次期エース・野村彩也子アナに「遅刻で左遷」報道 レギュラー番組ゼロに… 看板アナが生まれないTBS「苦しすぎる台所事情」 - 芸能人
げいのうまとめんぬ

次期エース・野村彩也子アナに「遅刻で左遷」報道 レギュラー番組ゼロに… 看板アナが生まれないTBS「苦しすぎる台所事情」

2023/11/28
芸能人 0
  • 次期エース・野村彩也子アナに「遅刻で左遷」報道…看板アナが生まれないTBS「苦しすぎる台所事情」 TBS局内で“エース候補”といわれていた野村彩也子アナ(26)が9月以降、テレビから姿を消している。
  • 野村アナは、能楽師・野村萬斎の娘としても知られ、’20年に慶應義塾大学を卒業後、TBSに入社。
  • 新人らしからぬ人材として、報道からバラエティー番組まで幅広く担当してきたが、9月以降、テレビ・ラジオのレギュラー番組が“ゼロ”になってしまったのだ。
  • その原因について『Smart FLASH』は11月22日公開の記事内で「野村アナの度重なる遅刻が原因で、担当番組をすべて降ろされた」と報じた。
  • 2年目には、テレビ・ラジオを含めて10本のレギュラーを担当しており、安定したトークと機転をきかせた対応で周囲を驚かすなど、『エース候補』として注目されていましたが、今年に入り、レギュラー番組を次々と降板することになりました。
  • 一部報道によると、度重なる遅刻による左遷となっていますが原因は他にもあるかもしれません。
  • 1年目から次世代のエース候補として多忙を強いられてきたことで、精神的にも身体的にも疲労が溜まってしまったのかもしれないですね」(芸能プロ関係者) TBSは’12年末に退社した青木裕子(40)や’14年に退社した田中みな実(37)など、人気アナが20代のうちに退職してしまうケースが目立っている。
  • 特に局内で若手の教育を行える存在が少なく、世代交代はうまくいっていない。
  • たとえば帯の報道番組である『Nスタ』はホラン千秋(35)が、『news23』は小川彩佳アナ(38)がメインを務めています。
  • 実際に『局アナを大切にしろ』という声も内部では上がっています。

1:

https://news.yahoo.co.jp/articles/dc28b301b370f91d8aaf35e97cfd97371d5d43dd




次期エース・野村彩也子アナに「遅刻で左遷」報道…看板アナが生まれないTBS「苦しすぎる台所事情」

 TBS局内で“エース候補”といわれていた野村彩也子アナ(26)が9月以降、テレビから姿を消している。

 野村アナは、能楽師・野村萬斎の娘としても知られ、’20年に慶應義塾大学を卒業後、TBSに入社。新人らしからぬ人材として、報道からバラエティー番組まで幅広く担当してきたが、9月以降、テレビ・ラジオのレギュラー番組が“ゼロ”になってしまったのだ。

 その原因について『Smart FLASH』は11月22日公開の記事内で「野村アナの度重なる遅刻が原因で、担当番組をすべて降ろされた」と報じた。現在はアナウンス部を離れ、人事部に在籍しているという。

「1年目から華々しいキャリアをスタートさせた野村アナ。2年目には、テレビ・ラジオを含めて10本のレギュラーを担当しており、安定したトークと機転をきかせた対応で周囲を驚かすなど、『エース候補』として注目されていましたが、今年に入り、レギュラー番組を次々と降板することになりました。

一部報道によると、度重なる遅刻による左遷となっていますが原因は他にもあるかもしれません。それはTBSの慢性的なアナウンサー不足です。1年目から次世代のエース候補として多忙を強いられてきたことで、精神的にも身体的にも疲労が溜まってしまったのかもしれないですね」(芸能プロ関係者)

 TBSは’12年末に退社した青木裕子(40)や’14年に退社した田中みな実(37)など、人気アナが20代のうちに退職してしまうケースが目立っている。中堅や若手のホープらも続々と局を去ったために人材不足が加速。最近も山本里菜アナ(29)が同局の退所を報告したばかりである。

 そういった背景もあり、実質的にエースアナが不在の状況が長く続いており、その影響は深刻だ。特に局内で若手の教育を行える存在が少なく、世代交代はうまくいっていない。急場をしのぐべくフリーアナを多用しているが、それがさらに後進育成の妨げになるという悪循環が起こっているという。


 TBS関係者が苦しい台所事情を明かす。

「当たり前ですが、若手を育てるよりも人気と経験を兼ね備えているフリーアナを起用したほうが、楽に、安全に番組を放送できます。たとえば帯の報道番組である『Nスタ』はホラン千秋(35)が、『news23』は小川彩佳アナ(38)がメインを務めています。

