WBA&WBC世界ライトフライ級王者の寺地拳四朗がヘッキー・ブドラーに9回TKO勝利で2団体防衛に成功 - ドラマ
げいのうまとめんぬ

WBA&WBC世界ライトフライ級王者の寺地拳四朗がヘッキー・ブドラーに9回TKO勝利で2団体防衛に成功

2023/09/19
ドラマ 0
  • ボクシングのWBA&WBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)2団体統一王者・寺地拳四朗(BMB)が18日、東京・有明アリーナでWBA4位&WBC1位ヘッキー・ブドラー(南アフリカ)に9回TKO勝利した。
  • WBAは2度目、WBCは3度目の防衛がかかっていた一戦。
  • 階級最強の呼び声高い統一王者は、今後の4団体統一や2階級制覇を目指しており、今回は関門の一つだった。
  • 寺地は4月の前戦でアンソニー・オラスクアガ(米国)に9回TKO勝ち。
  • 試合2週間前に急きょ対戦相手が変更されたが、WBAは初、WBCは2度目の防衛に成功した。
  • 2団体同時防衛は、前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)に次ぐ日本人2人目の快挙。
  • 同時防衛を2度以上達成したのも井上しかおらず、寺地は続けるか注目されていた。
  • 減量苦もあって1つ上のフライ級転向も視野に入れている一方、井上に次ぐ日本人2人目の4団体統一もターゲットにしていた。
  • 2018年5月には田口良一からWBAスーパー&IBF世界ライトフライ級王座を3-0判定勝ちで奪い、2階級制覇を達成した。
  • のらりくらりとした戦いで自分のペースに引きずり込むスタイルはくせ者とされ、21年5月の再起戦から3連勝中だった。

1:

ボクシングのWBA&WBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)2団体統一王者・寺地拳四朗(BMB)が18日、東京・有明アリーナでWBA4位&WBC1位ヘッキー・ブドラー(南アフリカ)に9回TKO勝利した。WBAは2度目、WBCは3度目の防衛がかかっていた一戦。階級最強の呼び声高い統一王者は、今後の4団体統一や2階級制覇を目指しており、今回は関門の一つだった。


 寺地は4月の前戦でアンソニー・オラスクアガ(米国)に9回TKO勝ち。試合2週間前に急きょ対戦相手が変更されたが、WBAは初、WBCは2度目の防衛に成功した。2団体同時防衛は、前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)に次ぐ日本人2人目の快挙。同時防衛を2度以上達成したのも井上しかおらず、寺地は続けるか注目されていた。

 減量苦もあって1つ上のフライ級転向も視野に入れている一方、井上に次ぐ日本人2人目の4団体統一もターゲットにしていた。

 ブドラーは元WBA世界ミニマム級スーパー王者。2018年5月には田口良一からWBAスーパー&IBF世界ライトフライ級王座を3-0判定勝ちで奪い、2階級制覇を達成した。IBF王座を返上後、同年末には京口紘人に10回終了TKO負けで王座陥落。のらりくらりとした戦いで自分のペースに引きずり込むスタイルはくせ者とされ、21年5月の再起戦から3連勝中だった。今回はWBCの指名挑戦者だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e33fcdfed1d276643f66e128aac48e6dfbe84da4

282:

>>1 ボクシングのWBA&WBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)2団体統一王者・寺地拳四朗(BMB)が18日、東京・有明アリーナでWBA4位&WBC1位ヘッキー・ブドラー(南アフリカ)に9回TKO勝利した。WBAは2度目、WBCは3度目の防衛がかかっていた一戦。階級最強の呼び声高い統一王者は、今後の4団体統一や2階級制覇を目指しており、今回は関門の一つだった。


 寺地は4月の前戦でアンソニー・オラスクアガ(米国)に9回TKO勝ち。試合2週間前に急きょ対戦相手が変更されたが、WBAは初、WBCは2度目の防衛に成功した。2団体同時防衛は、前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)に次ぐ日本人2人目の快挙。同時防衛を2度以上達成したのも井上しかおらず、寺地は続けるか注目されていた。

 減量苦もあって1つ上のフライ級転向も視野に入れている一方、井上に次ぐ日本人2人目の4団体統一もターゲットにしていた。

 ブドラーは元WBA世界ミニマム級スーパー王者。2018年5月には田口良一からWBAスーパー&IBF世界ライトフライ級王座を3-0判定勝ちで奪い、2階級制覇を達成した。IBF王座を返上後、同年末には京口紘人に10回終了TKO負けで王座陥落。のらりくらりとした戦いで自分のペースに引きずり込むスタイルはくせ者とされ、21年5月の再起戦から3連勝中だった。今回はWBCの指名挑戦者だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e33fcdfed1d276643f66e128aac48e6dfbe84da4


寺地って急に強くなっちゃったけど、
大丈夫?
変なお薬とかやってない?
 

