「史上最高のギター・リフ TOP40」をuDiscoverMusicが発表 - 芸能人
げいのうまとめんぬ

「史上最高のギター・リフ TOP40」をuDiscoverMusicが発表

2023/12/05
芸能人 0
  • Published on November 27, 2023By Martin Chilton (uDiscoverMusic) DeepL翻訳 全文は引用元サイトをご覧ください。
  • 現代の名曲の中には、「(I Can't Get No) Satisfaction)」や「Smoke On The Water」のように、力強い歌詞と同じくらい、その特徴的なギター・リックに心を打たれるものがある。
  • ギター・リフはしばしば曲の冒頭を飾り、反復するメロディーの主軸を形成するもので、何十年もの間、ブルース、ロックンロール、さらにはパンクの曲の中核をなしてきた。
  • 初期のジャズ・ギタリスト(戦前のベニー・グッドマン6重奏団のチャーリー・クリスチャンなど)はリフの先駆者であり、チェット・アトキンス、T・ボーン・ウォーカー、ジミ・ヘンドリックスからヴァン・ヘイレン、U2のジ・エッジ、ブラック・サバスのトニー・アイオミ、ラッシュのアレックス・ライフソンまで、後に続く偉大なギタリストたちへの道を切り開いた。
  • 他にも何百人もの超一流ギタリストが、史上最高のギター・リフに数えられるにふさわしい名曲を残しており、私たちはチャック・ベリーやエリック・クラプトンの傑作を選んだ。
  • ■40 Of The Best Guitar Riffs Of All Time Nirvana:Smells Like Teen Spirit (1991) 2: Chuck Berry:Johnny B Goode (1958) 3: The Rolling Stones:(I Can’t Get No) Satisfaction) (1965) 4: Deep Purple:Smoke On The Water (1972) 5: Guns N’ Roses:Sweet Child O’ Mine (1988) 6: Link Wray:Rumble (1958) 7: Led Zeppelin:Whole Lotta Love (1969) 8: The Jimi Hendrix Experience:Purple Haze (1967) 9: ZZ Top:La Grange (1973) 10: The Kinks:You Really Got Me (1964) 1 Rush:Tom Sawyer (1981) 12: Tom Petty:Free Fallin’ (1981) 13: U2:With Or Without You (1987) 14: Metallica:Enter Sandman (1991) 15: Ozzy Osbourne:Crazy Train (1980) 16: AC/DC:Back In Black (1980) 17: Aerosmith:Walk This Way (1975) 18: Queen:Killer Queen (1974) 19: Derek And The Dominoes:Layla (1970) 20: The Beatles:Day Tripper (1965) 2 Muddy Waters:Mannish Boy (1955) 22: Queens Of The Stone Age:No One Knows (2002) 23: Dire Straits:Money For Nothing (1985) 24: The Smiths:This Charming Man (1983) 25: Van Halen:Ain’t Talkin’ ‘Bout Love (1978) 26: Heart:Barracuda (1977) 27: The Sex Pistols:Pretty Vacant (1977) 28: Sister Rosetta Tharpe:Above My Head (I Hear Music In The Air) (1947) 29: Howlin’ Wolf:Smokestack Lightnin’ (1956) 30: Judas Priest:Breaking The Law (1980) 3 The Smashing Pumpkins:Today (1993) 32: Bonnie Raitt:Something To Talk About (1991) 33: Joan Armatrading:Steppin’ Out (1976) 34: Hole:Celebrity Skin (1998) 35: John Lee Hooker:Boogie Chillen’ (1948) 36: The Who:I Can’t Explain (1971) 37: Free:All Right Now (1970) 38: Poison Ivy:What’s Inside a Girl (2006) 39: Grant Green:Idle Moments (1963) 40: Kristin Hersh:Your Dirty Answer (2001) ニルヴァーナ 『スメルズ・ライク・ティーン・スピリット』(1991年) レコーディングから30年近く経った今でも、ニルヴァーナの代表曲「Smells Like Teen Spirit」は生々しくエキサイティングなサウンドだ。
  • カート・コバーンは、このギター・リフを思いついた時、「究極のポップ・ソング」を書こうとしていた。
  • 彼はまた、ピクシーズのスタイルで何かを書きたかったようで、1994年に『ローリング・ストーン』誌に「僕は基本的にピクシーズをパクろうとしてたんだ。
  • 認めざるを得ないよ」と話した。
  • リフの4コード・パターンは独創性に欠けるが、曲の静かさと大きさのダイナミックなコントラスト、そしてコバーンの直感的な表現が、90年代最高のギター・リフのひとつとしての威力を高めている。

1:

Published on November 27, 2023 By Martin Chilton (uDiscoverMusic) ※DeepL翻訳 ※全文は引用元サイトをご覧ください。
https://www.udiscovermusic.com/stories/best-guitar-riffs/

