明石家さんま、ジャニーズ「社名変更」発言に集まる批判 目立つ時代錯誤の言動にささやかれる”賞味期限” - 芸能人
げいのうまとめんぬ

明石家さんま、ジャニーズ「社名変更」発言に集まる批判 目立つ時代錯誤の言動にささやかれる”賞味期限”

2023/09/27
芸能人 0
  • さんま、ジャニーズ「社名変更」発言に集まる批判目立つ時代錯誤の言動にささやかれる”賞味期限” 「コメントが的確でおもしろい」「なんでも笑いに変えるエネルギーと手腕がすごい」と、長年「好きな芸能界のご意見番ランキング」に顔を出しているのが、明石家さんま(68)だ。
  • テレビやラジオなどで発言した芸能ニュースなどに対する内容が、たびたびネットニュースに取り上げられることも多い。
  • 最近では、ジャニーズ関連についての発言が注目されている。
  • 9月16日深夜放送のラジオ番組『MBSヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)では、ジャニーズ事務所が社名変更を検討しているについて言及。
  • 「じつは、名前変えるって、とんでもない作業になるんですよ。
  • こうしたさんまの発言に、SNSでは、理解を示す意見が見られた一方で、 《金じゃない手間じゃない、人権が優先って言わない。
  • 長年、コメントが支持されてきたさんまだが、じつはここ数年、その発言が世間の非難を浴びるケースが増えている。
  • これだけルッキズムなど、人を見た目で判断することが間違いだといわれているなかで、いまださんまさんは容姿をいじるような内容で笑いを取ろうとすることがあり、しばしばネット上での炎上を招いています。
  • また、毎年夏の『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)では、深夜に、さんまさんがお気に入りの美女をベスト10形式で紹介する『ラブメイト』のコーナーが恒例になっています。
  • そういう時代に、さんまさんだけが『大御所だから』という理由で、世の中の空気にそぐわない発言をしていることに、違和感を覚える演者、スタッフも多いです。

1:

https://news.yahoo.co.jp/articles/6d163090c6be41baecf9cc820f428c4ecde505b7

さんま、ジャニーズ「社名変更」発言に集まる批判 目立つ時代錯誤の言動にささやかれる”賞味期限”


「コメントが的確でおもしろい」「なんでも笑いに変えるエネルギーと手腕がすごい」と、長年「好きな芸能界のご意見番ランキング」に顔を出しているのが、明石家さんま(68)だ。テレビやラジオなどで発言した芸能ニュースなどに対する内容が、たびたびネットニュースに取り上げられることも多い。

 最近では、ジャニーズ関連についての発言が注目されている。9月16日深夜放送のラジオ番組『MBSヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)では、ジャニーズ事務所が社名変更を検討しているについて言及。

 「じつは、名前変えるって、とんでもない作業になるんですよ。まあ、事務所がたいへんなの。パンフレット、全部刷り変えなあかん。あれで何百万かの損害やねん」「ジャニーズなんて、全部入れ替えたら、ひょっとしたら2ケタ億やろ」と心配し、翌23日の放送でも「最近になって、ワイドショーがみな、なあ……。10月2日に記者会見があるらしいけども」と、さらに気にかける発言をしていた。


 こうしたさんまの発言に、SNSでは、理解を示す意見が見られた一方で、

《金じゃない手間じゃない、人権が優先って言わない。保身の人ですね》

《いくらかかろうが被害者の方々や関わっている企業へ事務所が誠意ある行動を取る事が第一です。さんま関係ないし口を出すな》

 と、当事者でない人間の無責任な発言として、批判する声も寄せられている。

 長年、コメントが支持されてきたさんまだが、じつはここ数年、その発言が世間の非難を浴びるケースが増えている。

「とくに顕著なのが、司会を務める『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)でのトーク内容です。これだけルッキズムなど、人を見た目で判断することが間違いだといわれているなかで、いまださんまさんは容姿をいじるような内容で笑いを取ろうとすることがあり、しばしばネット上での炎上を招いています。

 また、毎年夏の『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)では、深夜に、さんまさんがお気に入りの美女をベスト10形式で紹介する『ラブメイト』のコーナーが恒例になっています。こちらも、ジェンダーが叫ばれて久しい昨今、いかがなものかという指摘が跡を絶ちません。さすがに2023年の放送では、順位制は廃止されたようですが……」(芸能記者)

