「演技がうまいと思う旧ジャニーズ俳優ランキング」 3位生田斗真、2位木村拓哉、1位に選ばれたのは…? - ドラマ
げいのうまとめんぬ

「演技がうまいと思う旧ジャニーズ俳優ランキング」 3位生田斗真、2位木村拓哉、1位に選ばれたのは…?

2023/11/09
ドラマ 0
  • 演技がうまいと思う旧ジャニーズ俳優ランキング!3位生田斗真、2位木村拓哉を抑えた安定の1位は? 【演技がうまいと思う旧ジャニーズランキング】 1位:風間俊介 2位:木村拓哉 3位:生田斗真 4位:東山紀之 5位:大西流星(なにわ男子) 6位:松岡昌宏(TOKIO) 7位:目黒蓮(Snow Man) 8位:山田涼介(Hey! Say! JUMP) 9位:井ノ原快彦 10位:松本潤(嵐) この秋の新ドラマでも、『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)にTOKIOの松岡昌宏(46)が、『ゼイチョー~「払えない」にはワケがある~』(日本テレビ系)にはSexy Zoneの菊池風磨(28)が、『マイ・セカンド・アオハル』(TBS系)ではなにわ男子の道枝駿佑(21)が主演を務めるなど、俳優としての活躍も盛んな旧ジャニーズ事務所(現SMILE-UP.)のタレントたち。
  • 果たして、なかでも一番演技が上手いと思うタレントは誰なのか?今年1月から10月クールまで含む1年間に放送されたプライム帯ドラマで主要な役柄を務めた旧ジャニーズのタレントを対象に、男女500人に演技が上手いと思う人を選んでもらった。
  • 3位に選ばれたのは、生田斗真(39)。
  • ’10年には『人間失格』で映画初出演を務め、ジャニーズとして初めてキネマ旬報ベスト・テン「新人男優賞」、そしてブルーリボン賞を受賞した。
  • 旧ジャニーズの俳優部門を切り開いたといっても過言ではない生田。
  • ‘96年に主演を務めたドラマ『ロングバケーション』(同)が高視聴率を記録して以降は、視聴率王として多くのドラマに引っ張りだこに。
  • ’99年にドラマ『3年B組金八先生 第5シリーズ』(TBS系)に出演したことをきっかけに、俳優業としての活躍を本格化させる。
  • ’11年に出演した『それでも、生きてゆく』(フジテレビ系)で、日本放送映画芸術大賞助演男優賞などを受賞すると、一躍“演技派”として注目を集めることに。
  • ’12年には連続テレビ小説『純と愛』(NHK)でメインキャストを演じ、その知名度を確固たるものとした。
  • 視聴者の評価も同様で、今季も早速、出演したドラマ『たとえあなたを忘れても』(テレビ朝日系)について”ハマり役”と絶賛の声が聞こえてくる。

1:

演技がうまいと思う旧ジャニーズ俳優ランキング!3位生田斗真、2位木村拓哉を抑えた安定の1位は?

【演技がうまいと思う旧ジャニーズ ランキング】

1位:風間俊介
2位:木村拓哉
3位:生田斗真
4位:東山紀之
5位:大西流星(なにわ男子)
6位:松岡昌宏(TOKIO)
7位:目黒蓮(Snow Man)
8位:山田涼介(Hey! Say! JUMP)
9位:井ノ原快彦
10位:松本潤(嵐)

 この秋の新ドラマでも、『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)にTOKIOの松岡昌宏(46)が、『ゼイチョー~「払えない」にはワケがある~』(日本テレビ系)にはSexy Zoneの菊池風磨(28)が、『マイ・セカンド・アオハル』(TBS系)ではなにわ男子の道枝駿佑(21)が主演を務めるなど、俳優としての活躍も盛んな旧ジャニーズ事務所(現SMILE-UP.)のタレントたち。

 果たして、なかでも一番演技が上手いと思うタレントは誰なのか? 今年1月から10月クールまで含む1年間に放送されたプライム帯ドラマで主要な役柄を務めた旧ジャニーズのタレントを対象に、男女500人に演技が上手いと思う人を選んでもらった。


 3位に選ばれたのは、生田斗真(39)。

 歌手業と兼業とするタレントが多い事務所内で、俳優業をメインで行う異色の存在とされる生田。

 「劇団☆新感線」の舞台に出演したことをきっかけに、演技の楽しさに目覚めたという生田は、’07年に放送されたドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(フジテレビ系)でブレイク。’10年には『人間失格』で映画初出演を務め、ジャニーズとして初めてキネマ旬報ベスト・テン「新人男優賞」、そしてブルーリボン賞を受賞した。

 旧ジャニーズの俳優部門を切り開いたといっても過言ではない生田。印象深かった作品名とともに、その演技力を評価する声が相次いだ。

《映画の世界で頑張っている。演技が上手だから生き残っていると思う》
《俺の話は長いで、すごく面白かったから》
《「花ざかりの君たちへ イケメンパラダイス」の中津のキャラが凄く好きだったから。色々なドラマにでていろんな役をやっていて見ていて楽しいです》
《出演作をいくつか見たことがあるが、色々な役を自然に演じていたから》


