米国の天体物理学者、「もっとも非科学的な映画は『アルマゲドン』しかしそれを超えるトンデモ映画を発見した」 - アニメ
げいのうまとめんぬ

米国の天体物理学者、「もっとも非科学的な映画は『アルマゲドン』しかしそれを超えるトンデモ映画を発見した」

2023/09/29
アニメ 0
  • 2023年9月28日 100 映画などのフィクションは科学的正確性を犠牲にしてストーリーを優先することが少なくない。
  • アメリカの天体物理学者のニール・デグラス・タイソン博士によると、過去数十年のあいだに発表されたハリウッド映画でもっとも非科学的な映画は大ヒット作「アルマゲドン」だという。
  • だが、米ラジオ番組「The Jess Cagle Show」に出演したタイソン博士は、「アルマゲドン」を超えるトンデモ映画を見たと告白。
  • その映画とは、ローランド・エメリッヒ監督の2022年の作品「ムーンフォール」だという。
  • 「コロナ禍で公開された映画で、ハル・ベリーが出演している映画だ。
  • 月が地球に落ちてくるというストーリーなんだが、月は実際には空洞で、なかには人工物があって、アポロ計画の真相は月の生物に食料を与えるためだったいう。
  • あの映画を見ながら、『アルマゲドン』が最低のトンデモ映画だと思っていたが、自分が間違っていたようだ、と悟ったよ」 ちなみに、タイソン博士が「アルマゲドン」を批判する最大の理由は、小惑星をわざわざ爆破しなくても、軌道を変える方法があるからだという。
  • 「子どもが生まれてこないように両親を殺すという『ターミネーター』にしても同様だ。
  • 必要なのは、両親を会わないようにさせるか、あるいは、セックスの時間を20分ほどずらすだけでいい。
  • 映画はいつも問題解決のために誇張した描写をしたがるものなんだ」。

1:

https://eiga.com/news/20230928/9/
2023年9月28日 11:00

映画などのフィクションは科学的正確性を犠牲にしてストーリーを優先することが少なくない。アメリカの天体物理学者のニール・デグラス・タイソン博士によると、過去数十年のあいだに発表されたハリウッド映画でもっとも非科学的な映画は大ヒット作「アルマゲドン」だという。

だが、米ラジオ番組「The Jess Cagle Show」に出演したタイソン博士は、「アルマゲドン」を超えるトンデモ映画を見たと告白。その映画とは、ローランド・エメリッヒ監督の2022年の作品「ムーンフォール」だという。

「コロナ禍で公開された映画で、ハル・ベリーが出演している映画だ。月が地球に落ちてくるというストーリーなんだが、月は実際には空洞で、なかには人工物があって、アポロ計画の真相は月の生物に食料を与えるためだったいう。あの映画を見ながら、『アルマゲドン』が最低のトンデモ映画だと思っていたが、自分が間違っていたようだ、と悟ったよ」

ちなみに、タイソン博士が「アルマゲドン」を批判する最大の理由は、小惑星をわざわざ爆破しなくても、軌道を変える方法があるからだという。

「1秒あたり1センチ、右方向へ移動させれば、宇宙空間では摩擦がないため、小惑星は右方向へ移動し続ける。もし十分に早い段階で行えば、小惑星は地球に衝突せず、地球の前を通過させることもできるし、地球の後ろを通過するように速度を落とすこともできる」

「ターミネーター」にも、タイソン博士は容赦しない。

「子どもが生まれてこないように両親を殺すという『ターミネーター』にしても同様だ。必要なのは、両親を会わないようにさせるか、あるいは、セックスの時間を20分ほどずらすだけでいい。そうすれば、別の接合体となるため、同じ子どもは生まれない。映画はいつも問題解決のために誇張した描写をしたがるものなんだ」



614:

>>1 https://eiga.com/news/20230928/9/
2023年9月28日 11:00

映画などのフィクションは科学的正確性を犠牲にしてストーリーを優先することが少なくない。アメリカの天体物理学者のニール・デグラス・タイソン博士によると、過去数十年のあいだに発表されたハリウッド映画でもっとも非科学的な映画は大ヒット作「アルマゲドン」だという。

