羽生結弦、離婚に追い込んだ週刊誌の「過激取材」 結婚相手の素性が流出した理由は…「山口県の地方紙が女性の本名や顔写真を掲載」 - 芸能人
げいのうまとめんぬ

羽生結弦、離婚に追い込んだ週刊誌の「過激取材」 結婚相手の素性が流出した理由は…「山口県の地方紙が女性の本名や顔写真を掲載」

2023/11/22
芸能人 0
  • 「私が未熟であるがゆえに、現状のままお相手と私自身を守り続けることは極めて難しく、耐え難いものでした」──。
  • 17日、プロフィギュアスケーターの羽生結弦が、8月に結婚した一般女性と離婚したことを発表。
  • マスコミによる「過激取材」があったことを明かし、物議を醸している。
  • なぜ、羽生の結婚をめぐる報道はここまで過熱したのか。
  • 中略 8月の結婚発表時点では、羽生のパートナーの年齢や職業等の詳細な情報は公表されず、ベールに包まれていた。
  • なぜ、結婚相手の情報が流出したのか。
  • 「9月16日の『週刊女性PRIME』が相手の女性について報じましたが、一般人ということもあり、名前は伏せていました。
  • なぜ、羽生の結婚相手に関する報道はこれほど過熱したのか。
  • 結婚発表直後は、どのマスコミも相手の情報はキャッチできていませんでしたが、それが『日刊新周南』の報道で判明したことで各週刊誌が独自の情報を求め、羽生さんや女性の自宅、実家などを取材するようになってしまったんです」と話す。
  • 「相手の女性は過去に芸能活動をしていたそうですが、現在は引退しています。

1:

https://sirabee.com/2023/11/21/20163200488/
2023/11/21 11:00

「私が未熟であるがゆえに、現状のままお相手と私自身を守り続けることは極めて難しく、耐え難いものでした」──。17日、プロフィギュアスケーターの羽生結弦が、8月に結婚した一般女性と離婚したことを発表。マスコミによる「過激取材」があったことを明かし、物議を醸している。なぜ、羽生の結婚をめぐる報道はここまで過熱したのか。
中略

8月の結婚発表時点では、羽生のパートナーの年齢や職業等の詳細な情報は公表されず、ベールに包まれていた。なぜ、結婚相手の情報が流出したのか。

ある芸能事務所関係者が語る。「9月16日の『週刊女性PRIME』が相手の女性について報じましたが、一般人ということもあり、名前は伏せていました。ですが、9月19日に山口県の地方紙『日刊新周南』が、女性の本名や顔写真を掲載したんです。彼女が山口県出身ということもあり、祝福したかったのかもしれませんが、SNS等で女性のプロフィールが拡散される事態に。この報道をきっかけに、週刊誌も彼女の本名を報じるようになり、ヒートアップした印象です」(芸能事務所関係者)。

一部週刊誌では、女性が自宅付近を歩く様子や仕事に向かう様子が写真付きで報じられた。なぜ、羽生の結婚相手に関する報道はこれほど過熱したのか。

前出の芸能事務所関係者は、「週刊誌は、テレビや新聞、ネットで報じられていない情報を取材し、記事にします。羽生さんはどの週刊誌でも取り上げると反響が大きいため、結婚相手の情報は何としても掲載したかったはずです。結婚発表直後は、どのマスコミも相手の情報はキャッチできていませんでしたが、それが『日刊新周南』の報道で判明したことで各週刊誌が独自の情報を求め、羽生さんや女性の自宅、実家などを取材するようになってしまったんです」と話す。

こうした「過激取材」によって、羽生の心は蝕まれていったのだろう。

前出の芸能事務所関係者は、一連の週刊誌の報道姿勢に憤りを見せる。

「相手の女性は過去に芸能活動をしていたそうですが、現在は引退しています。そうした事情を鑑みると、名前や写真は伏せるべきだったはずです。一つの媒体がそうした情報を掲載したことで、『◯◯が書いているからウチも書こう』というスタンスになったのかもしれませんが、ネット社会の今、一度報じられた内容は一生残り続けます。こうしたメディアの横並び体質は改善するべきではないでしょうか」(前出・芸能事務所関係者)。

