U22日本代表がU22アメリカ代表に4失点完敗…MF松木玖生のゴールで一時同点も - スポーツ
げいのうまとめんぬ

U22日本代表がU22アメリカ代表に4失点完敗…MF松木玖生のゴールで一時同点も

2023/10/19
スポーツ 0
  • 国際親善試合が18日に行われ、U-22日本代表がU-22アメリカ代表と対戦した。
  • 10月のアメリカ遠征に臨んでいるU-22日本代表は14日にU-22メキシコ代表と対戦すると、FW細谷真大の2ゴールなど大量4得点を挙げ、4-1で大勝している。
  • 迎えた同遠征2戦目となるU-22アメリカ戦では、MF山本理仁やMF松木玖生、FW細谷真大らが先発出場。
  • また、U-22メキシコ戦からスタメンを5名変更し、GK佐々木雅士やDFチェイス・アンリらがスタートの11人に入った。
  • 試合は開始5分、U-22アメリカ代表のゴールで早くも均衡が崩れる。
  • 相手DFの背後のスペースに抜け出したMFパクステン・アロンソがゴール前にグランダーのパスを供給すると、走り込んできたMFヨハン・ゴメスが先制点を挙げた。
  • 迎えた35分、U-22日本代表が試合を振り出しに戻した。
  • 相手ペナルティエリア内に侵入すると、最後はMFパクステン・アロンソがゴールネットを揺らす。
  • 後半の立ち上がりはU-22日本代表が攻勢に出ると、FW細谷真大のシュートがクロスバーを強襲するシーンも。
  • さらに73分、U-22アメリカ代表はセットプレーからFWダンカン・マクガイアが4点目を決める。

1:

国際親善試合が18日に行われ、U-22日本代表がU-22アメリカ代表と対戦した。

 10月のアメリカ遠征に臨んでいるU-22日本代表は14日にU-22メキシコ代表と対戦すると、FW細谷真大の2ゴールなど大量4得点を挙げ、4-1で大勝している。迎えた同遠征2戦目となるU-22アメリカ戦では、MF山本理仁やMF松木玖生、FW細谷真大らが先発出場。また、U-22メキシコ戦からスタメンを5名変更し、GK佐々木雅士やDFチェイス・アンリらがスタートの11人に入った。

 試合は開始5分、U-22アメリカ代表のゴールで早くも均衡が崩れる。相手DFの背後のスペースに抜け出したMFパクステン・アロンソがゴール前にグランダーのパスを供給すると、走り込んできたMFヨハン・ゴメスが先制点を挙げた。その後もU-22アメリカ代表が主導権を握る展開が続くが、徐々にU-22日本代表にも相手ゴールを脅かすシーンが増えてくる。18分にFW山田楓喜が、20分にMF三戸舜介が、22分にはFW細谷真大にチャンスが訪れるも決めきれなかった。

 迎えた35分、U-22日本代表が試合を振り出しに戻した。右コーナーキックのチャンスから、DFチェイス・アンリがヘディングシュートを放つも相手DFにブロックされてしまう。それでも、こぼれ球にいち早く反応したMF松木玖生が押し込んだ。

 このまま1-1で前半終了かと思われたが、45分にU-22アメリカ代表が再び一歩前に出る。相手ペナルティエリア内に侵入すると、最後はMFパクステン・アロンソがゴールネットを揺らす。“スター・アンド・ストライプス”の若き10番が1得点1アシストの活躍を見せ、U-22アメリカ代表が1点のリードで前半を折り返した。

 後半の立ち上がりはU-22日本代表が攻勢に出ると、FW細谷真大のシュートがクロスバーを強襲するシーンも。そのなかで次の1点を生んだのは、U-22アメリカ代表だった。右サイドでボールを受けたDFブライアン・レイノルズが鋭い縦パスを送ると、MFエイダン・モリスがワントラップから右足を振り抜く。相手GKの手を弾いて、ゴールネットを揺らした。さらに73分、U-22アメリカ代表はセットプレーからFWダンカン・マクガイアが4点目を決める。

