ソシエダ、ベンフィカ撃破でCLグループ突破に前進!久保建英はオタメンディとのマッチアップ勝利にバー直撃弾と強烈な存在感 - スポーツ
げいのうまとめんぬ

ソシエダ、ベンフィカ撃破でCLグループ突破に前進!久保建英はオタメンディとのマッチアップ勝利にバー直撃弾と強烈な存在感

2023/10/26
スポーツ 0
  • 24日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第3節、レアル・ソシエダは敵地エスタディオ・ダ・ルスでのベンフィカ戦に1-0で勝利した。
  • MF久保建英は先発出場を果たして75分までプレー。
  • ピッチに立っている間、鮮烈なプレーを見せ続けた。
  • ここまで2敗のベンフィカを下せば勝ち点を7として、グループステージ突破に大きく近づくことになる。
  • ソシエダはいつも通り4-3-3のシステムを使用し、ボールを自分たちのものとして攻撃を展開。
  • 右ウィングの久保は6分にファーストシュートを放ったが、これはサイドネットを揺らすのみに終わる。
  • 対するベンフィカは12分、ロングフィードから抜け出したラファがシュートを決め切るも、これはオフサイドの判定となった。
  • 後半もソシエダは攻勢を見せ、52分には右サイドでの久保とオヤルサバルの連係を起点に逆サイドのスビメンディがシュートを放ったが、これはGKトルビンの横っ飛びに弾かれる。
  • 76分、ソシエダのイマノル監督は両サイドで鋭いプレーを見せ続けた久保、バレネチェアを下げてカルロス・フェルナンデス、ザハリャンを入れた。
  • この結果、グループDの順位は首位レアル・ソシエダ(勝ち点7、得失点差3)、2位インテル(勝ち点7、得失点差2)、3位ザルツブルク(勝ち点3)、4位ベンフィカ(勝ち点0)となった。

1:

24日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第3節、レアル・ソシエダは敵地エスタディオ・ダ・ルスでのベンフィカ戦に1-0で勝利した。MF久保建英は先発出場を果たして75分までプレー。ピッチに立っている間、鮮烈なプレーを見せ続けた。

第1節インテル戦を1-1ドロー、第2節ザルツブルク戦を2-0勝利で終えているソシエダ。ここまで2敗のベンフィカを下せば勝ち点を7として、グループステージ突破に大きく近づくことになる。

ソシエダはいつも通り4-3-3のシステムを使用し、ボールを自分たちのものとして攻撃を展開。右ウィングの久保は6分にファーストシュートを放ったが、これはサイドネットを揺らすのみに終わる。対するベンフィカは12分、ロングフィードから抜け出したラファがシュートを決め切るも、これはオフサイドの判定となった。

優勢のソシエダは29分、オヤルサバルの浮き球から最終ラインを抜け出したブライス・メンデスがヘディングシュートでネットを揺らしたが、こちらもオフサイドを取られる。久保はというと、右サイドに位置するだけでは徹底マークの餌食となるために、オヤルサバルとポジションを変えて中央に位置するなどして存在感を放っていった。

日本人MFは30分、ペナルティーエリア手前でボールを受け、そのまま前進して左足でシュートを放つも、これもまたサイドネットを揺らすのみに終わった。また、その5分後にはペナルティーエリア内に侵入してシュートを放つが、アントニオ・シウバがブロック。久保はベンフィカDFのハンドを要求するも、腕がしっかりと胴についていたためにPKの笛は吹かれなかった。ソシエダはバレネチェアのシュートがわずかに枠の右に外れるなど、チャンスを物にできないまま前半を終えている。

後半もソシエダは攻勢を見せ、52分には右サイドでの久保とオヤルサバルの連係を起点に逆サイドのスビメンディがシュートを放ったが、これはGKトルビンの横っ飛びに弾かれる。さらに60分にはペナルティーエリア内右でボールを受けた久保が、オタメンディをキレのあるドリブルでかわしたが、右足で放ったシュートは枠を捉えることができなかった。オタメンディはアルゼンチン代表の名DFだが、久保はボールを軽くさらし、足を出してきた同選手を縦に抜いて見事置き去りにしている。

