年間でわずか53人…大相撲の新弟子数が過去最少で相撲協会は改革待ったなし! - 芸能人
げいのうまとめんぬ

年間でわずか53人…大相撲の新弟子数が過去最少で相撲協会は改革待ったなし!

2023/11/25
芸能人 0
  • フライデー 11/24 大相撲・九州場所が佳境を迎えているが、今場所で若手力士の台頭を実感しているファンは少なくないのではないか。
  • 秋場所に続いて、九州場所でも優勝争いを繰り広げている熱海富士は21歳。
  • まだデビュー4場所目ながら、九州場所の結果次第で初場所での新入幕が期待される大の里は23歳だ。
  • しかし、期待の若手力士がいる一方で、新弟子の減少は著しい。
  • 今年の年間新弟子数は過去最少の53人となった。
  • 大相撲の将来に深刻な影響を与えかねない新弟子減少の現状について考えてみたい。
  • ◆八百長騒動の後よりも少ない新弟子数 九州場所の新弟子検査は11月6日に福岡市内で行われた。
  • その結果、今年の年間新弟子数は53人となった。
  • にもかかわらず、’12年より少ないことを考えれば、新弟子数減少の深刻さが理解できるのではないだろうか。
  • 九州場所で新弟子検査を受けて合格した安治川部屋の長谷川は、青森・五所川原農林で全国高校総体3位に入ったが、三段目付け出しの権利を放棄して前相撲からデビューした。

1:

フライデー
https://friday.kodansha.co.jp/article/344631
11/24

大相撲・九州場所が佳境を迎えているが、今場所で若手力士の台頭を実感しているファンは少なくないのではないか。秋場所に続いて、九州場所でも優勝争いを繰り広げている熱海富士は21歳。まだデビュー4場所目ながら、九州場所の結果次第で初場所での新入幕が期待される大の里は23歳だ。

しかし、期待の若手力士がいる一方で、新弟子の減少は著しい。今年の年間新弟子数は過去最少の53人となった。大相撲の将来に深刻な影響を与えかねない新弟子減少の現状について考えてみたい。

◆八百長騒動の後よりも少ない新弟子数
九州場所の新弟子検査は11月6日に福岡市内で行われた。3人が受験して全員が合格。その結果、今年の年間新弟子数は53人となった。1958年に年6場所制が取り入れられて以来、最少記録だ。

これまで、最も新弟子が少なかったのは’12年の56人だった。その背景には’10年に発覚した野球賭博問題と、野球賭博の調査の過程で翌’11年に判明した八百長問題があった。八百長疑惑の調査が難航していることを理由に同年の春場所が中止となるなど、不祥事は社会問題に発展した。

今年は角界を揺るがすほどの不祥事が起きたわけではない。にもかかわらず、’12年より少ないことを考えれば、新弟子数減少の深刻さが理解できるのではないだろうか。

「新弟子が最も多かったのは『若貴ブーム』の頃です。1992年は223人、1993年は221人と、2年続けて200人を超えた。それが’02年に100人割れの91人となり、’06年以降は100人割れが続きました。

そこに追い打ちをかけたのが新型コロナウイルスの感染拡大です。各部屋とも新弟子の確保に苦戦し、’21年と’22年は60人台にまで落ちこんだ。そして今年、コロナ禍は明けたのにもかかわらず50台に突入してしまったのです」(全国紙運動部記者)

新弟子減少の原因はいくつかあるが、最も大きいのが少子化だ。そこに加えて、相撲人口の減少がある。サッカー・Jリーグが1993年に発足したのをはじめとして、プロスポーツの選択肢が増えたことの影響は無視できない。

さらに、相撲部屋のあり方が若い世代に敬遠されている面も否定できない。部屋では集団生活で、ちゃんこの支度や関取の付け人も務めねばならない。関取にならなければ給料はないに等しい。

日本相撲協会も危機感は持っている。その表れの一つが新弟子の身長・体重の検査基準の撤廃だ。これまで、合格するためには身長167㎝、体重67㎏以上が必要だったが、9月28日に廃止となった。春場所での中学卒業見込みの新弟子についての「165㎝、65㎏以上」という基準も廃止された。

また、付け出し制度(学生やアマチュア相撲時代で実績のある力士の地位を優遇する制度)も変更された。全日本選手権と全国学生選手権、それに国体成年のベスト8以上の新弟子は「幕下最下位格」付け出しに一本化された。

その一方で、全国高校総体と国体少年のベスト4以上は、三段目最下位格付け出し資格が与えられる。実績のある高校生については、今よりも早く上の番付で相撲が取れるようにして、大学進学よりもプロ入りを促すことが狙いと言えるだろう。また、アマチュアで実績がある力士が三段目以上でデビューすることで、素人の状態で入門した力士が序ノ口や序二段で優勝争いができる可能性も高まる。新弟子検査基準の撤廃と付け出し制度の変更は、協会にとっては大きな改革だ。