現代の名曲の中には、「(I Can't Get No) Satisfaction)」や「Smoke On The Water」のように、力強い歌詞と同じくらい、その特徴的なギター・リックに心を打たれるものがある。ギター・リフはしばしば曲の冒頭を飾り、反復するメロディーの主軸を形成するもので、何十年もの間、ブルース、ロックンロール、さらにはパンクの曲の中核をなしてきた。
初期のジャズ・ギタリスト(戦前のベニー・グッドマン6重奏団のチャーリー・クリスチャンなど)はリフの先駆者であり、チェット・アトキンス、T・ボーン・ウォーカー、ジミ・ヘンドリックスからヴァン・ヘイレン、U2のジ・エッジ、ブラック・サバスのトニー・アイオミ、ラッシュのアレックス・ライフソンまで、後に続く偉大なギタリストたちへの道を切り開いた。
他にも何百人もの超一流ギタリストが、史上最高のギター・リフに数えられるにふさわしい名曲を残しており、私たちはチャック・ベリーやエリック・クラプトンの傑作を選んだ。


■40 Of The Best Guitar Riffs Of All Time

1: Nirvana: Smells Like Teen Spirit (1991)  

2: Chuck Berry: Johnny B Goode (1958)  

3: The Rolling Stones: (I Can’t Get No) Satisfaction) (1965)  

4: Deep Purple: Smoke On The Water (1972)
5: Guns N’ Roses: Sweet Child O’ Mine (1988)
6: Link Wray: Rumble (1958)
7: Led Zeppelin: Whole Lotta Love (1969)
8: The Jimi Hendrix Experience: Purple Haze (1967)
9: ZZ Top: La Grange (1973)
10: The Kinks: You Really Got Me (1964)

11: Rush: Tom Sawyer (1981)
12: Tom Petty: Free Fallin’ (1981)
13: U2: With Or Without You (1987)
14: Metallica: Enter Sandman (1991)
15: Ozzy Osbourne: Crazy Train (1980)
16: AC/DC: Back In Black (1980)
17: Aerosmith: Walk This Way (1975)
18: Queen: Killer Queen (1974)
19: Derek And The Dominoes: Layla (1970)
20: The Beatles: Day Tripper (1965)

21: Muddy Waters: Mannish Boy (1955)
22: Queens Of The Stone Age: No One Knows (2002)
23: Dire Straits: Money For Nothing (1985)
24: The Smiths: This Charming Man (1983)
25: Van Halen: Ain’t Talkin’ ‘Bout Love (1978)
26: Heart: Barracuda (1977)
27: The Sex Pistols: Pretty Vacant (1977)
28: Sister Rosetta Tharpe: Above My Head (I Hear Music In The Air) (1947)
29: Howlin’ Wolf: Smokestack Lightnin’ (1956)
30: Judas Priest: Breaking The Law (1980)

31: The Smashing Pumpkins: Today (1993)
32: Bonnie Raitt: Something To Talk About (1991)
33: Joan Armatrading: Steppin’ Out (1976)
34: Hole: Celebrity Skin (1998)
35: John Lee Hooker: Boogie Chillen’ (1948)
36: The Who: I Can’t Explain (1971)
37: Free: All Right Now (1970)
38: Poison Ivy: What’s Inside a Girl (2006)
39: Grant Green: Idle Moments (1963)
40: Kristin Hersh: Your Dirty Answer (2001)

1:ニルヴァーナ 『スメルズ・ライク・ティーン・スピリット』(1991年)
レコーディングから30年近く経った今でも、ニルヴァーナの代表曲「Smells Like Teen Spirit」は生々しくエキサイティングなサウンドだ。カート・コバーンは、このギター・リフを思いついた時、「究極のポップ・ソング」を書こうとしていた。彼はまた、ピクシーズのスタイルで何かを書きたかったようで、1994年に『ローリング・ストーン』誌に「僕は基本的にピクシーズをパクろうとしてたんだ。認めざるを得ないよ」と話した。
リフの4コード・パターンは独創性に欠けるが、曲の静かさと大きさのダイナミックなコントラスト、そしてコバーンの直感的な表現が、90年代最高のギター・リフのひとつとしての威力を高めている。

65:

>>1 Published on November 27, 2023 By Martin Chilton (uDiscoverMusic) ※DeepL翻訳 ※全文は引用元サイトをご覧ください。
https://www.udiscovermusic.com/stories/best-guitar-riffs/

現代の名曲の中には、「(I Can't Get No) Satisfaction)」や「Smoke On The Water」のように、力強い歌詞と同じくらい、その特徴的なギター・リックに心を打たれるものがある。ギター・リフはしばしば曲の冒頭を飾り、反復するメロディーの主軸を形成するもので、何十年もの間、ブルース、ロックンロール、さらにはパンクの曲の中核をなしてきた。
初期のジャズ・ギタリスト(戦前のベニー・グッドマン6重奏団のチャーリー・クリスチャンなど)はリフの先駆者であり、チェット・アトキンス、T・ボーン・ウォーカー、ジミ・ヘンドリックスからヴァン・ヘイレン、U2のジ・エッジ、ブラック・サバスのトニー・アイオミ、ラッシュのアレックス・ライフソンまで、後に続く偉大なギタリストたちへの道を切り開いた。
他にも何百人もの超一流ギタリストが、史上最高のギター・リフに数えられるにふさわしい名曲を残しており、私たちはチャック・ベリーやエリック・クラプトンの傑作を選んだ。


■40 Of The Best Guitar Riffs Of All Time

1: Nirvana: Smells Like Teen Spirit (1991)  

2: Chuck Berry: Johnny B Goode (1958)  

3: The Rolling Stones: (I Can’t Get No) Satisfaction) (1965)  

