病名不明で入院の渡邊渚アナ、1カ月ぶりの“生存報告”で「私の26年はいくらになる?」  - ドラマ
げいのうまとめんぬ

病名不明で入院の渡邊渚アナ、1カ月ぶりの“生存報告”で「私の26年はいくらになる?」 

2023/11/27
ドラマ 0
  • 病名不明で入院の渡邊渚アナ、1カ月ぶりの“生存報告”で「私の26年はいくらになる?」入院直後の直筆日記は荒い字で「手の力も入らない」 11/26(日) 13:00配信 4月時点の渡邊アナ(画像は渡邊渚Instagramから) フジテレビの渡邊渚アナが11月26日にInstagramストーリーズを更新。
  • 入院後の8月と11月に書いた日記を一部公開し、1カ月ぶりに現在の心境をつづりました。
  • 【比較画像】公開された“入院直後”の姿 まず、数日前にあたる11月24日(金)の日付が書かれた日記では、「命の価値って何だろう。
  • 人生を値段にするならば、できるならば、私の26年はいくらになる?」「人生のリセットボタンがあるならば私はすがるように押しただろうに」と美しい字で苦しい胸の内を吐露。
  • 日記を捉えた写真には本人のコメントもつづられており、「今日は1日中ぐったりで家にこもる。
  • また渡邊アナは、「ちなみにこれが書けなくなる前、最後の日記(8/2)」と説明し、入院1カ月ほどした段階の日記も公開。
  • 渡邊アナは最後の投稿で、入院中に友人からもらったというぬいぐるみの写真に添えて「欲張ってはいけないよなー。
  • 渡邊アナは2020年4月にフジテレビに入社。
  • 2023年1月からはバラエティー番組「ぽかぽか」(フジテレビ系)の木曜進行アナウンサーとして出演していましたが、半年後の7月に体調不良で入院し休職しました。
  • 入院から3カ月ほどたった10月22日にInstagramを更新し、「この4ヶ月で私はいろんなものを失いました」「もっと自分を大切にしていればよかった。

1:

病名不明で入院の渡邊渚アナ、1カ月ぶりの“生存報告”で「私の26年はいくらになる?」 入院直後の直筆日記は荒い字で「手の力も入らない」

11/26(日) 13:00配信

4月時点の渡邊アナ(画像は渡邊渚Instagramから)

 フジテレビの渡邊渚アナが11月26日にInstagramストーリーズを更新。入院後の8月と11月に書いた日記を一部公開し、1カ月ぶりに現在の心境をつづりました。

【比較画像】公開された“入院直後”の姿

 まず、数日前にあたる11月24日(金)の日付が書かれた日記では、「命の価値って何だろう。人生を値段にするならば、できるならば、私の26年はいくらになる?」「人生のリセットボタンがあるならば私はすがるように押しただろうに」と美しい字で苦しい胸の内を吐露。

 日記を捉えた写真には本人のコメントもつづられており、「今日は1日中ぐったりで家にこもる。あれもやりたいこれもやりたいと思っても身体が動いてくれなくて、マイナスな気持ちが占領してしまう」と病に苦しむ暗い心情を伝えていました。

 しかし一方で、「でも良く考えたらまた字を書けるようになったこと自体、すごいこと!」「10年以上毎日書いていた日記を数カ月ぶりに書けるようになってまだ全然汚い字だけど自分の気持ちを残せるだけても嬉しくて幸せなこと」と着実な回復に前向きな様子もみせています。

 また渡邊アナは、「ちなみにこれが書けなくなる前、最後の日記(8/2)」と説明し、入院1カ月ほどした段階の日記も公開。3カ月後の端正な筆跡とは打って変わって、乱れた字で「やわらかいたべものが多かったから気づかなかったが、のみこみがつらい」「今日は手の力も入らない」と報告。

 最後にはゆがんだ文字で「だるくて起きてる姿勢をつづけられない」と書かれていました。。

 当時の状態については「手にゴムバンドを固定してなんとか書いてたけど最後めちゃくちゃな字になってますね笑」「ペンをしっかり握りしめるだけでも体力をつかう…!」とし、自力でペンを握ることも難しかった様子。「この日以降は基本スマホの音声入力で書き残したいことはメモしてました」とスマホ相手の“口述筆記”状態になっていたことも告白していました。