本来であれば、大切な人との結婚生活を謳歌するはずだった羽生。平穏な生活が壊されたことは残念でならない。

30:

>>1 https://sirabee.com/2023/11/21/20163200488/
2023/11/21 11:00

「私が未熟であるがゆえに、現状のままお相手と私自身を守り続けることは極めて難しく、耐え難いものでした」──。17日、プロフィギュアスケーターの羽生結弦が、8月に結婚した一般女性と離婚したことを発表。マスコミによる「過激取材」があったことを明かし、物議を醸している。なぜ、羽生の結婚をめぐる報道はここまで過熱したのか。
中略

8月の結婚発表時点では、羽生のパートナーの年齢や職業等の詳細な情報は公表されず、ベールに包まれていた。なぜ、結婚相手の情報が流出したのか。

ある芸能事務所関係者が語る。「9月16日の『週刊女性PRIME』が相手の女性について報じましたが、一般人ということもあり、名前は伏せていました。ですが、9月19日に山口県の地方紙『日刊新周南』が、女性の本名や顔写真を掲載したんです。彼女が山口県出身ということもあり、祝福したかったのかもしれませんが、SNS等で女性のプロフィールが拡散される事態に。この報道をきっかけに、週刊誌も彼女の本名を報じるようになり、ヒートアップした印象です」(芸能事務所関係者)。

一部週刊誌では、女性が自宅付近を歩く様子や仕事に向かう様子が写真付きで報じられた。なぜ、羽生の結婚相手に関する報道はこれほど過熱したのか。

前出の芸能事務所関係者は、「週刊誌は、テレビや新聞、ネットで報じられていない情報を取材し、記事にします。羽生さんはどの週刊誌でも取り上げると反響が大きいため、結婚相手の情報は何としても掲載したかったはずです。結婚発表直後は、どのマスコミも相手の情報はキャッチできていませんでしたが、それが『日刊新周南』の報道で判明したことで各週刊誌が独自の情報を求め、羽生さんや女性の自宅、実家などを取材するようになってしまったんです」と話す。

こうした「過激取材」によって、羽生の心は蝕まれていったのだろう。

前出の芸能事務所関係者は、一連の週刊誌の報道姿勢に憤りを見せる。

「相手の女性は過去に芸能活動をしていたそうですが、現在は引退しています。そうした事情を鑑みると、名前や写真は伏せるべきだったはずです。一つの媒体がそうした情報を掲載したことで、『◯◯が書いているからウチも書こう』というスタンスになったのかもしれませんが、ネット社会の今、一度報じられた内容は一生残り続けます。こうしたメディアの横並び体質は改善するべきではないでしょうか」(前出・芸能事務所関係者)。

本来であれば、大切な人との結婚生活を謳歌するはずだった羽生。平穏な生活が壊されたことは残念でならない。


奥さんの地元や演奏仲間は結婚知ってたから
奥さん側は別に隠したいとは思ってなかったやろ

奥さんを隠してコソコソ生活してるのは羽生側

35:

>>30 奥さんの地元や演奏仲間は結婚知ってたから
奥さん側は別に隠したいとは思ってなかったやろ

奥さんを隠してコソコソ生活してるのは羽生側


隠す隠さないは結婚前に両家で合意があったと考える方が自然だが

412:

>>30 奥さんの地元や演奏仲間は結婚知ってたから
奥さん側は別に隠したいとは思ってなかったやろ

奥さんを隠してコソコソ生活してるのは羽生側


正論
地元は歓迎でしたが
羽生か変わり者で終わった(笑)

441:

>>412 正論
地元は歓迎でしたが
羽生か変わり者で終わった(笑)


こういう勝手な妄想で貶めるレスしてるけど
通報しとくね今の時代1発アウトでしょ
訴えられないと分からないのかな?

