羽生結弦の離婚でマスコミに『プライバシー侵害』批判相次ぐ 「報道内容を検証すべき」専門家も提言… 報道の自由を疑問視する声 - 芸能人
げいのうまとめんぬ

羽生結弦の離婚でマスコミに『プライバシー侵害』批判相次ぐ 「報道内容を検証すべき」専門家も提言… 報道の自由を疑問視する声

2023/11/24
芸能人 0
  • 羽生結弦離婚でマスコミに「プライバシー侵害」批判相次ぐ「報道内容を検証すべき」専門家も提言 離婚を発表したプロフィギュアスケーターの羽生結弦さんが、結婚相手や親族らに対する誹謗中傷や無許可の取材・報道などがあったと明かし、SNS上ではメディアの責任を問う声が相次いでいる。
  • 複数のメディアが結婚相手を写真付きで実名報道していたため、羽生さん側のプライバシーを侵害したと批判する声が上がった。
  • また、メディア側の「報道の自由」を疑問視する声もある。
  • 離婚発表を受け、専門家は2023年11月20日、「発表にはメディアに対する指摘があるため、メディアも報道の内容を客観的に検証するべきです」と取材に提言。
  • プライバシーと報道の自由のバランスを考え直す必要があると指摘した。
  • ■「無許可の取材、報道等、迷惑行為はおやめください」 23年8月4日に結婚を発表した羽生さんは11月17日、離婚を決断したとX(旧ツイッター)で発表。
  • 結婚相手や親族らに「誹謗中傷やストーカー行為、許可のない取材や報道」があったとコメントし、以下のように述べた。
  • 羽生さん側のプライバシーを考慮する必要があるといった指摘が目立ち、報道の自由を疑問視する声も上がった。
  • 影山氏は「メディアに対する指摘があるため、メディアも報道の内容を客観的に検証するべきです」と提言。
  • 現状では、羽生さんの報道に対する検証を確認できていないと話す。

1:

https://news.yahoo.co.jp/articles/0fec853a31274d407d6ead2173a2541397e65355?page=1

羽生結弦離婚でマスコミに「プライバシー侵害」批判相次ぐ 「報道内容を検証すべき」専門家も提言


 離婚を発表したプロフィギュアスケーターの羽生結弦さんが、結婚相手や親族らに対する誹謗中傷や無許可の取材・報道などがあったと明かし、SNS上ではメディアの責任を問う声が相次いでいる。

 複数のメディアが結婚相手を写真付きで実名報道していたため、羽生さん側のプライバシーを侵害したと批判する声が上がった。また、メディア側の「報道の自由」を疑問視する声もある。

 離婚発表を受け、専門家は2023年11月20日、「発表にはメディアに対する指摘があるため、メディアも報道の内容を客観的に検証するべきです」と取材に提言。プライバシーと報道の自由のバランスを考え直す必要があると指摘した。


■「無許可の取材、報道等、迷惑行為はおやめください」

 23年8月4日に結婚を発表した羽生さんは11月17日、離婚を決断したとX(旧ツイッター)で発表。結婚相手や親族らに「誹謗中傷やストーカー行為、許可のない取材や報道」があったとコメントし、以下のように述べた。

「このような状況が続いていく可能性と、一時改善されたとしても再びこのような状況になってしまう可能性がある中で、これからの未来を考えたとき、お相手に幸せであってほしい、制限のない幸せでいてほしいという思いから、離婚するという決断をいたしました」

 発表の最後では、「(編注:これからは)誹謗中傷や無許可の取材、報道等、迷惑行為はおやめください」とも訴えている。

 こうした内容を受け、羽生さんの結婚に関するプライベートな情報を取材して報じた一部メディアの責任を問う声がSNS上で相次いだ。羽生さん側のプライバシーを考慮する必要があるといった指摘が目立ち、報道の自由を疑問視する声も上がった。

 羽生さんの離婚を巡るメディアの責任を専門家はどう考えているのか。元毎日放送プロデューサーで同志社女子大教授・影山貴彦氏(メディアエンターテインメント論)は20日、「プライバシーの配慮を優先的に考えているかどうかを、日本のメディアは問い直す必要があると思います」とJ-CASTニュースの取材に答えた。

「プライバシーの配慮と報道の自由という2つのバランスを取ることは非常に難しいですが、以前よりも『個人のプライバシーを守ること』が重視される時代になったと思います。一部のメディアは、プライバシーの侵害が個人の幸せを壊すことに繋がることもあると気が付かなくてはいけないと思います」