 SNSでも、

《ルッキズムの明石家さんまが出演する番組を観ないで過ごした2022年。2023年も継続する!》

《27時間テレビ、未だにさんましか喜んでないようなラブメイトやってんだ… これ男性視聴者とか楽しいと思うんだろうか…》

《なぜこのさんまのセクハラ、ルッキズムじみた時代錯誤の笑いが許されているのか疑問を感じます!! さんまは完全に時代錯誤! 引退を望みます!》

 と、さんまの時流に逆行する言動を非難する声が増えている。

「セクハラやパワハラに対する世の中の人の意識が変わり、それに伴い、タレントも発言に気をつけるよう、セミナーまで開いている芸能事務所もあります。

 そういう時代に、さんまさんだけが『大御所だから』という理由で、世の中の空気にそぐわない発言をしていることに、違和感を覚える演者、スタッフも多いです。『ヤングタウン』ではかつて、アンジャッシュ・渡部建さんの多目的トイレでの不倫について、さんまさんが『有名人は密会場所に困る。俺らもよぎったことが』『多目的トイレで愛を確かめ合ったらアカンのか?』などと発言し、批判されたこともありました。

 何が炎上の火種になるかわからない世の中ですから、時代の変化に合せて感覚をアップデートしていかなくては、さんまさんであっても見限られる日が来るかもしれません」(情報番組制作スタッフ)

 長い“旬”が続いてきたさんまにも、“賞味期限”が訪れるのか……。

19:

>>1 https://news.yahoo.co.jp/articles/6d163090c6be41baecf9cc820f428c4ecde505b7

さんま、ジャニーズ「社名変更」発言に集まる批判 目立つ時代錯誤の言動にささやかれる”賞味期限”


「コメントが的確でおもしろい」「なんでも笑いに変えるエネルギーと手腕がすごい」と、長年「好きな芸能界のご意見番ランキング」に顔を出しているのが、明石家さんま(68)だ。テレビやラジオなどで発言した芸能ニュースなどに対する内容が、たびたびネットニュースに取り上げられることも多い。

 最近では、ジャニーズ関連についての発言が注目されている。9月16日深夜放送のラジオ番組『MBSヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)では、ジャニーズ事務所が社名変更を検討しているについて言及。

 「じつは、名前変えるって、とんでもない作業になるんですよ。まあ、事務所がたいへんなの。パンフレット、全部刷り変えなあかん。あれで何百万かの損害やねん」「ジャニーズなんて、全部入れ替えたら、ひょっとしたら2ケタ億やろ」と心配し、翌23日の放送でも「最近になって、ワイドショーがみな、なあ……。10月2日に記者会見があるらしいけども」と、さらに気にかける発言をしていた。


 こうしたさんまの発言に、SNSでは、理解を示す意見が見られた一方で、

《金じゃない手間じゃない、人権が優先って言わない。保身の人ですね》

《いくらかかろうが被害者の方々や関わっている企業へ事務所が誠意ある行動を取る事が第一です。さんま関係ないし口を出すな》

 と、当事者でない人間の無責任な発言として、批判する声も寄せられている。

 長年、コメントが支持されてきたさんまだが、じつはここ数年、その発言が世間の非難を浴びるケースが増えている。

「とくに顕著なのが、司会を務める『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)でのトーク内容です。これだけルッキズムなど、人を見た目で判断することが間違いだといわれているなかで、いまださんまさんは容姿をいじるような内容で笑いを取ろうとすることがあり、しばしばネット上での炎上を招いています。

 また、毎年夏の『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)では、深夜に、さんまさんがお気に入りの美女をベスト10形式で紹介する『ラブメイト』のコーナーが恒例になっています。こちらも、ジェンダーが叫ばれて久しい昨今、いかがなものかという指摘が跡を絶ちません。さすがに2023年の放送では、順位制は廃止されたようですが……」(芸能記者)

 SNSでも、

《ルッキズムの明石家さんまが出演する番組を観ないで過ごした2022年。2023年も継続する!》

《27時間テレビ、未だにさんましか喜んでないようなラブメイトやってんだ… これ男性視聴者とか楽しいと思うんだろうか…》

《なぜこのさんまのセクハラ、ルッキズムじみた時代錯誤の笑いが許されているのか疑問を感じます!! さんまは完全に時代錯誤! 引退を望みます!》

 と、さんまの時流に逆行する言動を非難する声が増えている。

「セクハラやパワハラに対する世の中の人の意識が変わり、それに伴い、タレントも発言に気をつけるよう、セミナーまで開いている芸能事務所もあります。

 そういう時代に、さんまさんだけが『大御所だから』という理由で、世の中の空気にそぐわない発言をしていることに、違和感を覚える演者、スタッフも多いです。『ヤングタウン』ではかつて、アンジャッシュ・渡部建さんの多目的トイレでの不倫について、さんまさんが『有名人は密会場所に困る。俺らもよぎったことが』『多目的トイレで愛を確かめ合ったらアカンのか?』などと発言し、批判されたこともありました。

 何が炎上の火種になるかわからない世の中ですから、時代の変化に合せて感覚をアップデートしていかなくては、さんまさんであっても見限られる日が来るかもしれません」(情報番組制作スタッフ)

 長い“旬”が続いてきたさんまにも、“賞味期限”が訪れるのか……。


老後もずっとテレビにしがみつくつもりなんだろうか

64:

