歩行「1日60分以上」、筋トレ「週2~3回」で健康に 国が推奨へ - スポーツ
げいのうまとめんぬ

歩行「1日60分以上」、筋トレ「週2~3回」で健康に 国が推奨へ

2023/11/29
スポーツ 0
  • 成人は1日60分以上の歩行、筋トレは週2~3回――。
  • 厚生労働省の専門家検討会は27日、健康づくりのために推奨される身体活動・運動の目安となるガイド案をまとめた。
  • 【写真】健康づくりのために推奨される運動の例 身体活動や運動量が多い人は少ない人と比べ、循環器病やがん、うつ病、認知症などの発症・罹患(りかん)リスクが低いことが報告されている。
  • ガイド案は、科学的根拠をもとに子ども(18歳未満)、成人(18歳以上)、高齢者に分け、推奨する具体的な内容を示した。
  • 個人差もあるため、強度や量を調整し、できることから取り組むよう求めている。
  • 歩行やそれと同じ程度の活動について、成人は「1日60分(1日約8千歩)以上」、高齢者は「1日40分(1日約6千歩)以上」を推奨する。
  • 腕立て伏せやスクワット、マシンなど一定の負荷のかかる筋力トレーニングは、成人、高齢者ともに「週2~3回」を推奨。
  • 筋トレの実施により、死亡や心血管疾患、がん、糖尿病などのリスクが、10~17%低くなるとの報告もある。
  • 子どもは、国内でのデータが乏しいため、少し息があがる程度の活動を「1日60分以上」や、有酸素運動など強めの活動を「週3日以上」とする世界保健機関(WHO)のガイドラインの推奨内容を参考として示した。
  • 朝日新聞11/27(月) 19:00 写真 健康づくりのための身体活動・運動ガイドについて議論する厚生労働省の検討会=2023年11月27日午後2時31分、東京都千代田区。

1:

成人は1日60分以上の歩行、筋トレは週2~3回――。厚生労働省の専門家検討会は27日、健康づくりのために推奨される身体活動・運動の目安となるガイド案をまとめた。改訂は10年ぶり。

【写真】健康づくりのために推奨される運動の例


 身体活動や運動量が多い人は少ない人と比べ、循環器病やがん、うつ病、認知症などの発症・罹患(りかん)リスクが低いことが報告されている。

 ガイド案は、科学的根拠をもとに子ども(18歳未満)、成人(18歳以上)、高齢者に分け、推奨する具体的な内容を示した。個人差もあるため、強度や量を調整し、できることから取り組むよう求めている。

 歩行やそれと同じ程度の活動について、成人は「1日60分(1日約8千歩)以上」、高齢者は「1日40分(1日約6千歩)以上」を推奨する。歩行以外には、卓球やテニス、水泳などの様々なスポーツのほか、階段の昇降や風呂掃除といった日常生活の動きも例示した。

 腕立て伏せやスクワット、マシンなど一定の負荷のかかる筋力トレーニングは、成人、高齢者ともに「週2~3回」を推奨。高齢者は、ダンスやラジオ体操、ヨガなども含め、安全に配慮し転倒などに注意する。

 筋トレの実施により、死亡や心血管疾患、がん、糖尿病などのリスクが、10~17%低くなるとの報告もある。

 子どもは、国内でのデータが乏しいため、少し息があがる程度の活動を「1日60分以上」や、有酸素運動など強めの活動を「週3日以上」とする世界保健機関(WHO)のガイドラインの推奨内容を参考として示した。

朝日新聞 11/27(月) 19:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/b2955467281fe5e52e2a319571a835a0f8dd6ab1

写真

健康づくりのための身体活動・運動ガイドについて議論する厚生労働省の検討会=2023年11月27日午後2時31分、東京都千代田区

50:

>>1 成人は1日60分以上の歩行、筋トレは週2~3回――。厚生労働省の専門家検討会は27日、健康づくりのために推奨される身体活動・運動の目安となるガイド案をまとめた。改訂は10年ぶり。

【写真】健康づくりのために推奨される運動の例


 身体活動や運動量が多い人は少ない人と比べ、循環器病やがん、うつ病、認知症などの発症・罹患(りかん)リスクが低いことが報告されている。

 ガイド案は、科学的根拠をもとに子ども(18歳未満)、成人(18歳以上)、高齢者に分け、推奨する具体的な内容を示した。個人差もあるため、強度や量を調整し、できることから取り組むよう求めている。