2位に選ばれたのは、木村拓哉(50)。

 ’93年の『あすなろ白書』(フジテレビ系)や’94年の『若者のすべて』(同)への出演をきっかけに俳優としての注目を浴び、’94年には映画『シュート!』で、その年最も活躍した若手俳優に送られるエランドール賞新人賞を受賞。‘96年に主演を務めたドラマ『ロングバケーション』(同)が高視聴率を記録して以降は、視聴率王として多くのドラマに引っ張りだこに。

04年にはウォン・カーウァイ監督の香港映画『2046』に出演。さらに海外ドラマ初出演作『THE SWARM/ザ・スウォーム』は、ドイツやフランスの権威ある賞を相次いで受賞するなど、海外でもその実力が評価されている。

出演していると目が惹きつけられてしまうような、「キムタク」としての個性的な存在感を好む声や、どんな役でもこなす演技力を評価する声が多く寄せられた。

《何をやっても、そのドラマの役にあう》
《ドラマに出ていたら惹きつけられるから》
《たくさんのドラマ、映画に出演していて、個性ある演技を上手ならされていると思います》
《やはり、どんな役でもうまくこなすから》


栄えある1位に選ばれたのは、風間俊介(40)。

 ’99年にドラマ『3年B組金八先生 第5シリーズ』(TBS系)に出演したことをきっかけに、俳優業としての活躍を本格化させる。’00年には高校生ながら、テレビアニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』で主人公、武藤遊戯役の声優を務めた。

 ’11年に出演した『それでも、生きてゆく』(フジテレビ系)で、日本放送映画芸術大賞助演男優賞などを受賞すると、一躍“演技派”として注目を集めることに。’12年には連続テレビ小説『純と愛』(NHK)でメインキャストを演じ、その知名度を確固たるものとした。

 「役の中で言ったら前科28犯くらいあるからね!」と本人が語るように、陰のある人物の演技には定評がある。

 その俳優としての信頼感は、2023年全クールの連ドラに出演していることからも明らか。視聴者の評価も同様で、今季も早速、出演したドラマ『たとえあなたを忘れても』(テレビ朝日系)について”ハマり役”と絶賛の声が聞こえてくる。

続きはリンク先
https://news.yahoo.co.jp/articles/36313d6201dbc8a8be3fa61a2d4271b01712c8f7?page=1

2:

>>1 演技がうまいと思う旧ジャニーズ俳優ランキング!3位生田斗真、2位木村拓哉を抑えた安定の1位は?

【演技がうまいと思う旧ジャニーズ ランキング】

1位:風間俊介
2位:木村拓哉
3位:生田斗真
4位:東山紀之
5位:大西流星(なにわ男子)
6位:松岡昌宏(TOKIO)
7位:目黒蓮(Snow Man)
8位:山田涼介(Hey! Say! JUMP)
9位:井ノ原快彦
10位:松本潤(嵐)

 この秋の新ドラマでも、『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)にTOKIOの松岡昌宏(46)が、『ゼイチョー~「払えない」にはワケがある~』(日本テレビ系)にはSexy Zoneの菊池風磨(28)が、『マイ・セカンド・アオハル』(TBS系)ではなにわ男子の道枝駿佑(21)が主演を務めるなど、俳優としての活躍も盛んな旧ジャニーズ事務所(現SMILE-UP.)のタレントたち。

 果たして、なかでも一番演技が上手いと思うタレントは誰なのか? 今年1月から10月クールまで含む1年間に放送されたプライム帯ドラマで主要な役柄を務めた旧ジャニーズのタレントを対象に、男女500人に演技が上手いと思う人を選んでもらった。


 3位に選ばれたのは、生田斗真(39)。

 歌手業と兼業とするタレントが多い事務所内で、俳優業をメインで行う異色の存在とされる生田。

 「劇団☆新感線」の舞台に出演したことをきっかけに、演技の楽しさに目覚めたという生田は、’07年に放送されたドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(フジテレビ系)でブレイク。’10年には『人間失格』で映画初出演を務め、ジャニーズとして初めてキネマ旬報ベスト・テン「新人男優賞」、そしてブルーリボン賞を受賞した。

 旧ジャニーズの俳優部門を切り開いたといっても過言ではない生田。印象深かった作品名とともに、その演技力を評価する声が相次いだ。

《映画の世界で頑張っている。演技が上手だから生き残っていると思う》
《俺の話は長いで、すごく面白かったから》
《「花ざかりの君たちへ イケメンパラダイス」の中津のキャラが凄く好きだったから。色々なドラマにでていろんな役をやっていて見ていて楽しいです》
《出演作をいくつか見たことがあるが、色々な役を自然に演じていたから》


2位に選ばれたのは、木村拓哉(50)。

 ’93年の『あすなろ白書』(フジテレビ系)や’94年の『若者のすべて』(同)への出演をきっかけに俳優としての注目を浴び、’94年には映画『シュート!』で、その年最も活躍した若手俳優に送られるエランドール賞新人賞を受賞。‘96年に主演を務めたドラマ『ロングバケーション』(同)が高視聴率を記録して以降は、視聴率王として多くのドラマに引っ張りだこに。

04年にはウォン・カーウァイ監督の香港映画『2046』に出演。さらに海外ドラマ初出演作『THE SWARM/ザ・スウォーム』は、ドイツやフランスの権威ある賞を相次いで受賞するなど、海外でもその実力が評価されている。

