TBS局員は絶望…『ジョンソン』初回から早くも酷評のオンパレード…識者が分析する“敗北”3つの要因 - 芸能人
げいのうまとめんぬ

TBS局員は絶望…『ジョンソン』初回から早くも酷評のオンパレード…識者が分析する“敗北”3つの要因

2023/10/27
芸能人 0
  • 「企画力がない、昔の焼き直しで新しいことが何もない……。
  • 『人気のお笑い芸人だけ集めれば面白くなる』という時代は終わったんです。
  • そのことに気づけない制作局に絶望している局員が多数いますよ」 そう嘆くのは、TBS関係者だ。
  • 10月23日、同局の新バラエティ番組『ジョンソン』の初回2時間SPが放送された。
  • ビデオリサーチの調べでは、平均世帯視聴率は4.6%(関東地区速報値)、平均個人視聴率は2.8%だった。
  • 「この番組は、2005年から2013年まで放送されていた『リンカーン』の後継番組です。
  • そして『ジョンソン』で、彼らの“後継”として指名されたのが、かまいたち、モグライダー、見取り図、ニューヨークです。
  • 売れっ子芸人ではありますが、かねてから“先代”と比べて厳しい声を寄せる人たちがいました」(週刊誌記者) 『ジョンソン』の初回企画は、芸人が総登場する大運動会「ジョンソン芸人大運動会2023」。
  • これは、『リンカーン』の大人気企画の1つだった。
  • 「『ジョンソンメンバー』だからこそ面白くできる企画というものも出るはず」とお笑いライターは明かす。

1:

「企画力がない、昔の焼き直しで新しいことが何もない……。

『人気のお笑い芸人だけ集めれば面白くなる』という時代は終わったんです。そのことに気づけない制作局に絶望している局員が多数いますよ」

 そう嘆くのは、TBS関係者だ。10月23日、同局の新バラエティ番組『ジョンソン』の初回2時間SPが放送された。ビデオリサーチの調べでは、平均世帯視聴率は4.6%(関東地区速報値)、平均個人視聴率は2.8%だった。

「この番組は、2005年から2013年まで放送されていた『リンカーン』の後継番組です。

『芸人の芸人による芸人のための番組』をコンセプトに、『リンカーン』はダウンタウン、さまぁ~ず、雨上がり決死隊、キャイ~ンの4組をメインキャストに迎え、人気番組に。

 そして『ジョンソン』で、彼らの“後継”として指名されたのが、かまいたち、モグライダー、見取り図、ニューヨークです。売れっ子芸人ではありますが、かねてから“先代”と比べて厳しい声を寄せる人たちがいました」(週刊誌記者)

『ジョンソン』の初回企画は、芸人が総登場する大運動会「ジョンソン芸人大運動会2023」。これは、『リンカーン』の大人気企画の1つだった。所属事務所も違う、多くの芸人がスケジュールを合わせ、1日がかりで収録するもので、『リンカーン』時代はこの企画がきっかけでレギュラーを掴む芸人もいたほど。

 しかし、『ジョンソン』初回は、酷評のオンパレードだ。ネット上での声を見てみよう。

《第一回全部見ましたがしんどいくらいグダグダでした。アドリブ力がなさすぎる。力ないなりに全力でやってほしい。何よりレギュラー陣が厳しい。濱家さんは山内さんのおかげで出られているだけで何も面白いことない。見取り図ニューヨークはゴリ押しで出ているだけで平場弱い。リンカーンの後継番組とか言わない方がよい》

《やっていることは大運動会で一緒だが出演者が違うだけでこうも違うのかと思わされた。芸人さんの経験不足なのかそもそもの実力が足りないのかイマイチ判らないがとにかくつまらなさが際立った ダウンタウンのリンカーンという番組の名を借りて箔をつけたかったのだろうが今のところ逆効果だと思う》

《放送を楽しみにしていたが、新鮮さ、オリジナリティは感じられず、リンカーンをそのままパクっただけの内容。より一層リンカーンの面白さが目立ってしまった》

 あるお笑いライターは、「今回はリンカーンと同じことをさせたスタッフが悪いかなぁと思います」と、酷評の原因を分析する。その背景には、3つの要因があるという。

・レギュラーメンバーと先代の「キャリアの差」

「『リンカーン』が始まった当時のメンバーと今回のメンバーとの年齢差はあまりないですが……20代からレギュラーや冠番組を持っていたダウンタウンら4組と比べると、『ジョンソン』のレギュラーは、かまいたちをのぞき、ここ数年で売れた芸人たちです。実績が違いすぎるため、『リンカーン』と同じ企画をすると、キャリアの差が如実に見えてしまうのです」

