とうとう野球部は卓球部よりも少なくなった…高校生の野球離れが年々加速している原因 - スポーツ
げいのうまとめんぬ

とうとう野球部は卓球部よりも少なくなった…高校生の野球離れが年々加速している原因

2023/10/25
スポーツ 0
  • 高校生の野球離れが止まらない。
  • 高校の部活動では、野球部は卓球部より少ないのが現状だ。
  • スポーツライターの広尾晃さんは「強豪校とそうではない学校との実力差が大きくなりすぎている。
  • 高野連は、野球は好きだけれど上手ではない『野球好きの生徒』にもっと目を向けるべきだ」という――。
  • ■慶應の優勝に隠れた高校野球の大問題 今年の「夏の甲子園」は、慶應義塾高校の優勝で幕を閉じた。
  • 名門校の優勝というだけでなく、慶應ナインの髪形や、応援のあり方などさまざまな話題がメディアをにぎわせた。
  • しかしその反面、高校野球に深刻な事態が進行していた。
  • 今季の夏の甲子園の実質的な予選である各都道府県選手権大会への参加校が40年ぶりに3500校を割り込んだのだ。
  • これもあって甲子園予選の参加校数も急伸し、1963年には2000校、1978年には3000校を突破。
  • 夏の甲子園の優勝校をたたえる「全国4000校、15万高校球児の頂点」という表現はもはや使えなくなっているのだ。

1:

高校生の野球離れが止まらない。高校の部活動では、野球部は卓球部より少ないのが現状だ。スポーツライターの広尾晃さんは「強豪校とそうではない学校との実力差が大きくなりすぎている。高野連は、野球は好きだけれど上手ではない『野球好きの生徒』にもっと目を向けるべきだ」という――。

■慶應の優勝に隠れた高校野球の大問題

 今年の「夏の甲子園」は、慶應義塾高校の優勝で幕を閉じた。名門校の優勝というだけでなく、慶應ナインの髪形や、応援のあり方などさまざまな話題がメディアをにぎわせた。

 しかしその反面、高校野球に深刻な事態が進行していた。今季の夏の甲子園の実質的な予選である各都道府県選手権大会への参加校が40年ぶりに3500校を割り込んだのだ。

 第1回大会が始まった1915年以来の地方大会の参加校の推移をグラフにすると以下のようになる。

 夏の甲子園の前身、全国中等学校優勝野球大会は1915年、全国から73校が参加して始まった。10校が全国大会に出場し、京都府立京都二中(現在の府立鳥羽高校)が優勝した。翌1916年は115校が参加、全国大会には12校が出場し、慶應高校の前身である慶應普通部が優勝した。今年の優勝はそれ以来で、107年ぶりであることも大きな話題となった。

 主催者の朝日新聞の大々的な報道もあって参加校は年々増加し、1933年には戦前最多の671校となる。戦後は、GHQ(連合国軍総司令部)が日本統治に利用しようと野球を奨励したこともあり1946年には早くも再開。1948年には学制改革で高校野球となる。

 戦前の旧制中等学校進学率は30%前後だったが、戦後になると高校進学者は急増する。これもあって甲子園予選の参加校数も急伸し、1963年には2000校、1978年には3000校を突破。そして1990年に4000校を超えた。

 参加校数は2002年、2003年の4163校が最多だったが、以後も2011年まで4000校を維持していた。しかし2012年に3985校と4000校を割り込んでから参加校数は減少し続け、新型コロナのパンデミックが起こった2020年には3589校となり(甲子園大会は未開催)、今年ついに3486校となった。

 部員数も2014年の17万312人を頂点として、今年は12万8357人まで減少した。夏の甲子園の優勝校をたたえる「全国4000校、15万高校球児の頂点」という表現はもはや使えなくなっているのだ。

※続きは以下ソースをご確認下さい

10/22(日) 12:17
プレジデントオンライン

https://news.yahoo.co.jp/articles/9a1b5c733b98940b85dd458de22b7ed42f7028dc

※1が立った時間2023/10/22(日) 16:18:58.56

※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1698097589/

46:

>>1 高校生の野球離れが止まらない。高校の部活動では、野球部は卓球部より少ないのが現状だ。スポーツライターの広尾晃さんは「強豪校とそうではない学校との実力差が大きくなりすぎている。高野連は、野球は好きだけれど上手ではない『野球好きの生徒』にもっと目を向けるべきだ」という――。