出演していると目が惹きつけられてしまうような、「キムタク」としての個性的な存在感を好む声や、どんな役でもこなす演技力を評価する声が多く寄せられた。

《何をやっても、そのドラマの役にあう》
《ドラマに出ていたら惹きつけられるから》
《たくさんのドラマ、映画に出演していて、個性ある演技を上手ならされていると思います》
《やはり、どんな役でもうまくこなすから》


栄えある1位に選ばれたのは、風間俊介(40)。

 ’99年にドラマ『3年B組金八先生 第5シリーズ』(TBS系)に出演したことをきっかけに、俳優業としての活躍を本格化させる。’00年には高校生ながら、テレビアニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』で主人公、武藤遊戯役の声優を務めた。

 ’11年に出演した『それでも、生きてゆく』(フジテレビ系)で、日本放送映画芸術大賞助演男優賞などを受賞すると、一躍“演技派”として注目を集めることに。’12年には連続テレビ小説『純と愛』(NHK)でメインキャストを演じ、その知名度を確固たるものとした。

 「役の中で言ったら前科28犯くらいあるからね!」と本人が語るように、陰のある人物の演技には定評がある。

 その俳優としての信頼感は、2023年全クールの連ドラに出演していることからも明らか。視聴者の評価も同様で、今季も早速、出演したドラマ『たとえあなたを忘れても』(テレビ朝日系)について”ハマり役”と絶賛の声が聞こえてくる。

続きはリンク先
https://news.yahoo.co.jp/articles/36313d6201dbc8a8be3fa61a2d4271b01712c8f7?page=1


岡田准一涙目

240:

>>2 岡田准一涙目


記事には現スマイルアップ所属とある
ジャニーズやめた奴は対象外

10:

>>1 演技がうまいと思う旧ジャニーズ俳優ランキング!3位生田斗真、2位木村拓哉を抑えた安定の1位は?

【演技がうまいと思う旧ジャニーズ ランキング】

1位:風間俊介
2位:木村拓哉
3位:生田斗真
4位:東山紀之
5位:大西流星(なにわ男子)
6位:松岡昌宏(TOKIO)
7位:目黒蓮(Snow Man)
8位:山田涼介(Hey! Say! JUMP)
9位:井ノ原快彦
10位:松本潤(嵐)

 この秋の新ドラマでも、『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)にTOKIOの松岡昌宏(46)が、『ゼイチョー~「払えない」にはワケがある~』(日本テレビ系)にはSexy Zoneの菊池風磨(28)が、『マイ・セカンド・アオハル』(TBS系)ではなにわ男子の道枝駿佑(21)が主演を務めるなど、俳優としての活躍も盛んな旧ジャニーズ事務所(現SMILE-UP.)のタレントたち。

 果たして、なかでも一番演技が上手いと思うタレントは誰なのか? 今年1月から10月クールまで含む1年間に放送されたプライム帯ドラマで主要な役柄を務めた旧ジャニーズのタレントを対象に、男女500人に演技が上手いと思う人を選んでもらった。


 3位に選ばれたのは、生田斗真(39)。

 歌手業と兼業とするタレントが多い事務所内で、俳優業をメインで行う異色の存在とされる生田。

 「劇団☆新感線」の舞台に出演したことをきっかけに、演技の楽しさに目覚めたという生田は、’07年に放送されたドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(フジテレビ系)でブレイク。’10年には『人間失格』で映画初出演を務め、ジャニーズとして初めてキネマ旬報ベスト・テン「新人男優賞」、そしてブルーリボン賞を受賞した。

 旧ジャニーズの俳優部門を切り開いたといっても過言ではない生田。印象深かった作品名とともに、その演技力を評価する声が相次いだ。

《映画の世界で頑張っている。演技が上手だから生き残っていると思う》
《俺の話は長いで、すごく面白かったから》
《「花ざかりの君たちへ イケメンパラダイス」の中津のキャラが凄く好きだったから。色々なドラマにでていろんな役をやっていて見ていて楽しいです》
《出演作をいくつか見たことがあるが、色々な役を自然に演じていたから》


2位に選ばれたのは、木村拓哉(50)。

 ’93年の『あすなろ白書』(フジテレビ系)や’94年の『若者のすべて』(同)への出演をきっかけに俳優としての注目を浴び、’94年には映画『シュート!』で、その年最も活躍した若手俳優に送られるエランドール賞新人賞を受賞。‘96年に主演を務めたドラマ『ロングバケーション』(同)が高視聴率を記録して以降は、視聴率王として多くのドラマに引っ張りだこに。

04年にはウォン・カーウァイ監督の香港映画『2046』に出演。さらに海外ドラマ初出演作『THE SWARM/ザ・スウォーム』は、ドイツやフランスの権威ある賞を相次いで受賞するなど、海外でもその実力が評価されている。

出演していると目が惹きつけられてしまうような、「キムタク」としての個性的な存在感を好む声や、どんな役でもこなす演技力を評価する声が多く寄せられた。

《何をやっても、そのドラマの役にあう》
《ドラマに出ていたら惹きつけられるから》
《たくさんのドラマ、映画に出演していて、個性ある演技を上手ならされていると思います》
《やはり、どんな役でもうまくこなすから》


