかし「打ち切りでは?」と噂されるほど突如終わりを迎えた漫画の中にも、未だに連載終了を惜しまれている人気作があるのをご存知だろうか? 今回は、特にネット上で「面白かったのに続きがなくて残念」と話題の作品たちを紹介していこう。

■時代が早すぎた? 今ならもっと人気が出そうと惜しまれる人気作

『エム×ゼロ』は叶恭弘による魔法学園もののファンタジーで、2006年から2008年にかけて連載されていた作品だ。ヒロインの可愛さと設定の面白さが人気で、「今思えばかなり好きだった」「女の子がみんな可愛かった」など未だに連載終了を惜しむ声が多い。
中略

2008年から2010年にかけ連載された岩代俊明の『PSYREN―サイレン―』も、「今のジャンプなら打ち切られないと思う」との声がある作品だ。主人公の夜科アゲハがサイレンと呼ばれる異世界で戦うダークファンタジーで、「主人公の容赦のなさが好きだった」「男キャラも人気あったし、男女の人気をバランスよく取れそうだったのに」と連載終了を惜しむ声が上がっている。ネット上では「ナルト、ワンピ、ブリーチ、リボーン、Dグレという連載陣と同時に能力ものをやろうとしたのが厳しかったのでは」との分析もあり、『エム×ゼロ』と同様に「時代が悪かった」とする声も多い。

■卓球漫画の『P2!』や『武装錬金』『みえるひと』も続きが読みたい!

『P2!- let's Play Pingpong! -』は2006年から2007年に連載され、当時のジャンプではめずらしく卓球を題材にした漫画であった。ジャンプではその後『卓上のアゲハ』や『フルドライブ』が同じく卓球漫画として連載されるが、ファンからは「P2が1番続きを読みたい作品」との声もあるようだ。「良いところで終わってしまった感が強い……」と打ち切りを悔しがる人が多い一方で、「作風が当時のジャンプらしくはなかった」といった意見のほか、「卓球人気が出た今ならもっといけるのでは」との声もあがっていた。

他にも連載終了が惜しいジャンプ漫画として、和月伸宏の『武装錬金』や、『PSYREN―サイレン―』作者である岩代俊明のデビュー作『みえるひと』などの名前が上がっている。

続き・全文はソースをご覧ください




エムゼロの人は途中で描かなくなるから長期は難しそう
今のジャンプ+の連載も一年以上休載してるし

179:

>>128 エムゼロの人は途中で描かなくなるから長期は難しそう
今のジャンプ+の連載も一年以上休載してるし


眼病で治療中だからしゃーない

238:

>>1 https://realsound.jp/book/2023/12/post-1508016.html
2023.12.05 07:00

数々の名作漫画を世に送り出している「週刊少年ジャンプ」。中でも40年の連載記録を持つ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』や国内外にもファンが多い『ONE PIECE』など、連載が長く続く作品はそれだけ読者からの人気が高い作品であると言えるだろう。しかし「打ち切りでは?」と噂されるほど突如終わりを迎えた漫画の中にも、未だに連載終了を惜しまれている人気作があるのをご存知だろうか? 今回は、特にネット上で「面白かったのに続きがなくて残念」と話題の作品たちを紹介していこう。

■時代が早すぎた? 今ならもっと人気が出そうと惜しまれる人気作

『エム×ゼロ』は叶恭弘による魔法学園もののファンタジーで、2006年から2008年にかけて連載されていた作品だ。ヒロインの可愛さと設定の面白さが人気で、「今思えばかなり好きだった」「女の子がみんな可愛かった」など未だに連載終了を惜しむ声が多い。
中略

2008年から2010年にかけ連載された岩代俊明の『PSYREN―サイレン―』も、「今のジャンプなら打ち切られないと思う」との声がある作品だ。主人公の夜科アゲハがサイレンと呼ばれる異世界で戦うダークファンタジーで、「主人公の容赦のなさが好きだった」「男キャラも人気あったし、男女の人気をバランスよく取れそうだったのに」と連載終了を惜しむ声が上がっている。ネット上では「ナルト、ワンピ、ブリーチ、リボーン、Dグレという連載陣と同時に能力ものをやろうとしたのが厳しかったのでは」との分析もあり、『エム×ゼロ』と同様に「時代が悪かった」とする声も多い。

■卓球漫画の『P2!』や『武装錬金』『みえるひと』も続きが読みたい!

