札幌ドームから移転した日本ハム 26億円の営業利益を生んだ新球場「エスコンフィールド北海道」効果 - スポーツ
げいのうまとめんぬ

札幌ドームから移転した日本ハム 26億円の営業利益を生んだ新球場「エスコンフィールド北海道」効果

2023/12/02
スポーツ 0
  • 12/1(金) 7:05配信 VICTORY 今季パ・リーグで2年連続の最下位に終わった北海道日本ハムファイターズ。
  • しかし、球団経営の観点からは、大きな飛躍を遂げたシーズンとなった。
  • 2023年3月30日に北広島市に開業した新球場「エスコンフィールド北海道」が大きな話題を呼び、営業利益を大幅に押し上げる結果となったのだ。
  • 新球場を運営する株式会社ファイターズスポーツ&エンターテイメント(FSE、球団が34.17%、日本ハムが32.91%の株式を保有)は先日、球場を含む「北海道ボールパークFビレッジ」の開業後の状況報告会を開催。
  • プレオープンの3月12日から9月30日までの203日間で来場者が303万人(1日平均1万4942人)に達し、目標に掲げていた300万人の大台をホーム最終戦が行われた9月28日に突破したことを発表した。
  • 親会社である日本ハム株式会社も2023年9月中間連結決算で、本業の儲けを示す事業利益が前年同期比64.2%増の249億6300万円に拡大。
  • その経営的躍進の要因として挙げられるのが、球場を自前で建築するという思い切った策だ。
  • そこで日本ハム球団は、「指定管理業者」になったり、球場の運営会社を買収したりといった、これまで他球団が行ってきた施策から、さらに一歩踏み込んだ経営改革の一手として新球場建設を選択。
  • 毎試合後、来場者に実施したアンケートでは試合の勝敗にかかわらず再来場を希望する顧客が多く、そうした取り組みが営業利益の向上を強く後押ししたといえる。
  • こうしたスピード感を持った対応ができたのも、自前の球場として運営するからこそだろう。

1:

12/1(金) 7:05配信
VICTORY

 今季パ・リーグで2年連続の最下位に終わった北海道日本ハムファイターズ。しかし、球団経営の観点からは、大きな飛躍を遂げたシーズンとなった。2023年3月30日に北広島市に開業した新球場「エスコンフィールド北海道」が大きな話題を呼び、営業利益を大幅に押し上げる結果となったのだ。

 新球場を運営する株式会社ファイターズスポーツ&エンターテイメント(FSE、球団が34.17%、日本ハムが32.91%の株式を保有)は先日、球場を含む「北海道ボールパークFビレッジ」の開業後の状況報告会を開催。プレオープンの3月12日から9月30日までの203日間で来場者が303万人(1日平均1万4942人)に達し、目標に掲げていた300万人の大台をホーム最終戦が行われた9月28日に突破したことを発表した。

 野球が開催された日はもちろん、試合がない日も無料で入場できるFビレッジ。非試合開催日の来場者数は平日で4500人、休日で1万500人規模という多さで、地元だけでなく東京など道外からの来場者が札幌ドーム時代の10%から28%と大幅に増加するなど、まさに行楽地化、観光地化に成功した形だ。その結果、収益構造が大きく変容。札幌ドームを本拠地としていたコロナ禍前の2019年に9億5000万円だった営業利益は26億円となる見込みだ。

 親会社である日本ハム株式会社も2023年9月中間連結決算で、本業の儲けを示す事業利益が前年同期比64.2%増の249億6300万円に拡大。「シャウエッセン」などで知られるハムソーセージなどを扱う「加工事業本部」による約29億円よりも多い、前年比3.3倍増の62億7700万円の利益をたたき出した球団関連の「ボールパーク・その他」事業が、牽引役として大きく寄与したことを公表している。

 その経営的躍進の要因として挙げられるのが、球場を自前で建築するという思い切った策だ。札幌市所有で第三セクターが運営していた前本拠地・札幌ドームでは年間13億円といわれる高額な「家賃(球場使用料)」を支払い、広告や飲食の売り上げも入らないことから、球団経営は大きく圧迫されていた。日本ハムの試合で、伊藤ハムのソーセージを使ったホットドッグが売られている・・・などという笑えない話もあったほど。サッカーやコンサートなど多目的な使用を想定したドームの環境は、野球観戦の臨場感を損なうとの意見も出ていたが、「借家」である以上、球団主導の改修などにも限界があった。

 そこで 日本ハム球団は、「指定管理業者」になったり、球場の運営会社を買収したりといった、これまで他球団が行ってきた施策から、さらに一歩踏み込んだ経営改革の一手として新球場建設を選択。これが会心のヒットとなった。座席やビジョンによる演出など観戦環境の向上を図ったのはもちろん、球場内にクラフトビール醸造レストラン、ホテルや温浴・サウナ施設までオープンさせるなど、自前の球場を持つことで野球以外のさまざまな楽しみを来場者に提供することが可能となった。毎試合後、来場者に実施したアンケートでは試合の勝敗にかかわらず再来場を希望する顧客が多く、そうした取り組みが営業利益の向上を強く後押ししたといえる。