43:

>>1 https://sirabee.com/2023/11/21/20163200488/
2023/11/21 11:00

「私が未熟であるがゆえに、現状のままお相手と私自身を守り続けることは極めて難しく、耐え難いものでした」──。17日、プロフィギュアスケーターの羽生結弦が、8月に結婚した一般女性と離婚したことを発表。マスコミによる「過激取材」があったことを明かし、物議を醸している。なぜ、羽生の結婚をめぐる報道はここまで過熱したのか。
中略

8月の結婚発表時点では、羽生のパートナーの年齢や職業等の詳細な情報は公表されず、ベールに包まれていた。なぜ、結婚相手の情報が流出したのか。

ある芸能事務所関係者が語る。「9月16日の『週刊女性PRIME』が相手の女性について報じましたが、一般人ということもあり、名前は伏せていました。ですが、9月19日に山口県の地方紙『日刊新周南』が、女性の本名や顔写真を掲載したんです。彼女が山口県出身ということもあり、祝福したかったのかもしれませんが、SNS等で女性のプロフィールが拡散される事態に。この報道をきっかけに、週刊誌も彼女の本名を報じるようになり、ヒートアップした印象です」(芸能事務所関係者)。

一部週刊誌では、女性が自宅付近を歩く様子や仕事に向かう様子が写真付きで報じられた。なぜ、羽生の結婚相手に関する報道はこれほど過熱したのか。

前出の芸能事務所関係者は、「週刊誌は、テレビや新聞、ネットで報じられていない情報を取材し、記事にします。羽生さんはどの週刊誌でも取り上げると反響が大きいため、結婚相手の情報は何としても掲載したかったはずです。結婚発表直後は、どのマスコミも相手の情報はキャッチできていませんでしたが、それが『日刊新周南』の報道で判明したことで各週刊誌が独自の情報を求め、羽生さんや女性の自宅、実家などを取材するようになってしまったんです」と話す。

こうした「過激取材」によって、羽生の心は蝕まれていったのだろう。

前出の芸能事務所関係者は、一連の週刊誌の報道姿勢に憤りを見せる。

「相手の女性は過去に芸能活動をしていたそうですが、現在は引退しています。そうした事情を鑑みると、名前や写真は伏せるべきだったはずです。一つの媒体がそうした情報を掲載したことで、『◯◯が書いているからウチも書こう』というスタンスになったのかもしれませんが、ネット社会の今、一度報じられた内容は一生残り続けます。こうしたメディアの横並び体質は改善するべきではないでしょうか」(前出・芸能事務所関係者)。

本来であれば、大切な人との結婚生活を謳歌するはずだった羽生。平穏な生活が壊されたことは残念でならない。


・嫁の素性探しが加熱してたって本当か?だいたい結婚以降、羽生がニュースになったことあったっけ?
・仮にネットで嫁探しが加熱してたとして、なんで3か月で放流するのかな?

54:

>>1 https://sirabee.com/2023/11/21/20163200488/
2023/11/21 11:00

「私が未熟であるがゆえに、現状のままお相手と私自身を守り続けることは極めて難しく、耐え難いものでした」──。17日、プロフィギュアスケーターの羽生結弦が、8月に結婚した一般女性と離婚したことを発表。マスコミによる「過激取材」があったことを明かし、物議を醸している。なぜ、羽生の結婚をめぐる報道はここまで過熱したのか。
中略