・時代の変化

「数年前、“人を傷つけない笑い”が話題となりましたが、若い世代は運動会で全員でゴールするなど、競わない教育を受けてきた人も多い。メインツッコミのかまいたち・濱家さんも、『なるべく多くの芸人に見せ場を作ってあげよう』という雰囲気がありました。それがかえって、まとまりのないように見えたのかもしれません。浜田雅功さんだったら、つまらない時はバサッと切る強めのツッコミなので、メリハリがありましたからね」

・メインレギュラー以外の芸人のキャリアも少ない

「『なんか見たことあるな……』くらいの芸人も出演していたため、全体的に出演者が弱く見えました。今回はリンカーンの目玉企画の運動会を行ったことで、当時と比べてよけいに物足りない感が出たように思います」

 だが、笑いは変化していくもの。「『ジョンソンメンバー』だからこそ面白くできる企画というものも出るはず」とお笑いライターは明かす。果たして、進化を見せてくれるのだろうかーー。

https://news.yahoo.co.jp/articles/29fc335e9102dd79c1ef977dd71983499b79e61a

64:

>>1 「企画力がない、昔の焼き直しで新しいことが何もない……。

『人気のお笑い芸人だけ集めれば面白くなる』という時代は終わったんです。そのことに気づけない制作局に絶望している局員が多数いますよ」

 そう嘆くのは、TBS関係者だ。10月23日、同局の新バラエティ番組『ジョンソン』の初回2時間SPが放送された。ビデオリサーチの調べでは、平均世帯視聴率は4.6%(関東地区速報値)、平均個人視聴率は2.8%だった。

「この番組は、2005年から2013年まで放送されていた『リンカーン』の後継番組です。

『芸人の芸人による芸人のための番組』をコンセプトに、『リンカーン』はダウンタウン、さまぁ~ず、雨上がり決死隊、キャイ~ンの4組をメインキャストに迎え、人気番組に。

 そして『ジョンソン』で、彼らの“後継”として指名されたのが、かまいたち、モグライダー、見取り図、ニューヨークです。売れっ子芸人ではありますが、かねてから“先代”と比べて厳しい声を寄せる人たちがいました」(週刊誌記者)

『ジョンソン』の初回企画は、芸人が総登場する大運動会「ジョンソン芸人大運動会2023」。これは、『リンカーン』の大人気企画の1つだった。所属事務所も違う、多くの芸人がスケジュールを合わせ、1日がかりで収録するもので、『リンカーン』時代はこの企画がきっかけでレギュラーを掴む芸人もいたほど。

 しかし、『ジョンソン』初回は、酷評のオンパレードだ。ネット上での声を見てみよう。

《第一回全部見ましたがしんどいくらいグダグダでした。アドリブ力がなさすぎる。力ないなりに全力でやってほしい。何よりレギュラー陣が厳しい。濱家さんは山内さんのおかげで出られているだけで何も面白いことない。見取り図ニューヨークはゴリ押しで出ているだけで平場弱い。リンカーンの後継番組とか言わない方がよい》

《やっていることは大運動会で一緒だが出演者が違うだけでこうも違うのかと思わされた。芸人さんの経験不足なのかそもそもの実力が足りないのかイマイチ判らないがとにかくつまらなさが際立った ダウンタウンのリンカーンという番組の名を借りて箔をつけたかったのだろうが今のところ逆効果だと思う》

《放送を楽しみにしていたが、新鮮さ、オリジナリティは感じられず、リンカーンをそのままパクっただけの内容。より一層リンカーンの面白さが目立ってしまった》

 あるお笑いライターは、「今回はリンカーンと同じことをさせたスタッフが悪いかなぁと思います」と、酷評の原因を分析する。その背景には、3つの要因があるという。

・レギュラーメンバーと先代の「キャリアの差」

「『リンカーン』が始まった当時のメンバーと今回のメンバーとの年齢差はあまりないですが……20代からレギュラーや冠番組を持っていたダウンタウンら4組と比べると、『ジョンソン』のレギュラーは、かまいたちをのぞき、ここ数年で売れた芸人たちです。実績が違いすぎるため、『リンカーン』と同じ企画をすると、キャリアの差が如実に見えてしまうのです」

・時代の変化

「数年前、“人を傷つけない笑い”が話題となりましたが、若い世代は運動会で全員でゴールするなど、競わない教育を受けてきた人も多い。メインツッコミのかまいたち・濱家さんも、『なるべく多くの芸人に見せ場を作ってあげよう』という雰囲気がありました。それがかえって、まとまりのないように見えたのかもしれません。浜田雅功さんだったら、つまらない時はバサッと切る強めのツッコミなので、メリハリがありましたからね」

・メインレギュラー以外の芸人のキャリアも少ない

「『なんか見たことあるな……』くらいの芸人も出演していたため、全体的に出演者が弱く見えました。今回はリンカーンの目玉企画の運動会を行ったことで、当時と比べてよけいに物足りない感が出たように思います」