だが、米ラジオ番組「The Jess Cagle Show」に出演したタイソン博士は、「アルマゲドン」を超えるトンデモ映画を見たと告白。その映画とは、ローランド・エメリッヒ監督の2022年の作品「ムーンフォール」だという。

「コロナ禍で公開された映画で、ハル・ベリーが出演している映画だ。月が地球に落ちてくるというストーリーなんだが、月は実際には空洞で、なかには人工物があって、アポロ計画の真相は月の生物に食料を与えるためだったいう。あの映画を見ながら、『アルマゲドン』が最低のトンデモ映画だと思っていたが、自分が間違っていたようだ、と悟ったよ」

ちなみに、タイソン博士が「アルマゲドン」を批判する最大の理由は、小惑星をわざわざ爆破しなくても、軌道を変える方法があるからだという。

「1秒あたり1センチ、右方向へ移動させれば、宇宙空間では摩擦がないため、小惑星は右方向へ移動し続ける。もし十分に早い段階で行えば、小惑星は地球に衝突せず、地球の前を通過させることもできるし、地球の後ろを通過するように速度を落とすこともできる」

「ターミネーター」にも、タイソン博士は容赦しない。

「子どもが生まれてこないように両親を殺すという『ターミネーター』にしても同様だ。必要なのは、両親を会わないようにさせるか、あるいは、セックスの時間を20分ほどずらすだけでいい。そうすれば、別の接合体となるため、同じ子どもは生まれない。映画はいつも問題解決のために誇張した描写をしたがるものなんだ」




こんなん笑うわw
アメリカンのジョークはレベルが高いなw

667:

>>1 https://eiga.com/news/20230928/9/
2023年9月28日 11:00

映画などのフィクションは科学的正確性を犠牲にしてストーリーを優先することが少なくない。アメリカの天体物理学者のニール・デグラス・タイソン博士によると、過去数十年のあいだに発表されたハリウッド映画でもっとも非科学的な映画は大ヒット作「アルマゲドン」だという。

だが、米ラジオ番組「The Jess Cagle Show」に出演したタイソン博士は、「アルマゲドン」を超えるトンデモ映画を見たと告白。その映画とは、ローランド・エメリッヒ監督の2022年の作品「ムーンフォール」だという。

「コロナ禍で公開された映画で、ハル・ベリーが出演している映画だ。月が地球に落ちてくるというストーリーなんだが、月は実際には空洞で、なかには人工物があって、アポロ計画の真相は月の生物に食料を与えるためだったいう。あの映画を見ながら、『アルマゲドン』が最低のトンデモ映画だと思っていたが、自分が間違っていたようだ、と悟ったよ」

ちなみに、タイソン博士が「アルマゲドン」を批判する最大の理由は、小惑星をわざわざ爆破しなくても、軌道を変える方法があるからだという。

「1秒あたり1センチ、右方向へ移動させれば、宇宙空間では摩擦がないため、小惑星は右方向へ移動し続ける。もし十分に早い段階で行えば、小惑星は地球に衝突せず、地球の前を通過させることもできるし、地球の後ろを通過するように速度を落とすこともできる」

「ターミネーター」にも、タイソン博士は容赦しない。

「子どもが生まれてこないように両親を殺すという『ターミネーター』にしても同様だ。必要なのは、両親を会わないようにさせるか、あるいは、セックスの時間を20分ほどずらすだけでいい。そうすれば、別の接合体となるため、同じ子どもは生まれない。映画はいつも問題解決のために誇張した描写をしたがるものなんだ」




野暮w

883:

>>1 https://eiga.com/news/20230928/9/
2023年9月28日 11:00

映画などのフィクションは科学的正確性を犠牲にしてストーリーを優先することが少なくない。アメリカの天体物理学者のニール・デグラス・タイソン博士によると、過去数十年のあいだに発表されたハリウッド映画でもっとも非科学的な映画は大ヒット作「アルマゲドン」だという。

だが、米ラジオ番組「The Jess Cagle Show」に出演したタイソン博士は、「アルマゲドン」を超えるトンデモ映画を見たと告白。その映画とは、ローランド・エメリッヒ監督の2022年の作品「ムーンフォール」だという。

「コロナ禍で公開された映画で、ハル・ベリーが出演している映画だ。月が地球に落ちてくるというストーリーなんだが、月は実際には空洞で、なかには人工物があって、アポロ計画の真相は月の生物に食料を与えるためだったいう。あの映画を見ながら、『アルマゲドン』が最低のトンデモ映画だと思っていたが、自分が間違っていたようだ、と悟ったよ」