>>1 https://news.yahoo.co.jp/articles/6d163090c6be41baecf9cc820f428c4ecde505b7

さんま、ジャニーズ「社名変更」発言に集まる批判 目立つ時代錯誤の言動にささやかれる”賞味期限”


「コメントが的確でおもしろい」「なんでも笑いに変えるエネルギーと手腕がすごい」と、長年「好きな芸能界のご意見番ランキング」に顔を出しているのが、明石家さんま(68)だ。テレビやラジオなどで発言した芸能ニュースなどに対する内容が、たびたびネットニュースに取り上げられることも多い。

 最近では、ジャニーズ関連についての発言が注目されている。9月16日深夜放送のラジオ番組『MBSヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)では、ジャニーズ事務所が社名変更を検討しているについて言及。

 「じつは、名前変えるって、とんでもない作業になるんですよ。まあ、事務所がたいへんなの。パンフレット、全部刷り変えなあかん。あれで何百万かの損害やねん」「ジャニーズなんて、全部入れ替えたら、ひょっとしたら2ケタ億やろ」と心配し、翌23日の放送でも「最近になって、ワイドショーがみな、なあ……。10月2日に記者会見があるらしいけども」と、さらに気にかける発言をしていた。


 こうしたさんまの発言に、SNSでは、理解を示す意見が見られた一方で、

《金じゃない手間じゃない、人権が優先って言わない。保身の人ですね》

《いくらかかろうが被害者の方々や関わっている企業へ事務所が誠意ある行動を取る事が第一です。さんま関係ないし口を出すな》

 と、当事者でない人間の無責任な発言として、批判する声も寄せられている。

 長年、コメントが支持されてきたさんまだが、じつはここ数年、その発言が世間の非難を浴びるケースが増えている。

「とくに顕著なのが、司会を務める『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)でのトーク内容です。これだけルッキズムなど、人を見た目で判断することが間違いだといわれているなかで、いまださんまさんは容姿をいじるような内容で笑いを取ろうとすることがあり、しばしばネット上での炎上を招いています。

 また、毎年夏の『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)では、深夜に、さんまさんがお気に入りの美女をベスト10形式で紹介する『ラブメイト』のコーナーが恒例になっています。こちらも、ジェンダーが叫ばれて久しい昨今、いかがなものかという指摘が跡を絶ちません。さすがに2023年の放送では、順位制は廃止されたようですが……」(芸能記者)

 SNSでも、

《ルッキズムの明石家さんまが出演する番組を観ないで過ごした2022年。2023年も継続する!》

《27時間テレビ、未だにさんましか喜んでないようなラブメイトやってんだ… これ男性視聴者とか楽しいと思うんだろうか…》

《なぜこのさんまのセクハラ、ルッキズムじみた時代錯誤の笑いが許されているのか疑問を感じます!! さんまは完全に時代錯誤! 引退を望みます!》

 と、さんまの時流に逆行する言動を非難する声が増えている。

「セクハラやパワハラに対する世の中の人の意識が変わり、それに伴い、タレントも発言に気をつけるよう、セミナーまで開いている芸能事務所もあります。

 そういう時代に、さんまさんだけが『大御所だから』という理由で、世の中の空気にそぐわない発言をしていることに、違和感を覚える演者、スタッフも多いです。『ヤングタウン』ではかつて、アンジャッシュ・渡部建さんの多目的トイレでの不倫について、さんまさんが『有名人は密会場所に困る。俺らもよぎったことが』『多目的トイレで愛を確かめ合ったらアカンのか?』などと発言し、批判されたこともありました。

 何が炎上の火種になるかわからない世の中ですから、時代の変化に合せて感覚をアップデートしていかなくては、さんまさんであっても見限られる日が来るかもしれません」(情報番組制作スタッフ)

 長い“旬”が続いてきたさんまにも、“賞味期限”が訪れるのか……。


もう晩年を汚さないでほしいわ
十分おもろい事はやって来たんだろうから
ある意味、紳助の引き際を見習ってほしい

81:

>>1 https://news.yahoo.co.jp/articles/6d163090c6be41baecf9cc820f428c4ecde505b7

さんま、ジャニーズ「社名変更」発言に集まる批判 目立つ時代錯誤の言動にささやかれる”賞味期限”


「コメントが的確でおもしろい」「なんでも笑いに変えるエネルギーと手腕がすごい」と、長年「好きな芸能界のご意見番ランキング」に顔を出しているのが、明石家さんま(68)だ。テレビやラジオなどで発言した芸能ニュースなどに対する内容が、たびたびネットニュースに取り上げられることも多い。

 最近では、ジャニーズ関連についての発言が注目されている。9月16日深夜放送のラジオ番組『MBSヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)では、ジャニーズ事務所が社名変更を検討しているについて言及。