栄えある1位に選ばれたのは、風間俊介(40)。

 ’99年にドラマ『3年B組金八先生 第5シリーズ』(TBS系)に出演したことをきっかけに、俳優業としての活躍を本格化させる。’00年には高校生ながら、テレビアニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』で主人公、武藤遊戯役の声優を務めた。

 ’11年に出演した『それでも、生きてゆく』(フジテレビ系)で、日本放送映画芸術大賞助演男優賞などを受賞すると、一躍“演技派”として注目を集めることに。’12年には連続テレビ小説『純と愛』(NHK)でメインキャストを演じ、その知名度を確固たるものとした。

 「役の中で言ったら前科28犯くらいあるからね!」と本人が語るように、陰のある人物の演技には定評がある。

 その俳優としての信頼感は、2023年全クールの連ドラに出演していることからも明らか。視聴者の評価も同様で、今季も早速、出演したドラマ『たとえあなたを忘れても』(テレビ朝日系)について”ハマり役”と絶賛の声が聞こえてくる。

続きはリンク先
https://news.yahoo.co.jp/articles/36313d6201dbc8a8be3fa61a2d4271b01712c8f7?page=1


このランキングって上手いわけじゃなく
最近でもドラマ出てるジャニタレなだけだよな…

28:

>>10 このランキングって上手いわけじゃなく
最近でもドラマ出てるジャニタレなだけだよな…


これな
令和にドラマ出てるジャニタレランキングって感じ

46:

>>1 演技がうまいと思う旧ジャニーズ俳優ランキング!3位生田斗真、2位木村拓哉を抑えた安定の1位は?

【演技がうまいと思う旧ジャニーズ ランキング】

1位:風間俊介
2位:木村拓哉
3位:生田斗真
4位:東山紀之
5位:大西流星(なにわ男子)
6位:松岡昌宏(TOKIO)
7位:目黒蓮(Snow Man)
8位:山田涼介(Hey! Say! JUMP)
9位:井ノ原快彦
10位:松本潤(嵐)

 この秋の新ドラマでも、『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)にTOKIOの松岡昌宏(46)が、『ゼイチョー~「払えない」にはワケがある~』(日本テレビ系)にはSexy Zoneの菊池風磨(28)が、『マイ・セカンド・アオハル』(TBS系)ではなにわ男子の道枝駿佑(21)が主演を務めるなど、俳優としての活躍も盛んな旧ジャニーズ事務所(現SMILE-UP.)のタレントたち。

 果たして、なかでも一番演技が上手いと思うタレントは誰なのか? 今年1月から10月クールまで含む1年間に放送されたプライム帯ドラマで主要な役柄を務めた旧ジャニーズのタレントを対象に、男女500人に演技が上手いと思う人を選んでもらった。


 3位に選ばれたのは、生田斗真(39)。

 歌手業と兼業とするタレントが多い事務所内で、俳優業をメインで行う異色の存在とされる生田。

 「劇団☆新感線」の舞台に出演したことをきっかけに、演技の楽しさに目覚めたという生田は、’07年に放送されたドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(フジテレビ系)でブレイク。’10年には『人間失格』で映画初出演を務め、ジャニーズとして初めてキネマ旬報ベスト・テン「新人男優賞」、そしてブルーリボン賞を受賞した。

 旧ジャニーズの俳優部門を切り開いたといっても過言ではない生田。印象深かった作品名とともに、その演技力を評価する声が相次いだ。

《映画の世界で頑張っている。演技が上手だから生き残っていると思う》
《俺の話は長いで、すごく面白かったから》
《「花ざかりの君たちへ イケメンパラダイス」の中津のキャラが凄く好きだったから。色々なドラマにでていろんな役をやっていて見ていて楽しいです》
《出演作をいくつか見たことがあるが、色々な役を自然に演じていたから》


2位に選ばれたのは、木村拓哉(50)。

 ’93年の『あすなろ白書』(フジテレビ系)や’94年の『若者のすべて』(同)への出演をきっかけに俳優としての注目を浴び、’94年には映画『シュート!』で、その年最も活躍した若手俳優に送られるエランドール賞新人賞を受賞。‘96年に主演を務めたドラマ『ロングバケーション』(同)が高視聴率を記録して以降は、視聴率王として多くのドラマに引っ張りだこに。

04年にはウォン・カーウァイ監督の香港映画『2046』に出演。さらに海外ドラマ初出演作『THE SWARM/ザ・スウォーム』は、ドイツやフランスの権威ある賞を相次いで受賞するなど、海外でもその実力が評価されている。

出演していると目が惹きつけられてしまうような、「キムタク」としての個性的な存在感を好む声や、どんな役でもこなす演技力を評価する声が多く寄せられた。

《何をやっても、そのドラマの役にあう》
《ドラマに出ていたら惹きつけられるから》
《たくさんのドラマ、映画に出演していて、個性ある演技を上手ならされていると思います》
《やはり、どんな役でもうまくこなすから》


栄えある1位に選ばれたのは、風間俊介(40)。

 ’99年にドラマ『3年B組金八先生 第5シリーズ』(TBS系)に出演したことをきっかけに、俳優業としての活躍を本格化させる。’00年には高校生ながら、テレビアニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』で主人公、武藤遊戯役の声優を務めた。

