「ある種の“自殺行為”が美談に…」エベレストで滑落死した登山家・栗城史多さんがついた“悪意のないウソ”の正体 登山と嘘 - 芸能人
げいのうまとめんぬ

「ある種の“自殺行為”が美談に…」エベレストで滑落死した登山家・栗城史多さんがついた“悪意のないウソ”の正体 登山と嘘

2023/09/03
芸能人 0
  • ――登山史的レベルの登山家ではありませんでしたが、疑惑ということで言うと、2018年にエベレストで滑落死した栗城史多さんがいます。
  • 彼は知名度という点では、他の追随を許さなかった。
  • 森山さんのブログで、単独と言いながら厳密な意味では単独じゃないとか、真の山頂を踏んでいなかったのではないかという疑惑もあるけれども、個人的にはそれはどうでもいいんだ、と。
  • それよりも〈どうしても看過できない嘘は、彼は本当は登るつもりがないのに、「登頂チャレンジ」を謳っているところです〉と書いていて深く納得したんです。
  • つまり、彼が掲げていた目標が著しく実力と見合っていなかった。
  • それは嘘をついていることと同義だと。
  • 森山そう書いたときは、僕はそう思っていたんです。
  • ――森山さんは栗城さんにインタビューしたことがあるんですよね。
  • 森山そのときも「なんで森山さんはわかってくれないんですかね」という感じだったんです。
  • 森山いや、周囲の人たちも、結局はわかっていなかったんだと思います。

1:

――登山史的レベルの登山家ではありませんでしたが、疑惑ということで言うと、2018年にエベレストで滑落死した栗城史多さんがいます。彼は知名度という点では、他の追随を許さなかった。森山さんのブログで、単独と言いながら厳密な意味では単独じゃないとか、真の山頂を踏んでいなかったのではないかという疑惑もあるけれども、個人的にはそれはどうでもいいんだ、と。

それよりも〈どうしても看過できない嘘は、彼は本当は登るつもりがないのに、「登頂チャレンジ」を謳っているところです〉と書いていて深く納得したんです。つまり、彼が掲げていた目標が著しく実力と見合っていなかった。それは嘘をついていることと同義だと。

森山 そう書いたときは、僕はそう思っていたんです。でもその後、ちょっと考えが変わりました。いろいろな人から聞いた話を総合すると、栗城さんは本気で登れると考えていたようです。つまり、栗城さんの場合は、端から見たら嘘に見えても、本人は嘘をついているつもりはなかった。できるものだと信じ込んでいたのだと思います。それに周りの人間が勝手に惑わされたり、騙されたりしちゃったんですけど、当人に悪気はなかったんじゃないでしょうか。普通の人間には理解し難い話なんですけど。

――悪意のない嘘というのは、手強いですよね。

森山 いちばん手強いです。自分は正しいと信じ込んでいるわけですからね。

――森山さんは栗城さんにインタビューしたことがあるんですよね。

森山 そのときも「なんで森山さんはわかってくれないんですかね」という感じだったんです。こちらとしては「それはわからないよ」と思うばかりでした。宗教にはまり込んじゃっている人がとんでもない話を信じてしまって、それを第三者が翻意させるのって本当に難しいじゃないですか。それと同じことだと思います。

酸素が必要なのは7つの山のうちエベレストだけなのに…
――栗城さんは生前、「7大陸最高峰の単独無酸素登頂」を掲げていて、それに関しては、かなり早い段階で登山界の人たちが「酸素が必要なのは7つの山のうちエベレストだけなのに、それをこのように謳うのは誤解を招きかねない」と言っていて。もっともなので、周りの人たちに指摘されて、すぐに修正されるものだと思っていたんです。でも、基本的にこの表現は最後まで変わらなかった。それもすごく不思議だったんですよね。「嘘」とまでは言わないにせよ、間違った情報を与えかねないじゃないですか。

森山 いや、周囲の人たちも、結局はわかっていなかったんだと思います。山岳関係者もいろいろいるので、わかっているようでわかっていないんですよ。特に先鋭的な登山の分野になると、理解できる人は本当に限られてくる。登山雑誌の人間でさえわかっていないことがよくありますから。変な登山家が現れても取り上げちゃったりするし、間違いをそのまま放置したりしてしまう。

※全文はリンク先で

文春オンライン9/2
https://bunshun.jp/articles/-/65393

依頼がありました
◆芸スポ+スレッド作成依頼スレ★1642 [muffin★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1693634162/81

11:

>>1 ――登山史的レベルの登山家ではありませんでしたが、疑惑ということで言うと、2018年にエベレストで滑落死した栗城史多さんがいます。彼は知名度という点では、他の追随を許さなかった。森山さんのブログで、単独と言いながら厳密な意味では単独じゃないとか、真の山頂を踏んでいなかったのではないかという疑惑もあるけれども、個人的にはそれはどうでもいいんだ、と。