『P2!- let's Play Pingpong! -』は2006年から2007年に連載され、当時のジャンプではめずらしく卓球を題材にした漫画であった。ジャンプではその後『卓上のアゲハ』や『フルドライブ』が同じく卓球漫画として連載されるが、ファンからは「P2が1番続きを読みたい作品」との声もあるようだ。「良いところで終わってしまった感が強い……」と打ち切りを悔しがる人が多い一方で、「作風が当時のジャンプらしくはなかった」といった意見のほか、「卓球人気が出た今ならもっといけるのでは」との声もあがっていた。

他にも連載終了が惜しいジャンプ漫画として、和月伸宏の『武装錬金』や、『PSYREN―サイレン―』作者である岩代俊明のデビュー作『みえるひと』などの名前が上がっている。

続き・全文はソースをご覧ください




サイレン書きに来たらもともと書いてあった

425:

>>1 https://realsound.jp/book/2023/12/post-1508016.html
2023.12.05 07:00

数々の名作漫画を世に送り出している「週刊少年ジャンプ」。中でも40年の連載記録を持つ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』や国内外にもファンが多い『ONE PIECE』など、連載が長く続く作品はそれだけ読者からの人気が高い作品であると言えるだろう。しかし「打ち切りでは?」と噂されるほど突如終わりを迎えた漫画の中にも、未だに連載終了を惜しまれている人気作があるのをご存知だろうか? 今回は、特にネット上で「面白かったのに続きがなくて残念」と話題の作品たちを紹介していこう。

■時代が早すぎた? 今ならもっと人気が出そうと惜しまれる人気作

『エム×ゼロ』は叶恭弘による魔法学園もののファンタジーで、2006年から2008年にかけて連載されていた作品だ。ヒロインの可愛さと設定の面白さが人気で、「今思えばかなり好きだった」「女の子がみんな可愛かった」など未だに連載終了を惜しむ声が多い。
中略

2008年から2010年にかけ連載された岩代俊明の『PSYREN―サイレン―』も、「今のジャンプなら打ち切られないと思う」との声がある作品だ。主人公の夜科アゲハがサイレンと呼ばれる異世界で戦うダークファンタジーで、「主人公の容赦のなさが好きだった」「男キャラも人気あったし、男女の人気をバランスよく取れそうだったのに」と連載終了を惜しむ声が上がっている。ネット上では「ナルト、ワンピ、ブリーチ、リボーン、Dグレという連載陣と同時に能力ものをやろうとしたのが厳しかったのでは」との分析もあり、『エム×ゼロ』と同様に「時代が悪かった」とする声も多い。

■卓球漫画の『P2!』や『武装錬金』『みえるひと』も続きが読みたい!

『P2!- let's Play Pingpong! -』は2006年から2007年に連載され、当時のジャンプではめずらしく卓球を題材にした漫画であった。ジャンプではその後『卓上のアゲハ』や『フルドライブ』が同じく卓球漫画として連載されるが、ファンからは「P2が1番続きを読みたい作品」との声もあるようだ。「良いところで終わってしまった感が強い……」と打ち切りを悔しがる人が多い一方で、「作風が当時のジャンプらしくはなかった」といった意見のほか、「卓球人気が出た今ならもっといけるのでは」との声もあがっていた。

他にも連載終了が惜しいジャンプ漫画として、和月伸宏の『武装錬金』や、『PSYREN―サイレン―』作者である岩代俊明のデビュー作『みえるひと』などの名前が上がっている。

続き・全文はソースをご覧ください




他に有力なバトルマンガが多いから時代が悪かったって、褒めてないよな

483:

>>1 https://realsound.jp/book/2023/12/post-1508016.html
2023.12.05 07:00

数々の名作漫画を世に送り出している「週刊少年ジャンプ」。中でも40年の連載記録を持つ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』や国内外にもファンが多い『ONE PIECE』など、連載が長く続く作品はそれだけ読者からの人気が高い作品であると言えるだろう。しかし「打ち切りでは?」と噂されるほど突如終わりを迎えた漫画の中にも、未だに連載終了を惜しまれている人気作があるのをご存知だろうか? 今回は、特にネット上で「面白かったのに続きがなくて残念」と話題の作品たちを紹介していこう。

■時代が早すぎた? 今ならもっと人気が出そうと惜しまれる人気作

『エム×ゼロ』は叶恭弘による魔法学園もののファンタジーで、2006年から2008年にかけて連載されていた作品だ。ヒロインの可愛さと設定の面白さが人気で、「今思えばかなり好きだった」「女の子がみんな可愛かった」など未だに連載終了を惜しむ声が多い。
中略

2008年から2010年にかけ連載された岩代俊明の『PSYREN―サイレン―』も、「今のジャンプなら打ち切られないと思う」との声がある作品だ。主人公の夜科アゲハがサイレンと呼ばれる異世界で戦うダークファンタジーで、「主人公の容赦のなさが好きだった」「男キャラも人気あったし、男女の人気をバランスよく取れそうだったのに」と連載終了を惜しむ声が上がっている。ネット上では「ナルト、ワンピ、ブリーチ、リボーン、Dグレという連載陣と同時に能力ものをやろうとしたのが厳しかったのでは」との分析もあり、『エム×ゼロ』と同様に「時代が悪かった」とする声も多い。

■卓球漫画の『P2!』や『武装錬金』『みえるひと』も続きが読みたい!

『P2!- let's Play Pingpong! -』は2006年から2007年に連載され、当時のジャンプではめずらしく卓球を題材にした漫画であった。ジャンプではその後『卓上のアゲハ』や『フルドライブ』が同じく卓球漫画として連載されるが、ファンからは「P2が1番続きを読みたい作品」との声もあるようだ。「良いところで終わってしまった感が強い……」と打ち切りを悔しがる人が多い一方で、「作風が当時のジャンプらしくはなかった」といった意見のほか、「卓球人気が出た今ならもっといけるのでは」との声もあがっていた。

他にも連載終了が惜しいジャンプ漫画として、和月伸宏の『武装錬金』や、『PSYREN―サイレン―』作者である岩代俊明のデビュー作『みえるひと』などの名前が上がっている。

続き・全文はソースをご覧ください




アクタージュはそろそろ許してやれよ 続き気になるんだよ

721:

>>1 https://realsound.jp/book/2023/12/post-1508016.html
2023.12.05 07:00

数々の名作漫画を世に送り出している「週刊少年ジャンプ」。中でも40年の連載記録を持つ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』や国内外にもファンが多い『ONE PIECE』など、連載が長く続く作品はそれだけ読者からの人気が高い作品であると言えるだろう。しかし「打ち切りでは?」と噂されるほど突如終わりを迎えた漫画の中にも、未だに連載終了を惜しまれている人気作があるのをご存知だろうか? 今回は、特にネット上で「面白かったのに続きがなくて残念」と話題の作品たちを紹介していこう。

■時代が早すぎた? 今ならもっと人気が出そうと惜しまれる人気作

『エム×ゼロ』は叶恭弘による魔法学園もののファンタジーで、2006年から2008年にかけて連載されていた作品だ。ヒロインの可愛さと設定の面白さが人気で、「今思えばかなり好きだった」「女の子がみんな可愛かった」など未だに連載終了を惜しむ声が多い。
中略

2008年から2010年にかけ連載された岩代俊明の『PSYREN―サイレン―』も、「今のジャンプなら打ち切られないと思う」との声がある作品だ。主人公の夜科アゲハがサイレンと呼ばれる異世界で戦うダークファンタジーで、「主人公の容赦のなさが好きだった」「男キャラも人気あったし、男女の人気をバランスよく取れそうだったのに」と連載終了を惜しむ声が上がっている。ネット上では「ナルト、ワンピ、ブリーチ、リボーン、Dグレという連載陣と同時に能力ものをやろうとしたのが厳しかったのでは」との分析もあり、『エム×ゼロ』と同様に「時代が悪かった」とする声も多い。

■卓球漫画の『P2!』や『武装錬金』『みえるひと』も続きが読みたい!