■慶應の優勝に隠れた高校野球の大問題

 今年の「夏の甲子園」は、慶應義塾高校の優勝で幕を閉じた。名門校の優勝というだけでなく、慶應ナインの髪形や、応援のあり方などさまざまな話題がメディアをにぎわせた。

 しかしその反面、高校野球に深刻な事態が進行していた。今季の夏の甲子園の実質的な予選である各都道府県選手権大会への参加校が40年ぶりに3500校を割り込んだのだ。

 第1回大会が始まった1915年以来の地方大会の参加校の推移をグラフにすると以下のようになる。

 夏の甲子園の前身、全国中等学校優勝野球大会は1915年、全国から73校が参加して始まった。10校が全国大会に出場し、京都府立京都二中(現在の府立鳥羽高校)が優勝した。翌1916年は115校が参加、全国大会には12校が出場し、慶應高校の前身である慶應普通部が優勝した。今年の優勝はそれ以来で、107年ぶりであることも大きな話題となった。

 主催者の朝日新聞の大々的な報道もあって参加校は年々増加し、1933年には戦前最多の671校となる。戦後は、GHQ(連合国軍総司令部)が日本統治に利用しようと野球を奨励したこともあり1946年には早くも再開。1948年には学制改革で高校野球となる。

 戦前の旧制中等学校進学率は30%前後だったが、戦後になると高校進学者は急増する。これもあって甲子園予選の参加校数も急伸し、1963年には2000校、1978年には3000校を突破。そして1990年に4000校を超えた。

 参加校数は2002年、2003年の4163校が最多だったが、以後も2011年まで4000校を維持していた。しかし2012年に3985校と4000校を割り込んでから参加校数は減少し続け、新型コロナのパンデミックが起こった2020年には3589校となり(甲子園大会は未開催)、今年ついに3486校となった。

 部員数も2014年の17万312人を頂点として、今年は12万8357人まで減少した。夏の甲子園の優勝校をたたえる「全国4000校、15万高校球児の頂点」という表現はもはや使えなくなっているのだ。

※続きは以下ソースをご確認下さい

10/22(日) 12:17
プレジデントオンライン

https://news.yahoo.co.jp/articles/9a1b5c733b98940b85dd458de22b7ed42f7028dc

※1が立った時間2023/10/22(日) 16:18:58.56

※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1698097589/


良い傾向ですね

68:

>>1 高校生の野球離れが止まらない。高校の部活動では、野球部は卓球部より少ないのが現状だ。スポーツライターの広尾晃さんは「強豪校とそうではない学校との実力差が大きくなりすぎている。高野連は、野球は好きだけれど上手ではない『野球好きの生徒』にもっと目を向けるべきだ」という――。

■慶應の優勝に隠れた高校野球の大問題

 今年の「夏の甲子園」は、慶應義塾高校の優勝で幕を閉じた。名門校の優勝というだけでなく、慶應ナインの髪形や、応援のあり方などさまざまな話題がメディアをにぎわせた。

 しかしその反面、高校野球に深刻な事態が進行していた。今季の夏の甲子園の実質的な予選である各都道府県選手権大会への参加校が40年ぶりに3500校を割り込んだのだ。

 第1回大会が始まった1915年以来の地方大会の参加校の推移をグラフにすると以下のようになる。

 夏の甲子園の前身、全国中等学校優勝野球大会は1915年、全国から73校が参加して始まった。10校が全国大会に出場し、京都府立京都二中(現在の府立鳥羽高校)が優勝した。翌1916年は115校が参加、全国大会には12校が出場し、慶應高校の前身である慶應普通部が優勝した。今年の優勝はそれ以来で、107年ぶりであることも大きな話題となった。

 主催者の朝日新聞の大々的な報道もあって参加校は年々増加し、1933年には戦前最多の671校となる。戦後は、GHQ(連合国軍総司令部)が日本統治に利用しようと野球を奨励したこともあり1946年には早くも再開。1948年には学制改革で高校野球となる。

 戦前の旧制中等学校進学率は30%前後だったが、戦後になると高校進学者は急増する。これもあって甲子園予選の参加校数も急伸し、1963年には2000校、1978年には3000校を突破。そして1990年に4000校を超えた。