しかし、若手退所の要因となっているのが、このフリーアナの多用です。基本的にフリーアナをメインに据えているため、若手がやりたい帯番組の仕事が回って来ないのです。実際に『局アナを大切にしろ』という声も内部では上がっています。将来のために、目先の成功を捨てて若手育成に注力するタイミングに差し掛かっています」

 もう一つ、人材不足を加速させている原因があるという。前出の芸能プロ関係者が語る。

「若手が育ちにくい背景には、トップを走る安住紳一郎アナ(50)や江藤愛アナ(38)らの過密スケジュールがあると思います。両者共に人気と実力を兼ね備えているため『視聴率ほしさ』で何でもかんでも起用してしまうのですよね。

そのため、若手との交流も減りますし後輩の指導にまで手が行き届かないのが現状です。特に安住アナは日本トップクラスの実力を誇るアナウンサー。若手とベテランをバランス良く起用できれば、人材不足解消の突破口になるかもしれません」

 後進育成への課題が山積みのTBS。喫緊の課題であるエースアナ誕生へ答えを示せるのか。局としての真価が問われている。

2:

>>1 https://news.yahoo.co.jp/articles/dc28b301b370f91d8aaf35e97cfd97371d5d43dd




次期エース・野村彩也子アナに「遅刻で左遷」報道…看板アナが生まれないTBS「苦しすぎる台所事情」

 TBS局内で“エース候補”といわれていた野村彩也子アナ(26)が9月以降、テレビから姿を消している。

 野村アナは、能楽師・野村萬斎の娘としても知られ、’20年に慶應義塾大学を卒業後、TBSに入社。新人らしからぬ人材として、報道からバラエティー番組まで幅広く担当してきたが、9月以降、テレビ・ラジオのレギュラー番組が“ゼロ”になってしまったのだ。

 その原因について『Smart FLASH』は11月22日公開の記事内で「野村アナの度重なる遅刻が原因で、担当番組をすべて降ろされた」と報じた。現在はアナウンス部を離れ、人事部に在籍しているという。

「1年目から華々しいキャリアをスタートさせた野村アナ。2年目には、テレビ・ラジオを含めて10本のレギュラーを担当しており、安定したトークと機転をきかせた対応で周囲を驚かすなど、『エース候補』として注目されていましたが、今年に入り、レギュラー番組を次々と降板することになりました。

一部報道によると、度重なる遅刻による左遷となっていますが原因は他にもあるかもしれません。それはTBSの慢性的なアナウンサー不足です。1年目から次世代のエース候補として多忙を強いられてきたことで、精神的にも身体的にも疲労が溜まってしまったのかもしれないですね」(芸能プロ関係者)

 TBSは’12年末に退社した青木裕子(40)や’14年に退社した田中みな実(37)など、人気アナが20代のうちに退職してしまうケースが目立っている。中堅や若手のホープらも続々と局を去ったために人材不足が加速。最近も山本里菜アナ(29)が同局の退所を報告したばかりである。

 そういった背景もあり、実質的にエースアナが不在の状況が長く続いており、その影響は深刻だ。特に局内で若手の教育を行える存在が少なく、世代交代はうまくいっていない。急場をしのぐべくフリーアナを多用しているが、それがさらに後進育成の妨げになるという悪循環が起こっているという。


 TBS関係者が苦しい台所事情を明かす。

「当たり前ですが、若手を育てるよりも人気と経験を兼ね備えているフリーアナを起用したほうが、楽に、安全に番組を放送できます。たとえば帯の報道番組である『Nスタ』はホラン千秋(35)が、『news23』は小川彩佳アナ(38)がメインを務めています。

しかし、若手退所の要因となっているのが、このフリーアナの多用です。基本的にフリーアナをメインに据えているため、若手がやりたい帯番組の仕事が回って来ないのです。実際に『局アナを大切にしろ』という声も内部では上がっています。将来のために、目先の成功を捨てて若手育成に注力するタイミングに差し掛かっています」

 もう一つ、人材不足を加速させている原因があるという。前出の芸能プロ関係者が語る。

「若手が育ちにくい背景には、トップを走る安住紳一郎アナ(50)や江藤愛アナ(38)らの過密スケジュールがあると思います。両者共に人気と実力を兼ね備えているため『視聴率ほしさ』で何でもかんでも起用してしまうのですよね。