それよりも〈どうしても看過できない嘘は、彼は本当は登るつもりがないのに、「登頂チャレンジ」を謳っているところです〉と書いていて深く納得したんです。つまり、彼が掲げていた目標が著しく実力と見合っていなかった。それは嘘をついていることと同義だと。

森山 そう書いたときは、僕はそう思っていたんです。でもその後、ちょっと考えが変わりました。いろいろな人から聞いた話を総合すると、栗城さんは本気で登れると考えていたようです。つまり、栗城さんの場合は、端から見たら嘘に見えても、本人は嘘をついているつもりはなかった。できるものだと信じ込んでいたのだと思います。それに周りの人間が勝手に惑わされたり、騙されたりしちゃったんですけど、当人に悪気はなかったんじゃないでしょうか。普通の人間には理解し難い話なんですけど。

――悪意のない嘘というのは、手強いですよね。

森山 いちばん手強いです。自分は正しいと信じ込んでいるわけですからね。

――森山さんは栗城さんにインタビューしたことがあるんですよね。

森山 そのときも「なんで森山さんはわかってくれないんですかね」という感じだったんです。こちらとしては「それはわからないよ」と思うばかりでした。宗教にはまり込んじゃっている人がとんでもない話を信じてしまって、それを第三者が翻意させるのって本当に難しいじゃないですか。それと同じことだと思います。

酸素が必要なのは7つの山のうちエベレストだけなのに…
――栗城さんは生前、「7大陸最高峰の単独無酸素登頂」を掲げていて、それに関しては、かなり早い段階で登山界の人たちが「酸素が必要なのは7つの山のうちエベレストだけなのに、それをこのように謳うのは誤解を招きかねない」と言っていて。もっともなので、周りの人たちに指摘されて、すぐに修正されるものだと思っていたんです。でも、基本的にこの表現は最後まで変わらなかった。それもすごく不思議だったんですよね。「嘘」とまでは言わないにせよ、間違った情報を与えかねないじゃないですか。

森山 いや、周囲の人たちも、結局はわかっていなかったんだと思います。山岳関係者もいろいろいるので、わかっているようでわかっていないんですよ。特に先鋭的な登山の分野になると、理解できる人は本当に限られてくる。登山雑誌の人間でさえわかっていないことがよくありますから。変な登山家が現れても取り上げちゃったりするし、間違いをそのまま放置したりしてしまう。

※全文はリンク先で

文春オンライン9/2
https://bunshun.jp/articles/-/65393

依頼がありました
◆芸スポ+スレッド作成依頼スレ★1642 [muffin★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1693634162/81


また死者に鞭打ってる

33:

>>1 ――登山史的レベルの登山家ではありませんでしたが、疑惑ということで言うと、2018年にエベレストで滑落死した栗城史多さんがいます。彼は知名度という点では、他の追随を許さなかった。森山さんのブログで、単独と言いながら厳密な意味では単独じゃないとか、真の山頂を踏んでいなかったのではないかという疑惑もあるけれども、個人的にはそれはどうでもいいんだ、と。

それよりも〈どうしても看過できない嘘は、彼は本当は登るつもりがないのに、「登頂チャレンジ」を謳っているところです〉と書いていて深く納得したんです。つまり、彼が掲げていた目標が著しく実力と見合っていなかった。それは嘘をついていることと同義だと。

森山 そう書いたときは、僕はそう思っていたんです。でもその後、ちょっと考えが変わりました。いろいろな人から聞いた話を総合すると、栗城さんは本気で登れると考えていたようです。つまり、栗城さんの場合は、端から見たら嘘に見えても、本人は嘘をついているつもりはなかった。できるものだと信じ込んでいたのだと思います。それに周りの人間が勝手に惑わされたり、騙されたりしちゃったんですけど、当人に悪気はなかったんじゃないでしょうか。普通の人間には理解し難い話なんですけど。

――悪意のない嘘というのは、手強いですよね。

森山 いちばん手強いです。自分は正しいと信じ込んでいるわけですからね。

――森山さんは栗城さんにインタビューしたことがあるんですよね。

森山 そのときも「なんで森山さんはわかってくれないんですかね」という感じだったんです。こちらとしては「それはわからないよ」と思うばかりでした。宗教にはまり込んじゃっている人がとんでもない話を信じてしまって、それを第三者が翻意させるのって本当に難しいじゃないですか。それと同じことだと思います。