 渡邊アナは最後の投稿で、入院中に友人からもらったというぬいぐるみの写真に添えて「欲張ってはいけないよなー。1つずつゆっくりクリアしようと思った1日でした」「色々ぼやいてしまいましたが、とにかく渡邊は生きてますよーという生存報告でした! 笑」と久々となった近況報告をまとめていました。

 渡邊アナは2020年4月にフジテレビに入社。2023年1月からはバラエティー番組「ぽかぽか」(フジテレビ系)の木曜進行アナウンサーとして出演していましたが、半年後の7月に体調不良で入院し休職しました。

 入院から3カ月ほどたった10月22日にInstagramを更新し、「この4ヶ月で私はいろんなものを失いました」「もっと自分を大切にしていればよかった。身体の悲鳴に耳を傾ければよかった、心に素直になればよかった」「時を戻すことも、人生をやり直すこともできません」と詳細を伏せたまま、先行きを案じる苦しみに満ちた言葉を書きつらねていました。

 なお、病状などについては明かされておらず、渡邊アナの投稿でも現在に至るまで言及されていません。

https://news.yahoo.co.jp/articles/60ba02d27348b817ca2190152d39cd9bbe8d4f13

141:

>>1 病名不明で入院の渡邊渚アナ、1カ月ぶりの“生存報告”で「私の26年はいくらになる?」 入院直後の直筆日記は荒い字で「手の力も入らない」

11/26(日) 13:00配信

4月時点の渡邊アナ(画像は渡邊渚Instagramから)

 フジテレビの渡邊渚アナが11月26日にInstagramストーリーズを更新。入院後の8月と11月に書いた日記を一部公開し、1カ月ぶりに現在の心境をつづりました。

【比較画像】公開された“入院直後”の姿

 まず、数日前にあたる11月24日(金)の日付が書かれた日記では、「命の価値って何だろう。人生を値段にするならば、できるならば、私の26年はいくらになる?」「人生のリセットボタンがあるならば私はすがるように押しただろうに」と美しい字で苦しい胸の内を吐露。

 日記を捉えた写真には本人のコメントもつづられており、「今日は1日中ぐったりで家にこもる。あれもやりたいこれもやりたいと思っても身体が動いてくれなくて、マイナスな気持ちが占領してしまう」と病に苦しむ暗い心情を伝えていました。

 しかし一方で、「でも良く考えたらまた字を書けるようになったこと自体、すごいこと!」「10年以上毎日書いていた日記を数カ月ぶりに書けるようになってまだ全然汚い字だけど自分の気持ちを残せるだけても嬉しくて幸せなこと」と着実な回復に前向きな様子もみせています。

 また渡邊アナは、「ちなみにこれが書けなくなる前、最後の日記(8/2)」と説明し、入院1カ月ほどした段階の日記も公開。3カ月後の端正な筆跡とは打って変わって、乱れた字で「やわらかいたべものが多かったから気づかなかったが、のみこみがつらい」「今日は手の力も入らない」と報告。

 最後にはゆがんだ文字で「だるくて起きてる姿勢をつづけられない」と書かれていました。。

 当時の状態については「手にゴムバンドを固定してなんとか書いてたけど最後めちゃくちゃな字になってますね笑」「ペンをしっかり握りしめるだけでも体力をつかう…!」とし、自力でペンを握ることも難しかった様子。「この日以降は基本スマホの音声入力で書き残したいことはメモしてました」とスマホ相手の“口述筆記”状態になっていたことも告白していました。

 渡邊アナは最後の投稿で、入院中に友人からもらったというぬいぐるみの写真に添えて「欲張ってはいけないよなー。1つずつゆっくりクリアしようと思った1日でした」「色々ぼやいてしまいましたが、とにかく渡邊は生きてますよーという生存報告でした! 笑」と久々となった近況報告をまとめていました。

 渡邊アナは2020年4月にフジテレビに入社。2023年1月からはバラエティー番組「ぽかぽか」(フジテレビ系)の木曜進行アナウンサーとして出演していましたが、半年後の7月に体調不良で入院し休職しました。

 入院から3カ月ほどたった10月22日にInstagramを更新し、「この4ヶ月で私はいろんなものを失いました」「もっと自分を大切にしていればよかった。身体の悲鳴に耳を傾ければよかった、心に素直になればよかった」「時を戻すことも、人生をやり直すこともできません」と詳細を伏せたまま、先行きを案じる苦しみに満ちた言葉を書きつらねていました。