4: Deep Purple: Smoke On The Water (1972)
5: Guns N’ Roses: Sweet Child O’ Mine (1988)
6: Link Wray: Rumble (1958)
7: Led Zeppelin: Whole Lotta Love (1969)
8: The Jimi Hendrix Experience: Purple Haze (1967)
9: ZZ Top: La Grange (1973)
10: The Kinks: You Really Got Me (1964)

11: Rush: Tom Sawyer (1981)
12: Tom Petty: Free Fallin’ (1981)
13: U2: With Or Without You (1987)
14: Metallica: Enter Sandman (1991)
15: Ozzy Osbourne: Crazy Train (1980)
16: AC/DC: Back In Black (1980)
17: Aerosmith: Walk This Way (1975)
18: Queen: Killer Queen (1974)
19: Derek And The Dominoes: Layla (1970)
20: The Beatles: Day Tripper (1965)

21: Muddy Waters: Mannish Boy (1955)
22: Queens Of The Stone Age: No One Knows (2002)
23: Dire Straits: Money For Nothing (1985)
24: The Smiths: This Charming Man (1983)
25: Van Halen: Ain’t Talkin’ ‘Bout Love (1978)
26: Heart: Barracuda (1977)
27: The Sex Pistols: Pretty Vacant (1977)
28: Sister Rosetta Tharpe: Above My Head (I Hear Music In The Air) (1947)
29: Howlin’ Wolf: Smokestack Lightnin’ (1956)
30: Judas Priest: Breaking The Law (1980)

31: The Smashing Pumpkins: Today (1993)
32: Bonnie Raitt: Something To Talk About (1991)
33: Joan Armatrading: Steppin’ Out (1976)
34: Hole: Celebrity Skin (1998)
35: John Lee Hooker: Boogie Chillen’ (1948)
36: The Who: I Can’t Explain (1971)
37: Free: All Right Now (1970)
38: Poison Ivy: What’s Inside a Girl (2006)
39: Grant Green: Idle Moments (1963)
40: Kristin Hersh: Your Dirty Answer (2001)

1:ニルヴァーナ 『スメルズ・ライク・ティーン・スピリット』(1991年)
レコーディングから30年近く経った今でも、ニルヴァーナの代表曲「Smells Like Teen Spirit」は生々しくエキサイティングなサウンドだ。カート・コバーンは、このギター・リフを思いついた時、「究極のポップ・ソング」を書こうとしていた。彼はまた、ピクシーズのスタイルで何かを書きたかったようで、1994年に『ローリング・ストーン』誌に「僕は基本的にピクシーズをパクろうとしてたんだ。認めざるを得ないよ」と話した。
リフの4コード・パターンは独創性に欠けるが、曲の静かさと大きさのダイナミックなコントラスト、そしてコバーンの直感的な表現が、90年代最高のギター・リフのひとつとしての威力を高めている。


ナーヴァナ、な
俺ネイティブアメリカンだからニルヴァーナって発音してる奴みるとイラッとくるんだわ

70:

>>65 ナーヴァナ、な
俺ネイティブアメリカンだからニルヴァーナって発音してる奴みるとイラッとくるんだわ


https://youtu.be/s6hiQyRf34g?si=Xz9TGE4gggP23Wh8

719:

>>65 ナーヴァナ、な
俺ネイティブアメリカンだからニルヴァーナって発音してる奴みるとイラッとくるんだわ


「ニルヴァナ」だよ(ヴァにアクセント)
小林克也もそう呼んでる

722:

>>719 「ニルヴァナ」だよ(ヴァにアクセント)
小林克也もそう呼んでる


ナァヴァーナ

ヴァにアクセント

86:

>>1 Published on November 27, 2023 By Martin Chilton (uDiscoverMusic) ※DeepL翻訳 ※全文は引用元サイトをご覧ください。
https://www.udiscovermusic.com/stories/best-guitar-riffs/

現代の名曲の中には、「(I Can't Get No) Satisfaction)」や「Smoke On The Water」のように、力強い歌詞と同じくらい、その特徴的なギター・リックに心を打たれるものがある。ギター・リフはしばしば曲の冒頭を飾り、反復するメロディーの主軸を形成するもので、何十年もの間、ブルース、ロックンロール、さらにはパンクの曲の中核をなしてきた。
初期のジャズ・ギタリスト(戦前のベニー・グッドマン6重奏団のチャーリー・クリスチャンなど)はリフの先駆者であり、チェット・アトキンス、T・ボーン・ウォーカー、ジミ・ヘンドリックスからヴァン・ヘイレン、U2のジ・エッジ、ブラック・サバスのトニー・アイオミ、ラッシュのアレックス・ライフソンまで、後に続く偉大なギタリストたちへの道を切り開いた。
他にも何百人もの超一流ギタリストが、史上最高のギター・リフに数えられるにふさわしい名曲を残しており、私たちはチャック・ベリーやエリック・クラプトンの傑作を選んだ。


■40 Of The Best Guitar Riffs Of All Time

1: Nirvana: Smells Like Teen Spirit (1991)  

2: Chuck Berry: Johnny B Goode (1958)  

3: The Rolling Stones: (I Can’t Get No) Satisfaction) (1965)  