 また、開幕直後は最寄りのJR北広島駅まで徒歩で約20分かかる立地や、駐車場の少なさなどアクセスの悪さが指摘されていたが、シャトルバスによるパークアンドライドの推進や、近隣の大学や工場に協力を求めて駐車場を約1000台分拡充するなど対策を打ち出し、右肩上がりでリピート率が改善された。こうしたスピード感を持った対応ができたのも、自前の球場として運営するからこそだろう。

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/63d2f71e23e5e0db47484c7b2df845536a76f887

33:

>>1 12/1(金) 7:05配信
VICTORY

 今季パ・リーグで2年連続の最下位に終わった北海道日本ハムファイターズ。しかし、球団経営の観点からは、大きな飛躍を遂げたシーズンとなった。2023年3月30日に北広島市に開業した新球場「エスコンフィールド北海道」が大きな話題を呼び、営業利益を大幅に押し上げる結果となったのだ。

 新球場を運営する株式会社ファイターズスポーツ&エンターテイメント(FSE、球団が34.17%、日本ハムが32.91%の株式を保有)は先日、球場を含む「北海道ボールパークFビレッジ」の開業後の状況報告会を開催。プレオープンの3月12日から9月30日までの203日間で来場者が303万人(1日平均1万4942人)に達し、目標に掲げていた300万人の大台をホーム最終戦が行われた9月28日に突破したことを発表した。

 野球が開催された日はもちろん、試合がない日も無料で入場できるFビレッジ。非試合開催日の来場者数は平日で4500人、休日で1万500人規模という多さで、地元だけでなく東京など道外からの来場者が札幌ドーム時代の10%から28%と大幅に増加するなど、まさに行楽地化、観光地化に成功した形だ。その結果、収益構造が大きく変容。札幌ドームを本拠地としていたコロナ禍前の2019年に9億5000万円だった営業利益は26億円となる見込みだ。

 親会社である日本ハム株式会社も2023年9月中間連結決算で、本業の儲けを示す事業利益が前年同期比64.2%増の249億6300万円に拡大。「シャウエッセン」などで知られるハムソーセージなどを扱う「加工事業本部」による約29億円よりも多い、前年比3.3倍増の62億7700万円の利益をたたき出した球団関連の「ボールパーク・その他」事業が、牽引役として大きく寄与したことを公表している。

 その経営的躍進の要因として挙げられるのが、球場を自前で建築するという思い切った策だ。札幌市所有で第三セクターが運営していた前本拠地・札幌ドームでは年間13億円といわれる高額な「家賃(球場使用料)」を支払い、広告や飲食の売り上げも入らないことから、球団経営は大きく圧迫されていた。日本ハムの試合で、伊藤ハムのソーセージを使ったホットドッグが売られている・・・などという笑えない話もあったほど。サッカーやコンサートなど多目的な使用を想定したドームの環境は、野球観戦の臨場感を損なうとの意見も出ていたが、「借家」である以上、球団主導の改修などにも限界があった。

 そこで 日本ハム球団は、「指定管理業者」になったり、球場の運営会社を買収したりといった、これまで他球団が行ってきた施策から、さらに一歩踏み込んだ経営改革の一手として新球場建設を選択。これが会心のヒットとなった。座席やビジョンによる演出など観戦環境の向上を図ったのはもちろん、球場内にクラフトビール醸造レストラン、ホテルや温浴・サウナ施設までオープンさせるなど、自前の球場を持つことで野球以外のさまざまな楽しみを来場者に提供することが可能となった。毎試合後、来場者に実施したアンケートでは試合の勝敗にかかわらず再来場を希望する顧客が多く、そうした取り組みが営業利益の向上を強く後押ししたといえる。

 また、開幕直後は最寄りのJR北広島駅まで徒歩で約20分かかる立地や、駐車場の少なさなどアクセスの悪さが指摘されていたが、シャトルバスによるパークアンドライドの推進や、近隣の大学や工場に協力を求めて駐車場を約1000台分拡充するなど対策を打ち出し、右肩上がりでリピート率が改善された。こうしたスピード感を持った対応ができたのも、自前の球場として運営するからこそだろう。

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/63d2f71e23e5e0db47484c7b2df845536a76f887


移転効果で
日ハムの補強資金が潤沢になり
FA選手獲得に参加して
巨人、SBとの争奪戦に
勝利して山崎獲得
移転は大成功だった

322:

>>33 移転効果で
日ハムの補強資金が潤沢になり
FA選手獲得に参加して
巨人、SBとの争奪戦に
勝利して山崎獲得
移転は大成功だった


他より安い提示なのに来たからな。リーグ優勝経験してFA→低迷チーム降臨て流行るんじゃないか

138:

>>1 12/1(金) 7:05配信
VICTORY

 今季パ・リーグで2年連続の最下位に終わった北海道日本ハムファイターズ。しかし、球団経営の観点からは、大きな飛躍を遂げたシーズンとなった。2023年3月30日に北広島市に開業した新球場「エスコンフィールド北海道」が大きな話題を呼び、営業利益を大幅に押し上げる結果となったのだ。