8月の結婚発表時点では、羽生のパートナーの年齢や職業等の詳細な情報は公表されず、ベールに包まれていた。なぜ、結婚相手の情報が流出したのか。

ある芸能事務所関係者が語る。「9月16日の『週刊女性PRIME』が相手の女性について報じましたが、一般人ということもあり、名前は伏せていました。ですが、9月19日に山口県の地方紙『日刊新周南』が、女性の本名や顔写真を掲載したんです。彼女が山口県出身ということもあり、祝福したかったのかもしれませんが、SNS等で女性のプロフィールが拡散される事態に。この報道をきっかけに、週刊誌も彼女の本名を報じるようになり、ヒートアップした印象です」(芸能事務所関係者)。

一部週刊誌では、女性が自宅付近を歩く様子や仕事に向かう様子が写真付きで報じられた。なぜ、羽生の結婚相手に関する報道はこれほど過熱したのか。

前出の芸能事務所関係者は、「週刊誌は、テレビや新聞、ネットで報じられていない情報を取材し、記事にします。羽生さんはどの週刊誌でも取り上げると反響が大きいため、結婚相手の情報は何としても掲載したかったはずです。結婚発表直後は、どのマスコミも相手の情報はキャッチできていませんでしたが、それが『日刊新周南』の報道で判明したことで各週刊誌が独自の情報を求め、羽生さんや女性の自宅、実家などを取材するようになってしまったんです」と話す。

こうした「過激取材」によって、羽生の心は蝕まれていったのだろう。

前出の芸能事務所関係者は、一連の週刊誌の報道姿勢に憤りを見せる。

「相手の女性は過去に芸能活動をしていたそうですが、現在は引退しています。そうした事情を鑑みると、名前や写真は伏せるべきだったはずです。一つの媒体がそうした情報を掲載したことで、『◯◯が書いているからウチも書こう』というスタンスになったのかもしれませんが、ネット社会の今、一度報じられた内容は一生残り続けます。こうしたメディアの横並び体質は改善するべきではないでしょうか」(前出・芸能事務所関係者)。

本来であれば、大切な人との結婚生活を謳歌するはずだった羽生。平穏な生活が壊されたことは残念でならない。


この地方紙には新聞社としての自覚が無いんだろ
個人や仲間同士がYouTubeやSNSで好きな事を言うのと同じ感覚

313:

>>1 https://sirabee.com/2023/11/21/20163200488/
2023/11/21 11:00

「私が未熟であるがゆえに、現状のままお相手と私自身を守り続けることは極めて難しく、耐え難いものでした」──。17日、プロフィギュアスケーターの羽生結弦が、8月に結婚した一般女性と離婚したことを発表。マスコミによる「過激取材」があったことを明かし、物議を醸している。なぜ、羽生の結婚をめぐる報道はここまで過熱したのか。
中略

8月の結婚発表時点では、羽生のパートナーの年齢や職業等の詳細な情報は公表されず、ベールに包まれていた。なぜ、結婚相手の情報が流出したのか。

ある芸能事務所関係者が語る。「9月16日の『週刊女性PRIME』が相手の女性について報じましたが、一般人ということもあり、名前は伏せていました。ですが、9月19日に山口県の地方紙『日刊新周南』が、女性の本名や顔写真を掲載したんです。彼女が山口県出身ということもあり、祝福したかったのかもしれませんが、SNS等で女性のプロフィールが拡散される事態に。この報道をきっかけに、週刊誌も彼女の本名を報じるようになり、ヒートアップした印象です」(芸能事務所関係者)。

一部週刊誌では、女性が自宅付近を歩く様子や仕事に向かう様子が写真付きで報じられた。なぜ、羽生の結婚相手に関する報道はこれほど過熱したのか。

前出の芸能事務所関係者は、「週刊誌は、テレビや新聞、ネットで報じられていない情報を取材し、記事にします。羽生さんはどの週刊誌でも取り上げると反響が大きいため、結婚相手の情報は何としても掲載したかったはずです。結婚発表直後は、どのマスコミも相手の情報はキャッチできていませんでしたが、それが『日刊新周南』の報道で判明したことで各週刊誌が独自の情報を求め、羽生さんや女性の自宅、実家などを取材するようになってしまったんです」と話す。