ちなみに、タイソン博士が「アルマゲドン」を批判する最大の理由は、小惑星をわざわざ爆破しなくても、軌道を変える方法があるからだという。

「1秒あたり1センチ、右方向へ移動させれば、宇宙空間では摩擦がないため、小惑星は右方向へ移動し続ける。もし十分に早い段階で行えば、小惑星は地球に衝突せず、地球の前を通過させることもできるし、地球の後ろを通過するように速度を落とすこともできる」

「ターミネーター」にも、タイソン博士は容赦しない。

「子どもが生まれてこないように両親を殺すという『ターミネーター』にしても同様だ。必要なのは、両親を会わないようにさせるか、あるいは、セックスの時間を20分ほどずらすだけでいい。そうすれば、別の接合体となるため、同じ子どもは生まれない。映画はいつも問題解決のために誇張した描写をしたがるものなんだ」




嫁がカサンドラ症候群患ってそう

994:

>>1 https://eiga.com/news/20230928/9/
2023年9月28日 11:00

映画などのフィクションは科学的正確性を犠牲にしてストーリーを優先することが少なくない。アメリカの天体物理学者のニール・デグラス・タイソン博士によると、過去数十年のあいだに発表されたハリウッド映画でもっとも非科学的な映画は大ヒット作「アルマゲドン」だという。

だが、米ラジオ番組「The Jess Cagle Show」に出演したタイソン博士は、「アルマゲドン」を超えるトンデモ映画を見たと告白。その映画とは、ローランド・エメリッヒ監督の2022年の作品「ムーンフォール」だという。

「コロナ禍で公開された映画で、ハル・ベリーが出演している映画だ。月が地球に落ちてくるというストーリーなんだが、月は実際には空洞で、なかには人工物があって、アポロ計画の真相は月の生物に食料を与えるためだったいう。あの映画を見ながら、『アルマゲドン』が最低のトンデモ映画だと思っていたが、自分が間違っていたようだ、と悟ったよ」

ちなみに、タイソン博士が「アルマゲドン」を批判する最大の理由は、小惑星をわざわざ爆破しなくても、軌道を変える方法があるからだという。

「1秒あたり1センチ、右方向へ移動させれば、宇宙空間では摩擦がないため、小惑星は右方向へ移動し続ける。もし十分に早い段階で行えば、小惑星は地球に衝突せず、地球の前を通過させることもできるし、地球の後ろを通過するように速度を落とすこともできる」

「ターミネーター」にも、タイソン博士は容赦しない。

「子どもが生まれてこないように両親を殺すという『ターミネーター』にしても同様だ。必要なのは、両親を会わないようにさせるか、あるいは、セックスの時間を20分ほどずらすだけでいい。そうすれば、別の接合体となるため、同じ子どもは生まれない。映画はいつも問題解決のために誇張した描写をしたがるものなんだ」



無表情で抑揚の無い喋りしてそう

997:

無意味に顔が赤くなってそう

>>1 https://eiga.com/news/20230928/9/
2023年9月28日 11:00

映画などのフィクションは科学的正確性を犠牲にしてストーリーを優先することが少なくない。アメリカの天体物理学者のニール・デグラス・タイソン博士によると、過去数十年のあいだに発表されたハリウッド映画でもっとも非科学的な映画は大ヒット作「アルマゲドン」だという。

だが、米ラジオ番組「The Jess Cagle Show」に出演したタイソン博士は、「アルマゲドン」を超えるトンデモ映画を見たと告白。その映画とは、ローランド・エメリッヒ監督の2022年の作品「ムーンフォール」だという。

「コロナ禍で公開された映画で、ハル・ベリーが出演している映画だ。月が地球に落ちてくるというストーリーなんだが、月は実際には空洞で、なかには人工物があって、アポロ計画の真相は月の生物に食料を与えるためだったいう。あの映画を見ながら、『アルマゲドン』が最低のトンデモ映画だと思っていたが、自分が間違っていたようだ、と悟ったよ」