そして63分、時間が経つに連れてさらにベンフィカを圧倒していくソシエダが、スタジアムに駆けつけた3500人のサポーターに歓喜の叫びを上げさせる。ペナルティーエリア内左のバレネチェアが縦への突破からボールを折り返し、ブライス・メンデスがこれを左足で枠内に押し込んでCL3試合連続となるゴールを決めた。

先制したソシエダは、その後もベンフィカを攻め続ける。67分には久保がペナルティーエリア内右から内に切れ込み左足でシュートを放ったが、強烈な勢いのボールはクロスバーに直撃。スタジアムの観客は劣勢の自チーム、またはあまりに優勢のソシエダに向けてか、耳をつんざくようなブーイングをピッチに浴びせている。

76分、ソシエダのイマノル監督は両サイドで鋭いプレーを見せ続けた久保、バレネチェアを下げてカルロス・フェルナンデス、ザハリャンを入れた。久保はCLでの初ゴールこそお預けとなったが、それでもボールを持てばあのオタメンディを含めて1人かわすのは当たり前といった、ワールドクラス級のプレーを披露し続けている。

終盤はベンフィカの意地の反撃に遭ったソシエダだったが失点を許さず、1点リードを最後まで守り切って今季CL2勝目を挙げている。この結果、グループDの順位は首位レアル・ソシエダ(勝ち点7、得失点差3)、2位インテル(勝ち点7、得失点差2)、3位ザルツブルク(勝ち点3)、4位ベンフィカ(勝ち点0)となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c50f8e97ee48b889c67aeef31fe107cbfa53bfcd

6:

>>1 24日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第3節、レアル・ソシエダは敵地エスタディオ・ダ・ルスでのベンフィカ戦に1-0で勝利した。MF久保建英は先発出場を果たして75分までプレー。ピッチに立っている間、鮮烈なプレーを見せ続けた。

第1節インテル戦を1-1ドロー、第2節ザルツブルク戦を2-0勝利で終えているソシエダ。ここまで2敗のベンフィカを下せば勝ち点を7として、グループステージ突破に大きく近づくことになる。

ソシエダはいつも通り4-3-3のシステムを使用し、ボールを自分たちのものとして攻撃を展開。右ウィングの久保は6分にファーストシュートを放ったが、これはサイドネットを揺らすのみに終わる。対するベンフィカは12分、ロングフィードから抜け出したラファがシュートを決め切るも、これはオフサイドの判定となった。

優勢のソシエダは29分、オヤルサバルの浮き球から最終ラインを抜け出したブライス・メンデスがヘディングシュートでネットを揺らしたが、こちらもオフサイドを取られる。久保はというと、右サイドに位置するだけでは徹底マークの餌食となるために、オヤルサバルとポジションを変えて中央に位置するなどして存在感を放っていった。

日本人MFは30分、ペナルティーエリア手前でボールを受け、そのまま前進して左足でシュートを放つも、これもまたサイドネットを揺らすのみに終わった。また、その5分後にはペナルティーエリア内に侵入してシュートを放つが、アントニオ・シウバがブロック。久保はベンフィカDFのハンドを要求するも、腕がしっかりと胴についていたためにPKの笛は吹かれなかった。ソシエダはバレネチェアのシュートがわずかに枠の右に外れるなど、チャンスを物にできないまま前半を終えている。

後半もソシエダは攻勢を見せ、52分には右サイドでの久保とオヤルサバルの連係を起点に逆サイドのスビメンディがシュートを放ったが、これはGKトルビンの横っ飛びに弾かれる。さらに60分にはペナルティーエリア内右でボールを受けた久保が、オタメンディをキレのあるドリブルでかわしたが、右足で放ったシュートは枠を捉えることができなかった。オタメンディはアルゼンチン代表の名DFだが、久保はボールを軽くさらし、足を出してきた同選手を縦に抜いて見事置き去りにしている。