 「じつは、名前変えるって、とんでもない作業になるんですよ。まあ、事務所がたいへんなの。パンフレット、全部刷り変えなあかん。あれで何百万かの損害やねん」「ジャニーズなんて、全部入れ替えたら、ひょっとしたら2ケタ億やろ」と心配し、翌23日の放送でも「最近になって、ワイドショーがみな、なあ……。10月2日に記者会見があるらしいけども」と、さらに気にかける発言をしていた。


 こうしたさんまの発言に、SNSでは、理解を示す意見が見られた一方で、

《金じゃない手間じゃない、人権が優先って言わない。保身の人ですね》

《いくらかかろうが被害者の方々や関わっている企業へ事務所が誠意ある行動を取る事が第一です。さんま関係ないし口を出すな》

 と、当事者でない人間の無責任な発言として、批判する声も寄せられている。

 長年、コメントが支持されてきたさんまだが、じつはここ数年、その発言が世間の非難を浴びるケースが増えている。

「とくに顕著なのが、司会を務める『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)でのトーク内容です。これだけルッキズムなど、人を見た目で判断することが間違いだといわれているなかで、いまださんまさんは容姿をいじるような内容で笑いを取ろうとすることがあり、しばしばネット上での炎上を招いています。

 また、毎年夏の『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)では、深夜に、さんまさんがお気に入りの美女をベスト10形式で紹介する『ラブメイト』のコーナーが恒例になっています。こちらも、ジェンダーが叫ばれて久しい昨今、いかがなものかという指摘が跡を絶ちません。さすがに2023年の放送では、順位制は廃止されたようですが……」(芸能記者)

 SNSでも、

《ルッキズムの明石家さんまが出演する番組を観ないで過ごした2022年。2023年も継続する!》

《27時間テレビ、未だにさんましか喜んでないようなラブメイトやってんだ… これ男性視聴者とか楽しいと思うんだろうか…》

《なぜこのさんまのセクハラ、ルッキズムじみた時代錯誤の笑いが許されているのか疑問を感じます!! さんまは完全に時代錯誤! 引退を望みます!》

 と、さんまの時流に逆行する言動を非難する声が増えている。

「セクハラやパワハラに対する世の中の人の意識が変わり、それに伴い、タレントも発言に気をつけるよう、セミナーまで開いている芸能事務所もあります。

 そういう時代に、さんまさんだけが『大御所だから』という理由で、世の中の空気にそぐわない発言をしていることに、違和感を覚える演者、スタッフも多いです。『ヤングタウン』ではかつて、アンジャッシュ・渡部建さんの多目的トイレでの不倫について、さんまさんが『有名人は密会場所に困る。俺らもよぎったことが』『多目的トイレで愛を確かめ合ったらアカンのか?』などと発言し、批判されたこともありました。

 何が炎上の火種になるかわからない世の中ですから、時代の変化に合せて感覚をアップデートしていかなくては、さんまさんであっても見限られる日が来るかもしれません」(情報番組制作スタッフ)

 長い“旬”が続いてきたさんまにも、“賞味期限”が訪れるのか……。



このおっさんはつまらないからチャンネル変える

ガチでつまらない

YouTuberと同じくらいつまらない

322:

>>1 https://news.yahoo.co.jp/articles/6d163090c6be41baecf9cc820f428c4ecde505b7

さんま、ジャニーズ「社名変更」発言に集まる批判 目立つ時代錯誤の言動にささやかれる”賞味期限”


「コメントが的確でおもしろい」「なんでも笑いに変えるエネルギーと手腕がすごい」と、長年「好きな芸能界のご意見番ランキング」に顔を出しているのが、明石家さんま(68)だ。テレビやラジオなどで発言した芸能ニュースなどに対する内容が、たびたびネットニュースに取り上げられることも多い。

 最近では、ジャニーズ関連についての発言が注目されている。9月16日深夜放送のラジオ番組『MBSヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)では、ジャニーズ事務所が社名変更を検討しているについて言及。

 「じつは、名前変えるって、とんでもない作業になるんですよ。まあ、事務所がたいへんなの。パンフレット、全部刷り変えなあかん。あれで何百万かの損害やねん」「ジャニーズなんて、全部入れ替えたら、ひょっとしたら2ケタ億やろ」と心配し、翌23日の放送でも「最近になって、ワイドショーがみな、なあ……。10月2日に記者会見があるらしいけども」と、さらに気にかける発言をしていた。