『P2!- let's Play Pingpong! -』は2006年から2007年に連載され、当時のジャンプではめずらしく卓球を題材にした漫画であった。ジャンプではその後『卓上のアゲハ』や『フルドライブ』が同じく卓球漫画として連載されるが、ファンからは「P2が1番続きを読みたい作品」との声もあるようだ。「良いところで終わってしまった感が強い……」と打ち切りを悔しがる人が多い一方で、「作風が当時のジャンプらしくはなかった」といった意見のほか、「卓球人気が出た今ならもっといけるのでは」との声もあがっていた。

他にも連載終了が惜しいジャンプ漫画として、和月伸宏の『武装錬金』や、『PSYREN―サイレン―』作者である岩代俊明のデビュー作『みえるひと』などの名前が上がっている。

続き・全文はソースをご覧ください




そらもう続編ならこれしかない



【座敷女】

830:

>>1 https://realsound.jp/book/2023/12/post-1508016.html
2023.12.05 07:00

数々の名作漫画を世に送り出している「週刊少年ジャンプ」。中でも40年の連載記録を持つ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』や国内外にもファンが多い『ONE PIECE』など、連載が長く続く作品はそれだけ読者からの人気が高い作品であると言えるだろう。しかし「打ち切りでは?」と噂されるほど突如終わりを迎えた漫画の中にも、未だに連載終了を惜しまれている人気作があるのをご存知だろうか? 今回は、特にネット上で「面白かったのに続きがなくて残念」と話題の作品たちを紹介していこう。

■時代が早すぎた? 今ならもっと人気が出そうと惜しまれる人気作

『エム×ゼロ』は叶恭弘による魔法学園もののファンタジーで、2006年から2008年にかけて連載されていた作品だ。ヒロインの可愛さと設定の面白さが人気で、「今思えばかなり好きだった」「女の子がみんな可愛かった」など未だに連載終了を惜しむ声が多い。
中略

2008年から2010年にかけ連載された岩代俊明の『PSYREN―サイレン―』も、「今のジャンプなら打ち切られないと思う」との声がある作品だ。主人公の夜科アゲハがサイレンと呼ばれる異世界で戦うダークファンタジーで、「主人公の容赦のなさが好きだった」「男キャラも人気あったし、男女の人気をバランスよく取れそうだったのに」と連載終了を惜しむ声が上がっている。ネット上では「ナルト、ワンピ、ブリーチ、リボーン、Dグレという連載陣と同時に能力ものをやろうとしたのが厳しかったのでは」との分析もあり、『エム×ゼロ』と同様に「時代が悪かった」とする声も多い。

■卓球漫画の『P2!』や『武装錬金』『みえるひと』も続きが読みたい!

『P2!- let's Play Pingpong! -』は2006年から2007年に連載され、当時のジャンプではめずらしく卓球を題材にした漫画であった。ジャンプではその後『卓上のアゲハ』や『フルドライブ』が同じく卓球漫画として連載されるが、ファンからは「P2が1番続きを読みたい作品」との声もあるようだ。「良いところで終わってしまった感が強い……」と打ち切りを悔しがる人が多い一方で、「作風が当時のジャンプらしくはなかった」といった意見のほか、「卓球人気が出た今ならもっといけるのでは」との声もあがっていた。

他にも連載終了が惜しいジャンプ漫画として、和月伸宏の『武装錬金』や、『PSYREN―サイレン―』作者である岩代俊明のデビュー作『みえるひと』などの名前が上がっている。

続き・全文はソースをご覧ください




なんだこの岩代押しの記事
そりゃ俺もみえるひと完全版見てえけどよ

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

145:

メタルKとかグリーンアイズとかはないな
巻来功士の作風は野暮ったくて最後まで少年誌にアジャストできなかった
荒木はなんだかんだいって若くして洗練されてたな

165:

>>145 メタルKとかグリーンアイズとかはないな
巻来功士の作風は野暮ったくて最後まで少年誌にアジャストできなかった
荒木はなんだかんだいって若くして洗練されてたな


巻来の自伝漫画によるとジャンプにはホラー漫画は2本いらないってことでJOJOとの二択だったらしいから
荒木飛呂彦がいなかったら長期掲載できた可能性はある

196:

>>165 巻来の自伝漫画によるとジャンプにはホラー漫画は2本いらないってことでJOJOとの二択だったらしいから
荒木飛呂彦がいなかったら長期掲載できた可能性はある


巻来が言ってるだけだしなぁ
そんなに実力があるならもっと当ててるわ

271:

エムゼロは学校という舞台のせいもあって登場人物が多いのに区別がつきにくい
+で連載していたKISS DEATHもだけどなにか設定に凝り過ぎじゃないだろか
単行本だとアレなんだっけかでも前に戻って読めるから面白い

300:

PSYREN―サイレン―は、良く持った方だと思う。
話づくり巧いんだろうな。

別の人の作画でうまくマッチした上で、ストーリ構成に集中すれば
あの作家さんもっと売れると思う。

エム×ゼロの作家さんも、富樫氏みたいにお色気路線とは
別方向に踏み出せば化けたかもしれないんでもったいない。

プリティフェイスも上手くまとめたし器用で賢い人なのかもしれんけど
変な執着(こだわり)やら情念が無いと、爆発力みたいなもんにつながらないのかも。

318:

空のキャンバスは綺麗に終わったから続編は要らんが、何故か同じ作者がリメイク連載を始めてしまった
1話だけ読んだけどこういうのは要らんなあ

342:

短期で打ち切られた作品は認めない
長期で連載されてる作品も認めない

つまりジャンプは…
読む価値無し…

鬼滅の刃のビジュアルを初めて見たとき
瞳のカトブレパスやAKABOSHI -異聞水滸伝-を思い出した

苺100%
初恋限定
姉ドキッ

ここら辺は認める
よく男社会の中で頑張った

360:

>>342 短期で打ち切られた作品は認めない
長期で連載されてる作品も認めない

つまりジャンプは…
読む価値無し…

鬼滅の刃のビジュアルを初めて見たとき
瞳のカトブレパスやAKABOSHI -異聞水滸伝-を思い出した

苺100%
初恋限定
姉ドキッ

ここら辺は認める
よく男社会の中で頑張った


そりゃジャンプは価値として読むもんじゃないよ
暇つぶし以上教養未満くらいだろう

382:

ジャンプなんて少なくとも80年代以後人気出なかったら即打ち切りやん。天地が喰らうが打ち切りになった時「ジャンプはもうコロコロコミックで連載してるマンガしかないわ、まだコロコロは小学生向けと断っているからまだマシだが」とジャンプ購読をやめてアンチジャンプになった。まあ一部のスラダンみたいなのは単行本で読んでいたがドラゴンボールとかワンピみたいなのは本当に生理的に嫌い、まだマガジンサンデーの方に味方していたわ

424:

>>382 ジャンプなんて少なくとも80年代以後人気出なかったら即打ち切りやん。天地が喰らうが打ち切りになった時「ジャンプはもうコロコロコミックで連載してるマンガしかないわ、まだコロコロは小学生向けと断っているからまだマシだが」とジャンプ購読をやめてアンチジャンプになった。まあ一部のスラダンみたいなのは単行本で読んでいたがドラゴンボールとかワンピみたいなのは本当に生理的に嫌い、まだマガジンサンデーの方に味方していたわ


どんな生理現象なんだよ、髪の毛が緑色になったりでもするのか?