 新球場を運営する株式会社ファイターズスポーツ&エンターテイメント(FSE、球団が34.17%、日本ハムが32.91%の株式を保有)は先日、球場を含む「北海道ボールパークFビレッジ」の開業後の状況報告会を開催。プレオープンの3月12日から9月30日までの203日間で来場者が303万人(1日平均1万4942人)に達し、目標に掲げていた300万人の大台をホーム最終戦が行われた9月28日に突破したことを発表した。

 野球が開催された日はもちろん、試合がない日も無料で入場できるFビレッジ。非試合開催日の来場者数は平日で4500人、休日で1万500人規模という多さで、地元だけでなく東京など道外からの来場者が札幌ドーム時代の10%から28%と大幅に増加するなど、まさに行楽地化、観光地化に成功した形だ。その結果、収益構造が大きく変容。札幌ドームを本拠地としていたコロナ禍前の2019年に9億5000万円だった営業利益は26億円となる見込みだ。

 親会社である日本ハム株式会社も2023年9月中間連結決算で、本業の儲けを示す事業利益が前年同期比64.2%増の249億6300万円に拡大。「シャウエッセン」などで知られるハムソーセージなどを扱う「加工事業本部」による約29億円よりも多い、前年比3.3倍増の62億7700万円の利益をたたき出した球団関連の「ボールパーク・その他」事業が、牽引役として大きく寄与したことを公表している。

 その経営的躍進の要因として挙げられるのが、球場を自前で建築するという思い切った策だ。札幌市所有で第三セクターが運営していた前本拠地・札幌ドームでは年間13億円といわれる高額な「家賃(球場使用料)」を支払い、広告や飲食の売り上げも入らないことから、球団経営は大きく圧迫されていた。日本ハムの試合で、伊藤ハムのソーセージを使ったホットドッグが売られている・・・などという笑えない話もあったほど。サッカーやコンサートなど多目的な使用を想定したドームの環境は、野球観戦の臨場感を損なうとの意見も出ていたが、「借家」である以上、球団主導の改修などにも限界があった。

 そこで 日本ハム球団は、「指定管理業者」になったり、球場の運営会社を買収したりといった、これまで他球団が行ってきた施策から、さらに一歩踏み込んだ経営改革の一手として新球場建設を選択。これが会心のヒットとなった。座席やビジョンによる演出など観戦環境の向上を図ったのはもちろん、球場内にクラフトビール醸造レストラン、ホテルや温浴・サウナ施設までオープンさせるなど、自前の球場を持つことで野球以外のさまざまな楽しみを来場者に提供することが可能となった。毎試合後、来場者に実施したアンケートでは試合の勝敗にかかわらず再来場を希望する顧客が多く、そうした取り組みが営業利益の向上を強く後押ししたといえる。

 また、開幕直後は最寄りのJR北広島駅まで徒歩で約20分かかる立地や、駐車場の少なさなどアクセスの悪さが指摘されていたが、シャトルバスによるパークアンドライドの推進や、近隣の大学や工場に協力を求めて駐車場を約1000台分拡充するなど対策を打ち出し、右肩上がりでリピート率が改善された。こうしたスピード感を持った対応ができたのも、自前の球場として運営するからこそだろう。

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/63d2f71e23e5e0db47484c7b2df845536a76f887


なろう小説ばりの
ザマー展開

悪役→市長・札幌ドーム・コンサドーレ

260:

>>1 12/1(金) 7:05配信
VICTORY

 今季パ・リーグで2年連続の最下位に終わった北海道日本ハムファイターズ。しかし、球団経営の観点からは、大きな飛躍を遂げたシーズンとなった。2023年3月30日に北広島市に開業した新球場「エスコンフィールド北海道」が大きな話題を呼び、営業利益を大幅に押し上げる結果となったのだ。

 新球場を運営する株式会社ファイターズスポーツ&エンターテイメント(FSE、球団が34.17%、日本ハムが32.91%の株式を保有)は先日、球場を含む「北海道ボールパークFビレッジ」の開業後の状況報告会を開催。プレオープンの3月12日から9月30日までの203日間で来場者が303万人(1日平均1万4942人)に達し、目標に掲げていた300万人の大台をホーム最終戦が行われた9月28日に突破したことを発表した。

 野球が開催された日はもちろん、試合がない日も無料で入場できるFビレッジ。非試合開催日の来場者数は平日で4500人、休日で1万500人規模という多さで、地元だけでなく東京など道外からの来場者が札幌ドーム時代の10%から28%と大幅に増加するなど、まさに行楽地化、観光地化に成功した形だ。その結果、収益構造が大きく変容。札幌ドームを本拠地としていたコロナ禍前の2019年に9億5000万円だった営業利益は26億円となる見込みだ。

 親会社である日本ハム株式会社も2023年9月中間連結決算で、本業の儲けを示す事業利益が前年同期比64.2%増の249億6300万円に拡大。「シャウエッセン」などで知られるハムソーセージなどを扱う「加工事業本部」による約29億円よりも多い、前年比3.3倍増の62億7700万円の利益をたたき出した球団関連の「ボールパーク・その他」事業が、牽引役として大きく寄与したことを公表している。