ただ、それで新弟子の減少に歯止めがかかるのかどうかはわからない。九州場所で新弟子検査を受けて合格した安治川部屋の長谷川は、青森・五所川原農林で全国高校総体3位に入ったが、三段目付け出しの権利を放棄して前相撲からデビューした。下からたたき上げようという意欲は評価されるべきことだが……。

本気で新弟子を増やしたいのであれば、部屋のあり方、幕下以下の力士の給与、さらには出世せずに角界を去って行く力士のセカンドキャリアの支援など、検討すべき事項は多々あるのではないだろうか。

新弟子減少の現状を見れば、大相撲のさらなる改革が待ったなしであることは間違いなさそうだ。

61:

>>1 フライデー
https://friday.kodansha.co.jp/article/344631
11/24

大相撲・九州場所が佳境を迎えているが、今場所で若手力士の台頭を実感しているファンは少なくないのではないか。秋場所に続いて、九州場所でも優勝争いを繰り広げている熱海富士は21歳。まだデビュー4場所目ながら、九州場所の結果次第で初場所での新入幕が期待される大の里は23歳だ。

しかし、期待の若手力士がいる一方で、新弟子の減少は著しい。今年の年間新弟子数は過去最少の53人となった。大相撲の将来に深刻な影響を与えかねない新弟子減少の現状について考えてみたい。

◆八百長騒動の後よりも少ない新弟子数
九州場所の新弟子検査は11月6日に福岡市内で行われた。3人が受験して全員が合格。その結果、今年の年間新弟子数は53人となった。1958年に年6場所制が取り入れられて以来、最少記録だ。

これまで、最も新弟子が少なかったのは’12年の56人だった。その背景には’10年に発覚した野球賭博問題と、野球賭博の調査の過程で翌’11年に判明した八百長問題があった。八百長疑惑の調査が難航していることを理由に同年の春場所が中止となるなど、不祥事は社会問題に発展した。

今年は角界を揺るがすほどの不祥事が起きたわけではない。にもかかわらず、’12年より少ないことを考えれば、新弟子数減少の深刻さが理解できるのではないだろうか。

「新弟子が最も多かったのは『若貴ブーム』の頃です。1992年は223人、1993年は221人と、2年続けて200人を超えた。それが’02年に100人割れの91人となり、’06年以降は100人割れが続きました。

そこに追い打ちをかけたのが新型コロナウイルスの感染拡大です。各部屋とも新弟子の確保に苦戦し、’21年と’22年は60人台にまで落ちこんだ。そして今年、コロナ禍は明けたのにもかかわらず50台に突入してしまったのです」(全国紙運動部記者)

新弟子減少の原因はいくつかあるが、最も大きいのが少子化だ。そこに加えて、相撲人口の減少がある。サッカー・Jリーグが1993年に発足したのをはじめとして、プロスポーツの選択肢が増えたことの影響は無視できない。

さらに、相撲部屋のあり方が若い世代に敬遠されている面も否定できない。部屋では集団生活で、ちゃんこの支度や関取の付け人も務めねばならない。関取にならなければ給料はないに等しい。

日本相撲協会も危機感は持っている。その表れの一つが新弟子の身長・体重の検査基準の撤廃だ。これまで、合格するためには身長167㎝、体重67㎏以上が必要だったが、9月28日に廃止となった。春場所での中学卒業見込みの新弟子についての「165㎝、65㎏以上」という基準も廃止された。

また、付け出し制度(学生やアマチュア相撲時代で実績のある力士の地位を優遇する制度)も変更された。全日本選手権と全国学生選手権、それに国体成年のベスト8以上の新弟子は「幕下最下位格」付け出しに一本化された。

その一方で、全国高校総体と国体少年のベスト4以上は、三段目最下位格付け出し資格が与えられる。実績のある高校生については、今よりも早く上の番付で相撲が取れるようにして、大学進学よりもプロ入りを促すことが狙いと言えるだろう。また、アマチュアで実績がある力士が三段目以上でデビューすることで、素人の状態で入門した力士が序ノ口や序二段で優勝争いができる可能性も高まる。新弟子検査基準の撤廃と付け出し制度の変更は、協会にとっては大きな改革だ。

ただ、それで新弟子の減少に歯止めがかかるのかどうかはわからない。九州場所で新弟子検査を受けて合格した安治川部屋の長谷川は、青森・五所川原農林で全国高校総体3位に入ったが、三段目付け出しの権利を放棄して前相撲からデビューした。下からたたき上げようという意欲は評価されるべきことだが……。

本気で新弟子を増やしたいのであれば、部屋のあり方、幕下以下の力士の給与、さらには出世せずに角界を去って行く力士のセカンドキャリアの支援など、検討すべき事項は多々あるのではないだろうか。

新弟子減少の現状を見れば、大相撲のさらなる改革が待ったなしであることは間違いなさそうだ。


外人枠もう少し増やしても良いんじゃね

107:

>>1 フライデー
https://friday.kodansha.co.jp/article/344631
11/24

大相撲・九州場所が佳境を迎えているが、今場所で若手力士の台頭を実感しているファンは少なくないのではないか。秋場所に続いて、九州場所でも優勝争いを繰り広げている熱海富士は21歳。まだデビュー4場所目ながら、九州場所の結果次第で初場所での新入幕が期待される大の里は23歳だ。

しかし、期待の若手力士がいる一方で、新弟子の減少は著しい。今年の年間新弟子数は過去最少の53人となった。大相撲の将来に深刻な影響を与えかねない新弟子減少の現状について考えてみたい。

◆八百長騒動の後よりも少ない新弟子数
九州場所の新弟子検査は11月6日に福岡市内で行われた。3人が受験して全員が合格。その結果、今年の年間新弟子数は53人となった。1958年に年6場所制が取り入れられて以来、最少記録だ。

これまで、最も新弟子が少なかったのは’12年の56人だった。その背景には’10年に発覚した野球賭博問題と、野球賭博の調査の過程で翌’11年に判明した八百長問題があった。八百長疑惑の調査が難航していることを理由に同年の春場所が中止となるなど、不祥事は社会問題に発展した。

今年は角界を揺るがすほどの不祥事が起きたわけではない。にもかかわらず、’12年より少ないことを考えれば、新弟子数減少の深刻さが理解できるのではないだろうか。

「新弟子が最も多かったのは『若貴ブーム』の頃です。1992年は223人、1993年は221人と、2年続けて200人を超えた。それが’02年に100人割れの91人となり、’06年以降は100人割れが続きました。

そこに追い打ちをかけたのが新型コロナウイルスの感染拡大です。各部屋とも新弟子の確保に苦戦し、’21年と’22年は60人台にまで落ちこんだ。そして今年、コロナ禍は明けたのにもかかわらず50台に突入してしまったのです」(全国紙運動部記者)

新弟子減少の原因はいくつかあるが、最も大きいのが少子化だ。そこに加えて、相撲人口の減少がある。サッカー・Jリーグが1993年に発足したのをはじめとして、プロスポーツの選択肢が増えたことの影響は無視できない。

さらに、相撲部屋のあり方が若い世代に敬遠されている面も否定できない。部屋では集団生活で、ちゃんこの支度や関取の付け人も務めねばならない。関取にならなければ給料はないに等しい。

日本相撲協会も危機感は持っている。その表れの一つが新弟子の身長・体重の検査基準の撤廃だ。これまで、合格するためには身長167㎝、体重67㎏以上が必要だったが、9月28日に廃止となった。春場所での中学卒業見込みの新弟子についての「165㎝、65㎏以上」という基準も廃止された。

また、付け出し制度(学生やアマチュア相撲時代で実績のある力士の地位を優遇する制度)も変更された。全日本選手権と全国学生選手権、それに国体成年のベスト8以上の新弟子は「幕下最下位格」付け出しに一本化された。

その一方で、全国高校総体と国体少年のベスト4以上は、三段目最下位格付け出し資格が与えられる。実績のある高校生については、今よりも早く上の番付で相撲が取れるようにして、大学進学よりもプロ入りを促すことが狙いと言えるだろう。また、アマチュアで実績がある力士が三段目以上でデビューすることで、素人の状態で入門した力士が序ノ口や序二段で優勝争いができる可能性も高まる。新弟子検査基準の撤廃と付け出し制度の変更は、協会にとっては大きな改革だ。

ただ、それで新弟子の減少に歯止めがかかるのかどうかはわからない。九州場所で新弟子検査を受けて合格した安治川部屋の長谷川は、青森・五所川原農林で全国高校総体3位に入ったが、三段目付け出しの権利を放棄して前相撲からデビューした。下からたたき上げようという意欲は評価されるべきことだが……。

本気で新弟子を増やしたいのであれば、部屋のあり方、幕下以下の力士の給与、さらには出世せずに角界を去って行く力士のセカンドキャリアの支援など、検討すべき事項は多々あるのではないだろうか。

新弟子減少の現状を見れば、大相撲のさらなる改革が待ったなしであることは間違いなさそうだ。


以前から貴闘力がYoutubeで言ってた事が
ここに来て軒並み当たってて草

219:

>>1 フライデー
https://friday.kodansha.co.jp/article/344631
11/24

大相撲・九州場所が佳境を迎えているが、今場所で若手力士の台頭を実感しているファンは少なくないのではないか。秋場所に続いて、九州場所でも優勝争いを繰り広げている熱海富士は21歳。まだデビュー4場所目ながら、九州場所の結果次第で初場所での新入幕が期待される大の里は23歳だ。

しかし、期待の若手力士がいる一方で、新弟子の減少は著しい。今年の年間新弟子数は過去最少の53人となった。大相撲の将来に深刻な影響を与えかねない新弟子減少の現状について考えてみたい。

◆八百長騒動の後よりも少ない新弟子数
九州場所の新弟子検査は11月6日に福岡市内で行われた。3人が受験して全員が合格。その結果、今年の年間新弟子数は53人となった。1958年に年6場所制が取り入れられて以来、最少記録だ。