 試合はこのまま1-4でタイムアップ。来年4月に行われるU-23アジアカップ及びパリオリンピックに向けたアメリカ遠征を1勝1敗で終え、U-22日本代表は帰国の途につくことになった。

【スコア】
U-22日本代表 1-4 U-22アメリカ代表

【得点者】
0-1 5分 ヨハン・ゴメス(U-22アメリカ代表)
1-1 35分 松木玖生(U-22日本代表)
1-2 45分 パクステン・アロンソ(U-22アメリカ代表)
1-3 57分 エイダン・モリス(U-22アメリカ代表)
1-4 73分 ダンカン・マクガイア(U-22アメリカ代表)

https://news.yahoo.co.jp/articles/073d09311c52ad2e3ada4689f2cc2980a4a82bcc

30:

>>1 国際親善試合が18日に行われ、U-22日本代表がU-22アメリカ代表と対戦した。

 10月のアメリカ遠征に臨んでいるU-22日本代表は14日にU-22メキシコ代表と対戦すると、FW細谷真大の2ゴールなど大量4得点を挙げ、4-1で大勝している。迎えた同遠征2戦目となるU-22アメリカ戦では、MF山本理仁やMF松木玖生、FW細谷真大らが先発出場。また、U-22メキシコ戦からスタメンを5名変更し、GK佐々木雅士やDFチェイス・アンリらがスタートの11人に入った。

 試合は開始5分、U-22アメリカ代表のゴールで早くも均衡が崩れる。相手DFの背後のスペースに抜け出したMFパクステン・アロンソがゴール前にグランダーのパスを供給すると、走り込んできたMFヨハン・ゴメスが先制点を挙げた。その後もU-22アメリカ代表が主導権を握る展開が続くが、徐々にU-22日本代表にも相手ゴールを脅かすシーンが増えてくる。18分にFW山田楓喜が、20分にMF三戸舜介が、22分にはFW細谷真大にチャンスが訪れるも決めきれなかった。

 迎えた35分、U-22日本代表が試合を振り出しに戻した。右コーナーキックのチャンスから、DFチェイス・アンリがヘディングシュートを放つも相手DFにブロックされてしまう。それでも、こぼれ球にいち早く反応したMF松木玖生が押し込んだ。

 このまま1-1で前半終了かと思われたが、45分にU-22アメリカ代表が再び一歩前に出る。相手ペナルティエリア内に侵入すると、最後はMFパクステン・アロンソがゴールネットを揺らす。“スター・アンド・ストライプス”の若き10番が1得点1アシストの活躍を見せ、U-22アメリカ代表が1点のリードで前半を折り返した。

 後半の立ち上がりはU-22日本代表が攻勢に出ると、FW細谷真大のシュートがクロスバーを強襲するシーンも。そのなかで次の1点を生んだのは、U-22アメリカ代表だった。右サイドでボールを受けたDFブライアン・レイノルズが鋭い縦パスを送ると、MFエイダン・モリスがワントラップから右足を振り抜く。相手GKの手を弾いて、ゴールネットを揺らした。さらに73分、U-22アメリカ代表はセットプレーからFWダンカン・マクガイアが4点目を決める。

 試合はこのまま1-4でタイムアップ。来年4月に行われるU-23アジアカップ及びパリオリンピックに向けたアメリカ遠征を1勝1敗で終え、U-22日本代表は帰国の途につくことになった。

【スコア】
U-22日本代表 1-4 U-22アメリカ代表

【得点者】
0-1 5分 ヨハン・ゴメス(U-22アメリカ代表)
1-1 35分 松木玖生(U-22日本代表)
1-2 45分 パクステン・アロンソ(U-22アメリカ代表)
1-3 57分 エイダン・モリス(U-22アメリカ代表)
1-4 73分 ダンカン・マクガイア(U-22アメリカ代表)

https://news.yahoo.co.jp/articles/073d09311c52ad2e3ada4689f2cc2980a4a82bcc


視聴率が高くてもスレ立てしないくせに
アンダー代表が負けたらウキウキでスレ立てw

227:

>>30 視聴率が高くてもスレ立てしないくせに
アンダー代表が負けたらウキウキでスレ立てw


このスレ立てしてる奴はサッカーのやつならなんでも立ててるやつだぞ?
基本は結果のスレ立てだけどな

248:

>>1 国際親善試合が18日に行われ、U-22日本代表がU-22アメリカ代表と対戦した。

 10月のアメリカ遠征に臨んでいるU-22日本代表は14日にU-22メキシコ代表と対戦すると、FW細谷真大の2ゴールなど大量4得点を挙げ、4-1で大勝している。迎えた同遠征2戦目となるU-22アメリカ戦では、MF山本理仁やMF松木玖生、FW細谷真大らが先発出場。また、U-22メキシコ戦からスタメンを5名変更し、GK佐々木雅士やDFチェイス・アンリらがスタートの11人に入った。

 試合は開始5分、U-22アメリカ代表のゴールで早くも均衡が崩れる。相手DFの背後のスペースに抜け出したMFパクステン・アロンソがゴール前にグランダーのパスを供給すると、走り込んできたMFヨハン・ゴメスが先制点を挙げた。その後もU-22アメリカ代表が主導権を握る展開が続くが、徐々にU-22日本代表にも相手ゴールを脅かすシーンが増えてくる。18分にFW山田楓喜が、20分にMF三戸舜介が、22分にはFW細谷真大にチャンスが訪れるも決めきれなかった。

 迎えた35分、U-22日本代表が試合を振り出しに戻した。右コーナーキックのチャンスから、DFチェイス・アンリがヘディングシュートを放つも相手DFにブロックされてしまう。それでも、こぼれ球にいち早く反応したMF松木玖生が押し込んだ。

 このまま1-1で前半終了かと思われたが、45分にU-22アメリカ代表が再び一歩前に出る。相手ペナルティエリア内に侵入すると、最後はMFパクステン・アロンソがゴールネットを揺らす。“スター・アンド・ストライプス”の若き10番が1得点1アシストの活躍を見せ、U-22アメリカ代表が1点のリードで前半を折り返した。

 後半の立ち上がりはU-22日本代表が攻勢に出ると、FW細谷真大のシュートがクロスバーを強襲するシーンも。そのなかで次の1点を生んだのは、U-22アメリカ代表だった。右サイドでボールを受けたDFブライアン・レイノルズが鋭い縦パスを送ると、MFエイダン・モリスがワントラップから右足を振り抜く。相手GKの手を弾いて、ゴールネットを揺らした。さらに73分、U-22アメリカ代表はセットプレーからFWダンカン・マクガイアが4点目を決める。

 試合はこのまま1-4でタイムアップ。来年4月に行われるU-23アジアカップ及びパリオリンピックに向けたアメリカ遠征を1勝1敗で終え、U-22日本代表は帰国の途につくことになった。

【スコア】
U-22日本代表 1-4 U-22アメリカ代表

【得点者】
0-1 5分 ヨハン・ゴメス(U-22アメリカ代表)
1-1 35分 松木玖生(U-22日本代表)
1-2 45分 パクステン・アロンソ(U-22アメリカ代表)
1-3 57分 エイダン・モリス(U-22アメリカ代表)
1-4 73分 ダンカン・マクガイア(U-22アメリカ代表)

https://news.yahoo.co.jp/articles/073d09311c52ad2e3ada4689f2cc2980a4a82bcc


米国サッカーは4代競技の落第者だが、日本の一軍より身体能力高い。
身体能力の差で完敗。

308:

>>1 国際親善試合が18日に行われ、U-22日本代表がU-22アメリカ代表と対戦した。

 10月のアメリカ遠征に臨んでいるU-22日本代表は14日にU-22メキシコ代表と対戦すると、FW細谷真大の2ゴールなど大量4得点を挙げ、4-1で大勝している。迎えた同遠征2戦目となるU-22アメリカ戦では、MF山本理仁やMF松木玖生、FW細谷真大らが先発出場。また、U-22メキシコ戦からスタメンを5名変更し、GK佐々木雅士やDFチェイス・アンリらがスタートの11人に入った。

 試合は開始5分、U-22アメリカ代表のゴールで早くも均衡が崩れる。相手DFの背後のスペースに抜け出したMFパクステン・アロンソがゴール前にグランダーのパスを供給すると、走り込んできたMFヨハン・ゴメスが先制点を挙げた。その後もU-22アメリカ代表が主導権を握る展開が続くが、徐々にU-22日本代表にも相手ゴールを脅かすシーンが増えてくる。18分にFW山田楓喜が、20分にMF三戸舜介が、22分にはFW細谷真大にチャンスが訪れるも決めきれなかった。

 迎えた35分、U-22日本代表が試合を振り出しに戻した。右コーナーキックのチャンスから、DFチェイス・アンリがヘディングシュートを放つも相手DFにブロックされてしまう。それでも、こぼれ球にいち早く反応したMF松木玖生が押し込んだ。

 このまま1-1で前半終了かと思われたが、45分にU-22アメリカ代表が再び一歩前に出る。相手ペナルティエリア内に侵入すると、最後はMFパクステン・アロンソがゴールネットを揺らす。“スター・アンド・ストライプス”の若き10番が1得点1アシストの活躍を見せ、U-22アメリカ代表が1点のリードで前半を折り返した。

 後半の立ち上がりはU-22日本代表が攻勢に出ると、FW細谷真大のシュートがクロスバーを強襲するシーンも。そのなかで次の1点を生んだのは、U-22アメリカ代表だった。右サイドでボールを受けたDFブライアン・レイノルズが鋭い縦パスを送ると、MFエイダン・モリスがワントラップから右足を振り抜く。相手GKの手を弾いて、ゴールネットを揺らした。さらに73分、U-22アメリカ代表はセットプレーからFWダンカン・マクガイアが4点目を決める。

 試合はこのまま1-4でタイムアップ。来年4月に行われるU-23アジアカップ及びパリオリンピックに向けたアメリカ遠征を1勝1敗で終え、U-22日本代表は帰国の途につくことになった。

【スコア】
U-22日本代表 1-4 U-22アメリカ代表

【得点者】
0-1 5分 ヨハン・ゴメス(U-22アメリカ代表)
1-1 35分 松木玖生(U-22日本代表)
1-2 45分 パクステン・アロンソ(U-22アメリカ代表)
1-3 57分 エイダン・モリス(U-22アメリカ代表)
1-4 73分 ダンカン・マクガイア(U-22アメリカ代表)

https://news.yahoo.co.jp/articles/073d09311c52ad2e3ada4689f2cc2980a4a82bcc


ドンマイ
切り替えてがんばれ👊

393:

>>1 国際親善試合が18日に行われ、U-22日本代表がU-22アメリカ代表と対戦した。

 10月のアメリカ遠征に臨んでいるU-22日本代表は14日にU-22メキシコ代表と対戦すると、FW細谷真大の2ゴールなど大量4得点を挙げ、4-1で大勝している。迎えた同遠征2戦目となるU-22アメリカ戦では、MF山本理仁やMF松木玖生、FW細谷真大らが先発出場。また、U-22メキシコ戦からスタメンを5名変更し、GK佐々木雅士やDFチェイス・アンリらがスタートの11人に入った。

 試合は開始5分、U-22アメリカ代表のゴールで早くも均衡が崩れる。相手DFの背後のスペースに抜け出したMFパクステン・アロンソがゴール前にグランダーのパスを供給すると、走り込んできたMFヨハン・ゴメスが先制点を挙げた。その後もU-22アメリカ代表が主導権を握る展開が続くが、徐々にU-22日本代表にも相手ゴールを脅かすシーンが増えてくる。18分にFW山田楓喜が、20分にMF三戸舜介が、22分にはFW細谷真大にチャンスが訪れるも決めきれなかった。