4: Deep Purple: Smoke On The Water (1972)
5: Guns N’ Roses: Sweet Child O’ Mine (1988)
6: Link Wray: Rumble (1958)
7: Led Zeppelin: Whole Lotta Love (1969)
8: The Jimi Hendrix Experience: Purple Haze (1967)
9: ZZ Top: La Grange (1973)
10: The Kinks: You Really Got Me (1964)

11: Rush: Tom Sawyer (1981)
12: Tom Petty: Free Fallin’ (1981)
13: U2: With Or Without You (1987)
14: Metallica: Enter Sandman (1991)
15: Ozzy Osbourne: Crazy Train (1980)
16: AC/DC: Back In Black (1980)
17: Aerosmith: Walk This Way (1975)
18: Queen: Killer Queen (1974)
19: Derek And The Dominoes: Layla (1970)
20: The Beatles: Day Tripper (1965)

21: Muddy Waters: Mannish Boy (1955)
22: Queens Of The Stone Age: No One Knows (2002)
23: Dire Straits: Money For Nothing (1985)
24: The Smiths: This Charming Man (1983)
25: Van Halen: Ain’t Talkin’ ‘Bout Love (1978)
26: Heart: Barracuda (1977)
27: The Sex Pistols: Pretty Vacant (1977)
28: Sister Rosetta Tharpe: Above My Head (I Hear Music In The Air) (1947)
29: Howlin’ Wolf: Smokestack Lightnin’ (1956)
30: Judas Priest: Breaking The Law (1980)

31: The Smashing Pumpkins: Today (1993)
32: Bonnie Raitt: Something To Talk About (1991)
33: Joan Armatrading: Steppin’ Out (1976)
34: Hole: Celebrity Skin (1998)
35: John Lee Hooker: Boogie Chillen’ (1948)
36: The Who: I Can’t Explain (1971)
37: Free: All Right Now (1970)
38: Poison Ivy: What’s Inside a Girl (2006)
39: Grant Green: Idle Moments (1963)
40: Kristin Hersh: Your Dirty Answer (2001)

1:ニルヴァーナ 『スメルズ・ライク・ティーン・スピリット』(1991年)
レコーディングから30年近く経った今でも、ニルヴァーナの代表曲「Smells Like Teen Spirit」は生々しくエキサイティングなサウンドだ。カート・コバーンは、このギター・リフを思いついた時、「究極のポップ・ソング」を書こうとしていた。彼はまた、ピクシーズのスタイルで何かを書きたかったようで、1994年に『ローリング・ストーン』誌に「僕は基本的にピクシーズをパクろうとしてたんだ。認めざるを得ないよ」と話した。
リフの4コード・パターンは独創性に欠けるが、曲の静かさと大きさのダイナミックなコントラスト、そしてコバーンの直感的な表現が、90年代最高のギター・リフのひとつとしての威力を高めている。


1位はご冗談でしょ??

98:

なにギターリフって?

>>1 Published on November 27, 2023 By Martin Chilton (uDiscoverMusic) ※DeepL翻訳 ※全文は引用元サイトをご覧ください。
https://www.udiscovermusic.com/stories/best-guitar-riffs/

現代の名曲の中には、「(I Can't Get No) Satisfaction)」や「Smoke On The Water」のように、力強い歌詞と同じくらい、その特徴的なギター・リックに心を打たれるものがある。ギター・リフはしばしば曲の冒頭を飾り、反復するメロディーの主軸を形成するもので、何十年もの間、ブルース、ロックンロール、さらにはパンクの曲の中核をなしてきた。
初期のジャズ・ギタリスト(戦前のベニー・グッドマン6重奏団のチャーリー・クリスチャンなど)はリフの先駆者であり、チェット・アトキンス、T・ボーン・ウォーカー、ジミ・ヘンドリックスからヴァン・ヘイレン、U2のジ・エッジ、ブラック・サバスのトニー・アイオミ、ラッシュのアレックス・ライフソンまで、後に続く偉大なギタリストたちへの道を切り開いた。
他にも何百人もの超一流ギタリストが、史上最高のギター・リフに数えられるにふさわしい名曲を残しており、私たちはチャック・ベリーやエリック・クラプトンの傑作を選んだ。


■40 Of The Best Guitar Riffs Of All Time

1: Nirvana: Smells Like Teen Spirit (1991)  

2: Chuck Berry: Johnny B Goode (1958)  

3: The Rolling Stones: (I Can’t Get No) Satisfaction) (1965)  

4: Deep Purple: Smoke On The Water (1972)
5: Guns N’ Roses: Sweet Child O’ Mine (1988)
6: Link Wray: Rumble (1958)
7: Led Zeppelin: Whole Lotta Love (1969)
8: The Jimi Hendrix Experience: Purple Haze (1967)
9: ZZ Top: La Grange (1973)
10: The Kinks: You Really Got Me (1964)

11: Rush: Tom Sawyer (1981)
12: Tom Petty: Free Fallin’ (1981)
13: U2: With Or Without You (1987)
14: Metallica: Enter Sandman (1991)
15: Ozzy Osbourne: Crazy Train (1980)
16: AC/DC: Back In Black (1980)
17: Aerosmith: Walk This Way (1975)
18: Queen: Killer Queen (1974)
19: Derek And The Dominoes: Layla (1970)
20: The Beatles: Day Tripper (1965)