 歩行やそれと同じ程度の活動について、成人は「1日60分(1日約8千歩)以上」、高齢者は「1日40分(1日約6千歩)以上」を推奨する。歩行以外には、卓球やテニス、水泳などの様々なスポーツのほか、階段の昇降や風呂掃除といった日常生活の動きも例示した。

 腕立て伏せやスクワット、マシンなど一定の負荷のかかる筋力トレーニングは、成人、高齢者ともに「週2~3回」を推奨。高齢者は、ダンスやラジオ体操、ヨガなども含め、安全に配慮し転倒などに注意する。

 筋トレの実施により、死亡や心血管疾患、がん、糖尿病などのリスクが、10~17%低くなるとの報告もある。

 子どもは、国内でのデータが乏しいため、少し息があがる程度の活動を「1日60分以上」や、有酸素運動など強めの活動を「週3日以上」とする世界保健機関(WHO)のガイドラインの推奨内容を参考として示した。

朝日新聞 11/27(月) 19:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/b2955467281fe5e52e2a319571a835a0f8dd6ab1

写真

健康づくりのための身体活動・運動ガイドについて議論する厚生労働省の検討会=2023年11月27日午後2時31分、東京都千代田区


オナニーは、週に何回?

119:

>>1 成人は1日60分以上の歩行、筋トレは週2~3回――。厚生労働省の専門家検討会は27日、健康づくりのために推奨される身体活動・運動の目安となるガイド案をまとめた。改訂は10年ぶり。

【写真】健康づくりのために推奨される運動の例


 身体活動や運動量が多い人は少ない人と比べ、循環器病やがん、うつ病、認知症などの発症・罹患(りかん)リスクが低いことが報告されている。

 ガイド案は、科学的根拠をもとに子ども(18歳未満)、成人(18歳以上)、高齢者に分け、推奨する具体的な内容を示した。個人差もあるため、強度や量を調整し、できることから取り組むよう求めている。

 歩行やそれと同じ程度の活動について、成人は「1日60分(1日約8千歩)以上」、高齢者は「1日40分(1日約6千歩)以上」を推奨する。歩行以外には、卓球やテニス、水泳などの様々なスポーツのほか、階段の昇降や風呂掃除といった日常生活の動きも例示した。

 腕立て伏せやスクワット、マシンなど一定の負荷のかかる筋力トレーニングは、成人、高齢者ともに「週2~3回」を推奨。高齢者は、ダンスやラジオ体操、ヨガなども含め、安全に配慮し転倒などに注意する。

 筋トレの実施により、死亡や心血管疾患、がん、糖尿病などのリスクが、10~17%低くなるとの報告もある。

 子どもは、国内でのデータが乏しいため、少し息があがる程度の活動を「1日60分以上」や、有酸素運動など強めの活動を「週3日以上」とする世界保健機関(WHO)のガイドラインの推奨内容を参考として示した。

朝日新聞 11/27(月) 19:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/b2955467281fe5e52e2a319571a835a0f8dd6ab1

写真

健康づくりのための身体活動・運動ガイドについて議論する厚生労働省の検討会=2023年11月27日午後2時31分、東京都千代田区


SEXを週に3回してもいいんじゃね?

294:

>>1 成人は1日60分以上の歩行、筋トレは週2~3回――。厚生労働省の専門家検討会は27日、健康づくりのために推奨される身体活動・運動の目安となるガイド案をまとめた。改訂は10年ぶり。

【写真】健康づくりのために推奨される運動の例


 身体活動や運動量が多い人は少ない人と比べ、循環器病やがん、うつ病、認知症などの発症・罹患(りかん)リスクが低いことが報告されている。

 ガイド案は、科学的根拠をもとに子ども(18歳未満)、成人(18歳以上)、高齢者に分け、推奨する具体的な内容を示した。個人差もあるため、強度や量を調整し、できることから取り組むよう求めている。

 歩行やそれと同じ程度の活動について、成人は「1日60分(1日約8千歩)以上」、高齢者は「1日40分(1日約6千歩)以上」を推奨する。歩行以外には、卓球やテニス、水泳などの様々なスポーツのほか、階段の昇降や風呂掃除といった日常生活の動きも例示した。

 腕立て伏せやスクワット、マシンなど一定の負荷のかかる筋力トレーニングは、成人、高齢者ともに「週2~3回」を推奨。高齢者は、ダンスやラジオ体操、ヨガなども含め、安全に配慮し転倒などに注意する。