 迎えた35分、U-22日本代表が試合を振り出しに戻した。右コーナーキックのチャンスから、DFチェイス・アンリがヘディングシュートを放つも相手DFにブロックされてしまう。それでも、こぼれ球にいち早く反応したMF松木玖生が押し込んだ。

 このまま1-1で前半終了かと思われたが、45分にU-22アメリカ代表が再び一歩前に出る。相手ペナルティエリア内に侵入すると、最後はMFパクステン・アロンソがゴールネットを揺らす。“スター・アンド・ストライプス”の若き10番が1得点1アシストの活躍を見せ、U-22アメリカ代表が1点のリードで前半を折り返した。

 後半の立ち上がりはU-22日本代表が攻勢に出ると、FW細谷真大のシュートがクロスバーを強襲するシーンも。そのなかで次の1点を生んだのは、U-22アメリカ代表だった。右サイドでボールを受けたDFブライアン・レイノルズが鋭い縦パスを送ると、MFエイダン・モリスがワントラップから右足を振り抜く。相手GKの手を弾いて、ゴールネットを揺らした。さらに73分、U-22アメリカ代表はセットプレーからFWダンカン・マクガイアが4点目を決める。

 試合はこのまま1-4でタイムアップ。来年4月に行われるU-23アジアカップ及びパリオリンピックに向けたアメリカ遠征を1勝1敗で終え、U-22日本代表は帰国の途につくことになった。

【スコア】
U-22日本代表 1-4 U-22アメリカ代表

【得点者】
0-1 5分 ヨハン・ゴメス(U-22アメリカ代表)
1-1 35分 松木玖生(U-22日本代表)
1-2 45分 パクステン・アロンソ(U-22アメリカ代表)
1-3 57分 エイダン・モリス(U-22アメリカ代表)
1-4 73分 ダンカン・マクガイア(U-22アメリカ代表)

https://news.yahoo.co.jp/articles/073d09311c52ad2e3ada4689f2cc2980a4a82bcc


おまえらがアジア大会は2軍でアメリカ遠征行ってる奴らはすごいんだぞ
っていうからつべで見てたけど惨すぎだろ
ガバガバやん
途中から遊ばれてたし

404:

>>393 おまえらがアジア大会は2軍でアメリカ遠征行ってる奴らはすごいんだぞ
っていうからつべで見てたけど惨すぎだろ
ガバガバやん
途中から遊ばれてたし


まぁ酷かったがこれでもアジア大会に出ていたようなメンバーよりは全然強いぞ

449:

>>1 国際親善試合が18日に行われ、U-22日本代表がU-22アメリカ代表と対戦した。

 10月のアメリカ遠征に臨んでいるU-22日本代表は14日にU-22メキシコ代表と対戦すると、FW細谷真大の2ゴールなど大量4得点を挙げ、4-1で大勝している。迎えた同遠征2戦目となるU-22アメリカ戦では、MF山本理仁やMF松木玖生、FW細谷真大らが先発出場。また、U-22メキシコ戦からスタメンを5名変更し、GK佐々木雅士やDFチェイス・アンリらがスタートの11人に入った。

 試合は開始5分、U-22アメリカ代表のゴールで早くも均衡が崩れる。相手DFの背後のスペースに抜け出したMFパクステン・アロンソがゴール前にグランダーのパスを供給すると、走り込んできたMFヨハン・ゴメスが先制点を挙げた。その後もU-22アメリカ代表が主導権を握る展開が続くが、徐々にU-22日本代表にも相手ゴールを脅かすシーンが増えてくる。18分にFW山田楓喜が、20分にMF三戸舜介が、22分にはFW細谷真大にチャンスが訪れるも決めきれなかった。