そのため、若手との交流も減りますし後輩の指導にまで手が行き届かないのが現状です。特に安住アナは日本トップクラスの実力を誇るアナウンサー。若手とベテランをバランス良く起用できれば、人材不足解消の突破口になるかもしれません」

 後進育成への課題が山積みのTBS。喫緊の課題であるエースアナ誕生へ答えを示せるのか。局としての真価が問われている。


朝鮮語喋れなきゃ昇進出来ないって言ってたな
そんなとこで良い人材なんて育たないしそもそも来ないだろ

476:

>>2 朝鮮語喋れなきゃ昇進出来ないって言ってたな
そんなとこで良い人材なんて育たないしそもそも来ないだろ


ネトウヨは今日もデマが捗るな

530:

>>476 ネトウヨは今日もデマが捗るな


安住がラジオで言ってたのはマジ

553:

>>530 安住がラジオで言ってたのはマジ


安住が言ってたけど、安住は昇進してるというw

596:

>>2 朝鮮語喋れなきゃ昇進出来ないって言ってたな
そんなとこで良い人材なんて育たないしそもそも来ないだろ


本気で言ってるなら病院に行こう

20:

>>1 https://news.yahoo.co.jp/articles/dc28b301b370f91d8aaf35e97cfd97371d5d43dd




次期エース・野村彩也子アナに「遅刻で左遷」報道…看板アナが生まれないTBS「苦しすぎる台所事情」

 TBS局内で“エース候補”といわれていた野村彩也子アナ(26)が9月以降、テレビから姿を消している。

 野村アナは、能楽師・野村萬斎の娘としても知られ、’20年に慶應義塾大学を卒業後、TBSに入社。新人らしからぬ人材として、報道からバラエティー番組まで幅広く担当してきたが、9月以降、テレビ・ラジオのレギュラー番組が“ゼロ”になってしまったのだ。

 その原因について『Smart FLASH』は11月22日公開の記事内で「野村アナの度重なる遅刻が原因で、担当番組をすべて降ろされた」と報じた。現在はアナウンス部を離れ、人事部に在籍しているという。

「1年目から華々しいキャリアをスタートさせた野村アナ。2年目には、テレビ・ラジオを含めて10本のレギュラーを担当しており、安定したトークと機転をきかせた対応で周囲を驚かすなど、『エース候補』として注目されていましたが、今年に入り、レギュラー番組を次々と降板することになりました。

一部報道によると、度重なる遅刻による左遷となっていますが原因は他にもあるかもしれません。それはTBSの慢性的なアナウンサー不足です。1年目から次世代のエース候補として多忙を強いられてきたことで、精神的にも身体的にも疲労が溜まってしまったのかもしれないですね」(芸能プロ関係者)

 TBSは’12年末に退社した青木裕子(40)や’14年に退社した田中みな実(37)など、人気アナが20代のうちに退職してしまうケースが目立っている。中堅や若手のホープらも続々と局を去ったために人材不足が加速。最近も山本里菜アナ(29)が同局の退所を報告したばかりである。

 そういった背景もあり、実質的にエースアナが不在の状況が長く続いており、その影響は深刻だ。特に局内で若手の教育を行える存在が少なく、世代交代はうまくいっていない。急場をしのぐべくフリーアナを多用しているが、それがさらに後進育成の妨げになるという悪循環が起こっているという。


 TBS関係者が苦しい台所事情を明かす。

「当たり前ですが、若手を育てるよりも人気と経験を兼ね備えているフリーアナを起用したほうが、楽に、安全に番組を放送できます。たとえば帯の報道番組である『Nスタ』はホラン千秋(35)が、『news23』は小川彩佳アナ(38)がメインを務めています。

しかし、若手退所の要因となっているのが、このフリーアナの多用です。基本的にフリーアナをメインに据えているため、若手がやりたい帯番組の仕事が回って来ないのです。実際に『局アナを大切にしろ』という声も内部では上がっています。将来のために、目先の成功を捨てて若手育成に注力するタイミングに差し掛かっています」

 もう一つ、人材不足を加速させている原因があるという。前出の芸能プロ関係者が語る。

「若手が育ちにくい背景には、トップを走る安住紳一郎アナ(50)や江藤愛アナ(38)らの過密スケジュールがあると思います。両者共に人気と実力を兼ね備えているため『視聴率ほしさ』で何でもかんでも起用してしまうのですよね。

そのため、若手との交流も減りますし後輩の指導にまで手が行き届かないのが現状です。特に安住アナは日本トップクラスの実力を誇るアナウンサー。若手とベテランをバランス良く起用できれば、人材不足解消の突破口になるかもしれません」