酸素が必要なのは7つの山のうちエベレストだけなのに…
――栗城さんは生前、「7大陸最高峰の単独無酸素登頂」を掲げていて、それに関しては、かなり早い段階で登山界の人たちが「酸素が必要なのは7つの山のうちエベレストだけなのに、それをこのように謳うのは誤解を招きかねない」と言っていて。もっともなので、周りの人たちに指摘されて、すぐに修正されるものだと思っていたんです。でも、基本的にこの表現は最後まで変わらなかった。それもすごく不思議だったんですよね。「嘘」とまでは言わないにせよ、間違った情報を与えかねないじゃないですか。

森山 いや、周囲の人たちも、結局はわかっていなかったんだと思います。山岳関係者もいろいろいるので、わかっているようでわかっていないんですよ。特に先鋭的な登山の分野になると、理解できる人は本当に限られてくる。登山雑誌の人間でさえわかっていないことがよくありますから。変な登山家が現れても取り上げちゃったりするし、間違いをそのまま放置したりしてしまう。

※全文はリンク先で

文春オンライン9/2
https://bunshun.jp/articles/-/65393

依頼がありました
◆芸スポ+スレッド作成依頼スレ★1642 [muffin★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1693634162/81


世間が自分に期待したら
自分は世間の期待に応えなければならない

そういうサービス精神旺盛な人なんだと思う
それが徒となって命を落とした

彼をおだてて彼の退路を断った世間にも一定の責任があると思う

216:

>>33 世間が自分に期待したら
自分は世間の期待に応えなければならない

そういうサービス精神旺盛な人なんだと思う
それが徒となって命を落とした

彼をおだてて彼の退路を断った世間にも一定の責任があると思う


サービス精神って言うと他人の為みたいな
感じだけど、承認欲求強めだと思った。
企業からお金引っ張ったとて
あの指で登頂できないの本人わかってたんじゃないかな。

42:

>>1 ――登山史的レベルの登山家ではありませんでしたが、疑惑ということで言うと、2018年にエベレストで滑落死した栗城史多さんがいます。彼は知名度という点では、他の追随を許さなかった。森山さんのブログで、単独と言いながら厳密な意味では単独じゃないとか、真の山頂を踏んでいなかったのではないかという疑惑もあるけれども、個人的にはそれはどうでもいいんだ、と。

それよりも〈どうしても看過できない嘘は、彼は本当は登るつもりがないのに、「登頂チャレンジ」を謳っているところです〉と書いていて深く納得したんです。つまり、彼が掲げていた目標が著しく実力と見合っていなかった。それは嘘をついていることと同義だと。

森山 そう書いたときは、僕はそう思っていたんです。でもその後、ちょっと考えが変わりました。いろいろな人から聞いた話を総合すると、栗城さんは本気で登れると考えていたようです。つまり、栗城さんの場合は、端から見たら嘘に見えても、本人は嘘をついているつもりはなかった。できるものだと信じ込んでいたのだと思います。それに周りの人間が勝手に惑わされたり、騙されたりしちゃったんですけど、当人に悪気はなかったんじゃないでしょうか。普通の人間には理解し難い話なんですけど。

――悪意のない嘘というのは、手強いですよね。

森山 いちばん手強いです。自分は正しいと信じ込んでいるわけですからね。

――森山さんは栗城さんにインタビューしたことがあるんですよね。

森山 そのときも「なんで森山さんはわかってくれないんですかね」という感じだったんです。こちらとしては「それはわからないよ」と思うばかりでした。宗教にはまり込んじゃっている人がとんでもない話を信じてしまって、それを第三者が翻意させるのって本当に難しいじゃないですか。それと同じことだと思います。

酸素が必要なのは7つの山のうちエベレストだけなのに…
――栗城さんは生前、「7大陸最高峰の単独無酸素登頂」を掲げていて、それに関しては、かなり早い段階で登山界の人たちが「酸素が必要なのは7つの山のうちエベレストだけなのに、それをこのように謳うのは誤解を招きかねない」と言っていて。もっともなので、周りの人たちに指摘されて、すぐに修正されるものだと思っていたんです。でも、基本的にこの表現は最後まで変わらなかった。それもすごく不思議だったんですよね。「嘘」とまでは言わないにせよ、間違った情報を与えかねないじゃないですか。

森山 いや、周囲の人たちも、結局はわかっていなかったんだと思います。山岳関係者もいろいろいるので、わかっているようでわかっていないんですよ。特に先鋭的な登山の分野になると、理解できる人は本当に限られてくる。登山雑誌の人間でさえわかっていないことがよくありますから。変な登山家が現れても取り上げちゃったりするし、間違いをそのまま放置したりしてしまう。

※全文はリンク先で

文春オンライン9/2
https://bunshun.jp/articles/-/65393

依頼がありました
◆芸スポ+スレッド作成依頼スレ★1642 [muffin★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1693634162/81


この人、初めて知ったけど何かやらかしたの?

66:

>>42 この人、初めて知ったけど何かやらかしたの?