 迎えた35分、U-22日本代表が試合を振り出しに戻した。右コーナーキックのチャンスから、DFチェイス・アンリがヘディングシュートを放つも相手DFにブロックされてしまう。それでも、こぼれ球にいち早く反応したMF松木玖生が押し込んだ。

 このまま1-1で前半終了かと思われたが、45分にU-22アメリカ代表が再び一歩前に出る。相手ペナルティエリア内に侵入すると、最後はMFパクステン・アロンソがゴールネットを揺らす。“スター・アンド・ストライプス”の若き10番が1得点1アシストの活躍を見せ、U-22アメリカ代表が1点のリードで前半を折り返した。

 後半の立ち上がりはU-22日本代表が攻勢に出ると、FW細谷真大のシュートがクロスバーを強襲するシーンも。そのなかで次の1点を生んだのは、U-22アメリカ代表だった。右サイドでボールを受けたDFブライアン・レイノルズが鋭い縦パスを送ると、MFエイダン・モリスがワントラップから右足を振り抜く。相手GKの手を弾いて、ゴールネットを揺らした。さらに73分、U-22アメリカ代表はセットプレーからFWダンカン・マクガイアが4点目を決める。

 試合はこのまま1-4でタイムアップ。来年4月に行われるU-23アジアカップ及びパリオリンピックに向けたアメリカ遠征を1勝1敗で終え、U-22日本代表は帰国の途につくことになった。

【スコア】
U-22日本代表 1-4 U-22アメリカ代表

【得点者】
0-1 5分 ヨハン・ゴメス(U-22アメリカ代表)
1-1 35分 松木玖生(U-22日本代表)
1-2 45分 パクステン・アロンソ(U-22アメリカ代表)
1-3 57分 エイダン・モリス(U-22アメリカ代表)
1-4 73分 ダンカン・マクガイア(U-22アメリカ代表)

https://news.yahoo.co.jp/articles/073d09311c52ad2e3ada4689f2cc2980a4a82bcc

558:

>>1 国際親善試合が18日に行われ、U-22日本代表がU-22アメリカ代表と対戦した。

 10月のアメリカ遠征に臨んでいるU-22日本代表は14日にU-22メキシコ代表と対戦すると、FW細谷真大の2ゴールなど大量4得点を挙げ、4-1で大勝している。迎えた同遠征2戦目となるU-22アメリカ戦では、MF山本理仁やMF松木玖生、FW細谷真大らが先発出場。また、U-22メキシコ戦からスタメンを5名変更し、GK佐々木雅士やDFチェイス・アンリらがスタートの11人に入った。

 試合は開始5分、U-22アメリカ代表のゴールで早くも均衡が崩れる。相手DFの背後のスペースに抜け出したMFパクステン・アロンソがゴール前にグランダーのパスを供給すると、走り込んできたMFヨハン・ゴメスが先制点を挙げた。その後もU-22アメリカ代表が主導権を握る展開が続くが、徐々にU-22日本代表にも相手ゴールを脅かすシーンが増えてくる。18分にFW山田楓喜が、20分にMF三戸舜介が、22分にはFW細谷真大にチャンスが訪れるも決めきれなかった。

 迎えた35分、U-22日本代表が試合を振り出しに戻した。右コーナーキックのチャンスから、DFチェイス・アンリがヘディングシュートを放つも相手DFにブロックされてしまう。それでも、こぼれ球にいち早く反応したMF松木玖生が押し込んだ。

 このまま1-1で前半終了かと思われたが、45分にU-22アメリカ代表が再び一歩前に出る。相手ペナルティエリア内に侵入すると、最後はMFパクステン・アロンソがゴールネットを揺らす。“スター・アンド・ストライプス”の若き10番が1得点1アシストの活躍を見せ、U-22アメリカ代表が1点のリードで前半を折り返した。

 後半の立ち上がりはU-22日本代表が攻勢に出ると、FW細谷真大のシュートがクロスバーを強襲するシーンも。そのなかで次の1点を生んだのは、U-22アメリカ代表だった。右サイドでボールを受けたDFブライアン・レイノルズが鋭い縦パスを送ると、MFエイダン・モリスがワントラップから右足を振り抜く。相手GKの手を弾いて、ゴールネットを揺らした。さらに73分、U-22アメリカ代表はセットプレーからFWダンカン・マクガイアが4点目を決める。