 なお、病状などについては明かされておらず、渡邊アナの投稿でも現在に至るまで言及されていません。

https://news.yahoo.co.jp/articles/60ba02d27348b817ca2190152d39cd9bbe8d4f13


コメにオッパイとか書いてあるSSをY!に載せるのかよw

142:

>>1 病名不明で入院の渡邊渚アナ、1カ月ぶりの“生存報告”で「私の26年はいくらになる?」 入院直後の直筆日記は荒い字で「手の力も入らない」

11/26(日) 13:00配信

4月時点の渡邊アナ(画像は渡邊渚Instagramから)

 フジテレビの渡邊渚アナが11月26日にInstagramストーリーズを更新。入院後の8月と11月に書いた日記を一部公開し、1カ月ぶりに現在の心境をつづりました。

【比較画像】公開された“入院直後”の姿

 まず、数日前にあたる11月24日(金)の日付が書かれた日記では、「命の価値って何だろう。人生を値段にするならば、できるならば、私の26年はいくらになる?」「人生のリセットボタンがあるならば私はすがるように押しただろうに」と美しい字で苦しい胸の内を吐露。

 日記を捉えた写真には本人のコメントもつづられており、「今日は1日中ぐったりで家にこもる。あれもやりたいこれもやりたいと思っても身体が動いてくれなくて、マイナスな気持ちが占領してしまう」と病に苦しむ暗い心情を伝えていました。

 しかし一方で、「でも良く考えたらまた字を書けるようになったこと自体、すごいこと!」「10年以上毎日書いていた日記を数カ月ぶりに書けるようになってまだ全然汚い字だけど自分の気持ちを残せるだけても嬉しくて幸せなこと」と着実な回復に前向きな様子もみせています。

 また渡邊アナは、「ちなみにこれが書けなくなる前、最後の日記(8/2)」と説明し、入院1カ月ほどした段階の日記も公開。3カ月後の端正な筆跡とは打って変わって、乱れた字で「やわらかいたべものが多かったから気づかなかったが、のみこみがつらい」「今日は手の力も入らない」と報告。

 最後にはゆがんだ文字で「だるくて起きてる姿勢をつづけられない」と書かれていました。。

 当時の状態については「手にゴムバンドを固定してなんとか書いてたけど最後めちゃくちゃな字になってますね笑」「ペンをしっかり握りしめるだけでも体力をつかう…!」とし、自力でペンを握ることも難しかった様子。「この日以降は基本スマホの音声入力で書き残したいことはメモしてました」とスマホ相手の“口述筆記”状態になっていたことも告白していました。

 渡邊アナは最後の投稿で、入院中に友人からもらったというぬいぐるみの写真に添えて「欲張ってはいけないよなー。1つずつゆっくりクリアしようと思った1日でした」「色々ぼやいてしまいましたが、とにかく渡邊は生きてますよーという生存報告でした! 笑」と久々となった近況報告をまとめていました。

 渡邊アナは2020年4月にフジテレビに入社。2023年1月からはバラエティー番組「ぽかぽか」(フジテレビ系)の木曜進行アナウンサーとして出演していましたが、半年後の7月に体調不良で入院し休職しました。

 入院から3カ月ほどたった10月22日にInstagramを更新し、「この4ヶ月で私はいろんなものを失いました」「もっと自分を大切にしていればよかった。身体の悲鳴に耳を傾ければよかった、心に素直になればよかった」「時を戻すことも、人生をやり直すこともできません」と詳細を伏せたまま、先行きを案じる苦しみに満ちた言葉を書きつらねていました。

 なお、病状などについては明かされておらず、渡邊アナの投稿でも現在に至るまで言及されていません。

https://news.yahoo.co.jp/articles/60ba02d27348b817ca2190152d39cd9bbe8d4f13


本人が一番原因を分かってんだろ

はやくワクチンの被害者団体に加わって
ワクチン被害の実態を公然と晒すべき

それがマスコミ業界に籍を置いているものの責任だろ

284:

>>1 病名不明で入院の渡邊渚アナ、1カ月ぶりの“生存報告”で「私の26年はいくらになる?」 入院直後の直筆日記は荒い字で「手の力も入らない」

11/26(日) 13:00配信

4月時点の渡邊アナ(画像は渡邊渚Instagramから)