 だが、笑いは変化していくもの。「『ジョンソンメンバー』だからこそ面白くできる企画というものも出るはず」とお笑いライターは明かす。果たして、進化を見せてくれるのだろうかーー。

https://news.yahoo.co.jp/articles/29fc335e9102dd79c1ef977dd71983499b79e61a


きんにくんさんとさかなクンさんだったら見た
平野レミでも良いぞ

119:

>>1 「企画力がない、昔の焼き直しで新しいことが何もない……。

『人気のお笑い芸人だけ集めれば面白くなる』という時代は終わったんです。そのことに気づけない制作局に絶望している局員が多数いますよ」

 そう嘆くのは、TBS関係者だ。10月23日、同局の新バラエティ番組『ジョンソン』の初回2時間SPが放送された。ビデオリサーチの調べでは、平均世帯視聴率は4.6%(関東地区速報値)、平均個人視聴率は2.8%だった。

「この番組は、2005年から2013年まで放送されていた『リンカーン』の後継番組です。

『芸人の芸人による芸人のための番組』をコンセプトに、『リンカーン』はダウンタウン、さまぁ~ず、雨上がり決死隊、キャイ~ンの4組をメインキャストに迎え、人気番組に。

 そして『ジョンソン』で、彼らの“後継”として指名されたのが、かまいたち、モグライダー、見取り図、ニューヨークです。売れっ子芸人ではありますが、かねてから“先代”と比べて厳しい声を寄せる人たちがいました」(週刊誌記者)

『ジョンソン』の初回企画は、芸人が総登場する大運動会「ジョンソン芸人大運動会2023」。これは、『リンカーン』の大人気企画の1つだった。所属事務所も違う、多くの芸人がスケジュールを合わせ、1日がかりで収録するもので、『リンカーン』時代はこの企画がきっかけでレギュラーを掴む芸人もいたほど。

 しかし、『ジョンソン』初回は、酷評のオンパレードだ。ネット上での声を見てみよう。

《第一回全部見ましたがしんどいくらいグダグダでした。アドリブ力がなさすぎる。力ないなりに全力でやってほしい。何よりレギュラー陣が厳しい。濱家さんは山内さんのおかげで出られているだけで何も面白いことない。見取り図ニューヨークはゴリ押しで出ているだけで平場弱い。リンカーンの後継番組とか言わない方がよい》

《やっていることは大運動会で一緒だが出演者が違うだけでこうも違うのかと思わされた。芸人さんの経験不足なのかそもそもの実力が足りないのかイマイチ判らないがとにかくつまらなさが際立った ダウンタウンのリンカーンという番組の名を借りて箔をつけたかったのだろうが今のところ逆効果だと思う》

《放送を楽しみにしていたが、新鮮さ、オリジナリティは感じられず、リンカーンをそのままパクっただけの内容。より一層リンカーンの面白さが目立ってしまった》

 あるお笑いライターは、「今回はリンカーンと同じことをさせたスタッフが悪いかなぁと思います」と、酷評の原因を分析する。その背景には、3つの要因があるという。

・レギュラーメンバーと先代の「キャリアの差」

「『リンカーン』が始まった当時のメンバーと今回のメンバーとの年齢差はあまりないですが……20代からレギュラーや冠番組を持っていたダウンタウンら4組と比べると、『ジョンソン』のレギュラーは、かまいたちをのぞき、ここ数年で売れた芸人たちです。実績が違いすぎるため、『リンカーン』と同じ企画をすると、キャリアの差が如実に見えてしまうのです」

・時代の変化

「数年前、“人を傷つけない笑い”が話題となりましたが、若い世代は運動会で全員でゴールするなど、競わない教育を受けてきた人も多い。メインツッコミのかまいたち・濱家さんも、『なるべく多くの芸人に見せ場を作ってあげよう』という雰囲気がありました。それがかえって、まとまりのないように見えたのかもしれません。浜田雅功さんだったら、つまらない時はバサッと切る強めのツッコミなので、メリハリがありましたからね」

・メインレギュラー以外の芸人のキャリアも少ない

「『なんか見たことあるな……』くらいの芸人も出演していたため、全体的に出演者が弱く見えました。今回はリンカーンの目玉企画の運動会を行ったことで、当時と比べてよけいに物足りない感が出たように思います」

 だが、笑いは変化していくもの。「『ジョンソンメンバー』だからこそ面白くできる企画というものも出るはず」とお笑いライターは明かす。果たして、進化を見せてくれるのだろうかーー。

https://news.yahoo.co.jp/articles/29fc335e9102dd79c1ef977dd71983499b79e61a


リンカーンって終わってからもう10年たつのか

248:

>>1 「企画力がない、昔の焼き直しで新しいことが何もない……。

『人気のお笑い芸人だけ集めれば面白くなる』という時代は終わったんです。そのことに気づけない制作局に絶望している局員が多数いますよ」

 そう嘆くのは、TBS関係者だ。10月23日、同局の新バラエティ番組『ジョンソン』の初回2時間SPが放送された。ビデオリサーチの調べでは、平均世帯視聴率は4.6%(関東地区速報値)、平均個人視聴率は2.8%だった。