 試合はこのまま1-4でタイムアップ。来年4月に行われるU-23アジアカップ及びパリオリンピックに向けたアメリカ遠征を1勝1敗で終え、U-22日本代表は帰国の途につくことになった。

【スコア】
U-22日本代表 1-4 U-22アメリカ代表

【得点者】
0-1 5分 ヨハン・ゴメス(U-22アメリカ代表)
1-1 35分 松木玖生(U-22日本代表)
1-2 45分 パクステン・アロンソ(U-22アメリカ代表)
1-3 57分 エイダン・モリス(U-22アメリカ代表)
1-4 73分 ダンカン・マクガイア(U-22アメリカ代表)

https://news.yahoo.co.jp/articles/073d09311c52ad2e3ada4689f2cc2980a4a82bcc


だから言うとるんじゃ
ザイオンにしても黒人ハーフというだけで過大評価したり
福田や中井のように海外組というだけ下部リーグ所属の選手を過大評価したりする人間は日本サッカーの癌細胞

ポリコレカルトと海外かぶれは日本にいらない

570:

>>558 だから言うとるんじゃ
ザイオンにしても黒人ハーフというだけで過大評価したり
福田や中井のように海外組というだけ下部リーグ所属の選手を過大評価したりする人間は日本サッカーの癌細胞

ポリコレカルトと海外かぶれは日本にいらない


福田も中井も出てねえよ
出てたのはおなじみのバイエルン福井とか松木とか全然活躍しない過大評価のやつら

577:

>>570 福田も中井も出てねえよ
出てたのはおなじみのバイエルン福井とか松木とか全然活躍しない過大評価のやつら


誰も出てるとは言ってなくね?
あくまでそういう選手を課題評価する人間が癌だって言ってるだけで

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

118:

アメリカがメンバー大量に入れ替えて
ほぼサブ組出してて笑えたわ

でも日本がGKヘタ、DFヘタ、MFヘタ、FWヘタ、交代選手ヘタだったから
ずっとアメリカ攻めてたわ

137:

このメンツでU22のウズベキに0-2で負けたんだから考え直してもいいよな
アジア大会のメンツはU24+オーバーエイジの韓国に1-2だったのだから

179:

アメリカのU22は7人がA代表に取られてる完全2軍だってな
こんなのに1軍がボロ負けってパリアジア予選も負けるんじゃないか
本当に弱いよU22

214:

アンリの1失点目のミスはほんとひどい
最終ラインで横パスミスっただけではなく
ミス取り返そうと他の選手がいるのに自分で逆サイドまでタックルに行って
中央の相手選手のマーク放棄してんだから
一度に2回もミスってる

215:

松木は細谷と同じ最前列で2トップをやらされてFWだった
大岩はなぜ本職ボランチの松木にいつも2トップをやらせるのか意図がまるで不明だが
プレスも守備もサボらず得点してるんだから合格だよ

282:

松木はU20のワールドユースでも2列目やってたけど
左足でスーパーミドルのゴールも決めたけどトータルで見れば全然駄目だよ

326:

アジア大会の韓国はA代表10人のu24+OAだから負けても仕方ないけど
同世代アメリカの三軍に負けたのは言い訳不可能やわ

488:

GKはザイオンをアジアカップで使いながら五輪までに育てる
OA枠は冨安は絶対欲しい
あとはサイドバック、ボランチで1ずつかなあ
前は久保がいるからなんとかなる

497:

>>488 GKはザイオンをアジアカップで使いながら五輪までに育てる
OA枠は冨安は絶対欲しい
あとはサイドバック、ボランチで1ずつかなあ
前は久保がいるからなんとかなる


アジアカップこそ確実に勝たなきゃいけないのにザイオン起用はないわ
下の年代で勝手に育成しろ

572:

サッカー日本代表 チュニジア戦視聴率13・7% 久保から2発で難敵撃破、W杯2次予選に弾み

 17日にフジテレビで生中継された、キリンチャレンジカップサッカー2023「日本×チュニジア」
(後7・10~9・14)の平均世帯視聴率が13・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)
だったことが18日、分かった。個人視聴率は8・7%だった。

低いなと思ったら、フジだからかw
フジで10%超えは滅多にないw

667:

>>572 サッカー日本代表 チュニジア戦視聴率13・7% 久保から2発で難敵撃破、W杯2次予選に弾み

 17日にフジテレビで生中継された、キリンチャレンジカップサッカー2023「日本×チュニジア」
(後7・10~9・14)の平均世帯視聴率が13・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)
だったことが18日、分かった。個人視聴率は8・7%だった。

低いなと思ったら、フジだからかw
フジで10%超えは滅多にないw


カビラ兄を見るとまずテレビ消したくなる

579:

このあたり(U-22世代)とA代表に差があるのはしゃあないんやろなあ
ほぼJや海外2部レベルでスタメンも怪しい子たちだし
逆にアメリカはけっこう被ってて
そんなに差がないから今日は惨敗したってこと

ランクつけるとしたら
U-22日本【D】U-22アメリカ【B】
A代表日本【A】A代表アメリカ【B】
て感じちゃう?

809:

何か韓国戦のU-22は3軍扱いされてたけどこっちのほうが弱くね?

882:

YouTubeで見たけど前半は日本押せ押せでチャンスも作りまくってたけど、アンリのバックパスと縦ポン一発で2点とられた。
ピンチがその2回しかなかったのに2失点。

まぁ特にキーパーが酷かった。
ピンチが全部点になるかんじ。
柏でやらかしまくって干された奴がなんで代表で代表で出てんだよ。

168で長友みたいに身体能力が高いわけでもない大畑なんかが試合に出てる時点でこの世代が不作なのが分かる。

888:

>>882 YouTubeで見たけど前半は日本押せ押せでチャンスも作りまくってたけど、アンリのバックパスと縦ポン一発で2点とられた。
ピンチがその2回しかなかったのに2失点。

まぁ特にキーパーが酷かった。
ピンチが全部点になるかんじ。
柏でやらかしまくって干された奴がなんで代表で代表で出てんだよ。

168で長友みたいに身体能力が高いわけでもない大畑なんかが試合に出てる時点でこの世代が不作なのが分かる。


鈴木唯人なしでチャンス作りまくってたなら
そんなに心配しないでいいか

なんせ鈴木は
アジア大会優勝の下朝鮮U24(当時U23)から
2ゴールした虐殺の立役者だからな

891:

アジア大会

韓国代表(U22+OA3人)※海外組5、現代表1+W杯代表3、全員プロ

日本代表(U22)※海外組2、大学生9、U22五輪チームですらない

944:

>>891 アジア大会

韓国代表(U22+OA3人)※海外組5、現代表1+W杯代表3、全員プロ

日本代表(U22)※海外組2、大学生9、U22五輪チームですらない


アジア大会は韓国はU24だぞ

946:

>>891 アジア大会

韓国代表(U22+OA3人)※海外組5、現代表1+W杯代表3、全員プロ

日本代表(U22)※海外組2、大学生9、U22五輪チームですらない


日本の海外組って
ドイツ5部の佐藤以外
誰がいたっけ

947:

>>946 日本の海外組って
ドイツ5部の佐藤以外
誰がいたっけ


自己解決
ブラジル2部で干されてる松岡か

960:

あとアンダーでは呼ばれてないけどボランチにアペルカンプ真大(22)
がいてコイツは絶対フル代表10年やれる
デュッセルドルフで田中ワオをベンチに追いやってスタメン奪ってる
要はこの世代の中心選手が代表に呼ばれてないだけ
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1697603585

Comments 0

コメントはまだありません。