 ’11年に出演した『それでも、生きてゆく』(フジテレビ系)で、日本放送映画芸術大賞助演男優賞などを受賞すると、一躍“演技派”として注目を集めることに。’12年には連続テレビ小説『純と愛』(NHK)でメインキャストを演じ、その知名度を確固たるものとした。

 「役の中で言ったら前科28犯くらいあるからね!」と本人が語るように、陰のある人物の演技には定評がある。

 その俳優としての信頼感は、2023年全クールの連ドラに出演していることからも明らか。視聴者の評価も同様で、今季も早速、出演したドラマ『たとえあなたを忘れても』(テレビ朝日系)について”ハマり役”と絶賛の声が聞こえてくる。

続きはリンク先
https://news.yahoo.co.jp/articles/36313d6201dbc8a8be3fa61a2d4271b01712c8f7?page=1


まあ脱力系ブサイク男子なら1番は風間やろな
俺は生田が好きだが

49:

>>1 演技がうまいと思う旧ジャニーズ俳優ランキング!3位生田斗真、2位木村拓哉を抑えた安定の1位は?

【演技がうまいと思う旧ジャニーズ ランキング】

1位:風間俊介
2位:木村拓哉
3位:生田斗真
4位:東山紀之
5位:大西流星(なにわ男子)
6位:松岡昌宏(TOKIO)
7位:目黒蓮(Snow Man)
8位:山田涼介(Hey! Say! JUMP)
9位:井ノ原快彦
10位:松本潤(嵐)

 この秋の新ドラマでも、『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)にTOKIOの松岡昌宏(46)が、『ゼイチョー~「払えない」にはワケがある~』(日本テレビ系)にはSexy Zoneの菊池風磨(28)が、『マイ・セカンド・アオハル』(TBS系)ではなにわ男子の道枝駿佑(21)が主演を務めるなど、俳優としての活躍も盛んな旧ジャニーズ事務所(現SMILE-UP.)のタレントたち。

 果たして、なかでも一番演技が上手いと思うタレントは誰なのか? 今年1月から10月クールまで含む1年間に放送されたプライム帯ドラマで主要な役柄を務めた旧ジャニーズのタレントを対象に、男女500人に演技が上手いと思う人を選んでもらった。


 3位に選ばれたのは、生田斗真(39)。

 歌手業と兼業とするタレントが多い事務所内で、俳優業をメインで行う異色の存在とされる生田。

 「劇団☆新感線」の舞台に出演したことをきっかけに、演技の楽しさに目覚めたという生田は、’07年に放送されたドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(フジテレビ系)でブレイク。’10年には『人間失格』で映画初出演を務め、ジャニーズとして初めてキネマ旬報ベスト・テン「新人男優賞」、そしてブルーリボン賞を受賞した。

 旧ジャニーズの俳優部門を切り開いたといっても過言ではない生田。印象深かった作品名とともに、その演技力を評価する声が相次いだ。

《映画の世界で頑張っている。演技が上手だから生き残っていると思う》
《俺の話は長いで、すごく面白かったから》
《「花ざかりの君たちへ イケメンパラダイス」の中津のキャラが凄く好きだったから。色々なドラマにでていろんな役をやっていて見ていて楽しいです》
《出演作をいくつか見たことがあるが、色々な役を自然に演じていたから》


2位に選ばれたのは、木村拓哉(50)。

 ’93年の『あすなろ白書』(フジテレビ系)や’94年の『若者のすべて』(同)への出演をきっかけに俳優としての注目を浴び、’94年には映画『シュート!』で、その年最も活躍した若手俳優に送られるエランドール賞新人賞を受賞。‘96年に主演を務めたドラマ『ロングバケーション』(同)が高視聴率を記録して以降は、視聴率王として多くのドラマに引っ張りだこに。

04年にはウォン・カーウァイ監督の香港映画『2046』に出演。さらに海外ドラマ初出演作『THE SWARM/ザ・スウォーム』は、ドイツやフランスの権威ある賞を相次いで受賞するなど、海外でもその実力が評価されている。

出演していると目が惹きつけられてしまうような、「キムタク」としての個性的な存在感を好む声や、どんな役でもこなす演技力を評価する声が多く寄せられた。

《何をやっても、そのドラマの役にあう》
《ドラマに出ていたら惹きつけられるから》
《たくさんのドラマ、映画に出演していて、個性ある演技を上手ならされていると思います》
《やはり、どんな役でもうまくこなすから》


栄えある1位に選ばれたのは、風間俊介(40)。

 ’99年にドラマ『3年B組金八先生 第5シリーズ』(TBS系)に出演したことをきっかけに、俳優業としての活躍を本格化させる。’00年には高校生ながら、テレビアニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』で主人公、武藤遊戯役の声優を務めた。

 ’11年に出演した『それでも、生きてゆく』(フジテレビ系)で、日本放送映画芸術大賞助演男優賞などを受賞すると、一躍“演技派”として注目を集めることに。’12年には連続テレビ小説『純と愛』(NHK)でメインキャストを演じ、その知名度を確固たるものとした。

 「役の中で言ったら前科28犯くらいあるからね!」と本人が語るように、陰のある人物の演技には定評がある。

 その俳優としての信頼感は、2023年全クールの連ドラに出演していることからも明らか。視聴者の評価も同様で、今季も早速、出演したドラマ『たとえあなたを忘れても』(テレビ朝日系)について”ハマり役”と絶賛の声が聞こえてくる。

続きはリンク先
https://news.yahoo.co.jp/articles/36313d6201dbc8a8be3fa61a2d4271b01712c8f7?page=1


つーか二宮どんだけ嫌われてんのよ
俺も嫌いだけどwww

94:

>>1 演技がうまいと思う旧ジャニーズ俳優ランキング!3位生田斗真、2位木村拓哉を抑えた安定の1位は?