21: Muddy Waters: Mannish Boy (1955)
22: Queens Of The Stone Age: No One Knows (2002)
23: Dire Straits: Money For Nothing (1985)
24: The Smiths: This Charming Man (1983)
25: Van Halen: Ain’t Talkin’ ‘Bout Love (1978)
26: Heart: Barracuda (1977)
27: The Sex Pistols: Pretty Vacant (1977)
28: Sister Rosetta Tharpe: Above My Head (I Hear Music In The Air) (1947)
29: Howlin’ Wolf: Smokestack Lightnin’ (1956)
30: Judas Priest: Breaking The Law (1980)

31: The Smashing Pumpkins: Today (1993)
32: Bonnie Raitt: Something To Talk About (1991)
33: Joan Armatrading: Steppin’ Out (1976)
34: Hole: Celebrity Skin (1998)
35: John Lee Hooker: Boogie Chillen’ (1948)
36: The Who: I Can’t Explain (1971)
37: Free: All Right Now (1970)
38: Poison Ivy: What’s Inside a Girl (2006)
39: Grant Green: Idle Moments (1963)
40: Kristin Hersh: Your Dirty Answer (2001)

1:ニルヴァーナ 『スメルズ・ライク・ティーン・スピリット』(1991年)
レコーディングから30年近く経った今でも、ニルヴァーナの代表曲「Smells Like Teen Spirit」は生々しくエキサイティングなサウンドだ。カート・コバーンは、このギター・リフを思いついた時、「究極のポップ・ソング」を書こうとしていた。彼はまた、ピクシーズのスタイルで何かを書きたかったようで、1994年に『ローリング・ストーン』誌に「僕は基本的にピクシーズをパクろうとしてたんだ。認めざるを得ないよ」と話した。
リフの4コード・パターンは独創性に欠けるが、曲の静かさと大きさのダイナミックなコントラスト、そしてコバーンの直感的な表現が、90年代最高のギター・リフのひとつとしての威力を高めている。

の説明が下手なのか意味がよくわからんのだけど イントロのこと???

303:

>>98の説明が下手なのか意味がよくわからんのだけど イントロのこと???


ブルースだのブキーだのは
そもそもそういうギター曲であって
ロックンロールならチャックベリーで
エルモアとか全曲同じリフとかなwww

これロックのギターリフでの名曲選?
じゃないと変だし、一人一曲では漏れがでるし、そればっかしの奴は、アレ? だな。

491:

>>1 Published on November 27, 2023 By Martin Chilton (uDiscoverMusic) ※DeepL翻訳 ※全文は引用元サイトをご覧ください。
https://www.udiscovermusic.com/stories/best-guitar-riffs/

現代の名曲の中には、「(I Can't Get No) Satisfaction)」や「Smoke On The Water」のように、力強い歌詞と同じくらい、その特徴的なギター・リックに心を打たれるものがある。ギター・リフはしばしば曲の冒頭を飾り、反復するメロディーの主軸を形成するもので、何十年もの間、ブルース、ロックンロール、さらにはパンクの曲の中核をなしてきた。
初期のジャズ・ギタリスト(戦前のベニー・グッドマン6重奏団のチャーリー・クリスチャンなど)はリフの先駆者であり、チェット・アトキンス、T・ボーン・ウォーカー、ジミ・ヘンドリックスからヴァン・ヘイレン、U2のジ・エッジ、ブラック・サバスのトニー・アイオミ、ラッシュのアレックス・ライフソンまで、後に続く偉大なギタリストたちへの道を切り開いた。
他にも何百人もの超一流ギタリストが、史上最高のギター・リフに数えられるにふさわしい名曲を残しており、私たちはチャック・ベリーやエリック・クラプトンの傑作を選んだ。


■40 Of The Best Guitar Riffs Of All Time

1: Nirvana: Smells Like Teen Spirit (1991)  

2: Chuck Berry: Johnny B Goode (1958)  

3: The Rolling Stones: (I Can’t Get No) Satisfaction) (1965)  

4: Deep Purple: Smoke On The Water (1972)
5: Guns N’ Roses: Sweet Child O’ Mine (1988)
6: Link Wray: Rumble (1958)
7: Led Zeppelin: Whole Lotta Love (1969)
8: The Jimi Hendrix Experience: Purple Haze (1967)
9: ZZ Top: La Grange (1973)
10: The Kinks: You Really Got Me (1964)

11: Rush: Tom Sawyer (1981)
12: Tom Petty: Free Fallin’ (1981)
13: U2: With Or Without You (1987)
14: Metallica: Enter Sandman (1991)
15: Ozzy Osbourne: Crazy Train (1980)
16: AC/DC: Back In Black (1980)
17: Aerosmith: Walk This Way (1975)
18: Queen: Killer Queen (1974)
19: Derek And The Dominoes: Layla (1970)
20: The Beatles: Day Tripper (1965)

21: Muddy Waters: Mannish Boy (1955)
22: Queens Of The Stone Age: No One Knows (2002)
23: Dire Straits: Money For Nothing (1985)
24: The Smiths: This Charming Man (1983)
25: Van Halen: Ain’t Talkin’ ‘Bout Love (1978)
26: Heart: Barracuda (1977)
27: The Sex Pistols: Pretty Vacant (1977)
28: Sister Rosetta Tharpe: Above My Head (I Hear Music In The Air) (1947)
29: Howlin’ Wolf: Smokestack Lightnin’ (1956)
30: Judas Priest: Breaking The Law (1980)