 フジテレビの渡邊渚アナが11月26日にInstagramストーリーズを更新。入院後の8月と11月に書いた日記を一部公開し、1カ月ぶりに現在の心境をつづりました。

【比較画像】公開された“入院直後”の姿

 まず、数日前にあたる11月24日(金)の日付が書かれた日記では、「命の価値って何だろう。人生を値段にするならば、できるならば、私の26年はいくらになる?」「人生のリセットボタンがあるならば私はすがるように押しただろうに」と美しい字で苦しい胸の内を吐露。

 日記を捉えた写真には本人のコメントもつづられており、「今日は1日中ぐったりで家にこもる。あれもやりたいこれもやりたいと思っても身体が動いてくれなくて、マイナスな気持ちが占領してしまう」と病に苦しむ暗い心情を伝えていました。

 しかし一方で、「でも良く考えたらまた字を書けるようになったこと自体、すごいこと!」「10年以上毎日書いていた日記を数カ月ぶりに書けるようになってまだ全然汚い字だけど自分の気持ちを残せるだけても嬉しくて幸せなこと」と着実な回復に前向きな様子もみせています。

 また渡邊アナは、「ちなみにこれが書けなくなる前、最後の日記(8/2)」と説明し、入院1カ月ほどした段階の日記も公開。3カ月後の端正な筆跡とは打って変わって、乱れた字で「やわらかいたべものが多かったから気づかなかったが、のみこみがつらい」「今日は手の力も入らない」と報告。

 最後にはゆがんだ文字で「だるくて起きてる姿勢をつづけられない」と書かれていました。。

 当時の状態については「手にゴムバンドを固定してなんとか書いてたけど最後めちゃくちゃな字になってますね笑」「ペンをしっかり握りしめるだけでも体力をつかう…!」とし、自力でペンを握ることも難しかった様子。「この日以降は基本スマホの音声入力で書き残したいことはメモしてました」とスマホ相手の“口述筆記”状態になっていたことも告白していました。

 渡邊アナは最後の投稿で、入院中に友人からもらったというぬいぐるみの写真に添えて「欲張ってはいけないよなー。1つずつゆっくりクリアしようと思った1日でした」「色々ぼやいてしまいましたが、とにかく渡邊は生きてますよーという生存報告でした! 笑」と久々となった近況報告をまとめていました。

 渡邊アナは2020年4月にフジテレビに入社。2023年1月からはバラエティー番組「ぽかぽか」(フジテレビ系)の木曜進行アナウンサーとして出演していましたが、半年後の7月に体調不良で入院し休職しました。

 入院から3カ月ほどたった10月22日にInstagramを更新し、「この4ヶ月で私はいろんなものを失いました」「もっと自分を大切にしていればよかった。身体の悲鳴に耳を傾ければよかった、心に素直になればよかった」「時を戻すことも、人生をやり直すこともできません」と詳細を伏せたまま、先行きを案じる苦しみに満ちた言葉を書きつらねていました。

 なお、病状などについては明かされておらず、渡邊アナの投稿でも現在に至るまで言及されていません。

https://news.yahoo.co.jp/articles/60ba02d27348b817ca2190152d39cd9bbe8d4f13


大したことないんだろ
低血圧だから起きれないとかそんな感じかな

635:

>>1 病名不明で入院の渡邊渚アナ、1カ月ぶりの“生存報告”で「私の26年はいくらになる?」 入院直後の直筆日記は荒い字で「手の力も入らない」

11/26(日) 13:00配信

4月時点の渡邊アナ(画像は渡邊渚Instagramから)

 フジテレビの渡邊渚アナが11月26日にInstagramストーリーズを更新。入院後の8月と11月に書いた日記を一部公開し、1カ月ぶりに現在の心境をつづりました。

【比較画像】公開された“入院直後”の姿

 まず、数日前にあたる11月24日(金)の日付が書かれた日記では、「命の価値って何だろう。人生を値段にするならば、できるならば、私の26年はいくらになる?」「人生のリセットボタンがあるならば私はすがるように押しただろうに」と美しい字で苦しい胸の内を吐露。