「この番組は、2005年から2013年まで放送されていた『リンカーン』の後継番組です。

『芸人の芸人による芸人のための番組』をコンセプトに、『リンカーン』はダウンタウン、さまぁ~ず、雨上がり決死隊、キャイ~ンの4組をメインキャストに迎え、人気番組に。

 そして『ジョンソン』で、彼らの“後継”として指名されたのが、かまいたち、モグライダー、見取り図、ニューヨークです。売れっ子芸人ではありますが、かねてから“先代”と比べて厳しい声を寄せる人たちがいました」(週刊誌記者)

『ジョンソン』の初回企画は、芸人が総登場する大運動会「ジョンソン芸人大運動会2023」。これは、『リンカーン』の大人気企画の1つだった。所属事務所も違う、多くの芸人がスケジュールを合わせ、1日がかりで収録するもので、『リンカーン』時代はこの企画がきっかけでレギュラーを掴む芸人もいたほど。

 しかし、『ジョンソン』初回は、酷評のオンパレードだ。ネット上での声を見てみよう。

《第一回全部見ましたがしんどいくらいグダグダでした。アドリブ力がなさすぎる。力ないなりに全力でやってほしい。何よりレギュラー陣が厳しい。濱家さんは山内さんのおかげで出られているだけで何も面白いことない。見取り図ニューヨークはゴリ押しで出ているだけで平場弱い。リンカーンの後継番組とか言わない方がよい》

《やっていることは大運動会で一緒だが出演者が違うだけでこうも違うのかと思わされた。芸人さんの経験不足なのかそもそもの実力が足りないのかイマイチ判らないがとにかくつまらなさが際立った ダウンタウンのリンカーンという番組の名を借りて箔をつけたかったのだろうが今のところ逆効果だと思う》

《放送を楽しみにしていたが、新鮮さ、オリジナリティは感じられず、リンカーンをそのままパクっただけの内容。より一層リンカーンの面白さが目立ってしまった》

 あるお笑いライターは、「今回はリンカーンと同じことをさせたスタッフが悪いかなぁと思います」と、酷評の原因を分析する。その背景には、3つの要因があるという。

・レギュラーメンバーと先代の「キャリアの差」

「『リンカーン』が始まった当時のメンバーと今回のメンバーとの年齢差はあまりないですが……20代からレギュラーや冠番組を持っていたダウンタウンら4組と比べると、『ジョンソン』のレギュラーは、かまいたちをのぞき、ここ数年で売れた芸人たちです。実績が違いすぎるため、『リンカーン』と同じ企画をすると、キャリアの差が如実に見えてしまうのです」

・時代の変化

「数年前、“人を傷つけない笑い”が話題となりましたが、若い世代は運動会で全員でゴールするなど、競わない教育を受けてきた人も多い。メインツッコミのかまいたち・濱家さんも、『なるべく多くの芸人に見せ場を作ってあげよう』という雰囲気がありました。それがかえって、まとまりのないように見えたのかもしれません。浜田雅功さんだったら、つまらない時はバサッと切る強めのツッコミなので、メリハリがありましたからね」

・メインレギュラー以外の芸人のキャリアも少ない

「『なんか見たことあるな……』くらいの芸人も出演していたため、全体的に出演者が弱く見えました。今回はリンカーンの目玉企画の運動会を行ったことで、当時と比べてよけいに物足りない感が出たように思います」

 だが、笑いは変化していくもの。「『ジョンソンメンバー』だからこそ面白くできる企画というものも出るはず」とお笑いライターは明かす。果たして、進化を見せてくれるのだろうかーー。

https://news.yahoo.co.jp/articles/29fc335e9102dd79c1ef977dd71983499b79e61a


褒めあいと貶しあいの戦い

476:

>>1 「企画力がない、昔の焼き直しで新しいことが何もない……。

『人気のお笑い芸人だけ集めれば面白くなる』という時代は終わったんです。そのことに気づけない制作局に絶望している局員が多数いますよ」

 そう嘆くのは、TBS関係者だ。10月23日、同局の新バラエティ番組『ジョンソン』の初回2時間SPが放送された。ビデオリサーチの調べでは、平均世帯視聴率は4.6%(関東地区速報値)、平均個人視聴率は2.8%だった。

「この番組は、2005年から2013年まで放送されていた『リンカーン』の後継番組です。

『芸人の芸人による芸人のための番組』をコンセプトに、『リンカーン』はダウンタウン、さまぁ~ず、雨上がり決死隊、キャイ~ンの4組をメインキャストに迎え、人気番組に。

 そして『ジョンソン』で、彼らの“後継”として指名されたのが、かまいたち、モグライダー、見取り図、ニューヨークです。売れっ子芸人ではありますが、かねてから“先代”と比べて厳しい声を寄せる人たちがいました」(週刊誌記者)