こうした「過激取材」によって、羽生の心は蝕まれていったのだろう。

前出の芸能事務所関係者は、一連の週刊誌の報道姿勢に憤りを見せる。

「相手の女性は過去に芸能活動をしていたそうですが、現在は引退しています。そうした事情を鑑みると、名前や写真は伏せるべきだったはずです。一つの媒体がそうした情報を掲載したことで、『◯◯が書いているからウチも書こう』というスタンスになったのかもしれませんが、ネット社会の今、一度報じられた内容は一生残り続けます。こうしたメディアの横並び体質は改善するべきではないでしょうか」(前出・芸能事務所関係者)。

本来であれば、大切な人との結婚生活を謳歌するはずだった羽生。平穏な生活が壊されたことは残念でならない。


ナルシスト気持ち悪すぎ

636:

>>1 https://sirabee.com/2023/11/21/20163200488/
2023/11/21 11:00

「私が未熟であるがゆえに、現状のままお相手と私自身を守り続けることは極めて難しく、耐え難いものでした」──。17日、プロフィギュアスケーターの羽生結弦が、8月に結婚した一般女性と離婚したことを発表。マスコミによる「過激取材」があったことを明かし、物議を醸している。なぜ、羽生の結婚をめぐる報道はここまで過熱したのか。
中略

8月の結婚発表時点では、羽生のパートナーの年齢や職業等の詳細な情報は公表されず、ベールに包まれていた。なぜ、結婚相手の情報が流出したのか。

ある芸能事務所関係者が語る。「9月16日の『週刊女性PRIME』が相手の女性について報じましたが、一般人ということもあり、名前は伏せていました。ですが、9月19日に山口県の地方紙『日刊新周南』が、女性の本名や顔写真を掲載したんです。彼女が山口県出身ということもあり、祝福したかったのかもしれませんが、SNS等で女性のプロフィールが拡散される事態に。この報道をきっかけに、週刊誌も彼女の本名を報じるようになり、ヒートアップした印象です」(芸能事務所関係者)。

一部週刊誌では、女性が自宅付近を歩く様子や仕事に向かう様子が写真付きで報じられた。なぜ、羽生の結婚相手に関する報道はこれほど過熱したのか。

前出の芸能事務所関係者は、「週刊誌は、テレビや新聞、ネットで報じられていない情報を取材し、記事にします。羽生さんはどの週刊誌でも取り上げると反響が大きいため、結婚相手の情報は何としても掲載したかったはずです。結婚発表直後は、どのマスコミも相手の情報はキャッチできていませんでしたが、それが『日刊新周南』の報道で判明したことで各週刊誌が独自の情報を求め、羽生さんや女性の自宅、実家などを取材するようになってしまったんです」と話す。

こうした「過激取材」によって、羽生の心は蝕まれていったのだろう。

前出の芸能事務所関係者は、一連の週刊誌の報道姿勢に憤りを見せる。

「相手の女性は過去に芸能活動をしていたそうですが、現在は引退しています。そうした事情を鑑みると、名前や写真は伏せるべきだったはずです。一つの媒体がそうした情報を掲載したことで、『◯◯が書いているからウチも書こう』というスタンスになったのかもしれませんが、ネット社会の今、一度報じられた内容は一生残り続けます。こうしたメディアの横並び体質は改善するべきではないでしょうか」(前出・芸能事務所関係者)。

本来であれば、大切な人との結婚生活を謳歌するはずだった羽生。平穏な生活が壊されたことは残念でならない。


超有名な羽生からしたら元妻は一般人かも知らんけど、地元では有名人だったから当然のこととして実名報道したって、地元紙は発表したけどね

912:

>>1 https://sirabee.com/2023/11/21/20163200488/
2023/11/21 11:00

「私が未熟であるがゆえに、現状のままお相手と私自身を守り続けることは極めて難しく、耐え難いものでした」──。17日、プロフィギュアスケーターの羽生結弦が、8月に結婚した一般女性と離婚したことを発表。マスコミによる「過激取材」があったことを明かし、物議を醸している。なぜ、羽生の結婚をめぐる報道はここまで過熱したのか。
中略