 後進育成への課題が山積みのTBS。喫緊の課題であるエースアナ誕生へ答えを示せるのか。局としての真価が問われている。


>

ブラひも直してるとこで草

556:

>>20 >

ブラひも直してるとこで草


顔色死人

127:

>>1 https://news.yahoo.co.jp/articles/dc28b301b370f91d8aaf35e97cfd97371d5d43dd




次期エース・野村彩也子アナに「遅刻で左遷」報道…看板アナが生まれないTBS「苦しすぎる台所事情」

 TBS局内で“エース候補”といわれていた野村彩也子アナ(26)が9月以降、テレビから姿を消している。

 野村アナは、能楽師・野村萬斎の娘としても知られ、’20年に慶應義塾大学を卒業後、TBSに入社。新人らしからぬ人材として、報道からバラエティー番組まで幅広く担当してきたが、9月以降、テレビ・ラジオのレギュラー番組が“ゼロ”になってしまったのだ。

 その原因について『Smart FLASH』は11月22日公開の記事内で「野村アナの度重なる遅刻が原因で、担当番組をすべて降ろされた」と報じた。現在はアナウンス部を離れ、人事部に在籍しているという。

「1年目から華々しいキャリアをスタートさせた野村アナ。2年目には、テレビ・ラジオを含めて10本のレギュラーを担当しており、安定したトークと機転をきかせた対応で周囲を驚かすなど、『エース候補』として注目されていましたが、今年に入り、レギュラー番組を次々と降板することになりました。

一部報道によると、度重なる遅刻による左遷となっていますが原因は他にもあるかもしれません。それはTBSの慢性的なアナウンサー不足です。1年目から次世代のエース候補として多忙を強いられてきたことで、精神的にも身体的にも疲労が溜まってしまったのかもしれないですね」(芸能プロ関係者)

 TBSは’12年末に退社した青木裕子(40)や’14年に退社した田中みな実(37)など、人気アナが20代のうちに退職してしまうケースが目立っている。中堅や若手のホープらも続々と局を去ったために人材不足が加速。最近も山本里菜アナ(29)が同局の退所を報告したばかりである。

 そういった背景もあり、実質的にエースアナが不在の状況が長く続いており、その影響は深刻だ。特に局内で若手の教育を行える存在が少なく、世代交代はうまくいっていない。急場をしのぐべくフリーアナを多用しているが、それがさらに後進育成の妨げになるという悪循環が起こっているという。


 TBS関係者が苦しい台所事情を明かす。

「当たり前ですが、若手を育てるよりも人気と経験を兼ね備えているフリーアナを起用したほうが、楽に、安全に番組を放送できます。たとえば帯の報道番組である『Nスタ』はホラン千秋(35)が、『news23』は小川彩佳アナ(38)がメインを務めています。

しかし、若手退所の要因となっているのが、このフリーアナの多用です。基本的にフリーアナをメインに据えているため、若手がやりたい帯番組の仕事が回って来ないのです。実際に『局アナを大切にしろ』という声も内部では上がっています。将来のために、目先の成功を捨てて若手育成に注力するタイミングに差し掛かっています」

 もう一つ、人材不足を加速させている原因があるという。前出の芸能プロ関係者が語る。

「若手が育ちにくい背景には、トップを走る安住紳一郎アナ(50)や江藤愛アナ(38)らの過密スケジュールがあると思います。両者共に人気と実力を兼ね備えているため『視聴率ほしさ』で何でもかんでも起用してしまうのですよね。

そのため、若手との交流も減りますし後輩の指導にまで手が行き届かないのが現状です。特に安住アナは日本トップクラスの実力を誇るアナウンサー。若手とベテランをバランス良く起用できれば、人材不足解消の突破口になるかもしれません」

 後進育成への課題が山積みのTBS。喫緊の課題であるエースアナ誕生へ答えを示せるのか。局としての真価が問われている。


20年前なんて、「TBSアナウンサーは安住紳一郎しかいないのか」ってくらい安住が酷使されてた

174:

>>1 https://news.yahoo.co.jp/articles/dc28b301b370f91d8aaf35e97cfd97371d5d43dd




次期エース・野村彩也子アナに「遅刻で左遷」報道…看板アナが生まれないTBS「苦しすぎる台所事情」

 TBS局内で“エース候補”といわれていた野村彩也子アナ(26)が9月以降、テレビから姿を消している。

 野村アナは、能楽師・野村萬斎の娘としても知られ、’20年に慶應義塾大学を卒業後、TBSに入社。新人らしからぬ人材として、報道からバラエティー番組まで幅広く担当してきたが、9月以降、テレビ・ラジオのレギュラー番組が“ゼロ”になってしまったのだ。