 その経営的躍進の要因として挙げられるのが、球場を自前で建築するという思い切った策だ。札幌市所有で第三セクターが運営していた前本拠地・札幌ドームでは年間13億円といわれる高額な「家賃(球場使用料)」を支払い、広告や飲食の売り上げも入らないことから、球団経営は大きく圧迫されていた。日本ハムの試合で、伊藤ハムのソーセージを使ったホットドッグが売られている・・・などという笑えない話もあったほど。サッカーやコンサートなど多目的な使用を想定したドームの環境は、野球観戦の臨場感を損なうとの意見も出ていたが、「借家」である以上、球団主導の改修などにも限界があった。

 そこで 日本ハム球団は、「指定管理業者」になったり、球場の運営会社を買収したりといった、これまで他球団が行ってきた施策から、さらに一歩踏み込んだ経営改革の一手として新球場建設を選択。これが会心のヒットとなった。座席やビジョンによる演出など観戦環境の向上を図ったのはもちろん、球場内にクラフトビール醸造レストラン、ホテルや温浴・サウナ施設までオープンさせるなど、自前の球場を持つことで野球以外のさまざまな楽しみを来場者に提供することが可能となった。毎試合後、来場者に実施したアンケートでは試合の勝敗にかかわらず再来場を希望する顧客が多く、そうした取り組みが営業利益の向上を強く後押ししたといえる。

 また、開幕直後は最寄りのJR北広島駅まで徒歩で約20分かかる立地や、駐車場の少なさなどアクセスの悪さが指摘されていたが、シャトルバスによるパークアンドライドの推進や、近隣の大学や工場に協力を求めて駐車場を約1000台分拡充するなど対策を打ち出し、右肩上がりでリピート率が改善された。こうしたスピード感を持った対応ができたのも、自前の球場として運営するからこそだろう。

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/63d2f71e23e5e0db47484c7b2df845536a76f887


球場の広告収入+ネーミングライツ
エスコン
ネーミングライツ=5億円*10年契約
広告収入=2桁億円
 ↓
札幌ドーム
ネーミングライツ=0円
広告収入=既に約10億円が逃げた

573:

>>1 12/1(金) 7:05配信
VICTORY

 今季パ・リーグで2年連続の最下位に終わった北海道日本ハムファイターズ。しかし、球団経営の観点からは、大きな飛躍を遂げたシーズンとなった。2023年3月30日に北広島市に開業した新球場「エスコンフィールド北海道」が大きな話題を呼び、営業利益を大幅に押し上げる結果となったのだ。

 新球場を運営する株式会社ファイターズスポーツ&エンターテイメント(FSE、球団が34.17%、日本ハムが32.91%の株式を保有)は先日、球場を含む「北海道ボールパークFビレッジ」の開業後の状況報告会を開催。プレオープンの3月12日から9月30日までの203日間で来場者が303万人(1日平均1万4942人)に達し、目標に掲げていた300万人の大台をホーム最終戦が行われた9月28日に突破したことを発表した。

 野球が開催された日はもちろん、試合がない日も無料で入場できるFビレッジ。非試合開催日の来場者数は平日で4500人、休日で1万500人規模という多さで、地元だけでなく東京など道外からの来場者が札幌ドーム時代の10%から28%と大幅に増加するなど、まさに行楽地化、観光地化に成功した形だ。その結果、収益構造が大きく変容。札幌ドームを本拠地としていたコロナ禍前の2019年に9億5000万円だった営業利益は26億円となる見込みだ。

 親会社である日本ハム株式会社も2023年9月中間連結決算で、本業の儲けを示す事業利益が前年同期比64.2%増の249億6300万円に拡大。「シャウエッセン」などで知られるハムソーセージなどを扱う「加工事業本部」による約29億円よりも多い、前年比3.3倍増の62億7700万円の利益をたたき出した球団関連の「ボールパーク・その他」事業が、牽引役として大きく寄与したことを公表している。

 その経営的躍進の要因として挙げられるのが、球場を自前で建築するという思い切った策だ。札幌市所有で第三セクターが運営していた前本拠地・札幌ドームでは年間13億円といわれる高額な「家賃(球場使用料)」を支払い、広告や飲食の売り上げも入らないことから、球団経営は大きく圧迫されていた。日本ハムの試合で、伊藤ハムのソーセージを使ったホットドッグが売られている・・・などという笑えない話もあったほど。サッカーやコンサートなど多目的な使用を想定したドームの環境は、野球観戦の臨場感を損なうとの意見も出ていたが、「借家」である以上、球団主導の改修などにも限界があった。

 そこで 日本ハム球団は、「指定管理業者」になったり、球場の運営会社を買収したりといった、これまで他球団が行ってきた施策から、さらに一歩踏み込んだ経営改革の一手として新球場建設を選択。これが会心のヒットとなった。座席やビジョンによる演出など観戦環境の向上を図ったのはもちろん、球場内にクラフトビール醸造レストラン、ホテルや温浴・サウナ施設までオープンさせるなど、自前の球場を持つことで野球以外のさまざまな楽しみを来場者に提供することが可能となった。毎試合後、来場者に実施したアンケートでは試合の勝敗にかかわらず再来場を希望する顧客が多く、そうした取り組みが営業利益の向上を強く後押ししたといえる。