8月の結婚発表時点では、羽生のパートナーの年齢や職業等の詳細な情報は公表されず、ベールに包まれていた。なぜ、結婚相手の情報が流出したのか。

ある芸能事務所関係者が語る。「9月16日の『週刊女性PRIME』が相手の女性について報じましたが、一般人ということもあり、名前は伏せていました。ですが、9月19日に山口県の地方紙『日刊新周南』が、女性の本名や顔写真を掲載したんです。彼女が山口県出身ということもあり、祝福したかったのかもしれませんが、SNS等で女性のプロフィールが拡散される事態に。この報道をきっかけに、週刊誌も彼女の本名を報じるようになり、ヒートアップした印象です」(芸能事務所関係者)。

一部週刊誌では、女性が自宅付近を歩く様子や仕事に向かう様子が写真付きで報じられた。なぜ、羽生の結婚相手に関する報道はこれほど過熱したのか。

前出の芸能事務所関係者は、「週刊誌は、テレビや新聞、ネットで報じられていない情報を取材し、記事にします。羽生さんはどの週刊誌でも取り上げると反響が大きいため、結婚相手の情報は何としても掲載したかったはずです。結婚発表直後は、どのマスコミも相手の情報はキャッチできていませんでしたが、それが『日刊新周南』の報道で判明したことで各週刊誌が独自の情報を求め、羽生さんや女性の自宅、実家などを取材するようになってしまったんです」と話す。

こうした「過激取材」によって、羽生の心は蝕まれていったのだろう。

前出の芸能事務所関係者は、一連の週刊誌の報道姿勢に憤りを見せる。

「相手の女性は過去に芸能活動をしていたそうですが、現在は引退しています。そうした事情を鑑みると、名前や写真は伏せるべきだったはずです。一つの媒体がそうした情報を掲載したことで、『◯◯が書いているからウチも書こう』というスタンスになったのかもしれませんが、ネット社会の今、一度報じられた内容は一生残り続けます。こうしたメディアの横並び体質は改善するべきではないでしょうか」(前出・芸能事務所関係者)。

本来であれば、大切な人との結婚生活を謳歌するはずだった羽生。平穏な生活が壊されたことは残念でならない。


この件、羽生が年上女性に飽きただけなのにそれをマスゴミのせいにしてるようにしか思えないんだが

917:

>>912 この件、羽生が年上女性に飽きただけなのにそれをマスゴミのせいにしてるようにしか思えないんだが


そんな言い分はマスゴミがオイタした時点で遠吠え

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

14:

9月16日の週刊女性PRIMEは特定してながらボカシてたんだろうし奥さんを実名報道してはいけない一般人だと判断してたのに

新周南新聞さえ名前を出さなきゃね
新周南新聞さえ....

401:

>>14 9月16日の週刊女性PRIMEは特定してながらボカシてたんだろうし奥さんを実名報道してはいけない一般人だと判断してたのに

新周南新聞さえ名前を出さなきゃね
新周南新聞さえ....


阿保か(笑)
地元はそれで盛り上がった。
途中から変わったね
此って羽生が色々言ったのだろうなー
羽生は男女だから仕方ないよ。

428:

>>14 9月16日の週刊女性PRIMEは特定してながらボカシてたんだろうし奥さんを実名報道してはいけない一般人だと判断してたのに

新周南新聞さえ名前を出さなきゃね
新周南新聞さえ....