【演技がうまいと思う旧ジャニーズ ランキング】

1位:風間俊介
2位:木村拓哉
3位:生田斗真
4位:東山紀之
5位:大西流星(なにわ男子)
6位:松岡昌宏(TOKIO)
7位:目黒蓮(Snow Man)
8位:山田涼介(Hey! Say! JUMP)
9位:井ノ原快彦
10位:松本潤(嵐)

 この秋の新ドラマでも、『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)にTOKIOの松岡昌宏(46)が、『ゼイチョー~「払えない」にはワケがある~』(日本テレビ系)にはSexy Zoneの菊池風磨(28)が、『マイ・セカンド・アオハル』(TBS系)ではなにわ男子の道枝駿佑(21)が主演を務めるなど、俳優としての活躍も盛んな旧ジャニーズ事務所(現SMILE-UP.)のタレントたち。

 果たして、なかでも一番演技が上手いと思うタレントは誰なのか? 今年1月から10月クールまで含む1年間に放送されたプライム帯ドラマで主要な役柄を務めた旧ジャニーズのタレントを対象に、男女500人に演技が上手いと思う人を選んでもらった。


 3位に選ばれたのは、生田斗真(39)。

 歌手業と兼業とするタレントが多い事務所内で、俳優業をメインで行う異色の存在とされる生田。

 「劇団☆新感線」の舞台に出演したことをきっかけに、演技の楽しさに目覚めたという生田は、’07年に放送されたドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(フジテレビ系)でブレイク。’10年には『人間失格』で映画初出演を務め、ジャニーズとして初めてキネマ旬報ベスト・テン「新人男優賞」、そしてブルーリボン賞を受賞した。

 旧ジャニーズの俳優部門を切り開いたといっても過言ではない生田。印象深かった作品名とともに、その演技力を評価する声が相次いだ。

《映画の世界で頑張っている。演技が上手だから生き残っていると思う》
《俺の話は長いで、すごく面白かったから》
《「花ざかりの君たちへ イケメンパラダイス」の中津のキャラが凄く好きだったから。色々なドラマにでていろんな役をやっていて見ていて楽しいです》
《出演作をいくつか見たことがあるが、色々な役を自然に演じていたから》


2位に選ばれたのは、木村拓哉(50)。

 ’93年の『あすなろ白書』(フジテレビ系)や’94年の『若者のすべて』(同)への出演をきっかけに俳優としての注目を浴び、’94年には映画『シュート!』で、その年最も活躍した若手俳優に送られるエランドール賞新人賞を受賞。‘96年に主演を務めたドラマ『ロングバケーション』(同)が高視聴率を記録して以降は、視聴率王として多くのドラマに引っ張りだこに。

04年にはウォン・カーウァイ監督の香港映画『2046』に出演。さらに海外ドラマ初出演作『THE SWARM/ザ・スウォーム』は、ドイツやフランスの権威ある賞を相次いで受賞するなど、海外でもその実力が評価されている。

出演していると目が惹きつけられてしまうような、「キムタク」としての個性的な存在感を好む声や、どんな役でもこなす演技力を評価する声が多く寄せられた。

《何をやっても、そのドラマの役にあう》
《ドラマに出ていたら惹きつけられるから》
《たくさんのドラマ、映画に出演していて、個性ある演技を上手ならされていると思います》
《やはり、どんな役でもうまくこなすから》


栄えある1位に選ばれたのは、風間俊介(40)。

 ’99年にドラマ『3年B組金八先生 第5シリーズ』(TBS系)に出演したことをきっかけに、俳優業としての活躍を本格化させる。’00年には高校生ながら、テレビアニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』で主人公、武藤遊戯役の声優を務めた。

 ’11年に出演した『それでも、生きてゆく』(フジテレビ系)で、日本放送映画芸術大賞助演男優賞などを受賞すると、一躍“演技派”として注目を集めることに。’12年には連続テレビ小説『純と愛』(NHK)でメインキャストを演じ、その知名度を確固たるものとした。

 「役の中で言ったら前科28犯くらいあるからね!」と本人が語るように、陰のある人物の演技には定評がある。

 その俳優としての信頼感は、2023年全クールの連ドラに出演していることからも明らか。視聴者の評価も同様で、今季も早速、出演したドラマ『たとえあなたを忘れても』(テレビ朝日系)について”ハマり役”と絶賛の声が聞こえてくる。

続きはリンク先
https://news.yahoo.co.jp/articles/36313d6201dbc8a8be3fa61a2d4271b01712c8f7?page=1


下手な順位もあるかな

292:

>>1 演技がうまいと思う旧ジャニーズ俳優ランキング!3位生田斗真、2位木村拓哉を抑えた安定の1位は?