『ジョンソン』の初回企画は、芸人が総登場する大運動会「ジョンソン芸人大運動会2023」。これは、『リンカーン』の大人気企画の1つだった。所属事務所も違う、多くの芸人がスケジュールを合わせ、1日がかりで収録するもので、『リンカーン』時代はこの企画がきっかけでレギュラーを掴む芸人もいたほど。

 しかし、『ジョンソン』初回は、酷評のオンパレードだ。ネット上での声を見てみよう。

《第一回全部見ましたがしんどいくらいグダグダでした。アドリブ力がなさすぎる。力ないなりに全力でやってほしい。何よりレギュラー陣が厳しい。濱家さんは山内さんのおかげで出られているだけで何も面白いことない。見取り図ニューヨークはゴリ押しで出ているだけで平場弱い。リンカーンの後継番組とか言わない方がよい》

《やっていることは大運動会で一緒だが出演者が違うだけでこうも違うのかと思わされた。芸人さんの経験不足なのかそもそもの実力が足りないのかイマイチ判らないがとにかくつまらなさが際立った ダウンタウンのリンカーンという番組の名を借りて箔をつけたかったのだろうが今のところ逆効果だと思う》

《放送を楽しみにしていたが、新鮮さ、オリジナリティは感じられず、リンカーンをそのままパクっただけの内容。より一層リンカーンの面白さが目立ってしまった》

 あるお笑いライターは、「今回はリンカーンと同じことをさせたスタッフが悪いかなぁと思います」と、酷評の原因を分析する。その背景には、3つの要因があるという。

・レギュラーメンバーと先代の「キャリアの差」

「『リンカーン』が始まった当時のメンバーと今回のメンバーとの年齢差はあまりないですが……20代からレギュラーや冠番組を持っていたダウンタウンら4組と比べると、『ジョンソン』のレギュラーは、かまいたちをのぞき、ここ数年で売れた芸人たちです。実績が違いすぎるため、『リンカーン』と同じ企画をすると、キャリアの差が如実に見えてしまうのです」

・時代の変化

「数年前、“人を傷つけない笑い”が話題となりましたが、若い世代は運動会で全員でゴールするなど、競わない教育を受けてきた人も多い。メインツッコミのかまいたち・濱家さんも、『なるべく多くの芸人に見せ場を作ってあげよう』という雰囲気がありました。それがかえって、まとまりのないように見えたのかもしれません。浜田雅功さんだったら、つまらない時はバサッと切る強めのツッコミなので、メリハリがありましたからね」

・メインレギュラー以外の芸人のキャリアも少ない

「『なんか見たことあるな……』くらいの芸人も出演していたため、全体的に出演者が弱く見えました。今回はリンカーンの目玉企画の運動会を行ったことで、当時と比べてよけいに物足りない感が出たように思います」

 だが、笑いは変化していくもの。「『ジョンソンメンバー』だからこそ面白くできる企画というものも出るはず」とお笑いライターは明かす。果たして、進化を見せてくれるのだろうかーー。

https://news.yahoo.co.jp/articles/29fc335e9102dd79c1ef977dd71983499b79e61a


21時からやるからだろ
日曜日の夕方に流す番組だろ

743:

>>1 「企画力がない、昔の焼き直しで新しいことが何もない……。

『人気のお笑い芸人だけ集めれば面白くなる』という時代は終わったんです。そのことに気づけない制作局に絶望している局員が多数いますよ」

 そう嘆くのは、TBS関係者だ。10月23日、同局の新バラエティ番組『ジョンソン』の初回2時間SPが放送された。ビデオリサーチの調べでは、平均世帯視聴率は4.6%(関東地区速報値)、平均個人視聴率は2.8%だった。

「この番組は、2005年から2013年まで放送されていた『リンカーン』の後継番組です。

『芸人の芸人による芸人のための番組』をコンセプトに、『リンカーン』はダウンタウン、さまぁ~ず、雨上がり決死隊、キャイ~ンの4組をメインキャストに迎え、人気番組に。

 そして『ジョンソン』で、彼らの“後継”として指名されたのが、かまいたち、モグライダー、見取り図、ニューヨークです。売れっ子芸人ではありますが、かねてから“先代”と比べて厳しい声を寄せる人たちがいました」(週刊誌記者)

『ジョンソン』の初回企画は、芸人が総登場する大運動会「ジョンソン芸人大運動会2023」。これは、『リンカーン』の大人気企画の1つだった。所属事務所も違う、多くの芸人がスケジュールを合わせ、1日がかりで収録するもので、『リンカーン』時代はこの企画がきっかけでレギュラーを掴む芸人もいたほど。