山口か
あっさっし

53:

羽生がおかしいだけ。
結婚直前まで芸能活動してたやつを、一般人などという言い分が無理。
しかも地元の名士で資産家。

ほんとうに探られたくないのなら、そこらの一般人から嫁を選べばヨアkっただけだろ。

216:

取材攻勢が酷いから離婚ってのはちょっと額面通りに受け取れないな
今回の自粛要請みたいに考えれる対応策をやり切って万策尽きたうえでの結論なら分かるけど
最近は昔みたいにプライベートにずけずけ踏み込んでくるマスコミは逆に叩かれるし、何とでもやりようあったろ

結婚発表でファン層の反発が思った以上に苛烈で、今後のショービジネスを考えたうえでの判断なんじゃないかと邪推してしまうんだが

222:

>>216 取材攻勢が酷いから離婚ってのはちょっと額面通りに受け取れないな
今回の自粛要請みたいに考えれる対応策をやり切って万策尽きたうえでの結論なら分かるけど
最近は昔みたいにプライベートにずけずけ踏み込んでくるマスコミは逆に叩かれるし、何とでもやりようあったろ

結婚発表でファン層の反発が思った以上に苛烈で、今後のショービジネスを考えたうえでの判断なんじゃないかと邪推してしまうんだが


外出できなくて病んだんじゃ
コロナ明けてやっとて時にダメ食らった

323:

>「9月16日の『週刊女性PRIME』が相手の女性について報じましたが、一般人ということもあり、名前は伏せていました

一般人じゃないってしつこく主張してるのが別スレにいた

356:

>>323 >「9月16日の『週刊女性PRIME』が相手の女性について報じましたが、一般人ということもあり、名前は伏せていました

一般人じゃないってしつこく主張してるのが別スレにいた


マスゴミ関係者か
粘着ストーカーのオバはんか

367:

やはり夫婦揃って覚悟が足りないんだよ

国民栄誉賞までもらって、テレビで特番組まれるほどの人物が結婚してお相手の素性が全く判らない状態なら周りがざわつかない訳がないだろう

しかも結婚後、地元山口ではみんな知ってる状態なら東京マスコミにもバレるのは時間の問題

501:

つか羽生は外野が落ち着くまで嫁と海外で生活するとか考えなかったの?
嫁はバイオリニストだからヨーロッパの留学経験くらいあるだろうし
羽生も海外遠征とかしてたから別に抵抗なかったやろ
それに羽生は最近までANAの広告等やってたから
コネ使って極秘国外脱出とか簡単にできたはず
ようするに嫁を愛し続ける気も守る気もなかったヘタレだと思うんやが

507:

>>501 つか羽生は外野が落ち着くまで嫁と海外で生活するとか考えなかったの?
嫁はバイオリニストだからヨーロッパの留学経験くらいあるだろうし
羽生も海外遠征とかしてたから別に抵抗なかったやろ
それに羽生は最近までANAの広告等やってたから
コネ使って極秘国外脱出とか簡単にできたはず
ようするに嫁を愛し続ける気も守る気もなかったヘタレだと思うんやが


政略結婚ってそういうものw

517:

>>507 政略結婚ってそういうものw


日を追うに連れて政略結婚の可能性が一番しっくり来る

お膳立てしたのは自民党の清和会の連中

523:

>>517 日を追うに連れて政略結婚の可能性が一番しっくり来る

お膳立てしたのは自民党の清和会の連中


橋本聖子、堀井学「逃げられると思うなよ羽生結弦」

529:

>>517 日を追うに連れて政略結婚の可能性が一番しっくり来る

お膳立てしたのは自民党の清和会の連中


女子金のあの人も、そういう紹介のお医者様だったような

518:

>>501 つか羽生は外野が落ち着くまで嫁と海外で生活するとか考えなかったの?
嫁はバイオリニストだからヨーロッパの留学経験くらいあるだろうし
羽生も海外遠征とかしてたから別に抵抗なかったやろ
それに羽生は最近までANAの広告等やってたから
コネ使って極秘国外脱出とか簡単にできたはず
ようするに嫁を愛し続ける気も守る気もなかったヘタレだと思うんやが