 その原因について『Smart FLASH』は11月22日公開の記事内で「野村アナの度重なる遅刻が原因で、担当番組をすべて降ろされた」と報じた。現在はアナウンス部を離れ、人事部に在籍しているという。

「1年目から華々しいキャリアをスタートさせた野村アナ。2年目には、テレビ・ラジオを含めて10本のレギュラーを担当しており、安定したトークと機転をきかせた対応で周囲を驚かすなど、『エース候補』として注目されていましたが、今年に入り、レギュラー番組を次々と降板することになりました。

一部報道によると、度重なる遅刻による左遷となっていますが原因は他にもあるかもしれません。それはTBSの慢性的なアナウンサー不足です。1年目から次世代のエース候補として多忙を強いられてきたことで、精神的にも身体的にも疲労が溜まってしまったのかもしれないですね」(芸能プロ関係者)

 TBSは’12年末に退社した青木裕子(40)や’14年に退社した田中みな実(37)など、人気アナが20代のうちに退職してしまうケースが目立っている。中堅や若手のホープらも続々と局を去ったために人材不足が加速。最近も山本里菜アナ(29)が同局の退所を報告したばかりである。

 そういった背景もあり、実質的にエースアナが不在の状況が長く続いており、その影響は深刻だ。特に局内で若手の教育を行える存在が少なく、世代交代はうまくいっていない。急場をしのぐべくフリーアナを多用しているが、それがさらに後進育成の妨げになるという悪循環が起こっているという。


 TBS関係者が苦しい台所事情を明かす。

「当たり前ですが、若手を育てるよりも人気と経験を兼ね備えているフリーアナを起用したほうが、楽に、安全に番組を放送できます。たとえば帯の報道番組である『Nスタ』はホラン千秋(35)が、『news23』は小川彩佳アナ(38)がメインを務めています。

しかし、若手退所の要因となっているのが、このフリーアナの多用です。基本的にフリーアナをメインに据えているため、若手がやりたい帯番組の仕事が回って来ないのです。実際に『局アナを大切にしろ』という声も内部では上がっています。将来のために、目先の成功を捨てて若手育成に注力するタイミングに差し掛かっています」

 もう一つ、人材不足を加速させている原因があるという。前出の芸能プロ関係者が語る。

「若手が育ちにくい背景には、トップを走る安住紳一郎アナ(50)や江藤愛アナ(38)らの過密スケジュールがあると思います。両者共に人気と実力を兼ね備えているため『視聴率ほしさ』で何でもかんでも起用してしまうのですよね。

そのため、若手との交流も減りますし後輩の指導にまで手が行き届かないのが現状です。特に安住アナは日本トップクラスの実力を誇るアナウンサー。若手とベテランをバランス良く起用できれば、人材不足解消の突破口になるかもしれません」

 後進育成への課題が山積みのTBS。喫緊の課題であるエースアナ誕生へ答えを示せるのか。局としての真価が問われている。


慶應出身の女子アナで大成したのはいないイメージ
青学出身の女子アナのほうが人気女子アナが多いイメージ

194:

>>174 慶應出身の女子アナで大成したのはいないイメージ
青学出身の女子アナのほうが人気女子アナが多いイメージ


フジ連中がイメージ落としたからな→青山
TBSもヤマリナ以来採用してないのよね

308:

>>1 https://news.yahoo.co.jp/articles/dc28b301b370f91d8aaf35e97cfd97371d5d43dd




次期エース・野村彩也子アナに「遅刻で左遷」報道…看板アナが生まれないTBS「苦しすぎる台所事情」

 TBS局内で“エース候補”といわれていた野村彩也子アナ(26)が9月以降、テレビから姿を消している。

 野村アナは、能楽師・野村萬斎の娘としても知られ、’20年に慶應義塾大学を卒業後、TBSに入社。新人らしからぬ人材として、報道からバラエティー番組まで幅広く担当してきたが、9月以降、テレビ・ラジオのレギュラー番組が“ゼロ”になってしまったのだ。

 その原因について『Smart FLASH』は11月22日公開の記事内で「野村アナの度重なる遅刻が原因で、担当番組をすべて降ろされた」と報じた。現在はアナウンス部を離れ、人事部に在籍しているという。

「1年目から華々しいキャリアをスタートさせた野村アナ。2年目には、テレビ・ラジオを含めて10本のレギュラーを担当しており、安定したトークと機転をきかせた対応で周囲を驚かすなど、『エース候補』として注目されていましたが、今年に入り、レギュラー番組を次々と降板することになりました。