 筋トレの実施により、死亡や心血管疾患、がん、糖尿病などのリスクが、10~17%低くなるとの報告もある。

 子どもは、国内でのデータが乏しいため、少し息があがる程度の活動を「1日60分以上」や、有酸素運動など強めの活動を「週3日以上」とする世界保健機関(WHO)のガイドラインの推奨内容を参考として示した。

朝日新聞 11/27(月) 19:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/b2955467281fe5e52e2a319571a835a0f8dd6ab1

写真

健康づくりのための身体活動・運動ガイドについて議論する厚生労働省の検討会=2023年11月27日午後2時31分、東京都千代田区


ブラック社畜Fラン「そんなヒマねーよ」
ピザデブ「身体動かさなくても食事制限しなくてもいい健康法を出せよ」

404:

>>1 成人は1日60分以上の歩行、筋トレは週2~3回――。厚生労働省の専門家検討会は27日、健康づくりのために推奨される身体活動・運動の目安となるガイド案をまとめた。改訂は10年ぶり。

【写真】健康づくりのために推奨される運動の例


 身体活動や運動量が多い人は少ない人と比べ、循環器病やがん、うつ病、認知症などの発症・罹患(りかん)リスクが低いことが報告されている。

 ガイド案は、科学的根拠をもとに子ども(18歳未満)、成人(18歳以上)、高齢者に分け、推奨する具体的な内容を示した。個人差もあるため、強度や量を調整し、できることから取り組むよう求めている。

 歩行やそれと同じ程度の活動について、成人は「1日60分(1日約8千歩)以上」、高齢者は「1日40分(1日約6千歩)以上」を推奨する。歩行以外には、卓球やテニス、水泳などの様々なスポーツのほか、階段の昇降や風呂掃除といった日常生活の動きも例示した。

 腕立て伏せやスクワット、マシンなど一定の負荷のかかる筋力トレーニングは、成人、高齢者ともに「週2~3回」を推奨。高齢者は、ダンスやラジオ体操、ヨガなども含め、安全に配慮し転倒などに注意する。

 筋トレの実施により、死亡や心血管疾患、がん、糖尿病などのリスクが、10~17%低くなるとの報告もある。

 子どもは、国内でのデータが乏しいため、少し息があがる程度の活動を「1日60分以上」や、有酸素運動など強めの活動を「週3日以上」とする世界保健機関(WHO)のガイドラインの推奨内容を参考として示した。

朝日新聞 11/27(月) 19:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/b2955467281fe5e52e2a319571a835a0f8dd6ab1

写真

健康づくりのための身体活動・運動ガイドについて議論する厚生労働省の検討会=2023年11月27日午後2時31分、東京都千代田区


なげーわ

796:

>>1 成人は1日60分以上の歩行、筋トレは週2~3回――。厚生労働省の専門家検討会は27日、健康づくりのために推奨される身体活動・運動の目安となるガイド案をまとめた。改訂は10年ぶり。

【写真】健康づくりのために推奨される運動の例


 身体活動や運動量が多い人は少ない人と比べ、循環器病やがん、うつ病、認知症などの発症・罹患(りかん)リスクが低いことが報告されている。

 ガイド案は、科学的根拠をもとに子ども(18歳未満)、成人(18歳以上)、高齢者に分け、推奨する具体的な内容を示した。個人差もあるため、強度や量を調整し、できることから取り組むよう求めている。

 歩行やそれと同じ程度の活動について、成人は「1日60分(1日約8千歩)以上」、高齢者は「1日40分(1日約6千歩)以上」を推奨する。歩行以外には、卓球やテニス、水泳などの様々なスポーツのほか、階段の昇降や風呂掃除といった日常生活の動きも例示した。

 腕立て伏せやスクワット、マシンなど一定の負荷のかかる筋力トレーニングは、成人、高齢者ともに「週2~3回」を推奨。高齢者は、ダンスやラジオ体操、ヨガなども含め、安全に配慮し転倒などに注意する。

 筋トレの実施により、死亡や心血管疾患、がん、糖尿病などのリスクが、10~17%低くなるとの報告もある。

 子どもは、国内でのデータが乏しいため、少し息があがる程度の活動を「1日60分以上」や、有酸素運動など強めの活動を「週3日以上」とする世界保健機関(WHO)のガイドラインの推奨内容を参考として示した。

朝日新聞 11/27(月) 19:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/b2955467281fe5e52e2a319571a835a0f8dd6ab1

写真

健康づくりのための身体活動・運動ガイドについて議論する厚生労働省の検討会=2023年11月27日午後2時31分、東京都千代田区


芸スポじゃないだろ

無理やりスポーツにしてるのか?