31: The Smashing Pumpkins: Today (1993)
32: Bonnie Raitt: Something To Talk About (1991)
33: Joan Armatrading: Steppin’ Out (1976)
34: Hole: Celebrity Skin (1998)
35: John Lee Hooker: Boogie Chillen’ (1948)
36: The Who: I Can’t Explain (1971)
37: Free: All Right Now (1970)
38: Poison Ivy: What’s Inside a Girl (2006)
39: Grant Green: Idle Moments (1963)
40: Kristin Hersh: Your Dirty Answer (2001)

1:ニルヴァーナ 『スメルズ・ライク・ティーン・スピリット』(1991年)
レコーディングから30年近く経った今でも、ニルヴァーナの代表曲「Smells Like Teen Spirit」は生々しくエキサイティングなサウンドだ。カート・コバーンは、このギター・リフを思いついた時、「究極のポップ・ソング」を書こうとしていた。彼はまた、ピクシーズのスタイルで何かを書きたかったようで、1994年に『ローリング・ストーン』誌に「僕は基本的にピクシーズをパクろうとしてたんだ。認めざるを得ないよ」と話した。
リフの4コード・パターンは独創性に欠けるが、曲の静かさと大きさのダイナミックなコントラスト、そしてコバーンの直感的な表現が、90年代最高のギター・リフのひとつとしての威力を高めている。


新しいものが生まれてこないって結論だな

581:

>>1 Published on November 27, 2023 By Martin Chilton (uDiscoverMusic) ※DeepL翻訳 ※全文は引用元サイトをご覧ください。
https://www.udiscovermusic.com/stories/best-guitar-riffs/

現代の名曲の中には、「(I Can't Get No) Satisfaction)」や「Smoke On The Water」のように、力強い歌詞と同じくらい、その特徴的なギター・リックに心を打たれるものがある。ギター・リフはしばしば曲の冒頭を飾り、反復するメロディーの主軸を形成するもので、何十年もの間、ブルース、ロックンロール、さらにはパンクの曲の中核をなしてきた。
初期のジャズ・ギタリスト(戦前のベニー・グッドマン6重奏団のチャーリー・クリスチャンなど)はリフの先駆者であり、チェット・アトキンス、T・ボーン・ウォーカー、ジミ・ヘンドリックスからヴァン・ヘイレン、U2のジ・エッジ、ブラック・サバスのトニー・アイオミ、ラッシュのアレックス・ライフソンまで、後に続く偉大なギタリストたちへの道を切り開いた。
他にも何百人もの超一流ギタリストが、史上最高のギター・リフに数えられるにふさわしい名曲を残しており、私たちはチャック・ベリーやエリック・クラプトンの傑作を選んだ。


■40 Of The Best Guitar Riffs Of All Time

1: Nirvana: Smells Like Teen Spirit (1991)  

2: Chuck Berry: Johnny B Goode (1958)  

3: The Rolling Stones: (I Can’t Get No) Satisfaction) (1965)  

4: Deep Purple: Smoke On The Water (1972)
5: Guns N’ Roses: Sweet Child O’ Mine (1988)
6: Link Wray: Rumble (1958)
7: Led Zeppelin: Whole Lotta Love (1969)
8: The Jimi Hendrix Experience: Purple Haze (1967)
9: ZZ Top: La Grange (1973)
10: The Kinks: You Really Got Me (1964)

11: Rush: Tom Sawyer (1981)
12: Tom Petty: Free Fallin’ (1981)
13: U2: With Or Without You (1987)
14: Metallica: Enter Sandman (1991)
15: Ozzy Osbourne: Crazy Train (1980)
16: AC/DC: Back In Black (1980)
17: Aerosmith: Walk This Way (1975)
18: Queen: Killer Queen (1974)
19: Derek And The Dominoes: Layla (1970)
20: The Beatles: Day Tripper (1965)

21: Muddy Waters: Mannish Boy (1955)
22: Queens Of The Stone Age: No One Knows (2002)
23: Dire Straits: Money For Nothing (1985)
24: The Smiths: This Charming Man (1983)
25: Van Halen: Ain’t Talkin’ ‘Bout Love (1978)
26: Heart: Barracuda (1977)
27: The Sex Pistols: Pretty Vacant (1977)
28: Sister Rosetta Tharpe: Above My Head (I Hear Music In The Air) (1947)
29: Howlin’ Wolf: Smokestack Lightnin’ (1956)
30: Judas Priest: Breaking The Law (1980)

31: The Smashing Pumpkins: Today (1993)
32: Bonnie Raitt: Something To Talk About (1991)
33: Joan Armatrading: Steppin’ Out (1976)
34: Hole: Celebrity Skin (1998)
35: John Lee Hooker: Boogie Chillen’ (1948)
36: The Who: I Can’t Explain (1971)
37: Free: All Right Now (1970)
38: Poison Ivy: What’s Inside a Girl (2006)
39: Grant Green: Idle Moments (1963)
40: Kristin Hersh: Your Dirty Answer (2001)