 しかし、『ジョンソン』初回は、酷評のオンパレードだ。ネット上での声を見てみよう。

《第一回全部見ましたがしんどいくらいグダグダでした。アドリブ力がなさすぎる。力ないなりに全力でやってほしい。何よりレギュラー陣が厳しい。濱家さんは山内さんのおかげで出られているだけで何も面白いことない。見取り図ニューヨークはゴリ押しで出ているだけで平場弱い。リンカーンの後継番組とか言わない方がよい》

《やっていることは大運動会で一緒だが出演者が違うだけでこうも違うのかと思わされた。芸人さんの経験不足なのかそもそもの実力が足りないのかイマイチ判らないがとにかくつまらなさが際立った ダウンタウンのリンカーンという番組の名を借りて箔をつけたかったのだろうが今のところ逆効果だと思う》

《放送を楽しみにしていたが、新鮮さ、オリジナリティは感じられず、リンカーンをそのままパクっただけの内容。より一層リンカーンの面白さが目立ってしまった》

 あるお笑いライターは、「今回はリンカーンと同じことをさせたスタッフが悪いかなぁと思います」と、酷評の原因を分析する。その背景には、3つの要因があるという。

・レギュラーメンバーと先代の「キャリアの差」

「『リンカーン』が始まった当時のメンバーと今回のメンバーとの年齢差はあまりないですが……20代からレギュラーや冠番組を持っていたダウンタウンら4組と比べると、『ジョンソン』のレギュラーは、かまいたちをのぞき、ここ数年で売れた芸人たちです。実績が違いすぎるため、『リンカーン』と同じ企画をすると、キャリアの差が如実に見えてしまうのです」

・時代の変化

「数年前、“人を傷つけない笑い”が話題となりましたが、若い世代は運動会で全員でゴールするなど、競わない教育を受けてきた人も多い。メインツッコミのかまいたち・濱家さんも、『なるべく多くの芸人に見せ場を作ってあげよう』という雰囲気がありました。それがかえって、まとまりのないように見えたのかもしれません。浜田雅功さんだったら、つまらない時はバサッと切る強めのツッコミなので、メリハリがありましたからね」

・メインレギュラー以外の芸人のキャリアも少ない

「『なんか見たことあるな……』くらいの芸人も出演していたため、全体的に出演者が弱く見えました。今回はリンカーンの目玉企画の運動会を行ったことで、当時と比べてよけいに物足りない感が出たように思います」

 だが、笑いは変化していくもの。「『ジョンソンメンバー』だからこそ面白くできる企画というものも出るはず」とお笑いライターは明かす。果たして、進化を見せてくれるのだろうかーー。

https://news.yahoo.co.jp/articles/29fc335e9102dd79c1ef977dd71983499b79e61a


まさしく浜家だかは山内のお陰なのは間違いない
少しも面白い事言わないなんて逆に貴重

866:

>>1 「企画力がない、昔の焼き直しで新しいことが何もない……。

『人気のお笑い芸人だけ集めれば面白くなる』という時代は終わったんです。そのことに気づけない制作局に絶望している局員が多数いますよ」

 そう嘆くのは、TBS関係者だ。10月23日、同局の新バラエティ番組『ジョンソン』の初回2時間SPが放送された。ビデオリサーチの調べでは、平均世帯視聴率は4.6%(関東地区速報値)、平均個人視聴率は2.8%だった。

「この番組は、2005年から2013年まで放送されていた『リンカーン』の後継番組です。

『芸人の芸人による芸人のための番組』をコンセプトに、『リンカーン』はダウンタウン、さまぁ~ず、雨上がり決死隊、キャイ~ンの4組をメインキャストに迎え、人気番組に。

 そして『ジョンソン』で、彼らの“後継”として指名されたのが、かまいたち、モグライダー、見取り図、ニューヨークです。売れっ子芸人ではありますが、かねてから“先代”と比べて厳しい声を寄せる人たちがいました」(週刊誌記者)

『ジョンソン』の初回企画は、芸人が総登場する大運動会「ジョンソン芸人大運動会2023」。これは、『リンカーン』の大人気企画の1つだった。所属事務所も違う、多くの芸人がスケジュールを合わせ、1日がかりで収録するもので、『リンカーン』時代はこの企画がきっかけでレギュラーを掴む芸人もいたほど。

 しかし、『ジョンソン』初回は、酷評のオンパレードだ。ネット上での声を見てみよう。

《第一回全部見ましたがしんどいくらいグダグダでした。アドリブ力がなさすぎる。力ないなりに全力でやってほしい。何よりレギュラー陣が厳しい。濱家さんは山内さんのおかげで出られているだけで何も面白いことない。見取り図ニューヨークはゴリ押しで出ているだけで平場弱い。リンカーンの後継番組とか言わない方がよい》

《やっていることは大運動会で一緒だが出演者が違うだけでこうも違うのかと思わされた。芸人さんの経験不足なのかそもそもの実力が足りないのかイマイチ判らないがとにかくつまらなさが際立った ダウンタウンのリンカーンという番組の名を借りて箔をつけたかったのだろうが今のところ逆効果だと思う》