【演技がうまいと思う旧ジャニーズ ランキング】

1位:風間俊介
2位:木村拓哉
3位:生田斗真
4位:東山紀之
5位:大西流星(なにわ男子)
6位:松岡昌宏(TOKIO)
7位:目黒蓮(Snow Man)
8位:山田涼介(Hey! Say! JUMP)
9位:井ノ原快彦
10位:松本潤(嵐)

 この秋の新ドラマでも、『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)にTOKIOの松岡昌宏(46)が、『ゼイチョー~「払えない」にはワケがある~』(日本テレビ系)にはSexy Zoneの菊池風磨(28)が、『マイ・セカンド・アオハル』(TBS系)ではなにわ男子の道枝駿佑(21)が主演を務めるなど、俳優としての活躍も盛んな旧ジャニーズ事務所(現SMILE-UP.)のタレントたち。

 果たして、なかでも一番演技が上手いと思うタレントは誰なのか? 今年1月から10月クールまで含む1年間に放送されたプライム帯ドラマで主要な役柄を務めた旧ジャニーズのタレントを対象に、男女500人に演技が上手いと思う人を選んでもらった。


 3位に選ばれたのは、生田斗真(39)。

 歌手業と兼業とするタレントが多い事務所内で、俳優業をメインで行う異色の存在とされる生田。

 「劇団☆新感線」の舞台に出演したことをきっかけに、演技の楽しさに目覚めたという生田は、’07年に放送されたドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(フジテレビ系)でブレイク。’10年には『人間失格』で映画初出演を務め、ジャニーズとして初めてキネマ旬報ベスト・テン「新人男優賞」、そしてブルーリボン賞を受賞した。

 旧ジャニーズの俳優部門を切り開いたといっても過言ではない生田。印象深かった作品名とともに、その演技力を評価する声が相次いだ。

《映画の世界で頑張っている。演技が上手だから生き残っていると思う》
《俺の話は長いで、すごく面白かったから》
《「花ざかりの君たちへ イケメンパラダイス」の中津のキャラが凄く好きだったから。色々なドラマにでていろんな役をやっていて見ていて楽しいです》
《出演作をいくつか見たことがあるが、色々な役を自然に演じていたから》


2位に選ばれたのは、木村拓哉(50)。

 ’93年の『あすなろ白書』(フジテレビ系)や’94年の『若者のすべて』(同)への出演をきっかけに俳優としての注目を浴び、’94年には映画『シュート!』で、その年最も活躍した若手俳優に送られるエランドール賞新人賞を受賞。‘96年に主演を務めたドラマ『ロングバケーション』(同)が高視聴率を記録して以降は、視聴率王として多くのドラマに引っ張りだこに。

04年にはウォン・カーウァイ監督の香港映画『2046』に出演。さらに海外ドラマ初出演作『THE SWARM/ザ・スウォーム』は、ドイツやフランスの権威ある賞を相次いで受賞するなど、海外でもその実力が評価されている。

出演していると目が惹きつけられてしまうような、「キムタク」としての個性的な存在感を好む声や、どんな役でもこなす演技力を評価する声が多く寄せられた。

《何をやっても、そのドラマの役にあう》
《ドラマに出ていたら惹きつけられるから》
《たくさんのドラマ、映画に出演していて、個性ある演技を上手ならされていると思います》
《やはり、どんな役でもうまくこなすから》


栄えある1位に選ばれたのは、風間俊介(40)。

 ’99年にドラマ『3年B組金八先生 第5シリーズ』(TBS系)に出演したことをきっかけに、俳優業としての活躍を本格化させる。’00年には高校生ながら、テレビアニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』で主人公、武藤遊戯役の声優を務めた。

 ’11年に出演した『それでも、生きてゆく』(フジテレビ系)で、日本放送映画芸術大賞助演男優賞などを受賞すると、一躍“演技派”として注目を集めることに。’12年には連続テレビ小説『純と愛』(NHK)でメインキャストを演じ、その知名度を確固たるものとした。

 「役の中で言ったら前科28犯くらいあるからね!」と本人が語るように、陰のある人物の演技には定評がある。

 その俳優としての信頼感は、2023年全クールの連ドラに出演していることからも明らか。視聴者の評価も同様で、今季も早速、出演したドラマ『たとえあなたを忘れても』(テレビ朝日系)について”ハマり役”と絶賛の声が聞こえてくる。

続きはリンク先
https://news.yahoo.co.jp/articles/36313d6201dbc8a8be3fa61a2d4271b01712c8f7?page=1


学芸会やろ

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

39:

演技もダンスも中途半端な指導で事務所ゴリ押しキャスティングと
狂信者のジャニオタからの人気で芸能界に放り出されたジャニタレで
生き残れるのはごくわずかだってさ

43:

>>39 演技もダンスも中途半端な指導で事務所ゴリ押しキャスティングと
狂信者のジャニオタからの人気で芸能界に放り出されたジャニタレで
生き残れるのはごくわずかだってさ