 参加校数は2002年、2003年の4163校が最多だったが、以後も2011年まで4000校を維持していた。しかし2012年に3985校と4000校を割り込んでから参加校数は減少し続け、新型コロナのパンデミックが起こった2020年には3589校となり(甲子園大会は未開催)、今年ついに3486校となった。

 部員数も2014年の17万312人を頂点として、今年は12万8357人まで減少した。夏の甲子園の優勝校をたたえる「全国4000校、15万高校球児の頂点」という表現はもはや使えなくなっているのだ。

※続きは以下ソースをご確認下さい

10/22(日) 12:17
プレジデントオンライン

https://news.yahoo.co.jp/articles/9a1b5c733b98940b85dd458de22b7ed42f7028dc

※1が立った時間2023/10/22(日) 16:18:58.56

※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1698097589/


なにこれ
俺様の人生に全く関係ない話やん
ちょっと勘弁してくれ😵

424:

>>1 高校生の野球離れが止まらない。高校の部活動では、野球部は卓球部より少ないのが現状だ。スポーツライターの広尾晃さんは「強豪校とそうではない学校との実力差が大きくなりすぎている。高野連は、野球は好きだけれど上手ではない『野球好きの生徒』にもっと目を向けるべきだ」という――。

■慶應の優勝に隠れた高校野球の大問題

 今年の「夏の甲子園」は、慶應義塾高校の優勝で幕を閉じた。名門校の優勝というだけでなく、慶應ナインの髪形や、応援のあり方などさまざまな話題がメディアをにぎわせた。

 しかしその反面、高校野球に深刻な事態が進行していた。今季の夏の甲子園の実質的な予選である各都道府県選手権大会への参加校が40年ぶりに3500校を割り込んだのだ。

 第1回大会が始まった1915年以来の地方大会の参加校の推移をグラフにすると以下のようになる。

 夏の甲子園の前身、全国中等学校優勝野球大会は1915年、全国から73校が参加して始まった。10校が全国大会に出場し、京都府立京都二中(現在の府立鳥羽高校)が優勝した。翌1916年は115校が参加、全国大会には12校が出場し、慶應高校の前身である慶應普通部が優勝した。今年の優勝はそれ以来で、107年ぶりであることも大きな話題となった。

 主催者の朝日新聞の大々的な報道もあって参加校は年々増加し、1933年には戦前最多の671校となる。戦後は、GHQ(連合国軍総司令部)が日本統治に利用しようと野球を奨励したこともあり1946年には早くも再開。1948年には学制改革で高校野球となる。

 戦前の旧制中等学校進学率は30%前後だったが、戦後になると高校進学者は急増する。これもあって甲子園予選の参加校数も急伸し、1963年には2000校、1978年には3000校を突破。そして1990年に4000校を超えた。

 参加校数は2002年、2003年の4163校が最多だったが、以後も2011年まで4000校を維持していた。しかし2012年に3985校と4000校を割り込んでから参加校数は減少し続け、新型コロナのパンデミックが起こった2020年には3589校となり(甲子園大会は未開催)、今年ついに3486校となった。

 部員数も2014年の17万312人を頂点として、今年は12万8357人まで減少した。夏の甲子園の優勝校をたたえる「全国4000校、15万高校球児の頂点」という表現はもはや使えなくなっているのだ。

※続きは以下ソースをご確認下さい

10/22(日) 12:17
プレジデントオンライン

https://news.yahoo.co.jp/articles/9a1b5c733b98940b85dd458de22b7ed42f7028dc

※1が立った時間2023/10/22(日) 16:18:58.56

※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1698097589/


どんどん離れろ

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

77:

うちの小4男子はソフトボール投げダントツ1位らしい。4年生からのクラブ活動もソフトボール部。ちょうど体育ではTボールというのをやっていてけっこう楽しいんだって。
まぁサッカーやってるんだけどね。学校の少年野球チームが存続してても野球始めることはなかっただろうな。
サッカーって街クラブがいくつもあってクラスメートもチームばらけてて、トレセン活動とか大会通じて顔が売れたりとかしてみんなめちゃくちゃ楽しそう。そりゃ運動好きな子はやりたがるわな

86:

>>77 うちの小4男子はソフトボール投げダントツ1位らしい。4年生からのクラブ活動もソフトボール部。ちょうど体育ではTボールというのをやっていてけっこう楽しいんだって。
まぁサッカーやってるんだけどね。学校の少年野球チームが存続してても野球始めることはなかっただろうな。
サッカーって街クラブがいくつもあってクラスメートもチームばらけてて、トレセン活動とか大会通じて顔が売れたりとかしてみんなめちゃくちゃ楽しそう。そりゃ運動好きな子はやりたがるわな


うん、交友範囲が広がるね
ウチの子も近隣のサッカーの同世代はだいたい知り合いだ

89:

スポーツ報道の8割以上は野球という狂った国なのに、なんでこんなことになるのかね
これでも公共放送は高校野球だけ特別扱いすんの?