286:

>>282 寺地って急に強くなっちゃったけど、
大丈夫?
変なお薬とかやってない?
 


元々凄く強かったけど
矢吹に負けてからスタイルが攻撃的に変わってよりわかりやすく強くなったね

317:

>>1 ボクシングのWBA&WBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)2団体統一王者・寺地拳四朗(BMB)が18日、東京・有明アリーナでWBA4位&WBC1位ヘッキー・ブドラー(南アフリカ)に9回TKO勝利した。WBAは2度目、WBCは3度目の防衛がかかっていた一戦。階級最強の呼び声高い統一王者は、今後の4団体統一や2階級制覇を目指しており、今回は関門の一つだった。


 寺地は4月の前戦でアンソニー・オラスクアガ(米国)に9回TKO勝ち。試合2週間前に急きょ対戦相手が変更されたが、WBAは初、WBCは2度目の防衛に成功した。2団体同時防衛は、前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)に次ぐ日本人2人目の快挙。同時防衛を2度以上達成したのも井上しかおらず、寺地は続けるか注目されていた。

 減量苦もあって1つ上のフライ級転向も視野に入れている一方、井上に次ぐ日本人2人目の4団体統一もターゲットにしていた。

 ブドラーは元WBA世界ミニマム級スーパー王者。2018年5月には田口良一からWBAスーパー&IBF世界ライトフライ級王座を3-0判定勝ちで奪い、2階級制覇を達成した。IBF王座を返上後、同年末には京口紘人に10回終了TKO負けで王座陥落。のらりくらりとした戦いで自分のペースに引きずり込むスタイルはくせ者とされ、21年5月の再起戦から3連勝中だった。今回はWBCの指名挑戦者だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e33fcdfed1d276643f66e128aac48e6dfbe84da4


鳶が鷹を生む
やね

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

40:

マイケル・バッファーは昔の師走のK-1グランプリで来てたな
あと俺が子供の頃のヘナロ渡辺戦とか

91:

boxrecで見ると、前戦がメキシコ国内バンタム級タイトルマッチで、勝利してる

106:

メキシコ王者(メキシコのバンタム級23位、世界バンタム級126位)
今回何故か1つ上のスーパーバンタム級での試合

うーん、解せぬ

114:

※メキシコ王者は今8人います

117:

歴代日本人だと
1位 井上尚弥
2位 ファイティング原田
3位 具志堅用高

こんなもんやろ
引退したら拳四朗と井岡が3位になるかもしれんが2位以上は多分無理やろな

123:

>>117 歴代日本人だと
1位 井上尚弥
2位 ファイティング原田
3位 具志堅用高

こんなもんやろ
引退したら拳四朗と井岡が3位になるかもしれんが2位以上は多分無理やろな


何の順位?

210:

>>117 歴代日本人だと
1位 井上尚弥
2位 ファイティング原田
3位 具志堅用高

こんなもんやろ
引退したら拳四朗と井岡が3位になるかもしれんが2位以上は多分無理やろな


具志堅は軽量級で雑魚狩りしただけやろがい。毒りんご事件もあるしな

そんなん輪島とかガッツの方が上だろ。世界的には渡辺二郎の評価も高い

217:

>>210 具志堅は軽量級で雑魚狩りしただけやろがい。毒りんご事件もあるしな

そんなん輪島とかガッツの方が上だろ。世界的には渡辺二郎の評価も高い


まあガッツさんはデュランと戦って10R迄やったという実績でハリウッド俳優の仲間入りしたからなw

221:

>>217 まあガッツさんはデュランと戦って10R迄やったという実績でハリウッド俳優の仲間入りしたからなw


この前、インタビューでスピルバーグに映画出てくれって声かけられて現場で向こうから記念撮影してくれって頼まれたって言ってたからガッツさんはマジすごいよ

229:

>>221 この前、インタビューでスピルバーグに映画出てくれって声かけられて現場で向こうから記念撮影してくれって頼まれたって言ってたからガッツさんはマジすごいよ


今で言うところのマロニーちゃんみたいな扱いかね
イノウェイと戦って8R迄やったったし今チャンピョンでっすみたいな感じ

231:

>>229 今で言うところのマロニーちゃんみたいな扱いかね
イノウェイと戦って8R迄やったったし今チャンピョンでっすみたいな感じ


7Rだわ。訂正

130:

この試合の6ラウンド終わりのインターバルに流れていた曲の名前わかる方いますか?