じゃあライブ中心や舞台中心のジャニタレは生き残るかもね
ドラマ映画や司会だと厳しそう

108:

風間って、NHKのあの超能力エスパー朝ドラ純と愛が代表作だろ
あれはひどかった
カムカムのルイの傷みて、消えていった弁護士の卵役も最低だった。

115:

>>108 風間って、NHKのあの超能力エスパー朝ドラ純と愛が代表作だろ
あれはひどかった
カムカムのルイの傷みて、消えていった弁護士の卵役も最低だった。


あれ夏菜だけ叩かれて可哀想だった
いや風間も叩けと言うより脚本家が悪いんだけどさ
夏菜叩かれてるのに風間逃げすぎでは

127:

まぁジャニーズの人は別に俳優ではないので演技上手い必要もないけどね

133:

風間俊介は金八のイメージが拭えないけど小野花梨との障害者のドラマは良かったよ
キムタクはねーわ
生田斗真は俺の話は長いの明るいニートはハマってた

159:

散々「犯罪者の名前を使い続けるのか!」って言ってた割には世間は「旧ジャニーズ」って呼ぶんだな

160:

>>159 散々「犯罪者の名前を使い続けるのか!」って言ってた割には世間は「旧ジャニーズ」って呼ぶんだな


新会社の名前がまだないから仕方ない
スマイルアップは補償専門会社だしな

213:

>>159 散々「犯罪者の名前を使い続けるのか!」って言ってた割には世間は「旧ジャニーズ」って呼ぶんだな


悪い意味ではずっと使われるでしょう
ポジティブな意味で使われるのが禁じられるだけ(ジャニーズ魂を忘れるな!とかジャニーズ復興させるぞ!とか)
忌まわしい名前として残る

180:

あの素晴らしい僕シリーズを万が一キムタクや他の俳優が演じてたとしたら
正直やっぱりそれなりに見えて今の草なぎくんみたいに評価されてたんだろうし
それはやっぱりスワンも同じくそう思ってしまう、個性的な役柄だからこそ
逆にキムタクがやってきた役を草なぎくんがやるとどうなんだろうね?とも思って
結局適材適所なのかもしれないけど

184:

面白そうなドラマや映画があってもほぼ主演がジャニーズw
原作好きでも主演ジャニーズの時点で見る気失せてたわ
今後それが減ると思うと本当によかった

187:

 


ジャニタレの演技力(爆笑)

ぶっきら棒・ふて腐れる・キレる、だけ。


本職での踊りは醜いし

歌はハモることすら出来ねー無能(嘲笑)


だから世界で売れるアニメと違って、

ジャニの歌ドラマ映画は世界じゃ全く相手にされねーんだよ


 

190:

ナンバMG5に出てた森本の演技が自然で上手かったと思うんだけどジャニーズぽくないからこういうのには入ってこないのかね

192:

>>190 ナンバMG5に出てた森本の演技が自然で上手かったと思うんだけどジャニーズぽくないからこういうのには入ってこないのかね


スーツ姿の役がちゃんと似合う今では珍しい若手ジャニだと思う

刑事役とか教師役とかやっててスーツがハマらないって本当に何なのって思ってた

191:

風間は金八の健次郎がハマり役だっただけのような
香取も未成年のデクだけ見たら上手く見えるのと同じで
なにわの大西はそもそもドラマとか出てた?ってくらい演技のイメージない

199:

本当に演技で表現したいヤツがジャニーズには入らんだろ
片手間でやってるのをどう評価できるか
結局ファンもテレビ好きもジャニタレに演技力なんて求めてないのに
悦に入って「僕たちの演技は~」とか言うんだろw

207:

最近の日本の映画やドラマってこんなのばっか

身体はガリガリ
大声で叫ぶ大根演技ばかり
大人なのに子供顔だから渋い役が出来ない
目の動きだけで心の機微を表現出来ない
気味の悪いオデコ全隠しのヘルメット頭
80年代日本のセンター分けツーブロック
下積みなんてしてないアイドル風情の役者
奇をてらったサイコな脚本ばかりで無様
なぜか気味の悪い韓国風味な演出・脚本
奇抜なヘアカラーが個性だと思い込む間抜け
頬からヒゲすら生えない付けヒゲ韓国顔

210:

>>207 最近の日本の映画やドラマってこんなのばっか

身体はガリガリ
大声で叫ぶ大根演技ばかり
大人なのに子供顔だから渋い役が出来ない
目の動きだけで心の機微を表現出来ない
気味の悪いオデコ全隠しのヘルメット頭
80年代日本のセンター分けツーブロック
下積みなんてしてないアイドル風情の役者
奇をてらったサイコな脚本ばかりで無様
なぜか気味の悪い韓国風味な演出・脚本
奇抜なヘアカラーが個性だと思い込む間抜け
頬からヒゲすら生えない付けヒゲ韓国顔


側だけ韓国の真似してみても無理だね
作品の面白さは踏襲できない

227:

風間俊介はいまも健次郎にしか見えないわ
同世代で金八見てた人はそうだと思う

228:

昔深夜帯だったとおもうけど「演技者」というドラマ枠で
ジャニタレの俳優養成的なことをやってた気がする
小劇場でやるような意味のわからん脚本だったような
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1699456497

Comments 0

コメントはまだありません。