93:

>>89 スポーツ報道の8割以上は野球という狂った国なのに、なんでこんなことになるのかね
これでも公共放送は高校野球だけ特別扱いすんの?


あの自称公共放送に公平性なんか欠片もねえよ、俺は民放キー局とともに見捨てている

157:

>>89 スポーツ報道の8割以上は野球という狂った国なのに、なんでこんなことになるのかね
これでも公共放送は高校野球だけ特別扱いすんの?


がちでやきう9割以上

112:

野球人口が減ると
全体のレベルが下がる
すると
甲子園ではエラーやエラーにならないミスが増え
劇的な試合が増えて盛り上がる
そして
一昔前ならベンチにも入れなかった雑魚相手に
極々一握りの天才が無双して
スーパースターが生まれる
さらに
少ない有力選手を集めきれば
必ず甲子園に出場できるので
出場できる学校の固定化が進み
ブランド化ができて大万歳
つまり
野球最高!ということである

118:

>>112 野球人口が減ると
全体のレベルが下がる
すると
甲子園ではエラーやエラーにならないミスが増え
劇的な試合が増えて盛り上がる
そして
一昔前ならベンチにも入れなかった雑魚相手に
極々一握りの天才が無双して
スーパースターが生まれる
さらに
少ない有力選手を集めきれば
必ず甲子園に出場できるので
出場できる学校の固定化が進み
ブランド化ができて大万歳
つまり
野球最高!ということである


面白い

202:

たまにポスト流れてくるけど、北関東やばいらしいね
部員ゼロで合同チームすら出来ない高校も出てきてるらしい
北関東はサッカーに続いてバスケまでプロクラブが揃ったから、10年20年経つと本気で今のラグビーみたいになりそう

211:

サッカーは高校の部活レベルでユニフォームに
スポンサーついてるところまであるしサポートも充実
ハイコストな野球は少子化で一番影響受けるだろうね
真夏の炎天下の甲子園も子供が死ぬまでやるのか?

227:

>>211 サッカーは高校の部活レベルでユニフォームに
スポンサーついてるところまであるしサポートも充実
ハイコストな野球は少子化で一番影響受けるだろうね
真夏の炎天下の甲子園も子供が死ぬまでやるのか?


この時期はどこの運動部もインターハイやってるぞ
全国大会は北海道でやってたけど
北海道でも暑いもんは暑いってさ

230:

高校生の野球離れは即甲子園の没落になるから野球界に深刻な影響がありますよ
野球を盛り上げてきたのはプロ野球だけではなかったから
野球のたった6球団の糞しょぼい企業スポーツの補完をしてきたのが高校野球だったからね
出場校の多様性や新たなスターの誕生の場でもあった

237:

故オシム氏が高校、大学の部活サッカーを評価していたな 他国にはない日本が持ってる強みの一つとまで
クラブチームのアカデミーからドロップアウトしてもサッカーを続けられる、欧州ではありえないし今から制度整備もできないって

247:

そもそも地方は部員数9人を維持できないとこまできてるからな
2人でもできる卓球のほうが多くなるのは当たり前
維持できる地域は新入部員数増えてきてるんだよな
特に滋賀と埼玉みたいなとこが増えてる
高校生の野球離れってなんか数年前の記事みたいな印象

283:

アメリカでもここ10年で野球リトルリーグの半分以上が消滅
オワコンすぎて未来がないわ

446:

2022年のサッカー実施推計人口は309万人である。 2000年の219万人に比べると約20年間で100万人近く増加したものの、ピークの2012年582万人と比べ半数程度まで減った。 男性224万はピークの2012年(462万人)から半数以上減少、女性75万人は2000年(15万人)から5倍に増加となっている。