これまで、最も新弟子が少なかったのは’12年の56人だった。その背景には’10年に発覚した野球賭博問題と、野球賭博の調査の過程で翌’11年に判明した八百長問題があった。八百長疑惑の調査が難航していることを理由に同年の春場所が中止となるなど、不祥事は社会問題に発展した。

今年は角界を揺るがすほどの不祥事が起きたわけではない。にもかかわらず、’12年より少ないことを考えれば、新弟子数減少の深刻さが理解できるのではないだろうか。

「新弟子が最も多かったのは『若貴ブーム』の頃です。1992年は223人、1993年は221人と、2年続けて200人を超えた。それが’02年に100人割れの91人となり、’06年以降は100人割れが続きました。

そこに追い打ちをかけたのが新型コロナウイルスの感染拡大です。各部屋とも新弟子の確保に苦戦し、’21年と’22年は60人台にまで落ちこんだ。そして今年、コロナ禍は明けたのにもかかわらず50台に突入してしまったのです」(全国紙運動部記者)

新弟子減少の原因はいくつかあるが、最も大きいのが少子化だ。そこに加えて、相撲人口の減少がある。サッカー・Jリーグが1993年に発足したのをはじめとして、プロスポーツの選択肢が増えたことの影響は無視できない。

さらに、相撲部屋のあり方が若い世代に敬遠されている面も否定できない。部屋では集団生活で、ちゃんこの支度や関取の付け人も務めねばならない。関取にならなければ給料はないに等しい。

日本相撲協会も危機感は持っている。その表れの一つが新弟子の身長・体重の検査基準の撤廃だ。これまで、合格するためには身長167㎝、体重67㎏以上が必要だったが、9月28日に廃止となった。春場所での中学卒業見込みの新弟子についての「165㎝、65㎏以上」という基準も廃止された。

また、付け出し制度(学生やアマチュア相撲時代で実績のある力士の地位を優遇する制度)も変更された。全日本選手権と全国学生選手権、それに国体成年のベスト8以上の新弟子は「幕下最下位格」付け出しに一本化された。

その一方で、全国高校総体と国体少年のベスト4以上は、三段目最下位格付け出し資格が与えられる。実績のある高校生については、今よりも早く上の番付で相撲が取れるようにして、大学進学よりもプロ入りを促すことが狙いと言えるだろう。また、アマチュアで実績がある力士が三段目以上でデビューすることで、素人の状態で入門した力士が序ノ口や序二段で優勝争いができる可能性も高まる。新弟子検査基準の撤廃と付け出し制度の変更は、協会にとっては大きな改革だ。

ただ、それで新弟子の減少に歯止めがかかるのかどうかはわからない。九州場所で新弟子検査を受けて合格した安治川部屋の長谷川は、青森・五所川原農林で全国高校総体3位に入ったが、三段目付け出しの権利を放棄して前相撲からデビューした。下からたたき上げようという意欲は評価されるべきことだが……。

本気で新弟子を増やしたいのであれば、部屋のあり方、幕下以下の力士の給与、さらには出世せずに角界を去って行く力士のセカンドキャリアの支援など、検討すべき事項は多々あるのではないだろうか。

新弟子減少の現状を見れば、大相撲のさらなる改革が待ったなしであることは間違いなさそうだ。


相撲が面白いと感じた事がない

489:

>>1 フライデー
https://friday.kodansha.co.jp/article/344631
11/24

大相撲・九州場所が佳境を迎えているが、今場所で若手力士の台頭を実感しているファンは少なくないのではないか。秋場所に続いて、九州場所でも優勝争いを繰り広げている熱海富士は21歳。まだデビュー4場所目ながら、九州場所の結果次第で初場所での新入幕が期待される大の里は23歳だ。

しかし、期待の若手力士がいる一方で、新弟子の減少は著しい。今年の年間新弟子数は過去最少の53人となった。大相撲の将来に深刻な影響を与えかねない新弟子減少の現状について考えてみたい。

◆八百長騒動の後よりも少ない新弟子数
九州場所の新弟子検査は11月6日に福岡市内で行われた。3人が受験して全員が合格。その結果、今年の年間新弟子数は53人となった。1958年に年6場所制が取り入れられて以来、最少記録だ。

これまで、最も新弟子が少なかったのは’12年の56人だった。その背景には’10年に発覚した野球賭博問題と、野球賭博の調査の過程で翌’11年に判明した八百長問題があった。八百長疑惑の調査が難航していることを理由に同年の春場所が中止となるなど、不祥事は社会問題に発展した。

今年は角界を揺るがすほどの不祥事が起きたわけではない。にもかかわらず、’12年より少ないことを考えれば、新弟子数減少の深刻さが理解できるのではないだろうか。

「新弟子が最も多かったのは『若貴ブーム』の頃です。1992年は223人、1993年は221人と、2年続けて200人を超えた。それが’02年に100人割れの91人となり、’06年以降は100人割れが続きました。