意識高い系登山家っぽい素人さん
意識高い系の講演したりしてスポンサー集めてはハッタリじみた登山失敗を繰り返してた
周りの人間も胡散臭いのばっか
ガチの山屋さんからは素人なんだからやめなとか
国内の低山で基本を身につけなとかアドバイスされてたけどガン無視
ついにエベレストのふもとで風邪ひいたのか何かで死んじゃった

75:

>>66 意識高い系登山家っぽい素人さん
意識高い系の講演したりしてスポンサー集めてはハッタリじみた登山失敗を繰り返してた
周りの人間も胡散臭いのばっか
ガチの山屋さんからは素人なんだからやめなとか
国内の低山で基本を身につけなとかアドバイスされてたけどガン無視
ついにエベレストのふもとで風邪ひいたのか何かで死んじゃった


そんなハッタリ野郎の吹かし話にコロッと乗せられるアホな企業家が多かったのもなあ
日本の名だたる大企業のトップがこいつに口説かれてた訳で
そんな人を見る目のない連中が経済界を牛耳ってたんだから、そら日本が没落していくわ

365:

>>75 そんなハッタリ野郎の吹かし話にコロッと乗せられるアホな企業家が多かったのもなあ
日本の名だたる大企業のトップがこいつに口説かれてた訳で
そんな人を見る目のない連中が経済界を牛耳ってたんだから、そら日本が没落していくわ


たぶん万馬券を買うつもりだったんじゃないかなぁ
勝てるわけない馬を買ってたみたいな

377:

>>75 そんなハッタリ野郎の吹かし話にコロッと乗せられるアホな企業家が多かったのもなあ
日本の名だたる大企業のトップがこいつに口説かれてた訳で
そんな人を見る目のない連中が経済界を牛耳ってたんだから、そら日本が没落していくわ


そりゃこの30年間日本を衰退一途にした
自民党に相変わらず政権を持たせ続けてる日本人だからな

379:

>>377 そりゃこの30年間日本を衰退一途にした
自民党に相変わらず政権を持たせ続けてる日本人だからな


>の30年間日本を衰退一途にした
お前みたいな寄生虫が日本の生き血を吸うからだろ
チョンは一人残らず駆除しなきゃ駄目だわ

76:

>>66 意識高い系登山家っぽい素人さん
意識高い系の講演したりしてスポンサー集めてはハッタリじみた登山失敗を繰り返してた
周りの人間も胡散臭いのばっか
ガチの山屋さんからは素人なんだからやめなとか
国内の低山で基本を身につけなとかアドバイスされてたけどガン無視
ついにエベレストのふもとで風邪ひいたのか何かで死んじゃった


構ってちゃんが大暴走した感じかな

72:

>>1 ――登山史的レベルの登山家ではありませんでしたが、疑惑ということで言うと、2018年にエベレストで滑落死した栗城史多さんがいます。彼は知名度という点では、他の追随を許さなかった。森山さんのブログで、単独と言いながら厳密な意味では単独じゃないとか、真の山頂を踏んでいなかったのではないかという疑惑もあるけれども、個人的にはそれはどうでもいいんだ、と。

それよりも〈どうしても看過できない嘘は、彼は本当は登るつもりがないのに、「登頂チャレンジ」を謳っているところです〉と書いていて深く納得したんです。つまり、彼が掲げていた目標が著しく実力と見合っていなかった。それは嘘をついていることと同義だと。

森山 そう書いたときは、僕はそう思っていたんです。でもその後、ちょっと考えが変わりました。いろいろな人から聞いた話を総合すると、栗城さんは本気で登れると考えていたようです。つまり、栗城さんの場合は、端から見たら嘘に見えても、本人は嘘をついているつもりはなかった。できるものだと信じ込んでいたのだと思います。それに周りの人間が勝手に惑わされたり、騙されたりしちゃったんですけど、当人に悪気はなかったんじゃないでしょうか。普通の人間には理解し難い話なんですけど。

――悪意のない嘘というのは、手強いですよね。

森山 いちばん手強いです。自分は正しいと信じ込んでいるわけですからね。

――森山さんは栗城さんにインタビューしたことがあるんですよね。

森山 そのときも「なんで森山さんはわかってくれないんですかね」という感じだったんです。こちらとしては「それはわからないよ」と思うばかりでした。宗教にはまり込んじゃっている人がとんでもない話を信じてしまって、それを第三者が翻意させるのって本当に難しいじゃないですか。それと同じことだと思います。

酸素が必要なのは7つの山のうちエベレストだけなのに…
――栗城さんは生前、「7大陸最高峰の単独無酸素登頂」を掲げていて、それに関しては、かなり早い段階で登山界の人たちが「酸素が必要なのは7つの山のうちエベレストだけなのに、それをこのように謳うのは誤解を招きかねない」と言っていて。もっともなので、周りの人たちに指摘されて、すぐに修正されるものだと思っていたんです。でも、基本的にこの表現は最後まで変わらなかった。それもすごく不思議だったんですよね。「嘘」とまでは言わないにせよ、間違った情報を与えかねないじゃないですか。