そして63分、時間が経つに連れてさらにベンフィカを圧倒していくソシエダが、スタジアムに駆けつけた3500人のサポーターに歓喜の叫びを上げさせる。ペナルティーエリア内左のバレネチェアが縦への突破からボールを折り返し、ブライス・メンデスがこれを左足で枠内に押し込んでCL3試合連続となるゴールを決めた。

先制したソシエダは、その後もベンフィカを攻め続ける。67分には久保がペナルティーエリア内右から内に切れ込み左足でシュートを放ったが、強烈な勢いのボールはクロスバーに直撃。スタジアムの観客は劣勢の自チーム、またはあまりに優勢のソシエダに向けてか、耳をつんざくようなブーイングをピッチに浴びせている。

76分、ソシエダのイマノル監督は両サイドで鋭いプレーを見せ続けた久保、バレネチェアを下げてカルロス・フェルナンデス、ザハリャンを入れた。久保はCLでの初ゴールこそお預けとなったが、それでもボールを持てばあのオタメンディを含めて1人かわすのは当たり前といった、ワールドクラス級のプレーを披露し続けている。

終盤はベンフィカの意地の反撃に遭ったソシエダだったが失点を許さず、1点リードを最後まで守り切って今季CL2勝目を挙げている。この結果、グループDの順位は首位レアル・ソシエダ(勝ち点7、得失点差3)、2位インテル(勝ち点7、得失点差2)、3位ザルツブルク(勝ち点3)、4位ベンフィカ(勝ち点0)となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c50f8e97ee48b889c67aeef31fe107cbfa53bfcd


関連スレッド
【サッカー】UEFA-CL第3節 ブラガ×レアル、セビージャ×アーセナル、ガラタサライ×バイエルンなど [久太郎★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1698181285/

374:

>>1 24日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第3節、レアル・ソシエダは敵地エスタディオ・ダ・ルスでのベンフィカ戦に1-0で勝利した。MF久保建英は先発出場を果たして75分までプレー。ピッチに立っている間、鮮烈なプレーを見せ続けた。

第1節インテル戦を1-1ドロー、第2節ザルツブルク戦を2-0勝利で終えているソシエダ。ここまで2敗のベンフィカを下せば勝ち点を7として、グループステージ突破に大きく近づくことになる。

ソシエダはいつも通り4-3-3のシステムを使用し、ボールを自分たちのものとして攻撃を展開。右ウィングの久保は6分にファーストシュートを放ったが、これはサイドネットを揺らすのみに終わる。対するベンフィカは12分、ロングフィードから抜け出したラファがシュートを決め切るも、これはオフサイドの判定となった。

優勢のソシエダは29分、オヤルサバルの浮き球から最終ラインを抜け出したブライス・メンデスがヘディングシュートでネットを揺らしたが、こちらもオフサイドを取られる。久保はというと、右サイドに位置するだけでは徹底マークの餌食となるために、オヤルサバルとポジションを変えて中央に位置するなどして存在感を放っていった。

日本人MFは30分、ペナルティーエリア手前でボールを受け、そのまま前進して左足でシュートを放つも、これもまたサイドネットを揺らすのみに終わった。また、その5分後にはペナルティーエリア内に侵入してシュートを放つが、アントニオ・シウバがブロック。久保はベンフィカDFのハンドを要求するも、腕がしっかりと胴についていたためにPKの笛は吹かれなかった。ソシエダはバレネチェアのシュートがわずかに枠の右に外れるなど、チャンスを物にできないまま前半を終えている。

後半もソシエダは攻勢を見せ、52分には右サイドでの久保とオヤルサバルの連係を起点に逆サイドのスビメンディがシュートを放ったが、これはGKトルビンの横っ飛びに弾かれる。さらに60分にはペナルティーエリア内右でボールを受けた久保が、オタメンディをキレのあるドリブルでかわしたが、右足で放ったシュートは枠を捉えることができなかった。オタメンディはアルゼンチン代表の名DFだが、久保はボールを軽くさらし、足を出してきた同選手を縦に抜いて見事置き去りにしている。