144:

フライ級でも一杯クラスがあるところに
チャンピオンの価値が下がる…

まあそれは選手の責任ではないけどね

216:

ガッツはライト級5回防衛、石の拳ロベルトデュランと試合してるというだけで世界的評価は日本人歴代トップクラスだろ

267:

>>216 ガッツはライト級5回防衛、石の拳ロベルトデュランと試合してるというだけで世界的評価は日本人歴代トップクラスだろ


デュランに勝ったこともあるエステバンデヘススとも試合してる両方めちゃくちゃ強かったって

232:

拳四郎は敗戦後からの試合全部面白いな
ジャブが評価全くされなかった矢吹戦のジャッジは完全に不当だったと思ってるが、最高の選手になったから結果オーライだわ

242:

>>232 拳四郎は敗戦後からの試合全部面白いな
ジャブが評価全くされなかった矢吹戦のジャッジは完全に不当だったと思ってるが、最高の選手になったから結果オーライだわ


強くて面白い試合するようになって軽量級自体盛り上げてるけど
その分パンチ貰う様になったから選手寿命は短くなったかも
まーその分人気選手に稼げてそうだが

238:

相手はおそらく負けたら引退を決めててボクシング人生の集大成を見せる決意で
舞台も軽量級では基本ありえないメインで数千人の観客で滅茶苦茶頑張ってた
終始拳四郎がポイント取ってたが一発当ったら怖いなって感じもありましたね

298:

ライトフライ級の統一戦で負けた京口はフライ級で再起を図ってるが
寺地拳四朗がフライ級に上げてきたら、また戦うこともあるかもしれないね

300:

田口に勝ってチャンピオンになって
田口のオプション権で同じジムの
京口が挑戦してすぐにベルトを
奪われたブドラーか、まだ現役だったんだ。

302:

天心の試合スレが無いのでここに書くが
天心のマッチングって
1試合目 日本バンタム級4位の与那覇
2試合目 メキシコ・バンタム級王者のルイス・グスマン(メキシコ)
コロナで変更になる前に予定してたファン・フローレスもフェザー級だったし

何で1階級下のバンタム級の選手と
スーパーバンタム級で試合するマッチングなんだろう?

305:

>>302 天心の試合スレが無いのでここに書くが
天心のマッチングって
1試合目 日本バンタム級4位の与那覇
2試合目 メキシコ・バンタム級王者のルイス・グスマン(メキシコ)
コロナで変更になる前に予定してたファン・フローレスもフェザー級だったし

何で1階級下のバンタム級の選手と
スーパーバンタム級で試合するマッチングなんだろう?


〇〇王者で相手が強いように錯覚させてるだけ
今回の王者も家が貧乏すぎてなかなか試合できない半プロ
しかも強盗に襲われて腕をメッタ刺しにされた過去ある

307:

>>302 天心の試合スレが無いのでここに書くが
天心のマッチングって
1試合目 日本バンタム級4位の与那覇
2試合目 メキシコ・バンタム級王者のルイス・グスマン(メキシコ)
コロナで変更になる前に予定してたファン・フローレスもフェザー級だったし

何で1階級下のバンタム級の選手と
スーパーバンタム級で試合するマッチングなんだろう?


今回の相手階級下どころかメキシコチャンピオンですらない
boxrec見ればわかるけど世界150位くらいでメキシコ国内で25位

311:

>>307 今回の相手階級下どころかメキシコチャンピオンですらない
boxrec見ればわかるけど世界150位くらいでメキシコ国内で25位


Sバンタムから競技人口結構増えてくる
相手がバンタムでそのくらいの順位なら天心はSバンタムで1300人近くいて75位くらいで階級、ランキング共に天心の方が格上だった

315:

>>307 今回の相手階級下どころかメキシコチャンピオンですらない
boxrec見ればわかるけど世界150位くらいでメキシコ国内で25位


ちょうど今ググってきたところなんだけど、世界126位の男と死闘を演じる天心の絶望感半端ない

318:

>>315 ちょうど今ググってきたところなんだけど、世界126位の男と死闘を演じる天心の絶望感半端ない


順位や階級下なのもそうだけど
ベルトかかってたり飛躍のチャンスになる訳じゃなし相手はちゃんと練習して準備してない可能性も高いからな

316:

2団体統一王者という素晴らしい肩書きなのに
ほんでキミは誰やねん感
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1695041460

Comments 0

コメントはまだありません。