「何でも報じていいというわけではない」

 影山氏は「報道は自由でなければならないし、何らかの制約を受けてはいけない」と話すとともに、メディアは「弱きを助け強きを挫く」役割が大事だと訴える。

 しかし、「弱き者を挫く時に『報道の自由』を主張していませんかと問いたいです」とも疑問を投げかける。羽生さんの件のほか、ジャニーズ問題などでも「メディアに対する不信感が広がっているように感じます」と述べる。

「プライバシーの配慮と報道の自由、1人の人間としての良心で、こうしたバランスを考えなければいけない。バランスのウェイトは昭和から令和にかけて変わりつつあるので、報道の自由はもちろん重要だけれども、何でも報じていいというわけではないですよね」

 離婚発表では、誹謗中傷や無許可の取材・報道に注意喚起している。影山氏は「メディアに対する指摘があるため、メディアも報道の内容を客観的に検証するべきです」と提言。現状では、羽生さんの報道に対する検証を確認できていないと話す。

 こうした検証がメディアに対する不信感を回復させることに繋がるという。「反省すべき点は反省したり、報道の意図とは違った形で受け手に受け止められたと明らかにしたりするなど、検証すべきだと思います」と説明した。

177:

>>1 https://news.yahoo.co.jp/articles/0fec853a31274d407d6ead2173a2541397e65355?page=1

羽生結弦離婚でマスコミに「プライバシー侵害」批判相次ぐ 「報道内容を検証すべき」専門家も提言


 離婚を発表したプロフィギュアスケーターの羽生結弦さんが、結婚相手や親族らに対する誹謗中傷や無許可の取材・報道などがあったと明かし、SNS上ではメディアの責任を問う声が相次いでいる。

 複数のメディアが結婚相手を写真付きで実名報道していたため、羽生さん側のプライバシーを侵害したと批判する声が上がった。また、メディア側の「報道の自由」を疑問視する声もある。

 離婚発表を受け、専門家は2023年11月20日、「発表にはメディアに対する指摘があるため、メディアも報道の内容を客観的に検証するべきです」と取材に提言。プライバシーと報道の自由のバランスを考え直す必要があると指摘した。


■「無許可の取材、報道等、迷惑行為はおやめください」

 23年8月4日に結婚を発表した羽生さんは11月17日、離婚を決断したとX(旧ツイッター)で発表。結婚相手や親族らに「誹謗中傷やストーカー行為、許可のない取材や報道」があったとコメントし、以下のように述べた。

「このような状況が続いていく可能性と、一時改善されたとしても再びこのような状況になってしまう可能性がある中で、これからの未来を考えたとき、お相手に幸せであってほしい、制限のない幸せでいてほしいという思いから、離婚するという決断をいたしました」

 発表の最後では、「(編注:これからは)誹謗中傷や無許可の取材、報道等、迷惑行為はおやめください」とも訴えている。

 こうした内容を受け、羽生さんの結婚に関するプライベートな情報を取材して報じた一部メディアの責任を問う声がSNS上で相次いだ。羽生さん側のプライバシーを考慮する必要があるといった指摘が目立ち、報道の自由を疑問視する声も上がった。

 羽生さんの離婚を巡るメディアの責任を専門家はどう考えているのか。元毎日放送プロデューサーで同志社女子大教授・影山貴彦氏(メディアエンターテインメント論)は20日、「プライバシーの配慮を優先的に考えているかどうかを、日本のメディアは問い直す必要があると思います」とJ-CASTニュースの取材に答えた。

「プライバシーの配慮と報道の自由という2つのバランスを取ることは非常に難しいですが、以前よりも『個人のプライバシーを守ること』が重視される時代になったと思います。一部のメディアは、プライバシーの侵害が個人の幸せを壊すことに繋がることもあると気が付かなくてはいけないと思います」


「何でも報じていいというわけではない」

 影山氏は「報道は自由でなければならないし、何らかの制約を受けてはいけない」と話すとともに、メディアは「弱きを助け強きを挫く」役割が大事だと訴える。

 しかし、「弱き者を挫く時に『報道の自由』を主張していませんかと問いたいです」とも疑問を投げかける。羽生さんの件のほか、ジャニーズ問題などでも「メディアに対する不信感が広がっているように感じます」と述べる。

「プライバシーの配慮と報道の自由、1人の人間としての良心で、こうしたバランスを考えなければいけない。バランスのウェイトは昭和から令和にかけて変わりつつあるので、報道の自由はもちろん重要だけれども、何でも報じていいというわけではないですよね」

 離婚発表では、誹謗中傷や無許可の取材・報道に注意喚起している。影山氏は「メディアに対する指摘があるため、メディアも報道の内容を客観的に検証するべきです」と提言。現状では、羽生さんの報道に対する検証を確認できていないと話す。