 こうしたさんまの発言に、SNSでは、理解を示す意見が見られた一方で、

《金じゃない手間じゃない、人権が優先って言わない。保身の人ですね》

《いくらかかろうが被害者の方々や関わっている企業へ事務所が誠意ある行動を取る事が第一です。さんま関係ないし口を出すな》

 と、当事者でない人間の無責任な発言として、批判する声も寄せられている。

 長年、コメントが支持されてきたさんまだが、じつはここ数年、その発言が世間の非難を浴びるケースが増えている。

「とくに顕著なのが、司会を務める『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)でのトーク内容です。これだけルッキズムなど、人を見た目で判断することが間違いだといわれているなかで、いまださんまさんは容姿をいじるような内容で笑いを取ろうとすることがあり、しばしばネット上での炎上を招いています。

 また、毎年夏の『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)では、深夜に、さんまさんがお気に入りの美女をベスト10形式で紹介する『ラブメイト』のコーナーが恒例になっています。こちらも、ジェンダーが叫ばれて久しい昨今、いかがなものかという指摘が跡を絶ちません。さすがに2023年の放送では、順位制は廃止されたようですが……」(芸能記者)

 SNSでも、

《ルッキズムの明石家さんまが出演する番組を観ないで過ごした2022年。2023年も継続する!》

《27時間テレビ、未だにさんましか喜んでないようなラブメイトやってんだ… これ男性視聴者とか楽しいと思うんだろうか…》

《なぜこのさんまのセクハラ、ルッキズムじみた時代錯誤の笑いが許されているのか疑問を感じます!! さんまは完全に時代錯誤! 引退を望みます!》

 と、さんまの時流に逆行する言動を非難する声が増えている。

「セクハラやパワハラに対する世の中の人の意識が変わり、それに伴い、タレントも発言に気をつけるよう、セミナーまで開いている芸能事務所もあります。

 そういう時代に、さんまさんだけが『大御所だから』という理由で、世の中の空気にそぐわない発言をしていることに、違和感を覚える演者、スタッフも多いです。『ヤングタウン』ではかつて、アンジャッシュ・渡部建さんの多目的トイレでの不倫について、さんまさんが『有名人は密会場所に困る。俺らもよぎったことが』『多目的トイレで愛を確かめ合ったらアカンのか?』などと発言し、批判されたこともありました。

 何が炎上の火種になるかわからない世の中ですから、時代の変化に合せて感覚をアップデートしていかなくては、さんまさんであっても見限られる日が来るかもしれません」(情報番組制作スタッフ)

 長い“旬”が続いてきたさんまにも、“賞味期限”が訪れるのか……。


さんまは常に同情する側なんだよな
宮迫渡部、今回は東山と
そうやって生き抜いて来た人やで

りゅうちえる自殺したとき建築関係のギャグを使い続けると語ったがほとんどそれ以降見ない

鶴瓶やさんまや太田は的外れでも擁護して優しい芸人であろうとする

343:

>>1 https://news.yahoo.co.jp/articles/6d163090c6be41baecf9cc820f428c4ecde505b7

さんま、ジャニーズ「社名変更」発言に集まる批判 目立つ時代錯誤の言動にささやかれる”賞味期限”


「コメントが的確でおもしろい」「なんでも笑いに変えるエネルギーと手腕がすごい」と、長年「好きな芸能界のご意見番ランキング」に顔を出しているのが、明石家さんま(68)だ。テレビやラジオなどで発言した芸能ニュースなどに対する内容が、たびたびネットニュースに取り上げられることも多い。

 最近では、ジャニーズ関連についての発言が注目されている。9月16日深夜放送のラジオ番組『MBSヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)では、ジャニーズ事務所が社名変更を検討しているについて言及。

 「じつは、名前変えるって、とんでもない作業になるんですよ。まあ、事務所がたいへんなの。パンフレット、全部刷り変えなあかん。あれで何百万かの損害やねん」「ジャニーズなんて、全部入れ替えたら、ひょっとしたら2ケタ億やろ」と心配し、翌23日の放送でも「最近になって、ワイドショーがみな、なあ……。10月2日に記者会見があるらしいけども」と、さらに気にかける発言をしていた。


 こうしたさんまの発言に、SNSでは、理解を示す意見が見られた一方で、

《金じゃない手間じゃない、人権が優先って言わない。保身の人ですね》

《いくらかかろうが被害者の方々や関わっている企業へ事務所が誠意ある行動を取る事が第一です。さんま関係ないし口を出すな》

 と、当事者でない人間の無責任な発言として、批判する声も寄せられている。

 長年、コメントが支持されてきたさんまだが、じつはここ数年、その発言が世間の非難を浴びるケースが増えている。

「とくに顕著なのが、司会を務める『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)でのトーク内容です。これだけルッキズムなど、人を見た目で判断することが間違いだといわれているなかで、いまださんまさんは容姿をいじるような内容で笑いを取ろうとすることがあり、しばしばネット上での炎上を招いています。

 また、毎年夏の『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)では、深夜に、さんまさんがお気に入りの美女をベスト10形式で紹介する『ラブメイト』のコーナーが恒例になっています。こちらも、ジェンダーが叫ばれて久しい昨今、いかがなものかという指摘が跡を絶ちません。さすがに2023年の放送では、順位制は廃止されたようですが……」(芸能記者)