《放送を楽しみにしていたが、新鮮さ、オリジナリティは感じられず、リンカーンをそのままパクっただけの内容。より一層リンカーンの面白さが目立ってしまった》

 あるお笑いライターは、「今回はリンカーンと同じことをさせたスタッフが悪いかなぁと思います」と、酷評の原因を分析する。その背景には、3つの要因があるという。

・レギュラーメンバーと先代の「キャリアの差」

「『リンカーン』が始まった当時のメンバーと今回のメンバーとの年齢差はあまりないですが……20代からレギュラーや冠番組を持っていたダウンタウンら4組と比べると、『ジョンソン』のレギュラーは、かまいたちをのぞき、ここ数年で売れた芸人たちです。実績が違いすぎるため、『リンカーン』と同じ企画をすると、キャリアの差が如実に見えてしまうのです」

・時代の変化

「数年前、“人を傷つけない笑い”が話題となりましたが、若い世代は運動会で全員でゴールするなど、競わない教育を受けてきた人も多い。メインツッコミのかまいたち・濱家さんも、『なるべく多くの芸人に見せ場を作ってあげよう』という雰囲気がありました。それがかえって、まとまりのないように見えたのかもしれません。浜田雅功さんだったら、つまらない時はバサッと切る強めのツッコミなので、メリハリがありましたからね」

・メインレギュラー以外の芸人のキャリアも少ない

「『なんか見たことあるな……』くらいの芸人も出演していたため、全体的に出演者が弱く見えました。今回はリンカーンの目玉企画の運動会を行ったことで、当時と比べてよけいに物足りない感が出たように思います」

 だが、笑いは変化していくもの。「『ジョンソンメンバー』だからこそ面白くできる企画というものも出るはず」とお笑いライターは明かす。果たして、進化を見せてくれるのだろうかーー。

https://news.yahoo.co.jp/articles/29fc335e9102dd79c1ef977dd71983499b79e61a


ダウンタウンは別格として今のかまいたちだと当時のさまぁ〜ずや雨上がりよりは格上かね?
かまいたち今40歳ぐらいだけど当時の雨上がりやさまぁ〜ずも40前後だろ?

875:

>>866 ダウンタウンは別格として今のかまいたちだと当時のさまぁ〜ずや雨上がりよりは格上かね?
かまいたち今40歳ぐらいだけど当時の雨上がりやさまぁ〜ずも40前後だろ?


サマーズよりは上かな

882:

>>866 ダウンタウンは別格として今のかまいたちだと当時のさまぁ〜ずや雨上がりよりは格上かね?
かまいたち今40歳ぐらいだけど当時の雨上がりやさまぁ〜ずも40前後だろ?


30代半ばだったと思う
何を持って格がわからないけど、かまいたちは番組いっぱい持ってる割に仕切りが出来なさすぎ

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

13:

リンカーン自体が不人気番組でダウンタウンの評価も下がっただろ。天狗の鼻が折れたみたいにその後の番組では二人とも丸くなった。

933:

>>13 リンカーン自体が不人気番組でダウンタウンの評価も下がっただろ。天狗の鼻が折れたみたいにその後の番組では二人とも丸くなった。


不人気番組が8年も続くわけないだろバーカ

201:

別にリンカーンもオールスターってわけじゃなくて
ダウンタウンと、ダウンタウンと当時そこまで関わってないさまぁ~ず雨キャイ~ンぐっさんのレギュラー陣だったわけだから
軸を誰かにして、そこからあんまり関わってない奴らをレギュラーにすれば良かったんじゃないかな
千鳥が最有力でもチャンスの時間とかで若手と絡みまくってて難しいか

でもかまいたちにおける見取り図って
ダウンタウンにおける今田東野だし
後継番組にはほど遠い

268:

そもそもリンカーンって末期の頃7%前後だったし
当時の裏番組であるボンビーガールにまったく歯が立たない状態だったみたいだけど

ってか過去終わるべくして終わった番組やそれの後継番組作りだわなTBS

終わるべくして終わったのに復活させたはいいものの低視聴率パターン
アイアム冒険少年、クレイジージャーニー、オオカミ少年など

特番で別に数字よくなかったのになぜかレギュラー化され現在も苦戦中
THE神業チャレンジ、1/365のマニアさんなど

393:

かまいたちがレギュラーたくさんあるとか言われても1つも番組知らんのだが。他は言うまでもない。これらより格上の千鳥で相席食堂くらい。リンカーンのメンバーの当時の他レギュラー番組との認知度の違いありすぎだろ

423:

>>393 かまいたちがレギュラーたくさんあるとか言われても1つも番組知らんのだが。他は言うまでもない。これらより格上の千鳥で相席食堂くらい。リンカーンのメンバーの当時の他レギュラー番組との認知度の違いありすぎだろ