ちなみに、タイソン博士が「アルマゲドン」を批判する最大の理由は、小惑星をわざわざ爆破しなくても、軌道を変える方法があるからだという。

「1秒あたり1センチ、右方向へ移動させれば、宇宙空間では摩擦がないため、小惑星は右方向へ移動し続ける。もし十分に早い段階で行えば、小惑星は地球に衝突せず、地球の前を通過させることもできるし、地球の後ろを通過するように速度を落とすこともできる」

「ターミネーター」にも、タイソン博士は容赦しない。

「子どもが生まれてこないように両親を殺すという『ターミネーター』にしても同様だ。必要なのは、両親を会わないようにさせるか、あるいは、セックスの時間を20分ほどずらすだけでいい。そうすれば、別の接合体となるため、同じ子どもは生まれない。映画はいつも問題解決のために誇張した描写をしたがるものなんだ」



1000:

>>1 https://eiga.com/news/20230928/9/
2023年9月28日 11:00

映画などのフィクションは科学的正確性を犠牲にしてストーリーを優先することが少なくない。アメリカの天体物理学者のニール・デグラス・タイソン博士によると、過去数十年のあいだに発表されたハリウッド映画でもっとも非科学的な映画は大ヒット作「アルマゲドン」だという。

だが、米ラジオ番組「The Jess Cagle Show」に出演したタイソン博士は、「アルマゲドン」を超えるトンデモ映画を見たと告白。その映画とは、ローランド・エメリッヒ監督の2022年の作品「ムーンフォール」だという。

「コロナ禍で公開された映画で、ハル・ベリーが出演している映画だ。月が地球に落ちてくるというストーリーなんだが、月は実際には空洞で、なかには人工物があって、アポロ計画の真相は月の生物に食料を与えるためだったいう。あの映画を見ながら、『アルマゲドン』が最低のトンデモ映画だと思っていたが、自分が間違っていたようだ、と悟ったよ」

ちなみに、タイソン博士が「アルマゲドン」を批判する最大の理由は、小惑星をわざわざ爆破しなくても、軌道を変える方法があるからだという。

「1秒あたり1センチ、右方向へ移動させれば、宇宙空間では摩擦がないため、小惑星は右方向へ移動し続ける。もし十分に早い段階で行えば、小惑星は地球に衝突せず、地球の前を通過させることもできるし、地球の後ろを通過するように速度を落とすこともできる」

「ターミネーター」にも、タイソン博士は容赦しない。

「子どもが生まれてこないように両親を殺すという『ターミネーター』にしても同様だ。必要なのは、両親を会わないようにさせるか、あるいは、セックスの時間を20分ほどずらすだけでいい。そうすれば、別の接合体となるため、同じ子どもは生まれない。映画はいつも問題解決のために誇張した描写をしたがるものなんだ」



生まれ変わってもアスペそう

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

32:

ラーズ・フォン・トリアーが芸術映画の寓話として隕石で人類絶滅する映画作ったら
主演(スパイダーマンのブス)に釣られて観た
アメリカ人のオタクが「隕石はこんな落ち方しない(キリッ」って言いだして悪評がついてしまった
「メランコリア」

502:

>>32 ラーズ・フォン・トリアーが芸術映画の寓話として隕石で人類絶滅する映画作ったら
主演(スパイダーマンのブス)に釣られて観た
アメリカ人のオタクが「隕石はこんな落ち方しない(キリッ」って言いだして悪評がついてしまった
「メランコリア」


キルステンの悪口はそこまでだ
てか後半まあまあ迫力だった
ああいう設定だと伊藤潤二のレミナはダントツ怖かったー

813:

>>32 ラーズ・フォン・トリアーが芸術映画の寓話として隕石で人類絶滅する映画作ったら
主演(スパイダーマンのブス)に釣られて観た
アメリカ人のオタクが「隕石はこんな落ち方しない(キリッ」って言いだして悪評がついてしまった
「メランコリア」


メランコリアは月が二つなかった?