うるさいなあ
アンチは
嫁が羽生を捨てたかもだろ
何回同じこと言うわけ

530:

羽生の結婚離婚は個人の自由だから別にいいが
地方紙のムーブ含めて謎が多くこの件は
松本清張ならどう書いただろうかと思わずにはいられない

620:

>結婚発表直後は、どのマスコミも相手の情報はキャッチできていませんでしたが、それが『日刊新周南』の報道で判明したことで

なんでそんなドローカル紙に負けるんだよ。みんな気を使って報道していたところに一線を越えた社が出たから
全社一斉に舵を切っただけでしょうが

663:

あら、江川さん次スレがないので こちらに書いとく
イチローはずっとアメリカ 野球のほうが現役長いし メジャーは年俸も高いので…
そんなメジャーなチーム競技と、マイナーフィギュアを比べられても。

フィギュアはプロになり、海外行くのは出稼ぎしたいような国の状況の人(旧東側で自由が
なかったとか)とか
五輪に出られなかった人で、ファンもそんなにいないから、引退したら海外でコーチしようとか。

自国拠点に、プロとしてお客が呼べる状況になるのが憧れ、成功なのですが

787:

この新聞の人は
「末延さんの一族からはクレームは一切来ていない
なんで隠さなければいけないのか」と言ってたが

797:

>>787 この新聞の人は
「末延さんの一族からはクレームは一切来ていない
なんで隠さなければいけないのか」と言ってたが


ほんとかなぁ?

839:

>>797 ほんとかなぁ?


地元有力者の娘さんだから報道NGなら速攻で謝罪を掲載すると思うで
地方紙なんて地元企業の広告出稿を減らされたりすると致命傷だしな

843:

>>839 地元有力者の娘さんだから報道NGなら速攻で謝罪を掲載すると思うで
地方紙なんて地元企業の広告出稿を減らされたりすると致命傷だしな


つまり嫁の実家の意思と同じと推測されるな

878:

>>839 地元有力者の娘さんだから報道NGなら速攻で謝罪を掲載すると思うで
地方紙なんて地元企業の広告出稿を減らされたりすると致命傷だしな


別に有力者なんてそこだけじゃないし

820:

入籍した時にあんな謎めいた発表しないで
妻の名前は◯◯で以前はバイオリン奏者として活動していましたが
現在は活動をやめて一般人として暮らしています。
その為、取材や追跡等の行為はやめて下さい。
と、言っておけば必要以上に詮索されなかったんじゃないか。

850:

 J-CASTニュースは20日14時ごろ、(1)プライバシー侵害だとする批判をどのように受け止めているか(2)今後何らかの対応を検討しているか――について新周南新聞社に取材を申し込んだが、期限までに回答は得られなかった。回答があり次第、追って伝える。
・・・一般人の実名暴露した地方週刊誌、社長がキチンと対応しろよ。

860:

 J-CASTニュースは20日14時ごろ、(1)プライバシー侵害だとする批判をどのように受け止めているか(2)今後何らかの対応を検討しているか――について新周南新聞社に取材を申し込んだが、期限までに回答は得られなかった。回答があり次第、追って伝える。
 ・・・実名暴露の地方マスゴミ、キチンと対応しろよ。

931:

正直、「加熱報道があった→離婚」は意味不明だな。
羽生さん自身、今までに何度も取材を受けてきたやろうし、相手の女性も芸能界に関わっとた人やろ?
それが「取材がー!はい離婚」となるかね?

949:

>>931 正直、「加熱報道があった→離婚」は意味不明だな。
羽生さん自身、今までに何度も取材を受けてきたやろうし、相手の女性も芸能界に関わっとた人やろ?
それが「取材がー!はい離婚」となるかね?


ならない
原因は加熱報道じゃないと思う
そもそも新婚生活や結婚生活があったのか、一緒に暮らしてたかも不明

だって入籍したのに二人でいるところ見た人いない
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1700546947

Comments 0

コメントはまだありません。