 こうした検証がメディアに対する不信感を回復させることに繋がるという。「反省すべき点は反省したり、報道の意図とは違った形で受け手に受け止められたと明らかにしたりするなど、検証すべきだと思います」と説明した。


俺等も知る権利を理由にしてリポーターや記者に突撃したら気持ちがわかる気がする

349:

>>177 俺等も知る権利を理由にしてリポーターや記者に突撃したら気持ちがわかる気がする


実際、それで梨元は何かあった気がする

234:

>>1 https://news.yahoo.co.jp/articles/0fec853a31274d407d6ead2173a2541397e65355?page=1

羽生結弦離婚でマスコミに「プライバシー侵害」批判相次ぐ 「報道内容を検証すべき」専門家も提言


 離婚を発表したプロフィギュアスケーターの羽生結弦さんが、結婚相手や親族らに対する誹謗中傷や無許可の取材・報道などがあったと明かし、SNS上ではメディアの責任を問う声が相次いでいる。

 複数のメディアが結婚相手を写真付きで実名報道していたため、羽生さん側のプライバシーを侵害したと批判する声が上がった。また、メディア側の「報道の自由」を疑問視する声もある。

 離婚発表を受け、専門家は2023年11月20日、「発表にはメディアに対する指摘があるため、メディアも報道の内容を客観的に検証するべきです」と取材に提言。プライバシーと報道の自由のバランスを考え直す必要があると指摘した。


■「無許可の取材、報道等、迷惑行為はおやめください」

 23年8月4日に結婚を発表した羽生さんは11月17日、離婚を決断したとX(旧ツイッター)で発表。結婚相手や親族らに「誹謗中傷やストーカー行為、許可のない取材や報道」があったとコメントし、以下のように述べた。

「このような状況が続いていく可能性と、一時改善されたとしても再びこのような状況になってしまう可能性がある中で、これからの未来を考えたとき、お相手に幸せであってほしい、制限のない幸せでいてほしいという思いから、離婚するという決断をいたしました」

 発表の最後では、「(編注:これからは)誹謗中傷や無許可の取材、報道等、迷惑行為はおやめください」とも訴えている。

 こうした内容を受け、羽生さんの結婚に関するプライベートな情報を取材して報じた一部メディアの責任を問う声がSNS上で相次いだ。羽生さん側のプライバシーを考慮する必要があるといった指摘が目立ち、報道の自由を疑問視する声も上がった。

 羽生さんの離婚を巡るメディアの責任を専門家はどう考えているのか。元毎日放送プロデューサーで同志社女子大教授・影山貴彦氏(メディアエンターテインメント論)は20日、「プライバシーの配慮を優先的に考えているかどうかを、日本のメディアは問い直す必要があると思います」とJ-CASTニュースの取材に答えた。

「プライバシーの配慮と報道の自由という2つのバランスを取ることは非常に難しいですが、以前よりも『個人のプライバシーを守ること』が重視される時代になったと思います。一部のメディアは、プライバシーの侵害が個人の幸せを壊すことに繋がることもあると気が付かなくてはいけないと思います」


「何でも報じていいというわけではない」

 影山氏は「報道は自由でなければならないし、何らかの制約を受けてはいけない」と話すとともに、メディアは「弱きを助け強きを挫く」役割が大事だと訴える。

 しかし、「弱き者を挫く時に『報道の自由』を主張していませんかと問いたいです」とも疑問を投げかける。羽生さんの件のほか、ジャニーズ問題などでも「メディアに対する不信感が広がっているように感じます」と述べる。

「プライバシーの配慮と報道の自由、1人の人間としての良心で、こうしたバランスを考えなければいけない。バランスのウェイトは昭和から令和にかけて変わりつつあるので、報道の自由はもちろん重要だけれども、何でも報じていいというわけではないですよね」

 離婚発表では、誹謗中傷や無許可の取材・報道に注意喚起している。影山氏は「メディアに対する指摘があるため、メディアも報道の内容を客観的に検証するべきです」と提言。現状では、羽生さんの報道に対する検証を確認できていないと話す。

 こうした検証がメディアに対する不信感を回復させることに繋がるという。「反省すべき点は反省したり、報道の意図とは違った形で受け手に受け止められたと明らかにしたりするなど、検証すべきだと思います」と説明した。



週刊文春 曰く  

「芸能人は公人と変わらないからプライバシーを取材してもOK。」

って言ってたわ

248:

>>1 https://news.yahoo.co.jp/articles/0fec853a31274d407d6ead2173a2541397e65355?page=1