 また、開幕直後は最寄りのJR北広島駅まで徒歩で約20分かかる立地や、駐車場の少なさなどアクセスの悪さが指摘されていたが、シャトルバスによるパークアンドライドの推進や、近隣の大学や工場に協力を求めて駐車場を約1000台分拡充するなど対策を打ち出し、右肩上がりでリピート率が改善された。こうしたスピード感を持った対応ができたのも、自前の球場として運営するからこそだろう。

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/63d2f71e23e5e0db47484c7b2df845536a76f887


札幌ドームから日ハム追い出した役人どもは処分されないのか

744:

>>1 12/1(金) 7:05配信
VICTORY

 今季パ・リーグで2年連続の最下位に終わった北海道日本ハムファイターズ。しかし、球団経営の観点からは、大きな飛躍を遂げたシーズンとなった。2023年3月30日に北広島市に開業した新球場「エスコンフィールド北海道」が大きな話題を呼び、営業利益を大幅に押し上げる結果となったのだ。

 新球場を運営する株式会社ファイターズスポーツ&エンターテイメント(FSE、球団が34.17%、日本ハムが32.91%の株式を保有)は先日、球場を含む「北海道ボールパークFビレッジ」の開業後の状況報告会を開催。プレオープンの3月12日から9月30日までの203日間で来場者が303万人(1日平均1万4942人)に達し、目標に掲げていた300万人の大台をホーム最終戦が行われた9月28日に突破したことを発表した。

 野球が開催された日はもちろん、試合がない日も無料で入場できるFビレッジ。非試合開催日の来場者数は平日で4500人、休日で1万500人規模という多さで、地元だけでなく東京など道外からの来場者が札幌ドーム時代の10%から28%と大幅に増加するなど、まさに行楽地化、観光地化に成功した形だ。その結果、収益構造が大きく変容。札幌ドームを本拠地としていたコロナ禍前の2019年に9億5000万円だった営業利益は26億円となる見込みだ。

 親会社である日本ハム株式会社も2023年9月中間連結決算で、本業の儲けを示す事業利益が前年同期比64.2%増の249億6300万円に拡大。「シャウエッセン」などで知られるハムソーセージなどを扱う「加工事業本部」による約29億円よりも多い、前年比3.3倍増の62億7700万円の利益をたたき出した球団関連の「ボールパーク・その他」事業が、牽引役として大きく寄与したことを公表している。

 その経営的躍進の要因として挙げられるのが、球場を自前で建築するという思い切った策だ。札幌市所有で第三セクターが運営していた前本拠地・札幌ドームでは年間13億円といわれる高額な「家賃(球場使用料)」を支払い、広告や飲食の売り上げも入らないことから、球団経営は大きく圧迫されていた。日本ハムの試合で、伊藤ハムのソーセージを使ったホットドッグが売られている・・・などという笑えない話もあったほど。サッカーやコンサートなど多目的な使用を想定したドームの環境は、野球観戦の臨場感を損なうとの意見も出ていたが、「借家」である以上、球団主導の改修などにも限界があった。

 そこで 日本ハム球団は、「指定管理業者」になったり、球場の運営会社を買収したりといった、これまで他球団が行ってきた施策から、さらに一歩踏み込んだ経営改革の一手として新球場建設を選択。これが会心のヒットとなった。座席やビジョンによる演出など観戦環境の向上を図ったのはもちろん、球場内にクラフトビール醸造レストラン、ホテルや温浴・サウナ施設までオープンさせるなど、自前の球場を持つことで野球以外のさまざまな楽しみを来場者に提供することが可能となった。毎試合後、来場者に実施したアンケートでは試合の勝敗にかかわらず再来場を希望する顧客が多く、そうした取り組みが営業利益の向上を強く後押ししたといえる。

 また、開幕直後は最寄りのJR北広島駅まで徒歩で約20分かかる立地や、駐車場の少なさなどアクセスの悪さが指摘されていたが、シャトルバスによるパークアンドライドの推進や、近隣の大学や工場に協力を求めて駐車場を約1000台分拡充するなど対策を打ち出し、右肩上がりでリピート率が改善された。こうしたスピード感を持った対応ができたのも、自前の球場として運営するからこそだろう。

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/63d2f71e23e5e0db47484c7b2df845536a76f887


日ハムは移転=収支が改善して
補強資金が潤沢になり
FA選手争奪戦に参加

巨人、SBと争奪戦して勝利
山崎を確保した

858:

>>1 12/1(金) 7:05配信
VICTORY

 今季パ・リーグで2年連続の最下位に終わった北海道日本ハムファイターズ。しかし、球団経営の観点からは、大きな飛躍を遂げたシーズンとなった。2023年3月30日に北広島市に開業した新球場「エスコンフィールド北海道」が大きな話題を呼び、営業利益を大幅に押し上げる結果となったのだ。