これからは屋内スポーツの時代だよ
サッカーも人口の減り方がやばい

448:

>>446 2022年のサッカー実施推計人口は309万人である。 2000年の219万人に比べると約20年間で100万人近く増加したものの、ピークの2012年582万人と比べ半数程度まで減った。 男性224万はピークの2012年(462万人)から半数以上減少、女性75万人は2000年(15万人)から5倍に増加となっている。


これからは屋内スポーツの時代だよ
サッカーも人口の減り方がやばい


やきうは300万人減😂死にコンすぎるw
サッカー309万人>やきう268万人

なおフットサルは含んでない模様😂😂😂

年1回以上野球を実施した推計人口をみると、全体では2000年597万に対し、2022年は268万人と約20年で300万人近く減少している。

性別にみると男性は2000年555万人から2022年229万人と減少傾向が確認でき、女性は2000年31万人、2022年27万人と横ばいで推移している。

451:

>>448 やきうは300万人減😂死にコンすぎるw
サッカー309万人>やきう268万人

なおフットサルは含んでない模様😂😂😂

年1回以上野球を実施した推計人口をみると、全体では2000年597万に対し、2022年は268万人と約20年で300万人近く減少している。

性別にみると男性は2000年555万人から2022年229万人と減少傾向が確認でき、女性は2000年31万人、2022年27万人と横ばいで推移している。


野球は男女とも苦しいな
女子野球世界6連覇とか女子プロ野球とか何の意味もなく減ってる

465:

>>451 野球は男女とも苦しいな
女子野球世界6連覇とか女子プロ野球とか何の意味もなく減ってる


女子野球なんて日本は優勝しまくってるのにこないだ広島県で開催された女子野球W杯はマスゴミも焼き豚も完全にスルーしててアイツら薄情な連中だなって思ったわ

449:

>>446 2022年のサッカー実施推計人口は309万人である。 2000年の219万人に比べると約20年間で100万人近く増加したものの、ピークの2012年582万人と比べ半数程度まで減った。 男性224万はピークの2012年(462万人)から半数以上減少、女性75万人は2000年(15万人)から5倍に増加となっている。


これからは屋内スポーツの時代だよ
サッカーも人口の減り方がやばい


それでも日本の競技人口は断トツでサッカーなのは凄いな
確かに卓球やバトミントンやバレーボールは競技人口が安定してずっと高いよな
バスケも伸びしろあるし屋外スポーツは来てるかもな

450:

>>449 それでも日本の競技人口は断トツでサッカーなのは凄いな
確かに卓球やバトミントンやバレーボールは競技人口が安定してずっと高いよな
バスケも伸びしろあるし屋外スポーツは来てるかもな


しかも女子サッカー人口が5倍に増加してるってすごいわ

457:

近場の少年野球チームは年々参加人数が少なくなって、他の少年野球チームと合併しちゃったな。
サッカーも野球ほどでは無いけど参加人数が減っている。
しかし屋内競技のミニバス・バドミントン・卓球は、昔と変わらない状況。
遠征やらなんやらで親の負担が大きい小学生向け屋外球技は、避けられている印象が強い。

459:

うちの学区では少年野球チームとサッカー少年団が合併というか提携(選手が足りないときに相互助っ人するシステム)したんだが、野球の子らがサッカーにハマってしまい、結果的に野球チームが消滅した

483:

記事のトップに載ってる気楽に出来ないという面では卓球も大概だけどな
代表選手の殆どが生まれた時から卓球台がある環境の選手ばかりで
スポーツ万能タイプが幼少期からやってるヒョロガリに簡単に負ける
そのせいで中学から高校になると部活人数激減してるんだが

488:

>>483 記事のトップに載ってる気楽に出来ないという面では卓球も大概だけどな
代表選手の殆どが生まれた時から卓球台がある環境の選手ばかりで
スポーツ万能タイプが幼少期からやってるヒョロガリに簡単に負ける
そのせいで中学から高校になると部活人数激減してるんだが


中学には幽霊部員がいるだけ

512:

日本の高校野球ってバカみたいに練習しまくってるのに実はレベル低いんだよな。
こないだのU18W杯で日本はやっと初優勝したけど、第31回目の大会でやっと初優勝って野球を本気でやってる国がほぼ存在しないことを考えると情けないの一言だぜ。
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1698149363

Comments 0

コメントはまだありません。