羽生結弦離婚でマスコミに「プライバシー侵害」批判相次ぐ 「報道内容を検証すべき」専門家も提言


 離婚を発表したプロフィギュアスケーターの羽生結弦さんが、結婚相手や親族らに対する誹謗中傷や無許可の取材・報道などがあったと明かし、SNS上ではメディアの責任を問う声が相次いでいる。

 複数のメディアが結婚相手を写真付きで実名報道していたため、羽生さん側のプライバシーを侵害したと批判する声が上がった。また、メディア側の「報道の自由」を疑問視する声もある。

 離婚発表を受け、専門家は2023年11月20日、「発表にはメディアに対する指摘があるため、メディアも報道の内容を客観的に検証するべきです」と取材に提言。プライバシーと報道の自由のバランスを考え直す必要があると指摘した。


■「無許可の取材、報道等、迷惑行為はおやめください」

 23年8月4日に結婚を発表した羽生さんは11月17日、離婚を決断したとX(旧ツイッター)で発表。結婚相手や親族らに「誹謗中傷やストーカー行為、許可のない取材や報道」があったとコメントし、以下のように述べた。

「このような状況が続いていく可能性と、一時改善されたとしても再びこのような状況になってしまう可能性がある中で、これからの未来を考えたとき、お相手に幸せであってほしい、制限のない幸せでいてほしいという思いから、離婚するという決断をいたしました」

 発表の最後では、「(編注:これからは)誹謗中傷や無許可の取材、報道等、迷惑行為はおやめください」とも訴えている。

 こうした内容を受け、羽生さんの結婚に関するプライベートな情報を取材して報じた一部メディアの責任を問う声がSNS上で相次いだ。羽生さん側のプライバシーを考慮する必要があるといった指摘が目立ち、報道の自由を疑問視する声も上がった。

 羽生さんの離婚を巡るメディアの責任を専門家はどう考えているのか。元毎日放送プロデューサーで同志社女子大教授・影山貴彦氏(メディアエンターテインメント論)は20日、「プライバシーの配慮を優先的に考えているかどうかを、日本のメディアは問い直す必要があると思います」とJ-CASTニュースの取材に答えた。

「プライバシーの配慮と報道の自由という2つのバランスを取ることは非常に難しいですが、以前よりも『個人のプライバシーを守ること』が重視される時代になったと思います。一部のメディアは、プライバシーの侵害が個人の幸せを壊すことに繋がることもあると気が付かなくてはいけないと思います」


「何でも報じていいというわけではない」

 影山氏は「報道は自由でなければならないし、何らかの制約を受けてはいけない」と話すとともに、メディアは「弱きを助け強きを挫く」役割が大事だと訴える。

 しかし、「弱き者を挫く時に『報道の自由』を主張していませんかと問いたいです」とも疑問を投げかける。羽生さんの件のほか、ジャニーズ問題などでも「メディアに対する不信感が広がっているように感じます」と述べる。

「プライバシーの配慮と報道の自由、1人の人間としての良心で、こうしたバランスを考えなければいけない。バランスのウェイトは昭和から令和にかけて変わりつつあるので、報道の自由はもちろん重要だけれども、何でも報じていいというわけではないですよね」

 離婚発表では、誹謗中傷や無許可の取材・報道に注意喚起している。影山氏は「メディアに対する指摘があるため、メディアも報道の内容を客観的に検証するべきです」と提言。現状では、羽生さんの報道に対する検証を確認できていないと話す。

 こうした検証がメディアに対する不信感を回復させることに繋がるという。「反省すべき点は反省したり、報道の意図とは違った形で受け手に受け止められたと明らかにしたりするなど、検証すべきだと思います」と説明した。


今までとなんら変わってないだろw
なんでこいつだけなんだよ

285:

>>248 今までとなんら変わってないだろw
なんでこいつだけなんだよ


自意識過剰すぎるんだよな。
お相手を家から1歩も出さないとか異常なことしてるし。

400:

>>1 https://news.yahoo.co.jp/articles/0fec853a31274d407d6ead2173a2541397e65355?page=1

羽生結弦離婚でマスコミに「プライバシー侵害」批判相次ぐ 「報道内容を検証すべき」専門家も提言


 離婚を発表したプロフィギュアスケーターの羽生結弦さんが、結婚相手や親族らに対する誹謗中傷や無許可の取材・報道などがあったと明かし、SNS上ではメディアの責任を問う声が相次いでいる。

 複数のメディアが結婚相手を写真付きで実名報道していたため、羽生さん側のプライバシーを侵害したと批判する声が上がった。また、メディア側の「報道の自由」を疑問視する声もある。