一部報道によると、度重なる遅刻による左遷となっていますが原因は他にもあるかもしれません。それはTBSの慢性的なアナウンサー不足です。1年目から次世代のエース候補として多忙を強いられてきたことで、精神的にも身体的にも疲労が溜まってしまったのかもしれないですね」(芸能プロ関係者)

 TBSは’12年末に退社した青木裕子(40)や’14年に退社した田中みな実(37)など、人気アナが20代のうちに退職してしまうケースが目立っている。中堅や若手のホープらも続々と局を去ったために人材不足が加速。最近も山本里菜アナ(29)が同局の退所を報告したばかりである。

 そういった背景もあり、実質的にエースアナが不在の状況が長く続いており、その影響は深刻だ。特に局内で若手の教育を行える存在が少なく、世代交代はうまくいっていない。急場をしのぐべくフリーアナを多用しているが、それがさらに後進育成の妨げになるという悪循環が起こっているという。


 TBS関係者が苦しい台所事情を明かす。

「当たり前ですが、若手を育てるよりも人気と経験を兼ね備えているフリーアナを起用したほうが、楽に、安全に番組を放送できます。たとえば帯の報道番組である『Nスタ』はホラン千秋(35)が、『news23』は小川彩佳アナ(38)がメインを務めています。

しかし、若手退所の要因となっているのが、このフリーアナの多用です。基本的にフリーアナをメインに据えているため、若手がやりたい帯番組の仕事が回って来ないのです。実際に『局アナを大切にしろ』という声も内部では上がっています。将来のために、目先の成功を捨てて若手育成に注力するタイミングに差し掛かっています」

 もう一つ、人材不足を加速させている原因があるという。前出の芸能プロ関係者が語る。

「若手が育ちにくい背景には、トップを走る安住紳一郎アナ(50)や江藤愛アナ(38)らの過密スケジュールがあると思います。両者共に人気と実力を兼ね備えているため『視聴率ほしさ』で何でもかんでも起用してしまうのですよね。

そのため、若手との交流も減りますし後輩の指導にまで手が行き届かないのが現状です。特に安住アナは日本トップクラスの実力を誇るアナウンサー。若手とベテランをバランス良く起用できれば、人材不足解消の突破口になるかもしれません」

 後進育成への課題が山積みのTBS。喫緊の課題であるエースアナ誕生へ答えを示せるのか。局としての真価が問われている。


上智のビッチ、萌音がいるだろ

312:

>>1 https://news.yahoo.co.jp/articles/dc28b301b370f91d8aaf35e97cfd97371d5d43dd




次期エース・野村彩也子アナに「遅刻で左遷」報道…看板アナが生まれないTBS「苦しすぎる台所事情」

 TBS局内で“エース候補”といわれていた野村彩也子アナ(26)が9月以降、テレビから姿を消している。

 野村アナは、能楽師・野村萬斎の娘としても知られ、’20年に慶應義塾大学を卒業後、TBSに入社。新人らしからぬ人材として、報道からバラエティー番組まで幅広く担当してきたが、9月以降、テレビ・ラジオのレギュラー番組が“ゼロ”になってしまったのだ。

 その原因について『Smart FLASH』は11月22日公開の記事内で「野村アナの度重なる遅刻が原因で、担当番組をすべて降ろされた」と報じた。現在はアナウンス部を離れ、人事部に在籍しているという。

「1年目から華々しいキャリアをスタートさせた野村アナ。2年目には、テレビ・ラジオを含めて10本のレギュラーを担当しており、安定したトークと機転をきかせた対応で周囲を驚かすなど、『エース候補』として注目されていましたが、今年に入り、レギュラー番組を次々と降板することになりました。

一部報道によると、度重なる遅刻による左遷となっていますが原因は他にもあるかもしれません。それはTBSの慢性的なアナウンサー不足です。1年目から次世代のエース候補として多忙を強いられてきたことで、精神的にも身体的にも疲労が溜まってしまったのかもしれないですね」(芸能プロ関係者)

 TBSは’12年末に退社した青木裕子(40)や’14年に退社した田中みな実(37)など、人気アナが20代のうちに退職してしまうケースが目立っている。中堅や若手のホープらも続々と局を去ったために人材不足が加速。最近も山本里菜アナ(29)が同局の退所を報告したばかりである。

 そういった背景もあり、実質的にエースアナが不在の状況が長く続いており、その影響は深刻だ。特に局内で若手の教育を行える存在が少なく、世代交代はうまくいっていない。急場をしのぐべくフリーアナを多用しているが、それがさらに後進育成の妨げになるという悪循環が起こっているという。