 日記を捉えた写真には本人のコメントもつづられており、「今日は1日中ぐったりで家にこもる。あれもやりたいこれもやりたいと思っても身体が動いてくれなくて、マイナスな気持ちが占領してしまう」と病に苦しむ暗い心情を伝えていました。

 しかし一方で、「でも良く考えたらまた字を書けるようになったこと自体、すごいこと!」「10年以上毎日書いていた日記を数カ月ぶりに書けるようになってまだ全然汚い字だけど自分の気持ちを残せるだけても嬉しくて幸せなこと」と着実な回復に前向きな様子もみせています。

 また渡邊アナは、「ちなみにこれが書けなくなる前、最後の日記(8/2)」と説明し、入院1カ月ほどした段階の日記も公開。3カ月後の端正な筆跡とは打って変わって、乱れた字で「やわらかいたべものが多かったから気づかなかったが、のみこみがつらい」「今日は手の力も入らない」と報告。

 最後にはゆがんだ文字で「だるくて起きてる姿勢をつづけられない」と書かれていました。。

 当時の状態については「手にゴムバンドを固定してなんとか書いてたけど最後めちゃくちゃな字になってますね笑」「ペンをしっかり握りしめるだけでも体力をつかう…!」とし、自力でペンを握ることも難しかった様子。「この日以降は基本スマホの音声入力で書き残したいことはメモしてました」とスマホ相手の“口述筆記”状態になっていたことも告白していました。

 渡邊アナは最後の投稿で、入院中に友人からもらったというぬいぐるみの写真に添えて「欲張ってはいけないよなー。1つずつゆっくりクリアしようと思った1日でした」「色々ぼやいてしまいましたが、とにかく渡邊は生きてますよーという生存報告でした! 笑」と久々となった近況報告をまとめていました。

 渡邊アナは2020年4月にフジテレビに入社。2023年1月からはバラエティー番組「ぽかぽか」(フジテレビ系)の木曜進行アナウンサーとして出演していましたが、半年後の7月に体調不良で入院し休職しました。

 入院から3カ月ほどたった10月22日にInstagramを更新し、「この4ヶ月で私はいろんなものを失いました」「もっと自分を大切にしていればよかった。身体の悲鳴に耳を傾ければよかった、心に素直になればよかった」「時を戻すことも、人生をやり直すこともできません」と詳細を伏せたまま、先行きを案じる苦しみに満ちた言葉を書きつらねていました。

 なお、病状などについては明かされておらず、渡邊アナの投稿でも現在に至るまで言及されていません。

https://news.yahoo.co.jp/articles/60ba02d27348b817ca2190152d39cd9bbe8d4f13


医師だが、ギラン・バレー症候群で間違いないよ

687:

それにしても構ってちゃんうぜえな

>>1 病名不明で入院の渡邊渚アナ、1カ月ぶりの“生存報告”で「私の26年はいくらになる?」 入院直後の直筆日記は荒い字で「手の力も入らない」

11/26(日) 13:00配信

4月時点の渡邊アナ(画像は渡邊渚Instagramから)

 フジテレビの渡邊渚アナが11月26日にInstagramストーリーズを更新。入院後の8月と11月に書いた日記を一部公開し、1カ月ぶりに現在の心境をつづりました。

【比較画像】公開された“入院直後”の姿

 まず、数日前にあたる11月24日(金)の日付が書かれた日記では、「命の価値って何だろう。人生を値段にするならば、できるならば、私の26年はいくらになる?」「人生のリセットボタンがあるならば私はすがるように押しただろうに」と美しい字で苦しい胸の内を吐露。

 日記を捉えた写真には本人のコメントもつづられており、「今日は1日中ぐったりで家にこもる。あれもやりたいこれもやりたいと思っても身体が動いてくれなくて、マイナスな気持ちが占領してしまう」と病に苦しむ暗い心情を伝えていました。

 しかし一方で、「でも良く考えたらまた字を書けるようになったこと自体、すごいこと!」「10年以上毎日書いていた日記を数カ月ぶりに書けるようになってまだ全然汚い字だけど自分の気持ちを残せるだけても嬉しくて幸せなこと」と着実な回復に前向きな様子もみせています。

 また渡邊アナは、「ちなみにこれが書けなくなる前、最後の日記(8/2)」と説明し、入院1カ月ほどした段階の日記も公開。3カ月後の端正な筆跡とは打って変わって、乱れた字で「やわらかいたべものが多かったから気づかなかったが、のみこみがつらい」「今日は手の力も入らない」と報告。