45:

ムーンフォール見たことないけど
月の生物に食料云々の映画を対象にするなら
シャークネードとかも切らなきゃならんのでは

777:

>>45 ムーンフォール見たことないけど
月の生物に食料云々の映画を対象にするなら
シャークネードとかも切らなきゃならんのでは


知らんけど
炎上したバス、ほね骨
おそらくそれよ
いやああああ
コロナが流行ってたシステムが上がりすぎて深夜枠でくりぃむ+ゲストの形で維持して

73:

無粋の一言ではあるが作品側も「緻密な科学考証」を
売りにしてるくせに。。。というのも多いからなぁ。
ブラピのアド・アストラは凄かった。

80:

>>73 無粋の一言ではあるが作品側も「緻密な科学考証」を
売りにしてるくせに。。。というのも多いからなぁ。
ブラピのアド・アストラは凄かった。


その緻密な化学考証込みだから
タイタニックも全米が泣いた込みだから

200:

アルマゲドンの小惑星って直径1,000km以上だったっけ?
月の1/3もの大きさあって直前まで気が付かないってのがまず科学的に無理があるよな
しかもそんなものにちょっと穴掘って核爆発させたところで割れるわけもなく…

224:

>>200 アルマゲドンの小惑星って直径1,000km以上だったっけ?
月の1/3もの大きさあって直前まで気が付かないってのがまず科学的に無理があるよな
しかもそんなものにちょっと穴掘って核爆発させたところで割れるわけもなく…


あの小惑星、そんなにデカかったんだ。

231:

SFものを否定することは簡単だ
せっかく天体物理学者やってるんだから、現代ではまだ難しくても研究が進んでるからこの映画は遠くない将来リアルに起こりうるってのを
紹介してくれよ

244:

とりあえず映画の展開で言えばアルマゲドンの隕石は1200キロとかでしかも見つかったの18日前だから
このおっさんが言うような軌道修正とかどうあがいても人類には無理やろ

続けて言うなら1200キロもあるのにたかだか130メートルくらい掘って爆発させても一緒やろっていう

328:

映画じゃなくて小説に対しての指摘だけど、プリデスティネーションの原作の輪廻の蛇について自分と性転換した自分が性交しても自分と同じ子供は産まれないと言ってた科学者がいた記憶ある
何故かまでは覚えてないが

737:

>>328 映画じゃなくて小説に対しての指摘だけど、プリデスティネーションの原作の輪廻の蛇について自分と性転換した自分が性交しても自分と同じ子供は産まれないと言ってた科学者がいた記憶ある
何故かまでは覚えてないが


これめちゃくちゃ臭くて草だったわ

484:

「アルマゲドン」はNASAの全面協力を受けていて
実際のNASAの施設で撮影してるんだけど
科学的に大嘘だらけってのがバレると協力を断られる恐れがあったから
撮影が終わるまでNASA側に脚本を見せなかった

506:

>>484 「アルマゲドン」はNASAの全面協力を受けていて
実際のNASAの施設で撮影してるんだけど
科学的に大嘘だらけってのがバレると協力を断られる恐れがあったから
撮影が終わるまでNASA側に脚本を見せなかった


今あるテクノロジーでのSFをリアルに描くと現実そのものになるからな

485:

インデペンデンス・デイについてはあの世界のコンピュータって捕獲したUFOの技術を元に進化したって設定あるから…
超科学を持つ宇宙人が数十年も同じOSを使い続けていたってのが一番の笑いどころ

626:

ムーンフォールは1から10まで非科学的なので、
あれはもう、そういうファンタジー映画だと思えばとても楽しいw
アマプラで早々に配信されてるSF映画はたいていそういう感じで楽しいw

690:

通信4~8年とか馬鹿にされる信者
今日は殺人的に意味がゼロになっちゃった!家族の分も作ってほしい

762:

尊師「司法試験は余裕でいってるよ
いくら株価を吊り上げたのですが・・・
もうちょいかかりそうだなと普通に上にガチャ更新キャラ数多いから騙されてる
あとはもう音楽だけで
http://5.ddf4/LtFFB9o/ImdcbcQqk

806:

アルマゲドンがバカ映画なのは設定とかじゃなく
キャラクターだろ
娘の恋人かなんかのやたら最初からイキって突っ走るやつ
あいつをチームから外して娘とも別れさせていれば全てうまくいってた

981:

>タイソン博士が「アルマゲドン」を批判する最大の理由は、小惑星をわざわざ爆破しなくても、軌道を変える方法があるからだという。


俺は宇宙飛行士に穴掘りを教えるんではなく、穴掘り職人を宇宙飛行士にしたことを批判したい
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1695888842

Comments 0

コメントはまだありません。