そこに追い打ちをかけたのが新型コロナウイルスの感染拡大です。各部屋とも新弟子の確保に苦戦し、’21年と’22年は60人台にまで落ちこんだ。そして今年、コロナ禍は明けたのにもかかわらず50台に突入してしまったのです」(全国紙運動部記者)

新弟子減少の原因はいくつかあるが、最も大きいのが少子化だ。そこに加えて、相撲人口の減少がある。サッカー・Jリーグが1993年に発足したのをはじめとして、プロスポーツの選択肢が増えたことの影響は無視できない。

さらに、相撲部屋のあり方が若い世代に敬遠されている面も否定できない。部屋では集団生活で、ちゃんこの支度や関取の付け人も務めねばならない。関取にならなければ給料はないに等しい。

日本相撲協会も危機感は持っている。その表れの一つが新弟子の身長・体重の検査基準の撤廃だ。これまで、合格するためには身長167㎝、体重67㎏以上が必要だったが、9月28日に廃止となった。春場所での中学卒業見込みの新弟子についての「165㎝、65㎏以上」という基準も廃止された。

また、付け出し制度(学生やアマチュア相撲時代で実績のある力士の地位を優遇する制度)も変更された。全日本選手権と全国学生選手権、それに国体成年のベスト8以上の新弟子は「幕下最下位格」付け出しに一本化された。

その一方で、全国高校総体と国体少年のベスト4以上は、三段目最下位格付け出し資格が与えられる。実績のある高校生については、今よりも早く上の番付で相撲が取れるようにして、大学進学よりもプロ入りを促すことが狙いと言えるだろう。また、アマチュアで実績がある力士が三段目以上でデビューすることで、素人の状態で入門した力士が序ノ口や序二段で優勝争いができる可能性も高まる。新弟子検査基準の撤廃と付け出し制度の変更は、協会にとっては大きな改革だ。

ただ、それで新弟子の減少に歯止めがかかるのかどうかはわからない。九州場所で新弟子検査を受けて合格した安治川部屋の長谷川は、青森・五所川原農林で全国高校総体3位に入ったが、三段目付け出しの権利を放棄して前相撲からデビューした。下からたたき上げようという意欲は評価されるべきことだが……。

本気で新弟子を増やしたいのであれば、部屋のあり方、幕下以下の力士の給与、さらには出世せずに角界を去って行く力士のセカンドキャリアの支援など、検討すべき事項は多々あるのではないだろうか。

新弟子減少の現状を見れば、大相撲のさらなる改革が待ったなしであることは間違いなさそうだ。


少子化なんだから当たり前。かと言って運動神経ない只のデブ集めてもしょうがないからそれで良い。今の六場所15日制はキツイから減らすには丁度良い

715:

>>1 フライデー
https://friday.kodansha.co.jp/article/344631
11/24

大相撲・九州場所が佳境を迎えているが、今場所で若手力士の台頭を実感しているファンは少なくないのではないか。秋場所に続いて、九州場所でも優勝争いを繰り広げている熱海富士は21歳。まだデビュー4場所目ながら、九州場所の結果次第で初場所での新入幕が期待される大の里は23歳だ。

しかし、期待の若手力士がいる一方で、新弟子の減少は著しい。今年の年間新弟子数は過去最少の53人となった。大相撲の将来に深刻な影響を与えかねない新弟子減少の現状について考えてみたい。

◆八百長騒動の後よりも少ない新弟子数
九州場所の新弟子検査は11月6日に福岡市内で行われた。3人が受験して全員が合格。その結果、今年の年間新弟子数は53人となった。1958年に年6場所制が取り入れられて以来、最少記録だ。

これまで、最も新弟子が少なかったのは’12年の56人だった。その背景には’10年に発覚した野球賭博問題と、野球賭博の調査の過程で翌’11年に判明した八百長問題があった。八百長疑惑の調査が難航していることを理由に同年の春場所が中止となるなど、不祥事は社会問題に発展した。

今年は角界を揺るがすほどの不祥事が起きたわけではない。にもかかわらず、’12年より少ないことを考えれば、新弟子数減少の深刻さが理解できるのではないだろうか。

「新弟子が最も多かったのは『若貴ブーム』の頃です。1992年は223人、1993年は221人と、2年続けて200人を超えた。それが’02年に100人割れの91人となり、’06年以降は100人割れが続きました。

そこに追い打ちをかけたのが新型コロナウイルスの感染拡大です。各部屋とも新弟子の確保に苦戦し、’21年と’22年は60人台にまで落ちこんだ。そして今年、コロナ禍は明けたのにもかかわらず50台に突入してしまったのです」(全国紙運動部記者)

新弟子減少の原因はいくつかあるが、最も大きいのが少子化だ。そこに加えて、相撲人口の減少がある。サッカー・Jリーグが1993年に発足したのをはじめとして、プロスポーツの選択肢が増えたことの影響は無視できない。