森山 いや、周囲の人たちも、結局はわかっていなかったんだと思います。山岳関係者もいろいろいるので、わかっているようでわかっていないんですよ。特に先鋭的な登山の分野になると、理解できる人は本当に限られてくる。登山雑誌の人間でさえわかっていないことがよくありますから。変な登山家が現れても取り上げちゃったりするし、間違いをそのまま放置したりしてしまう。

※全文はリンク先で

文春オンライン9/2
https://bunshun.jp/articles/-/65393

依頼がありました
◆芸スポ+スレッド作成依頼スレ★1642 [muffin★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1693634162/81


雪山登山なのになぜか指空きの手袋してて指先を凍傷で黒くしていた人かな?

152:

>>1 ――登山史的レベルの登山家ではありませんでしたが、疑惑ということで言うと、2018年にエベレストで滑落死した栗城史多さんがいます。彼は知名度という点では、他の追随を許さなかった。森山さんのブログで、単独と言いながら厳密な意味では単独じゃないとか、真の山頂を踏んでいなかったのではないかという疑惑もあるけれども、個人的にはそれはどうでもいいんだ、と。

それよりも〈どうしても看過できない嘘は、彼は本当は登るつもりがないのに、「登頂チャレンジ」を謳っているところです〉と書いていて深く納得したんです。つまり、彼が掲げていた目標が著しく実力と見合っていなかった。それは嘘をついていることと同義だと。

森山 そう書いたときは、僕はそう思っていたんです。でもその後、ちょっと考えが変わりました。いろいろな人から聞いた話を総合すると、栗城さんは本気で登れると考えていたようです。つまり、栗城さんの場合は、端から見たら嘘に見えても、本人は嘘をついているつもりはなかった。できるものだと信じ込んでいたのだと思います。それに周りの人間が勝手に惑わされたり、騙されたりしちゃったんですけど、当人に悪気はなかったんじゃないでしょうか。普通の人間には理解し難い話なんですけど。

――悪意のない嘘というのは、手強いですよね。

森山 いちばん手強いです。自分は正しいと信じ込んでいるわけですからね。

――森山さんは栗城さんにインタビューしたことがあるんですよね。

森山 そのときも「なんで森山さんはわかってくれないんですかね」という感じだったんです。こちらとしては「それはわからないよ」と思うばかりでした。宗教にはまり込んじゃっている人がとんでもない話を信じてしまって、それを第三者が翻意させるのって本当に難しいじゃないですか。それと同じことだと思います。

酸素が必要なのは7つの山のうちエベレストだけなのに…
――栗城さんは生前、「7大陸最高峰の単独無酸素登頂」を掲げていて、それに関しては、かなり早い段階で登山界の人たちが「酸素が必要なのは7つの山のうちエベレストだけなのに、それをこのように謳うのは誤解を招きかねない」と言っていて。もっともなので、周りの人たちに指摘されて、すぐに修正されるものだと思っていたんです。でも、基本的にこの表現は最後まで変わらなかった。それもすごく不思議だったんですよね。「嘘」とまでは言わないにせよ、間違った情報を与えかねないじゃないですか。

森山 いや、周囲の人たちも、結局はわかっていなかったんだと思います。山岳関係者もいろいろいるので、わかっているようでわかっていないんですよ。特に先鋭的な登山の分野になると、理解できる人は本当に限られてくる。登山雑誌の人間でさえわかっていないことがよくありますから。変な登山家が現れても取り上げちゃったりするし、間違いをそのまま放置したりしてしまう。

※全文はリンク先で

文春オンライン9/2
https://bunshun.jp/articles/-/65393

依頼がありました
◆芸スポ+スレッド作成依頼スレ★1642 [muffin★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1693634162/81


皆さんワタシのことを禿げと言いますけど
薄毛がまだ生えてるんですよ!ワタシの頭には。
ワタシはまだ、禿げてはいないのです。
皆さん、どうしてわかってくれないのですかね?