そして63分、時間が経つに連れてさらにベンフィカを圧倒していくソシエダが、スタジアムに駆けつけた3500人のサポーターに歓喜の叫びを上げさせる。ペナルティーエリア内左のバレネチェアが縦への突破からボールを折り返し、ブライス・メンデスがこれを左足で枠内に押し込んでCL3試合連続となるゴールを決めた。

先制したソシエダは、その後もベンフィカを攻め続ける。67分には久保がペナルティーエリア内右から内に切れ込み左足でシュートを放ったが、強烈な勢いのボールはクロスバーに直撃。スタジアムの観客は劣勢の自チーム、またはあまりに優勢のソシエダに向けてか、耳をつんざくようなブーイングをピッチに浴びせている。

76分、ソシエダのイマノル監督は両サイドで鋭いプレーを見せ続けた久保、バレネチェアを下げてカルロス・フェルナンデス、ザハリャンを入れた。久保はCLでの初ゴールこそお預けとなったが、それでもボールを持てばあのオタメンディを含めて1人かわすのは当たり前といった、ワールドクラス級のプレーを披露し続けている。

終盤はベンフィカの意地の反撃に遭ったソシエダだったが失点を許さず、1点リードを最後まで守り切って今季CL2勝目を挙げている。この結果、グループDの順位は首位レアル・ソシエダ(勝ち点7、得失点差3)、2位インテル(勝ち点7、得失点差2)、3位ザルツブルク(勝ち点3)、4位ベンフィカ(勝ち点0)となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c50f8e97ee48b889c67aeef31fe107cbfa53bfcd



公式動画ハイライト

【ベンフィカ vs レアル・ソシエダ】
UEFAチャンピオンズリーグ 2023-24 グループD

380:

>>1 24日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第3節、レアル・ソシエダは敵地エスタディオ・ダ・ルスでのベンフィカ戦に1-0で勝利した。MF久保建英は先発出場を果たして75分までプレー。ピッチに立っている間、鮮烈なプレーを見せ続けた。

第1節インテル戦を1-1ドロー、第2節ザルツブルク戦を2-0勝利で終えているソシエダ。ここまで2敗のベンフィカを下せば勝ち点を7として、グループステージ突破に大きく近づくことになる。

ソシエダはいつも通り4-3-3のシステムを使用し、ボールを自分たちのものとして攻撃を展開。右ウィングの久保は6分にファーストシュートを放ったが、これはサイドネットを揺らすのみに終わる。対するベンフィカは12分、ロングフィードから抜け出したラファがシュートを決め切るも、これはオフサイドの判定となった。

優勢のソシエダは29分、オヤルサバルの浮き球から最終ラインを抜け出したブライス・メンデスがヘディングシュートでネットを揺らしたが、こちらもオフサイドを取られる。久保はというと、右サイドに位置するだけでは徹底マークの餌食となるために、オヤルサバルとポジションを変えて中央に位置するなどして存在感を放っていった。

日本人MFは30分、ペナルティーエリア手前でボールを受け、そのまま前進して左足でシュートを放つも、これもまたサイドネットを揺らすのみに終わった。また、その5分後にはペナルティーエリア内に侵入してシュートを放つが、アントニオ・シウバがブロック。久保はベンフィカDFのハンドを要求するも、腕がしっかりと胴についていたためにPKの笛は吹かれなかった。ソシエダはバレネチェアのシュートがわずかに枠の右に外れるなど、チャンスを物にできないまま前半を終えている。

後半もソシエダは攻勢を見せ、52分には右サイドでの久保とオヤルサバルの連係を起点に逆サイドのスビメンディがシュートを放ったが、これはGKトルビンの横っ飛びに弾かれる。さらに60分にはペナルティーエリア内右でボールを受けた久保が、オタメンディをキレのあるドリブルでかわしたが、右足で放ったシュートは枠を捉えることができなかった。オタメンディはアルゼンチン代表の名DFだが、久保はボールを軽くさらし、足を出してきた同選手を縦に抜いて見事置き去りにしている。