 TBS関係者が苦しい台所事情を明かす。

「当たり前ですが、若手を育てるよりも人気と経験を兼ね備えているフリーアナを起用したほうが、楽に、安全に番組を放送できます。たとえば帯の報道番組である『Nスタ』はホラン千秋(35)が、『news23』は小川彩佳アナ(38)がメインを務めています。

しかし、若手退所の要因となっているのが、このフリーアナの多用です。基本的にフリーアナをメインに据えているため、若手がやりたい帯番組の仕事が回って来ないのです。実際に『局アナを大切にしろ』という声も内部では上がっています。将来のために、目先の成功を捨てて若手育成に注力するタイミングに差し掛かっています」

 もう一つ、人材不足を加速させている原因があるという。前出の芸能プロ関係者が語る。

「若手が育ちにくい背景には、トップを走る安住紳一郎アナ(50)や江藤愛アナ(38)らの過密スケジュールがあると思います。両者共に人気と実力を兼ね備えているため『視聴率ほしさ』で何でもかんでも起用してしまうのですよね。

そのため、若手との交流も減りますし後輩の指導にまで手が行き届かないのが現状です。特に安住アナは日本トップクラスの実力を誇るアナウンサー。若手とベテランをバランス良く起用できれば、人材不足解消の突破口になるかもしれません」

 後進育成への課題が山積みのTBS。喫緊の課題であるエースアナ誕生へ答えを示せるのか。局としての真価が問われている。


上智のビッチ、萌音がいるだろ

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

27:

この年の女子アナで唯一TBSに入社したのがこの子でこんなことになってしまうとは。

32:

TBSは一時期女子アナに変なキャラ付けしてたのが響いてる
他の局はそのアナの特性をさらに助長した売り方だったけど
TBSは無理矢理キャラ付けしてた感じ
そのプレッシャーに耐えられなくてみんな早々に退社

81:

>>32 TBSは一時期女子アナに変なキャラ付けしてたのが響いてる
他の局はそのアナの特性をさらに助長した売り方だったけど
TBSは無理矢理キャラ付けしてた感じ
そのプレッシャーに耐えられなくてみんな早々に退社


そう言えば以前女子アナの罰て番組やってたよな
ある意味から騒ぎのTBS自社女子アナ版というか

130:

>>81 そう言えば以前女子アナの罰て番組やってたよな
ある意味から騒ぎのTBS自社女子アナ版というか


田中みな実がウソ発見器掛けられる企画で
「ゆくゆくは、フリーになろうと考えてる」
って質問に、本人は「いいえ」って何度も否定してる
のに、針が振り切るぐらい反応してたのは
糞ワロタ。

135:

>>130 田中みな実がウソ発見器掛けられる企画で
「ゆくゆくは、フリーになろうと考えてる」
って質問に、本人は「いいえ」って何度も否定してる
のに、針が振り切るぐらい反応してたのは
糞ワロタ。


田中みな実はフリーになってもアナウンサー需要ゼロ
むしろ、俳優の今がイキイキしてる

令和の野際陽子

190:

>>130 田中みな実がウソ発見器掛けられる企画で
「ゆくゆくは、フリーになろうと考えてる」
って質問に、本人は「いいえ」って何度も否定してる
のに、針が振り切るぐらい反応してたのは
糞ワロタ。


加藤シルビアのセミの幼虫もめちゃくちゃ笑った

147:

名古屋のアナとかバカにされがちだけど、キー局と比べると良い職場環境だと思うよ
ゴゴスマの古川アナとか、子どもの学校行事で土曜朝の情報バラエティー番組平気で休むし
その番組のMCの一人の南部アナも、子どもの入学式に出る為に途中退席とか当たり前
かなり緩いw
それでいて、MCの東貴博や友近ともプライベートでも仲が良い

228:

野村萬娘は正直アナウンサーとしての適正がなかったと思う
遅刻癖は知らんがとにかく声が悪い
バラエティなら気にならないだろうけどニュースを読める声じゃない
テレビに出たかったならパパの七光りを利用して普通にタレントになってれば良かったのに

303:

tbsは昔「北チョンランド」の呼称問題で在日に恐喝と恫喝されて。
「在日特別採用枠」を設けて、一定数の在日を社員として採用することで決着した、とネットの書き込みを見たことあるな。
もうその第1世代はtbsの局幹部になってるし、女子穴の過半数は在日オンナだそうだ。
本当け?