217:

>>1 ――登山史的レベルの登山家ではありませんでしたが、疑惑ということで言うと、2018年にエベレストで滑落死した栗城史多さんがいます。彼は知名度という点では、他の追随を許さなかった。森山さんのブログで、単独と言いながら厳密な意味では単独じゃないとか、真の山頂を踏んでいなかったのではないかという疑惑もあるけれども、個人的にはそれはどうでもいいんだ、と。

それよりも〈どうしても看過できない嘘は、彼は本当は登るつもりがないのに、「登頂チャレンジ」を謳っているところです〉と書いていて深く納得したんです。つまり、彼が掲げていた目標が著しく実力と見合っていなかった。それは嘘をついていることと同義だと。

森山 そう書いたときは、僕はそう思っていたんです。でもその後、ちょっと考えが変わりました。いろいろな人から聞いた話を総合すると、栗城さんは本気で登れると考えていたようです。つまり、栗城さんの場合は、端から見たら嘘に見えても、本人は嘘をついているつもりはなかった。できるものだと信じ込んでいたのだと思います。それに周りの人間が勝手に惑わされたり、騙されたりしちゃったんですけど、当人に悪気はなかったんじゃないでしょうか。普通の人間には理解し難い話なんですけど。

――悪意のない嘘というのは、手強いですよね。

森山 いちばん手強いです。自分は正しいと信じ込んでいるわけですからね。

――森山さんは栗城さんにインタビューしたことがあるんですよね。

森山 そのときも「なんで森山さんはわかってくれないんですかね」という感じだったんです。こちらとしては「それはわからないよ」と思うばかりでした。宗教にはまり込んじゃっている人がとんでもない話を信じてしまって、それを第三者が翻意させるのって本当に難しいじゃないですか。それと同じことだと思います。

酸素が必要なのは7つの山のうちエベレストだけなのに…
――栗城さんは生前、「7大陸最高峰の単独無酸素登頂」を掲げていて、それに関しては、かなり早い段階で登山界の人たちが「酸素が必要なのは7つの山のうちエベレストだけなのに、それをこのように謳うのは誤解を招きかねない」と言っていて。もっともなので、周りの人たちに指摘されて、すぐに修正されるものだと思っていたんです。でも、基本的にこの表現は最後まで変わらなかった。それもすごく不思議だったんですよね。「嘘」とまでは言わないにせよ、間違った情報を与えかねないじゃないですか。

森山 いや、周囲の人たちも、結局はわかっていなかったんだと思います。山岳関係者もいろいろいるので、わかっているようでわかっていないんですよ。特に先鋭的な登山の分野になると、理解できる人は本当に限られてくる。登山雑誌の人間でさえわかっていないことがよくありますから。変な登山家が現れても取り上げちゃったりするし、間違いをそのまま放置したりしてしまう。

※全文はリンク先で

文春オンライン9/2
https://bunshun.jp/articles/-/65393

依頼がありました
◆芸スポ+スレッド作成依頼スレ★1642 [muffin★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1693634162/81


定期的に栗城くんとはなんだったのか、ってスレ立つけど結論は底抜けのバカだってだけだろ
スマホいじりたいから雪山で指ぬき手袋して指腐らせたとかさ

夢とか希望とか持つのはいいけど無理なものは無理って周囲が言ってあげないと文字通り人生おわる
とくにこの人の場合は周囲が祭り上げた結果の事故だから周りにも責任がある

220:

>>217 定期的に栗城くんとはなんだったのか、ってスレ立つけど結論は底抜けのバカだってだけだろ
スマホいじりたいから雪山で指ぬき手袋して指腐らせたとかさ

夢とか希望とか持つのはいいけど無理なものは無理って周囲が言ってあげないと文字通り人生おわる
とくにこの人の場合は周囲が祭り上げた結果の事故だから周りにも責任がある


まんま今のゆたぼんみたいだな

229:

>>217 定期的に栗城くんとはなんだったのか、ってスレ立つけど結論は底抜けのバカだってだけだろ
スマホいじりたいから雪山で指ぬき手袋して指腐らせたとかさ

夢とか希望とか持つのはいいけど無理なものは無理って周囲が言ってあげないと文字通り人生おわる
とくにこの人の場合は周囲が祭り上げた結果の事故だから周りにも責任がある


本人が自分にとって気持ちが良くなる意見しか聞き入れなかったのだから仕方がない
親切心から苦言を言ってくれていた人たちのアドバイスに耳を傾けていたら違っていただろうけど

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

9:

登山のことなんか知らないけど少なくとも野口健は書いた本が面白い。オススメ本とかで紹介されるレベルで喋りもそうだからあれならスポンサーが集まるのもわかるので登山の企画が成立するのはわかる
この栗城って人は本があるのかもわからない、けどネット関係で良く発信してたから簡単に触れることができたけど、人を惹きつけるほどの面白さや魅力は感じないままだった
あれでもスポンサー集まるんだね

20:

>>9 登山のことなんか知らないけど少なくとも野口健は書いた本が面白い。オススメ本とかで紹介されるレベルで喋りもそうだからあれならスポンサーが集まるのもわかるので登山の企画が成立するのはわかる
この栗城って人は本があるのかもわからない、けどネット関係で良く発信してたから簡単に触れることができたけど、人を惹きつけるほどの面白さや魅力は感じないままだった
あれでもスポンサー集まるんだね