 最後にはゆがんだ文字で「だるくて起きてる姿勢をつづけられない」と書かれていました。。

 当時の状態については「手にゴムバンドを固定してなんとか書いてたけど最後めちゃくちゃな字になってますね笑」「ペンをしっかり握りしめるだけでも体力をつかう…!」とし、自力でペンを握ることも難しかった様子。「この日以降は基本スマホの音声入力で書き残したいことはメモしてました」とスマホ相手の“口述筆記”状態になっていたことも告白していました。

 渡邊アナは最後の投稿で、入院中に友人からもらったというぬいぐるみの写真に添えて「欲張ってはいけないよなー。1つずつゆっくりクリアしようと思った1日でした」「色々ぼやいてしまいましたが、とにかく渡邊は生きてますよーという生存報告でした! 笑」と久々となった近況報告をまとめていました。

 渡邊アナは2020年4月にフジテレビに入社。2023年1月からはバラエティー番組「ぽかぽか」(フジテレビ系)の木曜進行アナウンサーとして出演していましたが、半年後の7月に体調不良で入院し休職しました。

 入院から3カ月ほどたった10月22日にInstagramを更新し、「この4ヶ月で私はいろんなものを失いました」「もっと自分を大切にしていればよかった。身体の悲鳴に耳を傾ければよかった、心に素直になればよかった」「時を戻すことも、人生をやり直すこともできません」と詳細を伏せたまま、先行きを案じる苦しみに満ちた言葉を書きつらねていました。

 なお、病状などについては明かされておらず、渡邊アナの投稿でも現在に至るまで言及されていません。

https://news.yahoo.co.jp/articles/60ba02d27348b817ca2190152d39cd9bbe8d4f13


じゃあ、キミにエールを。

心配ないからね 君の想いが
誰かに届く 明日がきっとある

どんなに困難で くじけそうでも
信じる事を決してやめないで

756:

>>1 病名不明で入院の渡邊渚アナ、1カ月ぶりの“生存報告”で「私の26年はいくらになる?」 入院直後の直筆日記は荒い字で「手の力も入らない」

11/26(日) 13:00配信

4月時点の渡邊アナ(画像は渡邊渚Instagramから)

 フジテレビの渡邊渚アナが11月26日にInstagramストーリーズを更新。入院後の8月と11月に書いた日記を一部公開し、1カ月ぶりに現在の心境をつづりました。

【比較画像】公開された“入院直後”の姿

 まず、数日前にあたる11月24日(金)の日付が書かれた日記では、「命の価値って何だろう。人生を値段にするならば、できるならば、私の26年はいくらになる?」「人生のリセットボタンがあるならば私はすがるように押しただろうに」と美しい字で苦しい胸の内を吐露。

 日記を捉えた写真には本人のコメントもつづられており、「今日は1日中ぐったりで家にこもる。あれもやりたいこれもやりたいと思っても身体が動いてくれなくて、マイナスな気持ちが占領してしまう」と病に苦しむ暗い心情を伝えていました。

 しかし一方で、「でも良く考えたらまた字を書けるようになったこと自体、すごいこと!」「10年以上毎日書いていた日記を数カ月ぶりに書けるようになってまだ全然汚い字だけど自分の気持ちを残せるだけても嬉しくて幸せなこと」と着実な回復に前向きな様子もみせています。

 また渡邊アナは、「ちなみにこれが書けなくなる前、最後の日記(8/2)」と説明し、入院1カ月ほどした段階の日記も公開。3カ月後の端正な筆跡とは打って変わって、乱れた字で「やわらかいたべものが多かったから気づかなかったが、のみこみがつらい」「今日は手の力も入らない」と報告。

 最後にはゆがんだ文字で「だるくて起きてる姿勢をつづけられない」と書かれていました。。

 当時の状態については「手にゴムバンドを固定してなんとか書いてたけど最後めちゃくちゃな字になってますね笑」「ペンをしっかり握りしめるだけでも体力をつかう…!」とし、自力でペンを握ることも難しかった様子。「この日以降は基本スマホの音声入力で書き残したいことはメモしてました」とスマホ相手の“口述筆記”状態になっていたことも告白していました。