それは単におっさんになって興味薄れただけかと

398:

リンカーンは色んな事務所の既に何年もMCやってるみたいなの集まってたから面白いのであって
いまから誰でも知ってる売れっ子MCになるように育てていきます。みたいなのは
フジテレビの「いつかめちゃイケの後継になれたらいいね」の深夜コント番組と同じレベルなんよね…

あれをゴールデンで流しても大ヒットは無理っていう

545:

義務的に芸人番組作らされてんのかと思ってたわ
だから大して人気でもなかったリンカーンの後継にしたのかと
本気だったのかこれ

572:

ニューヨーク面白いじゃんw
華大さんと千鳥くんにレギュラーのかまいたちにゲストのニューヨークでニューヨークの立ち回りは面白かったよ
嶋佐の愛嬌に屋敷の毒舌は俺は好きだな

華大さんと千鳥くんも初めは運動会みたいなのをやってたがアンケート競馬レースや料理対決や商品売り上げ順位当てクイズみたいなのに変わって面白くなったしな
ジョンソンも企画によるかな

あと月曜TBSゴールデンプライムバラエティはいつも大苦戦だから期待し過ぎだよw

613:

かまいたちとニューヨーク外してチョコプラとあと適当に感じのいい芸人にしたら見た
チョコプラもそこまで好きではないけど今の40代クラスだとトップレベルではあるから消去法
というか昔のナイナイみたいに大勢の芸人の中心に立てるタイプの人がいなくなったなと思う期待されてた霜降りもキツいし

615:

何の番組かよく分からない中でリンカーンのダウンタウンと比べられる運動会はいきなりで無理あったが
今回の初回は祭りで次からが本来のスタートなんじゃないの?w

あとTBSバラエティの数字はこんなもんだよw
TBSバラエティでいきなり2桁とか年1の大型特番以外のレギュラーである訳ないわな

640:

リンカーンもタメ口でダウンタウンと仲良くなろうとか有吉が来た教室での講義とか小さな企画の方が面白くなかったか?
そういう普通の企画の積み重ねがあったから運動会みたいなバカバカしいのがたまにあって良かった

まあ評価は次からじゃないの?
運動会は実はリンカーンの時から無理あったしなw

まずはレギュラーメンバーの関係性を深めるのが先だよ

646:

リンカーンってハズレ企画も多かったし、人気番組だったかと問われるとそうでもなかったけど、やっぱ後継番組という比較対象が出現すると差は歴然だなとは思うよね。
この運動会企画でダウンタウンはめちゃくちゃ自然体だったんよ。この二人が運動会で真剣勝負するという絵面だけで面白いことを本人たちも理解しているから変に狙ったりしない。
新番組の芸人たちは悪い意味でずっと「 芸人」してた。常におもしろくことを言おうと狙ってた。それが面白くなかった

675:

>>646 リンカーンってハズレ企画も多かったし、人気番組だったかと問われるとそうでもなかったけど、やっぱ後継番組という比較対象が出現すると差は歴然だなとは思うよね。
この運動会企画でダウンタウンはめちゃくちゃ自然体だったんよ。この二人が運動会で真剣勝負するという絵面だけで面白いことを本人たちも理解しているから変に狙ったりしない。
新番組の芸人たちは悪い意味でずっと「 芸人」してた。常におもしろくことを言おうと狙ってた。それが面白くなかった


ヤフコメかよ

735:

リンカーンの中でも
運動会はわちゃわちゃしてるだけで
対して面白くないコンテンツだった
レギュラー終わってもなぜか運動会だけ特番やってたのが謎だった

制作側の感性がズレが、今回の、視聴率の低さ

新しいメンバーがどうこうはまだ早い。

788:

> かまいたち、モグライダー、見取り図

この6人でじっくりコント番組でも作った方が魅力的だと思うけど
あとこの3組にしれっとゴリ押しのニューヨークを突っ込むのも興醒めで観る気が失せる

792:

>>788 > かまいたち、モグライダー、見取り図

この6人でじっくりコント番組でも作った方が魅力的だと思うけど
あとこの3組にしれっとゴリ押しのニューヨークを突っ込むのも興醒めで観る気が失せる


ニューヨークは何が出来るわけでもないもんな

893:

ニューヨークは事務所のゴリ押しがないとライセンス未満の能力だから他の芸人がたくさん居ると消えるか面白く無いスベりを見せるだけ
見取り図は中の中くらいの能力が有ってもアドリブ能力はイマイチだからメインに持って来る事が間違いで番組側も見取り図側も損するだけ
モグライダーは上手く伸びればフットボールアワー級になれるだろうが全能力が微妙に足りておらず時期尚早
かまいたちはMCをそれなりにやってきてコレだから向いてないという事を本人も制作側も理解するべき
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1698280538

Comments 0

コメントはまだありません。