そして63分、時間が経つに連れてさらにベンフィカを圧倒していくソシエダが、スタジアムに駆けつけた3500人のサポーターに歓喜の叫びを上げさせる。ペナルティーエリア内左のバレネチェアが縦への突破からボールを折り返し、ブライス・メンデスがこれを左足で枠内に押し込んでCL3試合連続となるゴールを決めた。

先制したソシエダは、その後もベンフィカを攻め続ける。67分には久保がペナルティーエリア内右から内に切れ込み左足でシュートを放ったが、強烈な勢いのボールはクロスバーに直撃。スタジアムの観客は劣勢の自チーム、またはあまりに優勢のソシエダに向けてか、耳をつんざくようなブーイングをピッチに浴びせている。

76分、ソシエダのイマノル監督は両サイドで鋭いプレーを見せ続けた久保、バレネチェアを下げてカルロス・フェルナンデス、ザハリャンを入れた。久保はCLでの初ゴールこそお預けとなったが、それでもボールを持てばあのオタメンディを含めて1人かわすのは当たり前といった、ワールドクラス級のプレーを披露し続けている。

終盤はベンフィカの意地の反撃に遭ったソシエダだったが失点を許さず、1点リードを最後まで守り切って今季CL2勝目を挙げている。この結果、グループDの順位は首位レアル・ソシエダ(勝ち点7、得失点差3)、2位インテル(勝ち点7、得失点差2)、3位ザルツブルク(勝ち点3)、4位ベンフィカ(勝ち点0)となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c50f8e97ee48b889c67aeef31fe107cbfa53bfcd



先日のラ・リーガ

久保のアシストからゴールシーン
https://video.twimg.com/amplify_video/1715722185707274240/vid/avc1/1920x1080/G0CU18SY4Lg7BlMJ.mp4?tag=16

385:

>>380
先日のラ・リーガ

久保のアシストからゴールシーン
https://video.twimg.com/amplify_video/1715722185707274240/vid/avc1/1920x1080/G0CU18SY4Lg7BlMJ.mp4?tag=16


守備ゆるゆるのザル守備でワロタ
リーガてこんなんばっかだな笑

388:

>>385 守備ゆるゆるのザル守備でワロタ
リーガてこんなんばっかだな笑


お前が褒め称えた久保が去った後のマジョルカやでwww

391:

>>388 お前が褒め称えた久保が去った後のマジョルカやでwww


久保が去ったら強くなったマジョルカで
イガンインが去ったら弱くなったマジョルカ

392:

>>391 久保が去ったら強くなったマジョルカで
イガンインが去ったら弱くなったマジョルカ


はい予想通りのチョンバレコメントいただきましたwww

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

15:

久保ゴールバーは惜しかったね
ただこれでベンフィカはほぼ敗退に追いやったからあとはザルツブルクのみだな
ベスト16になれば20年ぶりくらいみたいだねソシエダ

761:

>>15 久保ゴールバーは惜しかったね
ただこれでベンフィカはほぼ敗退に追いやったからあとはザルツブルクのみだな
ベスト16になれば20年ぶりくらいみたいだねソシエダ


20年ぶりってシャビ・アロンソとかデ・ペドロとかニハトとかいた頃?

18:

CL初得点決めたがってたね1本は決めたかったねえ
シュートのときにちょっと意識して力んじゃうのかな
代表でも初得点まで時間要したしね

39:

ソシエダのベスメン相手に4バックで守るの無理なのかもな
久保にマーク割いたら逆のバレネチェアがさすがに開きすぎるし中にはブライスメンデスも入ってくる
5バックなら久保殺しながらバレネチェアのケアもできるけど

163:

ていうかベンフィカはあんなに中盤ボコボコにされてたら久保にマーク厚くする余裕ないべ
それこそ「試合には負けたが複数人で久保は防いだから勝ち」って違う競技になってしまう

172:

ソシエダの強さはハイプレスが機能してるのと両WG警戒して相手のSBが上がってこれないという点が大きいから
プレスもできて攻撃の起点にもなれる久保バレネチェアが下がるとわかりやすく劣勢になるのがね
ビッグクラブでも両WGに一線級を2枚ずつ揃えてる方が珍しいからしょうがないけど

174:

久しぶりに久保対策してこなかったから何でもやりたい放題に出来たから珍しくパス出せてもゴール狙ってたな
カットインからクロスバーに当てたの惜しかったね
しかしソシエダとニューカッスル入って来たグループは災難だ

346:

久保のプレーは全体的に良かったよ。
シュートがクロスバーに当たってしまったのは残念だったけど。

399:

久保もCLで1点とれれば少しは力も抜けてもっと良くなるだろうけど
ソシエダの選手も上手いがもう1点とれるようになれば

441:

アーセナルのサカ位の実績あればどんな監督でも使うが
久保のオナニープレー実績貧だと監督によっちゃ使わない。
ただ堂安みたいに勝負せずボールをむやみに下げない
のは久保の最大のポイント

463:

CLでも無双してしまったか
今CLで1番勝率がいいリーガが無双してる右ウイング

マジで世界中の現右ウイングでトップ3じゃないのか?
久保と並ぶ選手ってサカと他にいる?右ウイングで

482:

今日のシュートも決めて、年間4、50ゴールを15年続けたら久保もメッシに並ぶかもしれん

532:

ここ15年は低レベルのリーグの選手がバロンドールをもらい続けるのを
指をくわえてみてたなプレミア勢

ブランドも金で買えればいいのに・・

539:

>>532 ここ15年は低レベルのリーグの選手がバロンドールをもらい続けるのを
指をくわえてみてたなプレミア勢

ブランドも金で買えればいいのに・・


もとプレミアの選手が取りまくっているのにアホじゃねお前w

544:

>>539 もとプレミアの選手が取りまくっているのにアホじゃねお前w


今年はベリンガムがバロンドーラーだと思うけど、プレミアに残ってたら一生穫れないよなw

554:

>>544 今年はベリンガムがバロンドーラーだと思うけど、プレミアに残ってたら一生穫れないよなw


もともとレアルにいたら取れやすいからね

546:

>>539 もとプレミアの選手が取りまくっているのにアホじゃねお前w


引き抜かれていった選手がバロンドール獲った!
うちすげー!

ってなってる?
もしなってたとして、それでいいの?w

550:

>>546 引き抜かれていった選手がバロンドール獲った!
うちすげー!

ってなってる?
もしなってたとして、それでいいの?w


頭悪いの?
それでプレミアがだめって話にはならないだろ

556:

>>550 頭悪いの?
それでプレミアがだめって話にはならないだろ


お前はそのまま続けてくれ
プレミアヲタってこういうもんだってやり続けてくれ

561:

>>556 お前はそのまま続けてくれ
プレミアヲタってこういうもんだってやり続けてくれ


なんだ反論できないとその言い草か

552:

ソン・フンミンの23ゴールと、メッシの40ゴールはほとんど同じ価値ってことだな
ディフェンスに対する意識が全然違うリーグで比べてもしょうがないみたいな話は無しなw

563:

>>552 ソン・フンミンの23ゴールと、メッシの40ゴールはほとんど同じ価値ってことだな
ディフェンスに対する意識が全然違うリーグで比べてもしょうがないみたいな話は無しなw


朝鮮人ってそういうたらればで変な計算するよね
悪い癖

564:

>>563 朝鮮人ってそういうたらればで変な計算するよね
悪い癖


昔から言われてるけどセリエの20G>>>プレミアの20G>>>リーガの30Gなンだわ

579:

バー直撃は評価しない、何故ならバー直撃は枠外だからだ、枠内に蹴れてない時点で交代は妥当だったな、何よりチャンピオンリーグだぞ?死にものぐるいの覇気を感じない、監督も久保にはフラストレーションが溜まったと思う
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1698181166

Comments 0

コメントはまだありません。