 新球場を運営する株式会社ファイターズスポーツ&エンターテイメント(FSE、球団が34.17%、日本ハムが32.91%の株式を保有)は先日、球場を含む「北海道ボールパークFビレッジ」の開業後の状況報告会を開催。プレオープンの3月12日から9月30日までの203日間で来場者が303万人(1日平均1万4942人)に達し、目標に掲げていた300万人の大台をホーム最終戦が行われた9月28日に突破したことを発表した。

 野球が開催された日はもちろん、試合がない日も無料で入場できるFビレッジ。非試合開催日の来場者数は平日で4500人、休日で1万500人規模という多さで、地元だけでなく東京など道外からの来場者が札幌ドーム時代の10%から28%と大幅に増加するなど、まさに行楽地化、観光地化に成功した形だ。その結果、収益構造が大きく変容。札幌ドームを本拠地としていたコロナ禍前の2019年に9億5000万円だった営業利益は26億円となる見込みだ。

 親会社である日本ハム株式会社も2023年9月中間連結決算で、本業の儲けを示す事業利益が前年同期比64.2%増の249億6300万円に拡大。「シャウエッセン」などで知られるハムソーセージなどを扱う「加工事業本部」による約29億円よりも多い、前年比3.3倍増の62億7700万円の利益をたたき出した球団関連の「ボールパーク・その他」事業が、牽引役として大きく寄与したことを公表している。

 その経営的躍進の要因として挙げられるのが、球場を自前で建築するという思い切った策だ。札幌市所有で第三セクターが運営していた前本拠地・札幌ドームでは年間13億円といわれる高額な「家賃(球場使用料)」を支払い、広告や飲食の売り上げも入らないことから、球団経営は大きく圧迫されていた。日本ハムの試合で、伊藤ハムのソーセージを使ったホットドッグが売られている・・・などという笑えない話もあったほど。サッカーやコンサートなど多目的な使用を想定したドームの環境は、野球観戦の臨場感を損なうとの意見も出ていたが、「借家」である以上、球団主導の改修などにも限界があった。

 そこで 日本ハム球団は、「指定管理業者」になったり、球場の運営会社を買収したりといった、これまで他球団が行ってきた施策から、さらに一歩踏み込んだ経営改革の一手として新球場建設を選択。これが会心のヒットとなった。座席やビジョンによる演出など観戦環境の向上を図ったのはもちろん、球場内にクラフトビール醸造レストラン、ホテルや温浴・サウナ施設までオープンさせるなど、自前の球場を持つことで野球以外のさまざまな楽しみを来場者に提供することが可能となった。毎試合後、来場者に実施したアンケートでは試合の勝敗にかかわらず再来場を希望する顧客が多く、そうした取り組みが営業利益の向上を強く後押ししたといえる。

 また、開幕直後は最寄りのJR北広島駅まで徒歩で約20分かかる立地や、駐車場の少なさなどアクセスの悪さが指摘されていたが、シャトルバスによるパークアンドライドの推進や、近隣の大学や工場に協力を求めて駐車場を約1000台分拡充するなど対策を打ち出し、右肩上がりでリピート率が改善された。こうしたスピード感を持った対応ができたのも、自前の球場として運営するからこそだろう。

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/63d2f71e23e5e0db47484c7b2df845536a76f887


試合ない日に来るのは始めだけだからな。
チームが低迷したままでどこまで有料入場者数を伸ばせるのか
新庄監督なら弱くても客が来続けてくれると思ったら間違いだぞ

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

82:

この話のポイントは野球の無い日でも人が来て1日平均1.5万でレジャースポットになっているって事だろ。日ハムの成績は関係無いじゃん。

91:

球団の経営人が1番嬉しいのは、人気があって弱いチームなんよ。

総売上は高いのに総年俸は安くて済むから、利益が莫大に出る。

92:

エスコンは火を使えるから
札幌にない人気店も出店
 ↓
食事も楽しめるから
野球無い日も集客できる
まだいろんな施設ができるから
今後も安泰だな

137:

札ドの収益の95%以上の占めてた
・日ハム
・広告
・ライブ
の3本柱が飛んじゃったからな w😁

166:

北広島市としても何も無い原野に年間300万人も動員する施設がほぼ民間の資金で出来たのだからこんなに有り難い話は無い
更にこの先に新駅や大学移転、ホテルや商業施設等も続々と建つ予定表なんだから日ハム様々だろ
日ハム移転する前は北広島市は広島県内の市長村?てくらい無名の自治体だったのに
今や北広島市なんて地価上昇率トップの知名度全国区の自治体やで

185:

>>166 北広島市としても何も無い原野に年間300万人も動員する施設がほぼ民間の資金で出来たのだからこんなに有り難い話は無い
更にこの先に新駅や大学移転、ホテルや商業施設等も続々と建つ予定表なんだから日ハム様々だろ
日ハム移転する前は北広島市は広島県内の市長村?てくらい無名の自治体だったのに
今や北広島市なんて地価上昇率トップの知名度全国区の自治体やで


地価上昇率を誇るのは馬鹿丸出しだからやめたほうがいいよw

187:

>>166 北広島市としても何も無い原野に年間300万人も動員する施設がほぼ民間の資金で出来たのだからこんなに有り難い話は無い
更にこの先に新駅や大学移転、ホテルや商業施設等も続々と建つ予定表なんだから日ハム様々だろ
日ハム移転する前は北広島市は広島県内の市長村?てくらい無名の自治体だったのに
今や北広島市なんて地価上昇率トップの知名度全国区の自治体やで


それな
税収増は結構な額だわ

214:

「あんな僻地 1年目から誰も客来ねえよ」→「最初の2,3年だけだよ」
→「最初の5年ぐらいだけ」→「新駅効果がある数年だけ」に変わっていくんだろ

札幌ドームの職員が「札幌ドームの(コンサの)試合が2万人で
新球場(の日ハム戦)の客が5000人も考えられる」ってオープン前に
自信満々で語ってたみたいに

218:

>>214 「あんな僻地 1年目から誰も客来ねえよ」→「最初の2,3年だけだよ」
→「最初の5年ぐらいだけ」→「新駅効果がある数年だけ」に変わっていくんだろ

札幌ドームの職員が「札幌ドームの(コンサの)試合が2万人で
新球場(の日ハム戦)の客が5000人も考えられる」ってオープン前に
自信満々で語ってたみたいに


スタートは「新球場なんてブラフ!札幌は絶対に譲歩するなよ!!」にしていただきたい

228:

>非試合開催日の来場者数は平日で4500人、休日で1万500人規模

話半分にしてもすげーな冬場がどのくらいになるのかわからんけど、こんだけの観光客来るなんて全国の観光地羨ましすぎるだろ

236:

人口6万人の都市が日本ハムが不退転の決意で進めるプロジェクトを誘致して損する訳がない。日本ハムが至るところから北広島に投資案件を引っ張って来るのが目に浮かぶわ

254:

>>236 人口6万人の都市が日本ハムが不退転の決意で進めるプロジェクトを誘致して損する訳がない。日本ハムが至るところから北広島に投資案件を引っ張って来るのが目に浮かぶわ


北広島市は誘致決まってからずっと住民の流出が続いてるよ
環境悪化を嫌がる人も多いんじゃないの

281:

>>254 北広島市は誘致決まってからずっと住民の流出が続いてるよ
環境悪化を嫌がる人も多いんじゃないの


完成前にジリ貧だったのと完成後に人口が増えるかは別の問題じゃない?何もないところに数年後にプロ野球が来ると移住する人は少ないんじゃないかな

407:

>>254 北広島市は誘致決まってからずっと住民の流出が続いてるよ
環境悪化を嫌がる人も多いんじゃないの


高齢住民が自然減して転入してくる若い人達と入れ替わるのは良いことだよ

264:

まじで北広島とFビレッジにいちゃもんつけているのは経済学を学んでいない中卒なんだろうな
不動産ビジネスの知識も全く無い
バブル崩壊後も栄えている関東関西中部エリアと福岡仙台は再開発するのに元々地価が高いから高コストになりそこに利益を乗せるから再開発が成功するまでリスクが高い
たった六万人で地価がゴミだった今回の北広島市の再開発スキームはバブル崩壊後最も低コストで低リスクな圧倒的成功例だから自治体ビジネスとしてケチをつける要素がない

269:

>>264 まじで北広島とFビレッジにいちゃもんつけているのは経済学を学んでいない中卒なんだろうな
不動産ビジネスの知識も全く無い
バブル崩壊後も栄えている関東関西中部エリアと福岡仙台は再開発するのに元々地価が高いから高コストになりそこに利益を乗せるから再開発が成功するまでリスクが高い
たった六万人で地価がゴミだった今回の北広島市の再開発スキームはバブル崩壊後最も低コストで低リスクな圧倒的成功例だから自治体ビジネスとしてケチをつける要素がない


イチャモンつけているのは天下り札幌役人とコジキドーレのサカオタ
普通の人は好意的に見ている

276:

>>269 イチャモンつけているのは天下り札幌役人とコジキドーレのサカオタ
普通の人は好意的に見ている


まともな教養のあるやつは北広島市の成功例に好意的だよな
やっぱりパヨクとサッカーファンは無教養なビジネス音痴の馬鹿しかいない

279:

>>269 イチャモンつけているのは天下り札幌役人とコジキドーレのサカオタ
普通の人は好意的に見ている


コンサドーレは関係ないだろ
本当全く関係ないのに
何故かコンサドーレサポーターが引くくらい
エスコンと日ハム恨んでるのが意味不明
俺達が札ドを都合よく使えないからいるだけ邪魔なんだと日ハム恨んでたのに

273:

>>264 まじで北広島とFビレッジにいちゃもんつけているのは経済学を学んでいない中卒なんだろうな
不動産ビジネスの知識も全く無い
バブル崩壊後も栄えている関東関西中部エリアと福岡仙台は再開発するのに元々地価が高いから高コストになりそこに利益を乗せるから再開発が成功するまでリスクが高い
たった六万人で地価がゴミだった今回の北広島市の再開発スキームはバブル崩壊後最も低コストで低リスクな圧倒的成功例だから自治体ビジネスとしてケチをつける要素がない