892:

>>1 成人は1日60分以上の歩行、筋トレは週2~3回――。厚生労働省の専門家検討会は27日、健康づくりのために推奨される身体活動・運動の目安となるガイド案をまとめた。改訂は10年ぶり。

【写真】健康づくりのために推奨される運動の例


 身体活動や運動量が多い人は少ない人と比べ、循環器病やがん、うつ病、認知症などの発症・罹患(りかん)リスクが低いことが報告されている。

 ガイド案は、科学的根拠をもとに子ども(18歳未満)、成人(18歳以上)、高齢者に分け、推奨する具体的な内容を示した。個人差もあるため、強度や量を調整し、できることから取り組むよう求めている。

 歩行やそれと同じ程度の活動について、成人は「1日60分(1日約8千歩)以上」、高齢者は「1日40分(1日約6千歩)以上」を推奨する。歩行以外には、卓球やテニス、水泳などの様々なスポーツのほか、階段の昇降や風呂掃除といった日常生活の動きも例示した。

 腕立て伏せやスクワット、マシンなど一定の負荷のかかる筋力トレーニングは、成人、高齢者ともに「週2~3回」を推奨。高齢者は、ダンスやラジオ体操、ヨガなども含め、安全に配慮し転倒などに注意する。

 筋トレの実施により、死亡や心血管疾患、がん、糖尿病などのリスクが、10~17%低くなるとの報告もある。

 子どもは、国内でのデータが乏しいため、少し息があがる程度の活動を「1日60分以上」や、有酸素運動など強めの活動を「週3日以上」とする世界保健機関(WHO)のガイドラインの推奨内容を参考として示した。

朝日新聞 11/27(月) 19:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/b2955467281fe5e52e2a319571a835a0f8dd6ab1

写真

健康づくりのための身体活動・運動ガイドについて議論する厚生労働省の検討会=2023年11月27日午後2時31分、東京都千代田区


会社の残業が原則禁止になれば実現できる気がする

911:

>>892 会社の残業が原則禁止になれば実現できる気がする


スクワットなんか1分あれば20回は出来る

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

78:

仕事ある日は1日60分歩くわ
ヘルスケアでは今年は1日4200歩ってなってるけど、趣味で13kmとか歩く日とスマホベッドに置きっぱなしの日なんかもあって参考にならんな

101:

週2のジョグと週3の筋トレだけでも続けるのにはかなりモチベがいる
仕事以外で欠かさず一日60分歩く事はそうとう忍耐力がないと無理
年取れば尚更

257:

厚労省の資料がすごくわかりにくい書き方だけど、どうやら60分=8千歩ではないらしい
●1日に60分 意識して身体を動かせば6千歩相当になる
●日常生活で意識しない身体活動が2千歩相当はある
両方を足すと8千歩に相当するということらしい

329:

体調に問題がないときの糖尿病の運動療法の指導内容と同じではあるんだが、この内容を最低でも一ヶ月、できれば一年以上続けてやった医者・看護師は果たしてどれだけいるのやら
食事療法もだけど、自分で出来もしない内容を患者に押し付けてはいないよね?

333:

>>329 体調に問題がないときの糖尿病の運動療法の指導内容と同じではあるんだが、この内容を最低でも一ヶ月、できれば一年以上続けてやった医者・看護師は果たしてどれだけいるのやら
食事療法もだけど、自分で出来もしない内容を患者に押し付けてはいないよね?


医者はけっこう運動好き
というか運動しないことの弊害を日々見せつけられてるからだと思う
大学病院で絶対エレベーターに乗らない人とか多い

337:

>>329 体調に問題がないときの糖尿病の運動療法の指導内容と同じではあるんだが、この内容を最低でも一ヶ月、できれば一年以上続けてやった医者・看護師は果たしてどれだけいるのやら
食事療法もだけど、自分で出来もしない内容を患者に押し付けてはいないよね?



元国立がん研究センターの医師は重度の糖尿病を食事・運動・計測で治した

https://news.yahoo.co.jp/articles/cdb7b0ffc5e934f54ca5b7638e5064cddf3d3f19

354:

https://www.yomiuri.co.jp/medical/20231124-OYT1T50173/

 厚生労働省は24日、新型コロナウイルスの関連死者数が、9月は最大5235人だったとの試算を発表した。8月(最大4966人)を269人上回り、5類移行後の最多を更新した。


そこらを歩き回って感染して死ねということだな
さすが殺戮大好き厚労省

363:

>>354 https://www.yomiuri.co.jp/medical/20231124-OYT1T50173/

 厚生労働省は24日、新型コロナウイルスの関連死者数が、9月は最大5235人だったとの試算を発表した。8月(最大4966人)を269人上回り、5類移行後の最多を更新した。


そこらを歩き回って感染して死ねということだな
さすが殺戮大好き厚労省


感染者数は減ってるぞ

412:

>>363 感染者数は減ってるぞ


感染者数→検査を減らしまくって見えなくしただけ
死者数が激増しているのはそういうこと

414:

コロナは糞ヤバいから人のいないところで歩け
1ヶ月で5000人以上死ぬ事態になっている
メディアは極力国民が意識出来ないようにしているが、死者数だけは積み上がっている


https://www.yomiuri.co.jp/medical/20231124-OYT1T50173/

 厚生労働省は24日、新型コロナウイルスの関連死者数が、9月は最大5235人だったとの試算を発表した。8月(最大4966人)を269人上回り、5類移行後の最多を更新した。

443:

>身体活動や運動量が多い人は少ない人と比べ、循環器病やがん、うつ病、認知症などの発症・罹患(りかん)リスクが低いことが報告されている。

そうかもしれんが、オラ可動部が痛んでガタガタだぞ

487:

おれ50歳だけど
仕事終わりの週2回のキックボクシングジム(1回2時間)と、休みの日曜日の早朝3kmのロードワークを
もう3年続けてるけど健康そのものだよ

付き合いで多少お酒や居酒屋に行く回数が増えても体重は増えないし健康診断もほぼ正常
むしろ運動してなかった40代前半なんていつ入院してもおかしくないぐらいだった

494:

>>487 おれ50歳だけど
仕事終わりの週2回のキックボクシングジム(1回2時間)と、休みの日曜日の早朝3kmのロードワークを
もう3年続けてるけど健康そのものだよ

付き合いで多少お酒や居酒屋に行く回数が増えても体重は増えないし健康診断もほぼ正常
むしろ運動してなかった40代前半なんていつ入院してもおかしくないぐらいだった


1回2時間はすごいね 自分はスタジオレッスンで1時間
その後はインストラクター指導で様々な筋トレ1時間弱
週5回

496:

>>494 1回2時間はすごいね 自分はスタジオレッスンで1時間
その後はインストラクター指導で様々な筋トレ1時間弱
週5回


どう考えたってそっちの方が凄いでしょ

492:

40代50代でいかに運動していくか否かで老後(75~)の足腰の強度が全然変わってくるんだってな

その時期を会社に忙殺されてしまうと70過ぎた頃から腰や膝、血管系の病気や体力の無さが顕著になってくるらしい
何かのデータで見たことあるけど今の40代50代の肥満率でみると40%は太ってるって結果らしい
街歩く人の中年の約半数はデブってことだ

640:

ウォーキングやってる
週5前後で40分弱
筋トレはケツ出しスクワット10回を日に何セットか
通風発作持ちなんだけどここ1年は出てない
継続は力なりを信じて無理せずに続けていきたい

734:

チョコザップは人不在でメンテナンス悪そうだから入会するのやめた

普通に仕事してたら平日20〜30分、休みに1時間とかぐらいしか無理じゃない
それでもアメリカのエリートビジネスマンは1日1時間はトレーニングしてるという統計がある

751:

家から出ないで運動したいなら 今日から自宅がジムになる 「宅トレ」って本おすすめ まあ宅トレ情報なら情報源はなんでもいいが
あとはナイキのワークアウトが別のとこで好評だった
https://www.nike.com/jp/a/free-workout-plans

784:

地方に住んでるけど、この前東京に行って驚いたのが、全世代太っている人が少ない事と電車の中でも、手すりを使わずに立ってられる人の多さ。みんな体幹強い。
東京だと目的地に行くのに簡単に1万歩いくもんな。健康的だと思う。
車通勤事務職で今1500歩しか行ってないw無理だw

853:

俺はバスの定期代節約するために朝晩は駅まで歩いてたぞ
何年も1日60分以上の歩行はクリアしてたが癌になったぞ
でも糖尿病の予防効果はたしかにあると思うわ
血糖値も尿酸値もずっと正常値をキープしてた

896:

>>853 俺はバスの定期代節約するために朝晩は駅まで歩いてたぞ
何年も1日60分以上の歩行はクリアしてたが癌になったぞ
でも糖尿病の予防効果はたしかにあると思うわ
血糖値も尿酸値もずっと正常値をキープしてた


癌は仕方ないよ。遺伝の影響が大きいんだよ。
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1701094056

Comments 0

コメントはまだありません。