701:

>>303 tbsは昔「北チョンランド」の呼称問題で在日に恐喝と恫喝されて。
「在日特別採用枠」を設けて、一定数の在日を社員として採用することで決着した、とネットの書き込みを見たことあるな。
もうその第1世代はtbsの局幹部になってるし、女子穴の過半数は在日オンナだそうだ。
本当け?


本当だよ
その事件以降、在日朝鮮人を無試験登用してるし、女子穴はほぼ在日朝鮮人
あの田中みな実もそう

334:

TBSって安住紳一郎さん以外自分が自分がってアナいないと思う。
安住さん自体も分を弁えてアナウンサー業を軸にしてるし。

たまに出てくる田中みなみみたいなのは元々TBSっぽくない。
そういうのはフジテレビにやらせとけば良い。

おれはこないだランドセル背負ってポチってた人が好き。

派閥を作りたがる小林・古谷ははやくいなくなってほしい。

336:

>>334 TBSって安住紳一郎さん以外自分が自分がってアナいないと思う。
安住さん自体も分を弁えてアナウンサー業を軸にしてるし。

たまに出てくる田中みなみみたいなのは元々TBSっぽくない。
そういうのはフジテレビにやらせとけば良い。

おれはこないだランドセル背負ってポチってた人が好き。

派閥を作りたがる小林・古谷ははやくいなくなってほしい。


宇垣とか日本女子大組とか厄介なのは辞めたからな

339:

>>334 TBSって安住紳一郎さん以外自分が自分がってアナいないと思う。
安住さん自体も分を弁えてアナウンサー業を軸にしてるし。

たまに出てくる田中みなみみたいなのは元々TBSっぽくない。
そういうのはフジテレビにやらせとけば良い。

おれはこないだランドセル背負ってポチってた人が好き。

派閥を作りたがる小林・古谷ははやくいなくなってほしい。


野村は温くてコネ天国のフジに入ればどちらも幸せだったと思う

417:

突然担当番組がゼロになったのは
遅刻癖を見兼ねた安住アナが下した厳しい判断によるものなので
野村萬斎が安住アナに対してかなり男色を示している
というのを少し前に実況板で見たんだが、この件だったのか

423:

>>417 突然担当番組がゼロになったのは
遅刻癖を見兼ねた安住アナが下した厳しい判断によるものなので
野村萬斎が安住アナに対してかなり男色を示している
というのを少し前に実況板で見たんだが、この件だったのか


男色か・・・

451:

> 2年目には、テレビ・ラジオを含めて10本のレギュラーを担当
局が酷使して壊れたんやろ

541:

本来なら今頃あの娘がエースだったのにNHKに取られたという失態 TBSは後悔の念 あまりにも近年アイドルアナウンサーへ指向転回したのが仇となり育たないすべての局に言える事

603:

TBSは20代の女性アナウンサーは人数が多くて実力派も結構いるので層が厚い。
30代の女性アナウンサーが少ないため江藤アナに頼らざるを得ない状態になっている。
反対に20代、30代の男性アナウンサーが少なすぎるからTBSの将来が心配になる。

この記事の野村アナは化粧がケバ過ぎて苦手だったので、THE TIME,からいなくなって番組が見やすくなった。
父親のコネ入社だろうし。

636:

>「若手が育ちにくい背景には、トップを走る安住紳一郎アナらの過密スケジュール
>『視聴率ほしさ』で何でもかんでも起用してしまうのですよね。
>若手とベテランをバランス良く起用できれば、人材不足解消の突破口になるかもしれません」

最善手は安住アナがフリーになることだろう
フリーになってもTIMEと7Daysだけ契約で残すだけでTBSも妥協でき、新人の仕事も回ってくる

で、、、安住江藤だけが忙しすぎるって事では野村が遅刻する話とは矛盾してないか?
野村も激務だってことなんだろ?

652:

> 1年目から華々しいキャリアをスタートさせた野村アナ。2年目には、テレビ・ラジオを含めて10本のレギュラーを担当しており

なんかいろいろ無理がある記事だな
ルックスも技術もイマイチなのに東京オリパラで親父が踊る予定だったから
異様な抜擢だった
それがなくなったら需要なくなるのは当然

695:

これ書いてるライターは本当にニワカ過ぎるな
次期エースでもなんでもないのに不自然に持ち上げたり、
最近だと山本里菜はフリーになったけど、
女子アナの退社は結構間が空いてたのに

727:

野村娘は同期アナとの絡み見たことなかったけどこの年は他に女採用してないんだな
他の代が同期と仲良しみたいな記事見るけど彼女はその面でも馴染んでなかった感じ
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1701053021

Comments 0

コメントはまだありません。