 離婚発表を受け、専門家は2023年11月20日、「発表にはメディアに対する指摘があるため、メディアも報道の内容を客観的に検証するべきです」と取材に提言。プライバシーと報道の自由のバランスを考え直す必要があると指摘した。


■「無許可の取材、報道等、迷惑行為はおやめください」

 23年8月4日に結婚を発表した羽生さんは11月17日、離婚を決断したとX(旧ツイッター)で発表。結婚相手や親族らに「誹謗中傷やストーカー行為、許可のない取材や報道」があったとコメントし、以下のように述べた。

「このような状況が続いていく可能性と、一時改善されたとしても再びこのような状況になってしまう可能性がある中で、これからの未来を考えたとき、お相手に幸せであってほしい、制限のない幸せでいてほしいという思いから、離婚するという決断をいたしました」

 発表の最後では、「(編注:これからは)誹謗中傷や無許可の取材、報道等、迷惑行為はおやめください」とも訴えている。

 こうした内容を受け、羽生さんの結婚に関するプライベートな情報を取材して報じた一部メディアの責任を問う声がSNS上で相次いだ。羽生さん側のプライバシーを考慮する必要があるといった指摘が目立ち、報道の自由を疑問視する声も上がった。

 羽生さんの離婚を巡るメディアの責任を専門家はどう考えているのか。元毎日放送プロデューサーで同志社女子大教授・影山貴彦氏(メディアエンターテインメント論)は20日、「プライバシーの配慮を優先的に考えているかどうかを、日本のメディアは問い直す必要があると思います」とJ-CASTニュースの取材に答えた。

「プライバシーの配慮と報道の自由という2つのバランスを取ることは非常に難しいですが、以前よりも『個人のプライバシーを守ること』が重視される時代になったと思います。一部のメディアは、プライバシーの侵害が個人の幸せを壊すことに繋がることもあると気が付かなくてはいけないと思います」


「何でも報じていいというわけではない」

 影山氏は「報道は自由でなければならないし、何らかの制約を受けてはいけない」と話すとともに、メディアは「弱きを助け強きを挫く」役割が大事だと訴える。

 しかし、「弱き者を挫く時に『報道の自由』を主張していませんかと問いたいです」とも疑問を投げかける。羽生さんの件のほか、ジャニーズ問題などでも「メディアに対する不信感が広がっているように感じます」と述べる。

「プライバシーの配慮と報道の自由、1人の人間としての良心で、こうしたバランスを考えなければいけない。バランスのウェイトは昭和から令和にかけて変わりつつあるので、報道の自由はもちろん重要だけれども、何でも報じていいというわけではないですよね」

 離婚発表では、誹謗中傷や無許可の取材・報道に注意喚起している。影山氏は「メディアに対する指摘があるため、メディアも報道の内容を客観的に検証するべきです」と提言。現状では、羽生さんの報道に対する検証を確認できていないと話す。

 こうした検証がメディアに対する不信感を回復させることに繋がるという。「反省すべき点は反省したり、報道の意図とは違った形で受け手に受け止められたと明らかにしたりするなど、検証すべきだと思います」と説明した。


ピーピングは報道の自由じゃねえよ

516:

ジャニーズにやり部屋提供してた事も放置のままだし

>>1 https://news.yahoo.co.jp/articles/0fec853a31274d407d6ead2173a2541397e65355?page=1

羽生結弦離婚でマスコミに「プライバシー侵害」批判相次ぐ 「報道内容を検証すべき」専門家も提言


 離婚を発表したプロフィギュアスケーターの羽生結弦さんが、結婚相手や親族らに対する誹謗中傷や無許可の取材・報道などがあったと明かし、SNS上ではメディアの責任を問う声が相次いでいる。

 複数のメディアが結婚相手を写真付きで実名報道していたため、羽生さん側のプライバシーを侵害したと批判する声が上がった。また、メディア側の「報道の自由」を疑問視する声もある。

 離婚発表を受け、専門家は2023年11月20日、「発表にはメディアに対する指摘があるため、メディアも報道の内容を客観的に検証するべきです」と取材に提言。プライバシーと報道の自由のバランスを考え直す必要があると指摘した。


■「無許可の取材、報道等、迷惑行為はおやめください」

 23年8月4日に結婚を発表した羽生さんは11月17日、離婚を決断したとX(旧ツイッター)で発表。結婚相手や親族らに「誹謗中傷やストーカー行為、許可のない取材や報道」があったとコメントし、以下のように述べた。