391:

天地を喰らうはゲームの方で完結まで見れたのでノーカン
キャプテン翼もテクモ版の2と3の方が本誌よりもストーリー良かった記憶が…

428:

男塾の前、極虎一家の後に連載されていたトレンチコート着たダンディな刑事のやつ面白かったのになあ。俳優の寺島進で実写化してほしいと思うことがある

596:

>>428 男塾の前、極虎一家の後に連載されていたトレンチコート着たダンディな刑事のやつ面白かったのになあ。俳優の寺島進で実写化してほしいと思うことがある


ボギー・ザ・グレート
あれも無理やり未完で終わらせたな

601:

>>596 ボギー・ザ・グレート
あれも無理やり未完で終わらせたな


極男塾でその後が描かれたが
正直描かれない方が良かった

430:

スレタイの意味なら、密・リターンズみたいな説得エンドは
シャーマンキングやデート・オア・ライブに引き継がれているから
文字通り早すぎたと言うことになる
ただ当のジャンプではこの路線の漫画でヒット作がないんだよな

500:

ジャンプ黎明期には打ち切り元祖と言われる、クジラ大吾?という作品があったそうだ。
読んだ事無いので内容はわからん。

586:

疾風のジーク描いてた人今何やってるのかね?好きだったのに…短編集はバツグンに面白かったのに後に出た連載はあっという間に切られてしまった。
短編集の主人公みんな出して話書きたいって言ってたから30年待ってるのだが。見てるか作者さん

600:

>>586 疾風のジーク描いてた人今何やってるのかね?好きだったのに…短編集はバツグンに面白かったのに後に出た連載はあっという間に切られてしまった。
短編集の主人公みんな出して話書きたいって言ってたから30年待ってるのだが。見てるか作者さん


ジークもファイアスノーの風も好きだったな
今も本持ってるw

736:

バクマンであれだけ連載までの厳しさを描いてるのに1話から読む気すらしない新連載を乱発するのは漫画家が悪いの?編集部が悪いの?

連載会議で「よし!コレで行こう!」でほとんどが1.2巻で終了とか笑かすなよ

761:

>>736 バクマンであれだけ連載までの厳しさを描いてるのに1話から読む気すらしない新連載を乱発するのは漫画家が悪いの?編集部が悪いの?

連載会議で「よし!コレで行こう!」でほとんどが1.2巻で終了とか笑かすなよ


企画が通りやすいものと、実際売れるものてのは違う。
多分、個人的に売れるとかイケるとか思っても、説得力持って
組織を説得できる材料がないと、コケたとき釈明できないからな。

まあ編集部の所為かもしれんし、編集者がサラリーマン化して
責任回避能力つかえば、そういう風になるかもしれん。

個人成績とか競争とかその辺も絡むのかもしれんが
やはりいろいろ難しいんだろな。

803:

>>736 バクマンであれだけ連載までの厳しさを描いてるのに1話から読む気すらしない新連載を乱発するのは漫画家が悪いの?編集部が悪いの?

連載会議で「よし!コレで行こう!」でほとんどが1.2巻で終了とか笑かすなよ


どの作品も過去のヒット作の成功パターンを踏襲した「売れ線狙い」の類似作品(エピゴーネン)ばかりだから、今の週ジャンは見る気も起きない。
「今はヲタクが編集者になって編集部に集まり、ヲタク臭い作品ばかり書かせている」とは、某大御所漫画家の発言です。

776:

太蔵もて王は面白かった。

今でいうLGBTQをややイジったり、人気漫画を茶化したり、といった傾向があったから
連載継続が難しかったのかもしれないと思ってる

789:

>>776 太蔵もて王は面白かった。

今でいうLGBTQをややイジったり、人気漫画を茶化したり、といった傾向があったから
連載継続が難しかったのかもしれないと思ってる


傾向じゃなくてそれ
内容そのものだろw

832:

たいぞうもてキングは雑誌で読むことが重要だったのではないか。
最新のパロディーをネタにしてたし 雑誌派には特にウケがいい。
逆にジャンプをよく知らん一般層には意味不明なネタになりやすいかも。
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1701768591

Comments 0

コメントはまだありません。