さらに、相撲部屋のあり方が若い世代に敬遠されている面も否定できない。部屋では集団生活で、ちゃんこの支度や関取の付け人も務めねばならない。関取にならなければ給料はないに等しい。

日本相撲協会も危機感は持っている。その表れの一つが新弟子の身長・体重の検査基準の撤廃だ。これまで、合格するためには身長167㎝、体重67㎏以上が必要だったが、9月28日に廃止となった。春場所での中学卒業見込みの新弟子についての「165㎝、65㎏以上」という基準も廃止された。

また、付け出し制度(学生やアマチュア相撲時代で実績のある力士の地位を優遇する制度)も変更された。全日本選手権と全国学生選手権、それに国体成年のベスト8以上の新弟子は「幕下最下位格」付け出しに一本化された。

その一方で、全国高校総体と国体少年のベスト4以上は、三段目最下位格付け出し資格が与えられる。実績のある高校生については、今よりも早く上の番付で相撲が取れるようにして、大学進学よりもプロ入りを促すことが狙いと言えるだろう。また、アマチュアで実績がある力士が三段目以上でデビューすることで、素人の状態で入門した力士が序ノ口や序二段で優勝争いができる可能性も高まる。新弟子検査基準の撤廃と付け出し制度の変更は、協会にとっては大きな改革だ。

ただ、それで新弟子の減少に歯止めがかかるのかどうかはわからない。九州場所で新弟子検査を受けて合格した安治川部屋の長谷川は、青森・五所川原農林で全国高校総体3位に入ったが、三段目付け出しの権利を放棄して前相撲からデビューした。下からたたき上げようという意欲は評価されるべきことだが……。

本気で新弟子を増やしたいのであれば、部屋のあり方、幕下以下の力士の給与、さらには出世せずに角界を去って行く力士のセカンドキャリアの支援など、検討すべき事項は多々あるのではないだろうか。

新弟子減少の現状を見れば、大相撲のさらなる改革が待ったなしであることは間違いなさそうだ。


こんなもんに夢見るとかモンゴル少年だけやし

728:

>>1 フライデー
https://friday.kodansha.co.jp/article/344631
11/24

大相撲・九州場所が佳境を迎えているが、今場所で若手力士の台頭を実感しているファンは少なくないのではないか。秋場所に続いて、九州場所でも優勝争いを繰り広げている熱海富士は21歳。まだデビュー4場所目ながら、九州場所の結果次第で初場所での新入幕が期待される大の里は23歳だ。

しかし、期待の若手力士がいる一方で、新弟子の減少は著しい。今年の年間新弟子数は過去最少の53人となった。大相撲の将来に深刻な影響を与えかねない新弟子減少の現状について考えてみたい。

◆八百長騒動の後よりも少ない新弟子数
九州場所の新弟子検査は11月6日に福岡市内で行われた。3人が受験して全員が合格。その結果、今年の年間新弟子数は53人となった。1958年に年6場所制が取り入れられて以来、最少記録だ。

これまで、最も新弟子が少なかったのは’12年の56人だった。その背景には’10年に発覚した野球賭博問題と、野球賭博の調査の過程で翌’11年に判明した八百長問題があった。八百長疑惑の調査が難航していることを理由に同年の春場所が中止となるなど、不祥事は社会問題に発展した。

今年は角界を揺るがすほどの不祥事が起きたわけではない。にもかかわらず、’12年より少ないことを考えれば、新弟子数減少の深刻さが理解できるのではないだろうか。

「新弟子が最も多かったのは『若貴ブーム』の頃です。1992年は223人、1993年は221人と、2年続けて200人を超えた。それが’02年に100人割れの91人となり、’06年以降は100人割れが続きました。

そこに追い打ちをかけたのが新型コロナウイルスの感染拡大です。各部屋とも新弟子の確保に苦戦し、’21年と’22年は60人台にまで落ちこんだ。そして今年、コロナ禍は明けたのにもかかわらず50台に突入してしまったのです」(全国紙運動部記者)

新弟子減少の原因はいくつかあるが、最も大きいのが少子化だ。そこに加えて、相撲人口の減少がある。サッカー・Jリーグが1993年に発足したのをはじめとして、プロスポーツの選択肢が増えたことの影響は無視できない。

さらに、相撲部屋のあり方が若い世代に敬遠されている面も否定できない。部屋では集団生活で、ちゃんこの支度や関取の付け人も務めねばならない。関取にならなければ給料はないに等しい。

日本相撲協会も危機感は持っている。その表れの一つが新弟子の身長・体重の検査基準の撤廃だ。これまで、合格するためには身長167㎝、体重67㎏以上が必要だったが、9月28日に廃止となった。春場所での中学卒業見込みの新弟子についての「165㎝、65㎏以上」という基準も廃止された。

また、付け出し制度(学生やアマチュア相撲時代で実績のある力士の地位を優遇する制度)も変更された。全日本選手権と全国学生選手権、それに国体成年のベスト8以上の新弟子は「幕下最下位格」付け出しに一本化された。