「このような状況が続いていく可能性と、一時改善されたとしても再びこのような状況になってしまう可能性がある中で、これからの未来を考えたとき、お相手に幸せであってほしい、制限のない幸せでいてほしいという思いから、離婚するという決断をいたしました」

 発表の最後では、「(編注:これからは)誹謗中傷や無許可の取材、報道等、迷惑行為はおやめください」とも訴えている。

 こうした内容を受け、羽生さんの結婚に関するプライベートな情報を取材して報じた一部メディアの責任を問う声がSNS上で相次いだ。羽生さん側のプライバシーを考慮する必要があるといった指摘が目立ち、報道の自由を疑問視する声も上がった。

 羽生さんの離婚を巡るメディアの責任を専門家はどう考えているのか。元毎日放送プロデューサーで同志社女子大教授・影山貴彦氏(メディアエンターテインメント論)は20日、「プライバシーの配慮を優先的に考えているかどうかを、日本のメディアは問い直す必要があると思います」とJ-CASTニュースの取材に答えた。

「プライバシーの配慮と報道の自由という2つのバランスを取ることは非常に難しいですが、以前よりも『個人のプライバシーを守ること』が重視される時代になったと思います。一部のメディアは、プライバシーの侵害が個人の幸せを壊すことに繋がることもあると気が付かなくてはいけないと思います」


「何でも報じていいというわけではない」

 影山氏は「報道は自由でなければならないし、何らかの制約を受けてはいけない」と話すとともに、メディアは「弱きを助け強きを挫く」役割が大事だと訴える。

 しかし、「弱き者を挫く時に『報道の自由』を主張していませんかと問いたいです」とも疑問を投げかける。羽生さんの件のほか、ジャニーズ問題などでも「メディアに対する不信感が広がっているように感じます」と述べる。

「プライバシーの配慮と報道の自由、1人の人間としての良心で、こうしたバランスを考えなければいけない。バランスのウェイトは昭和から令和にかけて変わりつつあるので、報道の自由はもちろん重要だけれども、何でも報じていいというわけではないですよね」

 離婚発表では、誹謗中傷や無許可の取材・報道に注意喚起している。影山氏は「メディアに対する指摘があるため、メディアも報道の内容を客観的に検証するべきです」と提言。現状では、羽生さんの報道に対する検証を確認できていないと話す。

 こうした検証がメディアに対する不信感を回復させることに繋がるという。「反省すべき点は反省したり、報道の意図とは違った形で受け手に受け止められたと明らかにしたりするなど、検証すべきだと思います」と説明した。

の専門家もクソなんだろな

540:

>>1 https://news.yahoo.co.jp/articles/0fec853a31274d407d6ead2173a2541397e65355?page=1

羽生結弦離婚でマスコミに「プライバシー侵害」批判相次ぐ 「報道内容を検証すべき」専門家も提言


 離婚を発表したプロフィギュアスケーターの羽生結弦さんが、結婚相手や親族らに対する誹謗中傷や無許可の取材・報道などがあったと明かし、SNS上ではメディアの責任を問う声が相次いでいる。

 複数のメディアが結婚相手を写真付きで実名報道していたため、羽生さん側のプライバシーを侵害したと批判する声が上がった。また、メディア側の「報道の自由」を疑問視する声もある。

 離婚発表を受け、専門家は2023年11月20日、「発表にはメディアに対する指摘があるため、メディアも報道の内容を客観的に検証するべきです」と取材に提言。プライバシーと報道の自由のバランスを考え直す必要があると指摘した。


■「無許可の取材、報道等、迷惑行為はおやめください」

 23年8月4日に結婚を発表した羽生さんは11月17日、離婚を決断したとX(旧ツイッター)で発表。結婚相手や親族らに「誹謗中傷やストーカー行為、許可のない取材や報道」があったとコメントし、以下のように述べた。

「このような状況が続いていく可能性と、一時改善されたとしても再びこのような状況になってしまう可能性がある中で、これからの未来を考えたとき、お相手に幸せであってほしい、制限のない幸せでいてほしいという思いから、離婚するという決断をいたしました」

 発表の最後では、「(編注:これからは)誹謗中傷や無許可の取材、報道等、迷惑行為はおやめください」とも訴えている。

 こうした内容を受け、羽生さんの結婚に関するプライベートな情報を取材して報じた一部メディアの責任を問う声がSNS上で相次いだ。羽生さん側のプライバシーを考慮する必要があるといった指摘が目立ち、報道の自由を疑問視する声も上がった。