 SNSでも、

《ルッキズムの明石家さんまが出演する番組を観ないで過ごした2022年。2023年も継続する!》

《27時間テレビ、未だにさんましか喜んでないようなラブメイトやってんだ… これ男性視聴者とか楽しいと思うんだろうか…》

《なぜこのさんまのセクハラ、ルッキズムじみた時代錯誤の笑いが許されているのか疑問を感じます!! さんまは完全に時代錯誤! 引退を望みます!》

 と、さんまの時流に逆行する言動を非難する声が増えている。

「セクハラやパワハラに対する世の中の人の意識が変わり、それに伴い、タレントも発言に気をつけるよう、セミナーまで開いている芸能事務所もあります。

 そういう時代に、さんまさんだけが『大御所だから』という理由で、世の中の空気にそぐわない発言をしていることに、違和感を覚える演者、スタッフも多いです。『ヤングタウン』ではかつて、アンジャッシュ・渡部建さんの多目的トイレでの不倫について、さんまさんが『有名人は密会場所に困る。俺らもよぎったことが』『多目的トイレで愛を確かめ合ったらアカンのか?』などと発言し、批判されたこともありました。

 何が炎上の火種になるかわからない世の中ですから、時代の変化に合せて感覚をアップデートしていかなくては、さんまさんであっても見限られる日が来るかもしれません」(情報番組制作スタッフ)

 長い“旬”が続いてきたさんまにも、“賞味期限”が訪れるのか……。


70近い昭和のおじいちゃんだからなぁ
10年前当時とっくに賞味期限切れの40overだったキムタクをいまだに日本一のイケメンと持ち上げ続けてたあたりからかなりズレてるとは思ってた

405:

>>1 https://news.yahoo.co.jp/articles/6d163090c6be41baecf9cc820f428c4ecde505b7

さんま、ジャニーズ「社名変更」発言に集まる批判 目立つ時代錯誤の言動にささやかれる”賞味期限”


「コメントが的確でおもしろい」「なんでも笑いに変えるエネルギーと手腕がすごい」と、長年「好きな芸能界のご意見番ランキング」に顔を出しているのが、明石家さんま(68)だ。テレビやラジオなどで発言した芸能ニュースなどに対する内容が、たびたびネットニュースに取り上げられることも多い。

 最近では、ジャニーズ関連についての発言が注目されている。9月16日深夜放送のラジオ番組『MBSヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)では、ジャニーズ事務所が社名変更を検討しているについて言及。

 「じつは、名前変えるって、とんでもない作業になるんですよ。まあ、事務所がたいへんなの。パンフレット、全部刷り変えなあかん。あれで何百万かの損害やねん」「ジャニーズなんて、全部入れ替えたら、ひょっとしたら2ケタ億やろ」と心配し、翌23日の放送でも「最近になって、ワイドショーがみな、なあ……。10月2日に記者会見があるらしいけども」と、さらに気にかける発言をしていた。


 こうしたさんまの発言に、SNSでは、理解を示す意見が見られた一方で、

《金じゃない手間じゃない、人権が優先って言わない。保身の人ですね》

《いくらかかろうが被害者の方々や関わっている企業へ事務所が誠意ある行動を取る事が第一です。さんま関係ないし口を出すな》

 と、当事者でない人間の無責任な発言として、批判する声も寄せられている。

 長年、コメントが支持されてきたさんまだが、じつはここ数年、その発言が世間の非難を浴びるケースが増えている。

「とくに顕著なのが、司会を務める『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)でのトーク内容です。これだけルッキズムなど、人を見た目で判断することが間違いだといわれているなかで、いまださんまさんは容姿をいじるような内容で笑いを取ろうとすることがあり、しばしばネット上での炎上を招いています。

 また、毎年夏の『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)では、深夜に、さんまさんがお気に入りの美女をベスト10形式で紹介する『ラブメイト』のコーナーが恒例になっています。こちらも、ジェンダーが叫ばれて久しい昨今、いかがなものかという指摘が跡を絶ちません。さすがに2023年の放送では、順位制は廃止されたようですが……」(芸能記者)

 SNSでも、

《ルッキズムの明石家さんまが出演する番組を観ないで過ごした2022年。2023年も継続する!》

《27時間テレビ、未だにさんましか喜んでないようなラブメイトやってんだ… これ男性視聴者とか楽しいと思うんだろうか…》

《なぜこのさんまのセクハラ、ルッキズムじみた時代錯誤の笑いが許されているのか疑問を感じます!! さんまは完全に時代錯誤! 引退を望みます!》

 と、さんまの時流に逆行する言動を非難する声が増えている。

「セクハラやパワハラに対する世の中の人の意識が変わり、それに伴い、タレントも発言に気をつけるよう、セミナーまで開いている芸能事務所もあります。

 そういう時代に、さんまさんだけが『大御所だから』という理由で、世の中の空気にそぐわない発言をしていることに、違和感を覚える演者、スタッフも多いです。『ヤングタウン』ではかつて、アンジャッシュ・渡部建さんの多目的トイレでの不倫について、さんまさんが『有名人は密会場所に困る。俺らもよぎったことが』『多目的トイレで愛を確かめ合ったらアカンのか?』などと発言し、批判されたこともありました。