 渡邊アナは最後の投稿で、入院中に友人からもらったというぬいぐるみの写真に添えて「欲張ってはいけないよなー。1つずつゆっくりクリアしようと思った1日でした」「色々ぼやいてしまいましたが、とにかく渡邊は生きてますよーという生存報告でした! 笑」と久々となった近況報告をまとめていました。

 渡邊アナは2020年4月にフジテレビに入社。2023年1月からはバラエティー番組「ぽかぽか」(フジテレビ系)の木曜進行アナウンサーとして出演していましたが、半年後の7月に体調不良で入院し休職しました。

 入院から3カ月ほどたった10月22日にInstagramを更新し、「この4ヶ月で私はいろんなものを失いました」「もっと自分を大切にしていればよかった。身体の悲鳴に耳を傾ければよかった、心に素直になればよかった」「時を戻すことも、人生をやり直すこともできません」と詳細を伏せたまま、先行きを案じる苦しみに満ちた言葉を書きつらねていました。

 なお、病状などについては明かされておらず、渡邊アナの投稿でも現在に至るまで言及されていません。

https://news.yahoo.co.jp/articles/60ba02d27348b817ca2190152d39cd9bbe8d4f13


うつ病的なもんか?

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

173:

運かな?
接種券の説明書を読んだか読んでないかの違いでは?
読んで打ったんなら相当な○○

【本ワクチンは新しい種類のワクチンのため、これまでに明らかになっていない症状が出る可能性があります】

178:

世界中見てても、金持ちも、有名人も、人類初の技術を利用したワクの影響からは逃げられないね。
ノーワクのジョコビッチさんは暫く大会出れないとか虐められたけど、出れる様になってから
36歳の年齢なのに優勝しまくりw

187:

>>178 世界中見てても、金持ちも、有名人も、人類初の技術を利用したワクの影響からは逃げられないね。
ノーワクのジョコビッチさんは暫く大会出れないとか虐められたけど、出れる様になってから
36歳の年齢なのに優勝しまくりw


先日のATPツアーファイナルズも圧勝だったな
ワク信のナダルはランキング300位あたりまで落ちてるがw

ジョコビッチがATPファイナルズ7度目の戴冠!決勝でシナーとのリベンジマッチを制す「これまでの人生で最高のシーズンの1つ」11/20(月) 10:43
https://news.yahoo.co.jp/articles/3a6d12864f7f7a45def964b13e25303dac9500d3

380:

>>187 先日のATPツアーファイナルズも圧勝だったな
ワク信のナダルはランキング300位あたりまで落ちてるがw

ジョコビッチがATPファイナルズ7度目の戴冠!決勝でシナーとのリベンジマッチを制す「これまでの人生で最高のシーズンの1つ」11/20(月) 10:43
https://news.yahoo.co.jp/articles/3a6d12864f7f7a45def964b13e25303dac9500d3


ナダルそんな事になってたのか
今にワクチン打たなかった人間は卑怯者とか言われそうだな
そもそもジョコヴィッチはコロナに2回も感染してる
ワクチンを打つ必要なんて全く無かった

200:

>>178 世界中見てても、金持ちも、有名人も、人類初の技術を利用したワクの影響からは逃げられないね。
ノーワクのジョコビッチさんは暫く大会出れないとか虐められたけど、出れる様になってから
36歳の年齢なのに優勝しまくりw


同じく36歳でもマラソン選手の川内はワクチンを何発打っても好調なのが不思議w

183:

>「命の価値って何だろう。人生を値段にするならば、できるならば、私の26年はいくらになる?」

こういう思考をするタイプは自分で自分を追い詰めやすい

214:

>>183 >「命の価値って何だろう。人生を値段にするならば、できるならば、私の26年はいくらになる?」

こういう思考をするタイプは自分で自分を追い詰めやすい


うつ病で休職中だが、人生を値段に換算しようって発想は一度もないなぁ。
「自分には価値がない」って思うのが、うつ病の特徴らしい。
ただ、このスレタイになっている言葉よりも「人生のリセットボタンがあるならば私はすがるように押しただろう」ってのが抑うつ傾向の強い人みんな割と言うんだよなぁ。
希死念慮なのか、すべてが嫌になってやり直したいのか、この人の場合はわからんが。

291:

つい数ヶ月前までこんな記事なんて出せる空気じゃなかったのに
最近では出始めてきた
とうとうネタばらし 
ジャニーズ問題と同じ
ずっと隠蔽していたものが出始める

>特にコロナワクチンでは、短期間に数回接種することで、人が本来持っている免疫機構のバランスが破壊される可能性がある。

https://news.yahoo.co.jp/articles/caff55b698f4cf896153e6572fc95ec13c8bff52

294:

人によるのはロットナンバーにより内容物が異なるからなのかな
強毒、普通に毒、毒は無い、の3種があると読んだ(大体1/3ずつかな、いや少し偏ってはいた)
この時点に於いて、すごく辛い人は理解されにくい

421:

来年1月に復帰は決まったものの、体調面を考慮してアナウンス室から総務系へ異動する方向で話が進んでいるのでは?

438:

リセットボタンがあれば押したいってのは同じ轍を踏む事はしないという意味だろうから、間違いだったと確信してやり直したい明確な地点があるんだろう
自分を大切に、心に素直になればよかったってのはそれを裏付ける発言だ
つまり少なくとも本人は自然に起きただろう事ではなく、素直になれなかった自分の選択で起きてしまった事だと確信してる
それは症状的に見ても、断定こそ出来ないが毒接種の可能性が限りなく高いと言える

631:

なんの思想もないけどこの件については

>>438 リセットボタンがあれば押したいってのは同じ轍を踏む事はしないという意味だろうから、間違いだったと確信してやり直したい明確な地点があるんだろう
自分を大切に、心に素直になればよかったってのはそれを裏付ける発言だ
つまり少なくとも本人は自然に起きただろう事ではなく、素直になれなかった自分の選択で起きてしまった事だと確信してる
それは症状的に見ても、断定こそ出来ないが毒接種の可能性が限りなく高いと言える

としか思えん
俺も上司の圧力で打っちまった

570:

会社員でびっこ引いて杖ついて通勤してる人増えたな。
ローンがあって会社辞められないんだろうけど、
こないだは乗った電車のシルバーシートに、向かい合わせて4人の杖ついた会社員が座ってた。

見ていて辛そう。
どうしてこうなった?

590:

私の26年は4,420万円より上か下か
それを問いたかったのだろう

743:

ずっと入院中でしっかり医者の説明を聞いた本人が
体調に気を使っていれば発症しなかったようなことを言ってる

>「もっと自分を大切にしていればよかった。身体の悲鳴に耳を傾ければよかった、心に素直になればよかった」

753:

>>743 ずっと入院中でしっかり医者の説明を聞いた本人が
体調に気を使っていれば発症しなかったようなことを言ってる

>「もっと自分を大切にしていればよかった。身体の悲鳴に耳を傾ければよかった、心に素直になればよかった」


ワクチンだとこういう言い方にはならない

754:

>>743 ずっと入院中でしっかり医者の説明を聞いた本人が
体調に気を使っていれば発症しなかったようなことを言ってる

>「もっと自分を大切にしていればよかった。身体の悲鳴に耳を傾ければよかった、心に素直になればよかった」


体調の変化など予兆はあったけど無理して頑張ってしまったかな
そんな頻繁に休むレギュラーのアナっていないし取って代わられる世界だから大変だな

863:

渡邊アナウンサーには私からこの曲を捧げます

さだまさし 主人公

時を遡るチケット(切符)があれば
欲しくなる時がある
あそこの分かれ道で
選びなおせるならって...
勿論、いまの私を
悲しむつもりはない
確かに自分で選んだ以上
精一杯生きる

917:

親が金持ちでエスカレーターの慶應入れてもらって、高校時代は3日に一度一万円の小遣いを貰っていたと告白してましたよね 
その人生をリセットするんですか? 
病気に勝てれば人生楽勝モードが戻ってくるよ 頑張れ

972:

ただのフジテレビの社員やし何かを創造したわけでもなく子孫を繁栄させたわけでもない
今のところ0円やろ、まあ一部の天才を除いて大体の人間はそうだし別に気にすることでもない
くだらない事考えてないで今はただゆっくり療養してください

993:

接種者の体液を舐めると体調が悪くなるから、別れたって記事がXのトレンドに上がってて、危惧してた通りの世の中になっちゃったよなと
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1700976000

Comments 0

コメントはまだありません。