でも関わってた人は口を揃えて惹き付けられるものがあったと言っているから、実際に会うと違うんだと思うよ

26:

>>20 でも関わってた人は口を揃えて惹き付けられるものがあったと言っているから、実際に会うと違うんだと思うよ


ホストや詐欺師みたいなもんだな
もしくは宗教家か

289:

>>9 登山のことなんか知らないけど少なくとも野口健は書いた本が面白い。オススメ本とかで紹介されるレベルで喋りもそうだからあれならスポンサーが集まるのもわかるので登山の企画が成立するのはわかる
この栗城って人は本があるのかもわからない、けどネット関係で良く発信してたから簡単に触れることができたけど、人を惹きつけるほどの面白さや魅力は感じないままだった
あれでもスポンサー集まるんだね


野口なんかも実績ないのに一芸入試で大風呂敷広げて合格しただけよな
その実績もあってか口だけで色んなスポンサーゲットしてうまいことやっていった
似たようなもんだよ

19:

あれって全部自分の意志で行っていたのかな?
怪しいビジネスグループの神輿として担がれていたのかと思ってた

43:

この記事読んで納得した。嘘やデタラメを言ったりハチャメチャな行動をしていたのではなく
本人にとってはすべて真面目に考えて清く正しく行動していたんだろう
生前は「なんで自分は世間からこんなに批判されるんだろう?理解できない」と思っていそう

58:

>>43 この記事読んで納得した。嘘やデタラメを言ったりハチャメチャな行動をしていたのではなく
本人にとってはすべて真面目に考えて清く正しく行動していたんだろう
生前は「なんで自分は世間からこんなに批判されるんだろう?理解できない」と思っていそう


いやいやいやw

62:

>>43 この記事読んで納得した。嘘やデタラメを言ったりハチャメチャな行動をしていたのではなく
本人にとってはすべて真面目に考えて清く正しく行動していたんだろう
生前は「なんで自分は世間からこんなに批判されるんだろう?理解できない」と思っていそう


お前がものすごくアホだってことはよく分かった

94:

なんか変わった人だとは聞いたことは有るな
確か無呼吸登山をした人だな。エベレスト以外の山を全て無呼吸で登山して話題にはなったな
残念ながらエベレストで落命してしまったけど登山家としての実力は本物だったと思うよ
エベレスト行くのに準備が足らなかっただけ
死因は不明なんだっけ?

95:

>>94 なんか変わった人だとは聞いたことは有るな
確か無呼吸登山をした人だな。エベレスト以外の山を全て無呼吸で登山して話題にはなったな
残念ながらエベレストで落命してしまったけど登山家としての実力は本物だったと思うよ
エベレスト行くのに準備が足らなかっただけ
死因は不明なんだっけ?


釣り針でかすぎ

97:

>>94 なんか変わった人だとは聞いたことは有るな
確か無呼吸登山をした人だな。エベレスト以外の山を全て無呼吸で登山して話題にはなったな
残念ながらエベレストで落命してしまったけど登山家としての実力は本物だったと思うよ
エベレスト行くのに準備が足らなかっただけ
死因は不明なんだっけ?


何言ってんだ?このバカは
栗城並のバカだなw

101:

スマホで登頂動画を撮るとか新しかったんだよな。もうちょい登山に真摯に向き合えばよ。
ものすごい面白い存在だったのに

114:

出来っこないことを出来るんだと信じることは個人の自由だ
それを出来っこないと断ずることも他者の自由だ
でもそれで死んでしまったら?そこには実際に出来なかったという事実と
でももしかして或いは出来たのかもしれないのか?という可能性だけが残る
じゃあどうすれば出来たのだろうか?と故人の行動から学び反省して後に続くものの糧とすればいい
こいつは嫌いだったが、死んでも叩く必要はない

120:

>>114 出来っこないことを出来るんだと信じることは個人の自由だ
それを出来っこないと断ずることも他者の自由だ
でもそれで死んでしまったら?そこには実際に出来なかったという事実と
でももしかして或いは出来たのかもしれないのか?という可能性だけが残る
じゃあどうすれば出来たのだろうか?と故人の行動から学び反省して後に続くものの糧とすればいい
こいつは嫌いだったが、死んでも叩く必要はない


出来なかった事実しか残らないよ

116:

登山の生配信とか今なら普通だけど一般化してない時にやってたんだよな確か
当時登山自体そんなにメジャーじゃ無かったし成否よりチャレンジして苦闘してるすがたを見せて共感を得るビジネス
顔もまあ良かったしアイデアと行動力はインフルエンサーとしては優秀だったんじゃないかな
ただ登山家としての技術が無さすぎた

142:

プロ下山家なんて揶揄されてたんだから、てっきり金集めしながらも危機回避能力のある人かと思われてたんだよな2chでも
それが凍傷で指無くした辺りからガチでやべえって空気になり始めてた