1:ニルヴァーナ 『スメルズ・ライク・ティーン・スピリット』(1991年)
レコーディングから30年近く経った今でも、ニルヴァーナの代表曲「Smells Like Teen Spirit」は生々しくエキサイティングなサウンドだ。カート・コバーンは、このギター・リフを思いついた時、「究極のポップ・ソング」を書こうとしていた。彼はまた、ピクシーズのスタイルで何かを書きたかったようで、1994年に『ローリング・ストーン』誌に「僕は基本的にピクシーズをパクろうとしてたんだ。認めざるを得ないよ」と話した。
リフの4コード・パターンは独創性に欠けるが、曲の静かさと大きさのダイナミックなコントラスト、そしてコバーンの直感的な表現が、90年代最高のギター・リフのひとつとしての威力を高めている。


ニルヴァーナの過大評価は程があるな

音楽性の欠片も感じない

583:

イントロのリフのランキングな
リードギターではなくて

ストーンズならunder my thumb など

>>1 Published on November 27, 2023 By Martin Chilton (uDiscoverMusic) ※DeepL翻訳 ※全文は引用元サイトをご覧ください。
https://www.udiscovermusic.com/stories/best-guitar-riffs/

現代の名曲の中には、「(I Can't Get No) Satisfaction)」や「Smoke On The Water」のように、力強い歌詞と同じくらい、その特徴的なギター・リックに心を打たれるものがある。ギター・リフはしばしば曲の冒頭を飾り、反復するメロディーの主軸を形成するもので、何十年もの間、ブルース、ロックンロール、さらにはパンクの曲の中核をなしてきた。
初期のジャズ・ギタリスト(戦前のベニー・グッドマン6重奏団のチャーリー・クリスチャンなど)はリフの先駆者であり、チェット・アトキンス、T・ボーン・ウォーカー、ジミ・ヘンドリックスからヴァン・ヘイレン、U2のジ・エッジ、ブラック・サバスのトニー・アイオミ、ラッシュのアレックス・ライフソンまで、後に続く偉大なギタリストたちへの道を切り開いた。
他にも何百人もの超一流ギタリストが、史上最高のギター・リフに数えられるにふさわしい名曲を残しており、私たちはチャック・ベリーやエリック・クラプトンの傑作を選んだ。


■40 Of The Best Guitar Riffs Of All Time

1: Nirvana: Smells Like Teen Spirit (1991)  

2: Chuck Berry: Johnny B Goode (1958)  

3: The Rolling Stones: (I Can’t Get No) Satisfaction) (1965)  

4: Deep Purple: Smoke On The Water (1972)
5: Guns N’ Roses: Sweet Child O’ Mine (1988)
6: Link Wray: Rumble (1958)
7: Led Zeppelin: Whole Lotta Love (1969)
8: The Jimi Hendrix Experience: Purple Haze (1967)
9: ZZ Top: La Grange (1973)
10: The Kinks: You Really Got Me (1964)

11: Rush: Tom Sawyer (1981)
12: Tom Petty: Free Fallin’ (1981)
13: U2: With Or Without You (1987)
14: Metallica: Enter Sandman (1991)
15: Ozzy Osbourne: Crazy Train (1980)
16: AC/DC: Back In Black (1980)
17: Aerosmith: Walk This Way (1975)
18: Queen: Killer Queen (1974)
19: Derek And The Dominoes: Layla (1970)
20: The Beatles: Day Tripper (1965)

21: Muddy Waters: Mannish Boy (1955)
22: Queens Of The Stone Age: No One Knows (2002)
23: Dire Straits: Money For Nothing (1985)
24: The Smiths: This Charming Man (1983)
25: Van Halen: Ain’t Talkin’ ‘Bout Love (1978)
26: Heart: Barracuda (1977)
27: The Sex Pistols: Pretty Vacant (1977)
28: Sister Rosetta Tharpe: Above My Head (I Hear Music In The Air) (1947)
29: Howlin’ Wolf: Smokestack Lightnin’ (1956)
30: Judas Priest: Breaking The Law (1980)

31: The Smashing Pumpkins: Today (1993)
32: Bonnie Raitt: Something To Talk About (1991)
33: Joan Armatrading: Steppin’ Out (1976)
34: Hole: Celebrity Skin (1998)
35: John Lee Hooker: Boogie Chillen’ (1948)
36: The Who: I Can’t Explain (1971)
37: Free: All Right Now (1970)
38: Poison Ivy: What’s Inside a Girl (2006)
39: Grant Green: Idle Moments (1963)
40: Kristin Hersh: Your Dirty Answer (2001)

1:ニルヴァーナ 『スメルズ・ライク・ティーン・スピリット』(1991年)
レコーディングから30年近く経った今でも、ニルヴァーナの代表曲「Smells Like Teen Spirit」は生々しくエキサイティングなサウンドだ。カート・コバーンは、このギター・リフを思いついた時、「究極のポップ・ソング」を書こうとしていた。彼はまた、ピクシーズのスタイルで何かを書きたかったようで、1994年に『ローリング・ストーン』誌に「僕は基本的にピクシーズをパクろうとしてたんだ。認めざるを得ないよ」と話した。
リフの4コード・パターンは独創性に欠けるが、曲の静かさと大きさのダイナミックなコントラスト、そしてコバーンの直感的な表現が、90年代最高のギター・リフのひとつとしての威力を高めている。

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

151:

5: Guns N’ Roses: Sweet Child O’ Mine (1988)
これを選んだのはわからんな

13: U2: With Or Without You (1987)
これも。ディレイ具合が際立ってるから?そもそもこれをリフと呼んでいいのか?w

285:

>>151 5: Guns N’ Roses: Sweet Child O’ Mine (1988)
これを選んだのはわからんな

13: U2: With Or Without You (1987)
これも。ディレイ具合が際立ってるから?そもそもこれをリフと呼んでいいのか?w


ガンズならこれよりWelcomeToTheJungleとかYouCouldBeMineとかだしU2ならTheStreetHasNoNameとかTheFlyとかだよな

290:

>>151 5: Guns N’ Roses: Sweet Child O’ Mine (1988)
これを選んだのはわからんな

13: U2: With Or Without You (1987)
これも。ディレイ具合が際立ってるから?そもそもこれをリフと呼んでいいのか?w


U2のギタリストはディレイの使い方が上手いからそれでいいと思う。ガンズはウェルカム・トゥ・ジャングルだと思う

415:

これ去年もやってたよね
クイーンの「地獄へ道づれ」 (Another One Bites the Dust) が
ランクインしていて「あれはベースだろ」と書き込んだら
「リフっていうのは最初だけじゃなく曲の後半で出てきたりもするんだよ」
って教えてもらった記憶

460:

>>415 これ去年もやってたよね
クイーンの「地獄へ道づれ」 (Another One Bites the Dust) が
ランクインしていて「あれはベースだろ」と書き込んだら
「リフっていうのは最初だけじゃなく曲の後半で出てきたりもするんだよ」
って教えてもらった記憶


Fleetwood Mac - The Chain (Official Audio)


アウトロのリフがかっこよすぎて30年以上BBCのF1中継のOPに使われている

567:

>18: Queen: Killer Queen (1974)

ギターリフなんかあったか?

586:

>>567 >18: Queen: Killer Queen (1974)

ギターリフなんかあったか?


タターンタタタターン
たたーたたたたーん

のとこやろ

647:

全然同意できねー
サティスファクションだったら、ブラウンシュガーやスタート・ミー・アップの方が余程最高のリフだし
パープル・ヘイズだったらヴードゥーチャイルド(スライトリターン)の方が良い

699:

史上最高のTOPを40撰んじゃう
のが、アレだけど

スモーク&ウォーター じゃない?
20センチュリーボーイが次

80年以後だと時代遅れ感出るかも。
キャッチーとかミーちゃんケーちゃん
あ、日本ならUFO? ギターだっけ?

747:

6: Link Wray: Rumble (1958)
誰?

752:

>>747 6: Link Wray: Rumble (1958)
誰?


聴いてみたら分かるけどクソうるせーぞリンクレイ
1958年であれは凄いわ

770:

>>752 聴いてみたら分かるけどクソうるせーぞリンクレイ
1958年であれは凄いわ


"Rumble"はR & Rインストのスタンダード
これ以外のLink Wrayといったら"Rawhide", "Jack the Ripper"も欠かせない。
あの有名な"Rawhide"とは同名異曲。このLink WrayのほうはThe Venturesも
アルバムでカヴァーしている。

748:

こここれからは
おまえらの時代だっ。。(親分

838:

ん?

>13: U2: With Or Without You (1987)

857:

>>838 ん?

>13: U2: With Or Without You (1987)


一応最初のサビのディレイのカッティングがリフになってはいるな
2回目はリフにはなってない
アウトロで初めのサビのリフが来る
もしかしてベース「ギター」のリフだったりw

902:

ディープパープルはツェッペリンが2枚目で終わったようなバンド
だからその後のツェッペリンにあった中世ファンタジーみたいなギミックがない

その後のツェッペリンぽいのはレインボー(笑)

923:

これだ。

Arctic Monkeys - Do I Wanna Know? (Official Video)

945:

>>923 これだ。

Arctic Monkeys - Do I Wanna Know? (Official Video)


いいね

925:

Red Hot Chili Peppers - Can't Stop [Official Music Video]


うん。

GAMMA RAY Time to Break Free (Remastered)


こんなんどうだろ?

930:

>>925 Red Hot Chili Peppers - Can't Stop [Official Music Video]


うん。

GAMMA RAY Time to Break Free (Remastered)


こんなんどうだろ?


お前はいつもベタベタ貼りすぎ

932:

Marilyn Manson - Rock Is Dead (Official Video)


Gamma Ray- No Return


このあたりはかなり聴いたわ。

933:

パープルのライヴ・イン・ジャパンの
Highway Starのイントロ部分?
あれは実演ロックにおける最も美しい瞬間の連続の一つ
とすら思ってる(イントロ部分だけw)
スモーク・オン・ザ・ウォーター?
昔からあのノリは恥ずかしく感じてた

967:

マリノのインパクトないのおかしくね?
日本を代表する技巧派ギタリストの大谷レイブン氏が当時、イングヴェイ来日時前座をやった関係で、ステージ裏に侵入し、ギターの状態を確認したところ
『弦高チョー低い!08~のセットでもヌルいのに弦の張り方ベロベロ・・
早くてかつ、ビブラートが凄いと思ってたのにこれじゃ誰でも簡単にビブラートかかるわ!』
て、某メタル雑誌のコラムに書いてたくらい偉大なリフメーカーなのに
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1701637242

Comments 0

コメントはまだありません。