 羽生さんの離婚を巡るメディアの責任を専門家はどう考えているのか。元毎日放送プロデューサーで同志社女子大教授・影山貴彦氏(メディアエンターテインメント論)は20日、「プライバシーの配慮を優先的に考えているかどうかを、日本のメディアは問い直す必要があると思います」とJ-CASTニュースの取材に答えた。

「プライバシーの配慮と報道の自由という2つのバランスを取ることは非常に難しいですが、以前よりも『個人のプライバシーを守ること』が重視される時代になったと思います。一部のメディアは、プライバシーの侵害が個人の幸せを壊すことに繋がることもあると気が付かなくてはいけないと思います」


「何でも報じていいというわけではない」

 影山氏は「報道は自由でなければならないし、何らかの制約を受けてはいけない」と話すとともに、メディアは「弱きを助け強きを挫く」役割が大事だと訴える。

 しかし、「弱き者を挫く時に『報道の自由』を主張していませんかと問いたいです」とも疑問を投げかける。羽生さんの件のほか、ジャニーズ問題などでも「メディアに対する不信感が広がっているように感じます」と述べる。

「プライバシーの配慮と報道の自由、1人の人間としての良心で、こうしたバランスを考えなければいけない。バランスのウェイトは昭和から令和にかけて変わりつつあるので、報道の自由はもちろん重要だけれども、何でも報じていいというわけではないですよね」

 離婚発表では、誹謗中傷や無許可の取材・報道に注意喚起している。影山氏は「メディアに対する指摘があるため、メディアも報道の内容を客観的に検証するべきです」と提言。現状では、羽生さんの報道に対する検証を確認できていないと話す。

 こうした検証がメディアに対する不信感を回復させることに繋がるという。「反省すべき点は反省したり、報道の意図とは違った形で受け手に受け止められたと明らかにしたりするなど、検証すべきだと思います」と説明した。


週刊紙業界必死なの笑うわ
羽生結弦
ゴシップ紙潰せるのはお前しかいないわ
訴えていいんだよ

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

13:

普通に考えて報道の自由って政治家とか公権力、刑事事件とかに発揮されるべきもんなんじゃねーの
今回の件で報道の自由を訴えながらジャニとかにはだんまりで報道の自由ランキングでは下位って色々酷すぎるだろ日本のメディア

124:

>>13 普通に考えて報道の自由って政治家とか公権力、刑事事件とかに発揮されるべきもんなんじゃねーの
今回の件で報道の自由を訴えながらジャニとかにはだんまりで報道の自由ランキングでは下位って色々酷すぎるだろ日本のメディア


それな
芸能人の恋愛スキャンダルに「知る権利」とか言うアホマスコミまじいるからな
まず芸能報道潰したほうがいい
どうせ日本の芸能なんて伝統芸含めてお遊戯レベルの稚拙さだし

165:

>>13 普通に考えて報道の自由って政治家とか公権力、刑事事件とかに発揮されるべきもんなんじゃねーの
今回の件で報道の自由を訴えながらジャニとかにはだんまりで報道の自由ランキングでは下位って色々酷すぎるだろ日本のメディア


ほんとこれ
報道の自由とは権力財力を振りかざす政権や巨大組織それに犯罪に対してのものであってな

224:

>>165 ほんとこれ
報道の自由とは権力財力を振りかざす政権や巨大組織それに犯罪に対してのものであってな


だから権力者はこういう記事書かせるを。
有名人にかこつけて都合の悪いこと書けないようにし向けてるし、実際、かなり効果ある。

271:

>>224 だから権力者はこういう記事書かせるを。
有名人にかこつけて都合の悪いこと書けないようにし向けてるし、実際、かなり効果ある。


権力者がこの騒動を利用して報道を萎縮させたいのはひしひしと感じる

有名人のプライバシー重視→政治家財界人のプライバシー重視に繋がる危険性がある

292:

>>271 権力者がこの騒動を利用して報道を萎縮させたいのはひしひしと感じる

有名人のプライバシー重視→政治家財界人のプライバシー重視に繋がる危険性がある


わざわざ一行開けるなよ
自己顕示欲すごいな

399:

>>292 わざわざ一行開けるなよ
自己顕示欲すごいな


うるせえよ

144:

ちなみに今年3月は「報道の自由と知る権利」を掛けて小西洋之議員が1ヶ月国会で大立ち回りしてたよ
メディアも追従し「報道の自由を守れ!知る権利を無視するな!」と騒いでた

BBCによるジャニー喜多川ドキュメンタリーは握り潰されましたとさ

202:

旭川医大で新人記者が侵入禁止とされたところに入り込み身分を明かさず逮捕された際に「報道の自由が!」とジャーナリストらが騒いだことあるんだよな

その時メディア論の学者が語った言葉が↓
既存メディアに「公共的」であるがゆえに与えられてきた特恵的な地位を「特権」と勘違いし、またそうした優遇措置を守ることが目的化するとき、メディアの自己崩壊は始まる

231:

日本のジャーナリズム凄い!報道の自由の濫用し放題という認識なんだ

各国ジャーナリストへの意識調査

日本のジャーナリストが他国に比べて意識が低いもの
・事実をありのまま伝える
・人々が意見を表明できるようにする
・客観的な観察者である
中国やロシアよりこれらが低い

293:

ジャニーズ騒動の時は
・報道メディア批判するな!擁護と同じ
・今はまずジャニーズ、報道は後で良い!
とかあったな
「後で良い」のまま別の話題に飛びついて問題自体を無かったことにしようとしてるのが今だけど

331:

嫁も音楽界や芸能界に横の繋がりがある人だったんだからちゃんと公表して祝福してもらった方が良かったのでは?
マスゴミがプライベートを放っといてくれなかったので別れますとか意味不

339:

報道の自由や知る権利なんて誰も無駄とは言ってないとは思うぜ?
知る権利に応じるという建前で世論を持ち出し戦争煽ったこともあるし(世界不況で新聞が売れなくなってた)、自分たちの利益のためにダンマリ決め込むのが当然ありそれを無反省のまま今日に至るからな

559:

結婚も離婚も自分で発表した事
それらに対しての報道も一般的なマスコミはそこまで深追いしていないはずごく一部の女性誌や週刊誌が追っていたかもしれないがそれらに対しては事務所や弁護士が抗議すれば良かったはずそれ以外のストーカーに対しても警察に相談する必要が有ったのかもしれない
どこまで対策がされていたかは知らない

627:

羽生もちゃんと隠したかったのなら結婚発表の時に「入籍の運びとなりました」だけではなく「相手は一般人なのでこれ以上の公表はしません、相手や周りの方々への取材活動は控えてください」と書くべきだったのでは?

642:

>>627 羽生もちゃんと隠したかったのなら結婚発表の時に「入籍の運びとなりました」だけではなく「相手は一般人なのでこれ以上の公表はしません、相手や周りの方々への取材活動は控えてください」と書くべきだったのでは?


法的に生活を荒らされてるならw
刑事でも民事でも告発すれば良いだけw
面倒くさいならそれまでの結婚だったんだろ?w
おこちゃまごっこwww

852:

引退すればいいだけでは?
表に出る仕事してるんだから初めから分かってたことでしょうに。
社会的利益に繋がる情報開示が上回るし報道の自由もある。
ストーカーに対しては福山のように刑事訴訟で裁判を起こすなり、ストーカーに対して絶対に許さないという発言をリリースすれば良かっただけ。
やる事やらずにゴネてると印象悪い

867:

羽生くんのことで胸を痛めて情報収集してたらこちらのポストに出会ったんですけど、ご結婚当初AERA dotで酷い中傷記事が出てたんですね。で、その記事を書いたのがJ事務所潰しに深く関与している北原みのり氏。
ジャーナリストっていう職業の正義の振りかざし方、おかしくない?

870:

>>867 羽生くんのことで胸を痛めて情報収集してたらこちらのポストに出会ったんですけど、ご結婚当初AERA dotで酷い中傷記事が出てたんですね。で、その記事を書いたのがJ事務所潰しに深く関与している北原みのり氏。
ジャーナリストっていう職業の正義の振りかざし方、おかしくない?


北原みのりwwww

876:

文春・女性セブン・AERAなどの週刊誌や、市町村の広報がバラしてるので……

まあ、NHKもファンのせいにしようとしていますが。
主語に赤線を引かない徹底ぶりです。

日本のメディアは最悪ですね。
TBSのアッコにおまかせでも「羽生くんも分かってたはず」的な責めようで見てられない。

902:

マスコミが特定したところで一般人の99%は興味がない
目にしたとしてもそうだったんだで終わる話

話を聞けば、マスコミの前にXで嫁と新居を特定していたファンの書き込みがあったとか。
そういう人らがしつこく後をつけたり騒ぐのだろう
つまり、ファンが原因

919:

文春は人の命が奪われる事態を引き起こし、歌舞伎の未来を脅かしただけでなく、今度は世界の宝とも言われる羽生結弦選手を言われもないことで攻撃し、彼とご家族を貶め、フィギュアスケートの未来と新たな可能性まで潰そうとしている。
潰れるべきは文春。こうした愚行を許してはいけない。絶対に。
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1700695985

Comments 0

コメントはまだありません。