 何が炎上の火種になるかわからない世の中ですから、時代の変化に合せて感覚をアップデートしていかなくては、さんまさんであっても見限られる日が来るかもしれません」(情報番組制作スタッフ)

 長い“旬”が続いてきたさんまにも、“賞味期限”が訪れるのか……。


ルッキズムとか絡めてくんな

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

15:

「改名は金かかるよな~」という当然のこと言っただけで
ラブメイト10の話までこじつけたり
なんかもう常軌を逸してるよな叩き記事
喜多川にチンポ入れられた当人でもない限りここまで必死になれんだろ
全く関係ないただの視聴者がここまでマジになって記事書いてたら精神病としか言いようがない

141:

>>15 「改名は金かかるよな~」という当然のこと言っただけで
ラブメイト10の話までこじつけたり
なんかもう常軌を逸してるよな叩き記事
喜多川にチンポ入れられた当人でもない限りここまで必死になれんだろ
全く関係ないただの視聴者がここまでマジになって記事書いてたら精神病としか言いようがない


金かかるって億万長者相手になに言ってんの
そうでなくとも優先順位が違うだろ

294:

>>15 「改名は金かかるよな~」という当然のこと言っただけで
ラブメイト10の話までこじつけたり
なんかもう常軌を逸してるよな叩き記事
喜多川にチンポ入れられた当人でもない限りここまで必死になれんだろ
全く関係ないただの視聴者がここまでマジになって記事書いてたら精神病としか言いようがない


他の事務所が煽ってるのかもしれない

298:

>>294 他の事務所が煽ってるのかもしれない


どちらにせよもうこういう流れになってしまってる時点でジャニーズは終わりだな
ちょっと前ならこんな記事も出なかっただろうし

67:

名前を変えた方が現実から逃げたことになると小学生でもわかりそうなものだが
名前を変えさせたら影響力が落ちると
ライバルのヤクザや朝鮮絡みの芸能事務所は考えたいるのだろう

97:

人類史に刻まれそうな性加害事案を引き起こしておいて
それをBBCに世界発信までされているのに
そのままの名前で活動を続けられたら、日本全体の人権意識を疑われるわ
名称変更なんて日本(人)全体への最低限のマナーだわ
金がどれぐらいかかるとか、なにズレたこと言ってんだこいつ
分かんなきゃ黙ってればいいのに

106:

>>97 人類史に刻まれそうな性加害事案を引き起こしておいて
それをBBCに世界発信までされているのに
そのままの名前で活動を続けられたら、日本全体の人権意識を疑われるわ
名称変更なんて日本(人)全体への最低限のマナーだわ
金がどれぐらいかかるとか、なにズレたこと言ってんだこいつ
分かんなきゃ黙ってればいいのに


だからよBBCがお前の権威なんかい?
世界発信てネットやってりゃ全てが世界発信なんだが
おまえのその価値観は何なの?主体性のカケラもないやんけ

118:

>>106 だからよBBCがお前の権威なんかい?
世界発信てネットやってりゃ全てが世界発信なんだが
おまえのその価値観は何なの?主体性のカケラもないやんけ


外圧が無かったら2004年の司法判断さえ切欠にできなかった
情けない国なんだから、どれだけ悔しかろうが仕方ねーだろ
実際芸能界における性加害が世界的案件になるのは
先のハリウッド大物プロデューサーに端を発したMeeTooで明らかだろ
絶対に許されない規範になっているのに
名称変更に金がかかる? はぁぁ?なにズレたこと言ってんこいつって
思って何が悪い

121:

>>118 外圧が無かったら2004年の司法判断さえ切欠にできなかった
情けない国なんだから、どれだけ悔しかろうが仕方ねーだろ
実際芸能界における性加害が世界的案件になるのは
先のハリウッド大物プロデューサーに端を発したMeeTooで明らかだろ
絶対に許されない規範になっているのに
名称変更に金がかかる? はぁぁ?なにズレたこと言ってんこいつって
思って何が悪い


お前バカだろ?
お前にに主体性が無いって言ってんのよ
自分で考えることは出来んのかい
外圧に弱いのは日本じゃなくてお前だよ

126:

>>121 お前バカだろ?
お前にに主体性が無いって言ってんのよ
自分で考えることは出来んのかい
外圧に弱いのは日本じゃなくてお前だよ


自国だけの主体性で半世紀も隠蔽されてきたのに
なに語ってんだ?ば~~か

132:

>>126 自国だけの主体性で半世紀も隠蔽されてきたのに
なに語ってんだ?ば~~か


結局その程度なんだろ
馬鹿は黙ってろやゴミ野郎
お前に問題意識なんてないよ
ただ外面気にしてるだけのゴミがお前なの
死ね

114:

さんまは事の本質捉えた上で発言してる気もするが…
ジャニーズの性加害なんて所詮はジャニーズ内での話
しかも親も半分承知の上で通わせてたんだろ
芸能界はもっと闇に包まれてるだろうけど深く追求しようもんなら大手メディア、広告代理店だけでなく大手スポンサーにまで非が及びかねない

117:

>>114 さんまは事の本質捉えた上で発言してる気もするが…
ジャニーズの性加害なんて所詮はジャニーズ内での話
しかも親も半分承知の上で通わせてたんだろ
芸能界はもっと闇に包まれてるだろうけど深く追求しようもんなら大手メディア、広告代理店だけでなく大手スポンサーにまで非が及びかねない


外国で商売する企業は名前を変えなきゃスポンサーを続けることは出来ないってことは
さんまには理解できないだろうしな
ジャニーズ事務所の立場に立てば金がかかるってのは間違いないけど

158:

ジャニーと兄弟盃笑やったテレ朝社員の作った番組が
欽ちゃんのどこまでやるの、タモリ倶楽部、ビートたけしのスポーツ大将
ミュージックステーションなどなどだぞ
何が言いたいかって言うと
くだらねえバラエティ番組で視聴率取ったからって
皇帝気取りってあまりにも馬鹿げてない?

こんなバカげた連中が支配してるのがマスゴミで、そんなゴミの価値観で
児童性犯罪は隠蔽されてきてるのだからはずかしいよ
吉本クズ芸人も一緒
こいつらは単なる賑やかしの分際で調子乗りすぎ

182:

ひな壇芸能人何人分ものギャラをさんまに掛けて使い続けてるテレビ局は意味が分からんわ。視聴率見てもだいぶ昔から奮ってないだろ。とっくに時代が求めてないってことだ

189:

から騒ぎのときの何でも笑いに変える反射神経と発想力がもう十年くらいないような気がしてる
あのときは芸人が何十人いようが瞬発力と発想力、ユーモアのある動きとかで笑いを全部持っていったのにな
いつぐらいからか全く普通の司会者と同じぐらいの存在になってしまった気がする
もっとタレントとかの話を聞きたいのになんで飛ばしたり話を聞いてあげたりしないの?と最近思うようになってる部分もあるし
昔だと笑いに変える力でそういうものも感じさせなかったんだけど

219:

キムタクが叩かれたからキムタクが養護した東山を養護したらさんまも叩かれた。
さんまは「ジャニーズと言う名前で傷つく人がいるなら名前を変えることを考えなあかんやろ。東山が考えるやろ。」と
だから放送の時点で名前を変えることを知ってる。

247:

明石家さんまさんはラジオで、
この記事の言葉の前に、
苦しんだ被害者が居る事だから社名を変える事になるやろうけど
の、後の言葉。
前置きを抜かして記事にする意味が分からん

251:

たけし
「政治家が不正ばっかしてるから、芸人がちょっとまともなこというだけでよく言った!
なんていわれちまう。お笑いにとったらやりにくいったらないよ」

芸人ってのはそもそも「アホなことをいう」のが仕事なわけで、ズレてない意見を求められている現状がおかしいのよ
今に始まったことではなく、「喋ること全部ウソ」で売っていたさんまは昔からズレている

260:

幽遊白書読めばわかるけどあの90年代前半の時点でもう
ダウンタウン=面白い さんま=ただの出っ歯って認識なんだよな
ひょうきん族世代のジジババが必死に持ち上げてきただけで
さんまなんてもう30年前に終わってた
なぜこの30年間芸人たちが憧れとしてダウンタウンの名前ばかり挙げ
さんまの名を挙げなかったのかが答え

267:

いつだったかのさんまのまんまに野球の村上が出た時も、
「次は嫁探しか~」とか言ってたな
本当にただの老害

302:

さんまは身内の芸能人はクズでもすぐ庇うけど、剛力彩芽だけ不倫でもなく事務所が決めた恋愛禁止期間が明けて独身の金持ちと付き合っただけで何にも悪いことしてないのに袖にされた嫉妬で叩かせてて価値観が狂ってる。

319:

これは切り取り記事だから〜とか言ってるアホがこんなにいることが驚きだわ。ジャニババアかただのガイジか知らんけど。

看板変える変えない発言以前に「費用」について触れた時点でさんまは世の中全く理解してないのに気づけ
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1695737013

Comments 0

コメントはまだありません。