イチャモンつけてるのは脱税リーグのファン層なんだろな
札幌ドームのデタラメ大赤字を30年も日本全国でやってきて
それでもまだ夢想オナニーしてる池沼たち

日本とともに成長してきた野球にケチつけて朝鮮の国技玉蹴りを推奨するやつら

592:

開業して4月5月はガラガラの試合が多かった
一転して6月からタダ券配り始めたところなんとか席を埋めることができた

2023年をまとめるとこんな感じだったよな

605:

>>592 開業して4月5月はガラガラの試合が多かった
一転して6月からタダ券配り始めたところなんとか席を埋めることができた

2023年をまとめるとこんな感じだったよな


絶対タダ券がーとか言い出すやついるけどエスコン知らないやつだろ

608:

>>605 絶対タダ券がーとか言い出すやついるけどエスコン知らないやつだろ


>絶対タダ券がーとか言い出すやついるけどエスコン知らないやつだろ

つまりどういうこと?

632:

>>605 絶対タダ券がーとか言い出すやついるけどエスコン知らないやつだろ


>絶対タダ券がーとか言い出すやついるけどエスコン知らないやつだろ

つまりどういうこと?

つまりどういうこと?

つまりどういうこと?

656:

>>632 >絶対タダ券がーとか言い出すやついるけどエスコン知らないやつだろ

つまりどういうこと?

つまりどういうこと?

つまりどういうこと?


つまりタダ券配りに頼らなくても球場に金が落ちるシステムを構築したということだ

657:

>>632 >絶対タダ券がーとか言い出すやついるけどエスコン知らないやつだろ

つまりどういうこと?

つまりどういうこと?

つまりどういうこと?


つまりタダ券配りに頼らなくても球場に金が落ちるシステムを構築したということだ

692:

>>592 開業して4月5月はガラガラの試合が多かった
一転して6月からタダ券配り始めたところなんとか席を埋めることができた

2023年をまとめるとこんな感じだったよな


寒かっただけじゃないのか?
あのクソ寒い中駅まで30分以上北海道民の貧相な足では耐えられんぞ

610:

2003年は翌年に近鉄球団合併とか言ってた時期だし
ハムも自前球場なんて言える時期じゃなかったんだろうなぁ
ただその合併の時に球場の広告飲食収入横取り問題は出てきてはいた
当時は球団が単独で利益をあげられると思われなかったのがハムやほかの球団にとっても不幸だわね
条件より球場の知名度で選んじゃう流れだったのは仕方ないのかな

617:

>>610 2003年は翌年に近鉄球団合併とか言ってた時期だし
ハムも自前球場なんて言える時期じゃなかったんだろうなぁ
ただその合併の時に球場の広告飲食収入横取り問題は出てきてはいた
当時は球団が単独で利益をあげられると思われなかったのがハムやほかの球団にとっても不幸だわね
条件より球場の知名度で選んじゃう流れだったのは仕方ないのかな


今のパ・リーグの状況
当時のパ・リーグファンに言っても
完全に妄想扱いされるレベルだし

623:

>>617 今のパ・リーグの状況
当時のパ・リーグファンに言っても
完全に妄想扱いされるレベルだし


ね、本当にねえ

681:

大分県の広瀬勝貞知事は12日の記者会見で、経営難に苦しむ大分トリニータに対し、本拠地の九州石油ドームの使用料を全額減免する意向を明らかにした。

 13日付のスポーツ新聞各紙によると、本来の使用料は約4600万円だが、昨年までも半額が減免されていたという。

 また、看板スポンサーとして1000万円の予算も計上した。大分は1月にJリーグからの追加融資が決まった際、さらに3000万円の運営費削減を求められていた。

871:

正直現時点で営利が26億は少ないな
初年度でこれだと周辺施設はめぼしくないし
今後もロッジなどで呼べる層はあっても
集客考えると少ない
観光ホテルなど併設しても
北海道の観光目的地の
移動距離考えるとベースにはなり辛い
数年後から苦しいかもな

877:

>>871 正直現時点で営利が26億は少ないな
初年度でこれだと周辺施設はめぼしくないし
今後もロッジなどで呼べる層はあっても
集客考えると少ない
観光ホテルなど併設しても
北海道の観光目的地の
移動距離考えるとベースにはなり辛い
数年後から苦しいかもな


売上じゃなく営利だぞ

900:

>>871 正直現時点で営利が26億は少ないな
初年度でこれだと周辺施設はめぼしくないし
今後もロッジなどで呼べる層はあっても
集客考えると少ない
観光ホテルなど併設しても
北海道の観光目的地の
移動距離考えるとベースにはなり辛い
数年後から苦しいかもな


そう?、出張で新千歳空港から札幌に向かう時にデカデカとみえるから
上手いところに作ったなとは思っていたけどね。
北海道にしては電車の本数も多いし。

907:

野球場を作ったら多くて年間90日程度の稼働にしかならんからな。
エスコンは屋外も含めて野球の出来る複合施設と考えた方がいい。
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1701384405

Comments 0

コメントはまだありません。