215:

指飛ばしたあの人かwwwwwww
いまさら気が付いた
だから単独登山最強なんですって
人間なんて記録の為に裏切るし
オレはパーティーに殺されたからね
ロープ切られてさ、ごめんね!ごめんね!って言われたけど
なにがごめんじゃい!仕方ないかって思ったけど
今さら悔しくて腹が立ってきた💢

243:

>>215 指飛ばしたあの人かwwwwwww
いまさら気が付いた
だから単独登山最強なんですって
人間なんて記録の為に裏切るし
オレはパーティーに殺されたからね
ロープ切られてさ、ごめんね!ごめんね!って言われたけど
なにがごめんじゃい!仕方ないかって思ったけど
今さら悔しくて腹が立ってきた💢


あの、成仏してください
南無阿弥陀仏

227:

俺はこの人はすごくかわいそうで悲しい
自分も全く次元は違うけど
裸の王様みたいな痛い生き方した部分はあると思うから
だが近くにいたスタッフは心底許せないこともあったんだろうな
部外者にはわからないようなことが
合掌やわ

236:

>>227 俺はこの人はすごくかわいそうで悲しい
自分も全く次元は違うけど
裸の王様みたいな痛い生き方した部分はあると思うから
だが近くにいたスタッフは心底許せないこともあったんだろうな
部外者にはわからないようなことが
合掌やわ


仮に、彼に自分自身に近しい人間を魅了する才能があったとして
その才能が結果的には自分を殺すことにしか作用しなかったと考えると寒気がする
自分が其の状況に在ったとして後戻りできるのか?と考えると

298:

>>227 俺はこの人はすごくかわいそうで悲しい
自分も全く次元は違うけど
裸の王様みたいな痛い生き方した部分はあると思うから
だが近くにいたスタッフは心底許せないこともあったんだろうな
部外者にはわからないようなことが
合掌やわ


誹謗中傷者が何言ってるの?

230:

コピペにあった
「エベレストの5000mまで登ったが埋めておいた食料をカラスに食われて引き返す」
みたいので「そんな高さにカラスいねーよwww」って爆笑した
けど調べたらその高さにいるのな。奴の話の真偽はともかく

233:

>>230 コピペにあった
「エベレストの5000mまで登ったが埋めておいた食料をカラスに食われて引き返す」
みたいので「そんな高さにカラスいねーよwww」って爆笑した
けど調べたらその高さにいるのな。奴の話の真偽はともかく


居ない。酸素濃度が薄いので飛ぶことさえ出来ない。二千メートルでも無理

265:

>>233 居ない。酸素濃度が薄いので飛ぶことさえ出来ない。二千メートルでも無理


調べろ低知能w

283:

>いろいろな人から聞いた話を総合すると、栗城さんは本気で登れると考えていたようです。
>つまり、栗城さんの場合は、端から見たら嘘に見えても、本人は嘘をついているつもりはなかった。

それは違うだろ。明らかに敗退前提の計画作ってる

ただ「デスゾーン」読んで分かったことは、かなり前から
生還をあまり考えない、半ば自殺のような登山ではあった
最期のエベレスト南西壁だけじゃなく、その前から死のうとしてた
栗城の登山は嘘だったけど、命かけてたことだけは真実だった

292:

>>283 >いろいろな人から聞いた話を総合すると、栗城さんは本気で登れると考えていたようです。
>つまり、栗城さんの場合は、端から見たら嘘に見えても、本人は嘘をついているつもりはなかった。

それは違うだろ。明らかに敗退前提の計画作ってる

ただ「デスゾーン」読んで分かったことは、かなり前から
生還をあまり考えない、半ば自殺のような登山ではあった
最期のエベレスト南西壁だけじゃなく、その前から死のうとしてた
栗城の登山は嘘だったけど、命かけてたことだけは真実だった


高山という非日常的な世界に魅了というか取り憑かれていたのは事実なんだろうなあ
行くこと自体が目的になっちゃってたんだと思う
山で死ねて本望ではあったんだろう

290:

だから死後もネタにしてコレの解説本を書いたりしてるのはテレビ屋だってばw
本当の山屋は栗城なんかどうでもよくて
常に自分の山に向かってる

355:

言い換えれば軽装で冬の富士山登ろうとして滑落死したYouTuberいたじゃない?
あれと大差ないんだよ
専門家は嫉妬でも叩きでもなく、困ったちゃんの無謀な挑戦が後進のためにならないとマジで考えてたんだわ
それを「若い後進のチャレンジなんだから素直に応援すべき」なんて言ってた人たちは、あの富士山登ろうとして滑落死したYouTuberの「挑戦」はどう思うの?という問いに答えなければいけないんだわ
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1693670766

Comments 0

コメントはまだありません。