その一方で、全国高校総体と国体少年のベスト4以上は、三段目最下位格付け出し資格が与えられる。実績のある高校生については、今よりも早く上の番付で相撲が取れるようにして、大学進学よりもプロ入りを促すことが狙いと言えるだろう。また、アマチュアで実績がある力士が三段目以上でデビューすることで、素人の状態で入門した力士が序ノ口や序二段で優勝争いができる可能性も高まる。新弟子検査基準の撤廃と付け出し制度の変更は、協会にとっては大きな改革だ。

ただ、それで新弟子の減少に歯止めがかかるのかどうかはわからない。九州場所で新弟子検査を受けて合格した安治川部屋の長谷川は、青森・五所川原農林で全国高校総体3位に入ったが、三段目付け出しの権利を放棄して前相撲からデビューした。下からたたき上げようという意欲は評価されるべきことだが……。

本気で新弟子を増やしたいのであれば、部屋のあり方、幕下以下の力士の給与、さらには出世せずに角界を去って行く力士のセカンドキャリアの支援など、検討すべき事項は多々あるのではないだろうか。

新弟子減少の現状を見れば、大相撲のさらなる改革が待ったなしであることは間違いなさそうだ。


朝青龍や白鵬と比べると今の相撲取りは幼稚園のお遊戯会レベル
日本人入門者の減少がレベル低下の原因なら今こそ外国人枠を撤廃すべき

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

38:

最近の宝塚歌劇団のいじめ問題に代表されるように、日本の伝統的な集団にいじめや労働法規違反の問題が散見している。
大相撲もその典型的な集団ではないのか。10両になるまで給料は無いし、イジメや暴行なのに可愛がり稽古と称して続いている。
無闇な伝統の廃止がいいとは思わないが、大相撲こそ今が一番危うい集団だろう。

91:

あらゆるプロ競技は観戦者視点でスゲーってなるけど、事相撲に限っては
質量が及ばんのは致し方なしにして、技術で微妙に感じる事がある唯一の
競技だからな。少なくともフィジカルエリートで更に厳選された人たちが
土俵に上がっているとは感じられないことがしばしば。その系統の人達は
よりメジャーな競技に行くだろうしね

125:

新弟子200人超の頃は、
4年に1人横綱が出ると考えると、
ガタイのいい800人中1人か。
とんでもない競争率だな

162:

>サッカー・Jリーグが1993年に発足したのをはじめとして、プロスポーツの選択肢が増えたことの影響は無視できない。

相撲も野球もサッカーの影響をモロに受けてるな

336:

身体能力が高い人材がまずは相撲を選ぶなんて事は今の時代にはほぼあり得ないからね
選択肢が少なかった頃には今では絶対に他の競技をやってるような人材が入門してたんだと思う
昔の事を調べていくと昭和30年代40年代には入門時から太っている力士なんていなかったみたいだね

406:

大相撲の人気は安定してあるんだよ
人気なくなったとか言い出してる人は相撲を知らないだけ
新弟子が少なくなったというのと大相撲の人気は関係なくてだな
時代の問題なのだよ
そもそも学校だってクラス減ってんだからさ
理由は単純で少子化だよ

426:

>>406 大相撲の人気は安定してあるんだよ
人気なくなったとか言い出してる人は相撲を知らないだけ
新弟子が少なくなったというのと大相撲の人気は関係なくてだな
時代の問題なのだよ
そもそも学校だってクラス減ってんだからさ
理由は単純で少子化だよ


一万人埋める程度はあるけど、テレビやマスコミも扱いはモンゴル以降下降線
ネット媒体なんかアクセス数が悲惨

431:

>>426 一万人埋める程度はあるけど、テレビやマスコミも扱いはモンゴル以降下降線
ネット媒体なんかアクセス数が悲惨


大相撲の人気はあるというのは認めないと話にならんかな
不人気というのならそのソースはきっちり出してもらわないと

439:

>>431 大相撲の人気はあるというのは認めないと話にならんかな
不人気というのならそのソースはきっちり出してもらわないと


ネット見ればヤフコメもツベもアベマも野球サッカーラグビー等とアクセス数の桁が違う
将棋にすら大敗

443:

>>439 ネット見ればヤフコメもツベもアベマも野球サッカーラグビー等とアクセス数の桁が違う
将棋にすら大敗


ネットで見る必要無いからだろw
NHKで毎場所生中継してますやん
脳みそ無いのかよ

454:

>>443 ネットで見る必要無いからだろw
NHKで毎場所生中継してますやん
脳みそ無いのかよ


テレビ視聴率ならモンゴル時代以降、一部跳ねても基本的には右肩下がり
相撲番組も2000年代以降どんどん打ち切られて今はほとんど残ってない
NHKBSですらどんどん放映時間が短くなってる

444:

>>431 大相撲の人気はあるというのは認めないと話にならんかな
不人気というのならそのソースはきっちり出してもらわないと


マニアに人気なだけ
テレビ中継無きプロレスがドームを満員にしたところで熱狂的マイナースポーツでしかない

453:

>>444 マニアに人気なだけ
テレビ中継無きプロレスがドームを満員にしたところで熱狂的マイナースポーツでしかない


言い訳するしかないわな
大相撲が人気ないってのお前の妄想で思い込みなんだから

461:

ある意味ってのはネットで「新弟子が少ないからオワコン」って認識の人が多いきらいがあるから、そうではなくて興行的には残念ながら?上手く行ってる。てレス。

561:

相撲は野球やサッカーと違って競争率が激低で手っ取り早く金が稼げるのにな、オレのガキの頃から相撲取りはカッコ悪かったし今の子供にとってはそれ以上にあまりにもカッコ悪いんだろうな
オリンピックなんか見てもモンゴル人が優れてるんじゃなくて日本人力士が運動神経が悪い連中の寄せ集めなだけ、プロにかからなかった全国クラスの野球やサッカー選手が入門すれば簡単にトップクラスになれるだろ

564:

>>561 相撲は野球やサッカーと違って競争率が激低で手っ取り早く金が稼げるのにな、オレのガキの頃から相撲取りはカッコ悪かったし今の子供にとってはそれ以上にあまりにもカッコ悪いんだろうな
オリンピックなんか見てもモンゴル人が優れてるんじゃなくて日本人力士が運動神経が悪い連中の寄せ集めなだけ、プロにかからなかった全国クラスの野球やサッカー選手が入門すれば簡単にトップクラスになれるだろ


それと同じ事を柔道にも思う
柔道部ってドンクサイやつ多くてとてもスポーツエリートとは思えない連中

575:

日本の野球のドラフトは戦力均衡が主で始まったわけじゃあないよ。その手の話はあるから検索してくれ。アメリカに影響されたかもしれんが影響と実情は別。これは間違いない。

583:

>>575 日本の野球のドラフトは戦力均衡が主で始まったわけじゃあないよ。その手の話はあるから検索してくれ。アメリカに影響されたかもしれんが影響と実情は別。これは間違いない。


いや、戦力均衡だろ
それ以外の理由でやる意味がない

594:

>>583 いや、戦力均衡だろ
それ以外の理由でやる意味がない


契約金を抑えるのが目的

601:

>>594 契約金を抑えるのが目的


ドラフトで契約金を抑えることにはならんよ
ドラフトがあっても裏金で10億出して選手を取ってたりしてたんだから

646:

そのうちに、50人に1人が「横綱」か
十両以上に上がれるのが30人に1人、テレビに映れる幕内力士は50人に1人と言われた時代はもう来ないね
まだ何十年も、モンゴルに歯が立たんのか

663:

>>646 そのうちに、50人に1人が「横綱」か
十両以上に上がれるのが30人に1人、テレビに映れる幕内力士は50人に1人と言われた時代はもう来ないね
まだ何十年も、モンゴルに歯が立たんのか


今は序ノ口でもABEMAで放映

693:

上位 約70人 食える
下位 約630人 食えない

プロスポーツとして食えなさ過ぎ。
引退しても、ちゃんこを作れる以外の職能は身に付かない。
若い人は賢いから、相撲界は選ばれないんだよ。

697:

>>693 上位 約70人 食える
下位 約630人 食えない

プロスポーツとして食えなさ過ぎ。
引退しても、ちゃんこを作れる以外の職能は身に付かない。
若い人は賢いから、相撲界は選ばれないんだよ。


入るハードルが違うからそこは単純に比較できないよ
野球に例えると
三段目まで行ってやっとプロ野球の育成枠に入ったくらい、幕下で二軍
十両でなんとか一軍に顔出したかってレベル

700:

>>693 上位 約70人 食える
下位 約630人 食えない

プロスポーツとして食えなさ過ぎ。
引退しても、ちゃんこを作れる以外の職能は身に付かない。
若い人は賢いから、相撲界は選ばれないんだよ。


ボクサーだって似たようなもんだしサッカーの底辺も

704:

一番良いのは相撲協会解散だな。誰も困らない。困るのは後期高齢者の相撲ファンのみ。それもあと
5年もすれば認知症を発症して相撲観戦どころではなくなる。21世紀の日本に相撲や宝塚やジャニーズは
要らない。

749:

新弟子数は4分の1になったのに、力士数は全盛期の6割ぐらい今も居る

これつまり、弟子が辞めなくなった=高齢化してるってこと

若貴時代以前は30代関取経験なしの力士なんて数える程しかいなかった

754:

>>749 新弟子数は4分の1になったのに、力士数は全盛期の6割ぐらい今も居る

これつまり、弟子が辞めなくなった=高齢化してるってこと

若貴時代以前は30代関取経験なしの力士なんて数える程しかいなかった


昔はいつまでも上がれない力士は首にしてた

781:

毎年最低でも1人ずつは門を叩く行司・呼出・床山
コロナ元年以降3年連続入門者なし
やっと今年入門者が入ってその中の新人行司はかなり優秀で芸スポでも記事にもなってましたね
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1700810555

Comments 0

コメントはまだありません。